オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャンパーニュに近しい味わいの酸化防止剤無添加泡、ブリュットとロゼの違い クローヌ・ボレアリス・ブリュット2015&ロゼ2015

うぇるかむ!
昨日、唐突にクリスタルをやったのは・・・そ、この伏線ってな所もありまして。

201606111504198ec.jpg
クローヌ・ボレアリスよりブリュットとロゼ。
2つの2015ヴィンテージです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
こちらに関しては以前MCCを集中的に買って呑んでた時に2014ヴィンテージを呑んでましたが、今回は2015ヴィンテージの2つとなっています。なので詳しくは割愛しますけど
201606111503556c9.jpg
20160611150411ca0.jpg
母の日もうすぎちゃってて若干シーズン外し気味なんですが、こんな感じのアイテムなんですネ。
さて、そんな訳でMCCの2つのワイン、その実力や如何に?

香り、味わい(最大10PT)
ブリュット:♥♥♥♥♥♥♥♥
ロゼ:♥♥♥♥♥♥♥
相変わらず良く出来たシャンパーニュ感・・・
昨日書いたのクリスタルと比べると、流石に総合力で劣ります。
しかしながら、極めて本格的で本物な実力。系統としては、まさにクリスタルなどの味わいのパターンに派閥として入ると思う。

ブリュット
20160611150348cad.jpg
色は黄色さがそこそこ強めで多く、泡もそこそこ。
香りにしっかりとした果実要素がありつつ、柑橘が立つ仕上がり。
酸は比較的多めで、チョコ要素はMCC全体としても低いものののっかっています。
・・・・・・と、書いててやっぱりクリスタル、結構近い気がする(並べて呑んだりしたら全く違う感想になるかもだけど)。
味わいはキレのいいタッチで、柑橘グレープフルーツのフレッシュな仕上がりでキリッと始まりキリッと終わる。
ライムなども味わってみると出てきて、そこそこに青さがありつつもシャンパーニュらしいパンっぽさも忘れてません。
そうじてクリアな印象の方が強いのですが、やっぱりグイグイいかせてくれるのは変わらずかな。
その意味で、シャンパーニュと違うのは果実のフレッシュさに由来するつまり熟成感に欠ける部分で、そこはヴィンテージシャンパーニュと比べると明らかに足りない・・・・・・ので、同じヴィンテージでヴィンテージシャンパーニュクラスと飲み比べ出来ればいいんですが、ちょうどクリスタルとかで2007年なのでそれは困難なのが残念。
さておき、酸化防止剤無添加なのもあって、フレッシュさで楽しむべき泡だと思うので、ジャブジャブ買って呑むのもいいし、シャンパーニュ代わりにもやっぱりなるんじゃないかなぁと私は思ってます。

ロゼ
20160611150403a4d.jpg
南アフリカ最高のロゼとかどっかで書かれてたそうですが、個人的にはブリュットの方が好きかな。
色はクリアさ強くむしろ黄色さがちょい多いぐらい。
香りにそこそこのピーチ感。ただあんまり強くはなくこれまたみずみずしい白桃ってな具合。
そんなにチェリーだったり赤要素が見られないのは特徴かも。
味わいも全体にスッキリした具合で、白桃が出つつスッキリとしたフィニッシュ。
酸味はブリュットよりこっちの方が目立ってたように思いますネ。
構成の感覚はブリュットにあった柑橘要素が桃やわずかながらベリーに変わっているような感じ。
元々実は私がそんなにロゼ好きじゃないってのもあって、ブリュットの柑橘フレッシュな空気の方が好きかな。
ただ、泡の感覚なんかはブリュット同様に意外なほど細かいのでロゼ好きには素直にこっちのが推奨しやすいかな。

両方共やっぱりちょっぴりセンチな田舎名家な感じであって、都会の金持ちじゃないけど地主の娘みたいなキャラがあるような気が。
あ、私だけ?そっすかネ・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
やっぱ安いよねコレ?
3000円アンダーの泡として相変わらず秀逸です。また、楽天内とかではそこそこに頒布されているのも特徴かも(従ってネットショップ上では買いやすい)
ただ、その場合はヴィンテージには気をつけてネ。そこは一度訪ねてから買った方がいいかもしれません。酸化防止剤無添加は「現行ヴィンテージにおいては気が付かないほど」な感じですが、寝かすと酸化が早かったりするのかな?

というわけで、クローヌ・ボレアリスよりロゼとブリュットの最新2015ヴィンテージでした。
これから夏にかけては、グラハムベック辺りよりもスッキリさが目立つので美味しくいただけるんではないかと。
クリスタルには敵わない・・・けれど、デイリー泡としてならこっちはクリスタル1つにつき10本とか買えちゃうので、質より量の人はコレは大有りッス。

ブリュットはこんな具合にヴィンテージ切り替わりシーズンみたいなので特にヴィンテージは尋ねるのがいいですネ。




一方、ロゼはあんまり置いてる店がなかったり。


ちょっと懐かしくて夏にやりたい。

関連記事

| 南アフリカ | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1037-59781107

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT