オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱりソアヴェは・・・最高やネ!と思わず唸る珠玉のフラッグシップ アンセルミ・カピテル・クローチェ2013

うぇるかむ!
ここ最近スペインで何故か更新しており、そして唐突に何故かコレを紹介することを忘れていたのを思い出しまして・・・・・・

201605112233546e8.jpg
アンセルミ・カピテル・クローチェ2013
ソアヴェにしてソアヴェでない、最高峰のガルガーネガ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
ガルガーネガといえばアンセルミ。アンセルミといえばガルガーネガです。
ラベルはもうほんとこれだけみたいな超シンプルさ。っていうかこのインポーターさん、アンセルミしか仕入れてないよね?って感じ。

アンセルミに関しては
何故かレアルダという赤と
すごく初期の頃に最下層のヴィンチェンツォで更新しておりますので詳しくはそちらで
で、今回のカピテル・クローチェがフラッグシップであり「世界初の樽発酵を用いたソアヴェ」として知られています。
なにげに唯一のアンセルミ現行ラインナップでのガルガーネガ100%の通常スティルだったり。
ワインレポート山本氏が絶賛してたり、とにかく有名なソアヴェなものの店頭でおいてある事があんまりないワインでもあります(私も今回はネットショップで購入です)
さて、その実力といえば・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
思わず、すっげぇ・・・と惚れてしまう魅惑さ
いやー、すごいです。率直に申し上げてスゴイ。
新モノ白ワイン(熟成していない白ワイン)としては完璧な出来。見事なバランス、質量の高さ、そして個性。
申し訳ないけど、白ワインのno1品種はシャルドネであって欲しい。だってこのワインが安く買えることの方が大事だもの・・・(ソアヴェの作り手に謝るべき発言)

色は比較的若々しく黄緑よりですが、通常版よりは濃い印象あり。
香りがまずラ・フランスと普通の洋なしと日本梨と・・・それらをミックスしたようなめくるめく梨果実要素。
それらは甘さを提示しつつ、スッキリとした香りとして維持しています。この香りのバランスからしてもう「うぁ、いいなコレ」という具合。
そこそこにバニラ感があって、温度が多少あがると「梨のパイ」っぽくなるのも特徴かな。
この梨っぽい要素が私はソアヴェのポイントで、また好きな部分なのですがそれが余すことなく含まれています。
味わいはもう口当りからまろやか。上記青緑果実はジュースからソースになりソースからジャムになり・・・・・・順をおいつつ、そこにフレッシュな蜂蜜の甘さが+される訳です。
しかも最後までひっかかるような要素がなく、その甘やかさの要素に頼り過ぎない。
酸のタッチやミネラルーって気分の塩っぽさがちゃんと支えてバランスをとっているのです。
感覚はデザートワインすら思わせるのに、最後の味わいの部分では梨果汁がスッと通り抜けるフィニッシュ。
驚愕のワインだと思います。多様性、個性、そうしたものが最高峰の白ワインの域として充実している訳ですからネ。
ソアヴェの味わいが勿論ベースであり、つまりガルガーネガの個性がたっぷりと出ている。
なので、シャルドネとかと比べるのは実は全く味の方向性からして違うので、その点では多少好みが出る・・・・・・とも思えないいきでの美味しさ。
多様性が高くて、品があって、しかもゴージャス。充足感が高い白ワイン。
まさにクールなヒロインの風格を完璧に収めた、究極の職人肌。青いドレス。服が乱れてないしセクシースタイルすぎないのに、もう困惑するぐらい魅惑的。
最近のアニメとかだとそうですネ・・・なんだろ、高垣楓?ギャグとか言わない。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
3200円で世界最高峰の白ワインです
ワォ!これを呑んでないで安白ワインの話は出来ない!!
とは、サン・ヴィンチェンツォでも思ったものですが、それに+1000円でこれが出てきてしまってはもう仕方がないです。
南アフリカに値段でも戦える数少ない白ワインだと思います。などと、南アフリカ贔屓の私に言わせるワインです。
ラベルとかに派手さはないので、多少通好みなところはありますが、味わいのレベルは万人へのプレゼントに使えるハズ。
日常的にコレを呑んでしまうと他の同価格ワインのほとんどが色あせて見えてしまうので、注意が必要です。

というわけで、アンセルミ・カピテル・クローチェ2013でした。
いやー、やっぱりこの作り手は最高だな!と思うには十分でしたネ。この段階で既に蜜っぽさは高いので、あんまり熟成するかは微妙なんですが、新モノな白ワインとして十分すぎる美味しさだと思います。
多分コレ、普及率が低いのって何よりも「こんなワイン仕入れたら他の白ワインが売れなくなっちゃう」からじゃないの?

本当の世界最高峰をこの価格で


まさに。

関連記事

| イタリア | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここ見て、近くのショップで見つけたので買って飲んでみたんですが確かに美味しい!個人的に、ワインを初めて飲む前に期待してた白ワインの味わいに感覚が近い
とても良いコスパ
何本か買い置きして、フォスカリーノの方も期待して試してみることに…

| | 2017/06/08 11:28 | URL |

Re: タイトルなし

>ななしさん
うぇるかむ!

> ここ見て、近くのショップで見つけたので買って飲んでみたんですが確かに美味しい!個人的に、ワインを初めて飲む前に期待してた白ワインの味わいに感覚が近い

美味しいでしょ!
アンセルミの実力は確実かつ確かなものだと思うです。
白ワインの最高峰のイメージとして、十二分過不足ナイものだと思います。下手くそなシャルドネよりよっぽど香味も味わいの奥深さもありますからネこの値段で。

> とても良いコスパ
> 何本か買い置きして、フォスカリーノの方も期待して試してみることに…

ぜひぜひ色々試してくださいまし。
アンセルミから入ると他のソアヴェが物足りなくなりがちですが、そこも個性としてガルガーネガ種主体の白ワインは是非お試しあれ。
イタリアワインの中でも群を抜いてコスパがよくなった地域なのでス(昔はシャバシャバした薄いワインとして知られていた地域およびワインスタイルでした)

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2017/06/29 01:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1006-c036a133

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT