オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブラン・ド・ブランでも間違いない魅力、シャンパーニュ代替?モチロン! コルマン・ブリュット・シャルドネ

うぇるかむ!
昨日書きましたとおり、南アフリカワインの色々も飲みまくり、この間のワイン会のあれこれもありまくり・・・・・・と、正直もう手が追いついてまったくいない私ですドーモ。
さておき、今日はその中でも割りと「なう」めなアイテム。

201602281315313f3.jpg
コルマン・ブリュット・シャルドネ
名前の通りな感じのワインです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(今だけ+♥?)
当ブログでは既にリザーブ版を先駆けて更新してますネ。
なので詳しくはソッチで。あっちがピノとシャルドネ(比率もピノのが若干多い)なのに対してこれはシャルドネオンリー版です。

20160228131543073.jpg
100%の文字が潔いですネ。

で、これの何が「今」なのかというとですね、かのワインレポート山本さんが「シャンパーニュの代替品」として紹介したからです。
へー!
そんなわけで注文が増えたらしいこのアイテム、山本さんの記事は案外と中盤「ちょっと物足りない。2005年という設立だからだろう」ということが書かれつつも成長を期待され
「品質は、上位のクレマンン・ド・ブルゴーニュをしのぎ、下手な協同組合のシャンパーニュは上回る。シャンパーニュの代替品となりうる1本だ。」(原文まま)
という〆で終えられています。点数88点って多分当ブログの♥♥♥♥♥♥(+♥)ぐらい?
そんなこんなで、コルマンのシャルドネ版は果たしてどうなのでしょう?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
やっぱ濃ゆい
やはり南アフリカの中でもグラハムベックと同等程度には濃いワイナリなのかなと思います。
リザーヴ版とどっちがいいか、というとあまり変わらない(あえて言えばリザーヴの方が私は好きかな)といった具合です。

色はかなり濃い目でNVワインながらちょっとゴールデンより(といって薄めではありますが)。
泡の立ち方はめちゃくちゃ強いです。
香りにチョコのタッチがまず強いのは流石のコルマンワイナリーって感じ。
この雰囲気がドン・ペリニヨンに近いのはやっぱ特筆出来ると私は思ってます。
グレープフルーツ要素が同時に強めにあり、リザーヴに比べるとちょっと酢橘っぽさがある(柑橘の同部類だからネ)とも思います。
味わいもベースの果実が「白とピンク両方のグレープフルーツ」で、そこはリザーヴでも感じるところ。
最初の印象からチョコ感があって、ゆっくりとあとからそうしたフレッシュな果実が広がって・・・・・・みたいなところで一気にその果実感が押し寄せてくる緩急の付け方が魅力。
相変わらずビタチョコ要素はアフターにまで残り、バランスでいうと果実もチョコもグラつきがあるのでやっぱりバランスが悪い。
同じ作り手ゆえなのか、ブラン・ド・ブランでもアッサンブラージュ(違う品種ミックス)でもメインの醸造の部分で差がないような感じです。
ブラン版の方がより白グレープフルーツ寄りのフレッシュな柑橘系の残りが大きく出ているのが特徴で、その良し悪しもあるのかなと思います。
私としては「リザーヴとこれはほぼほぼ変わらない」というのが少ない試飲の中で感じたことです。
つまり、値段以上ですこぶるよろしい。
やっぱりちょっと体型的には太っちょなキャラしてると思いますが、それでも高貴な印象を持つわけです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
前回の内容と差がほぼありません。以上!
というわけで、リザーヴ版同様すこぶる3000円ちょっとの中では凄まじいです。
並べて比べたら違いが解るのだろうけど、とりあえず今回は「酸がちょっと欲しいならシャルドネ版」という他ないです。言うことは前回全部言った。

というわけで、コルマンのシャルドネ版でした。
NVだし2005年というめちゃくちゃ若いワイナリであるにも関わらず、シャンパーニュで本を出しちゃう人に上位クレマンやザコシャンパーニュを駆逐と言わしめる実力であることは山本さん書いての通りです。
そして、その中で樹齢の話が出ているとおり、南アフリカワイナリ各位が足りないのはほぼそうした「意外なほど古い樹が少ない(やってるワイナリがスペインや一部フランスみたいにはない)」点です。
したがって、それこそ先の遠い話かもしれませんがこのままよっぽど何か怒らずに10年20年とワイナリと樹が続いた場合、南アフリカは天下統一するのではないか?と予測されうるのです。
シャンパーニュの代替品になる?そんなの、とっくのとんに「当たり前」なんですが、それでいて伸びしろが大きすぎる。
うーむ、恐ろしい子!

あれ、ネットショップだと値上がってる??

これの金竜寺クンとかは、こんなキャラしてると思う。シュッとして華麗なデブ

| 南アフリカ | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Anyway Grapesさんの南アフリカイベント(っていうかラフィネイベント)に参加してきました~ という名の雑感日記

うぇるかむ!
今しがた外出から帰ってきました~。いや~、良かったですねぇ。
え、何がって?

~南アフリカワインの試飲会いってきました~
Anyway Grapesさんの南アフリカ試飲会行ってきたのでして。
あ、イベント内容的にはこっちリンクするべきかしら?
20160227222834f89.jpg
なんと全体を撮り忘れてしまったので、唯一超テキトーに撮ったアルヘイトをあげとく。

またもやラフィネさん南アフリカワイン会で以前のエビスでのティスティングとかぶる・・・と思ったら意外とかぶってなくて(アルヘイトとセカトゥールが被ったぐらい?)また記事の厚みが増えてしまう~うごごごご。
Anyway Grapesさんは初めて来訪したのですが、ラフィネの南アフリカが何でも揃ってるみたいな状態になっており、経堂じゃなくて我が家の側徒歩3分以内にお店持って欲しい(謎の欲求)
ラフィネだけじゃなくて、ニュートン・ジョンソンとかもおいてあったり。都内有数というか世界有数の南アフリカワインラインナップでした。間違いない。
多分、ジャンシス・ロビンソンおばさんやティム・アトキンアニキがここのセラーみたら「アメージングッ!」って言いながら店まるごと買い取るんじゃないかしら?
リーファー・コンテナにはこだわってたり、セラーを区画ちゃんと作ってたり、古酒泡があったり、ドイツもフーバー様がおいてあったりと文句なし。
(全世界のワイン取り扱い、というお店においてヘレンベルガーか中川かアイラブかマスダかラフィネ・・・・・・といった小規模専門型のインポーターのワインが置いてある店は間違いなくマニアがお店にいます)

南アフリカの棚だけでもう興奮しちゃったんですが、それらを撮り忘れてしまったのは
20160227222850a7f.jpg
2016022722285998f.jpg
超ほしぃぃぃぃいいいい
誰か私にお金くれ買いに行くから(迫真

あと、改めて「東のラフィネ、西のマスダ」といった感じになっている南アフリカの輸入状況ですが、更にそこに他社までポツポツ足して考えていくと
「日本は南アフリカに関しては、最高に今恵まれてるなぁ」
と改めて感じました。
というのは、正直南アフリカワインに対する多様な受け入れのスタートそのものはまさに2~3年前とかになっちゃうんでしょうけど(マスダはもっと古いけど)、買い付け隊がどこも現地に行って仕入れてるから現地情報にいきなりアップデートされて輸入されてる。
インポーターさん側はブリテンのライター達よりも、詳しいしブリテンのライター達が欲しがるようなワインを彼らが注目する前から確保出来ている・・・・・・
っていうか、ティム・アトキンのガイドとかプラッターとかの南アフリカワイン情報の主要キャストが「まだ日本で買える」のは凄まじいんですよね。
海外では争奪戦なんですよ、クリストルムとかアルヘイトといったワイナリ。
アニメオタク向けに「どれぐらい争奪なの?」というと「人気アイドル系アニメとかのライブのチケットぐらい。妖怪ウォッチとか日曜アニメ玩具の域は超えてる」かしらん。
今後確実にワイン各種値上がりに値上って多分アルヘイトとか万円で買えなくなるだろうから、まさに「今」かもしれない。


~帰りにクレープとか食ってた~
超満足ほっくほくヤッホーって感じでワイン会を後にした私を待っていたのは
20160227222949f18.jpg
ラーメンだった。
らーめんや やしげるの焼き煮干しラーメン。
煮干し系ってヘンにくどさを強調する、ラーメン界隈の自然派みたいなモンだと思うのですが、これはその中ではもっとも完成度高い気がした。バランスが良い。
また、食感へのこだわりが細いメンマや玉ねぎのシャキシャキから感じられ質量は少ないけど満足度はかなり高いラーメン。

更に初めて降りた土地だったのでぶらぶら散歩して古本屋みたりしてたんですが、
20160227222909f06.jpg
あー、学生街らしいからなぁ。オレンジカウンティーっていうなんと9周年のクレープ屋さん。オシャレ系だ。
201602272229190b8.jpg
ワォ!
生クリームとカスタードで350円という値段設定なんだけど、世のクレープ屋さんはみんなこの基準点に至って欲しい。
確実に鼻やほっぺたにつくほどのクリームとカスタードはまろやかだしそれでいてやわらかスッキリ。
それを薄皮クレープ生地、それもちゃんと生地の味わいが丁寧に残るこの衣と食べることによって見事にケーキの様相を作る。
あ、クレープって持ち歩けるケーキ料理なのだなぁと初めて感じましたね。
ここにフルーツとかもトッピング出来るみたいなんですが、その必要をあんまり感じない。
むしろ、このシュークリーム的なトッピングで良い。そしてシュークリームよりこれは完成したケーキだと思う。
流石伊達に9年も続けてないんだなぁって気分。

更に帰り道に久々に新宿に降り立ったので
20160227222933814.jpg
新宿ベルグのマイスターサンドとブレンドコーヒーで一日を〆。
ベルグは好き嫌いがめちゃくちゃ別れるお店だと思うけど、今日も立退きはせずに栄えていた。栄えすぎていて持ち帰りにしたほどである。
ここの苦味がギュンギュンにつまったコーヒーとアッサリしすぎなんだけどパンと具材が確実に旨い事が明白にうったえてくるようなサンドがいいんですよ。
ブレンドコーヒーをLサイズにしても600円で足りるのも良い。

というわけで、疲れた~疲れた理由が途中でゲーセンに寄ってグルーブコースターとチュウニズムをやりまくったせいな気もするけど今日はもう寝させていただきたい・・・・・・
また、南アフリカワインのストックがそこそこになり、購入したワイナリに関しては開栓してから記事にしようと思ってたんですが、そうするとヘタすると1年ぐらいはそのままの気がしてきたのでババッと時間がとれる時に試飲の範囲で更新する予定です。
乞うご期待!

10年後には10倍の値段になる気がするので、投資すらアリだと思う南アフリカワイン。私?手元に二本あるヨ。

あと古本屋でこれ見つけて購入ぞなもし。Happiness・・・
天帝の愛でたまう孤島 [ 古野まほろ ]

天帝の愛でたまう孤島 [ 古野まほろ ]
価格:1,036円(税込、送料込)

| 南アフリカ | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

萌えラベルのすごいヤツ!作りもキュートでゴージャス☆ 三芳菊酒造より徳島新酵母無濾過吟醸直汲み

うぇるかむ!

20160226223832a71.jpg

ワォ!Cool Japan!!
というわけで、久々に呑みました日本酒ウィズ三芳菊酒造。
20160226223850a5a.jpg
三芳菊酒造より、徳島新酵母無濾過吟醸直汲み。
ずいぶん前に無濾過原酒を呑んだものですが、それぶり?
配色のタッチはファンシーに、青いボトル、デザインのずばり萌えラインを狙った海とヘッドフォンというキレッキレでメルヘンな世界観が実にジャパンイラストレーション。
あ、ついでにこれ500ミリで1500円と相場より少し高めだったり。
何だか萌え方向に完全にかっとんでいたので、店員さんについつい
「これ、完璧にこう、アニメラベルにシフトしちゃってますけど、売れるんですかコレ・・・?」
とお尋ね申し上げたところ

「売上伸びましたね」

とのことでした。ワォ!Cool Japan!!
一応音楽な女の子というスタンスはそのままのようで、別のタイプのお酒はギターもってます(この日は買わなかったけど、まだ売ってたら今度買おう・・・・・・)

で、以前は原酒で思いっきり不思議なパイン味がしたものですが、今回は無濾過ながら吟醸というスタイル。
以前のパインほど濃厚感などはないものの、それでも感じられるのはやはり常夏果実とお米の丸み。
ただ口に含んだ印象はやはり原酒とは違うのか結構キレがあります。
パインを主体に少しレモンなどが入っていて、アフターに結構塩味となんだか青いミントみたいな質感まで感じちゃうという。
(ボトル効果すっごく大きいと思う)
しっかりとイラストと味わいがリンクさせてあってちょっと感心。
原酒系が多い三芳菊酒造の中では格段スッキリしてて、飲みやすく、センチメンタルな感じがします。
あんまりかっとびすぎてはいない。けど、三芳菊酒造の味はもれなくあるという。うん、お酒としても面白いのでオススメ度高しな。

20160226223842b67.jpg
相変わらずワイルドサイドを歩いてらっしゃり大安心なのでした。
こういうライスワインがあるもんだから、日本では白ワインが流行らないんだよなぁ。ついでに寿司とワインとかやってもウケないんですって

20160226223858376.jpg
このラベル、暗くても映えるからホントCool Japan・・・・・・

萌えシリーズは三種類あるそうな。今回の吟醸は個性弱い方で袋しぼりと更に微発泡にごりなんていう「なにそれ自然派ワインかな?」みたいなのもあるでよ。

初見で「叢雲かな?」と思った人は間違いなくアキバ系です。なお私も思ったから安心して欲しい。

| アキバ系記事 | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

細い脚から作られた?カルトな南アフリカ自然派味。オレンジワインもあるでよ! カイル・ダン・スキニーレッグス・ゴールデン・アイズよりセミニョン&グルナッシュ・グリ2014

うぇるかむ!
南アフリカ自然派、というと何だか不自然な感じもしますが、まぁ傾向としての自然派というのはワイン好きならばわかるハズ。
で、そんな感じのワインが南アフリカでも若手の中で盛り上がっている・・・・・・とは以前書きましたが、今日はその中からファーストヴィンテージにしてファイナルヴィンテージだという品を。

20160226163212a6d.jpg
スキニーレッグス・ゴールデン・アイズ
よりセミニョンとグルナッシュ・グリの二本立て。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(個人的には+♥)
ワインダイヤモンズ(インポーター)かな?
みたいな、カルト系っぽいラベルですが、見事にラフィネ輸入です。ただ、やっている事は明らかにダイヤモンズやヴィナイオータさんあたりの方向性に類似します。

作り手はカイル・ダン。彼の名前がそのまんまのワイナリ名という所謂バーチャルワイナリーとなっています。
バーデンホーストという南アフリカ自然派の大本、南アフリカ界のパカレとか言われてそうな彼の元で働き、今回がファーストヴィンテージになっています。
買い付けブドウオンリーで、毎年「手に入ったブドウから作る」という行き当たりばったり気味な(南アフリカらしさ全快な)事をしているようで、その為に通年同じワインは出来ない模様。
(ちゃんと聞かなかったんだけど、おそらくバデンホーストの施設使ってるよね?)
白ワインオンリー、手摘み、足踏み、自然酵母、清澄無し、フィルター無し、スキンコンタクト大好き!
という自分の好みを全快に作る気マンマンなようで、まさに地酒を地で行くような印象でしょうか。
今回のワインのラベルはカイル・ダン氏本人が「脚が細いのがコンプレックスだった」というのがエピソードになっていてスキニーレッグス(細い足)で大地に立ったゾって感じかな。
なんでコンプレックスまで全快にしたし
で、今回はセミニョン100%版とグルナッシュ・グリ100%版の2つを紹介。
なおワインのラベルなんですが、両方共同じで
20160226163244fc0.jpg
これ、同じワインの写真のように見えますけど、違います。
トップの写真がセミニョン、これがグルナッシュ・グリ。瓶中の色と裏ラベルで判別が可能なんだけど・・・ここまで表エチケットが同じのも珍しいですネ。
どう見ても金がないんですねカイル・ダンさん
さて、そのお味は・・・?

香り・味わい(最大10PT)
セミニョン:♥♥♥♥♥♥
グルナッシュ・グリ:♥♥♥♥♥♥♥
(両方共自然派が好きでたまらんなら+♥)
もうほんと自然派全快だよネー
どこまでも全快にやらかしてます、カイル・ダン。スキンコンタクト白ワインだーいすき、な人がまんま作り上げた結果、私のような軟弱に「ちょっと自然派も呑みますヨン」みたいな人間には少しクセが強く見えすぎるタイプ。

201602261632305c9.jpg
2014セミニョン。
裏も何だかカルトっぽいのはたまらん。
色は少し濁りがある青緑系。結構青っぽいカラーしてます(黄色の中ではネ)
香りに酢っぽさが多くあり、酸味が強いだろう事を飲む前から思わせます。
唐辛子とかまで感じるタイプ。
味わいもかなりとんがってて、青い味。
ライム、それからやっぱりお酢の印象が大きく、更にみりんが入ってるのかな?みたいなタイプ。
日本食と合わせましょうネー的なワイン、といえばわかりやすいかしら?
アフターはアッサリとしており、持続時間が長くはなく、飲み終えるとサッパリしてたなぁという具合。
甘味はみりんっぽさの中に微量に感じられますが基本的には酸味がベースになっているといえるかな。
・・・・・・何だか自分で書きながら思い出すほどに「みりんに柑橘で味付けた何か」って印象が強い。
口当たりも水っぽさ高いので余計に。
超絶自然派のソレです。よって、そういうのが好きな人は買うべし。

なんとなく道場六三郎プロデュース商品を思い出す私。
なんでだろう?

2014グルナッシュ・グリ
2016022616331404d.jpg
なぜか「グルナッシュ・グリ」ではなく「ゴールデンアイズ」というワインネームが入っているのがグルナッシュグリ版。
これはインポーターさんが来ての試飲会だから大丈夫問題ない。

色はオレンジ感満載。山吹色って感じです。
香りは打って変わって、こちらは甘やかさがベース。
ピーチ、それも白桃を主体とした香りになっています。ただ、ちょっとヨードチンキっぽさもあり(皮肉にも自然派ワインってあのお薬みたいな香りするときあるよネ)。
味わいは桃の方が大きく出る形になっていて一安心。
白桃の缶詰をシロップごと。ドサッとやってきてそのままピーチ感をフルにフィニッシュ。
長めの余韻になっていて、大分趣がセミニョンと違いこちらは食前の甘いお酒スタートがしたい時にいい感じの味になっています。
強すぎず弱すぎず、ではあるんですが多少単調かな?
味わいのベースがブレなく、アルザスとか好きな人なら満足いただけるだろうなぁって具合。
ピーチティーって言われて若干バレない?いや、流石にそこまででもないのですが・・・・・・

イメージどーしても私はこうなってしまうのであった。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(自然派マニアなら+♥)
今回特に自然派ならば~~という枕詞をつけてますが、そういうタイプのワイン。
味そのものの私の好みだけを言えばもちょっと評価低いんですが、ここまで直球で自然派白&オレンジをやっておいてなんと3200円ぐらい。
これ、異様に安い。味わいは別にすれば。
自然派系って本格的なものは少量生産少数輸入限定販売愛飲家殺到即完売←読みにくいっしょ?ぐらい需要供給バランスがとれていないもので、案外と値がするんです。
そしてハッキリと賛否わけうる味なので、オススメしづらい。
その中でこの値段および味とラベルデザインというのはいいポジションなんです。
よって、自然派あんまり経験がなくってしておきたいなーという人にはお試しいただきたいワインであります。
ワイン会とかではどうだろ、値段安すぎるので価格決め打ちしてる場合には楽しめるのではないかなぁ。
どちらも食前というか前菜向けのワインだろうと思うので、早めに開けてネ。

というわけで、カイル・ダンのデビュー作スキニー・レッグスより2つでした。
驚くほど自然派風味全快すぎて、逆にこれ大丈夫なのか?というような雰囲気もあるワイン郡になってます。
めちゃくちゃ尖ってていいのですが、応援したくなるほどでは私はなかったかなぁ。みなさん、どうです?

ネットショップではこちらが販売していたんですけど、何故か「セミニョン」が2つ検索にひっかかりました。ここで買うなら問い合わせしてから購入がオススメ。

| 南アフリカ | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やはり飛ぶ域の美味さ! リヴァース・マリー・コロナ・ヴィンヤード・オークヴィル・ナパ2013

うぇるかむ!
あんまり国宝級ばっかり更新しててもアレなんで、今日は「まだ買えるだろう」超級ワインです。

20160225215858929.jpg
リヴァース・マリー・コロナ・ヴィンヤード・オークヴィル・ナパ2013
リヴァマリ!リヴァマリ!!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
一年ぶりぐらいのリヴァースマリー。
今回の柄は鳥の形を模様として配置し、部分的に雲の部分を作ることで空と鳥の群れをイメージさせるやっぱりハイセンスな感じ。
いいですよね、こういうセンスがリヴァースマリーはとにかく私好き。
20160225215912139.jpg
裏はシンプル。

リヴァースマリーの素性に関しては、去年のリンクで見ていただければと。
それはナパ・カベルネ版なんですが、今回は単一ヴィンヤードの格上版です。
リバースマリーは結構いろんなワイン作ってまして、自社畑もあるものの、いくつかグロワーから買ってるタイプがあります。
私のブログを良く見てると「色んな人がピゾーニって畑のブドウでワインを作っている」のを何度か目にしてるかも。
知ってる人なら「ハーランのボンドシリーズみたいな感じ」っていうと伝わる。
さて。
今回はコロナ・ヴィンヤードというところからの購入版。リヴァースマリーの本拠地であるセントヘレナからはちょっと遠く、他の畑から距離が離れたところからの購入になっています。
まんまコロナさんという方がやっている畑で、立地はベクストファーなどのやっている畑よりちょい上の位置なんだとか。
ただ、日本に輸入してるっぽい「コロナ・ヴィンヤード」のワインはどうやらこのリヴァースマリーのものだけっぽい(名前違いや調べ不足あるかもなので情報求む)
今回のモノでpp95点をとっており、パーカーたんがいつもの如く「うーん、やっぱめっちゃリッチ!ポイヤック一級の連中みたいやな!」とご満悦。
ただ、他のリヴァマリの作ってるシリーズの中ではちょっと冴えないといいますか、パネク・ヴィンヤード版という自社版などとは大きく差をつけた点数付けをされてたりします。
さて、そんなリヴァースマリーの一級品、お味といいますと

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
清く正しく、ナパヴァリー
実にナパナパしい味であります。王道を行く、キッチリしたクールなスタイルといえるでしょう。
このすごく冷静さをもったインテリ感がたまりません。

20160225215930d41.jpg

色は濃く透けない赤紫。まま、若いカベルネカラーかな。
香りは実に3つで言い表せます。カシス、バニラ、ベリー。
まさにナパな強いブラックベリーなどの紫や黒の果実にバニラがのっかる香り。
ビターなカフェオレの質感、ミント要素やペッパー感などはあまりないのに、それでいてダレた印象がないのは果実の充足があるから。
味わいも同様に、バニリーなスタートからカベルネらしいカシスのタッチがキッチリと酸味と甘味を効かせます。
口当たりも丁寧なシルキーさで、尖った部分や冷静さを欠くような感じもなしにスマートな味わいのままフィニッシュ。
余韻そのものは長いですし、甘味要素も高く、ハーブ感も控えめな割に飲みやすいというか安心感がある。
構成の要素の多さよりもそれぞれの「カシス」や「バニラ」の磨き上げ方が職人技。
このクールさ、やはりリヴァースマリーはカベルネが上手だなぁと思わされる綺麗な仕上がりとなっています。
やっぱりクール美女を作らせたら天才的。ナパカベ版と比べるとこちらはより大人のスマートさ。
メガネとロングヘアが似合うタイプのキャラクター。みっちり「ナパの仕事とはこういうものヨ」って叩き込んでくれる!ご褒美!!

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(ナパカベ好きなら+♥)
価格相応しいクオリティを魅せつける
そう思うのですが、1万3千円ぐらいと少し値上がりも見られてて残念なので標準ではパーフェクトに一応しないでおく・・・・・・
んですけれども、実力派エリートの味わいが楽しみたいのであれば、この価格でもまだまだ嬉しい人の方が多いであろうとも。
プレゼントにはラベルの柄とか、そういうのが説明出来る環境であれば十二分(ちょっと説明しないとわかりづらいトコはあるかも)。
ブラインドティスティングとかすると強いタイプでもありますから、是非お試しあれ(品種当ては余裕でされちゃうだろうけど)
あんまりハーヴ要素とかで他を立てていくことはしない、この子一人で主人を満足させるタイプのキャラですから、料理後ぐらいの方がオススメ。

というわけで、リヴァースマリーよりコロナヴィンヤードでした。
うん、やっぱり私の中の印象ここはカベルネが良いよなぁ!というところであります。
作り手の上手さというのをナパでは感じたかったりする私としては「さすが」なんですよね。
すごくスムーズにナパを体現しているので、ちょっとお高めですがお試しあれ。

むしろ安いと思いません?

そういえば伊東ライフ先生眼鏡パッチェ好きだったネ・・・(あの人のよりもちょい暗いパチェっぽいニュアンスだけど)

| アメリカ | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本系超レア品種ペルレには希望があったのかもしれない。 北海道ワイン・悠遠シリーズ・2004貴腐葡萄52ペルレ

うぇるかむ!
今回もまぁ、レアワイン気味になります。今回のレアさは「品種が珍しい」から入り色々とレアレア続きな感じ。

201602231026359a0.jpg
北海道ワイン・悠遠シリーズ・2004貴腐葡萄52ペルレ
品種がペルレです。発酵途中のワイン=ペルレ、ではなく!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
20160223102653b2d.jpg
裏で全部説明ついてますネ!
というわけで、地ブドウもいいところなんですがどうやら現在は作られていないとされています(2011年産のペルレワインをこのワイナリから発売されていますが、今も作っているのかは不明。情報求む。)
そんな訳で、北海道のスーパー地ワインの限定貴腐。
その実力はというと・・・?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(料理とあわせて+♥)
食前酒がイけた!
綺麗に年数が経ったデザートワインかつベースがスッキリ系だったのか、サクサク飲める甘さ。
まさに食前酒系の甘めのお酒となっていて、料理ともバッチリでしたネ。

*抜栓は10日前だったそうな

色は黄色みが強くゴールデンさがそこそこ。
香りにレモンのタッチが多くて味わいにもそのまま反映。
貴腐というと、コッテリとした黒砂糖の濃さを私はまず連想するんですが、これは白砂糖的な甘さ。
レモンチェッロにちょっと近い柑橘のタッチがとても爽やかに突き抜けてる!
甘いには甘いのに、そうした酸のスッキリ具合が程よく活きていて、感じるのはなるほどドイツ品種の熟成そのものなんですね。
その中でも、特筆出来る酸と果実のフレッシュさがいいタイミングでやってくる。
まさに食前か食後に呑みたい味。
まんまレモンの擬人化みたいなキャラクターしてると思います。
レモンレモン書いてのとおり、その傾向が多くて単調ではありますし貴腐的な高級感を考えてると肩透かしを食らうのでしょうけどネ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
*コスパで図るものではない
今現在ネットでこのワインを調べると、いくつかのワインブログで呑まれているのが確認出来ますが、それはそれは大体10年ぐらい前な訳で・・・・・・
そんな感じで、現存する最後のペルレ貴腐だった可能性もあるものですから「売ってたら買ってミュージアムに売りつけよう」的なところまで、あるのかもしれません・・・・・・
というわけで、売ってたら是非買ってみてネ(売ってたらネ)

というわけで、北海道ワイン・悠遠シリーズ・2004貴腐葡萄52ペルレでした。
ドイツワインやアルザスワインが日本では近年本流になってはいない事を見ると、ペルレ種の存在は厳しいというか売れない品種だったのかもしれませんネ。
ただ私、最近の日本自然派的な流れとか見てると、これ勿体無いなぁと思ったりもしました。
正直北海道のワイン超イマイチと思っている私としては高評価叩いたのは、端的に言って一番北海道産で成功してるというか本格だったなぁと思ったから。
うーん、惜しい!

ペルレで調べても楽天ではこれしか出ません

レモンの擬人化でキュートなの探してたのに、岡村さんなにしてはるんですか(真顔
AKB48/永遠プレッシャー(TYPE-D/CD+DVD)(CD)

AKB48/永遠プレッシャー(TYPE-D/CD+DVD)(CD)
価格:1,512円(税込、送料別)

| 日本 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シックに格好いい、男の子が好きそうなハードボイルド味。 アナコタ・ヘレナ・ダコタ・ヴィンヤード2010

うぇるかむ!
最近特集が組めるぐらい色々飲んでて何から書こうかテンヤワンヤしてる始末なんですけれども、今日昼にテレ東で「レジェンドオブメキシコ」というアホ映画がやってたみたいなので

アナコタ
そんな気分で更新です(エアギターしながら)

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベルはちょっと渋くて見た目格好いい感じあります。ちょっとチリっぽいかなって気もしますが・・・

裏もシックでシンプルめ。

作り手はピエール・セイヤン。彼は以前、ヴェリテのル・デジールについてやりましたがその作り手のネクスト・プロジェクトとして2001年に始まっています(実はヴェリテが1998年ファーストヴィンテージなので結構間髪入れず作ってたり)。
そのため、「PP100点男のワイン」として紹介がされていますが、アナコタに関しては100点には至っていなかったり(ただし90点中盤を行き来してます)
ただ、ヴェリテとはアプローチが大きく違います。
ヴェリテが、広域目の選抜+主体品種はあるけど混醸+フランスの各地域最高峰を目指したスタイル造り(要するにメイキング重視)
アナコタが、単一ヴィンヤード+カベルネ100%+ナイツヴァレーのカベルネというのを意識した造り(要するにテロワール重視)
と、意識が違います。
その結果がどのようになっているかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(も少し開きそう)
なんか、アントニオ・バンデラス
無骨でしゃべりがヘタそうで、運動は出来るし拳銃の扱いも旨いけど、あんまり強くもない。
なんともそのぐらいのスーパースターでもないところが、逆にいいような気もします。
ちょっと閉じてるといいますか、呑み頃は先な気がしますが今のところはこんなところなのかなぁと。カベルネ、堅く感じること多いですし。

201602231415114f8.jpg
色は透けない赤紫で黒に近い。新モノの濃いタイプですネ。
香りに胡椒感があり、全体に重たい印象。カシスのタッチも甘味よりタニックさが香りから伝わってくるよう。
少しスモーキーなタッチで、ズンとしている。
果実そのものの大きさは充分で、風格は良し。
味わいはかなり重たくビターチョコ(それもカカオが多い)なぐらいにダーク。
フランスだとそうですねぇ・・・グラーヴ辺りの良いお酒に近いかしら?
甘味は控えめで酸味よりもタニックさが目立ちまさに無骨でクール。
カシスだぜ・・・・・・と、ずばり言い切る潔さ。アフターまでその重たい印象が続きます。
完璧に高めのお酒の風格であり、近寄りがたい雰囲気をまとっちゃっている訳。
こういう子も私好きなので、評価そこそこ良いのですが多分今後で大きく変わるワインでしょう。
読んでて「あ、これほんと閉じてるワインの話してんだな」とか思っちゃった人にはすぐ呑むのはあんまり向かないと思う。
そんな訳で冒頭の通り、レジェンド・オブ・メキシコな訳ですよ。アントニオ・バンデラスですよ。カッコつけまくってるのにどこか抜けてる。

コストパフォーマンス(最大10PT)
♥♥♥(熟成とか出来る人は+♥)
1万円前後のワインとなってまして、ヴェリテ本体の5分の1。
直近で呑む上での味わいの差は正直なところ結構あって、「ヴェリテの人のワイン!」というには「ラフィットの作ったワイン!」ぐらいにちょっと似ないです。
(似ない理由は私が呑んでるのが主体品種からして別、というのも勿論なんですがそれよりも上述したプロダクト方針の差が大きく関与してると思う)
もっとも、1万円前後のワインとしてはスタンダードに射抜いて、ごっついワインを作ってる。
そのタイプが扱える人には、なかなかおもしろいのではないでしょうか。
プレゼントにはうーん、どうだろ、それなりに使えそうな雰囲気はあるのですが、万人受けはちょっと微妙かしら?
華やかでない(今のところ)無口系キャラなので、ワイン会とかにもあんまり向いてない・・・・・・使い方難しい!

というわけで、アナコタのダコタの方でした。
2010が冷涼ヴィンテージというのがあるにしても、かなーりクールキャラすぎるぐらいに仕上がってます。
これもまたアメリカンの良さですネ。ヘヴィにキめるゼ!

まさに男の世界。

メキシコはオープニングが流れるまで「だけ」見れば良い映画です。

| アメリカ | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

博物館所蔵レベルのワインを今、呑んでる。 ~ハンガリー・トカイ・エッセンシア1947年~

うぇるかむ!
タイトルがなんのこっちゃって感じ?
20160222211007691.jpg
いや、昨日、これもワイン会のお土産にいただいてまして・・・・・・
その後、本日朝方に「ボトルは次回お会いする時に持ってきて欲しい」とのことだったので少しうかがったところ

「それ、先月開けたんですけど、博物館級のレアモノなので・・・・・・」

との事・・・・・・
よーくよくみると、これ「1947年のトカイ」なんですよね。
これが何を意味するか・・・・・・や、古酒なだけでスゴイんですが、1947年つまり
世界大戦頃のハンガリーのワイン
というわけ。日本にあるどころか、現地でもめったないんだそうな。1999年に蔵出しされたのをこのワイン会の主催の方が入手したんですって。


20160222211016507.jpg
この辺りまでなら普通のワインッスよね・・・

20160222211025f37.jpg
なんかペーパーがついてました。

2016022221103699f.jpg
手書き文字と博物館云々の文字列がマジで怖い

20160222211044baa.jpg
色はご覧のとおり真っ黒。傾けると琥珀。
香りにエスプレッソコーヒー、それも良い豆を使った明るいカラーがあり、そこにサトウキビとカラメル。
完全にイタリアンなコーヒーと砂糖菓子の合わせ技。品がとにかく良い。
で、味わいはそこにレモンの香りがブワッと広がるのが特徴的。
コーヒーやカラメルな苦味や黒い角砂糖砂糖、そこにスカッとさわやかなまでにレモンが香り突き抜けます。
まさにデザートワインと言わんばかりの甘味と苦味の両立に、格調高い酸のティストまで加わっている訳です・・・・・・
一番近いお酒はもはやブラックラム。それも格別上等な。そのクラスの黒ラムに見事なまでにワインの果実酸が入っている。
恐ろしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
もっかい念押して書きますがコレ
1947年のデザートワインで、抜栓から数週間たって酔っ払った私が持ち帰ったモノなんですよ
いっそ、偽物で実はなんか混ぜて作った液体でしたーって方が納得するぐらい信じられません!ワォ!!

世の中にはまだ恐ろしいお酒があるのだな、と背筋に寒気すら感じながら、そっと蓋を戻すのでした。

(ちょっと追記:メールで主催の方と少しやりとりしましたのでも少し書いておくと、これ所謂霊薬扱いされてたクラスのワインなわけで、ソ連軍に秘蔵してた事がバレたらふっつーに処刑されうるモノだったようで。時代の重たさ半端ないんですけド・・・・・・

近い年号のトカイで楽天にあったものはこんな感じ・・・・・・ひ、ヒエェェェェェェ


| コラム | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラゴッチャさんでワイン会に参加してきました~お料理アレコレ~

うぇるかむ!
というわけで、タイトルどおり、ワイン会に参加してきて現地で寝ちゃうぐらい酔っ払った後に家に帰るまでに週刊少年ジャンプ読んじゃって逆に寝付けなくなったので料理をこっそりあげておこうかと。
食事のリストがないものだから、料理名とか色々あやふやです。(口頭だけでこの手のメニュー覚えてられる人あんまいないと思うッス)

2016022202005131d.jpg
うっかり指を写しちゃうぐらい酔ってる。

まず最初の一皿が鯛のカルパッチョでそら豆とのミックス。
20160222020024b39.jpg
緑が綺麗よね。
鯛は少し炙ってあって、それがとても香ばしく、また緑のハーブ感が見事に効いた一皿。
白身の歯ごたえが良い。ムチッとこりっと。
今回のワイン会、なんと最初が日本の貴腐だったりしたんですが、それが相性良く出来てました。
白ワイン万能っていうか、甘口ワインでも最初でもコッテリしすぎてないタイプならかなりOK?
と、今回のワイン会で一番参考になる食べ合わせ(ペアリング)だったと思います。
発見があった。

20160222020011d57.jpg
次も白身魚で煮付け(何だったか微妙に忘れたけど旬の白身だったハズ)
じゃがいもともども、良く似てあって、ホクホク感があった。
ちょっと食感としては物足りない部分もあったけど、落ち着きのある一皿。
ペアリングは赤ワインと白ワイン両方だったけど、これがまた熟成気味の赤ワインにもサクッとあってくれる。
香草のパワーとも思いますが。

201602220159559af.jpg
プリモのスパゲッティ。スパゲッティ幅なんでスパゲッティである(パスタの中でもスパゲッティ)。
ブロッコリーを基調とした皿で、所謂アルデンテでふっつーに食べる品。
ブロッコリーの甘みと唐辛子を効かせてあるので、甘辛といえるのでしょうか。
見ての通り、ケンライトセラーズとかと合わせて。相性が良い!ってほどではないけど、イタリアンだからってイタリアワインでなくてもいいよねーなんて思いながらモグモグ。

20160222015935582.jpg
トマトソースとチーズのペンネ。
チーズがクリーミーで、またトマトペンネと相性がバツグン!
ワインをもまろやかにする濃厚なスタイルで、私が家ではあんまりやらないチーズとの合わせって感じの方が強い一皿。
これでチーズプレート分補ってる感じ。
パスタよりもこっちのペンネの方が楽しかったかな。食べ合わせ視点でみると、これの味わいの方が勝るので「美味しいのは間違いない」けど、「ワインの本来の味わいを少し切り崩している」ところはあって、やっぱりチーズやトマトは難しいなぁとは感じちゃいました。
チーズの感覚とトマトペンネの美味しさがきっちりとそこで世界が完結してるから、ワインが介在する必要がないのよネ。

20160222015923946.jpg
メインの鹿とほうれん草と蓮(雑な説明ごめんネ!)
間違いなくローストビーフ的食感をダイナミックに味あわせてくれるモノであり、つけあわせも含めてうーんジューシーって唸りたくなる。
ムチムチとした食感、それにほうれん草などが風味を与え蓮レンコンがシャキシャキと引き締める。ジューシー!
ただ、私はこの頃にはベロベロに酔ってたのであった^^;
これまた赤ワイン白ワイン更に古酒泡とのペアリングを一挙に行ったのですが、やっぱりお肉に対しても赤各位よりも白および泡(抜けているけど)の方が相性が良いのではないかと思ってしまう。
赤いお肉であり、ソースもバッチリ効いてる=赤ワインが良いかというと、それよりも白ワインでサッパリとさせたほうが食べやすい気がしてます。
前々からたまに書いてましたが、「ペアリング上、白は万能だけど赤ワインはむしろバッチリ合わせるのが難しいっていうか変化しちゃうのが本来的素材感とは違うのではないか」という・・・・・・
(これはそもそも私はどこでも赤ワイン→白ワインで呑むというマイノリティだからというのも一理ありますが)
これぐらい厚みのあるお肉でも、そんな気がしてならないんですよー。

201602220159139a1.jpg
デザートはフランボワーズのシャーベット。
洋なしと選べたんですが、赤いワインも残ってたのでこっちにした・・・・・・んだけど、古酒ピノはやっぱりこれとは合わず、デザートワインのが相性が良く。
このぐらいあっさりしているシャーベットだと、デザートワインの甘さが逆に引き立つんですネ。
(とはいえ、くれぐれもハーゲンダッツのようなやたら甘いアイスとは合わせてはいけない)
甘味と合わせるにはこういうあっさりさがいいのか。

・・・
・・・・・・
というわけで、楽しんで参りました!
ワイン郡が非常に面白いラインナップで呑んできましたので、また色々当ブログはかどりそうですが、南アフリカ・ローヌ・アメリカ・今回の試飲会とそれだけで一ヶ月は何も呑まなくても更新出来る状態になっちゃってさぁ大変!
おみやげに余ったワインもいただいた(ドサージュ0のカ・デル・ボスコとか。わーい!)ので、出来る限りレビュー早めにしたいけれども、同時にレアワインも多いので南アフリカにはさみつつのこうしんになるかなぁ。

さて。
最大の問題は・・・・・・
今から寝て、明日仕事前に起きれるのかどうかって事かナ!
うーん、仕事いきたくないでござる!


スパゲティもいいけど、ペンネもいいよネ

| コラム | 02:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カジュアルなSO2無添加の決定版!? ジョーダン・カメレオン・ノ-・アディド・サルファー・メルロ

うぇるかむ!
以前、南アフリカは元々が無農薬(または有機農薬?)な条件があることは書きましたが、更にそこにSO2無添加が加わるのが最近の傾向なんだそうで。
それは、大手でも同じように無添加をやってたりすることからもわかります。

IMG_20160213_102355.jpg
ジョーダン・カメレオン・ノ-・アディド・サルファー・メルロ2013
これはまさにそんな感じ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的に+♥)
ラベルのコミカルさめっちょ良いんじゃないですかネ
すごーくラフ。瓶の色も緑にしちゃうぐらいラフ。それが、いい。
IMG_20160213_102403.jpg
裏はしかしながらキッチリめです。わかりやすい英語ですネ。

造り手は以前紹介したジョーダン(南アフリカ)です
今回のバージョンは、なんと酸化防止剤無添加版。ノー・アディド・サルファーがそういう意味ネ。
カメレオンなのも、希少カメレオンの保護調査への寄付金にこのワインの一部があてられる所謂ボランティアワインであるためです。
そう聞くとボランティアって看板つけて質の悪いブドウを無添加にしちゃってるから苦味が強くて臭みが激しいイメージ、出ちゃいません?
ところが・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
ピュアい!これ正統派のキュートメルロだ!!
いわゆる自然派的なニュアンスもあるにはあるんですが、それ以上に果実の強さとメルロらしい口当たりがい~感じなんです。
刺がないメルロの正統派とすら思います。

色はクリアなレッド。紫度は多少あるかな程度。
香りにカシスやプラムといった紫の果実感、これが物凄くしぼりたてジュース的で、酸甘しっかりとあり。
あんまりカカオ感やスパイス要素はなく(わずかには存在)、フレッシュ系なスタイルなのだなぁと香りでは思わせます。
しかしながら、味わいは意外と強い果実感がパンチを効かせています。
上述した紫の果実にアセロラなどの赤果実が少しミックス。そのクセ、舌触りそのものはシルキーで水っぽくなくまたはザラツカず、まったりとしています。
そうした口当たりも相成って、果実感がジュースで終わらずにマイルドなお酒らしい要点を持っている。
あと、果実のティストそのものがかなり濃く重たく感じやすい要素なのもポイントかな。
この果実が前面にクッキリ出てるのに、飲み飽きやチープさを感じさせない仕上がりは自然派大合格って感じでしょう。
それでいて、苦味や臭みはなく、多少のタニックさも持ちつつ、果実を全面に感じさせたままフィニッシュします。
ピュアでキュートさが強いキャラクターって近年アニメでもあんまり思いつかない清純さ。
なんだろ、実は私は殆ど見てなかったりするんですが、プリキュアとかこんな感じのアニメだと聞く。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
カメレオン君の為にも買ってあげて良い値段
このワイン、そんなに流通してないっぽいのですが1700円で良質なピュアタイプメルロが楽しめる訳。
タイプ的にはオーストラリアのルーシー・マルゴーのメルロに近いように思う・・・・・・で、1700円ぐらいって安すぎないっス?
あくまでもテーブルワインなキャラクターなんですけれども、そのうえでは文句なしに「飲みやすく」「料理に合わせやすく」「気づかれせずに」「飽きずに飲める」と満点っぽい感じを本当にやってる
(こういう宣伝文句だとただ果実感が薄くて弱いだけの軟弱マンばっかりなのですよネ)
全体にハッピネスなお酒。

というわけで、ジョーダンよりカメレオンシリーズのメルロでした。
この後もいくつか南アフリカでの自然派にスポットを当てていく予定の当ブログですが、その中では自然派っぽさは遥かに低いのは今回のワインです。
が、飲みやすくてフレンドリーであるという点では、このワインはそれらよりもウケる気はしてたり。
自然派メルロにチャレンジ、という意味でもオススメの一本になってます。ぶっちゃけこのワイナリで呑んだ中でベスト

2000円アンダーの良いワインって意味では間違いなく。

最新作が「魔法使いプリキュア」・・・って、元々から肉弾戦する魔法使いみたいなのではなかったでしたっけ?

| 南アフリカ | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レストランシャルドネの帝王の上位版のまさにアメリカーン!なスタイル ソノマ・クトラー・レ・ピエール2012

うぇるかむ!
今日は某所にブリュワー・クリフトンがやってくるYA!YA!YA!ってな話だったので午前中にお会いし、そのまま7時間ぐらいワインカウンターでお金をじゃぶじゃぶ使ってまいりました。
う~、頭いたい。
というわけで、本日分の更新は超スピードで出来る感じで!

IMG_20160220_172311.jpg
ソノマ・クトラー・レ・ピエール2012
レストランシャルドネのアイツのすごいほう!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
以前同ワイナリをやりましたがその上位版です!
詳しくはこちらで。そのときもなんか私「急いでかきまーす」とか書いてて、なんというか急いでる時のクトラーみたいな感じが私の中に、ある。
IMG_20160220_172325.jpg
こちらはレ・ピエールという自社畑からの単一アイテムになっており、内容も派手な感じをうけますネ。
さて、その実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(樽ドネが嫌いでなければ+♥)
な、なんともアメリカンな・・・・・・(同ワイナリ二回目)
正直言うと、前回の低価格版のノートそのまま全部張っちゃおうかな!?って思うぐらいに似てるんですが、わずかにこっちのほうがリッチ感といいますか、よりコッテリしてる。

色は強くハッキリとした黄色、香りに非常に強くバニラ感が多く、付随してグレープフルーツの柑橘感がフルスロットルしてます。
このボリュームと別々にやってくるパワフルなバランス感覚に
「あぁ、アメリカーン!」
と思わず言ってしまう感じです。
味わいも同じく、押せ押せ系でバニラがズドーン!グレープフルーツがドーンッ!!アフターもちょっとながーい!!!
以前、低価格版の方は「フルーツ牛乳寒天」なんて書きましたが、これは「フルーツ牛乳寒天DX」なんですね。
もうとにかくパンチが効いてて、ミルク濃度とフルーツの量がアップ!!!
やっふううううーーー!!!!
そういうテンションの、同じ料理。なので、やっぱり洗練とした何かを感じさせはしないかな。
如何にもな外国人ボディでなおかつ、露出度もボーンッってな気分。低価格版と違って、ガッツリとマイクロビキニスタイル。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
そういうわけで、ソノマ・カトラーの味が好きって人ならば、是非買っていただきたい訳です。
そうでもない私には、7000円はちょっち高いと判断しちゃいますネ(♥♥でもいいかなとか思った)
もうとにかくパワフルなシャルドネが呑みたいデース!というならば、迷わずオススメできます。
典型的とでも言いたくなるぐらいのカリシャルっぷりとパンチ力が求められていない昨今では、敢えて教材的に使うのもありかも?
IMG_20160220_172335.jpg

というわけで、ソノマ・クトラーの上位版レ・ピエール2012でした。
なんと、この上に更にリザーヴ版が存在するらしいんですが、それは果たしてどれだけ濃いのでしょうネ・・・・・・
気になるっちゃーなるし、ならないっちゃーならない(!?)
何となくこのシリーズ、濃厚なシャルドネっていう雰囲気なので、それこそパワフルでアメリカーン!な料理と合わせないといけない節を感じます。

値段がちょいキツいデース

アメリカ系じゃなかったらなんなのだぜ感

| アメリカ | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アのシュヴァル・ブラン!と宣伝されるワイナリの実際すごいフランワインな件について。 ラーツ・レッド・ジャスパー

うぇるかむ!
南アフリカは低価格もすごいのですが、やはり旨味が激しく入手困難なのは5000円近いライン。
そのなかでもちょっと目をひいたのがコレ。


ラーツ・レッドジャスパー
南アのなんとフラン主体ワインであります!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルからはどこかカジュアルなイタリアチックさを感じるかもしれませんね。

裏はしっかり詳しく書いてる系ですネ。
そして・・・・・・

出た!マスダの解説!!
という訳で私の説明必要あるのかどうか疑わしいんですけれども、カベルネフランの名手なんだそうな。
または、シュナン・ブランの名手。
『デキャンタ』『ワインスペクテイター』『ワインアドヴォケート』『ニューヨークタイムズ』と世界のジャーナルの大体で90点以上とっており、ついでにジャンシスも絶叫してるんだとか。
割りとこれら全部が好評!って珍しいし結構ガチな事多いんですよネ。
ついでに、フラッグシップは2万円以上する・・・・・・流石に私でも試せぬ^^;(めっちゃ呑みたいけど)
造り手であるブルーワー・ラーツ氏が現在運営しており、彼が醸造かつ社長という意外と珍しい小規模生産者となっています。
今回の品は彼の父親かつ先代(この年数で先代も何も・・・って気もしますが)のジャスパー氏にちなんで、レッド・ジャスパーという名前。
このワイナリ、基本的にはシュナンブランとフランが主力で単一っぽいのですが、このジャスパーに関してはメルロやプティやマルベックが入り(一体どこから手に入れてきてるのかしら?)所謂ボルドーブレンドの形をとっています。
南アフリカの中ではカベルネ・フランのトップ格らしいのですが果たしてその実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
なんて上品な!!!
驚くべき上品さであります。これぞ貴族の味!

色はかなり強い赤紫。透けないカラーリングで赤っぽさが多め。
香りにかなりフランらしい葉の印象が大きく、ハーヴっぽい青さがとても高くあります。
カシス要素もあれど、チョコやキノコなども含まれる辺りは南アフリカっぽいかも?
全体にハーブにしても果実にしても醸造からくるそれらしさにしても明瞭。
味わいもベースはフランらしい強い青さガ前面に出ていますが、同時にとっても飲みくちがマイルドなんですネ。
開けたてとか飲み始めは特に草っぽさが如実でケモノっぽさも多くあるんですけれども、その段階でも明るいキャラクターであることは感じさせてくれるでしょう。
これが時間が経つとしっかりと青さとミルキーさが両立してくる!
甘味酸味もどちらも質感が良く、果物要素や整い、そしてアフターのハーブ感が前回になってくるとフランの美味しいワインの特徴であろう
「青さとマイルドさの両立と、そこから来る極上の気品」
が体感されうるんですよネ。
オレンジのタッチも見える辺りが、どこかイタリア版フランっぽいかな。
非常に整いが良く、アフターの爽快さとミルキーさをもった心地よさが長いのも特徴。
なめらかさを何度か書いていますが、ミッシェル・ロランワイン系のマイルド要素を持ちつつもフランの強みが活きているって感じかな。
フランを非常に活かした仕上がりで、シュヴァル・ブランだなんて異名も納得の出来栄え。
ただし、開けたては土臭さが多いので本当に注意。
まさに貴族、まさに高貴なる存在。存在が尊くて眩しい類。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
私は5000円でお目にかかっていいのだろうか?
この価格帯で高級なフランの品性をふんだんに感じられるというのは、南アフリカ価格としかいいようがございますまい。逆にこれで調子にのって他のフラン主体買っちゃうと結構ガッカリするんじゃないかしら青臭すぎて。
プレゼントとしてはちょっとパッとしないふしがありますけれど、食事への対応力が高そうな具合や、品性のよさは一級品すぎるので会食で使ってあげてほしいタイプ。
ガストロノミーで出てきても完璧にイけてるタイプの凄まじさ。

というわけで、ラーツ・レッドジャスパーでした。
まさしくエレガントなフラン。これまたすごいワイナリがあるなぁ、と言いますか私南アフリカ好きでよかったなぁというようなワインでありました。

ドゥエマーニ辺りのフランの感覚がここにはあると思う

一部ではおかあちゃまとまで言われるロリ貴族

| 南アフリカ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

老舗はやっぱりタージュが強い・・・?クライン・ザルゼ ヴィンヤードセレクション・カベルネとセラー・セレクション・ピノタージュ

うぇるかむ!
実は私、南アフリカワインを押せ押せなのに、事ピノタージュとなると不要論まで考えられれるなぁなんて思ってたりします。
というのも、タージュの元々の存在意義って「環境的に耐性のあるブドウ作りのため」だったからで、技術革新が入った今、果たして有意義に育ち続ける品種かはちょっと怪しい気がするんですネ(これはイタリア地品種と違う、どちらかというとベリーaに近い)。
という前置きをしておいて!今日は!メインが!タージュ!!


カベルネと

ピノ・タージュ
老舗系のワイナリより。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
Zのマークがちょっとカッコイイこのワイナリ。
なお色味の基本である「黒の方が高いシリーズ」に忠実で、黒のカベルネ方がタージュよりも上位ラインナップ。

ザルゼは南アフリカにおける古参側・・・それも超古参で、1685年(植樹が1655年)という南アフリカにおいて1695年にステレンボッシュ市の税金徴収書類に登場してたというワイナリ。
とはいえ、先に記事にしたことがありますがアパルトヘイトがあったりで農園系はそんなに頭角を表すことがなく月日がすぎちゃったのが南アフリカ。
1996年にバッソン夫妻という一族がワイナリをまるごと購入してからが本番。
クリスリングランド兄貴から修行を受けたという南アフリカ出身の醸造家アラスター・リンマー君を醸造家に添えて、ガツガツとコンクール参加しています。
また、自社レストランおよびホテルを立ち上げて現地の観光の拠点としても知られているそうな。すごーくアメリカンな感じの展開の仕方だなぁ・・・・・・
さて。今回はその中でも低価格のタージュと中域レンジのカベルネ。
そうなると、まぁ基本的にはカベルネの方が良さそうに思う・・・でしょ?

香り・味わい(最大10pt)
カベルネ;♥♥♥♥♥♥
ピノ・タージュ;♥♥♥♥♥♥♥
タージュの方が良い。
びっくりしたことに、私をして、タージュの方が面白いし美味しいっです。
タージュって微妙な品種だよネ、な私をして!

ヴィンヤード・カベルネ
20160218004544dc4.jpg
ラベルはシンプルに。
色は赤紫系で、そこそこ強めのカラーリング。
香りに少しケモノ感が多めでかつ、カシスなどのタッチ。あまりミルキーなところがなく、なんとなーく皆さんが思ってるだろう南アフリカらしい印象かな。
味わいも同様に、シガー系のいぶし銀なキャラクターをしています。
毛皮っぽさや葉巻っぽい香りが口の中でも割りと大きくあって、そこにフルーツソースがのっかります。
ちょっとこの果実とソレ以外の要素がチグハグめかな。余韻もその割に短め。
全体にシックな感じの(チリ寄りとも言える?)カベルネとなっており、可不可なく仕上がっているなぁというところ。
ワイルドすぎず、しかし落ち着きすぎてもないダンディなおじさん系ワイン。

そんな訳でイメージこんな感じ。渋すぎない頃のコロンボ。

ピノタージュ
2016021800462742b.jpg
こっちもラベル自体はシンプルね。

色は濃い目のクリムゾンレッド。
香りに肉々しさが大きく、スパイスとベーコン、それに赤い果実各種がしっかりとかんじられます。
この構造がなんといいますか、わかる人には「塩っぽさ控えめのエトナ」とかでもしかすると通じるかしら?
赤果実要素そのものはなるほどピノ系なんですが、そこに干し肉っぽさが全力で叩きこまれてお肉に果物系ソースって具合なんですよ。肉主体。
味わいもタフで酸味と濃厚なボディ感が両立されています。
赤果実の濃厚さ、スパイスのぶっこんでる感じと多少のバレンシアオレンジがほのかに香るんですね。
タージュにありがちなどこか渋いだけ、チョコっぽい雰囲気だけで曖昧でそこから旨味につながらない・・・・・・というイメージよりはずっと赤果実は生き生きしています。
味のメリハリが良く、余韻にはチョコっぽさも付随してそこそこのフィニッシュを演出。臭みもなく、雑味なくそうしたステーキショップみたいな展開が面白い!

ドカッとステーキと食べたい訳ですよコレ。キャラクターが出てくるというよりは「あ、ステーキと一緒に呑みたい」が先行しておりました私も。

コストパフォーマンス(最大5pt)
ヴィンヤードカベルネ:♥♥♥
セラーピノタージュ:♥♥♥♥♥
ほんと、タージュ大勝利なのは私も予想外ですから
ヴィンヤードカベルネは2300円前後。セラータージュは2000円アンダーという価格になっています。
で、その上ではカベルネの方は南アフリカの平均値。南アフリカらしいっちゃーらしいのですが、他で代用が効きますしもっと安いのや面白いのが正直あるよね?という具合。
逆にピノタージュの方が味わいとしてもずっと面白く、値段も所謂デイリード直球ですませられるので、この味が気に入ればケースもOKなんじゃないでしょうか?
ガツガツ食べて呑むデイリーテーブル。南アフリカは日本人が観光で行ける、ワイナリ周辺の環境保護区に関してはとかく綺麗でレストランもかなり力入ってるそうなんで、そういう土地を思いながらガツガツ味わって欲しいッス。
結局、ガツガツ系ではあるんですけどネ。

というわけで、クレイン・ザルゼより2本のワインを紹介しましたん。
老舗の畑で恐らくしばらくは政府に卸してた結果、樹齢も比較的古めのピノタージュとかがあるのかな?
タージュの方がカベルネより出来が良いステレンボッシュというのは本当に予想外だったので、余計に私びっくりしてるのもあるのですが、是非お試しあれ。

Zマークは黒のがカッコイイんですけどネ


渋めだけど軽さもあるドラマ感
Gungrave(2)

Gungrave(2)
価格:5,638円(税込、送料込)

| 南アフリカ | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこかキャンティチック?ネイピアワイナリー・ライオンクリークを改めて。

うぇるかむ!
昨日は色々と改めて勉強しなおしたりソシャゲのイベント終了間際だったりするのであんまり時間がとれないず、寝落ちちゃってました。ちょっと簡易気味お昼更新ー。

20160216222436bd8.jpg
ネイピア・ワイナリー・ライオンクリーク・カベルネ2013
実に当ブログでは1年半ぶりに。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
実はこのワイナリ、当ブログが南アフリカを重点するキッカケの一つだったりします
2014年の9月。この時にネイピアやブーケンハーツクルーフ様を体験してなかったら、こんなに当ブログ南アフリカ呑んでないです。
20160216222444369.jpg
アブレヴさんが今も仕入れています。

いろいろについては、上述リンクで割愛。
年号はもちろん変わっていますがネ。さて、どうしたものかというと・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
前以上にキャンティっぽさあがったかな?
南アフリカワインをそこそこ前よりは呑んだ今、改めてこのワイナリを見てみるとこのワイナリのワインの酸味は「このワイナリの個性」なのだという印象が強くなりました。
南アフリカの特にステレンボッシュのカベルネってケモノ感とかコーヒーっぽいビターさが主体であることが多いし、それが土地柄ないし個性で美味しいと思うから私は積極的に推奨してますけど、実はこれウェリントン産で、それにしたってステレンボッシュ系とは違いが如実。
改めて、このワインが近いのはカベルネよりもサンジョベーゼなんじゃないかと。

色はクリアな赤紫。色としては濃すぎず弱すぎずです。
香りにカシス要素が多く、多少土っぽいのもなるほどカベルネ系っぽいのですが、同時に少し赤みのある小さな果実感があります。
アセロラみたいな?なんて少しハッキリしないタッチ。
味わいも比較的フレッシュな果実感が主体で、大きな主張はありません。
酸の感覚がポイント高いですネ、チェリーとレモン主体のこのタッチがハッキリしていて、全体に効いています。
バニラっぽさなどはかなり少なくて、華奢めですが明るいアフターなどがとってもキャンティ。
青さのほんのりのっかる部分も、カベルネの感覚よりもサンジョベーゼっぽさの方が強く出ている。
そういう、ちょっと特殊なスタイルといいましょうか。デイリー向けのライトな一品に仕上がっています。
まさに気兼ねない友人キャラクター。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(イタリア系好きなら+♥)
そしてデイリーらしいお買い得さ!
これが1500円程度、というのは相変わらずでかつ嬉しいポイントそのままです。
昔の印象とそうは変わらず、このワイナリの個性が好きな人は楽しめるタッチになっています。
あくまでもデイリーラインであり、ケース買いしての自宅呑みやレストランのグラスワイン向けとなっており、その意味では非常に良質。
なぜって、簡単に料理に合わせるのに欲しい酸味やライトさが備わっているんですよねコレ。

という訳で、ネイピアよりライオンクリークでした。今回で二回目ですが、やっぱりセンスは良いなぁココ。
改めてレッド・メダリオンの方も手に入れちゃおうかしら・・・・・・

箱でドカッと買うのもアリ?


幼なじみと書くとBLっぽいのが出るこの世の中

オタクと幼なじみ。 [ 渦井 ]
価格:734円(税込、送料込)


| 南アフリカ | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダウングレードすると、あの絶品ワインはどうなるのか? グレネリー・グラスセレクション・カベルネ2012

うぇるかむ!
南アフリカのワインでガツガツ更新してる当ブログ。先日も試飲会で聞いたことを書き殴ってみましたが、今日はもうこんな時間なのもあって、それとは関係ないワインでひとつ(その会ではしっかり1からまとめる必要のあるワインが多かったので)

20160215221720e36.jpg
グレネリー・グラスコレクション・カベルネ2012
当ブログだとワイナリはおなじみでしょうか?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
当ブログでは、グレネリー・グランヴァンに対して卓越したデイリーワインとして評価してきています。
端的に言うと今回のワインは同グレネリーの低価格のシリーズです。
ラベルの雰囲気だけだったら、もしかして「サイと少女」という謎すぎるラベルよりもこっちのが高級に感じられるかしら?
201602152222150cb.jpg
マダムの文字と
20160215222236478.jpg
相変わらずキレのいいマスダの紹介文!

グレネリーでは、このグラスコレクションと言われるもので幾つかワインを作っており、それらは「100%モノ」となっています。
(上述リンクのグランヴァンはカベルネとシラーを混ぜたエルミタぜスタイルです)
なので、私としてはグレネリーの特徴を個別に探求する上でも呑みたかった一品でした。
さて、その出来栄えといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
なるほど、グランヴァンのブレンドセンスは正しかったのか・・・
悪くないものの、良すぎるってこともないぐらいの割りとビミョーな立ち位置のワインでありました。
ダウングレードの結果、ちゃんとダウングレードしちゃってます。結構、グランヴァンとは差がありますし、グランヴァンの側の個性にシラーが(特に特徴的に美味しいケモノ要素に)大きく関わっていた事がわかったのでした。
やっぱり、カベルネとシラーのブレンドって美味しいよネ?

色は赤紫で、判別がちょっとむずかしいですが、どちらかというと赤さが多めかな。
香りに土臭さはそこそこに、カシスの印象は強め。ただ、青さはあまりありません。
全体に香りからしてシンプル。グランヴァンの方にあったケモノっぽさは無理やり感じられなくもないかな?という程度にどこか湿った土とワイン専門家が書いたりするような要素は感じます。
結構いぶし銀な香り。
味わいも同様で、華やかでなく、また青さや甘さが控えめの硬派カベルネです。
カシスを主体とした紫果実の要素が大きくあって、甘味渋み苦味のどれもがそうした果実感がまずベースにあります。
多少のタバコなどのスモーキーさとスパイス感はあり。
コーヒー感を出しつつ、後腐れなく中庸めな長さでフィニッシュ。バニラ感などはありませんが、果実度はしっかりと感じさせてくれてあっさりとコッテリの中間をいく具合はなかなか。
しかしながら、複雑さといえばすっぽりと「シラーとかを混ぜていた部分が抜けてしまった」といったところで、それが単純に物足りなさになっているんですよネ。
や、これはグランヴァン側を呑んだうえであり、その個性が苦手な場合は逆にこっちの方が良い可能性もあるのですが・・・・・・
そうしたわけで、私にはどーしても「単純にマイナスになっている」気がするんですよネ。
これはむしろ、グランヴァンを飲んでいない人の方が公正な評価が出せる気がしているぐらいです。
ケモノ感が結構下がっていて、厚みが減った結果、飲みやすさはあがったものの個性が目減りしている
曖昧、といえなくもない。悪くないのだけれども、優れた部分がも少し欲しい。
アニメとかゲームとかの場合、結構致命的なんですよね。そのキャラクターたる部分が減少している訳ですから。
ケモミミキャラの猫みたいな耳が無くなったら、同じ中身でも魅力かなり減少ですよね?そういうタッチ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(このワイナリであることを考えなければ+♥?)
買える人は出来ればグランヴァン版を買って欲しい

グランヴァン版の個性がよっぽど嫌いでもなければ、グランヴァン側を買ってください。
値段もこっちの方が俄然安いのですが、しかしながら味わいの差に関しては単純に「物足りない」と思ってしまいます。
そういう比較をしなければ、充分秀逸なのですが・・・・・・別の南アフリカワインでも代用が利く範囲なんですよネ。
あくまでもデイリーワインの仕上がりであり、その意味ではケース買い向けなカベルネだろうと思います。
1500円前後という価格帯の中では、やはり一歩本格さにおいては抜きに出てはいるかなぁ。
外したくないタイミングでは、有益なデイリーワインとなることは間違いがないですし、1500円程度としては充分な実力者。

というわけで、グレネリー・グラス・コレクションよりカベルネでした。
評価に悩まされたワインで、これ同価格帯では充分にお買い得なんだけど「他の南アフリカワイン」や「同じワイナリの品物」に比べると劣るというか他でもいいかなぁという立ち位置なんですネ。
すっごーく惜しい部分があると言いますか、ちょっとした抜けが大きくイメージを変えているというか。
すっぴんになったら、化粧してる時より地味になりすぎた感じというのが喩えとして近いかな(アニメ的にわかりづらいんですけど)

価格帯としてはお買い得な部類


出来ればこっち買ってほしいかな

| 南アフリカ | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラフィネの南アフリカ堪能してきましたん・・・

うぇるかむ!
今日は私にとってはバレンタインっていうよりも・・・


南アフリカ試飲の日!
ということで、南アフリカワインをまーたたっぷりやりました。
しかも、今回自然派というくくりで、日本に入ってきたあれこれを13種類いただきましたん。
色々お話も聞いてきたので、サクッとまとめましょう。

南アフリカのワイン作りの起源は1659年までさかのぼれるらしいのだけれど、やっぱりアパルトヘイトの時には国営で安くブドウが叩き買いされてたそうな・・・
と、いう中でもいくつかのワイナリは生かされててその為に古いワイナリというのも存在はするそう。
なので近年までクオリティアップがはかられなかったものの、南アフリカは独自の文化をきづきます。
その最たるものが、実は環境保護。
南アフリカのワイナリの95%が環境保護区内で作られており、その保護のあり方を守らなければならないので、必然的に別にしたくなくってもブドウはオーガニックに仕上がってしまうんですって!
なので、有機なのは前提なんだそうな。
ただ、そうした制度のなかにワイナリをやるなら自然環境保護地を数%保有しなくてはならない・・・つまり、土地代は意外なほど高くつくそうで、故に醸造所だけ持っているバーチャル・ワイナリが非常に多いのだとか。トップクラス扱いのワイナリでも大体買い付けなのはそういうことで、この感覚はアメリカに近いかも。
(とはいえ、そうしたグロワーがまだ目立っていませんが)
自社畑はかなり難しく、初期投資に関しては他国ばりに難しい模様。フランス資本の人達は相当お金もってるってことですね(そして起動に乗るとフランス本国より安いと)。
または、バーチャルワイナリを始めてる人達が今の南アフリカワインブームの火をつけているのも事実で、その作り手も30~40代後半の人が多いそうで。
しかも、ブームに敏感。最近はサンソーとピノがブームで、逆に濃いスタイルになりやすいカベルネやタージュは控えめ(でもシラーやグルナッシュなどの南仏は強いよ)
こういう潮流はコーヒーの現状にも近いんだそうで(サードウェーヴ的な奴ネ)
・・・とまぁ、歴史や土地のよさについて聴いてきましたが、ようするにワイナリ毎に結構好き勝手作ってそもそも前提として自然寄りのブドウだから旨い。こういう図式、真の神に恵まれた土地であることと作り手のアグレッシブで若い野心が南アフリカの面白さでもあろうという話でした。
だから、今のナチュラルブームに完全にのっかれてるワイナリが多いと。

あと、ちょこっと面白い話を書くと

・今の南アフリカ入手困難やブームは、口コミやイギリスでの10年以上前の情勢を知っている人達での争奪戦になっているそうな。田辺おばさんが流行らせたからではなく、旨いから必然流行ったと。意外とラベル買いなどの突発的なものよりもそういう口コミと囲い購入が多い模様。
・田辺おばさんのやってた南アフリカ検定はステレンボッシュばっかりの内容で、例えばスワートランドとかは全然触れておらず、今のビックウェーブには全然さっぱり1ミリ残念な程も乗れてないらしい。流石。
・蝋キャップのワイナリがたまにあるけど、あれって若い生産者のブームなんだそうな。なんと、手で蝋にジャブジャブつけているだけで、醸造的意味とかないんですって。スクリューつける方が機械的場所的コストがかかるからで、この辺り二極化してるみたい。だから南アフリカで蝋を見たら十中八九手でつけてるから厚みとかランダム。どうりでエレメンタル・ボブ買ったらワインによって全然取り外す苦労が違う訳だよ!
・ブル系だと思ってた生産者が唐突にグルナッシュとか作ったりするのは・・・なんと、ブドウが買えちゃったから作っちゃったテヘペロぐらいのラフさらしい。どんだけラフなんだ。逆にいうと良いブドウが買えないと同じワインは作れないという。
・個人的に、これ、恐らく数年後には買われてるブドウのグロワー達によるヴィンヤードワインができてくると思う(アメリカのピゾーニとかストルプマンみたいなネ)
・近年になってようやくスキンコンタクトが認められた技法になったらしいけど、これは生産者による活動の結果なのだそうで、こういう辺りはオーストラリアにも近い。

大体こんな感じかな。
あとは各々ワインガッツリ試飲してきましたのでまたしばらく更新ストックたっぷりであります!

こんな感じで、

エビスビール記念館で呑みながら更新してみましたん。ジョエルロブション版の樽生やて。
この記念館結構いいネ。こういうのをワインでもみたい感じある。都心で。

| コラム | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュイ・サン・ジョルジュ最高の造り手による・・・パストゥ・グラン?お買い得でガメイ感の良い旨安。 ロベール・シュヴィヨン・パストゥグラン2013

うぇるかむ!
えー、実は泡特殊終えたばかりで、今度はスティル・ワインでも南アフリカ特集を「やらなければならない」ほど南アフリカばっかり呑んでる私ですドーモ。
さておき、そんな訳で南アフリカばっかりまーた更新することになりそうなのでその前にこんなのもやっておきたいなぁと。

20160212163416697.jpg
ロベール・シュヴィヨン・パストゥグラン2013
ニュイ・サン・ジョルジュ代表者によるガメイ主体ワインです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(生産者的にはもっと上)
当ブログでも絶賛したことがあるシュヴィヨン
ブルゴーニュのスター選手といって間違いがないでしょう。(その中でもかなりつおいと思います)
20160212163432cad.jpg
裏ラベルがインポーターオンリーだったので、年号表記をペタリ。

上のリンクのニュイ・サン・ジョルジュトップクラスの畑が彼らの最高傑作な訳ですが、こちらは逆で彼らの中で最も下層ラインといえるパストゥ・グラン。
それでも実力は出しきれるでしょうか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
整ったガメイワイン
非常にサクッと仕上げてある印象で、特筆してスゴみを感じはしないものの、しっかりとした味わいのベースは感じさせる一品。

色はクリアなレッド。若さ満々です。
香りにかなり強くバニラ感が最初あったのですが、結構早く抜けてフレッシュなチェリー感が前面に出ます。
この辺りの移り変わり方もかなり若いと感じさせるもので、半年後ぐらいまでは落ち着かなさそうですネ。
味わい自体はライトめなタッチでスキッリ系。
チェリーを主体に、果実感と酸味がほどほどにありミネラル感もギュッとしている。濃厚さとかは全体にさほど感じさせこそしません。
また、ガメイチックな青っぽい苦味が少しあって、このあたりも品種特徴を捉えていると言えなくもないかな。
総じて程々。分相応。
味わいにそれなりのタッチは醸し出しつつ、パストゥ・グランの印象からははみ出さない正当な造りとなっています。
これが意外と難しいモノで、弱々しすぎたり雑味を感じたりすることも多いブルゴーニュ下層の中ではしっかりと作られた印象があるのです。
優等生キャラですね。堅実なキャラクターをこのラインから感じるのはなかなか。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(ブルゴーニュ的には+♥)
3000円出すとお釣りがくる、という価格は絶妙なところで、他国ピノだと結構このぐらいからいいのが出てきちゃう。
とはいえ、ブルゴーニュの人気ドメーヌの末端であるとするならば、まぁこれぐらいならなかなかかなとも。
このワイナリの実力を図る、には流石に物足りない・・・・・・とも言えますし、パストゥ・グランでこれだけ作ってる堅実さを評価すべきとも思うし。
お試しに買ってみる分にはいいのかなーと思います。プレゼントには今ひとつ。ブラインドでパストゥ・グランとまで当てる人は相当のマニアなので試練として出してみると相手の力量と結果を見た時の反応で人間的器量が測れちゃう(喧嘩率高いけどネ!)。

というわけで、ロベール・シュヴィヨン・パストゥグラン2013でした。
やっぱりこのドメーヌ、価格とレベルがギリギリ手が届く良品生産者という感じでイイですネ。
日本での人気はこの堅実さだろうと思います。またグラン・クリュ呑みたいなぁ・・・・・・

お求めやすさは高い。

超堅実なロトの頃のドラクエ感。

| フランス | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チョコレートと泡をちょっと試してみた~そろそろバレンタイン本番だし~

うぇるかむ!
昨日で泡特集ひとまず終わり!とか言っといてアレですが、見事に忘れてたのでいっけなーい遅刻遅刻~ってな気分で更新してます。

20160212163240ea1.jpg
モンマルサルというカバです。
某店の数少ない泡ラインナップのひとつで、某店だとしょっちゅう出てくるワイン。
20160212163250168.jpg
内容に関しては可不可なく、どちらかというと味わいの全体のボリュームが弱めでドライ、か細いモノで、値段としてもまぁ妥当程度の感じ。オール普通なカバ。
これだけだと更新するにはちょっと物足りない内容の品なんですけど、ちょっと興味が湧いたのは
201602121633011eb.jpg
この日はチョコレートもカウンターで売っていたから。
しかも辻口博啓プロデュースの抹茶チョコ!
(どうやらバレンタインイベントで、「獺祭とのコラボ」をこのデパートで先日までやっており、その余りがワインカウンターに横流しされた模様。一粒100円。安い!)
チョコの味わいは外側はしっかりと固めてありつつ、中の抹茶ペーストはふんわりとした食感で、噛みこむと歯ごたえとムース感を味わえるし舐めるとだんだんと抹茶が広がるという楽しみ方がそれなりに出来る秀逸なモノ。
で、せっかく「チョコとカバ」という食べ合わせが出来るのだからとやってみたワケです。
もしかして、見事な食べ合わせになるのでは・・・・・・ふーむふむ。

ただでさえドライな泡がもっとドライになったゼ!

ターンエンド。
見事にエクストラ・ブリュットな泡が果実要素と甘味が更に失せて炭酸水と化してしまったのでした。
この組み合わせにおいても、チョコレートの優秀さや甘さにはちゃんとボリュームある泡を選ばないと「大変なことになる」んですな・・・・・・
というのを身をもって体験した私でした(多分ヴァルポリチェッラとかあったら面白かったんだろうけど、カバの他はソーヴィニヨン・ブランとかキャンティ・クラシコしかなかったのです)

チョコレートシーズンで、食べ合わせも色々提案されてる今日このごろとは思いますが
「無理にワインとチョコやらなくてもいいのよ」
と思っちゃったりしたのでした。

値段程度の味。
モンマルサル・カバ・ブリュット

モンマルサル・カバ・ブリュット
価格:1,490円(税込、送料別)


テレビ電波に慣れまくってる人。プロデュース品は私結構好きです。
スーパーパティシエ辻口博啓 [ 輔老心 ]

スーパーパティシエ辻口博啓 [ 輔老心 ]
価格:626円(税込、送料込)

| コラム | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさしくドンペリスタイル!オバマ大統領とかも呑んでるらしい珠玉の泡はガッツリ!!グラハム・ベック・ワインズよりブランド・ブラン2010、ロゼ、キュベ・クライブ

うぇるかむ!
しばらく連続してスパークリングでの更新をやってきましたが、ここらでひとまず一息かな。
というわけで、非常に破壊力があるワインを最後に。

20160211213158563.jpg
グラハムベックより3本。左から
グラハム・ベック・ロゼNV
グラハム・ベック・キュベ・クライブ
グラハムベック・ブリュット・ブランド・ブラン
の三本でお送りいたしま~す(突然の日曜日の夕方っぽさ)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ちょっとギリギリですが、4つにしておきます。ラベルが比較的ロデレールとかに似てる気がしないでもないですネ。ブリュットはドンペリ感満載ですし・・・・・・
なお、ドンペリっぽいブリュットより値段が高いのはクライブ君です。
20160211213208e06.jpg
裏はベタッとモトックス。正直こういう元ラベルへの上貼りはやめてほしいっすモトックス!

造り手、グラハムベック・ワインズの設立は1991年(それより前に畑は購入してた模様)
当主であるピーター・フェレイラ氏はマムやモエちゃんなどのシャンパーニュメゾンで修行して南アフリカでこのワイナリを立ち上げます。
「血が泡でできている」なる二つ名をもつフランスの技術を持ち込んだ南アフリカの泡界隈では著名人(らしい)。
シャンパーニュ造りなのはもちろんなのですが、大きな特徴として南アフリカでは結構珍しい「自社畑オンリー」です。意外と有名なワイン程買い付けだったりする南アフリカではそこそこ珍し目だったり。
で、このワイナリを彩るのは南アフリカを代表する英雄マンデラ大統領とバラク・オバマ大統領の二人がまず出てきます。
マンデラ大統領が就任式典で呑んだと言われてるのがグラハムベックのNv版ブラン。
で、その逸話を元に「バラク・オバマ候補」として選抜されたさいに、アフリカ系黒人のオバマ候補向けにレストラン側が用意したんだそうな。
(今、トランプがどうだヒラリーがどうだってやっているアレね)
「ワォ!これめっちゃいいやん!!Yes, we can!!」
気に入ったオバマ候補、その後グングン勝ち進み、オバマ民主党代表になります。その後は知っての通り大統領になるわけです。
そして大統領就任式典の前に6本、このブランを買ってお祝いした・・・・・・のだとか。
このいわゆる「オバマワイン」として知られているのは実は今回のワインよりも安い方だったりするんですが、さておき、まぁそんな感じで南アフリカの泡としては結構米国を中心に知られていたり。
または、今回のキュベ・クライブは007シリーズの小説の南アフリカ編にも出てきており、「ボンドワイン」でもある事からイギリスでも有名で・・・・・・って、まぁ、いつもどおり日本で知られてなさすぎ状態。

さて。今回のワインは3つ。
ロゼはピノ・ノワール 54%・シャルドネ 46%という意外とシャルドネ比率の多いブレンディング。
ブランは言わずもがな100%シャルドネ。
キュベクライブはシャルドネ 81%・ピノ・ノワール 19%。実はこれだけコルクが天然とかいう微妙な豪華さ。
さて、そんなワケで著名人が好んでいると噂のワイナリ、その実力やいかに?

香り・味わい(最大10pt)
ロゼ:♥♥♥♥♥♥♥
ブラン:♥♥♥♥♥♥♥♥
キュベ・クライブ:♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
ドン・ペリニヨン系のリッチ濃ゆさ!
どっしりとして、パワフルなスタイルのワイン達でした。かなーりしっかりとしつつ、また強力な造りになっています。
全体に南アフリカの中でもものすごーくチョコっぽいタッチ(瓶内二次の効果?)を感じさせ、その辺りに強さをとにかく感じさせるものに。
その点では、クライブは流石にフラッグシップだけに随一かな。

ロゼ
201602112131174bd.jpg
これだけNV版を選んじゃったのもあってか、他と比べると一段落ちる感じなんですが、まぁしょうがない。
色はサーモンピンク系で少し明るめの色合い。泡は結構強め。
香りにチェリーっぽさが比較的多めにあって、感覚としてはフレッシュなタイプ。
とはいえ、チョコ要素も温度があがるとハッキリしてきます。
味わいはやはりチェリー、というかなんか紫系の小さなブルーベリーっぽさなども少し入ってくる濃厚なタイプ。
そこにチョコがコーティングされるって感じかな。
それら要素がガッツリとしており、パワフルでありシンプル。
また、ちょっとチョコっぽさと果実要素が隔離している気がするなぁとは思ったり。
なんというか「果実を溶かしたチョコにつけてフォンデュじゃあああああ」みたいな豪快なスタイルと言いますか。
そういう意味で、ある種パワフルでありちょっとバランスは悪いかも。
とはいえ、感じさせる味わいのベースはクッキリとしていて、ガッッツがある心意気やよし。
先輩と私 (徳間文庫) (文庫) / 森奈津子/著

先輩と私 (徳間文庫) (文庫) / 森奈津子/著
価格:700円(税込、送料別)


ちょっとバランスが悪い体型のキャラ(でも美人っちゃー美人)を地で行ってるキュート系。
それが良いのだっていうのが最近の二次元界隈だったりするけど、まぁそこはおこのみで。

ブランドブラン2010
201602112131429ce.jpg
ドン・ペリニヨンっぽいラベル同様にそんな感じの味がする。
色はそこそこの黄色みで、泡は強め。
結構ガッツリと見える泡です。
香りにフレッシュで溌溂としたグレープフルーツのソース感。なかなかの濃密な香りで、それからグッとチョコっぽさは立ち上ります。
どちらかというと果実感は強いかも。
シャルドネオンリーであることがわかりやすいのが味わいで、ラストが結構ビールっぽい苦味とグレープフルーツのドライさで抑えてあるのがグッド。
そもそも最初からして果実感が豪華であり、泡の質感もハッキリ強く弾けます。
キャラメルやナッツなどのミルキーめのお菓子っぽさが飛び出す中間からのアフターの苦味が実にテンポが良い。
甘味に少し緩さを感じるところがありますが、この本格さと贅沢さはガチ・オブ・ガチ。
多少荒々しさや青さを感じる部分までがアクセントとして活きているように思います。
贅沢さがとても良く、豊満なクオリティ。

我様系女子。そこそこにラフでドレッシーではない感じが、まさにこのフィギュアぴったんこ。

キュベ・クライヴ
201602112131271cd.jpg
地味に2009年という数字が表にはなく(裏にはあるんだけど)英語で書いてあるという謎演出がちょいカッチョイイ。
このワイン、今回向けにひとことで言うと「ブランの更に強化されビターさが上がった」感じ。
色はゴールドと言って間違いがなく、泡の達も綺麗かつ強くできています。
色の豪華さといいますか「うわー!良いワイン確定だわ!!」という印象はとにかく素晴らしい。
香りにあったかいトースト、柑橘と杏という大柄な果実感、それからちょっと時間をおいてチョコ。
非常にリッチな香りで、ボリュームがある仕上がりとなっています。
上記ブランと比べると更に派手。
味わいも同様にゴージャス。
果実の要素は香り同様、またそこにガッツリとビターチョコタッチがドーンと効いてきます。
香りに比べると舌にのせた時に思いの外ドライなのは驚くかもしれません。
もっと甘さがあろうかとおもいきや、チョコのビターさと果実の酸が全体に迫力を持ち続ける辺りはフランチャコルタや米国泡の良品のバランス感覚な気もしますネ。
アフターにちょっと苦味が残りがちなのが、これを最高点とまではしない要因かな。個人的にはいらない要素。
いずれにしても、全体においてバツグンにドンッ!と構えてくるパワフルな泡。
若いヴィンテージのドン・ペリニヨンには一番近い他国の泡で今のところあるかも。

まさに我様!(ただし油断するゾ!)

各ワイン、総じてシャンパーニュならドンペリとか寄りであり、相対的モデルとしてはフランチャコルタの方が類似があるかもしれません。
要するに私好みであります!

コストパフォーマンス(最大5pt)
ロゼ、クライヴ:♥♥♥♥(個人的には+♥)
ブラン:♥♥♥♥♥
この贅沢を5000円アンダーであるぞッ!
南アフリカワイン最大の良点は味もそうなんですが、やはり価格。
ロゼ2000円前後、ブラン2500円前後、クライヴ5000円程度・・・・・・なにこれ、正気?
値段まで考えると、秀逸なのはブラン2010であまりのクオリティの高さに衝撃を受ける人が多いことは間違いないでしょう。
ロゼを最高にしない最大の理由が、ブラン2010が2500円だからです。普通に単品だけで記事にしてたら満点ッス。
クライヴはグッと値上がりますが、更にリッチさに満足したいならばそれでも買いのワインになっています。
プレゼントやワイン会にはここ最近更新の泡各種の中では一番向いていて、オバマ関連話などが話せればそこそこに盛り上がるでしょう。役職があがった人とかへの贈り物には最適。
全体にパワフル系なので、ウェルカムドリンクよりはプリモピアットぐらいから注いでもいいんじゃないかという、「コースを一本で終わらせる事が出来る」ぐらいの贅沢さに満ちた逸品達です。

というわけで、グラハムベックを褒めちぎりましたとさ。
このところの南アフリカで感じるのは「個々の個性や理念がしっかりとほぼ感じられる」事でしょうか。
テロワールの差・・・で片付けるよりも、造り手の方向性の差でしょう。各々に最も好きなシャンパーニュが違いそうな気がします。
そして、どれに関しても(あ、ポングラチュはちょっとな・・・・・・)コスパがバツグンに良いのを特筆する必要性がある程です。
もしも、週末にリッチな気分になりたいならグラハムベックは特にイチオシ。
是非メソッド・キャップ・クラシック、ご堪能ください。

価格以上とはまさにこの事!



オバマの次は誰になるんでしょネ?

| 南アフリカ | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャイエ神も認めた日本人泡!?の新商品? ルー・デュモン・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット

うぇるかむ!
フランスの日本人醸造家といえば、外せない人がいますが、そのワイナリで意外と高い評価と逸話があるのが泡だったりします。

20160210165022de8s.jpg
ルー・デュモン・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット
仲田晃司氏のところの泡です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(日本人的には+♥)
有名なのは天地人のラベル。あっちだったらすぐにわかるって人も多いのではないかと。
【ルー・デュモン】ボンヌ・マール [2007]

【ルー・デュモン】ボンヌ・マール [2007]
価格:17,604円(税込、送料込)


天地人!
今回のこのびみょーなニュアンスのポリゴンアートのモノは、ヌーボーと泡に使われているタイプの柄だったりします。
20160210165110d60s.jpg
裏は普通。
20160210165045fc5s.jpg
文字が結構派手カッコイイ!

造り手の仲田晃司氏に関しては私が書くまでもなく、恐らく知名度としてはブルゴーニュの造り手の中でもトップクラスなのでは?
DRCロマネコンティがぶっちぎりの知名度で次がアンリ・ジャイエ、その次の層に位置する(知名度なら)という意味では日本に限ればルーミエなどのブルゴーニュ代表選手級かそれより一個上かもしれません。
それぐらい、「あのブルゴーニュでいっちょやってる日本人」「神の雫で理念として散々プッシュされまくり本人出演も果たしてる」というのがでかい。
何より、このワイナリはフランス国内での流通が殆どなくて(フランス国内はレストラン向け卸しかない)海外輸出優先となっているので知名度の割に意外と手に入りやすかったりします。

そんなデュモンですが、多くの逸話の中のひとつに「ジャイエ神から泡が褒められた」というものがあります。
2003年頃のワイナリパーティーに出席したジャイエ神が「泡、うまかったゾイ!」と言ったというのがあり、この話が異様な程よく知られています。
・・・・・・が、それは実はブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%版)の話で、今回のブリュットはなんと今更すぎるぐらい今更に新商品の「色々とブレンドしたバージョン」です。
セパージュはピノノワール61%、シャルドネ15%、アリゴテ14%、ガメイ10%。若干ブラン版よりも樽熟成が短くドサージュが少し多い模様。
ここのところ、シャンパーニュでも新作があったりしている最中、仲田氏の新作はどのようなモノだったかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(パワフル系好きなら+♥)
上手にパワフルに作り上げてある本格派!
201602101651357a7s.jpg
泡の強さ、それと全体の味わいのタッチがかなーりパワフルに出来上がっています。
カバとかは特にですがセパージュがシャンパーニュとは違うので(アリゴテが入ってる)そこのところで大きな差を感じやすいというのは良くある事なのですが、ここはもうほぼほぼそうは感じず。
むしろ、おそらくアリゴテなどが入っていることが良く作用しているように感じられる仕上がりです。

色は黄緑系だが泡がしっかりしていて粒も強め。
香りからして柑橘のタッチの立ち上り方が豪華!
ピンクグレープフルーツ寄りの柑橘のミックス感がブワッと突き抜けてきます。
派手な量感ある香りそのままに味わいもフルーツがまずは主体。
それでいて、チョコ要素もビターにあって丁寧な作り込みを感じさせてくれます。
バタ感もそこそこにあり、逆にミネラル的塩加減は見られない部分はシャンパーニュ感とは外れる部分でここで見分けがつけれる人がいる・・・かも?
泡の存在感、味わいのコッテリさなどが十二分に楽しめるのはグッド。
どっしりとした味わい。喉越しで飲むタイプではなく、まさにじっくりと呑みたい王道なスタイルです。
ダイナマイツバディーなキャラでありつつ、ちょっと天然入ったような女の子。それでいて素朴。うーむ、ドラマかアニメでしか存在しないような設定ですが、その天然さを地でいく佇まい。
なるほど、仲田氏は泡の造り方が旨いのかなぁと思っちゃう。シャンパーニュとかでプロデュースしないのかしらん?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
そして、びっくりするほど安い
3000円前後で買える泡、として明らかに秀逸!
この価格帯、結構貧弱だったり本格さに欠けるモノも多いものですが(故に南アフリカmccや米国泡が強い価格帯)これは充分にその価格帯の妥当性と優秀さを持っているんではないかと。
出来栄えがかなりしっかりしていて、バッチリとスパークリングワインを飲む意義を感じさせてくれるし、その中でも力強いのは嬉しいところ。
正直過去の私の経験上は本元なピノ各種よりも優れてない?って思う
ラベルデザインがウケるかどうかがびみょーに怪しいような気がしているんですけど、まぁテーブル使いや話題性という意味ではパーティー使いならありなのではないかと。
プレゼントにするには、緑瓶だったりもしますし流石に推奨しかねるかなぁ。
ともあれ、気張らずに楽しめる泡としてはオススメ度高し。結構食中というか一本通しでディナーいける気がします。

というわけで、デュモンのブリュットでした。
想定より遥かに美味しかった、というのが正直なところで、これまでこのワイナリ何度かピノでの経験やボージョレ・ヌーボーも飲みつつも何となく掲載には至るだけの情熱を私は欠いてました。
が、今回の泡は値段と味わいの内容がとても良い。うん、仲田氏、やっぱりシャンパーニュ作ってくれないかなぁ・・・・・・

安いとこのぐらいの値段になるので、その上では格安な泡です。

仲田氏何度か出てるんですけど、どの辺りだったかは忘れたので全巻置いておきます(適当

どたぷ~んとしたキャラ。ちょっと抜けがあるのまでが個性。

| フランス | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川越達也とジョエル・ロブションをコラボさせてみた~たまにはビールもいいよネ!~

うぇるかむ!
物凄く忘れ去られたように、当ブログたまーにビールネタをやるんですが、まさに新発売されましたのでコレはやりたいなと。

2016020917533130c.jpg
エビスビール・ウィズ・ジョエル・ロブション・華やぎの時間2016
今年のジョエル・ロブションビールです。
毎年季節販売してる「フレンチの悪魔めいた帝王、ジョエル・ロブションが認めた(名前を使う事を許された)コラボビール」として知られていますが、今年も出ました。

日本ではクラフトビールが去年は流行食にノミネートされるなど、盛況ですが(私から言わせれば超今更なんですが)そうしたクラフトビールの造り手たちは意外な程大手ビール企業の
「なんちゃってクラフトビール」
は別にどーでも良くスルーしているとはジャパン・ビア・タイムズ紙が書いてたり。
完全に住み分けができているのと、各ブルワリーが大手の量産では補えないモノを自分たちが持っているという自負からなんだそうで。
この辺りの感覚は、「フェブレイやギガルやロスチャイルド家やベリンジャーやモンダヴィやコンチャイトロやkwvにはうちのワイナリは当然負けへんヨー」と言うまでもなく各々のワイナリが思っているのとおんなじなんでしょうかネ。

さておき。
20160209175341d9d.jpg
去年までは一種類のホップ、ソーヴィン種オンリーだったような気がするんですが、今年はそれを主体に3種類という形に変更になっていました。
せっかくの(?)ジョエルエビスなので、こんな事しました。

20160209175302daf.jpg
川越達也とのコラボじゃーーーーー
というわけで、随分前に買って放置してた代官山カリーで食べ合わせてみたのでした。

ちなみにもうとっくに生産が終わっているようで、今ではバターチキン版ぐらいしか買えない模様。

まず、ジョエル・ロブションエビスですが、例年よりもクリアさは正直減ったように思います。
キレが良くさわやかなタッチが減り、その分赤ビール的な要素が+された感じ。
とはいえ華やかで後腐れがない、シャキッとしつつそれが喉越しでなく、ホップ感からくる機微の良さである点は従来とそう変わりません。
毎年ジョエル・ロブションビール呑んでる人なら今年も充分楽しめるでしょう。
で、カレーの方は、うん、まぁそんなに変わりだねでもない欧風で、バタ感が多いながらも同時に多少フルーツ系の酸味が出されています。
果実系チャッツネが隠し味というよりは前面に出ているタイプ。
もち麦入り肉団子というのが個性的具材として3個入っているんですが、それも特段に素晴らしい工夫とまではいかないかなぁと。
トータルでまとまりはいいけど、いつもどおり「文字にすると面白いけど味わいは無難」な川越達也プロデュースな気がします(この人のコンサルト系って、一見面白い事やってるけど最終的に無難な味に終着するのが特徴だと思う。)
や、そこそこ美味しいんですけどネ。
食べ合わせとしては、カレーに対してあくまでもスッキリと呑ませてくれるビールというのが非常にお腹に悪い。
そう、ガツガツ食べれてしまう。そのクセ、なんかちょっと品が良いから困ってしまう^^;

そんな感じの取り合わせをたまーに楽しみました。
実は、当ブログ自宅で飲むときは「肉料理か、ラーメンか、パスタ料理か、カレー」って事が多くてですね。特にカレーは極端に辛くなければ無難に楽しめる定番だとすら思うんですけど、ビールもビールでありだなぁ・・・・・・
っていうか欧風カレーってすごいな
と思うことしきり。
めんどくなったらおつまみはカレー。これ、最強な気がする。

ネットショップだとケースでドカ買いって感じですね。これはアリだなぁ。クラフトビールはもうちょい危機感持っても良いのでは?

ジョエルはワインもそこそこ良く出来てる

ちなみに器はコレ。私はもっぱらカレー皿に使ってます。

| たまにはビール! | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アフリカだから必ず良い・・・というワケではない。という例。 ポングラチェ・ブリュットNV

うぇるかむ!
当ブログ、とにかく南アフリカを最近プッシュしていますが、しかしながら実際問題「南アフリカなら何でも旨い」というわけではないという例に遭遇しましたのでこの泡特集してる機会に・・・

2016020915425228e.jpg
ポングラチュ・ブリュット
MCCの中でも割安めなワインだったりします。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥
表面は妙にラベルがうっすい横長になっています。柄そのものは最近の南ア泡同様に特筆なく普通。
20160209154300971.jpg
裏も割りと力はいってないのですが、それ以上にテクニカルデータとかもろもろが集まらない・・・・・・
公式サイトを見に行っても、バレンタインデー商戦用ページになっており、おのブリュットのデータが見られず。
40年ぐらいの歴史はある泡の造り手らしいのですが、それ以上がちょっと不明でした。
とはいえ、MCCなので私の期待はそれなりにあったのですが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥
全体に弱すぎてしまうMCC
というのを初めてみたような気分だったりします。う、うーん、流石にかぁ・・・・・・
20160209154307f39.jpg
エンブレムとかはまぁそれっぽいんですけどねぇ。

色はかなり薄めの黄緑寄り。泡立ちも普通めかな。
香りがまずちょっと弱くてですね、全体の構成があまり感じ取れないというのがネック。
わずかに香りがするよーな・・・・・・みたいな。
グレープフルーツとチョコのタッチは何となくわかったかなという程度で、味わいも同様にかなりドライ。
というか単純にコクがちょっと不足しているなぁという具合で、柑橘系とチョコが朧気な泡といったタッチです。
とはいえ、最低限欲しい要素はクリアしていたりする。
どっちかというと安めカバやクレマンの方が近いのかも?な感じ。
あんまり鮮やかに何かが浮かぶタイプのキャラクターをしていない消化不良さがあるかなぁ。
何かが、足りない。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
とはいえ、2000円前後の泡なので、最近紹介しているモノの中でもバツグンに安く、そうした中で呑んでしまったのが運の尽きだったのかもしれないッス・・・・・・
カジュアル泡としては妥当線でもあるんですけど、個人的にはリピートしないかなぁ。
ただ、南アフリカワインで2000円というのがそもそも高く感じられる向きも多いだろうこともあって複雑な心境です。

というわけで、ポングラチュのブリュットでした。
私がそれなりに良い泡慣れしてきたというのもあるんでしょうけど、こういう時もたまには、ある。
南アフリカならなんでもグッドでもないんですよね。やっぱり造り手とか大事。

がバッと買うタイプのワイン(なんと楽天ではセットしか検索にひっかからず)

MCC(メソッド・キャップ・クラッシックの略)でふと検索してみたらゴルフ用具のが沢山出てきました。頑張れ南アフリカ!

| 南アフリカ | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酸化防止剤無添加の泡!?それなのにシャンパーニュ級の優しさ!! クローヌ・ボレアリス・ブリュット2014(トウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイト)

うぇるかむ!
南アフリカの泡はシャンパーニュの多くを打倒しうるし、または素晴らしい逸材が眠っている・・・とは当ブログいっそ毎日言ってそうな具合ですが、今日はそう思うにまさに相応しいアイテムを。

20160208222457174.jpg
クローヌ・ボレアリス・ブリュット2014
何気にミレジム入ってるのに改めて気づいたわ!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はちょっぴりフランスのような、でもちょっとチープな具合で今ひとつパッとしないというのが正直なところかな。
ジャケ買いするタイプではないでしょう。
20160208222507dab.jpg
そして、このワインの最大のウリ文句がバッチリ裏に載ってたり。
流石マスダインポーターである。正直、これ以上にこのワインを説明する必要がいっそないぐらい優れた裏文章だと思います。

概ねそのとおりなんですが、も少し詳しく書くとワイナリそのものの名前はトウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイトとかなんとか。
なんと創業の歴史は1710年まで遡れるという南アフリカでは二番目の老舗なんですって。
名前の由来は「二人の若い独身男達(仲間)」・・・・・・
ホモォ・・・・・・
さておき。
このワイナリはクローヌ家という一族が代々引き継いでのファミリー経営。
その後、現在党首のニッキー・クローヌという人が今回のワインを作って知名度があがります。
結構品評会に出ているワインで、とある会では「憎らしいほどシャンパーニュに似てる(ギリリ」とか言われたとか。
しかも2005年にはマムと提携まで組んでいるそうな。でもマムの定番ラインの数倍旨いのは内緒だゾ

そんな、ニッキー氏の奥さん、マリーさんが実は酸化防止剤アレルギーを持っていてシャンパーニュを呑めない体だったそうな。
伝統的に泡ワインを作ってきた南アフリカ古豪家系の奥さんが、泡ワインを呑めない!
これってお寿司屋さんに嫁いだのに醤油アレルギーだったぐらいの絶望だったと思うのですが、ニッキー・クローヌ氏はこっからが偉かったのです。

「任せろ。おまえが呑めるシャンパーニュを・・・・・・俺がこの手で作ってやるよ!!!!」

こんなん腐女子だったら確実に全身から汁という汁が吹き出して死んでしまう事間違いないと思いますが、そうして彼は酸化防止剤無添加の、それもMCCに・・・・・・つまりシャンパーニュ風の作り方にのっとって成功させます。
それが今回のワインのファーストヴィンテージ。
なかなかドラマチックではないですか。そして、非常に面白い試みだと感動物語抜きにしても思うわけです。
でも、それって本当に成功してるの?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥
無添加かどうかはどうでもよく優れたシャンパーニュスタイル!
無添加だから~みたいな括り不要!と思えるほど、繊細系シャンパーニュの雰囲気を堪能させてくれます。
どっちかというと、「ついでに無添加」ぐらいの勢いで本格なスタイルをしています。

色は黄緑よりであまり濃くはありませんが、泡立ちは上々。
しっかりと粒はできています。
香りには結構黄色い果実要素が見え隠れ。
杏、もも、アプリコットといった濃い果実感があり、それと同時に毎度おなじみチョコっぽさがサクッと入っています。
果実の方が主体で、それにチョココーティングしたって具合かな。
しかしながら、味わいは香りよりも控えめにおしとやか。
口当たりの印象からして、ちょっと細いタッチでビックリするかも。
果実のベース自体は赤黄色な上述の果実感があり、またグレープフルーツなどもミックス。
チョコ要素は軽く入っている程度なのですが、ちゃんと添えるように高級感を出しています。
そして、少しのホップのような苦味を持たせつつ、軽めのフィニッシュ。
すごく品性があるんですよね、この機微が。
そしてかなりグイグイ呑めてしまう。シャンパーニュらしさがハッキリとありつつ、品位が高く果実感もベースにはパワーがある・・・・・・にも関わらず、ついつい呑んでしまう魅力さ。
南アフリカの泡をそれなりに試してきて、一番グイグイ呑ませられたのはこのワインでしたネ。
そういうキメ細かいキャラクターで、パワフルでない形の取り方がまさに「シャンパーニュに似ている」なのでしょう。
田舎者のように見えて、実はお嬢様でしたって具合の意外性かな。
設定だけみると、夏目漱石の坊っちゃんってこういう設定でしたよね(内容は随分違うとはいえ)

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
明らかなほど憎たらしい値段
2800円あればてにはいります。繊細系のシャンパーニュスタイルが。
ワォ!
ネットショップによっては2500円ぐらいなお店も見受けられるのが脅威という他ないでしょう。
っていうか、若い2014とはいえ、ヴィンテージ入りのブリュットがこの値段なワケ。
お買い得なワインとして、疑いようがない仕上がりになっています。ケースでお家においとけたらしばらく泡で困らないでしょう。
また、軽やかさがウリなタイプなので、料理ウケや〆パーニュ(一日の最後に呑むような)としてももかなり良いだろうと推察。
プレゼントにも、エピソードをちゃんと説明出来る場合は、気取らない程度に母の日とか記念日とかにもアリなんじゃないかしら。

というわけで、クローヌ・ボレアリスのブリュット2014でした。
南アの多様さをしみじみと感じちゃった品といいますか、なんか異様に優しい感じがエピソード力と相まって泣けちゃう。
まさにセンスがいい逸品。オススメ!

楽天で高めの価格でもこれで買えるっていうのが嬉しさ。
クローヌ・ボレアリス・ブリュット [2014]

クローヌ・ボレアリス・ブリュット [2014]
価格:2,798円(税込、送料別)


実は名家だったよねみすずちん。

| 南アフリカ | 23:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誠実さあふるるRM、それは低価格NVでも! ジャン・ヴェッセル・ブリュット・レゼルヴNV

うぇるかむ!
昨日に引き続き、本日も旨安なシャンパーニュのご紹介をば。

201602051231136fb.jpg
ジャン・ヴェッセル・ブリュット・レゼルヴ
なお、ハーフボトルだったり。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルはこれまた古典的で、悪くはないのですが特筆して良くもないかなぁと(昨日のルナールは♥♥でもいいぐらいラベル地味だったし)。
ちょっと文字のバラバラ加減はきになるけど、まぁ鳥さんかわいいよね。
20160205123122c72.jpg
裏も極めて普通といっていいのでは無いかと。

造り手であるジャン・ヴェッセルは現在の当主の父の名前。
ブジィー村で1930年頃設立されたというファミリー経営が続くレコルタン・マニピュラン(小規模生産者)です。
特徴的なのはリュット・レゾネなどのやり過ぎない程度の自然派農法と所有地のピノ・ノワール比率、それと味わいのタイプが同価格で多かったり、上のクラスで結構実験的というか珍しい手法をとっていたりすること。
90%ぐらいはピノなんだそうで、これってそんなに多くもないパターンかなぁと。(シャルドネのが多い造り手の方が普通)。
なので、このワインも一番下のラインになるのにピノ80%シャルドネ20%というピノ主体の泡となっています。
特別な賞の履歴などはイマイチ見当たらなかったのですが、ジャンシスおばさんが「このRMはオススメ!!!!」と絶叫してるワイナリのひとつだったり、細かくこのワイナリをオススメするワイン関係者がいるかなーみたいな。
マイナめでマニアック気味なRMの、しかも低価格なのですがその実力や如何に・・・?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥
極めて誠実なバランス型!
当ブログ、泡に関しては大体「繊細め」「バランス系」「パワータイプ」みたいな3分割をさりげなーくしてたりするんですが、これはまさにバランス型。そして、その中でも「秀逸なバランス」のバランス型ネ。
すごーくまっとうに丁寧に作られてるっていう印象をとても受けました。

色は黄緑系でそこまで濃くはないですが、泡は一本筋がとおって綺麗でした。
香りに柑橘が多めにほのかなチョコタッチ。この具合が弱すぎず強すぎないのが強みでしょうか。
味わいは非常にスッキリと整えられています。
最初の印象は淡麗なんですが、後からしっかりとチョコレートのタッチや豊かな果実感が立ち上がります。
果物の要素がなかなか多くて、グレープフルーツとピンクグレープフルーツの2つの二極ミックス風味が清々しい。
それでいて、後からしっかりとコクがありそれも果実の甘味や酸の立ち上りからくるもの。
口への入れ始めよりもアフターでちゃんとシャンパーニュらしいチョコの質感とミルキーさで整えてきて、果実主体→お菓子っぽいタッチという組み上げ方がとても丁寧に感じるんです。
最初の印象よりも、後々の方が濃く強く感じられる、割りと温度高め設定になってくると旨味が加速するタイプ(でも最初は冷やし目でキリリといきたい!自然にあがる温度にあわせてあげましょう)
バランス型に陥りがちなのは、まともすぎて面白みがなかったり器用貧乏であることが多いかなぁと感じさせる事なんですけど、ここにはしっかりとした「堅実さ」という名の個性が見受けられる。
普通をしっかり極めてる。そんな印象をもつ正統派にして王道を行くようなワインです。
デレマスだとしまむーッスね。普通のヒロイン。それもちゃんと印象に残る。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
5000円アンダーの傑作!
正確には4000円ちょい。ワォ!
シャンパーニュらしい価格帯としては最下層に近しいぐらいの値段なんですが、味わいのバランスのとれ方は充分に一級品。
高額になればそりゃもっと濃さがあったり、世界観の広がりがよりスゴイモノもありますが、ここには忠実なシャンパーニュの基本と美味しさが込められているように思います。
この価格であれば、周囲の極めて良質な泡たちとも値段も対等。
シャンパーニュ入門にもぴったりなこのワイン、プレゼント用にはどーしても地味っちゃー地味なんですが、普段使い系やワイン会なんかでサクッと使うにはなかなかイケてると思いますヨ。
20160205123129fb6.jpg
こまかーい部分ではラベルもカワイイですよネ・・・文字列がスゴク惜しい気がする。

というわけで、ジャン・ヴェッセルのレゼルヴでした。
良くも悪くも普通、というシャンパーニュってかなり多く感じられるんですが(当ブログでも何本か散見されますネ)そのタイプの中の上位種って感じをこの価格で!
それが素晴らしい。実にユーザーをわかったワインですし、造りにしっかりとした何かを・・・・・・小規模生産者っていう文字列に我々が求めがちな堅実な人柄を・・・・・・感じる事が出来るワインだと思います。

このショップの御用達なワインらしく。いい笑顔です(CV:武内駿輔)

普通さを極めてる。

| フランス | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安シャンパーニュの中でも珠玉?ENOTECAはこれ新定番泡にしたら良いのでは。 ノミネ・ルナール・ブリュットNV

うぇるかむ!
当ブログ、ちょこちょこENOTECAさんで呑んだモノをここに書いているのはご承知の通り。
でも、ENOTECAで良く出ているロデレール本家のブリュットで書いたことはなかったりします。なぜなら、こういうのをENOTECAでは呑んだ方が良いから・・・・・・

20160206221535a5f.jpg
ノミネ・ルナール・ブリュットNV
シャンパーニュの安旨系であります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルそのものはどっちかというと安っぽい仕上がりで、もうちょっと頑張って欲しいところ。
伝統的といえばそうなんですが、泡ほどラグジュアリーさが求められるモノもないですからネ。

20160206221553f20.jpg
裏も寂しい。

造り手はノミネ・ルナールという小規模メゾン(いわゆるRMですね)。
「Club Tresors de Champagne」という団体にも入っているワイナリで、タイユヴァン系列のお店でのグラスワインになっているワイナリとの事。
後は日本語の範囲でわかるのはヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のヴィルヴナール村の造り手で、現在の当主はローラン・ノミネという人なんだって・・・・・・というぐらいで、あとはめぼしいあれこれがなかったりします。
家族経営で何世代も・・・とされている割に設立年が結局わからずじまいでした。
とはいえ、最近泡もなるべく勉強しなくては!な気分な私としては、サクッとシャンパーニュの安いのを見るためにもと呑んだのでしたが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
大手のダサシャンパーニュNVより遥かに良いではないか
誰のこととはイイませんが、そういう事。泡の品質、味わいのタッチ、どれもザコシャンパーニュ的じゃないワケ。
無名のフランスとなると、本当に無名相応なモノも多かったりするんですが、これはしっかりしていると思う。

20160206221607428.jpg
抜栓からそんなに経ってないのもあるだろうけど、この泡立ちの良さ。

色は黄色さが割りと強く、泡も力強く出ています。NVかつ安いアイテムにしては黄色さは高いかなと思います。
香りに果実よりもナッツ感が多いのが特徴で、結構バター風味も効いています。
柑橘もキツかったり弱すぎたりするものがありますが、その中では中庸な部類。
バランスが良い、よりはちょっとコッテリ系の味わいで、香り同様に豊富な木の実の味わいが主体。
そこにグレープフルーツがのっかり、タルト風の仕立て。
泡の質感がなかなかハッキリとしてるのがいいですね。強いけどちゃんと細かい。柔らかさがよりあると素晴らしい逸材なのですが、そこまでには至っていないかなぁ(これは熟成してって初めて出る気もするので・・・寝かせる?)
酸はあとからゆっくりとグレープフルーツが出てきますが、全体に控えめ。
また、塩っ気やチョコ要素も少ない。どっちかというとフランチャコルタの低価格と近い印象があります。
まさに食事はじめのナッツミックスとか前菜と合わせたくなるような雰囲気のある、ちょっとゴージャスだけど派手すぎないスタイル。
二次元キャラだったらちょっとリアル女子力あるんか君は、ぐらいの感じのキャラです。
悪く言えばモブに近い、良く言えばリアルに近い。そんな具合のニュアンス。万人ウケギリギリするんじゃないかと。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(シャンパーニュとしては+♥)
お買い得シャンパーニュの隠れアイテムではないかと
あまりにも地味な印象すぎるパッケージでそんなにシャンパーニュだぜ~って気分にならない感はありますが、中身に関してはこの記事のタイトルの通りです。
ENOTECAはロデレールのNV仕入れてる場合でなくない?
5000円アンダーで買えるシャンパーニュ製としては、かなりしっかりとした造りと、使う方向性の道筋がとりやすい一品になっているかと。
上述してフランチャコルタに近いと書きましたが、チャコルタも結構このぐらいの値段ですからね。そのぐらいのミドル価格の泡を探すという意味でシャンパーニュの看板は大きモノ(ワイン界隈で「その文字がついてるだけで売れ域が伸びる3地区」といえばボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュですから・・・)。
ある程度のパーティーまでなら、的確にウェルカムドリンクとして使えることでしょう。
ただ、ホント地味すぎるパッケージなのは残念・・・・・・

というわけで、ノミネ・ルナールのNVでした。
泡であれば何でもいい、というのであればシャンパーニュは選択肢から省く方がいいのが見つけやすい・・・というのは持論なんですけど、ちゃんと探せばいいのがあるものだなぁと改めて思い知らされた気分であります。
気取り過ぎないシャンパーニュとして、秀逸!

楽天ではエノテカオンリー(ネット全体だとこれを贔屓にしているショップを見かけましたが)。ページも地味だナ・・・

カフェでのんびり過ごしてそうな
【CD-Single】THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 025…

【CD-Single】THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 025…
価格:710円(税込、送料別)

| フランス | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上野ワイン展が最高にガッカリだった件について

うぇるかむ・・・
まぁ、タイトルが全てなんですが、行ってきたんですよ、上野まで。


これ、本当、札幌市時計台ばりのガッカリだったのですよ


このモニュメントからしてヤバい感がびしびし。

ガッカリポイントその1
遠峰先生が大した事しない



密かに楽しみだった遠峰(cv浪川大輔)も変態な様子は1ミリもなし。入り口挨拶でしかない。なんの為の浪川なのか。
かなり協賛してるように見えて手抜きもいいとこで、原作をそのままだから、解説中の雅ちゃんが店ベストから突然ババシャツに着替えてたりする。
そして皆ガン無視。
何でやったか謎レベル。

ガッカリポイントその2
説明が誰対象かもわからないし雑

大学教授とかが主な監修者のハズだと思うのですが

誰だ造り手もテロワールにいれるなんて言ったのは!?(CV:海原雄山)
こんなの試験だったら書いたら失格レベルの矛盾文章サラッと入れてあるのがなかなかヤばいです。
20160205231248f34.jpg
棚仕立てとかいうワインであんまり使われてない方の方式のモデルだけあるのとかもピントがズレてるとしか言いようがない。
説明文章が各所にめちゃくちゃ多く散りばめられていて見ていて疲れるといいますか雑多な感じがスゴい。
全然頭に入ってこない。

ガッカリポイント3
20160205231339337.jpg
キッザニアのが億倍クオリティが高かろう体験コーナーや農薬展示

ブドウの!フィギュア!踏みまくれ!
説明!食品サンプルめいたブドウフィギュアを踏むコーナーがあります!!これワイン展って20歳以上が対象なんじゃなかったかな!!!
201602052314166ef.jpg
20160205231440112.jpg
20160205231457019.jpg
農薬がクリアケース展示されてる
や、そりゃ必要アイテムなんだけど、そここそサラッと流してさり気なくおいておくモノなのではないのかね・・・なんで個別のコーナーがあってガッツリ展示なのか。
なお、亜流塩酸についてはこのワイン展大推奨してまして、映像で「亜流塩酸を入れてないのは不純だから☓!入れてるのはクリアだから◎!」みたいな映像流れてたりする。
このご時世に無農薬反対って、さすがの私でもそんなロックな事言えませぬ。数年前のハリデーとヒュー翁の対談でも読んだのだろうか。

ガッカリポイントその4
写真が撮れないエリアもそんなにめちゃくちゃ興奮しない

20160205232512ac9.jpg
このコーナー、アンフォラとかの時代、つまりワインの起源に関してはやるし、中世とかぐらいまであるんですが、ボルドー格付けとかは殆ど触れません。っていうかフランスがギリギリ(それもフランス的と言いがたい西洋というくくり)で、イタリア的な観点やそれこそニューワールドの歴史は0。
かなりサントリー寄りの歴史で川上善兵衛の記述とか、赤球ポートのポスター数種類とかが置いてあるのは強みなのでしょう。というわけで日本の初期のワイン文化については一番詳しくあって資料がおいてあるなーというレベルが高いです。
なので川上善兵衛を様付けしちゃうぐらいベーリーaが好きな人とかは興奮するのかもしれないけど、そんなマニアックな人向けの展示としては逆に量がもうちょい欲しいっていうかここに来る前のコーナー9割ぐらいいらない。
(残りの1割は昔の酒造機械とかの展示であって、そういう機械にトキメク必要がある)
陶器とかも綺麗だけど、それも数として少なくて、破片とかばっかりになってしまうという。
ついでに海底から引き上げられた最古のシャンパンの展示なるコーナーを何故か深海イメージでブルーのライトドカドカにしてシャンパン本体が全く何が入ってるのかどんな色してるのか見えないようにした展示企画者は本当にアホだと思うよ。

ガッカリポイント5
ムートン他の展示がホンモノじゃない上にムートンは2003年までしかない

201602052333006ed.jpg
割りと宣伝してた気がするムートンのアーティストラベル並べ。
このコーナーの横では神埼雫めがドヤ顔で「ムートンのアーティストラベル是非見てってね!」とまで言って力を入れている・・・・・・ハズなのに2003年までのボトルしかありません。マジびっくり。
しかもこれ中身ホンモノ、では当然なく中身が入っているようにみせたサンプリングボトルですよ。
サンプリングすら中途半端ってどういう事なんだキバヤシッ!
20160205233643ca1.jpg
何枚かは額縁に飾ってあって(これも原本では多分ないのだろう・・・)何故かそれで06と09と10とは補完できてる。けど、私の好きな07やチャイナラベルで有名な08とかは影も形もない。
20160205233344d21.jpg
無駄においてある高級ワインコーナーも全部すべからく抜栓済みの空瓶であります。
いっそこの鍵オジサンじゃない頃のペトリュスの空瓶が一番ワクワクしたよ・・・・・・

20160205234314ab1.jpg
全体に常設展の科学館側も「ファミリー向け」なので、そういう配慮があったのかもしれない。ワイン展なのに。
なんというか対象者を全く考えてない気がする展示や、趣向が満載でズレズレだと思うんですよネ。
いや、私みたいなマニアック気味だったりワインのラベルで一喜一憂する人向けにしろっていうワケでなく、初心者向け的な内容にしたくても、どうしてその選択肢をするのか?っていう部分が多く、統一性も展示におけるストーリーの組み立てもめちゃくちゃなんです。
そういう意味で、部分的には面白いところがないわけではないんですが、総合的に頭抱えたくなるイベントだというのが私の判定であります。
そんなに酷いの?って思った諸君は是非行ってみて欲しい。(逆説型宣伝)

20160205234327ac3.jpg

あんまりガッカリだったので、以前上野が定期で寄り道出来た頃にたまーに入ってた東京牛めしを食べたり(相変わらず色物がついたお吸い物がついてきたのが泣きそうだった)

20160205234551685.jpg
同じく昔好きだったけど最近めっきりだった壺プリンと龍泉洞コーヒー買ったりして、帰ったのでした。
なんでかノスタルジー。多分、好きな野球チームが負けた時の姫川友紀とかこんな感じなんだろう。ふふふ・・・・・・

201602052341484b6.jpg
轟沈!

浪川大輔が声つけたってのが一番面白かったです(小学生並みの感想)
神の雫(41) [ オキモトシュウ ]

神の雫(41) [ オキモトシュウ ]
価格:596円(税込、送料込)


結構好きだったりしますコレ。

| コラム | 22:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルフレーヴがシャンパーニュ!?ヴァランタン・ルフレーヴ・エクストラ・ブリュット・ ブラン・ド・ブランNV

うぇるかむ!
ルフレーヴ、といえばモンラッシェ辺りの最強生産者としてでしょうけれども、そのネゴスラインからこんなのが発売されていました。

KIMG0007.jpg
ヴァランタン・ルフレーヴ・エクストラ・ブリュット・ ブラン・ド・ブラン
NEWアイテムなシャンパーニュです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
なんともカジュアルな帽子柄はシャンパーニュでなければ呑気でいいんですが・・・や、これシャンパーニュだものなぁとはちょっと思ってしまうといいますか。
これ、オリヴィエ・ルフレーヴのトレードマークの帽子をあしらっているもので、普段なら+♥しちゃいたいところなんですけれども、ちょっちカジュアルすぎない?とも。
KIMG0008.jpg
裏は完璧にエノテカ仕様。箱もあるらしいのですがそれは見当たらず撮れませんでした。

オリヴィエ・ルフレーヴはルフレーヴ系列のネゴスワイナリ(買い付けブドウでつくってまーす)という位置づけ。
なので本家に比べるとそんなに格が高いわけでもないワイナリではあります。
で、そんなオリヴィエ・ルフレーヴも新規ラインナップが欲しいと。そんな中、ド・スーザというシャンパーニュメゾンとタッグを組むことにしました。
ゾエミ・ド・スーザ キュヴェ UMAMI No.102597

ゾエミ・ド・スーザ キュヴェ UMAMI No.102597
価格:23,760円(税込、送料別)


レコルタン・マニピュランの家族経営だよーとはうたいつつ、ド・スーザもネゴスラインナップを持っていたり。
なので格としてはネゴス×ネゴスのタッグなんだろうと推察されます(スーザ側は所有畑という文面も見られるけれども正確な話かな?とはちょっと疑問。情報求む。)
なんだかスゴイようであんまりスゴくもないような、どの辺りにオリヴィエおじさんが関わっているのかもイマイチわからないし・・・・・・
アヴィーズ村のどの辺りかも今ひとつ謎。うーむ?
とは思うのですが、これがデビュー出荷なんだそうで呑んでみたのでした。
で、ですね・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
すっごい「それなりさ」
どちらかというとリッチな造りになっています。構造としては確かにシャンパーニュしてる感じ。

色は黄色系で泡はなかなか強め。見た目はけっこーいい感じ。
香りにレモンと柑橘の果実フレーバーが強めにあり、チョコ要素は低め。そこそこ乳臭さがあります。
味わいはリッチ系。柑橘とバターのタッチが強く出ており、それらがシンプルかつ単一的に通って行く感覚です。
レモンケーキっぽい印象で、それが常に均一に感じられるという。
変化率も低く、思いの外ミネラリィって感じもなく、気さくさで通しているように思いました。
シャンパーニュの平均値的ではなく、そういう意味ではもっと別の国っぽいような気も?
全体的にバランス型なんですが、これは器用貧乏なタイプ。
ケーキ系の構成は確かに見えるんだけど、それが極めて良いってワケじゃなく、パティシエのケーキというよりは大手ケーキショップの一品ってところ(コンビニ的では流石にない)
作品そのものがモブいアニメって感じで、マイナーアニメ感が漂います。
要素は揃っているのに、どこかバッチリといかない辺り、まだ作り込み方が足りないというか方針に定まりがないのかしら?
どっちかというと今後に期待系。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(コレクターズアイテムとしては+♥)
価格は9000円税抜き。つまり1万円に近いアイテム。
そう考えるとちょっと名前の方が高いような印象だったかなぁと。9000円のNVだったらもっと他に良いところがありそうなモノですし、またはもうちょい出してヴィンテージ入ったそこそこのを買うよねっていう。
名前負けしてる。
ただ、7000本程度の生産量で、今後もどれぐらい作られるのか謎のシャンパーニュではあるので、コレクターズアイテムとしては数年持ってると面白くはありそうです。
多少寝かせてもいい気はする果実のボリュームでもありますから、そのあたりも買える人はお好みで。

というわけで、ヴァランタン・ルフレーヴ・エクストラ・ブリュット・ ブラン・ド・ブランNVでした。
バランス型としてはシンプルすぎる造りに、今後の発展しだいかなぁというワインです。
ただ、ネットショップでは売り切れ。コレクターは集めている様子なので、なかなか見る機会もないのかしらん?

ネゴスとはいえ村名でこれぐらいはするオリヴィエおじさん

パナマハットは可愛いよネ

| フランス | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドン・ペリニョンに余裕で圧勝!?とか話題の南アのロゼを実際呑んでみた。 ステレンラスト・クレマン・ド・ルアー・ロゼNV

うぇるかむ!
昨日はなんだかんだ更新ちゃんとしてなかったんですが、変わらずしばらくは泡特集(特に南アの)。
の、二回目はそこそこ南アマニア感で話題があるこちら。

20160203213528768.jpg
ステレンラスト・クレマン・ド・ルアー・ロゼNV
あ、これ、新しいスマフォ設定ちゃんとして撮りました((`・∀・´)エッヘン!!)(しかしヘタだ)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(コンペ的には+♥?)
ラベル自体は泡柄をつけたりとそれなりに考えてる感じはするんですが、ちょっと安っぽいような気もするかな。
しかしながら、
20160203213538c16.jpg
こういう経歴を持ったワイナリとなっています。
でも個人的に注目して欲しいのは「錦町(にしきちょう)」が「NISHIKIーMACHI(ニシキ・マチ)」なところかな!
え、どうでもいいです?かわいくない??ここ今日のイチオシポイントッスよ???

オリンピック採用+謎のワインコンペ入賞。
普通だったら、そんなにパカパカと売れるようなワインではないです。
なにせ、南アフリカの「カベフラ主体、シュナン・ブランとシャルドネがそれに混ざり別段神通力のないラベル」ですから。
が、売り切れ続出らしいと。

経歴に関してはどこよりも↑のいなむらてんちょが詳しすぎるので端的に書きますと、
南アフリカでは古参でかつ大手で手広いワイナリの、しかも泡メインでもないところのワインがエドシックやらドンペリやらロデレール・クリスタルより得票を集めたとか何とか。
ポジションとしては、コッポラワイナリーのソフィアがランキング一位とっちゃったみたいな話(わかる人にはわかると思う)。
私は正直コンクール系好きじゃないんですが、話題沸騰めの泡ですしセパージュも面白いしで試したのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(味が細いの好きなら+♥)
なんと繊細系
これが思いの外繊細系でびっくりしたのでした。もっとゴテッとした果実味の強いタイプを予想していたら、全体にやんわりでらっしゃる。

色はピンク感がかなり強めにあり、一般的なロゼのちょっと茶がかったカラーではありません。
また、泡の立ち方は少し弱く細かさや均一度や持続力も低めに感じました。
と、見た目の印象が正直かなりイマイチ(環境やボトル差あったらごめんなさい)
香りはしかしながら、かなりチェリーな印象が多くあり、フレッシュな赤果実の要素が複数コロコロと転がってる印象です。
ワイルドストロベリーって感じかな。さりげなくちょこんとしてます。その香りのイメージは崩れない。
味わいも基本はそのチェリッシュさです。チョコ要素は低く、全体に果物系の微炭酸といったところ。
派手さがとにかく、ない。
それが良くもあり、フレッシュな果実要素に少し青目のライムの苦味が入りつつ、僅かなチョコ要素もアフターに見せながら短めのフィニッシュ。
文章にしてしまうと更に魅力に欠けるんですが、いやいや、これが何だか初々しさすら感じられるキュートなタッチで決して安っぽかったり泡としての満足度に欠けはしないんですネ。
典型的なMCC(南アフリカの泡)とは大きく路線が違って、カジュアル泡として非常にほっこり呑ませてくれるタイプです。
ただ、派手な事はしてきませんから、そういう気分や料理で合わせると何だか申し訳ない気分になると思う(私はステーキ肉と合わせちゃって申し訳なく思った)
ちょっと大人ぶったような、でもまだまだ可愛いおこちゃまな中学生~高校生ぐらいの、日常みたいな泡。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
最大の敵は南アフリカではなかろうか?
私としては、やっぱり高級感はそれなりに泡には欲しくって、最高評価とはいかないかなぁと思いました。
とはいえ、2800円ぐらいの泡としては面白い見解と言いますか、何だか悪くないゾというのも事実。
正直言って、これ品評会系でウケがいいワインではなくない?
これが一番思うところで、日常的にサクッとロゼを呑みたい向きや、そんなにワイン慣れ・・・・・・っていうか高級になった時の濃い泡慣れ・・・・・・してない人を呼んでの簡単なホームパーティーなんかの方が向いているように思います。
料理とは割りと合わせやすいと思います、ギスギス主張しないんですヨ。
一方でプレゼントとするには、コンクールのストーリーがあってもちょっと不向きかなと。(ルアーっていうのあ「魅力的」という意味のワードだとわかると、多少使える気もしますが)。
カジュアルワインとして、お試しアレ。

というわけで、ステレンラストよりクレマン・ド・ルアーでした。
南アフリカの泡としてもちょっと変わり種なアイテムで、正直に味だけで言えばドンペリのが基本的にはうまいっす。
が、そういう部分とはこのワインは本質的には「別のベクトル」で戦っているワインだと思います。
機微のいいロゼを探しているなら、調度良いそういうほっこりさが欲しい時に。

3000円の泡としては秀逸で、レストランがケースで持ってそう。

こちらは「NISHIKIーNOーSHINHIME(ニシキ・ノ・シンヒメ」とかになるんだろうか。

| 南アフリカ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマフォからのテスト更新・・・ピピピッ

うぇるかむ!
この購入&設定に時間がかかりましたが、私、スマフォを変えまして・・・
そのため、一応スマフォからも更新ができるようになったと。
いやぁ、苦労しました。フリック操作本当無理です。誤字と120倍の時間がかかる速度にいらついたので充電式なブルートーンだかなんだかのキーボードをアキバまで買いにいっちゃったぐらいですよ

帰りにこんなの食べてきました。けいすけ系列のアキバ鶏王のブラック。
前はもっと安かった気がする(レギュラー820円だもんなぁ)ですがまぁ、

2016020301255549d.jpg

20160203012554328.jpg

こう、モヤシが食いたかったので良しとする。
鶏足がどででーーーんと乗ってるのがグッド。

うー、これだとリンクをのっけたりの文字でっかくしたりの操作がしづらいなぁ。出来るんだろうけど面倒くさそう・・・・・・
しばらくはリアルタイムめな更新が、今後可能になったということでひとつ。
もうちょっと↑みたいなグルメ記事とかなら出来そうな気がするなぁ。ここ最近徹底的にレビューレビューで少し疲れてた節がありましたし私。
20160203012556529.jpg

↑退役した前のスマフォ君とカヌレ一個サイズなキーボード君(なお、今回のスマフォもデザイナー繋がり)

*と思ったら、結局写真がでかすぎィッ!な為また色々しなくては・・・・・・

この系列そこそこ好きだったりします
東京ラーメン二代目けいすけ 2食入

東京ラーメン二代目けいすけ 2食入
価格:594円(税込、送料別)

| 未分類 | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こちらは南アフリカ最初の瓶内二次泡!なワイナリのトップキュベと優れたシャルドネ、その地域レベルで違うんじゃないかと思わせる個性。 シモンシッヒ・キュベ・ロイヤル&シモンシッヒ・ステレンボッシュ・シャルドネ2013

うぇるかむ!
昨日は「元祖シャンパーニュ」なルイナールの紹介でしたが、今日は南アフリカ版!
で、今回、スマフォを機種変更してから初の写真でお送り・・・のハズだったんですがちょっと手違いめいて画像サイズミスって現在ちょっと参ってます^^;
KIMG0101.jpg
シモンシッヒよりエステート・シャルドネ2013とキュベ・ロワイヤル2010。
同ワイナリのシャルドネ&泡です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(歴史まで鑑みたいなら+♥?)
ラベルデザインそのものは、比較的地味だといっていいでしょう。
紋章にラベルというイタリアスタイルにちかい形。
40年というそこそこの歴史的(少なくとも南アフリカでは超老舗!)のワイナリ。
1971年にはスパークリングワインを作っていて、メソッド・キャップクラッシックをやっていたという。
ただ、そうした歴史的背景以外はあんまりテクニカルデータもないのは事実。

で、今回紹介するワインは2つです。

・シャルドネ2013。
このワイナリ、かなーり色々と作っているし老舗故に土地や買い付けも広いのでしょう、かなり色々作っています。
南アの大手(ベリンジャー的立場かな?)なのですが、その中でもシャルドネの評価が良かったり。
アドヴォケイトで92点の経歴や雑誌ワイン王国で絶賛などなど。

・キュベ・ロイヤル2010
あるとき、泡担当のジョアン・マラン氏がシャンパーニュに行って感動するワケです。
「ふわぁぁぁ・・・オイラもブラン・ド・ブランでシャンパーニュみたいなすっげぇ泡が創りたいなりぃ・・・・・・」
と思った彼は試行錯誤を繰り返し、1992年に上位ラインナップとしてこのワインをねじ込みます。
箱もついていたりしており、元祖南ア瓶内二次熟成に恥じぬよう作っている・・・みたいな感じ。
シャルドネオンリーで90%を樽、10%をステンレスで発酵し5年後リリースというプロセスです。

というわけで、これら2つのワイン特にキュベロワイヤルってどうなの?

香り・味わい(最大10PT)
シャルドネ2013:♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
キュベロイヤル2010:♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
本格の造り!大胆さも備えた仕上がりの妙!!
南アフリカは大手でもスゴイ(魂が抜ける音
なんて贔屓目だからでしょうか、あらためて感じさせるには充分なワイン質。

シャルドネ2013
KIMG0099.jpg
KIMG0100.jpg
新しいスマフォゆえ、画像サイズが大きすぎるのでサムネイルで掲載・・・許せッ!
色はそこそこに黄色みもあるものの、比較的薄め。
香りにコーンとシナモンシュガーというカリフォルニアライクな雰囲気を感じます。
焼きトウモロコシっぽいゴージャス系。
それでいて、味わいもかなーりカリフォルニアチックです。
バニラタッチははじめから多めにありつつ、酸のグレープフルーツはキッチリしっかりと感じられます。
ピーター・マイケルとかのスタイルに近いかな。
甘みはやっぱりどこかコーンを感じさせる懐かしさで、ほろ苦めのカラメル飴のフィニッシュ。
明らかに濃いタッチをしていて、それが非常にカリフォルニア上位連中のシャルドネに近くなっています。
濃く、コク。
甘味や酸味そのものは自然体でもあり、かつ凝縮もしているという高級品に出やすいバランスが感じられます。
複雑かどうか、というと多少物足りない面があるものの、まさにカリフォルニアの高額帯「っぽさ」で言えば随一かもしれません。
以前書いたソノマ・カトラーよりもソノマライクかもしれない・・・
贅沢系シャルドネとして合格点二重丸!でいて若い。女子高生的なポジションではあるけど、どこか色っぽい。

なんとなくこの辺りを個人的には思い浮かべたり。アニメ化おめでとうございます!

キュベ・ロイヤル2010
2016-01-16 23-34-14-814
これまた卓越したシャルドネオンリー泡でございました。ほんと、シャンパーニュは確実に大半倒せちゃってる。
あ、これ一応箱ついてるので色々出しておきましょ。
2016-01-16 23-32-29-480
正面。
2016-01-16 23-32-48-715
ちょっとシャンパーニュっぴ?
2016-01-16 23-33-33-977
割りとスルッと落ちそうな内箱。
写真ではわかりづらいですが、箱そのものはそんなにしっかりしてなくてちょっとやわやわなので注意ネ。

色は黄緑系めですがそれなりに濃いカラーリング。
香りの太刀筋がまずとってもいい!レモン系の柑橘果実とチョコという、シャンパーニュにとって欠かせないラインをキレ良く整えています。
味わいは最初にビターチョコの苦味を感じるのは特徴的。
それら柑橘とチョコというタッチから、ちゃんとミルキーな要素が立ち上がっていてただただ苦いだけや酸が強いだけにはなっていません。
この二段構えの構造が実にシャンパーニュ的。
それでいて、かなりドライであります。要するに甘味はすごーく抑えてある。
大人びた苦味があとまで引き、甘やかさはないまま柑橘果実のほろにがさがフィニッシュまで続きます。
ノンドゼなフランチャコルタとかにタイプは近いかもしれませんネ。
シャルドネのカリフォルニアっぽさとはうってかわって、こちらはブリテンが好きそうなドライタイプなのです。
私が経験した範囲では、一番ドライな南アフリカのスパークリング(MCCことメソッド・キャップ・クラッシック規格)かもしれません。
まさに高貴にして孤高。優雅な泡だと思います。

高貴な社会の高貴すぎるエンタメ感。まさにロワイヤル。王家っぽさがピリッとしています。

シャルドネとロワイヤルだと、同じワイナリだと思えないぐらいに大きく「造りの目指す差」が感じられます。低価格版の泡はなんとなーくシャルドネよりのアメリカンさな気がしてるんですが(未試飲なので今後試したい)ロワイヤルはそこから見るとすごくドライなんですね。
そして、それが結実して良いという。

コストパフォーマンス(最大5PT)
どちらも♥♥♥♥♥
ワォ!これが土地でも規模のデカいワイナリの仕事だって!?
どちらもケース買いイけそうな気がするワインなんですが、ちょっと特殊な味といいますか、クセはあるので注意かな。
シャルドネはピーター・マイケルに例えるとおり、カリフォルニアの高級ワインが出しがちな(ただ、まぁ、その域には届かないところもある)秀逸なシャルドネですし、キュベ・ロイヤルもそのドライさでありながらハッキリと果実の美味さが感じられるのはなっかなかありません。
で、シャルドネは2000円程度、ロワイヤルは3000円程度で買えちゃうのです。嘘みたいな話。
というわけで、普段使いのワインとして充分な価値があるなぁとしみじみします。これで、ティム・アトキンmwは5級つけてるんだから南アフリカはヤばいな!!!!!
ロイヤルの方は箱付きとはいえ、そこまでプレゼントに最適化というと多少疑問?(ロイヤルって名前率直すぎるしネ!)
まぁ、箱がない泡よりは少なくとも良いかなって具合。
あくまでも、まずは日常的に使ってその数倍の価値を体感できることが強みです。

というわけで、シモンシッヒよりシャルドネとキュベ・ロイヤルでした。
ちょっだけとクセがあるので万人にオススメとまでは言わないんですが、老舗でありながらこれだけ面白いモノが作れているのは驚き。
南アフリカは新進気鋭も老舗も活躍しまくってるのがイイですネ。と、相変わらず南アフリカにドハマりしてる私は思うのでした・・・

他国なら3倍は覚悟していい味がここにあります。

| 南アフリカ | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |