オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

南ア最強と称されるワイナリの「最安ライン」のフライト。 セイディ・ファミリー・スカーフバーグ&ソルダート

うぇるかむ!
南アフリカワインをそこそこ紹介している当ブログ。
その中でも評価としては知名度があるのが南アフリカ専門なプラッター誌とティム・アトキン兄貴(マスター・オブ・ワインっていう資格を持つ偉い人だヨ)の「かってに☆南アフリカ格付け」が知名度高いんだろうと思います。
が、それにくわえてスペクテイターにジャンシスおばさんにパーカーたん所(アドヴォケイト)に・・・・・・と主要なワイン誌を総なめにしてるワイナリーが実は、あります。

20160730214427acc.jpg
セイディ・ファミリー(サディ・ファミリー)
今回はスカーフバーグとソルダートという「ワイナリの最安値シリーズ」になります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルそのものはシンプル・・・・・・なんですが「違和感を感じたら」かなりのフォンター(フォントマニア)だと思います。
このシリーズ、基本文字だけなんですが、名前部分は作り手であるイーベン・セイディ氏が
「うん、このワインはこんな感じのフォントやんな!」
とか言いながらチョイスしており、各ワイン毎にフォントを変えてあるんだとか。
上位の方が筆記感のある感じになってるみたい。

イーベン・セイディ氏がワインを発表したのは2000年。
それまではヨーロッパで修行したり、スパイス・ルートという南アフリカのワイナリを切り盛りしていた彼。
ただまぁ、丁度ボルドーがミレニアム騒動(ボルドーが大当たり年で値段がぶち上がった)とかで盛り上がっている頃なので、本国誌のプラッターぐらいしか注目していませんでした。
ところが、段々と注目されるに連れてヒットしだし、次々と高評価が与えられていきめっちゃ注目のワイナリとなっています。
で、各位がどんな感じに評価しているのかというと・・・・・・

アドヴォケイト(パーカーを継ぐ男、ニール・マーティン)「マジやべぇ事になんぞ・・・ッ!PP97点!!」
ジャンシスおばさん「マジやばポヨなんですけどーッ!(絶叫)超注目の南アフリカワイナリーッ!!(絶叫)」
プラッター誌「今 年 最 高」
ティムニキ「とーぜん一級っしょ。そして今 年 最 高」

スペクテイターが見当たらないぐらいかな?
これらは当然、一番高いワイン(とはいえ倍値の15000円ぐらいなんですが)であるコルメラ&パラディウスに対してなんですが、このワイナリ下からして5000円以上であり、その下の方ですら非常に評価が高かったりします。
彼の特徴としてはスワートランドという地域の立役者の一人であり(バデンホーストらのグループの一人)、上述のトップワイン以下を古樹シリーズとして8つ作っており、ワインの種類だけは10種類もあるけど少量生産であること。
そして、ワインの作り手において最も重要かもしれない要素・・・・・・
サーファーだからあんま仕事したくない
(ワインのスゴイ作り手は絵文音楽の何れかか得意かスピード狂気味な乗り物趣味を持っている)
までもっているという。うーむ、素性完璧!
長くなってますが、さてここから本日のワインについて。

スカーフバーグ
20160730214317198.jpg
20160730214330691.jpg

樹齢最高85年とかいうアンティーク級に近い、シュナン・ブランオンリー。
ティムニキの「今年の最強のシュナン・ブランならびに白!ヤベェぜコイツァーッ!」
とかニッコリしてたのがコレ。スカーフバーグ・ヴィンヤードという畑からの買い付けブドウのみなんですが、この畑から買っている他の人に
20160605213349d02.jpg
コロナビールおじさんがいるらしい。
アルヘイトも買い付けてるとは、相当ハイレベルな供給元なんでは?

ソルダート
201607302144026da.jpg
20160730214413929.jpg
歩兵とか名前がついての通り、将棋の歩のようなポジ?
ティムニキが「うん、今年のオルタナティブな感じの赤ワインベスト!」とニッコリ(こいつ常にニッコリしてるんじゃ?)
だけでなく、アドヴォケイトのマーティン君までもが
「ジーザス・・・こいつブラインドで飲んだら俺は!絶対に!バーガンディー(ブルゴーニュ・ピノ)と間違える!!確信がある!!!」
と自信たっぷり。
ピーケニアスクルーフという山の一番山頂付近のグルナッシュに限定してるんですって。

さて、ながーくなりましたが、実際呑んでまいった結果はですネ・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
スカーフバーグ:♥♥♥♥♥♥♥♥
ソルダート:♥♥♥♥♥♥♥(自然派OKなら+♥)
サ゛ー゛フ゛ァ゛ー゛の゛味゛だ゛ぁ゛し゛ょ゛っ゛ぱ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ーー(cv:藤原竜也)
なにはともあれしょっぱい。すごくしょっぱい。どういうことだってぐらいしょっぱい。
その前提から他の味が引き出されてくる辺り、最高にサーファーの味です。イガイタカハと絶対仲いいでしょこの人。

スカーフバーグ
20160730214304db2.jpg
ちょっちレトロモダンな雰囲気のフォント。
色はクリアさ強くイエロー。黄緑系の発色でもなかったかな。
香りにまずもう「うお、しょっぱそうだなぁ」と感じさせるぐらい明確に塩っけがあります。
味わいもとかくソルティい出来ており、またレモネード的な強烈な酸味がやってきます。
ズバッとくる塩気と酸味にうまいことバニラ感が乗っかってくるのが特徴。
シュナン・ブランらしさにおける「酸味が高めに出る要素」をモロに拾っているような感覚ですネ。
レモンというべき果実酸っぷりが持続性が高く残るのが特徴で、塩レモン感が長いこと長いこと。
フルボディというべきでしょう。
ベースはほぼこうした果実要素なんですが、それがスカッと爽快な域で突き抜けていく訳でして。
アルヘイトが買っているらしい、との事で覚えてる範囲では「コロナビールおじさんはマイルドに仕上げてたんだなぁ」と感心するぐらい。



誰もおいつけねーッ!ファーストインプレッションが強烈であり、早すぎる気がする。

ソルダート
20160730214345cab.jpg
メガドライブかよ?
なんとも古典の戦役もの映画みたいな雰囲気が出てますが、どっちかというと反逆した民間軍みたいな味。
率直に言うと、野菜味。クラヴァン・ワインズとかサドヤ(日本)とか近い。

色はかなり薄めのレッド。一番上の写真のとおり、黒い机であってもこの程度の赤さに写るので相当薄いッス。
香りにこちらからもレモンが多め・・・それからちょっとアセロラとかの木の実。
全体の香りの構造に一般的なグルナッシュのイメージとは結びつかない感覚の方が多いかなぁと。
味わいもかなり酸味が激しくあり、強いトマトとそのほか根菜や葉など含めた野菜系のニュアンスが。
ナチュラル感は前回であるにも関わらず、それらがまずさとはいえないのが最大特徴。
フルーツトマトっぽいタッチな甘味や野菜のフレッシュな美味しさが異様に詰まっている訳です。
畑で塩だけぶっかけた野菜をパキッ!
そんなイメージが思い浮かぶワインかな(cv:神の雫の誰か)
品がいいかというと、そうではないと思う。ある意味では野性的であるとすら。
良く言えばみずみずしく繊細でブルピノのような。悪く言えば思いっきり自然派でワインらしさが薄い。
ナチュラルに田舎な物語・・・・・・


せくしーとかとは無縁な世界観。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には)
6000円のワインとしては微妙なライン。
仮想敵はそれこそ同ラフィネインポーターだったり、ワインダイヤモンズだったり、ヴィナイオータの仕入れてるワインって感じなんですが、値段では別に勝ってない。
なので、あとはどの作り手が好みかな?ってことなんですけど、私はこの2つのとんがり方は好みでは、ない。
そういうピーキーさがあるので、好きな人と嫌いな人でハッキリわかれるだろうと。従ってあんま元々コスパで話すワインでもないんでしょうが、総合的には悩ましいワインなんですよ。
世界中が絶賛しているにはちょっと「はて、そこまで?」とは思っちゃうかな・・・上位2つがそんなにすごいのかしら。
いずれにしても、手に入れられると幸運な部類のカルトレアワインなので、買ったら自分で是非ためしてみてネ。

というわけで、セイディ・ファミリーよりスカーフ・バーグとソルダートでした。
私よりもトッププロが興奮してるワインなんだろうと思います。
プロの注目がいま、どういうのに集まっているか・・・「なう」を感じるにはぴったりなワインよネ。

本当にSSRですからコレ



| 南アフリカ | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドゥニ・デュブルデュー教授が日本に残した功績。追悼も兼ねて。 Shizen・キュヴェ・ドゥニ・デュブルデュー2011

うぇるかむ!
昨日更新の予定だったんですが、ついついこのワインを飲み過ぎてしまいそのまま寝てしまいました・・・・・・

201607281610127b2.jpg
Shizen キュヴェ・ドゥニ・デュブルデュー 2011
今年も巨匠の報が続くなぁ・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(日本的には+♥)
ラベルは日本人画家(および書道家?)でニューヨークで活躍している千住博氏のモノを使用。なんかテスタマッタ(ビービー・グラーツ)に似てるよネ。
20160728161018317.jpg
裏に大体のところが書いてあります。

で、このワイン最大の特徴は「甲州を世界に広めよう」という甲州プロジェクトという一環で生み出されたもので、日本初ドゥニ・デュブルデュー教授がコンサルトにつき、更に日本初の「ヨーロッパへ輸出された日本醸造ワイン」だとか。
このワインが2006年にEUで許可され販売されるまで、ヨーロッパには日本のワインが一切出回ってなかった訳で偉大です。
更に、甲州がヨーロッパの伝統品種であることをカリフォルニアディビス校にDNA鑑定にまわして確認がとれたのもコレが契機。
と、昨今の「日本ワインすごいんやで!」みたいなノリを完全に牽引したというか、コレなかったら日本ワインブームとか色々と成り立ってなかったんじゃないの?というようなワインです。

なんでココがそんなに革新性が出来たのか、というと先日亡くなったドゥニ・デュブルデュー教授のコンサルトがキーだったでしょう(リンクはワインレポートさんの記事)
白ワインの法王の異名をもった、彼が
「お、白ワインを広めるプロジェクト?ドゥニもやるーッ!」
と参加されてなかったら恐らくそんなに広まってなかったハズです。特にヨーロッパ輸出。ドゥニ様が言うならしゃあないなぁって節あったハズなんですよ。
また、パーカーたんもこのワインは呑んでて「今後が楽しみな寿司ワイン!」とか言ってます(正確ではないんですが、文献上で寿司ワインというワードが出たのもしかしてパーカーたんのコレへの評が初なのでは?情報求む)。
そんなこんなで、海外の巨匠がまるっと関わったこのワイン、現在は垣根づくりバージョンなどもあるようなのですが今回は通常レンジ版。
初期は中央葡萄(グレイス)での作りだったのがどうやら独立化されているようで、ドゥニ教授の手ほどきを受けた日本人醸造家が担当されています。
さて、その味はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(料理と合わせるなら+♥)
うっすぃ味だぜ!!!!!!!!!!!!!!
薄いです。すごく薄い。
9%というアルコール度数以上に、薄い。しかもドライ。
実はこのブログ立ち上げるずっとまえにも呑んだことがあって、そのときもうっすい!!!!と思ったものです。
今でこそ、それが良いとわかる。オレンジワインにある種近い味の系譜。感慨深いワインでした。

色はクリアで若干黄緑かな?ぐらいのもの。
香りにわずかに日本梨。アーモンドっぽさも温度があがると出てきます。
味わいがとにかく薄く情報を「探さないとならない」ところが特徴。
みりんみたいな口当たり。そこに僅かに日本梨などの青い果実感、ナッツなどの木の実、山椒、杏仁豆腐っぽさ・・・・・・などを探すと出てきます。
それぐらいサクッと呑んでしまうと良くわからないまま終わるのです。余韻も超ライト。甘味も低アルコールなのにほぼほぼ0。
昨今流行ったオレンジワインの味わいの系統よりも更にドライ。このワインが2006年頃から日本で作られていたというのが先進的。
そして、これほど「ワイン単体で呑むとイマイチ」なアイテムも珍しいのではないかと。
私は基本赤ワインを呑んでから白ワインを呑む派なんですが、それをこのワインでやるとこのワインの味が完全に消えます。
しかし、赤ワイン側は美味しくなる。
または料理と合わせてもこのワインの味は完全に負けます。でも、料理はこの後に食べるとなんだかちょっとボリュームがあがって美味しく感じられる・・・・・・
そう、料理を引き立てるワインとして実に成立しています。なんとなくサバ缶なんてあけてみたんですが、それもサバ臭さがあがったりはせずに、また日本酒と一緒に呑むのとは別の感性で美味しくいただけました。
完璧なる「料理とのワイン」です。ここまでその要点がハッキリしたのは珍しい。
スーパーサポートキャラクター。オペレーターなオネイサン。かすみ草の存在。優秀な料理のお供。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(料理と合わせるなら+♥)
2000円ちょっとという価格で面白い世界が見れるのですが、しかしかなりピーキーなワインとなっているため、ヘタすると「薄くて不味い」で終わるワインです。
一方で、料理と合わせたりある程度色んなタイプのワインを飲んでいると「なかなかスゴイのでは?」となる。
必ず料理と合わせた方がイイという珍しいスタイルで、絶対に晩酌に加えてあげてください。
今後話題性があがるでしょうから、入手は一時難しくなるでしょうからお早めに。
20160728161026f7b.jpg

というわけで、コウシュウ・Shizen・キュヴェ・ドゥニ・デュブルデュー2011でした。
久々のワクワク感で飲んだワインでした。未体験ゾーンとつにゅう!的な楽しさ。
色んな功績も踏まえて、呑んでみるとドゥニ教授って偉大だったんだなぁとシミジミしちゃいますネ。

私が呑んだのは2011年。現行は2012年に移行している所も。多分新しいともうちょい果実感あがって良いかも。


因みに私が合わせたサヴァがこれ


| 日本 | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュー・メキシコ州の泡!?クリュッグみたいなそのしっかりとした質感の良さ。 グリュエ・ブラン・ド・ノワール

うぇるかむ!
昨日はうっかり更新しそびれてしまいました・・・いやー、ちょっとブラインド試飲会でダメダメだったものでショックでしてチュウニズムプレイしまくってたら日にち跨いでたヨ
さておき、カリフォルニア以外の場所のアメリカワインで更新を数日やってましたが・・・・・・その極めつけがコレ。

20160727131302875.jpg
グリュエ・ブラン・ド・ノワール
その州の名は、ニューメキシコ州。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
シンプルに言って、クリュッグもどき。


並べてみてみるとそこそこ似てる・・・(けど、パクリとまではいかないかなこれだと。フォントだけやし)

ただ、出路はシャンパーニュであったようで、グリュエ家という方々が運営している模様。
よくある「フランスからニューワールドへ」系の訳ですが、何故か彼らが選んだのは「ニューメキシコ州」だった訳。
めっちゃ内陸です。ワシントン、オレゴン、カリフォルニアと西海岸沿いがアメリカの基本的なワイン産地な訳ですが、カリフォルニアからはアリゾナを挟み、テキサスのが近い。
西部劇かよ!とツッコミたくなるような場所で、なんと1987年初ヴィンテージでやっている老舗だったりします。
ただ、場所が場所なのでだーれも目をつけておらず、しかしアメリカのワイン商にはそこそこ定評があるブランドだったようで2011年のワインスペクテイター年間ベスト43位という微妙なランクイン経験もあったり。
そんな訳で、恐らく日本唯一?な気がするニューメキシコ州ワイナリ、出来栄えや如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
味もクリュッグ寄り?
割りと熟成感が出てたのが特徴で、結構濃い口。また、チョコっぽさよりあんずっぽさが多いのが(極個人的なイメージの)クリュッグ寄りのデザインの味かなーなんて思います。
南アフリカのグラハムベックとかはちょい近いかもー。

20160727131313a49.jpg
20160727131325fc9.jpg
色は近づけて写真撮ったらそーでもなくて焦りましたが、結構カラー強いんですよ。
黄金寄り。あんまりNVとかでこの色が出てくるとは思ってなかった。
因みにこれ、ブラン・ド・ノワールとか言っておいて75%ピノの25%シャルドネ(多分この数値も適当)とかいうノワールじゃねーじゃねーか!とツッコミ入れたくなる感じなので、余計にそれにしては黄色さが強いかと。
香りに杏感が多め。チョコとかはわずかながらにあり、しかしベースは果物リキュールな雰囲気。
味わいも濃ゆさがあるのがGOOD。
泡立ちそのものは中庸で繊細ではないんですが、これで繊細さ備えてたら万円超えるよねって感じの強い果実感。
あとからほのかにチョコっぽさなどがありますが、基本は柑橘系と杏をミックスさせたような力強い果物要素。
あんまりトロピカルじゃないんですよネ。また、明るいキャラでもない。
パワフルでダイナマイトだけど、以外と控えめだし大人な佇まいをしています。
炭酸感はそこそこにあるので、ガバガバと呑むにはちょっとツラみ。
豪快ではないけど、高級でもない・・・・・・そんな微妙なところをとらえた通好みのアイテムだろうと思います。
大人なオネイサン系、しかしそこそこ真面目な。メガネOLとかこういう感じでしょうかネ。ちょっとうるさそうな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(面白みは+♥?)
3500円と意外としちゃう。泡の本格的なのが出てき始めてるライン(MCCとかフランチャコルタとか安シャンパーニュとか)なのでオトクさはあんまりないかなーと。
ただ、なんといってもニューメキシコ州という文字列が2016年現在最高に珍しいので、そういうのを考えて何か使うには唯一無二になります。
たとえばブラインドの反則球にするとか。
プレゼントにするには、高級感とかはイマイチなので向かないかもしれません。
ガッツリ夏に焼き肉しながら呑むにはバッチリかなー。

というわけで、グリュエよりブラン・ド・ノワール(ピノ多めだよ!)でした。
ヘンテコ地域と言われちゃうようなタイプのワインですが、興味本位のあともそこそこリピートがありそうなアイテムですネ。
今更ながらブリテン泡とかもまぁ元々は変わり種だったわけですし・・・・・・これで10年後とかにニューメキシコワインが主流になってたら面白いんですが、どーなるかしらん。

夏を豪快に過ごしたい方に


パワフルめがね・・・りっちゃん?

| アメリカ | 22:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドルーアンのオレゴン版、ピノ・グリを作ったらなんだかシャブリみたい!? クラウドライン・ピノ・グリ2013

うぇるかむ!
昨日に引き続き、もういっちょカリフォルニア外の白ワイン(明日もカリフォルニア外のワインにするヨン)。続いてはオレゴンであります。

2016072520481994b.jpg
クラウドライン・ウィラメット・ヴァレー・ピノ・グリ2013
久々に「今まさに呑んでるワイン」での更新だったりもするのでス。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはわかりやすい程、安めのワインなんだろうなぁって感じの自然のフルカラー&シンプルな文体。
写真系って自然と関係ないほど、良かったりしません?
20160725204825909.jpg
裏もとにかく普通。っていうか輸出向けに作ってますネ(ならもうちょいなんか欲しい感じ)。

作り手はドレフュス・アシュビーというニューヨークのワイン販売会社。
トーレスなんかの取り扱いもやっている、まぁ日本で言えばENOTECAインポーターポジションみたいなところなのかな。
そこが「ワシは、一番安くて美味いオレゴンピノ・グリを作るんじゃー(cv:マッサン)」
と、オリジナルワインを作る事を決意します。
NYの大手商が買いブドウでワインをやるっていうんで、そこにやってきたのがヴェロニク・ドルーアン。
そう、ドメーヌ・ドルーアンのチームがスーパーバイザーとして監修はすることになったとさ。


フランスの名門だけど、現当主の長女のヴェロニク女史がオレゴンに飛ばされてしかもパーカーたんに「オレゴンのがドルーアンは良くないッスか?」とか言われてたりします。
そんなドルーアンが更にテーブルなアイテムを出すっていうから、アメリカでは2004年ごろのデビュー時には結構盛り上がったそうな。
さて。
どっちかというとピノ・ノワール(赤)の方が人気みたいなんですが、今回はピノ・グリージョ(ピノグリ)で。
いやぁ、なんかあっさりしたの飲みたかったんですヨ。で、どうかといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
シャブリみたいなしょっぱさ
うおぉ、しょっぺー!って感じのワインになっています。
物凄く酸味が強く出ていて、それが良いような悪いような。ただ、全体に悪いズレはおこしてないかなーって感じで大手の資産力で出来てるのは良くわかる。

20160725204833657.jpg
あ、そういえばフタがモンスターボールっぽい。
ポケモンGO、一気に株があがってさがってジェットコースターしてますネ・・・あ、どうでもイイす?

色はクリアな黄緑なんですが、ちょっとだけオレンジっぽくなっているのは品種特徴ですかネ。
香りに既にグレープフルーツスカッシュ感があります。しぼりたて!それに塩がドーン!!
そんなテンションは口に入れても同様に。
レモンやライムの酸味に、塩っけがたっぷりドドドーン!
迫力のある塩っぽさ。強烈な塩スイカといえるかも知れぬ・・・・・・そう、ちょっぴり青さがあるアフターがシャブリとの差(っていうかそもそもなんで私はシャブリと比べたがっているのか)。
それと、アフターにわずかに山椒っぽさが出ているのが印象的ですネ。うなぎに添える山椒のよう。
最初のグレープフルーツ感から転移してライムやカボスに変わる味の変化率は結構面白く、それが苦手って人はいそうな味です。
なにはともあれ、ミルキー系とか樽っこさは薄めで、このキリッと加減がとにかく目立つワインとなっています。
ツンツン系なキャラクターであります。でも、そこがいいよねってちゃんとなれるワインです。
実は見てないんですけど傍から見た逸見エリカってそんな感じ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(塩っぽいの好きなら+♥)
デイリーワインとしてはそこそこだろうと思います。1000円台でこれを探すのは難しいけど2000円も出すとサクッとこのぐらいが出てくる。
そういう白ワイン界隈を代表するようなさじ加減。なので、コスパとしては「普通」ですが好んで選択する人がいてもおかしくはないのではないかな。
あくまでもデイリーデイリーしてまして、その意味ではレストランのグラスワイン(にしては味がマニアックかな?)だとか日常用としてバコバコ使うのがベスト。
食前向けワインなのは疑いようがありますまい。

というわけで、クラウドライン・ピノグリ2013でした。
低価格ながら個性的なしょっぱさがあって、なかなか好感もあるワインでした。
実はモンラッシェやシャブリの新モノがあんまり当たったことがない私=しょっぱい白苦手な私でも、良しとするデイリー。
点数以上に、悪くないと思ってたりするし数も多いみたいなのでお試しあれ。

かなり買いやすいと思います。


本家のシャブリ。値段差がそんなにないのでちょっと試してみたい気がする


予想外にグッズが売ってなくてびっくりした。

| アメリカ | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワシントンリースリングの本質?との事で実際どうなのか。 サブスタンス・リースリング2012

うぇるかむ!
今日はちょっと更新時間がめっちゃ少なく、グラブルの星の古戦場ちょっと頑張らないと予選通らないのでこの間呑んだリースリングでもと。

20160724222951f2a.jpg

サブスタンス・ワシントン・リースリング2012
これ、ワインボトルのラベル(エチケット)ですからネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
そこそこかっちょいーんですが、ちょっとシンプルかつスマートすぎる気がしなくもないラベルという印象かなぁ。
元素記号風に描くことで「サブスタンス=本質」としているとか。なので100%同じブドウのシリーズのみを作っているという。
20160724223013a02.jpg
裏はこんな感じ。うん、シンプル。

作り手は元々ワインを作っていた人達によるジョイント・ベンチャーなんだそうで、2007年に発足。
「若者のためのワイン」を意識した低価格めのワイナリ・・・・・・という以外にはイマイチ出てこなかったりします。
とはいえ、ワシントンリースリング。ワシントンのこのタイプってあんまりハズレがないなぁという印象だったのとジャケ買いした私であります。
さて、どんな味だったかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
ワシントンリースリングっぽさはあるんだろうなぁ
あんまりオイリーすぎず甘すぎないタッチがアルザスやドイツとの違いを思わせますね。
良くも悪くも器用な感じです。何でもこなせるけど、特筆すべき点がない感じ。

色は薄めながらちょっとした黄金め。イエローより熟成感あった感じです。
香りに青目のライムなどの果実と同時にほんのりとオイリーさがあります。
この2つの印象が常々あるという。え、それがリースリングだろって?いや、しかしながらこの7:3ぐらいのバランスの保持力はなかなかだと思う訳。
オイリーすぎるのがダメだったりするパターンが多いリースリングですが、同時にリースリングが好きだったりすると若いのにオイリーさがないのちょっと物足りない時があったりしません?
味わいは同様にシンプルかつストレートなリースリング感覚で、柑橘とライム、ちょっとしたかぼすも含みつつオイルの香りがして終わっていくという。
対極主義的感覚はちゃんと備わっているんですが、それがどこか教科書的っちゃー教科書的かな。
リースリングだととてもわかりやすいものの、それ以上ではない感じ。
アフターも同様で「弱っちくはないんだけど、もうちょい強くてもいいのよ?」て思っちゃう所が実はあるかな。
悪くないんだけど良くもない。「並」のロボットアニメ的ポジション?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
そういう訳で、3000円ぐらいのリースリングとしてごくごく普通。悪くないし良くもない。
うーん、ちょっと微妙なラインです。同じワシントンリースリングでももっとずば抜けてるの同じぐらいであるからなぁ・・・という。
出来そのものは悪くないけど、周囲を見渡した時に「他の方がいいや」ってなっちゃいがちかもしれません。
ワシントンのリースリング、というモノを考える上ではお試しいただきたいタイプで、確かに「リースリングらしいリースリング」です。
どっちかというと勉強向けワインな感じは、する。

というわけで、サブスタンス・リースリングでした。
とてつもなくわかりやすい味で、同時にもう少し何か欲しいかなぁって感じがするワインでしたネ。
ラベルの斬新さに比べると「本質というべき中身」が良質でもなかったみたいなオチでして・・・・・・

なお、このワインネット検索だと見当たるのに楽天ではまるで見当たらないので、「ワシントン リースリング」で真っ先に出てきたワインをペタリしときます・・・ってカンフーガールやないかーい!(セルフツッコミ)


確かに記号的ではあったかも知れぬ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

元素図鑑 [ エイドリアン・ディングル ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)


| アメリカ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドノヴァン・ラールとブティノの「キメラ」。彷徨う牛は何処へ向かうだろうか? ワンダーリング・ビースト2015

うぇるかむ!
南アフリカマニアの中では割りと話題になっていたこのワイン、私も試してましたのでスっていうか昨日の更新完璧伏線だったよネ。

201607232214508fc.jpg
ワンダーリング・ビースト2015
カルト(に近いレアさだけど値段は圧倒的に安いからカルトというには違う)ワインです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
このラベルの圧倒的新世界カルト感!
存在感びんびん物語です。もう明らかに強そうじゃないですかコレ?
20160723221501796.jpg
実はモトックス仕入れであり、モトックスが全力で推し進めているブティノとドノヴァン・ラールのコラボだったりします。

ブティノに関しては昨日書いての通り。
ブティノ社は実は南アフリカへの展開が結構多くて、このワイン意外にもいくつかプロジェクトを持っています。
っていうか、恐らくロンドン(ブリテン)に南アフリカが広まった要因って彼らが引っ張ってるからじゃないかなーと想像してる私。
そんな彼らがスワートランド代表格のドノヴァン・ラールと手を組んだってんだからさぁ大変。
更に使っているブドウはムリヌーというワイナリーのものだとか(これも南アフリカ最高峰と評価されたりしているワイナリ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ラール・ワインズ / グルナッシュ・ブラン [2015]【白ワイン】
価格:3888円(税込、送料別) (2016/7/23時点)


カジュアルワインローヌの大手が、南アフリカ最注目株であるラールとのタッグという・・・
ついた名前が「牛」。やせ細ったとか彷徨うとかいろんな意味をもつらしいワンダーリングな牛。
基本は「彷徨う牛の意味」として日本では紹介されていますが、私はちょっと独自に思うことがありまして。
というのは、同じように「ニューワールドの凄腕とローヌ生産者のタッグワイン」として「キメラ」という名前のワインが存在します。
それがサンタイネズのシン・クア・ノンとヌフのフィリップ・カンビによる「キメラ」。
それを知ってる身としてはこれ深読みして
「ワンダーリングビースト(不確かな牛)=創造の獣=キメラ」
という挑戦のようにしか見えないんですよネェ。電気信号びんびん出てるロゴとか見ても。
(因みに、シンクアノンとカンビによる「キメラ」というワインは現在二回作られてるのが確認されてるんですけど、日本では未入荷っていうか多分スクリーミング・イーグルぐらいしちゃうと思う)

まぁ、そんな私の妄想はさておき。

このワイン、デビューが2013年なんですがそれがソレがとにかく各雑誌で「超すげぇマジやべぇ」とアウトスタンディングの連続。
それで話題を総ざらいしたという事と、ブティノが基本ブリテンに持って行っている為3000円台のワインにも関わらず「日本600本限定」と少ないのです。
さてさて、では実際どうなの?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(現段階では)
すこぶる堅牢っぷりである
どこがやせ細ってるじゃ!さまよってるじゃ!
ブレなさすぎて怖いぐらいですヨ!!インク感が超する。

色はそこそこ透けもある赤紫。
色が意外と透けるなぁと思ったものですが、そのハズでラールがそもそも自然派タイプの人である上にalc13%と低めなのです。
でも、香りがまず墨っぽく、果実の感じもズッシリと重たく、そのくせ余分なモノを削ぎ落したかのようなシャープさ。
紫果実主体なんだけど、甘い感じよりもとにかくビターさが重視されているかのような研ぎ澄まされっぷり。
っていうか、見えてこない。
味わいも同様でドバッと墨汁が叩き込まれます。
こんなに何だかインクを舐めたようなって言葉を使いたいモノもないワインです。果実さとかスパイスよりも遥かに優先してそのタッチが出まくっているという。
そこそこ塩ッケは全体に高く持続するのも特徴で、それがインキーさを思わせたのかなぁ。
とはいえ、それがイヤミになっている訳ではない辺りのさじ加減が微妙にこのワインの潜在性を思わせる訳でして。
また、甘味や酸味という部分でいえば全体に「弱いぐらい」です。ハイパワーのワインでないのに、アタックからくるイメージが強烈なんですネ。
最終的なイメージは「真っ黒」で終わります。まさに正体不明。恐ろしいタフさ。
でっかい和紙にでっかい筆で書くパフォーマンスを見るような気分。


こういうアレね(語彙力不足)
二次元キャラなら、まさにキメラ。ぬえちゃん!

コストパフォーマンス(最大5PT)

自信が全然もてん・・・・・・
好みだけだと実は♥♥かもしれないけど、一瞬その墨のズバッ!とした部分が良くて♥♥♥♥いきそうな気もするけど、そうすると♥♥♥って事になるような気はするし・・・・・・
と、なんだかこの評価も彷徨って終わろうかと思います。
多分、今また買ってきて開けたら大分印象違うんですヨ。対峙している時は堅牢でも、恐らくこの子はさまよっているのです。
それがどこに向かおうとしているのか?
それは、買って是非ご判断ください。

という訳で、ワンダリングビースト2015でした。
いやー、これほど何言っていいかわからなくなったのも久しぶりって感じでした。
エレガント寄りかパワフルなのかセクシーなのか・・・でも少なくともセクシーではないよね、みたいな。
多分、今後もてにはいりそうだったら買っちゃうワインになるかも?それぐらい、私には良くわからなかった・・・・・・

日本ではまだ買えます。世界でもレアケース。


ぬえちゃん
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

特異点の怪物的感情 -幽閉サテライト-
価格:648円(税込、送料別) (2016/7/23時点)


| 南アフリカ | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブティノ社のチリワイン、その低価格らしい涼やかさ。 ベル・フラワー・ピノ・グリージョ2014

うぇるかむ!
皆さんはブティノ社ってご存知でしょうか?
私も正直、最近になって知ったメーカーなんですが、そんな系列からひとつ。

20160721213644202.jpg
ベルフラワー・ピノ・グリージョ2014
チリでのワインになります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(レストランになら+♥)
ラベル自体はそこそこに可愛い感じで、サクッとした安ワイン感があるかなーと。
四恩醸造とかと雰囲気ちょっと近い程度には品格あるデザイン性のもたせ方がなされてて、このカンパニー結構「ラベル力を知っているんだな」と思わされる感じ
201607212136530ab.jpg
裏は実に説明的である。サクッとしてます。
このワイン、チリアンワインカンパニーというところとブティノ社のコラボとなっているんですが、チリアンワインカンパニー側がサッパリ謎の状態になっちゃったのでブティノ社について。
ブティノ社はロンドンのレストラン経営者で生まれ育ったボンボンである、ポール・ブティノ氏が始めたワインカンパニー。
彼は親の家業を手伝うようになると
「ヤダ・・・もしかしてウチのワイン、高くて不味過ぎ?」
と、給料みてゲンナリしてそうな顔をしつつ不満に思い始め実際にフランスまで飛んでいき現地の様子を見に行ったそうな。
そうして仕入れたワインがレストランではヒット。
次第に「仕入れるだけじゃなくって作っちゃおうか」となって、いろんなワイナリで修行していたエリック・モナンという醸造家と組んでワインカンパニーを立ち上げます。
本拠地はローヌなんですが、そこから様々なところに拠点を広げそれはフランス内だけでなく、イタリアにチリに・・・そして南アフリカに・・・とワールドワイドに展開。
今回はそのチリバージョンというわけですね。
一応、エリック・モナン氏がコンサルト。彼の方針は天然酵母使いらしいんですが、いずれにしても「安旨ワインを一手に作り流れている」人って所でしょうか。
そんな彼らのチリ・ピノ・グリージョ。
いわゆる「ラベルが可愛いは不味いの法則」通りなのでしょうか?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
あー、すっごいグラスワインで出てきて欲しい感じ
早い安い美味い。
ファストフードの基本でありますが、それが良く出た白ワインだろうと思います。ガッと買ってサクッと冷やしてキュッとあけてジャババーっと入れてはいオッケー!
そういう気軽に呑める味わいで、かつ安ワイン特有の「ベタつきや薬臭い甘さ」とかはないのがグッド。

色はクリアでほぼほぼ色づきもないぐらいのカラー。ギリ黄緑系。
香りに全面的に果物感があり、フレッシュに柑橘ジュース感。ソコまでフレッシュでもないぐらいに抑えてあって、そこに日本梨っぽさがちょこっと。
味わいも同様で、香りからくる柑橘っぽさと梨っぽさ、それにライムなどが混ざった雰囲気。
スッと入ってそのまま落ちていくガバ呑み系です。
内容そのものはシンプルで複雑さがない反面、雑味感や苦さとかが感じられないのがグッド。
それと、温度があがっても下がってもあんまりエグくならない点も割りと良いポイントです。
つまり「テキトーにあけてちゃんと美味しいのが割りと長続きする」んです。
だからあんまりこだわってないレストランとかでの雑管理とか、その日呑み(ワインを買った直後に呑む行動)でも崩れを感じにくいハズ。
良くも悪くも普通で素直に出来たようなひと品。日常のテーブルをベルフラワーで飾るという感じで、ポンッとおける。
総じてテーブルワインとして最適なのです。
超素朴系ガール。モブとしては優秀なモブになりかねない程度に・・・

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
超最高!とまでは言いませんが、割りといい感じには仕上がっているなぁとは。
なにせ、それが1000円ちょっとですからネ。ならいいよネーっていう。
感動は産まないにしても、日常的な(特にこれからの夏場)の白ワインとして広く普及すればいいのにとも思います。
反面、ワイン慣れしてる人にはあんまりおもしろくないワインかもしれません。
あくまでもデイリー。サクッと呑むワインとしてご活用を。ボトルも机の上において見ながらで「ちょっと雰囲気が出る」から良いのです。

という訳で、ブティノのチリ版であるベルフラワー・ピノグリージョでした。
テーブル価格ワインとして悪くないワイン。その域を超えはしないものの、1000円以下または1000円台の雑魚ワインを他で買ってしまうよりは相当いい選択肢になるかなぁと。
何より机の上においてて見栄えがそこそこいいのが良い。
このぐらいの価格でもっとワインを広められたらなぁとはずーーーーーーーーっと思っているので、そのそこそこの正解例だと思います。
っていうかワインはもっともっともっともっともっともっとそれこそ80年台ぐらいまで安くなーれ

が、楽天ではどこも売り切れ!アホか!!売り手も飲み手もホントセンス無い業界やで!!!(超暴言)
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ベルフラワー ピノ・グリージョ
価格:1058円(税込、送料別) (2016/7/22時点)



喋らなければヘタすると全員がモブになりかねないという奇跡

| チリ | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元祖フィリップ・カンビプロデュースの樹齢60年以上グルナッシュ。その味わい。 マリー & フランソワ・ジローコート・デュ・ローヌ・レ・グルナッシュ・ド・シクスト

うぇるかむ!
季節柄、あんまり呑まれなかったりする気もしますが、今日はちょこっとグルナッシュで。

201607122125224ce.jpg
マリー & フランソワ・ジローコート・デュ・ローヌ・レ・グルナッシュ・ド・シクスト2014
何気に当ブログ、初マリー&フランソワ・ジローっぽい?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(ローヌ好きな人なら+♥)
ローヌでは知名度的には中堅のワイナリー、ドメーヌ・ジローことマリー&フランソワ夫妻。
DGというマークが異様にかっちょいいそこそこ新進気鋭気味ワイナリであり(先代が1978年に創業させてるものの、その頃はヴァーチャル・ワイナリ状態で今の夫妻がほぼ現在の状態にもっていったと)今回もこういう意味不明にかっちょよさを求めたラベルとなっています。
20160712212538dda.jpg
裏は普通。100%グルナッシュの文字列がやたら目立つ。

夫妻が1998年にフィリップ・カンビという「ローヌのミッシェル・ロラン」と言われる醸造家(超デブい)を雇い、それからパーカーたんにそこそこの敬愛を受けているワイナリとなっています。
2010年にカンビおじさんはパーカーたんからエノロジスト・オブ・ザ・イヤー・・・要するに今年最強の醸造家って感じ?・・・を受けており、カンビおじさんのコンサルタント開始歴はこの98年に始めたマリー&フランソワジローということになっている模様。

このマリー&フランソワジローの中では今回のワインは最もランクとしては低いワインとなっているんですが、リラック地区に樹齢60年以上のグルナッシュ100%での栽培。
アンティークにかなり近いブドウをつかっている上に、100%グルナッシュであえて「ローヌ格に落とす」という事もしているという微妙なこだわりっぷりです。
*フランスの法律はめんどっちくて、「リラック地区ワインですよと名乗るためには必ずシラーやムールヴェードルといった別品種を混ぜなくっちゃいけないので、格下げワイン扱いにコレはなっている。
さて、そんなワインなのですが、実力はといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
憂 い の 熟 女 感
よくわかんないんですけど、個人的にはそんなイメージ。喪に服すマダーム。
なんともどんよりと暗く、重たいワインとなっていました。

色はクリアめでレッド。ヴィンテージだけに若い感じはあります。
香りにストレートに果実要素があって、赤果実と紫果実がスマートに出ています。
かなり果実よりの感じで、あっさりさとコッテリさの両立が香りの果実感にはなされていて、ちょっと南アフリカっぽいと言えるかも。
果実感ベースの香りに打って変わって、不思議と重たい口当たりなのがまずちょっとギャップ感。
紫と赤の果実要素はミックスジャムとなっていて、ギュッと重たい印象を受けます。
スパイシーだったり、軽快な要素はなく、一度口にいれるとズンとくる果実感がドッシリとしていて、そのままフィニッシュを迎えるという。
長くはアフターもないですし、安っぽくはありません。
とにかく、アフターが暗い。ずーんときます。暗い日曜日かよってぐらいに。
呑むタイミングが悪かったよーな気がとてもしますが、それにしたってこの重たい雰囲気はなかなかありませんわヨ。
なんだか重たい印象だなぁ・・・と思っているとそのまま終わっていく。そんなデンジャラスさがあるワインです。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
4000円近いワインとして、ちゃんと個性的だし、弱ちさやチープさは感じさせません。
ただ、これは好き嫌い別れる感じしますネ・・・私はどっちかというと重たすぎて苦しい。
グルナッシュももうちょっと甘やかでキレイ目の子の方がいいんですよ。愛が重たい。
そういうのに耐えていけるタイプの人にオススメしたいワインで、さっきから感覚論ばっかりで申し訳ないんですけど、それぐらい印象が・・・・・・ネ。
まずはお試しあれって気がします。ただ、結構色々飲む調整が出来たりする状況でまず体感出来る玄人向けワインではあるよネ。

というわけで、ドメーヌ・ジローよりマリー & フランソワ・ジローコート・デュ・ローヌ・レ・グルナッシュ・ド・シクスト2014でした。
ラングドック辺りのたまーにある重たいタイプのグルナッシュを更に暗くしたというニッチさが相当にピーキーとなっている訳。
まさに評価が難しいワインでありましたとさ。

実は楽天では売ってる形跡がなかったので、同ワイナリのフラッグシップをペタリ。昔呑んだ覚えではずっと飲みやすかった気が。


検索してて気が滅入りそうだったのでやめた・・・・・・
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

秘女琴 日照り 喪に服した女達 /葉月まゆ【中古】
価格:490円(税込、送料別) (2016/7/21時点)


| フランス | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アフリカのカルト白の最高峰、シュナン・ブラン単一の単一畑の気高さ。 アルヘイト・レディオ・ラザルス・2014

うぇるかむ!
緊急更新ナノデス!予定ではもうちょいイタリアやったりするつもりだったのですが
ワインレポートさんでアルヘイト特集が組まれちゃったので(っていうかそれで多少ウチのアクセス伸びたニュアンス感じたので)日本のワインブログの中では一番アルヘイト・カルトロジー2014を既に呑んでる私としては黙ってはいられなかった!!!!!!
(なお、現在までで4本+試飲会での呑みで更にストックが4本ある)

20160720220140e4e.jpg
アルヘイト・レディオ・ラザルス2014
でも、これは一本も買えたことがない!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
コロナビールおじさんのミドルレンジである。
20160605213349d02.jpg
もう当ブログがぶっちぎりで推してる白ワインですネ。
ええと・・・2014はとにかく高く評価してまして、更にピノ・タージュが大嫌いだった頃から推奨してたり、来日の時にはもちろん行ってるというそんなワイナリです。
で、日本ではカルトロジーの方はなんとか買える(世界でもトップの手に入れやすさ。何故なら今現在注文が可能なショップがあるのだから・・・)んですけど、このレディオ・ラザルスという一個上の企画は全然てにはいりません。
山本氏のワインレポートは若干だけ誤りがあって、「メーリングリストで売り切れてて輸出向けはないが」とあるんですが、実は日本に「数本だけ」は入ってきており、本当に密やかには「買うことが出来たり」します(ただし条件設定があったりして本当にレア。ロマネ・コンティを買うよりレアでガチのカルト)。
20160720220158a7a.jpg
とにかく裏のデザインまでアルヘイトはかっこいいんだよなぁ・・・故に最高に好きなんですが。
2016072022021921e.jpg
このワインの特徴は裏に書いてあるとおり、単一畑でのシュナン・ブランオンリーのワインであることです。
カルトロジーの多畑にセミヨンが付加されているのは逆といってもいいかな。
ワインの名前に入っているとおり、「ラジオ電波塔の膝元にある畑」のワイン。
とにかくレアアイテムであるのと、とある理由から更新しないでいたのですが、ワインレポートさんに対抗したくて更新!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
(でも、マグネティックは呑んだことないんだよネ羨ましい・・・・・・)

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
個人的にはカルトロジーのが好き
多くのサイトや評論家が当然レディオの方を高く評価するし値段ももちろん倍値だし、またコレもひじょーに美味しいんですが、当ブログとしては「今飲む事に限ればカルトロジーのが美味しい」です。同じ10点ではあるけど、個人的な好みではセミニョン入れてる方が好き

20160720220127e82.jpg
色はクリアながらゴールド。若いのに黄金。
香りにクリアに柑橘やバターが出ています。
柑橘の多様性、それをつつむバタっぽさが非常に洗練としており、香りだけで一流のタルト感がある仕上がりです。
また、この段階から結構ソルティな印象はあり。あくまでも甘やかな香りではなくタイトでシュッとはしています(それでいてタルトみたいなのが良い)
味わいもカルトロジーとくらべて更にスマートに綺麗に仕上がっています。
とてつもなくクリアで研ぎ澄まされてクリア。
一点集中でフォーカスされた味わいはスナイパーかのような正確な塩味と柑橘の酸味からスタート。
果実の強さは如実で柑橘の酸味はものすごく感じられます。
とにかくシャープで切れ味が良く、塩感とかをかなり出しつつ、キレ味が異様なほど高く余韻も長めなのに「スッと消えた」と錯覚させます。
カルトロジー版との決定的な違いは10%前後は入ってたセミニョンが省かれ単一畑になったことで
「圧倒的な専門家がチョーキーという要素と格段のキレを手に入れた」
事でしょうか。
そのキレ味といいますか・・・・・・南アフリカシュナン・ブランの個性とでも言うべき「酸の高いシャルドネ」とでもいうべきモノを完璧すぎるほどにやり通しているのです。
気高さが更に研ぎ澄まされ、圧倒的な器量を覚えます。
が、超個人的には「セミニョン入れてる方が好きだなぁ・・・」って感じなんですヨ。ワインレポート山本さんが微妙な刻みで上位に点数だしてるのもその辺りじゃないの?とか思う。
コロナビールおじさんことクリス・アルヘイトは天才やなぁと思う理由。ひとつは「カルトロジーのブレンド力」でもうひとつは「レディオに見られるシュナン・ブランの匠さ」かなぁ。
それにしても、この高貴な文学少女というか高貴なふつくしさはどこから出るのだろうか?

コストパフォーマンス(最大5PT)
コスパで測るものではない
まず売ってないからネ!
世界単位でも、1万円を超えるシュナン・ブラン種の白ワインというのが滅多になくしかも売り切れてるどころか「ネットショップでは買えない」「そもそも通常買うことそのものが無理」なんてワインないわけですよ。
シャルドネでもソーヴィニヨン・ブランでもリースリングでもヴィオニエ他ローヌ系でもなく、シュナン・ブランの白ワインで1万円超え。
そしてそれが納得されているというワインが今後も現れるのか?
さておき。
ほぼ売ってないのでワインレポートさんも含めて「呑んだ事を書くことそのものがただの自慢にすぎない」ワインであります。
そして、その上でカルトロジーの凄さも感じたワインでありました。
いつまでコロナビールおじさんことクリス・アルヘイト氏がこのような画期的白ワインをこのぐらいの値段で提供されつづけるのか・・・それを私は見守りたい。
だから皆買わないでくれよネ

というわけで、アルヘイト・レディオ・ラザルス・2014でした。
上述の通り、私個人としてはカルトロジーのが好きです。
が、これも当然の如く美味しい。この人のシュナン・ブランに関してはかなり信用がおけるよなぁと思うわけであります。
ピノ・タージュは割りと引きぬかれて生産量としても減少しつつあるんですけど、シュナン・ブランに関しては今後どうなるのか?
かなーり私は注目してるし、アルヘイトがどこまでそのトップであり続けるかも随時チェックをしようと思っています!

・・・
・・・・・・
p/s:実はこの試飲会でカルトロジーも2013と2014を呑んでおり、どっちも最高だと思うんですけど2014のが微妙に個人的には好き。または、2014のが呑みなれてるので私はイチオシしています。
そして、書いておきたい超重要事項があります。それは・・・・・・
カルトロジーは比較的温度高めの方が今は美味しいだろう
ということです。
キンキンに冷やすと酸味や甘味が増すと同時に土っぽいエグさが出るのでイマイチ高貴さが感じられません。
フローラルでふつくしい部分が、果実のパワーに押されてしまってバランスがちょっと崩れるんですネ。氷で冷やしたてでやるなら、その20分後とかのグラス変化後の方が美味しく思えるだろうと想定します。
カルトロジーを「これを評価するのはバカ舌だ」と言っているのは冷やし過ぎだからではないか?と考えます。白ワインの許容範囲と言われる9~13度でなら高めの方が私はオススメであり、過去の記事はそのぐらいの温度での評価としています。

ネットではレディオが売っている形跡すらないのでカルトロジーをペタリ。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アルヘイト・ヴィンヤーズ / カルトロジー [2014]【白ワイン】
価格:4698円(税込、送料別) (2016/7/20時点)



近寄りがたさすら感じる高貴さ

| 南アフリカ | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクセトリー(ACCETORY)さんで記事書きました~ワインを選ぶ編。

うぇるかむ!
今日は正直もうこんな時間になってからおウチに帰ってきてしまったので

アクセトリーさんで記事を書いたヨ

というご報告までに。

・今回は「ここまできたら、脱初心者的ステップに入れるかなー」ぐらいの感じにしてみました。
・なので、品種を覚えてみようって話が出てきます。
・前々から書いての通り「真に初心者であるかぎりには品種を覚えるのはナンセンス」ですが「一定以上飲み進めてなんか書いてある文字が気になり始めた(ある程度好きなモノに似た文字列がある)」というところでは品種だとか地域だとかは選択の上の指標になる、と。その段階になった途端に品種とかは意味を持つ。そうならない段階においては品種は無意味というか邪魔な音。
・スクリューキャップにしてるのはなぜ?と記事を書いた編集部側からも質問があったけど・・・・・・その意図は記事から内的にも外的にも察していただけると「新世界ワイン」でなく「スクリューキャップのワイン」なのがわかるかも。
・まぁ、本当に初心者だぜーという方はしばらく信じてスクリューキャップのワインを「気軽に楽しんで欲しい」のだ。コルクを抜く儀式はワインを時に美味くするけど、時になにか仰々しいモノにしてしまう。
・ここまでである程度「初心者向け講座」としての意義は出せた気がする。もっと書くべきことがある?その通り!なんだけどそれはまぁ思いつくままに寄稿するのデス・・・・・・

という感じで、何卒よろしくネ!

文中でゴリ押ししてるのはコレね。個人的にコレこそ初心者向けミドルレンジワインのウチのひとつやと思う。


| コラム | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーチェも関わるイタリア伝統大手なブルネッロを久々に。 カスッテロ・ディ・アマ・ブルネロ・ディ・モンタルチーノ

うぇるかむ!
昨日に引き続いてイタリアの伝統、というよりは古くからのワインをと思いましてネ。

20160718191159e46.jpg
カステル・ジョコンド・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2009
そもそもブルネッロ久々だな当ブログ!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
実は当ブログでは発足一ヶ月たたない間に2007ヴィンテージを紹介してたりします
20160718191237f5c.jpg
裏もまぁそれなりにわかりやすく。ついでに日本用に組んでますネ。

作り手はフレスコバルディ社(マルケージ・フレスコバルディ)のワイナリの中のひとつである「カステル・ジョコンド」のブルネッロ。
9つのほど運営しているワイナリの中では上のほうに位置するワイナリであり、そのスタンダードがコレ。
この上にリゼルヴァがあるらしいんですけど、めったに見かけないのよネ。
で、このワイン特徴として「ルーチェのブドウは基本的にこのジョコンド所有畑のモノを使っているらしい」ということ。こっちのブルネッロ版はちょっと不明なんですけどネ(だとしたら、結構古いブドウがルーチェ版ブルネロにも使われている?)


検索したら意外と安いよーな気がしたゾ、ルーチェ。
さておき。
そんな訳で、イタリアはトスカーナとしては王道を往くワイナリの王道を往くワイン。
改めてどうなのか飲み直しましたとさ。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(今呑むには)
ちょっち固いかなぁという気分
最近、「サンジョベーゼやネッビオーロは国際品種と違って圧倒的に熟成が必要なのでは?」とか思ってるんですけど、これもちょっとそれを改めて感じました。
昔はそーでもなかったんですが、ここ最近そう思うようになってしまってて評価がずっと落ちるという。飲み手の経年劣化?とか言われそーッスねううむ・・・・・・

20160718191253c1a.jpg
色はクリアめなレッド。写真だとかなーり血のカラーしてますけど、実際はもっと薄めな印象でした。
香りに少しインキーな感じとトマトっぽさが多く出ています。
朱い野菜と果実、その印象ままに味わいも暴れ馬な感じ。
口にタニックさが出て歯が軋むようなアタックとアフター。
それなりに呑ませてくれる部分はあって、赤果実のタッチや果実の質感そのものは「あ、スゴイんだろうなぁ」とは思わせてくれるもののそれらが開ききってないなぁという印象を同時に感じさせてくれるのです。
どこか全体に噛合がよくないといいましょうかネ。
カベルネの新モノとかピノの新モノってもっとずっと単純に「呑みやすい」し若いなりの良さがあったりするんですけど、これは「うん、早かったかな!」って気分になるのですよ。
そういう鋭さ、酸のたちかた、その割に香りと味わいに華がないという。
そして、それらは恐らく「もうちょい年数たったら出てきそう」なんですよ。
こー、惜しい感じの地味っ子にとどまっています。ドレスアップしたら絶対可愛いっていうかおまえメガネ外すだけでなんで美人キャラになるんだよー!っていう90年台キャラみたいなハッキリとした地味子。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(今飲むなら)
数年後の状況までは正直測りきれないですが、将来への投資としてはありなワインというのが感想。
今すぐのむのは勿体無いタイプのワインです。
実はこの5000円前後という価格帯でこういうのは珍しいんですけどネ。
なので、ある程度ワイン慣れした人のストック・ワインとして活躍するでしょう。プレゼントにするには地味すぎるしルーチェを素直に使った方が良いのではないかと(値段が3倍だけどネ!)
ブルネロらしいっちゃーらしいのでお勉強にもなかなか良いかと。あんまりパーティーですぐに楽しむのに向かない玄人なワインです。

というわけで、カステル・ジョコンドのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2009でした。
イタリアを代表するようなワインスタイルにして、コレ故に「バローロボーイズという文化」が出来たり「スーパー・トスカーナが発展したり」があるという・・・・・・
イタリア、まだまだ自分は勉強足らずかつあんまり呑めてないので定期的に扱わないとなぁ。

あぁ円安、値上がり感はある・・・


地味キャラがシンデレラになったり王子になったりするのは、オタク系(特にアイドル系好き)には定番よネ。

地味カレ キャラ文庫 / 榊花月 【文庫】
価格:586円(税込、送料別)


| イタリア | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イタリアの一度は絶滅品種?その地ブドウらしいティスト。 フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ・シリカ2013

うぇるかむ!
ちょっと今日は脱線しまして、イタリア地ブドウとかやってみようかなぁと。
いやぁ、この手のって案外やりそびれちゃうんですヨ
そして、うっかり更新が中途半端な状態で投稿してるのに気付かずお仕事してたOTL

20160710143657bed.jpg
フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ・シリカ2013
シリカ、という品種なんですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(珍しさなら+♥)
表のラベルが異様に小さいのは特徴で、ワイナリ名と品種とちょっとした絵のシンプルさ。
20160710143720736.jpg
裏もほぼほぼ書いてないな?ぐらいの勢いです。日本での説明のが多いぐらい。

作り手であるフェウディ・ディ・サン・グレゴリオはカンパーニャ州の代表的でそこそこ大きめなワイナリ。
1986年設立と結構新しいのですが、元々は震災復興支援プロジェクトみたいな感じだったそうで。
一般的なワインから地ブドウまで幅広くこなしており、特に有名なのは「ジャック・セロスとのコラボ泡」でしょう。


これが一番有名。

で、今回はそんなワイナリの中でもっていうか、世界で唯一このワイナリが作っている品種が「シリカ」です。
文献には残っていたものの、絶滅されたとされていた品種だったのですが、タウラージの辺りから「3本だけ古代の樹が見つかった」とのこと。
これをナポリ大学やらミラノ大学やらとで研究し新たに再現したものなんだとか。
アリアニコの先祖らしいDNAなんだそうで、イタリアの地ブドウ回帰路線の中でも極めつけのひとつではないでしょうか。
国単位で研究してるんだものなァ・・・・・・
さて、では実際問題どんなワインかといいますと?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(地ブドウっぽいの好きなら+♥)
まさしく、地ブドウのスパイシー!
なかなかに面白い仕上がりをしていましたネ。うんうん、こういう感じかー・・・と納得出来ちゃうような?
なんとも古代的な風情をもっているんですよネ。

色はクリアなクリムゾンレッド。シリカという名前の由来が「赤い色の事」だとかで、まぁその通り。
香りに土っぽさはそこそこに感じさせつつも果実感が小粒なチェリー。
ほのかにスパイスは感じさせる程度。この辺りは全体にストレートでブレにくかったですネ。
でも、下にのせると予想外にスパイスがきっちりしていて肉々しい印象があります。
ベーコン感がどっさりとしていてしっかりと仕上がっており、酸味もかなり残ります。
バランス感覚でいえば秀逸ではなく、少し突出して毎回何かをうったえてくるタイプ。
地らいし独特の雰囲気といえましょう。
赤果実っぽさとスパイシーさが特徴な辺りはピノ・タージュだとかエトナ(ネレッロ・マスカレーゼ)だとかにも似た感じ。
ただ、それらよりはちょっと根暗な印象があるかなと。
どこかじっとりとしてる感覚に、風情を感じさせるという訳。
余韻そのものの長さは短いんですけど、なんとなーく印象的な重たさがあって。
温度があがると肉っぽさはあがるので、結構好みの温度を探るのが面白い(そしてちょっと面倒臭い)タイプ。
原始的、というよりも中世ローマっぽいようなキャラクターしていると思います。
それもちょっと濃い目の顔立ちの・・・・・・て、テルマエロマエ?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
珍しいワインではありますが、4000円ぐらいはしちゃうのでその意味ではちょっと手が出しづらいかもですネ。
ミドル価格帯としては「面白いには面白い」ですが「突出して優れている」とまではいかないかなーと個人的には(ハマる人はいそう)。
シリカという品種の珍しさで呑むのが一番のワインです。ブラインドで出すと反則です。世界ソムリエ選手権クラスでも無理。
前述の通り、ものめずらしさでチャレンジするにはぴったりと面白いので予算があれば是非。

という訳で、フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ・シリカ2013でした。
まさにイタリアーンな面白さ。こういう「なんかレア感ある何か」を求めるにはイタリアはたまりませんなぁと。
メジャー品種でなくてもこういう楽しいのが出来るのがワインの良さだと思うわけでして。

割りと売っている店は少なめ。見かけたら試そうかな?ぐらいの感じかしらん。


やたら顔が濃い族の悩める入浴

テルマエロマエ コースター ペア
価格:2591円(税込、送料別)


| イタリア | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

500円のワインなんてロクでもねぇッス!!!という話。

うぇるかむ!
えー、今日は急遽更新です。というのも・・・・・・
20160716233349e28.jpg
これを呑んで憂いに満ちてしまったから
であります。ワイン嫌いになりそうだった。

このワイン、スーパーで500円のチリワインなんですネ。
最近「プティとつく品種は安旨濃いワインとして秀逸なのではないか?」と考えていたので、この安い品種(カルメネールとプティ・ヴェルド)のタッグのワインはイけるのではないか?そう考えて実は生まれて初めて500円のワインをわざわざボトルで買ったんです。
20160716233355cd5.jpg
エンスーが評価してる。
201607162334021a4.jpg
輸入元がサントリーである(因みにこうしたビール大手の輸入はクソ!みたいな空気がリアルワインガイド方面ではあったりする)

そして冒頭の通り・・・・・・これがぴくちりダメだったとでス。

・果物要素が人工的
・余韻が不味いオリーブオイルみたいな感じ
・フルボディとなっているが余韻がそうしたオーラの悪さと安っぽい果実感でフルとは言いがたい。
・っていうかこれでミディアムが他にあるがどんだけ味しないのか?
・とにかくアタックからエンドまで異様に苦い。それもコーヒーっぽい個性というよりただただ不味。南アフリカが土埃臭い?カルメネールの特徴?そういう粋な域でない。
・個人的に赤ワインには高揚感と高級感の2つの「高」が大事だと思うけどそれが全くない
・13%のALCなのに悪酔いする。っていうかしてぶったおれてしまった。こんな事他のワインで近年なかった事。
・初日なんですが、とても日持ちしそうにない・・・・・・ということで、1日500円のワインである。

えー、正直、こういうワインがあるから日本ではワインは流行らないと思う訳です。
こういう「バランスが悪い苦味とか臭みがヘンに出まくってるのに深みも高級感も微塵もない代物」「ワインをぴくちり知らない人が飲んだらワインに二度と手を出さないアイテム」を大手サントリーがスーパーに撹拌している事実には絶望すらおぼえます
単純な話、ワインは「高額品に関しては日持ちがけっこーする」ことがあり、その分で毎日割ることが出来るんですネ。
一方で、低価格品は「すぐにヘタれて次の日すら厳しくなる」から単価が高くなる事もある。
すると、おそらくの話今回なら1000円程度のワインを2日かけた呑んだ方が楽しめる訳です。
もっと言えば「満足出来ない酒は不味い」のであって、これはとうてい私には満足出来なかったどころか料理酒にすらなってくれるんだろうか?ぐらいの苦味にはまいった。
で、もっともっと問題なのは大手サントリーがコレを500円で出して推奨してるために「世間一般のワインのイメージとしてこういうのが根強くついている」ことネ。
私がたまーに前々から書いてたけど「世間一般のワインって渋くて苦くて不味いのに高い」なんですが、そういうのの典型はまさにコレな訳。
お酒に高いお値段はふつーは出せない訳で、どーしてもこのぐらいの価格を買ってしまう→不味い!ワインは不味いのだ!!
と、なってワインには近づかない。
(今の日本だとワインには「ボトル価格1500円程度は最低限出しといて欲しい」かな。1000円前後でもたまーにいいのがあるが、それを当て続けるのは厳しいし500円前後は相当厳しい気がする。ワイン嫌いになりそう。)
アクセトリーさんで書いたように「高額の美味しいワインにたどり着かないとワインが不味いだけの飲料だと認識されうる」のではないかと。
そりゃこんなのに500円も払ってたらとてもじゃないけどもっと高いお金だして全然違う世界に飛び立てる訳がない。ワインは不味い!日本酒やビールの方が上限も下限もずっと低価格な上に美味い!!
こーなるに決まってます。私だってそーなったろうヨ。
日本でワインが大好き!という人で「ボトル定価600円でお釣りがくるワインで完璧充分!!」という人は存在しないと思う。0人だと思いたい。
一方で、コレが世間一般のワインのイメージだと思うと払拭したいし、改善したいとより強く思いましたとさ。
「護らねば・・・」
と、本部以蔵みたいな気分になる。



というわけで、緊急更新しちゃいました。
かなーり酷評しましたが・・・・・・ずばり、酷評しないとイけない気がしたのです。これ、そのまま放置してたらアカンって。
500円程度のワイン全てがこうだとは言いません(試してないからネ)が、大分厳しい。
そして、余計に当ブログとしては「当ブログとして優れた代物を幅広くわかりやすく紹介してかねば」と思うのでしたとさ。
シンク、がんばります!(cv:大橋彩香)

こんなんワインショップが売ってたらアカンて・・・・・・


これを直飲みした時みたいなアフター。

| チリ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セントラルコーストのビオディナミシラー!普通に美味しい純な味。 キュペ・ミッション・ラベル2012(ソーヤー・リンドキスト・ヴィンヤード)

うぇるかむ!
昨日に続いて、シラー主体なのですが今回はカリフォルニア・・・それもセントラルコーストの大手であります。

2016071521392259f.jpg
キュペ・エドナ・ヴァレー・ミッション・ラベル2012(ソーヤー・リンドキスト・ヴィンヤード)
当ブログ、意外な事に初登場?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(+♥?)
墨絵で教会が描かれている日本限定ラベルで・・・・・・ありますが、古くから共同生産者であるABCことオー・ボン・クリマの柄と同じモノを使っています。




四角いのがキュペ。三角がオー・ボン・クリマ。うーん、知ってないとわかりづらい?

作り手であるロバート・ニール・リンドキストは1976年にはワイン造りに携わっていた人物。
アダ名が「ボブ」らしい。向こう、ボブ多すぎない?
ザカ・メサというサンタイネズのワイナリで修行中に上述ABC(オー・ボン・クリマ)のジム・クレネデンと遭遇。



ふたりはプリキュア!
てな感じに(どんな感じだ!?)意気投合して共同施設を作り、ABCとキュペという2つのワイナリは始まった訳ですネ。
シラー中心がキュペ、ピノ中心がABCといった具合に品種の作り分けがなされており、日本では圧倒的に「ピノ・ノワールだからなのか」ABCの方が有名であり、大体の場合キュペは「あのABCと共同経営している方の人」とくくられてたり・・・
するんですが、調べると意外とキュペの方が本国では人気があるっぽい?との話も。
なぜなら、サンタバーバラ付近のローヌレンジャーとして老舗であり、ワイン&スピリッツという雑誌ではワイナリー・オブ・ザ・イヤーという年間ランキングに10回以上ランクしちゃって栄誉殿堂入り、ジム・クレネデンが嫌いなパーカーたん評価もそこそこに良く、シラーが得意なビエン・ナシドからブドウ供給が出来ていて、2013年に元スクリーミング・イーグルオーナーのチャールズ・バンクス氏が買収しています。
さておき。
今回はそのラインナップの中でも、ソーヤー・リンドキスト・ヴィンヤードという畑もの。
この畑、彼の自社畑にして夫妻名をつけており、しかもビオディナミ徹底してデメテール認証を受けた畑なんですネ。
意外と気合が入っていて、この2012年もアドヴィケイト90点が本国バージョンではついています(この日本ラベル版はアレンジがちょっとされているそうで、シラー90%グルナッシュ10%)
さてさて、そんな大手ながらビオ系という不思議なワイナリでありますが実力はといいますと・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥?)
あ、エレガントシラーだ・・・!
アメリカーンな甘味と迫力で迫ってくるタイプやスパイスがたっぷりのロティな感じではなくしめやかに出来たエルミタージュ系のシラーです。
すごく仕上がりがキレイめなんですネ。ちょっとびっくりしたぐらい。
20160715213949a9e.jpg
今日のポピー(唐突)

色はクリアめな紫。多少透けがあり、この段階でそんなに濃いワインではないんだろうと予想させるものです。
香りに果実感が強めにあって、ほのかにスパイスがありますがそれも比較的優しいタッチ。
紫の果実、それと若干の花っぽさが主体になっていて同時に多少のミルキーさ。
どの部分においても良く出来ているといいますか、バランス感覚がいいんですネ。
味わいも香りに比べると甘味に割り振りがある気がしますが、それもあくまでも果実ソース的。
アタックのタッチもなめらかに果実の要点がソース的で、紫の果物にほんのりイチゴを入れてアクセントを出してる感じ。
細かい表現力はそんなにないのですが、ピュアさが目立つ。余韻も長くないんですが、自然に音が消えていくようなイメージ。
クリーンなそうした果実要素が最初から最後まで一貫して出ている辺りはビオからきているのかしら?
酸味も甘味もスラッとしてて素朴さが良く出ています。セクシーすぎではないけど、そこそこキレイだし可愛いし魅力的。
すごく、ふつう。だけど、ふつうによい。
個性的かどうか、というと大分控えめな印象も受けるんですけど、飲み進めるほど嫌いになれる要素が減っていくのがいいんですヨ。
超ふつうにヒロイン。王道で属性のないニュートラルなシラーかな。島村卯月がんばります!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
ミドル価格のエレガントシラー入門として!
個人的に好みのタイプのシラーでした。で、3500円ぐらいというのも「普通にいい感じ」です。
私としても、ABCよりクペのが好きかもしれない・・・・・・
20160715214005241.jpg
裏も割りと地味なんだけど「キョーペイ!」みたいなよみがなふってあって笑えたりするので、人によってはプレゼントにもイケる気がします。
意外とブラインドでも映える気がするんですが、パワフルさや派手ではないので普通にレストランづかいと言いますか、休日のちょっと手のこんだ料理とかがちゃんと相手になる感じで。
地区の可能性を結構ひしひしと感じさせるワインになっているし、シラーおよびセントラルコースト入門にもGOOD。

という訳で、キュペ・ミッションラベル・シラー2012でした。
昔は酒のやまやで常駐してるワイナリだったりしたんですが、最近めっきりみなくなったのは寂しいところ。
これだけの質のシラーが作れるワイナリなので、もっと普及度合いが高くてもいいと思うんですよね。
と、今更ながら感じたのでした。

色々と入門になるワインだと思う。


がんばってください

| アメリカ | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年ぶり!イタリアシラーは果たしてどうなったのか? アッミラーリア・シラー2009

うぇるかむ!
昨日からの流れで南アフリカ祭りを出来なくもないのですが、ちょっとコレは更新したいなぁと思いましてネ・・・・・・

20160714194408e4b.jpg
マルケージ・デ・フレスコバルディ・アッミラーリア2009(テヌータ デッラミラーリア)
イタリアシラーであります・・・・・・いやー、懐かしかったんですよ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
いやー、懐かしい・・・なにせ、前回呑んだのが三年前でしてそのときと全く同じヴィンテージとキュベであります。
まだ、方向性があんまり決まりきってなかったころに紹介して以来・・・それも、同じヴィンテージだったとは。
20160714194426f70.jpg
その頃はラベル裏も掲載してなかったんですよネ。イラスト必ず入れてたし。

イタリアのそこそこ大手である、フレスコバルディ系列の現代建築なワイナリーで作っているシラー・・・・・・
イタリアの実は伝統的だったりするトスカーナ・シラーでしたネ。
いやぁ、店頭にいた時は本当に懐かしみで飲みましたヨ、ええ。
ちょっとそんな感傷があるんですけど、3年経ってそのお味はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
印象がほとんど変わらなかった・・・
うん、3年経って如実に良くなった部分はあれど悪くなってないな!
という感じでした。やっぱりコレ、とっても面白いシラーだと思います。明るいんですよね、感覚が。
20160714194445dd7.jpg
色は透けないルビーレッド。
香りの立ち方に紫果実が主体にスパイスとシナモン少々。
果物の印象はプルーンやプラムなど濃い目でありつつ、それなりのスパイス感で抑えてある感じ。
乳化少々。しかし、あんまり以前と印象が変わりません。
最大の特徴は、シラーにありがちな味わいでありながらイタリアらしい明るいフィニッシュな事で・・・・・・と、ここまで若干以前の記事のコピペ交えつつだったりするんですが、濃厚目ながら明るいシラーで有ることがかわらないのがいいですネ。
口当たりはとっても重たいのに、最後は華やかで軽い。これがこのワイン、3年程度では不動!
紫果実の印象が全体にありつつ、少しのモカ感などを経過しつつ、モダンジャズな印象の軽快さ。
濃いけど明るい。このイタリア感覚がとてもあるシラーな訳であります。
スパイス感覚は香りに比べると控えめで、ジャミーなようで抜けが良いタッチで・・・とかく独特。
どちらかというとエレガント寄りなシラーであり、年数も経ったことでよりスルスルと呑めるようになった感じ。
とはいえ、当時と印象あんまり変わらず褐色ガールな雰囲気はあるかな。明るく元気で豊満。この対立的バランス!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
今こそ呑んでおくべきでは?
そんなにイタリアシラーというジャンルが強くないのは3年前と変わらず。
そして、今でもあんまり値段が変わらずあるのであれば、是非お試しいただければなーとか思う部分があります。
改めていいシラーのイメージ+イタリアらしさという組み合わせが妙になっているのだなぁと感じた次第です。
プレゼントには、若干建築が云々が取り柄なところがあり、それもイタリアシラーというのがイメージしづらいのもあってちょっと苦しい気もしますが、味わいそのものは万人ウケが良いタイプではないかと。
総じて「地味に良いワイン」なんですよネ・・・・・・値段と説明のしづらさがネックかな。

というわけで、久々のアッミラーリア・シラー2009でした。
3年たったのに、印象があんまり変わらずむしろ「お、こなれたなぁ」と質が熟成系の味の+ではなく感じられたのがびっくりなのでした。
シラーって「すぐ呑める」部分と「年数で変わりにくい」部分があることを改めて思慮するのでした。
疑いようがなく明らかに濃い目だけど明るいこの個性。そして以前の記事との変わらない味わいの基幹。
やっぱりシラーって面白いよネ!
そう訴えかけてくるようで、ちょっとシミジミしたのでしたとさ。

コレ以降の年号が逆に見当たらない・・・取り扱いやめてたとしたら恐るべきもったいなさのシラー。


どこか可愛いタイプなのに微妙なさじ加減。

| イタリア | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まーた外苑前ダイヴトゥワインさんに行ってきました ~カノンコップとか呑んできた~

うぇるかむ!
えー、本日まーたこちらに行ってまいりました!
外苑自前のダイヴトゥワインさんも結構回数こなしたなぁ今年・・・・・・
そして、こなしすぎた結果、あんまりちゃんと全体的な写真を撮り忘れたのでサクッとネ。

2016071323275441d.jpg
なので、特別大きな変化を今回も感じなかったクローヌ君をおいておく。
あー、やっぱりコレはいいですね。程よい感じが凄くする。



で、当ブログ常連な方から一本、ゴチになりつつ(何をゴチになったかは・・・・・・後のお楽しみデ!)
帰路について今な訳であります。
2016071323281254a.jpg
外苑前駅から原宿まで歩いてみたりしたヨ。疲れた。21時ごろの竹下通り初めて通ったけど、軽くスラムしてた。

20160713232801d3a.jpg
その前にもうなんか腹に入れたくなってホープ軒入ってみたり(ネギが無料でついてきたのでゴッツいれました)
2016071323280602a.jpg
ナチュラルローソンでプリン買ったり。
ナチュラルローソン、自宅圏内にできないかなー。

という感じで、ゴチャゴチャと過ごしてきましたとサ。

南アフリカ関連、まだまだたっぷり更新出来そうであります・・・乞うご期待!

MVPと言ってイイ、ヤバすぎな旨さ


そういえば吉祥寺が本店かここ


| 南アフリカ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怪しさ抜群のオッサン!2%の意味とは・・・? ファースト・ドロップ・ワインズ・2%

うぇるかむ!
昨日に引き続き、シラー関連な銘柄をやろうかなーと。ちょっと呑んだのが前になっちゃうのですが、意外な事に当ブログ初登場なワイナリ。

20160712215152041.jpg
ファースト・ドロップ・ワインズ・2%・バロッサ・シラーズ2014
ね、当ブログ初なの意外でしょ?(ラベルの空気的に)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ラベル的に+♥)
良くわかんないけど怪しさ抜群でインパクトは間違いなくあるんですよネ。カルトっぽいけどギリなりきれてないっちゃーそんな気もしますけどネ。

201607122152120b1.jpg
裏を読んでも「大体シラーズなんだが、2%は何だか当ててみなアミーゴ?」とか書いてあります。
因みに、調べるとすぐに答えがネタバレするんですが・・・・・・当ブログでもわざと書かないでおこっかなー。

作り手はマット・ガントとジョン・レサスというお二人。
ロンドン大学の地理学選考だったマット氏は1995年頃、たまたま受けたワインの講座(これも日本だと?って感じかもですけど)で
「はえ^~、ワインってめっちゃ面白!ほんとスコ!!」
と、ワインに目覚めます。
その後、世界中のワイナリで醸造勉強をしつつ、ジョン・レサス氏にオーストラリアで会い、意気投合し二人でワインづくりを始めます・・・・・・
で、彼らは元はヴァーチャル・ワイナリ。いわゆる醸造施設も畑も持ってないタイプの人達で、バロッサ・ヴァレーとアデレート・ヒルズの農家さんからワインをかき集めて作っているという。
そのため、値段が安いのがウリになっています。
彼らまだまだ若手でありながら、バーチャルワイナリとしては各種米国誌やハリデーおじさんからは「そこそこイケるやん」みたいな評価を受けており、ついに2011年には醸造施設を作るに至ったのですと。
そんなワイナリの、ちょっとヘンテコなシラーズ主体、その実力はといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
チェケラッチョ!!
HIPHOPな感じのズンズンとするシラーズです・・・・・・え、何いってんのって?
要するに、濃ゆくて甘味も多いけどそれなりの飲(いん)がある感じ。

色は濃い紫、透けません。
香りにまず黒糖のような甘やかさがある辺りはシラーズっぽい?といえるかもですネ。
それらはすぐにキャラメルっぽさにと変化。明らかに要素が全て甘い。
味わいも全体に濃くアタックのティストからして豊満。
たっぷりとした黒とか紫の果実が全体を支配し、甘味がまずズンズンと。
酸味などもそれなりに果実要素は出しつつも、ここでミルク感だけでなく、紅茶っぽい茶葉のタニックさが出てくるのがチェケラー!
で、それだけ濃い味わいがドシドシ出てくる割に、アフターの時間は短め。
ラウドでありながら軽快、パワフルなんだけど痛快、だから呑むと超愉快(HIPHOP風)。
そういう絶妙な塩梅でいてくれているのはテーブルワインとしていいところ。
全体にストレートであるし、特段の高級感とかはないのですが、カジュアルな作りとして十分に秀逸な感じに出来上がっています。
まさにHIPHOP。YOYO!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
3000円超えちゃうワインにギリギリなっちゃうのが残念なところかな。消費税8%は多くのワインのハードルを上げたネ・・・・・・
とはいえ、そのくらいのシラーズとしてはまぁまぁの仕上がりを見せているのではないかと。
昨日更新したギガル・シャトー・ダンピュイとかと比べなければイケイケでチェケラー!なワインな訳。
南アフリカと比べても、カジュアルでノリだけで生きてる感じが逆にウケる時もある訳でして。
そういう訳で、テンアゲ↑したい時に飲みたいタイプのシラーズ。アホみたいな料理と合わせてバカスカやる、そういうパーリーワイン。

というわけで、ファーストドロップより2%シラーズでした。
かなり楽しい感じのひと品だと思うんですけど、これがウケる人と激さむだと思う人とでは別れる部分はあるかもですネ。
昔からのオーストラリアらしいワインとして、ひとつ。

怪しすぎてお店でまだ売ってたりする。チェケラー!


私が知っているのはグレイトフルディズだけなんですよHIPHOP。
YOYO、イクゾー、オレはTOKYO生まれHIPHOP育ちィ、悪そなヤツと大体トモダチー悪そな奴と大体同じー裏の道歩き見てきたこの街ー渋谷六本木ーSO思春期は早々にーこれにゾッコンにー鞄なら置きっぱなしてきた高校にーマジ親に迷惑かけたホントにーイェァ時はたぁち、今や雑誌のカバーそこら中で幅きかすNO1マジで東京トップランカーだ、イェーこの国この街で生をあずかぁり仲間たちと進む荒れたオフロード・・・・・・・であってます?

Zeebra自伝 [ Zeebra ]
価格:1645円(税込、送料無料)


| オーストラリア | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギガルのダンピュイ、そのパワフルシラーとしての味わい。 ギガル・シャトー・ダンピュイ2012

うぇるかむ!
ひっさびさにシラー主体のローヌであります!

20160711215626c2a.jpg
E・ギガル・シャトー・ダンピュイ
ギガル自体も久々ですネ・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
これがまぁ、ギガル三銃士とかだったら当然満点な訳ですが、どうにも廉価的な立ち位置として知らており「プティ・ラトゥルク」と言われているのが逆にセカンドワインめいて捉えられていたり・・・・・・?
20160711215640f12.jpg
裏は割りと長め。そして2012と若い事若い事・・・・・・

当ブログでは初期に広域クローズ版と、本家トゥルクでは更新ずみ。
とはいえ、意外なほど久々って更新になっちゃいました^^;
作り手のギガルに関しては今更書くまでもない「北ローヌの代表選手」であり、大手すぎて地元評判が良くないなんて話もあるぐらいのワイナリ。
評判良くない一員は「いろんな所の畑を買ったりして拡大しまくっている=職人感が薄いのでは?みたいな意識」なんだろうとも思いますが、まさにこのシャトー・ダンピュイは1995年にギガルが買ったコート・ロティ地区のワイナリです。
2つの異なる土壌のヴィンヤードから作っていたワイナリでその形はまま継承?
ほとんどがシラーでヴィオニエがちょい足しされている、というローヌらしいレシピです。
ギガル三銃士と呼ばれる最高ラインどころか、エルミタージュ産のエクス・ヴォトよりも価格が低くもあったり・・・・・・
とはいえ、パーカーたんの評価は95点を超える事も多かったり。
そんな訳で、中庸なポジションにいるギガル銘柄なのですが、その実力とは・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ぅぉおおお!がっつかせろおおおお!!
スパイスの興奮!肉肉肉!!
忘れかけていたッ!これがまさに!!ローヌ系のパワフルな味わい!!!

20160711215648655.jpg
色はクリムゾンレッドでむしろ赤さが濃い目。
香りに少量でも感じられるほどに明確なスパイス。黒胡椒感あふるるベーコンの感覚はまるで「吊るしてあるベーコン」ぐらいの存在感です。
ドデーンっ!って効果音が出てくる。
同時にバタ感もあって、バターを使った肉炒めかな?と思っちゃうような感覚です。果実っていうより肉なんですヨ。
エレガントなシラーが最近増えてるし私も好きなので、ここまでガツガツしたの久しぶりでしたネ。
味わいもしっかりどっしりとした重圧肉厚マッチョッチョ。
か細くなくガッツリと肉体で迫ってくる感じです。
それでいて、ちゃんと美しいのが困ってしまうところ。
果実というよりお肉を連想させるのは変わらずなんですが、それが下品すぎずかつ若いにもかかわらず刺が多すぎず、程よくまとまっているんです。
長めの余韻だけど、ウンザリしない・・・そういうバランス感覚は不思議とあると思います。
アフターもスパイシーだけど、それでいて疲れるまではない感じ。
スポーツマンタイプで、きっちりと筋肉質というか。白熱させてくれる、アスリートを見る興奮。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
ギガル系としてはお値打ちかな?
無表示版のロティ辺りの経験と比べると、これグッといい覚えがあります。
三銃士の迫力ほどではない点も逆に程よく、なるほどついたアダ名がプティ・ラトゥルクな訳です。
とはいえそれでも一万5千円超えてくる高額帯ですから、中途半端さは否めないのも事実。
評価のびみょーで言いようで良くも悪くもなるぐらいのポジション(ホント中庸だなぁ)。
プレゼントにするには地味なポジの割に高いのであんまりオススメでもないかなー。
2016071121563327c.jpg
それでも、ギガル高額の箔押しはあるので喜ばれる可能性もありますが・・・・・・
ロティの、そしてギガルを知る上でのわかりやすさでは随一なので、割りと研究用なタイプなのかもしれませんネ。
とにかく肉々しいのが食べたくなる味なので、お肉を制限してる人は絶対飲まないでネ。

というわけで、シャトー・ダンピュイ2012でした。
あぁ、ギガルってこうだよなうんうん!って言いたくなるぐらいの味です。
これぞパーカーたんワインだよな、とも言えるタッチでしょう。痒いところに手が届いてるのかどーかは、是非お試しアレ。

説明文においても、なーんか地味なんですよネ。中身はなかなかのになぁ。


オタク的にアスリートといえばコレ!


と、思ったら今やそこら中で大運動会してて(くにお君もあったネそういえば)ヲタクながらちょっと検索しといて引いたりも・・・

| フランス | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モン・ペラの今とは?そのニューヴィンテージと上位版(本家?)で測る。 シャトー・モンペラ2012とシャトー・ジロラット2010

うぇるかむ!
選挙関係の色々が大注目で、当ブログなんて見てる場合じゃない!ってなってて欲しいのですが、私も池上彰を見ながら更新しようかと。

374b5.jpg
シャトー・モンペラ2012とシャトー・ジロラット2010
モンペラ系ですネ。あ、今回思いっきり画像に他の人とか色々うつっちゃったのでぼかしてます。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥?
当ブログではかなーり前に更新しているんですが、モンペラです。本当に久々。
今回はモン・ペラとその上位キュベだというジロラットの2つになります。
前回は2010ヴィンテージながら正直「イマイチ」だったモン・ペラ。ヴィンテージがイマイチになってしまっているものの、今度はその上位ジロラットが2010。
これ、今回更新しようかどうか迷ってスルーしてたんですが、今日たまたまKOZEのワインブログさんでこんな記事をみたのであーそういえばと。
デスパーニュ家、今は果たしてどうなのか?

香り・味わい(最大10pt)
モン・ペラ:♥♥♥♥♥
ジロラット:♥♥♥♥♥♥♥
あー、これもうジロラットを呑めって感じがあるなぁ。
モンペラが神の雫に出た時、クイーンだなんだとやってましたが、そういう濃厚めイメージはジロラットにはある気がします。つまり、濃さがちゃんとあるボルドーとなっている。
一方でモン・ペラの方は・・・・・・うん、更にしょぼなってる気がしてなりません。凡百ボルドーな感じ。
ということで当ブログ的には(正直対して量呑んではないので日持ちが未知数ですが)神の雫の影響でモンペラを買う場合「ジロラットを買うとそのイメージが出やすい」としておこうかと。

モンペラ
201607102134363ce.jpg
いつもの。
色はクリアめなレッド。
香りに多少プラム感があったんですが、全体におとなしいんですネ。
味わいも同様。なんとなくメルロ感のあるまろやかな口当たりはあるんですが、その後がぬるんと終わっていく。
口当たりの丸みは相変わらずなのですが、以前以上に果実要素が落ちている印象。
うーん、年々レベルが下がっているよーな?

ジロラット・ルージュ
18727.jpg
6de.jpg
で、こっちの方が明らかに濃い。それはインポーターさんも書いての通り。
色はクリアめレッド(ただモンペラより濃い)。
香りにそこそこにのプラム、ミルキーなバター感。紫果実の要素が多めに出ています。
それでもカリフォルニアとかに比べればずっと細いともいえるのですが、バランスは悪くないと。
味わいもまろやかさのある辺りはモンペラと同様・・・・・・なのですが、その後が続きます。
果実感が強めにあり、(モンペラと比べると特に)コッテリさを多少感じさせるプラムジャム。獣感や土っぽさのないタイプのスタイル。
尖ってはいないんですが、まろやかメルロのタッチとして過不足ないしあがりになっています。
あ、ミネラル感もそんなにないヨ。
ボリュームもタッチも全体が整えられている感じで、今のみでイけるメルロ感です。
クイーン?かというともっちっとポップス。ジャニ的な?
王道のヒロイン感もあるワインかなという印象です。ただ、一番人気になれない感じ?

コストパフォーマンス(最大5pt)
両方共:♥♥♥
モンペラ2012、お店によってお値段が結構差があるんですが、ネットショップの2000円ぐらいならまぁ妥当線です。3000円とかで売っているお店で買うのはオススメ出来ないかな・・・というのは以前と変わらずですネ。
ジロラットは2010は妙にプレミアのようなお値段になってまして8000円でもなくなってたり、一方で2011は6800円・・・と年号で結構左右されていますネ。
うーん、その意味ではこのお値段だと「ヌルいかな」とは思います。悪くないけど良くもないワインが5000円オーバーしてるのはちょっとツラみがある。
良くも悪くもボルドーワインらしい状態にデスパーニュ家なっていると思います。その半端さがちょっとツライんです。
ジロラットはラベルデザインが妙にアメリカンだったりもしてまして、意外とプレゼントには幅広く使えるでしょう。
モン・ペラは逆に今からでは「えー、いまさらー」感が強すぎちゃってなぁ・・・・・・という次第。

というわけで、モンペラとジロラットでありました。
値段がちょっとなぁ・・・・・・と思う部分が大きいワイン達だろうなぁと思います。モンペラは特にもうお値打ちワイン感がなくなっちゃいましたネ。
ジロラットは一方で「ああ、これが昔のモンペラの味だったのかもしれない」と想像させるには十分なモノで、惜しむらくは値段なんですネ。
神の雫ワインとして「未だに君臨し続けている」このワイン、今後どうなっていくのか・・・・・・特に、神の雫が終わった後に。

値段の基準を捉えるにはいいかも?


ジロラット[2010](赤ワイン)[S]
価格:8186円(税込、送料別)





葉鍵時代ってメインヒロイン人気無いことおおかったよネ?

| フランス | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンタイネズ地区最高らしいSB、そのクリアな夏真っ盛りぶり! ブランダー・ソーヴィニヨン・ブラン・オゥ・ナチュレ・サンタ・イネツヴァレー2014

うぇるかむ!
昨日までミドル価格帯の南アフリカ白ワインをやってみてましたが、今回は同じく世界最高峰地域だろうカリフォルニアのサンタ・イネズで同じぐらいの白ワインをと。

201607092139248f1.jpg
ブランダー・ソーヴィニヨン・ブラン・オゥ・ナチュレ・サンタ・イネズヴァレー2014
私、割りとSB(ソーヴィニヨン・ブラン)オンリーのワイン呑むの珍しいんだよネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはそれなりにシンプル。ちょっとイエローの具合が安っぽいかなーとも思いますが(なんでかイエロー主体のラベルって安っぽいよネ?)、まぁ、ギリギリで考えられてるデザインだと認識される・・・・・・と、いいんだけど。

20160709213940099.jpg
裏も至極シンプル。
そして、このワインにおけるボトルの最大特徴といえば、コレであります。
2016070921395061c.jpg
20160709214002b7e.jpg
なんだこのマッシュルームみたいな蝋キャップ・・・・・・
イデオンや神撃のバハムートのアフロ共じゃないんだからさ
ガッツリ丸いこのキャップ。買ったショップでもレジ担当してたソムリエが「いや、こんな蝋は初めてみたッスね・・・」とかうっかり言っちゃうぐらい。

作り手というか創業者はフレデリック・ブランダー氏。
元々アルゼンチンからの移民で、ワイン商からワイン職人になったというタイプ。
アメリカではけっこーこのタイプの人多い気がしますネ。
さておき、ブランダー氏の拠点はサンタ・イネズ。ここでソーヴィニヨン・ブランを中心に1975年からやっているワイナリだとか。
今でこそパーカーたん100点ワインとかもドシドシ出る産地なものの、全くもってスルー気味だった1970年台後半からすでに存在してるのは老舗の域です。
ワイン雑誌各位では「米国のSBとしてはなかなか」という良いような普通なような評価を受け続けているワイナリで、最近ではワイン&スピリッツ誌で全米SBのNO1になったとか(知名度低い雑誌ですけどネー)。
まぁ、それだけだったら私も買わないんですけど・・・・・・このブランダー・ヴィンヤードってSQN様で使われていた事があるそうで、


まぁ、そりゃ私、黙ってないよネーと。

あ、醸造的にもちょっと特徴がありまして「オゥ・ナチュレ」という名前の通りこのワイン、ノンオーク&ノンマロラクティック。
スキンコンタクトを24時間するぐらいで作ってあるという(あ、SO2は普通だと思う)。
概ね、サンタ・イネズにおけるソーヴィニヨン・ブランがどんなモノかを測るのにもぴったりだろうワインです。
さて、その実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(しょっぱめ好きなら+♥)
うはー!イネズっぽーい塩っけが夏!海!!真っ盛り!!!
私がセントラル・コースト周辺が未だに好きな理由は「海岸近くだったり霧だったりで、アメリカ系らしい果実の強さに寒冷性の甘味やどこかミネラリーと言いたくなる塩感が含まれるから」と自己分析してるんですけど、それを実に体感出来るワインとなってます。
しょっぱ美味い。

色は結構黄色みが出ていて新ヴィンテージにしては強いカラー。
香りからしてライム感と塩っぽさがいっぱいのソルティ・ライム感!
緑気味の柑橘が色々とフレッシュにミックスされたような感じで、そこに甘味も酸味もフォーカスされているような。
バニラ系のタッチとかはない・・・・・・かと思いきや、味わいにはほんのり乳化したようなところもあって不思議。
果実が純粋にいい感じに仕上がっているんでしょう、柑橘の印象に加えてやはりミネラリーと言いたくなるしょっぱさがガッツリとアタックから感じられます。
ガッツリとサマータイム。ただ、常夏っていうよりはちょっとオシャレめに夏。
というのは、パイナップルみたいな印象があまりしないからでして、基本はやはり緑系の果実な訳です。
キュウリとかスイカっぽくはないんですけどネ。柑橘ライム感のただよいが最後まで持続し、果実のボリュームが高いのにスッキリした気分に。
全体の濃度そのものはハッキリとしているし、濃さも全体に高くてしょっぱい・・・んだけど、そこに魅力がつまった水着回。
なんというか、お昼だけって感じでなく、夜の海までセットなんですよ(超謎表現)
海辺に行かなくても、海行ったような気分になれるバカンス級ワイン。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(しょっぱめ大丈夫だったら+♥)
ソーヴィニヨン・ブランの味わいを知るのにいい感じ
SBの典型・・・ではないかなとも思いますが、SBを知るという意味ではいい教材足りえるワインであり、SBのミドル価格帯として秀逸なひと品だろうと思います。
ただ、何度も書いての通り酸味や塩っ気が際立っているので、好みは別れるでしょう。
SBのらしいワインを知りたいとか、SB好きであれば是非とも呑んでいただきたいタイプ。割りと冷やし目の方がいい感じ。
プレゼントには・・・うーん、どうだろ、ちょっと個性が強すぎるところはあるかもですネ。蝋キャップとかびびり要素のが高い感。
ブラインドとかすると、割りと高い確率で当てられるワインだろうとも思います(ただし、サンタ・イネズまではわからないかな-)。
キレのいい肉料理手前ぐらいまでの白としてもオススメ。

というわけで、ブランダーより、オゥナチュレ2014でした。
さすがはイネズの名門、と言いたくなるようなキレのある味わいでありました。
やっぱりイネズは最高やな!と改めて。こういう刺激的なアイテムがあるのがたまりませんネ。

季節的にまさに「今」って感じ。オゥ!


そういえばサンシャインもはじまったってネー・・・(未視聴勢)

| アメリカ | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィスキーマニアの作る白ワイン!?その面白個性なシャルドネ。 レストレス・リヴァー・シャルドネ201

うぇるかむ!
昨日に続いて、南アフリカのニューカマー系から面白アイテム。

201607082014128b6.jpg
レストレスリヴァー・シャルドネ2012
2961ボトルの文字列がカルト感全快すぎる・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ウィスキー好きには+♥?)
このワイナリの作り手であるクレッグ・ウェッセル氏は実はウィスキーマニア。
ならマッサンみたいにウィスキー作っちゃどうかと思いますがそんな彼はその趣味を全快にして、ラベルデザインを「ウィスキーみたいに」しちゃいます。
20160708201423ba8.jpg
20160708201434fed.jpg
実はウィスキーって私、超詳しくないのでここらで興奮出来ないのですが・・・・・・好きな人にはニヤりとくるっていうか「ん?ウィスキーなの?」みたいになるのかしら。
このワイナリ自体は1999年からなんと「自社畑」を作りはじめ、2004年デビュー。
南アフリカで自社畑って大きいワイナリ以外なかなかないので結構珍しい事だったりします。
このシャルドネはその中でも2ヘクタールのエヴァ・ヴィンヤードからのモノだとか(娘さんの名前なんですって。EVANGELIONじゃないヨ)。中央に書いてありますネ。
さて、そんなちょこちょこヘンタイな要素が見え隠れしてるワインなのですが、その実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(好きな人には+♥♥)
めちゃくちゃ変わってるわなコレェ・・・・・・
好き嫌いが激しく出そうなワインになっています。私はこれ、超面白いー!とか思うんですけど、駄目な人にはヘンな個性ばかりのワインに見えそうな・・・そんなワイン。

201607082014470ed.jpg
色は新モノとしてはかなり黄色っけが出ています。ゴールデン、ではなくイエロー。
香りにかなり強く酸が強うそうだなぁと思わせる訴えと同時に、焼きトウモロコシを思わせる感じが。
グレープフルーツ、知っているせいかモルトウィスキーっぽい香りも感じちゃったりする、この段階で濃厚かつ独自路線であることがヒシヒシと・・・・・・
味わいも同様で特徴的。っていうか酸がとかく際立って感じられます。
グレープフルーツと塩のソルティ・ドックめいた感覚を最初に受けるぐらい。
そこからじんわりとキャラメルや栗きんとんみたいな甘さが出ます。
この時、モンブラン・・・でなく、どこか和菓子っぽさを感じる甘みなんですね。
香りからくるモルト感やコーンの甘味なども暴れ回り、余韻が長い・・・・・・というより、色々ガッツリと長らく出ているような印象。
14%未満だというアルコール度数だとは思えないパンチの効いたワインになっています。
今が呑み頃、というわけではないんだろうと思います。ただ、今も十分圧倒されるワインに仕上がってます。
トータルバランスなんて関係ないダンディズムと和っぽい雰囲気が個人的には「探偵物語の松田優作」とかをちょっと思わせる。
そのクセにハマるとこればっかり呑んじゃうタイプの逸品。
ウィスキー好きの人が作るワインは本当にウィスキーにちょっと寄るのでしたとさ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラフィネの白はどれも迷うなぁ・・・
これもまた5000円前後のワインとなってまして、ラフィネインポーターの他の南アフリカアイテムである「アルヘイト・カルトロジー」「バデンホーストホワイト」「ショーン・ドーター」辺りとの差は最早好みの問題になってくる気がしてなりません。
(インポーター傾向が結構出ているといえるかも。同じ南アフリカインポーターのマスダの白ワインとはまた違うんだよネ。)
その中でも「妙に個性的だなぁ」と思わせてくれたのが今回のレストレス・リヴァーかな。
一度は試していただきたいけど、ハマったらヤバいしハマれないとヤバいし・・・といういろんな意味でヤバい極端さ。
なので、ウィスキー好き以外へのプレゼントはあんまりオススメしません。
自分も呑む状況で、変わり種として使うのが一番ではないかと。
あ、あと、ウィスキー好きの意見が聞きたい!

というわけで、レストレスリヴァー・シャルドネ2012でした。
非常に尖った作りで、個人的にはそれが成功してるワイナリだと思います。
こういうのもワインってありなんだなぁ・・・・・・と、極端な現在変化球と言われるようなワインより(オレンジとかペティアンとか)一般的な作りなのに思わせてくれなくもないのでした。

南アフリカ+ミドル価格+評価誌別にない=売り切れてない今がチャンス?


この表紙だけで好み分かれそうな感じ!

| 南アフリカ | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロッキン!と思わせといて意外とセンチでエモいローヌスタイル。 ショーン・ドーター・ロッキング・ホース・ケープ・ホワイト2014

うぇるかむ!
南アフリカといえば、シュナン・ブランか国際品種かセミニョンか・・・という具合なのですが、今回は比較的珍しいモノが主体となっています。

201607062127562d9.jpg
ショーン・ドーター・ロッキング・ホース・ケープ・ホワイト2014
なんかもうイケてますでしょ?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
ラベルデザインが妙にイケてるんですよねこれ。サイン部分に全部合わせた文字だったら最高だったんですけど、まぁイケイケな文字感。ちょっとブラウンが入ったカラーにしてあるのがイイんです。ダサくならない範囲。
201607062128048b7.jpg
裏はかなーりガッツリ系。

作り手はセコンブ夫妻というファミリーでなんと2013年がファーストヴィンテージというド若手であります。
契約農家を厳選して、二種類のワインを作るカルトもカルトな少量生産者となっています。
今回のロッキング・ホースも「自分の娘に使えなくなった樽から、木馬を作った思い出から」というわけで


まぁこういう名前なんですが、やってる事はロックだよナ!と思う訳です。
なにせブレンドもコピペするとルーサンヌ39% シャルドネ23% セミヨン23% シュナン・ブラン15%(セミニョン・ブランという表記のところもあるけどシノニムかしらそれとも別品種かしら?)
もうちょっと詳しく夫妻のあれこれをうかがいたいところですヨ。
さておき。実際の味わいはどうかといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
尋常でない完成度の高いエモさ・・・・・・
え、この夫妻本当に無名で最近立ち上げたワイナリなの?
と、なかなかに唸ってしまうワインになっています。ローヌ現地以上にクリーンだしボリュームが素晴らしい。
それでいて、けっこーエモい(繊細)。

色はクリアなホワイト。まだ新モノって感じですネ。
香りにマロン感あふるる、実にモンブランっ気が高く出ていて、スラッとしています。
味わいも同様にガッツリとしたタッチがありつつ、後抜けがしんみりとさせてくれる果実らしい酸味とほのかな甘味で〆る。
この抜群のバランス感覚、機微の良さにドラマを見るような気分になる訳ですネ。
きっちりとしたルーサンヌらしい大柄に思える柑橘果実感をシュナンでチューニングしてるから出る「ボリュームのある酸味」がいい味出てます。
また、甘味方面はセミニョンやシャルドネがちゃんと仕事しているという。
まろやかかつ、ぽったりとした口当たりのアタックが、すごくボディが重たい甘味感ある明るいワインかと思わせつつ、アフターにちょっとしたハーブっぽさやレモンの酸が残る・・・・・・
この機微!このブレンディングの妙と思えるニクい演出!!
私がやたら推してるアルヘイト・カルトロジーと同様にブレンド能力の高さを感じさせるワインとなっています。
ポイントがちょっと多い分、ヘンに複雑な気がしないでもないですが・・・・・・これの方が好きな人も多くいるかもですネ。
いずれにしても、一応ルーサンヌ主体のワインであるわけですが、それがここまであの「圧倒的ボリュームと豊満さ」を抱えつつ「細かい機微をみせる」のが秀逸。
ロックとみせかけて、実はガーリーポップな感じ。だって、女の子だもん。
最近のゲームアニメだと、自分は妙にデレマスの多田李衣菜を思い出したりする。新参ニワカなんだけど、マイペースに頑張りつつ、自分に降り掛かってくる案件が大体女々しかったりする。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ルーサンヌのブレンドものミドル価格の決定版!
と、思うぐらいの価格で税込みで5000円ちょい超すかな?という白ワインとしてはかなーりいい感じ。
ちょっぴり今の季節には重たいところもあるかな?とも思いますが(特に口に入れた直後は濃いキャラクターを感じると思う)慣れてくると7月の本格的一歩手前の夏にいい感じ。
プレゼントには木馬エピソードとデザインのシャレ感で南アフリカの中でも比較的使いやすい部類だと思います。
ブラインドでは当然の如く南アフリカだと答えさせてくれない、そういうクリアな味わい。

というわけで、ショーン・ドーターのロッキング・ホース2014でした。
これ、ヴィンテージとしては二年目に作った経歴の品なわけですけれども、尋常でない出来栄えを感じるんですよ。
新手の南アフリカ、恐るべしを体現してるワイン。
生産量的にもこれ数年後には倍値しててもおかしくない気が・・・ルーサンヌ(ローヌ系)の白ってあんまり呑んだことないなぁという方にもオススメなスタイルなので、是非チェックあれ。

ワインショップではまだ2013が買えるみたい・・・(お店に必ずヴィンテージは確認した方がいいでしょう)


意外とエモいキャラなんではないかと思ってます。

| 未分類 | 23:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

半額セールのワインとかも割りとイけるんちゃう?とか思う話 ~超簡易更新~

うぇるかむ!
ちょっと夏バテ気味なシンクです。ハローハロー、私はココ。
てなわけで、二日間も久々に更新してなかったので、「生存報告はしなければ」と。

20160706095420d10.jpg
201607060954337fb.jpg
以前にも更新したことがあるシャプティエのレストランコラボ版ですネ。

なんとこれ、ビックカメラで半額セールで1000円ぐらいで売ってたので久々にこのシリーズ呑んでみたのですが、「割りと印象が悪くない」のでした。
グルナッシュ&シラーらしい果実のノリ。特筆点なくスルッと呑める感じ・・・・・・
ただ、もう本当に半額セールで世の中になく、また逆に特筆する事もないなぁとか思ったので通常更新見送ってたのですが・・・・・・
家電量販店のそんなセールアイテムでも案外ダメージとか感じない
というよりは、
何度も呑んでるワインでもなければ、あからさまなダメージ以外は気づきにくい
のではないかなーと。
(ただ、このワイン、初日以降のヘタレが早かった気はした)

この辺り、私もわざわざそういう銭ドブめいた事じゃんじゃんやったりはしてないので、感覚話なのですが・・・・・・
もっと、色々見てみる必要はあるかもなーと思う今日このごろなのでした。

ネット上でもコレぐらいで買える事があったみたいですが、売り切れてますネ。


ビックカメラで楽天で標準検索かけたら、意外にもコレが一番最初に出てきたのビックリ。

| コラム | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクセトリー(ACCETORY)さんで記事書きました~ソムリエに聞く編。

うぇるかむ!
タイトルの通り、本日
アクセトリーさんでの連載の更新がありましたん。

大分時間がかかってしまいましたが・・・今回は「ソムリエにたずねてワインを買ってみよう」というお話。
2016041422361318d.jpg

・今回ほど「色々どうしよっかな?」という項目もなかった気がします。
・ソムリエバッチ持ちの実力を低く見てる、といえば見てる形になってますが、案外と「色々汲み取ってくれる」人も少なくはないんですけどねー・・・・・・それを判断するにも経験は必要な訳でして。
・結論は割りとありきたり、なように見えて結構な数でソムリエに「料理を伝えよう」「ボディを伝えよう」という本が多かったのでこのような仕上がりに。
・この続きは、現在作成中~。

という感じでひとつ。よろしくねん。

ソムリエ(バッチ持ち)でもこういう感じの出しちゃうのが現状のワイン界隈だしにゃぁ。


こういう格好してワインショップいったらソムリエと勘違いされたりするのだろうか?

| コラム | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コッテリ系として良く出来たシャルドネ。 クライン・ザルゼ・ヴィンヤードセレクション・シャルドネ2015

うぇるかむ!
先日も南アフリカワインばっかり呑んでしまってもう変わらずな生活な私ですが、デイリーとしてまぁまぁな感じのシャルドネで今回はサクッと更新。

20160703224824852.jpg
クラインザルゼ・ヴィンヤードセレクションシャルドネ2015
ここも何回か目の紹介ですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
相変わらずZマークがカッコイイZェーット!
201607032248303fc.jpg
裏もこんな感じだZ。

作りてに関しては過去のもので割愛。
ミドルレンジ扱いの黒ラベルのシャルドネですネ。
赤はピノタージュのが美味しかったりするワイナリだと思うのですが、さてそれでは白ワインは如何なものか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(コッテリめがいいなら+♥)
きっちりした樽ドネ系で豊か。
カリフォルニアのシャルドネって気分になる豊満なタイプでありマース!
東山奈央のカタコトキャラ的ニュアンスのハツラツとした新モノシャルドネですネ。

色はクリアめであんまり色づきはしていません。
香りからすでに柑橘、ちょっとした林檎っぽさ、桃の缶詰、それからミルキーなバタ感がドサッと。
この辺り、丁寧な感じではないんですが、こう量感は多いんですネ。
香りからしてボリュームが高いんだろうなと思わせてくれる。
味わいもドストレートにその印象がまんまに迫力をもって迎えてくれます。
果実感たっぷりに、ミルキーな印象。ボンッキュッボーンッ!ズドーン!!
で、そのままサクッと終わる辺りもハリウッドアクションな塩梅。
情感とかよりド派手さ。しかしながら、微妙に塩加減が聞いていたり、果実の酸もそれなりにもっていて雑にならないのが特徴的。
結果、新モノとしては完成度がとれているんですよネ。樽ドネにありがちなパワーオンリーにはなっていない。ちょっとした南アフリカ感のあるワイルドさがほのかにあるのがいいのかも。
とにかく新モノ感とカリフォルニアの強めのワインの感覚が爆裂しているスタイルになっています。
90年台のあかほりさとる作品とか結構こんな感じよネ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(こってり派なら+♥もあり)
ここ、本当にカベルネ以外がいい感じ
ステレンボッシュのカベルネという好立地かつ定番よりも、他のワインのがクライン・ザルゼに関しては個人的には当たりを引く気がしていたり。
ダイナマイトなバディでもいーんじゃなーい!な人なら是非一度お試しあれ。
逆に当然コッテリな白嫌いな人(樽感多いのとかネ)には向きません。敢えていえば、近年の流行とは外れたワインではあります。
低価格のカリフォルニアシャルドネ相手であれば、それよりも高額のカリフォルニアシャルドネっぽい雰囲気があるというコスパワインです。
あくまでもテーブル的であり、お肉と一発キメこむのがグッド。どカッとお肉を食べるなら、こういうシャルドネは夏場は特に赤ワインよりグッドな事も多いのよネ。

というわけで、クライン・ザルゼ・ヴィンヤードセレクション・シャルドネ2015でした。
2000円前後のシャルドネとしてはなかなかパワーをもったワインだと思います。
このワイナリ、カベを呑んだ時は「うーん、そんなでもないかな?」と正直思ったのですが、タージュやシャルドネは価格帯としてはいい感じにできているように思います。
得意ジャンルがこの辺りなのかしら。ともかく、日常ワインとしてちゃんと悪くないのが驚きなのよネ。

ドッカーンとした味わいデース


今、お酒が大分呑めるようになった三十路世代に懐かしい感じ

| 南アフリカ | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワインのテレビ紹介効果はいかほどのモノか?

うぇるかむ!
いやー、びっくりぽんでした。
何がって、当ブログのアクセスがついこの間どえらい事になりまして・・・・・・

201607022326269b0.jpg

ワッザッ!?
平均300前後をうろちょろしてる当ブログ(特にちょうどこの辺り、ボルドーでの更新であんまり良い評価点とタイトルしてなかったせいか、比較的低かった)ですが、突然520件とすごい数字・・・
今日(2016年7月3日。つまり、なーう!)も更新してないのに380とかアクセスがまわってる。

な、なんでだ・・・!?そんなにどえらい更新したっけな・・・!?

と思ったら、

こういう事だったみたい
(リンク先は「KOZEのワインブログというワイン情報ブログ。良くまとまっててKOZEさんはイイぞ(cv:蝶野)

ヒルナンデスでワインが紹介されたから、ウチに人がきたと。
そう、最初の日は特に12時台に突然230人とかアクセスがまわってたんですヨ。うちのピークタイム大体夜の方が多いのにネ。


で、紹介されたワインがコレ。


で、「ソラネラ」でググってみると・・・・・・
201607022333002b5.jpg
なーるほど、東芝♪
去年の4月に更新してたんだなぁ私。らっきー?

というわけで、テレビに紹介されたワインで検索すると一番早いのが当ブログだったという訳。
その差分、300が当ブログのアベレージだと考えると・・・・・・
ヒルナンデス!を見てワインをネット検索する人の数は527-300=227である
となるわけですネ。
これは瞬発感めっちゃあるので、素直に約230人がヒルナンデス!からネット検索に走ると考えていいでしょう。

うーん、これって効果超ある?それとも微妙?

日本テレビの昼の番組かつ、昼の番組のラインナップの中では比較的視聴率良くて続いているのだろうヒルナンデス!でこのアクセス追加というのはどうなのでしょ?
その規模でも、昼のワイドショーだとアクセスは瞬発でこのぐらいに落ち着くって方が妥当な気がしますネ・・・
(結局、ワインレポートさんより↑のランキングにはならないしなー)

うーん、ワインメディアの発信力というか、宣伝力とかをちょっと考えてしまう。
ソラネラは一瞬枯渇したけど、その後どこも注文しなおしたのか買える場所も増えてますけど・・・・・・案外捌き切れないお店出そうかなぁ。
なにせ、私のブログでの紹介は1年前で、今でも輸入元かショップ自体で在庫があって、ネット上での潜在的な購入層のアップは200人ぐらい(もっと低いでしょう)となってしまう訳で。

そして、ヒルナンデス!より発信力のあるメディア(ワイン宣伝力があるメディア)ってどれぐらいあるんでしょう?
思いつく限りでは、神の雫しか私にはない・・・・・・
日本のワイン雑誌各位やパーカーたんポイントとヒルナンデス!はどちらが能力があるのか。
最近では「日本人妻が云々という番組からスターク・コンデのワインが売れに売れた」というのがありますが、そっちは夜の番組だったのでそれだと効果がどれぐらいだったのか??
考えると大変です。
そして、残念な事に推測するにワイン雑誌よりも日本においてはヒルナンデス!で取り上げられた方がワイン売れてると思う。

なかなか考えさせられるアクセスがあったので、ワインというより「日本におけるワインブログとテレビの発信力」についてでした。
いや、もうちょっとコレは真剣に考えたりしないといけない事なのかもしれない・・・・・・

あと、ヒルナンデス!で知った皆!当ブログよろしくネェッ!
(ダイレクト・マーケティング)

テレビに出るとやっぱりこういう「放映!」って冠がつくけど、各ジャンルでその宣伝効果とか違いが出そうで興味深いですネ。


果たして、日本の雑誌で当ブログが紹介されたりしたらどーなっちゃうのか?気にならない?ワイノットやリアルワインガイドは無償で文章提供しろ!ってのやってるみたいだけど・・・・・・広告効果や箔押しになるんだろうか??
もしかして「ヒルナンデス!で紹介されたワインを先見の目で解説してたアマチュアブログ!」って方が勲章になりえてしまうのだろうか???
私、気になります!

Winart (ワイナート) 2016年 07月号 [雑誌]
価格:1944円(税込、送料無料)




| コラム | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バケモンにはバケモンをぶつけんだよ、を南アフリカワインでやってみた。 ブーケン・ハーツ・クルーフ・シラーズ2013

うぇるかむ!
タイトルの通り、見てまいりましたレイトショーで貞子VS伽椰子を。

貞子VS伽椰子 [ 山本清史 ]
価格:756円(税込、送料無料)



(リンクは映画に忠実らしい小説版)
いやぁ、白石監督の作品でありました!すっごく白石監督だった。っていうか、監督のカルトって作品の構成に激似でした。

カルト [ あびる優 ]
価格:3757円(税込、送料無料)



尺は短いのにクレイジーなキャラが出まくるし、霊能者コンビは超アニメキャラだし(そりゃ人気出ますよあのコンビ)なんかすごいごった煮の闇鍋であった。
グロテクスさはそんなに多くないけど、びっくりさせる系のドンッ!って感じのは多かったかな。
(因みに私はグロ駄目で、SOWとか気持ち悪くて見れなかったタイプ)
年齢制限ついてないだけあって、なんとか見れなくはないんじゃない?という感じ。
あと、冒頭が超上手だった感じある。構成があからさまに良く出来ている。シンプルに上手。
どこのメディアでも言ってますが「貞子は呪いのビデオ」なのが凄く納得する展開するのに思わず唸らされましたネ。
あと、聖飢魔IIのエンディング曲がとても良かった。

呪いのシャ・ナ・ナ・ナ [ 聖飢魔2 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




さて。
先日私、誕生日だった訳ですがその当日は実はこんな事もしてました。
2016070109341683e.jpg
バケモンにはバケモンをぶつけんだよ・・・・・・!

ブーケンハーツ・クルーフ・シラーズ2013
実は呑んでました。
この並びはもう事実上南アフリカの頂上対決です。貞子VS伽椰子ならぬ「マスダVSラフィネ」であります。

2016070109383140f.jpg
いつもの採点形式はもう今回は省こうかと。
なぜなら、いつもどおり全部満点だからです
いう必要もないけど、やっぱり売ってたら教えて欲しい域のワイン。
(実際、結構教えてもらってまして、ありがたい。Thanks!)

肝心のお味ですが、
2012と印象がほぼ変わりません。
ただ、2012ヴィンテージに比べると堅い印象はあり。
ちょっと親しみやすさは減っており、人によっては思ったよりピンとこないかもしれませんネ今回のヴィンテージ。
甘やかさとか香りの立ち方は2012の方が良かった感。2013の方が熟成向けというか年数置いた方が良いのかもしれない。
しかしながら、相変わらず世界最高峰のエレガントシラーであることは間違いないでしょう。
バケモンみたいなシラーであります。最強で最高のおもてなしDAZE♪

2016070109383861c.jpg
相変わらず入手困難極まるワインですし値段も高いのですが、是非買って・・・・・・いや、売ってるとこみたら私に紹介してネ!
(ワイン紹介してるサイトに有るまじき衝撃のラストで〆るのであった)

呪いのビデオ並にレアアイテム?


ブーケンハーツには、貞子VS伽椰子の終盤で貞子がテレビから出てきた時の「絶対王者の風格」はある(何言ってんだ?って人はいまかれでもみてみてネ)


| 南アフリカ | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |