オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

またまたサドヤさんで食べてまいりました ~サドヤをたらふく呑みながら~

うぇるかむ!
タイトルの通り!!
201605220634243cc.jpg
三越前コレド室町2のボンヌ・ターブルさんでまたしても食べて呑んでしてまいりましたー。

20160522063612994.jpg
201605220636356dc.jpg
今回は日本のワイナリー、サドヤのワインをひたすらにのむ(一本だけ違ったけどネ)という企画でご招待受けたのでした。
20160522063625371.jpg
呑んだワインのその時の降水量とか気温とかのリストもいただいた
意識して飲もうとしたけど、途中から無理でした!(ダメカス)

というわけで、サクサクッと今回は書いてまいりましょう。

20160522063555cc4.jpg
いつものサラダ・・・なんだけど、いつもどおりちょっとだけ内容が違うというアレ。
今回は割りと珍しい野菜が盛り込まれていましたが、名前を失念OTL

20160522063539b27.jpg
シンク!コレ!しゅきー!!(cv:ポニョ)
この椎茸ホント好きなんですが、今回はいつもとちょっとコレも変わってて、海苔がのってました。
恐らくセミニョンとの合わせが意識されていたのかしら?
ナッツのさくさく感もいいですネ。

20160522063526869.jpg
穴子さん。
これを赤ワインソースで食べるという、見た目は新しいけどやっている事のベースは「八つ目鱧の赤ワイン煮(ボルドー風)」のアレンジっぽい料理。
何故なら、この時一緒に出てたワインが今回唯一サドヤでないメチャレア右岸ワインだったから。
赤ワインソースってこんなすごいのか!とびっくり出来ました。さり気なく梅がそえてあったりしていい塩梅に出来るという。

20160522063500ca0.jpg
トマトとシャーベットのひんやりさわやかな一皿。
ネタバレすると、サドヤさんの赤ワインが大体が「野菜、特にトマト」っぽいティストで統一されてまして、トマトとは方向性が近かったんですネ・・・・・・や、もしかして自分がサドヤの赤各種を「トマトっぽい」って発言したのコレの仕業か??
フルーツトマトはとてつもなく甘かった。けど、後に残らないからワインの味が嫌に変質はしないというバランス。
暑くなってきたシーズンに向けた小粋さ。

2016052206344383d.jpg
鱸のカブソース。
こちらでお魚がメインディッシュだったの初だったんですが、いやぁーこれがイノベーションなフレンチかぁってびっくりしちゃった・・・・・・・
魚焼いたモノ、なんだけど中の感触やわらかめのグミですよコレ!
なのでそれを補う形で周囲はタケノコや桜えびなど風味を付け加えつつ仕上げてありました。
この構成美、恥ずかしながらこういう形にされたお魚初めてだったんで本気でビックリ。
あー、こりゃなるほど某氏がワインブログから食レポブログに切り替わっちゃうよなーとか思ってしまった・・・・・・びっくり出来る要素が料理にはたくさんある、と(や、私はワインで更新ばっかりするけどネ)

20160522063432520.jpg
よもぎシューと丸ごと枇杷アイス。
大抵デザート出てる時もまだワイン呑み終えられてないから、個人的にちょっと勿体無い食べ方にいっつもなってて申し訳ない・・・・・・

・・・・・・というわけで、相変わらずこのお店スゴイですネ。
予約がとれたら是非食べていただきたいってなお料理の数々だと私は思うんだけど、超美食家の人達的にはどうなんだろ?
まぁ、いいか(ケロッと)
今回もごちそうさまでありました!

というわけで、今夜辺りからサドヤのワインでの更新、はじまります!

コレとかのバックヴィンテージを呑みまくってたのです

関連記事

| コラム | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1017-4972bfb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT