オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クラヴァンから見る自然派ワインの潮流その1~クラヴァン・ワインズのピノ

うぇるかむ!
昨日の記事に引き続きまして、そのまま南アフリカ特集をしようかと。
今回はクラヴァンのワイン・・・これを3分割でお送りしたく。
まずはピノからかナ。

20160606222222b4b.jpg
クラヴァン・ワインズピノ・ノワール・ファーレ・ヴィンヤード
その年号比べですネ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(個人的にはプラス♥)
細かいアレコレはもう省きますが、自然派ミック・クラヴァンのワイン。その2014と2015です。
2014年から発売開始なのでデビューヴィンテージになるのかな。
多少珍しい「ステレンボッシュ産の」ピノでもあるのですが、果たしてその実力とは?

香り・味わい(最大10PT)
2014:♥♥♥♥♥♥
2015:♥♥♥♥♥♥♥
まさに自然派スタイルなピノのお手本
ジュース系とも言える、ナチュラルスタイルであります。
すごくカッツリと作ってあると思う。そして2015の方が出来が良い、というよりは2014は順当にバージョンダウン気味?

2014
2016060622220291d.jpg
20160606222214557.jpg
アルコール度数11%。改めてド低いワインであります。
色はクリアなレッド。かなり薄みが強くなっています。
香りにチェリー、木苺、アセロラ、それと結構青臭さはあったり。バニラ感などはなく、まさにジュース。
味わいも口当たりから結構水っぽく、最初のあたり具合は「味うっすいなぁ」となる人もいるかも。
ただ、ちゃんと果実要素は出てくるのが特徴的であり、最後までフレッシュめのチェリー、赤果実を残して終えます。
アタックから酸が強く出るのはどこのピノ・ナチュラルスタイルでも恒例かな。
ちょっと青さが残りすぎるかなぁと思うのと、ガブ呑み系ワインとしてはもうワンアクセント欲しい。
全体に物足りなさはある、惜しい感じのナチュラルスタイルにとどまっちゃってる感。
・・・・・・というのも、2015と飲み比べたのが悪い気もしますが。

2015
201606062221342ec.jpg
20160606222150aa2.jpg
アルコール度数がちょっち上がりました。
色は2014と変わりなし。ちょっとコッチの方が濃いかな?ぐらい。
香りのベースも2014と近い・・・のですが、こっちの方が全体にボリュームがあります。
果実のタッチがより新鮮ですししっかりと香る。
このぐらいのが私は嬉しいかなぁ。ここは個人差ですネ。
味わいも同様で、フレッシュさと果実の要素の明確さがクッキリとします。青さも同時にあるんだけどネ。
酸味が強いのは変わらずですが、甘味部分もそこそこにキープ出来ている。
この後に2014を呑むと余計に2014側が水っぽく感じられちゃうんですヨ。それぐらい、出来栄え上がってるというか全体の味が地に足ついてる感じ。
かなりキャピッとしつつ、しかしそういうのを良く考えている感じ。ついでにちょっとケモみみな。
でも青さの部分なんかにどこか計算されたロリ感があるというか・・・・・・あれか、前川みく的な。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
ルーシーのピノが買えない人はこの2015がいいのではないか?
今やすっかりレアワインになっている、ルーシー・マルゴー、特にピノ。っていうかワインダイヤモンズ商品全般。
それら自然派的な流れをちゃんと感じさせるワインになっています。南アフリカだけど、オルタナティブロックおじさん事ミックはオーストラリアの醸造学校育ちな訳であり、また彼自身もオーストラリアは近しい土地と感じている訳で。
従って、3500円前後で買えるこのワイン、そうした自然派オージーが好きな人や「全然売ってなくて試せない」という方を狙い撃ち出来る素材です。
逆にいうと、アレ系さっぱりわからんみたいな人は買わない方が良い。
個人的には、クラヴァンのワインはそれこそオージー自然派と並べてブラインドしたいワインです。特にこのピノ!

というわけで、クラヴァン・ワインズピノ・ノワール・フォール・ヴィンヤードを2つでした(ファーレなのかフォールなのかちょっち微妙ッス)
総じてキュート系ピノらしい仕上がりを堪能出来ると思います。
ナチュール感炸裂のピノ・・・・・・まぁ、実は私ルーシーも他のが好きなように、割りと得意でないのですが・・・・・・の良い見本となりうるワインかなぁと。
これが本当にできたて若い世代のワインって事が一番の驚きだよネ。

何故かドゥアッシュとホリックさんしかクラヴァンを楽天ではやってないっぽい。何故?


にゃん語尾をキャラと言い切れる個性。

関連記事

| 南アフリカ | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1032-5d49d97c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT