オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トスカーナ・エルミタゼの実力とは? タラブーソ03&07

うぇるかむ!
イタリア特集2回目、今回もベタ線ですがスーパータスカン系で。
大雑把にスーパータスカン=トスカーナのフランス風赤ワイン(カベルネ種、メルロ種、フラン種などが主軸)とすると、日本に入ってきている量は実際相当量になり、ヘタをするとバローロバルバレスコより馴染みがある飲み手も多いのではないかと。
かくいう私も、実はトスカーナのクラレットづくりはとっても好きだったりします。
ただ、フランスと違ってどうにも熟成して飲む機会が少なかったりします(というかフランス以外熟成させるって感覚が薄い気がします)
今回はちょっと検証がてらに、年代別で飲むことが出来たモノで一筆ナノデス!

2013-05-19 17-43-16-610

タラブーソ03&07、イタリアはトスカーナそれもボルゲリ産となります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはサインチックなロゴにワイン名というデザイン。
そこそこにオシャレな印象があるボトリングだと思います。なんというか陽気な感じ!
比較もかねるとラベルのウラも03と07で違ったり
2013-05-19 17-43-37-381

作り手はテッレ・デル・マルケサート。
ネット調べをしてみると「サッシカイアの農園の一部を買い取った畑から作る家族経営小規模生産者」だそうで。
ようするに「有名産地のお近く系」であります。
小規模生産者、という事らしいのですが同ワイナリーのワインの種類は非常に多くカベルネ、メルロ、シラー、ヴェルメンティーノを植えている様子・・・いずれも国際品種で、大本は結構なお金持ちだったのだろう事がわかりますね。

今回のタラブーソは実はスーパータスカンとは若干言いがたい内容になっています。
というのも、セパージュがカベルネ90%シラー10%という「エルミタゼ・ブレンド」なのです。
フランスのボルドー地区でその昔、エルミタージュ地区というところで作られるシラー種を海外向けにこっそり混ぜていた・・・という19世紀にあったとされるスタイル。
なので、このワインを調べた時に宣伝文句で「サッシカイアやオルネライアと並ぶ実力!」という売り文句なのですがそれは比べるにはちょっと恥ずかしいよーな愛がないよーな・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
03がファーストヴィンテージ、07が現行ヴィンテージになります。
色はどちらも透かさないクリムゾンレッドで見分けはつかず。
香りにハーヴとカシスの果実感がふんだんに感じられ、ボリューム感はしっかりとあります。
03になると少しシラーから来ているかもしれない毛皮っぽさが出てきていました(後々調べてわかったのですが・・・)
味わいはしかしながら確かにサッシカイア同様にフランスっぽさがあって重ため。
07はカシスの味わいが前面的に押し出されており、酸味は少なめ、タンニンはハッキリと出ています。
アフターはしっかりとハーブ感。この2点がキッチリと出ている印象で誠実な印象。
03になると少し熟成感が出てほんの少しトリュフっぽい印象や土の香りが出ており、複雑さが飛躍的に増していました。
というより、03までくるとシラーを含んでいる事が如実に出てくるって感じなんですね。
07自体も悪くないカベルネ主体のワインという印象ではありますが、予想外に熟成による変化がありました。
味わいとしては03の方が今飲むならいいかと思います。
また、エルミタゼブレンド+ボルゲリという特徴故かイタリアらしい明るさを感じさせないワインでもあります。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(5000円ならば♥♥♥♥)
定価7000円が5000円!
というのがウリになっているようで、7000円ならば他を買いましょう(断言
5000円となると見方はガラリと変わって「ボルゲリ版エルミタゼとして」結構面白いのではないかなーと。
2000円の差って、結構でかいです^^;
特に、この価格帯であると5000円であればギリギリでミドル級なのですが7000円だとハイエンドがたっぷり出てきてしまうんですよね。
ラベルのラフで格好いい印象などから、贈り物にも使えそうですしエルミタゼの果実感の強さを知るという意味ではギリギリ自宅飲みレベル・・・それが5000円という魅力。

という訳で、定番のようでちょっと変則的なワインでした。
どことなくボルゲリ系ってイタリアの中では重たい印象のワインが多く、名家づくりによる高い畑を使っているがゆえの「食事と合わせやすい」というイタリアらしさとは別の歩み方をしている感じです。
同価格帯程度で他のイタリアワインと、飲み比べとかしてみたいなー

関連記事

| イタリア | 05:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/103-99c331ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT