オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロッキン!と思わせといて意外とセンチでエモいローヌスタイル。 ショーン・ドーター・ロッキング・ホース・ケープ・ホワイト2014

うぇるかむ!
南アフリカといえば、シュナン・ブランか国際品種かセミニョンか・・・という具合なのですが、今回は比較的珍しいモノが主体となっています。

201607062127562d9.jpg
ショーン・ドーター・ロッキング・ホース・ケープ・ホワイト2014
なんかもうイケてますでしょ?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
ラベルデザインが妙にイケてるんですよねこれ。サイン部分に全部合わせた文字だったら最高だったんですけど、まぁイケイケな文字感。ちょっとブラウンが入ったカラーにしてあるのがイイんです。ダサくならない範囲。
201607062128048b7.jpg
裏はかなーりガッツリ系。

作り手はセコンブ夫妻というファミリーでなんと2013年がファーストヴィンテージというド若手であります。
契約農家を厳選して、二種類のワインを作るカルトもカルトな少量生産者となっています。
今回のロッキング・ホースも「自分の娘に使えなくなった樽から、木馬を作った思い出から」というわけで


まぁこういう名前なんですが、やってる事はロックだよナ!と思う訳です。
なにせブレンドもコピペするとルーサンヌ39% シャルドネ23% セミヨン23% シュナン・ブラン15%(セミニョン・ブランという表記のところもあるけどシノニムかしらそれとも別品種かしら?)
もうちょっと詳しく夫妻のあれこれをうかがいたいところですヨ。
さておき。実際の味わいはどうかといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
尋常でない完成度の高いエモさ・・・・・・
え、この夫妻本当に無名で最近立ち上げたワイナリなの?
と、なかなかに唸ってしまうワインになっています。ローヌ現地以上にクリーンだしボリュームが素晴らしい。
それでいて、けっこーエモい(繊細)。

色はクリアなホワイト。まだ新モノって感じですネ。
香りにマロン感あふるる、実にモンブランっ気が高く出ていて、スラッとしています。
味わいも同様にガッツリとしたタッチがありつつ、後抜けがしんみりとさせてくれる果実らしい酸味とほのかな甘味で〆る。
この抜群のバランス感覚、機微の良さにドラマを見るような気分になる訳ですネ。
きっちりとしたルーサンヌらしい大柄に思える柑橘果実感をシュナンでチューニングしてるから出る「ボリュームのある酸味」がいい味出てます。
また、甘味方面はセミニョンやシャルドネがちゃんと仕事しているという。
まろやかかつ、ぽったりとした口当たりのアタックが、すごくボディが重たい甘味感ある明るいワインかと思わせつつ、アフターにちょっとしたハーブっぽさやレモンの酸が残る・・・・・・
この機微!このブレンディングの妙と思えるニクい演出!!
私がやたら推してるアルヘイト・カルトロジーと同様にブレンド能力の高さを感じさせるワインとなっています。
ポイントがちょっと多い分、ヘンに複雑な気がしないでもないですが・・・・・・これの方が好きな人も多くいるかもですネ。
いずれにしても、一応ルーサンヌ主体のワインであるわけですが、それがここまであの「圧倒的ボリュームと豊満さ」を抱えつつ「細かい機微をみせる」のが秀逸。
ロックとみせかけて、実はガーリーポップな感じ。だって、女の子だもん。
最近のゲームアニメだと、自分は妙にデレマスの多田李衣菜を思い出したりする。新参ニワカなんだけど、マイペースに頑張りつつ、自分に降り掛かってくる案件が大体女々しかったりする。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ルーサンヌのブレンドものミドル価格の決定版!
と、思うぐらいの価格で税込みで5000円ちょい超すかな?という白ワインとしてはかなーりいい感じ。
ちょっぴり今の季節には重たいところもあるかな?とも思いますが(特に口に入れた直後は濃いキャラクターを感じると思う)慣れてくると7月の本格的一歩手前の夏にいい感じ。
プレゼントには木馬エピソードとデザインのシャレ感で南アフリカの中でも比較的使いやすい部類だと思います。
ブラインドでは当然の如く南アフリカだと答えさせてくれない、そういうクリアな味わい。

というわけで、ショーン・ドーターのロッキング・ホース2014でした。
これ、ヴィンテージとしては二年目に作った経歴の品なわけですけれども、尋常でない出来栄えを感じるんですよ。
新手の南アフリカ、恐るべしを体現してるワイン。
生産量的にもこれ数年後には倍値しててもおかしくない気が・・・ルーサンヌ(ローヌ系)の白ってあんまり呑んだことないなぁという方にもオススメなスタイルなので、是非チェックあれ。

ワインショップではまだ2013が買えるみたい・・・(お店に必ずヴィンテージは確認した方がいいでしょう)


意外とエモいキャラなんではないかと思ってます。

関連記事

| 未分類 | 23:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/08/15 06:06 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1062-87a039e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT