オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サドヤだらけのワイン会!その4:カベのロゼ!サドヤ・カベルネ・ロゼ・プリムール2014

うぇるかむ!
連日のサドヤ祭り、最終回はコチラ。実は、コースで一番最初に出たアイテムだったりするんですけどネ。

201605252211496ad.jpg
サドヤ・カベルネ・ロゼ2014
わぁ、なんかいいですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
ラベルデザイン、なんともカッコイイと思います。現在の4代目社長の手腕満載。
20160525221139069.jpg
書いてのとおり、所謂「新モノからつくったロゼ」です。言ってしまえばサドヤ版ボージョレ・ヌーボー的立ち位置なのかな(本当に超短絡的に言えばネ)。
一般的なメニューには泡のロゼというのがありまして(それはそれでクレイジーなのですが)これは4代目になってから始まったシリーズらしい。
どちらにしても、そもそもからして「日本のカベルネのロゼ」という珍品。恐らく2014年リリースをここまでは寝かしておいているというちょっとしたレアアイテムだったりします(現に楽天でサドヤ ロゼで調べてもこのワインは形跡すらありません)。
さて、そんなアイテム、どの程度の実力をもっているのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
20160525221131cdb.jpg
あ、面白!
ロゼらしいスッキリさと独特のライトタッチをつぎ込みつつ、しかしながらカベルネっぽさとかも持つスタイルになっています。
そこそこに滑らかなのもあって、品がいいのがグッド。

色は比較的赤みがあるタイプのピンク。ロゼとしては赤さが目立ってました。
香りに少しアルコール感がありつつ、濃い目の桃の印象。ネクターではないんですけど、「日本の桃」ってタッチがちょっとある。
それと同時に華やかなローズ香水などが微妙な機微ではいっています。
味わいはすっきりとまろやかさが混在していて、ふっと立ちがる花の印象がいいですネ。
多少アルコールっぽさがあるかな?と思うのですが、飲み進めると気にならなく。
カベルネのせいなのか(という先入観なのか)どことなく草っぽさがアフターまでひっぱって感じられるのが特徴で、この葉の印象がある為に、全体にローズそのもののような印象を与えてくれています。
この草っぽさ、最大の要因であり「カベルネ大嫌い!あの青臭さ不味過ぎ!!」ぐらいにカベルネを憎んでいる人はこのワインを叩き割りたくなることでしょう。
そう、カベルネの特徴と言ってしまえる要点を、普通の赤ワインとして以上に彷彿とさせてくれるんです。
そういうわけで、最後もちょっとした土と青さを残しつつ、ピーチや赤果実につつまれつつスッキリとしたフィニッシュ。
まさに食前酒としては最良の「雰囲気をつくってくれる」ロゼとなっています。
サラダの前に供される事によって、その後のサラダにも潤いを与えてくれる。食事と呑まずに「食事の前に呑んで」最良を示す好例でしたネ。
これ、とっても雰囲気は良くて、実に「ロリータ和服」なタッチ。要するに近代風味和服っ子?
豊満さよりキュートさで、華やかに踊ってくれる感じ。軽快なようで、案外と品がいい。

コストパフォーマンス(最大5pt)

シーズンモノであり、しかもちょっと時間をおいてから呑んでいるものですから、これまたコスパで測るという行為そのものが疑問です。
とはいえ、恐らくそんなに高くはないんでしょう。オリウエ白とかと比べるとこっちのがずっといいんですが、果たしてそうしたデイリーとして用意されたワインと同価格・・・とはいかないし手に入りづらいのでは?
なので、あくまでもとりあえず省いておきます。
存在感と比較的珍品な事から、プレゼントにしたりするよりも一度はご体験いただきたいタイプのロゼだと思います。

というわけで、サドヤ・カベルネ・ロゼ2014でした。
これにて全4回のサドヤ祭りは終了!おつかれ私!!(ドヤァ
総じて感じたのは

・自分の持っている土地、そして出来上がるブドウを使って何が出来るか、というワインに最も大事な理念がブリヤンからは感じられる
・ピノを植えないという度胸と理念に対する敬意
・それでいてプロモーションに積極的なことも始める
・セミニョン(セミヨンだかセミョーンだか)は本当に美味しいなぁ・・・・・・

という事。正直、こうして比較をしてしまうから点数が下がっているワインが結構多かったです。
ワインの飲み比べ比較フライトって「1つは格別に感情的に評価があがるけど、他が主観を通して書き手の本来の感覚以上に評価をさげる」んではないかと前々から思ってた部分がより強くなったかなぁ。食べ合わせならぬ飲みあわせという概念は広めていきたいと思います。

調べても泡の方しか出ないんですよねぇ

【サドヤ】ロゼスパークリング
価格:2630円(税込、送料別)



甲州ロゼもつくってたんだ・・・これ、同じヴィンテージ飲み比べたい感すごいあるけど無理なんだろうなぁ。


盛らないしセクシーでもない西行寺幽々子(それがいい)

関連記事

| 日本 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1021-5892ce0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT