オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名門が作った格安系(らしい?)というハズレっぽそうなのに意外と良かったトスカーナ。 オリヴィ・レ・ブケ・プリマイヨ2013

うぇるかむ!
世の中には「あの名門~~が作った!」ってな感じのテーブルワインがそこそこにあります。
ムートン・カデ、クラレンドル・・・・・・中には「名門の人もオススメしてた」とかいう全くもって遠いモノまで「名門プロデュース」として売られており大抵の場合大したことないものだったりします。
今回も、そんなワインのひとつ、かな。

201606132236144ec.jpg
オリヴィ・レ・ブケ・プリマイヨ2013
えー、今回のが何処の派閥かといいますとですネ・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルは三本のシールにサクッと文字がのっているという簡易でラフなデザイン。
それなりにモダン?ってな感じはあるんですが高そうには見えないかなぁ・・・
201606132236210e1.jpg
裏もふっつーな感じします。なんでこれ買ったかってalc14%でメルロ主体のカベ系が混じった「なんちゃって超タスカン」だったから。
で、後から調べた所、オルネライアを監修する醸造コンサルタントチームが手がけているらしい。へぇー。

オルネライア[2012](赤ワイン)
価格:17064円(税込、送料別)




元々、「都会人が田舎で暮らすバカンス」いわゆる「農村民泊(アグリツーリズム)」にと1986年に出来たワイナリーとの事。
ほら、なんか芸能人が田舎で過ごしました的なバラエティ番組あるでしょ?ああいう感じで、観光的に出来たワイナリであり、そのため財源はあるらしくオルネライアチームがコンサルトもしていた、と。
ソレ以外には今ひとつパッとせず、エンスーやスペクテイターで載ってた事があるよーとのこと。
そんなこんなである意味では「ラーメン博物館」「横浜中華街」みたいなポジション?
ただまぁ、冒頭の通り大御所が作る産業的ワインって大して美味くないことの方が多い訳ですが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥(その日のうちならプラス♥も)
オルネライアチームやるじゃーん!
値段相応しいモノではありますが、しかしながらオルネライアチーム意外と悪くないプレイングです。

色はクリムゾンレッドで案外と濃いカラーリング。
香りはそこまで立ち上がり良くはありませんが、紫系果実の印象は結構しっかりとあります。
ステンレスタンクなため、バニラ感とかはないんですがその分軽くスミレとかの印象も含む香り。
良くあるボルドー安物系のメルロ主体ブレンドなんですが、それらよりは果実感が素直にちゃんと感じられるし、そんなに中抜けした印象を覚えません。
いわゆるカシスな要素はちゃんとしている。
味わいも同様で、あくまでもカシスとかプルーンとかを主体としたちょっとしたソース感。あんまり作ったようなシロップ要素が少なく、サラッとした青さなども含みつつ終わるフィニッシュ。
そうした細かい機微が意外といい感じにまとまっていて、Theテーブルワインなイタリアンとしてちゃんと整っています。
あくまでもテーブルワインの範囲なんですけど、ガバガバも飲めちゃうところがあり、かつ果実要素は整えてあるのがいい感じ。
14%のalcにしては軽い印象でありますが、同時にそれゆえの味わいの満足感なんでしょう。
ただ、そんなに日持ちするワインではないのは注意かな。早いウチから酸がヘンに出始めます。
かるーく読める、ラブコメのそんなに重要でもないキャラ的ポジション。
明るい幼なじみ系?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(その日に使い切る場合やレストランなら)
ヘタれの早さを気にせず飲める状況・・・・・・例えば、かるーく人数がいるパーティーとかの状況で使うとか・・・・・・で、あればなかなか選択肢としてすぐれたワインだと思います。
レストランのテーブルワインとしても、そこそこ悪くないかも。サクッと出すにはピッタリで、そのくせあんまり邪魔しないだろうし酔ってくれるアルコール度数してますから、コレとっても使いやすいのでは?
お家のデイリーにも悪くない・・・と言いたいところなんですが、多少ヘタレスピードが早いのでその点は考慮いるかも。
しかしながらメルロ主体の安ワインとして、まぁまぁのまとまりを見せていますから、酒豪の人とかはお料理と使ってみてネ。

というわけで、オリヴィ・レ・ブケ・プリマイヨー2013でした。
低価格メルロにありがちな「なんか味がロクにしない(まろやかな気はする」みたいな事がなく、果実の訴えが存在する点はとてもいいですネ。
イタリアやるじゃーん、と何だか逆に思ってしまったテーブルワインでありましたとさ。

誤植されるぐらい適当に扱われてるワインですが、意外とイける。


ほぼ全てのキャラがモブ同然初めから外れる弾という軽い珍作

ニセコイ(23) [ 古味直志 ]
価格:453円(税込、送料無料)


関連記事

| イタリア | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1039-c98154e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT