オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カリフォルニア超新星!これがこれからのカリピノの形? スクライブ2013

うぇるかむ!
金曜日の夜が最近、アイドルマスターシンデレラガールズ→jojo→utuwaととても楽しいアニメライン(?)で土曜日に精力尽きている私です。
で、アイドルマスターシンデレラガールズ(以下デレマス)の原作には「ニュージェネレーション」と呼ばれるチームと「ニューウェーブ」と言われるチームが出てくるんですね。

g2nAa.jpg
スクライブ・カーネロス2013
ピノノワールのニューウェーヴなんや!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
かなり硬派でシックなラベルですが、最新鋭のワイナリーです。
なにせ2007年設立!完璧に小規模で、ここの設立かつ醸造のアンドリュー兄弟がせっせとPRをしている真っ最中な訳です。
彼らがニューウェーヴとして米国で今ちょこちょこ紹介されはじめている・・・・・・といった感じ。
設立年からいえば、アントファームも似た感じかな?
このワイナリ、シャルドネとピノぐらいしか作っていない様子なのですが、500ミリボトルも作ってまして
zqZfb.jpg
なんかずんぐりとしたヘンなボトルだったり(なお、ハーフは今は2012が流通してます)
さて、そんな新波。どの辺りが新しいかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
オージー自然派系ナチュラルさ+カリピノ
というか、方向性はアッチ寄りですネ。クリーンな感覚のドリンカピリティあふるる、ガブ呑みも出来るパワータイプ。
なるほど、ちょっと新しいなぁと思わせてくれるスタイル。
1wGVC.jpg
色はかなり明るい赤さ(写真は全くよく撮れてないけどネ!)で変化率もなく新しさ満々。
香りはチェリーが主体なんですが、ちょっとした陰干しっぽい甘い香りが特徴的なんです。
なんとなーく、アマローネに似ている。熟したっぽい果実の印象は冷涼さと熱帯地っぽい暑さなどの印象よりも先に「完熟だなぁ」といった気分にさせてくれる。
イタリアっぽい花っぽさなどもあってブラインドだと多分ピノって答えられないかも・・・・・・(ピノ・ネロとも答えない)
そうしたギュッとした果実の質感で通された味わいになっていて、筋通りが非常にグッド!
ミルク感などはなく、チェリーとストレートティーのお茶会系の雰囲気がとても和やか。
呑みやすい方の自然派スタイルで、ガバガバ飲めちゃう感じでもあります。
明るい晴れ空なダンスパーティー。
こうしたタイプにありながら、よくまとめて作られている感覚がする辺りに、カリピノらしさを感じさせる。
驚くべきニューウェーヴではないですか。そんなに人気がないデレマスのニューウェーヴとは大違いヤ・・・

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
あとは値上がるだけっぽいからネ!
あとはパーカーたん辺りが高得点をポンっとくれてやるかド大手に仕入れ変更されちゃったら1万円を超えるワインになります(大暴言!?)
完成度が高いピノ・・・というよりワインになっていますから、それが6000円前半ぐらいの価格というのであれば大いに注目しちゃいますよね。
プレゼントには若干マニアックすぎますし表面が地味なので向きませんが、ピノに新しい発見を求めるのであれば必飲。

というわけで、スクライブカーネロス2013でした。
カリフォルニアも世代交代の時期か、ないしはパーカーめいたカルトからの呪縛回避を見出すのか・・・・・・
この先、ナパよりもソノマ周辺やサンタバーバラが面白くなる事は疑いようがない!

これから更に大きくなるのか?

ハーフではなく、500ミリ。このサイズも最近米国とかでは人気なんですって

アニメオタクであれば、120%がこれと誤字し想像したハズ。味わいはこんなに熱くないけどネ!

| アメリカ | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ランスロットォッ!あれが我らがラトーのピゾーニ・・・つよい  ポール・ラトー・ランスロット(ピゾーニ・ヴィンヤード)2012

うぇるかむ!
去る2014年の当ブログ年間ランキングでも書きましたが、アキバ系オタク的にアーサー王伝説は大事な原本となっています。
フェイト、実在性ミリオンアーサー、グランブルーファンタジーなどなど西洋ファンタジーの人物の元ネタとして出やすいのですね。
今日はそんな中でも、ランスロット!

QGBbG.jpg
ポール・ラトー・ピゾーニ・ランスロット2012
ピゾーニですよピゾーニ!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
最強タッグすぎる
サンタリタの現在トップクラス、江川卓も大好きポール・ラトーのピゾーニバージョンです。うへぇとしか言いようがありません。
SdtVr.jpg
グネヴィアとの恋愛云々のところがサラッとメッセージ部分になってるんでしてよ!
当ブログではピノだと以前にハピネスというのを紹介していますネ
サンタバーバラおよびサンタリタの現在知名度があがりまくっているワイナリーであります。
で、そんな今勢いのあるワイナリのピゾーニ版・・・それも、ピゾーニが最初にブドウを植えたオールドブロックオンリーで作られています。
つよい。
評論家評価はアドヴォケイト92点はついている様子で、フレンチランドリーとかの常連であるのは変わらず。
ポール・ラトーの中でも最も人気のあるシングルブロック系、その実力はやはり・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
つよい。
いやぁ、まさしくイケメンなピノであります。超スマートかつカッコイイ、素晴らしく作りこみのされたワインですね。
yjqPi.jpg
今回、こんな感じで色々ピノを飲みまくった訳ですが、作り込みの良さに唸るタイプのピノとしては強豪が沢山いる中颯爽と斬り払う勢いでありました。
(ちなみにナチュい感じでルーシーたんとスクライブはちょっと別枠。総合的に異次元でギルガメッシュめいてるのがバスフィリップ様)

色は赤さがくっきりしていてクリムゾンレッド。上の画像で比べると年代はそれほど変わらないハズなのにバス・フィリップとは大きく色合いがことなるのがわかるかも。
香りはけっこうバニラ&ココナツな樽要素が導き出されますが、それにつよい・・・なチェリー感覚がドンっと出る訳ですね。
ピゾーニ系の特徴として「果実感がとかくアメリカンに感じられるのに、どこか海系らしいサッパリとした持ち味」と私はイメージしてるんですけれども、その印象をバッチリもっています。
味わいは舌触りはそこそこに重たみがあるものの、切れ味バツグンのアフターでガッツリ飲めちゃう!
チェリーパイを主体とし、ミルキーなんですが果実の強さも手伝ってバランス良く整っている。
ミネラル感や酸もしっかり。高度な味わいの調整だと思います。新モノピノ、ないしカリフォルニアピノとしてやって欲しい事を完璧にスマートにこなしている・・・・・・
これぞカリピノ!と堂々たる風格です。似たスタイルのワインは数あれど、その次元からワンランク上の水準で全部従えていてなかなか感動的にカッチョイイ。
フェイトだったらむしろランサー(ステイナイト)な、グランブルーファンタジーならまさにランちゃん!
女性向けホモォ・・・なゲームや漫画のクールだけど意外と熱いところがある完璧超人系黒髪イケメンの如き存在感。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
絶品なカリピノを買いたいなら今すぐコレを買うのだ!
御意
アーサー王と最終的には敵対したというランスロット(原作)でありますが、今回のワインであればアーサー王の立場にありそうなのはマーカッサンとかコスタ・ブラウン辺りなのでは?
現在最高峰に上り詰めようとしている生産者による、最高の畑の最高の区画というロマネ・コンティも真っ青な組み合わせには流石にお手上げ状態。
まさにランスロット。
購入できる金銭的パワーがある人は、手早く手に入れる事をオススメいたします。
無くなってから嫉妬しても遅いゾ!

というわけで、ポール・ラトーよりランスロット2012でした。
本年度最強のカリピノが早くも決まりそうな気すらしちゃってます。やってる事が完璧すぎるといいますか・・・・・・
樽っぽさが強すぎると嫌、という人も推測するに寝かせてokな果実感があるので数本のストックがいいかと。
やはりセントラルコースト周辺はパラダイスであります。

ほんと、究極タッグでしてよ

新聞紙巻いてるだけの人やなかった・・・

| アメリカ | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最強ピノはオージーにあり!?この実力でセカンド!? バス・フィリップ・プレミアム2011

うぇるかむ・・・
KEIェ・・・・・・錦織圭惨敗してしまいましたね。まぁ、フェデラーの相棒で前回覇者じゃしょうがない。
さて。全豪テニスならぬ全豪ワインを行った場合、まさに優勝候補となるのがこのワイナリでしょう。

hZ15n.jpg
バス・フィリップ・プレミアム2011。
オージーのみならず世界最高峰のピノであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ただでさえ美味しいのが厳選入荷されやすいオージーピノの帝王
それが、バス・フィリップ。
当ブログ、既に去年別バージョンをご紹介してるので細かい事は省きますが・・・
一点、以前書いた記事では「クラウンプリンスがセカンド」と書いたんですけど、どうにもリザーブはシークレットキュベ(某所のダ・カポとかみたいな)でもないっぽく、このプレミアムがセカンドの立場みたいなんですね。
マジか・・・・・・としか言いようがないのですが。
yyzi1.jpg
裏面も奇をてらわないシンプル文字多め系。
ああ、もう、そそくさと香りと味にうつりましょう!!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
早くも今年最強のピノが決まっちゃったか?
ベラボウにうまい、赫奕たる一杯でありました。すこぶる恐ろしいなフィリップ・ジョーンズ様!
果実感と繊細系とちょっとした熟成っぽさを調度良く兼ね備えて「こんなピノあったらいいなぁ」を完全体現!!
auHRn.jpg

色は少し熟成感が出ているような感じでエッジが少しオレンジさが出始めています。
色だけで判定すると、も少し寝かせた方が呑み頃なのかも?
香りはちょっとキノコ要素が伴いつつチェリーのしっかりとした酸と甘味を感じさせてくれます。
ぎっちりバニラ要素などはなく、ほんのり梅感などもあり、またチェリー各種の幅も大粒から小粒まで手広く揃えたような。
味わいは一口目は大分酸が強いように感じられます。
赤系の果実の酸、これがまず目立って見えるんですね。なのですが、あとからしっとりと紅茶葉と甘味がしんみりと伝わってきます。
すごく繊細に、チェリーと黒砂糖を使ったパイのような・・・・・・それも郷愁的な世界観がほんのりのる絶妙な加減でやってきてとにかくしみじみ。
そこまでくると果実要素がとても充実している事がわかる(ちょっとシュペブルに近いぐらい)し、同時にブルゴーニュめいたエレガンスやミネラル感もとらえている事が伝わります。
何かと落ち着くワインです。とても心が満たされる・・・
「うまい!」ではなく「美味い・・・」なんですネ。うーん、このバランス感覚の新世界旧世界全部含めたような圧倒的な表現力はなっかなか説明が出来ませんナ。
キャラクターでいえば、すごく知的なメガネ美女感?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
2万円台でこれと戦えるピノがどれだけあるだろうか?
うーん、ブルゴーニュ経験は私薄めなのでもしかすると沢山あるのかもですが・・・私はあんまり思いつかないなぁ。
ピゾーニ系を持ってきても、カリフォルニアより表現力は高いように思えます。
総合的なバランス感覚が、とにかくインテリジェンスでキまってるんですね。
よって、この価格帯のワインを買えるようなワインラヴァーは買うべし。以上。
プレゼントに使う前にまず自分で呑みましょうこれは。

というわけで、バス・フィリップよりプレミアム2011でした。
去年の5月に呑んだクラウンプリンスも充分すごすぎたなぁ、そういえばなんで私2014年ベストに入れてなかったんだっけ?ぐらいの気分でしたが、それよりワングレードきっちり上げてるような実力を感じます。
ピノ・ノワールで欲しい要素を大体取り入れて形にしているような出来栄え。ブラーボ!

これでトップでもないって辺りが、バス・フィリップのヤばさだと思います

う、うーん、そんなにメガネ派でもないからパッとキャラが思いうかばぬ。ノエインだっけノインだっけなんだっけあのシエル先輩みたいなこう(突然のもどかしさ)

あー、こう、こんな?私一巻しか読んでないんだけど・・・

| オーストラリア | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱクリス・リングランドすごいわ・・・クリス・リングランド・CR・バロッサ・ヴァレーシラーズ2012

うぇるかむ!
錦織圭が別に特別好きという事もないけれど「オーストラリアでノってる」という理由でニコニコしながらニュースを見ている私です。
ベスト8も当然という状況にいる彼ですが、同様に当然オイシイワインを作っちゃう人というのもいるもので・・・それが今回の

5lVgo.jpg
クリス・リングランド・CR・シラーズ
そう、オーストラリアのシンデレラプロデューサーであります。武内!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的に+♥)
これ、5000円ギリギリいかないぐらいの価格なんですが、クリス・リングランドの本家のテーブルクラスワインです。
相対的にみれば高い。高いのですが・・・まぁクリス・リングランドだしなぁとも思います。
SvhOp.jpg
それより何よりナイスなのは、全面シルクスクリーン(シール貼り付けじゃなくてボトル自体にプリントされている)でこの異様にかっちょいい雰囲気が出ている事。
クリス・リングランドというとオーストラリアトップクラスの醸造家およびコンサルタントとして知名度が高く、ここのファーストであるスリーリバース(現在は名前オンリーに改名)は10万クラスだったりします。
けっこーコンサルタントもしてて、それなりにプロダクトワインが見つかり、特にスペインのボデガに関しては
「え、クリス・リングランドってスペイン人じゃなくて?」
という人がいても不思議ではないほど人気。アクイロン超飲みたい。当然オーストラリアでのプロダクトも人気。

その割に日本ではまだまだ知名度が低く感じられます。当ブログがグーグルで「クリス・リングランド」で調べて1ページ目に来るってのは大問題では?
さておき。
その本家本元のサード、というびみょーな立ち位置にあるワインですがその実力というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
ワォ、エレガントなリングランド・・・
クリス・リングランドというと「収量を削った濃さ」「八角系のスパイスニュアンス」辺りが個人的なイメージなのですが、それら両方を備えつつ多少果実感ないし凝縮感が削がれている分、ちょっとローヌ寄りと言いますかすらっと仕上がっています。
怪我の功名とも言うべき、すごく綺麗な仕上がりでかつクリス・リングランドスタイルを感じさせてくれるワインになっていて舌鼓を打つ。

色はかなり赤紫度が強めでフレッシュな感じ。
香り自体は思ったよりはたたない(というより、クリスのワインだから身構えちゃう)のですが、その中にスパイスと紫果実のシラーに欲しい要素がガッツリ見えます。
バニラっぽさは控えめ・・・というより香りの段階では全体的に控えめですが、しっかりとオリエンタルなスパイス感を見いだせるのは特徴的。
味わいは想定外に口への辺り口は軽やかで、あまりトロッとはしていません。
が、それでいてシラーズらしいプラムやプルーンなどの濃厚なジャミーさと八角を中心としたスパイスがぴりっと効いてくるのです。
濃厚、とは書きましたがシラーズ全体やカルト・シラーズよりももっとカジュアル。
それでいて、そこにはチャイナドレスめいた色気をきっちり感じられるんですね。
どの辺りからこの中華風なスパイスの効き心地になるのか謎(私の妄想かも)なんですが、肉厚でないスラッとした正統派チャイナドレスの立ち姿。
果実感もヘンに濃くなく邪魔にならず、そのくせ独特の雰囲気を保ちつつ、フィニッシュもデクレシェンドしていきキレイ目にオワリます。
これ、お肉・・・それも牛肉辺り・・・と最高です。
ワインが主張しすぎないので、お肉の味が映えること間違いなし。トータルバランスですぐ飲むなら、もしかするとトップ・キュベより飲みやすく美味しく飲めるかも?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
オーストラリアを知りたいなら、これは飲むべし!
最高峰の人が5000円アンダーのシラーズで何をやってのけるか。それを知るためには是非試してみてください。
サードにしては妙にかっちょいいボトルデザイン、濃厚さとエレガンスを同時にもった仕上がり、日本人が好きそうなところをもったスパイスの妙・・・・・・ほんと、なんでもっと日本で知名度ないのクリス?
あんまりにもラベルがオタッキーにカッチョイイので、一般的なワインラヴァーウケはしないラベルデザインですが、
「お、クリスリングランドじゃん」
と思えた人とは私は握手がしたい。

というわけで、クリス・リングランドよりクリス・リングランドCR・シラーズ2012でした。
私、家ではお肉の煮込みばっかりやってるんですけど、肉の引き立ち方が途方もなく良かったワインでした。
前々からクリスすごいなぁとは思ってましたが、このCRはサードというには勿体無い逸品になっています。
シラーズの今どきを確かめたいなら、価値のある一本!

楽天は京橋ぐらいしか売ってないのですが、調べるとそこそこ売ってる店はあります。ある内にお試しあれ。

最上位はコレ。ヤばすぎる値段・・・

本家、というよりはこのぐらいラフな感じのチャイナ感覚

| オーストラリア | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大手の夜間収穫SB泡?オージーらしい自由さがあるっちゃーある。 ジェイコブス・クリーク・クールハーベストSB

うぇるかむ!
錦織圭ベスト8なのかー。などと、如何にもミーハーにスポーツを見るアキバ系オタクであります。
で、その会場を見てるとスポンサーにここがガッツリ出てて、何か記念に買ってみようかなぁとスパッとやってみました。

5QvEd.jpg
ジェイコブス・クリーク・クールハーベスト・ソーヴィニヨン・ブランキュベ
オージーのド大手のひとつであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルは女子力が高いちょっとオサレなツリー系。
93Bxt.jpg
QRコードまでオサレ!こういうところに力を入れられるのは大手力ですね。ついでに公式サイトも豪華。
触れ込みが「世界で一番売れているオーストラリアワイナリ」という何ともアメリカンな文句。
その中でもクールハーヴェストシリーズというのが今回のモノで、柄どおり「夜間収穫ブドウで作った」というスタイルだったりします。
これ、妙に日本で持て囃される収穫方法のひとつでして、それで何故かソーヴィニヨン・ブランオンリーで泡を作っているという。
ジェイコブス・クリークが割りと日本輸出に力を入れているのは、これなどでもお馴染みかも


おもいっきりピンポイントで和食用ワインとして海外大手が(おそらく?)始めてやってのけたワザマエでした個人的に一応ダシと合わせやすいニュアンスを無理やり作ってる感がしてあんまり好きじゃなかったり
というわけで、ド大手の変わり種な訳ですがそのレベルというと・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥(飲み手を選ぶ)
あくまでもスッキリ系。ガス入れてるっぽい系の味わいです。
ラムネみたいな泡!

色は若干黄色みがかったカラーリング。
香りから柑橘少々に何ともソーダみたいな感じがするんですね。
少しメロン皮っぽさなども見られ、そうした果実っぽさとチョコ感など高級感が0の為に思い浮かぶのが書いてのとおりの炭酸水。
味わいも同様に、ライム感が強くフレーバーとして感じられますが泡の立ち方の加減なども総じてカジュアルであり割りと消えやすくかつスッキリというよりは甘味が残りがち。
なんともジャンキーな気分にさせてくれるっちゃくれます。むしろダサ甘カクテルばっか呑んでる若者向けなのかもしれません。
そうしたちょっとアルコールが入ったソーダ水的なところが、これはこれでまぁ楽しめなくはないかも?
まぁ、こういうこともあるな(CV:日向)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(ノベルティがついてると+♥)
ところで、なんでジェイコブス・クリーク社の多数のラインナップの中でもわざわざこのワインを私が選んでいるかというと

4Ls4i.jpg
ボトルクーラーがついてたんですね。わぉ、太っ腹?
錦織圭+おまけ=購入というなんともチャランポランな私。まぁ、こんな日もあるんですよ。
csEHN.jpg
クーラーの効果自体には期待しているわけではないのですが、泡買った時に使えたらなぁという。
クーラー分だけお得。あくまでもカジュアルなワインにすぎないっちゃーすぎないけど。

というわけで、ジェイコブス・クリークよりクールハーヴェストでした。
泡も瓶内二次ばっかり呑んでるとこういうのがあることをたまーに忘れてしまいます。
私自身としては好みではないのだけれど、これもまたワインスタイルかな~とは思わせてくれるネタさはあるんですよね。
オーストラリア大手なりの考えられたカジュアルではあるのかな。

が!大手なのに!これ楽天で売ってなかったので別の張っておきます!!なんで売ってないのクールハーベスト!?


なんだかイメージ的にこれがつきまとっちゃったという

| オーストラリア | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相変わらずのナチュパワフル!元気さあふるるスタイル。 ルーシー・マルゴー・ヴィレッジ

うぇるかむ!
そういえば、全豪ってことは錦織圭選手もオーストラリア行ってるんだよね~
と、錦織圭が向こうで何を呑んでるかが気になっている私です
さて。それとは全く関係なしに、私の推しワインな訳です(!?

20150125212159a0e.jpg


ルーシーマルゴー・ヴィレッジ・オブ・ティアーズ2013
出ました。ルーシーです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
お ま た せ
というわけで、当ブログ登場率が異様に高いルーシーです。
前回のピノでの登場はこちらですし2014年年間2位にしたのは万円級ワインを差し置いてコレにしましたしド贔屓ワイナリであります。
なのでワイナリ詳細は省く!
ワイン単体でいうと、アデレードヒルズの3つのヴィンヤード&自社畑のミックススタイル。
ココのピノとしては最安値になるかしら(キチめいたブレンド除く)。なんで泣いてるのかはちょっと不明。

さて。なんで私がド贔屓するか・・・・・・その理由のひとつに「このワイン呑む時は何かしら逸話が出たりする」という要するにブログで書きやすい。
なーぜーか、このワイナリのワインを呑むときはちょっとした話ができる。それは私(シンク)にとってのエピソード力の高さといえましょう。

が、今回はそんなにイイ話の方でなく、このピノノワールオンリー会で、私以外に先に呑んでいた全員が
「思ったより大したことなくね?希少価値だけっしょ」
と何故か全会一致した事。
4人ぐらいいて全員頷いてた。びっくり!
え、そんなに微妙なん?と思いつつ呑んでみましたとさ。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥♥)
いや、カワイイ旨さじゃん!じゃん!!
と、その場でおにぎりワッショイ音頭を踊りそうになったのでした。
いやいや、これ充分いいですよっていうかコレまで呑んだルーシーのピノの中では一番良かったヨ?
20150125212153b3b.jpg

色は変化なくレッド。新モノらしいかなり赤みが強いカラーリングです。
香りがかなり甘露でジューシー。チェリー果実はフレッシュな実とジャムのミックス、意外なほどバニラっぽさが見られます。
複雑、とまではいかないまでも、果実感は面白く整っているかと。
味わいは12.7%という数字が嘘としか思えない濃密で力強くナチュラル系が持つみずみずしさ全開のとっても楽しいワイン!
アルコール度数かなり高そうだけど13.5%で抑えてあるのかなーと思ってラベルみてびっくりしましたよ。
チェリッシュさ満々で果実要素が非常に高く、それがとにかく元気!元気!!
果実分と並行して紅茶要素をもち、ただただ走り回るだけでもない品ももちつつなお元気!!!
すこぶる果実感が良好で、故に深い懐を持ったワインとなっています。
フィニッシュまで陽気に果実感を満たしつつ、ちょっぴり苦味を残してフィニッシュ。
シングルヴィンヤードのものと比べると精密さや味わいの種類(複雑さにも近い)は少ないんですが、果実押せ押せでジューシーな感じはこっちの方が強く、そして正直なところこっちのが私は好きかな。
果実が強くて元気がいい、と書くと確かに静かさはないですしピノの熱烈なファンには向かないのかも?
また、記述的に果実強いって割りとマイナスに見られる事も多いんですが、今回は逆で多くの整った緻密なワイン以上に呑んでいて楽しいですしチープさはないんですネ。
天才子役ではないんですが、自然でかつひねくれていない子供らしさを見て、むしろしんみりしちゃうぐらい。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ルーシーのピノはまずコレを買おう!
申し訳ないけどシングルヴィンヤードよりはオススメ。
自然派らしい感覚であり、そういうタイプには向かないのですが、とにかく楽しく元気なワインとしてオススメ。
なので、余計に「ティアーズ」とラベルの寂しい感じが良くわからなかったりします。
何故、泣いているのか。その解読の方が私の批評よりよっぽど楽しいハズ。
買えればそれだけで結構レア度高めなのでワイン会からプレゼントまで使えるでしょう。万人ウケするかは別っぽいのですが。

というわけで、ルーシー・マルゴーよりヴィレッジオブティアーズでした。
ここだけの話ベタ褒めしつつ、正直メルロ主体の方がそれでもオイシイと思います。
ですが!このスタイルのピノに楽しみを見いだせるというのもまた一興だとも考えるんですネ。
すごーく、果実の選定を頑張った感がある自然派ピノ。うーん、やっぱ日本に入ってくるオージーピノはスゴイ・・・

いやー、この値段で手に入ったら試す価値アリと書く他ないのデス・・・

「ティアーズ」で検索をかけたら、リーフ・・・じゃなかったアクアプラスのゲームが。ま、まさかルーシーは「ちゃん様」好きなのか!?(オタクの特有の深読み)

| オーストラリア | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランドで最も入手困難!? ベル・ヒル

うぇるかむ!
ここのところのカルトめいたピノ特集。今回はNZより最高峰のひとつを。

lW9bo.jpg
ベル・ヒル・ピノノワール2011
NZのトップ・カルトのひとつです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
文字自体もオシャレですが、書いてある文字列にも注目していただきたい。
なにせ2366ボトル・・・6本=1ケースとして400ケースに満たないという希少品であります。
ZVdxj.jpg
裏面もそんなに特色はないのですが・・・・・・今、最もニュージーランドワインとして手に入れにくいウルトラレアピノというのがコレなんですネ。
作り手はマーセルギーセンとシャーウィンヴェルデュイゼンという二人で1997年に設立。
土壌がめちゃくちゃブルゴーニュに近い、らしいことが特徴でニュージーランド随一のカルトピノとされています。
マシュー ジュークスのNZピノベストにおいて5つ星というトップ扱いされています
このマシューのランキングで5つ星はアタ・ランギ、ベル・ヒル、フェルトン・ロード、マウント・ディフィカルティ、リッポンの5つ。クスダが4つ星をとり話題になりました(これは日本人のワイナリにおいてランシュ・バージュへの投資レベルに優れた評価)。ちなみにもっとも日本でクラウディ・ベイは3つ星という状態。
アドヴォケイトすら93+と割とNZ評価が厳しいところでもそこそこの感じ。
というわけで、とにかくNZ最高峰な訳ですけれども、その実力というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(頃合いでない?)
う、うーん、思ったよりは感動したなかったというのが正直なところです。
14%にしてはちょっと中抜けしてしまっていて、作り込みの中にもう一つ何か足りない印象となっていました。
Bhbe8.jpg
色は赤みが強めに出ており、またエッジなどに大きな変化はなく強く若い印象。
香りにチェリーなどの果実感が出ておりスマートめ。
特筆して紅茶要素などは感じられませんが、果実の感覚が良く出ているタッチで味わいもバランスを良く整えています。
というか、整えすぎと言いますか、もう少しこれならあとひとつ欲しい!というすごく惜しい感じがしちゃうのが現状。
チェリー系の酸と甘味、タニックさもそれなりでありながらどこか凝縮感は抜けていて、新セカイ系のピノらしい統率の取り方なのに華がなくしとやかに終わってしまう感覚なんですね。
もう一歩踏み込んで欲しい!というところで逃げてしまうじらしプレイなワイン。
故に、エレガントといえばエレガントなんですがすこーし物足りなくかんじゃいます!
傾向としてはアントヒルみたいな作り込みがしっかりした新世界なんだけど、それならもうちょっと強くてもいいのよ?みたいな・・・
なんでしょ、好きな子がいたとして、その子が隣の隣のクラスで彼氏もいるんだかいないんだかって噂が流れてるみたいな何とも微妙な気分。
悪くないのだけれど、グッとこないという複雑な心境にさせられたのでした。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(ヴィンテージの問題?)
というわけで、15000円前後のワインとしては個人的にはどっちつかずかなーと。
確かに優れた作り込みがあるように見えるんですけど、どっか足らない。
それはヴィンテージのせいかもしれません。あんまり良い年度でないアオリをくらってる?
よって、今後飲む機会があったら大きく変動しそうな気もしています。それだけ自然めにかつ作り込みがしっかりしているワインなのかも?

というわけで、ベル・ヒルよりピノノワールでした。
シャルドネ派もいるらしいこのワイナリー。改めて試したいところではあるかなぁと。

このぐらいの価格としては、妥当性があるにはあるんですけれどネ。

あと、セカンド格が驚くほどファーストと価格が変わらないのもびっくりネ。

| ニュージーランド | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルドーめいたブルガリア!?サン=テミリオンの超級伯爵がつくる恐ろしいシックさ・・・ ドメーヌ・ベッサ・ヴァレー・エニーラ2009

うぇるかむ!
ここのところニューワールドピノ続きでしたがちょっと休憩。
今週末、某所で「第三国」としてスイスだとか中国だとかのワインを飲もうみたいなティスティングイベントが行われるようなんですが、私仕事で参加出来ないのです^^;
で、その中でも我慢出来ずに一本買っちゃったワインがあるので、先立ってレビュー。

lBeyJ.jpg


ドメーヌ・ベッサ・ヴァレー・エニーラ・2009
ブルガリアのメルロー主体!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(よくよく考えると・・・)
ラベル自体は一見、ふつーに見るとなんか紋章柄で面白いことはありません。
が、サン=テミリオン通であれば一発で「は?ブルガリアワインの紹介じゃねーの??」とキレそうになる紋章がかかげられているのです。



そう、ラ・モンドットの紋章!パクリでなくまんま!!
プロダクトはステファン・フォン・ナイペルグ伯爵。
フランスはサン=テミリオンのラ・モンドットなどを手がけ、ステファン・ドゥノンクールという今や超売れっ子のコンサルトを見出した欧州きっての「ワインキチ」な伯爵であります。
出資だけじゃなくて、現地に行ったりは勿論のことフランスの自分のところで使っているマーク・ドゥウォーキン氏を醸造担当につけたり、そもそも「フランスの伯爵家がブルガリアなんぞのワインに伯爵家の紋章をつける」というのが異状です。
考えてみてください、ブルガリアのワインに織田家なり豊臣家なり徳川家ないし伊達家なり・・・・・・の家紋が公認でのっかってたら衝撃的でしょう?
まして権威主義的なフランスですよ?伯爵って単語がある国の人がその家紋をブルガリアのワインにつけたってのがまず事件ナノデス。

XLPRG.jpg

裏もなんともフランスないしチリ感。
作りとしては、メルロー80%以上にシラーとかカベルネとかプティ・ベルドが混ざっているという完璧に右岸のスタイル(正確な%情報はどこも疎らで把握しきれず)
また、このワインにおいてはアドヴォケイトとジャンシスが結構良い評価をしている点もあげられるでしょう。
個人的にこの2つが同時に並んだ場合、当たりが多いんですよネ。
ジャンシスは
「ナイペルグ伯爵マジ濡れですわ・・・ブリテンのとあるマーケットが速攻で入荷したのわかるわ~。フランクな性格でまるで口の中で踊ってるよう。ボルドー愛飲家にブラインドさせたいわふっぅうー!」(意訳)
と、ホモォ・・・みたいな勢いでダッシュしており、アドヴォケイト(パーカー?)も
「ベラボウに旨い。世界のワインの品質と多様性の証明ッスね」
とブログで表明し、ヒューたんも「めっちょいい・・・」と感嘆したとかなんとか。
フリーラン、旧樽12ヶ月というスタイルで相反するジャンシスとパーカーが評価しているという傾向からいえば不可思議なワインであったので、前々から気になってたんですよー。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(呑み頃次第でプラス♥)
ワォ!ボルドー通がフランスと間違える事が目に見える!!
ジャンシスたんの表現は流石でした。これ、完璧に右岸の味。衛生地区っぽい気もしますが、完璧にサン・テミリオン周辺です。セパージュの一致だけとは思えない感じ。

色は少し熟成色を感じさせるカラーリングになっていて、少しだけ褪せたレッド。
色自体はそれほど深みはないかと。
香りから感じられるのは、かなりの硬派なワインであるというと。
ちょい熟気味のマッシュルーム感、ベリー系と同じ程度にバレンシアオレンジ。多少の獣っけあり。
すごーくこの段階でシックで大人な味なのが想定できるんですが、味わいはより熟成要素のダシ感などが加わりつつあるメルロー仕上げに。
比較的メルロとしてはライトめな口当たりですが、土っけや鉄観音茶他中国茶っぽい雰囲気がすごーく「本格」を感じさせてくれるんですネ。
重たいタッチや樽ぽいバニラニュアンスなどはすごーく控えめに感じられる程度で、熟成メルロっぽさをきっちりと演出。
この果実にもバニラにも頼らない無骨でシックに土感を残しつつ〆るあたりまで本当驚きのフランス加減。
多少微々たるハーブ感の部分にチリないしオーストラリア感を思わせますが、ブラインドでのフランスと記入させるっぷりは計り知れないモノがあります。
超個人的な話をすれば、この味わいは「数年前のカプ・ド・フォジェール」であります。サン・テミリオンの元超お買い得ワインより、もうちょっとシガー感がある分チリぽいかも?
開けてくると、ちょっとした甘味が加わってきていよいよたまらなく洗練とした右クラレットと化します。
私がゴリ推しするテラ・タングラとかカストラ・ルブラが相性が悪い方は、逆にこっちを薦めたい。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
一度この味を試したら、ケース買いの意図がわかろうモノよ・・・
ただ、甘味など初心者にうったえかける旨さではありません。つまり、ボルドーワイン通ほど買うべきワインです。
伯爵が「もう人件費安すぎィ!10分の1よフランスの!!したがって、私が監修でこの値段でゴザル!!!」
と興奮していたらしいんですが、その意図も頷けます。
2000円のスタイルではないんです。5000円は確実にしてそうな超シックさ。
プレゼントに向くタイプではありませんが、テーブルワインとしては常にノーブルでブルジョアな気分にさせてくれる事でしょう。
ブルガリア、本気で恐ろしい・・・日本のブルゴーニュワイン好きがよくニュージーランドでワイン作ってたりしますが、ボルドー好きな人はブルガリアいかがでしょう?

というわけで、エニーラ・ベッサヴァレー・2009でした。
初心者向けにはもっと他のワインの方が好まれるかもしれませんが、この本格レベルの高さは思わず
「なんかインポーターとかで書いてある果実ギッシリタイプじゃないんだけど、私の舌が狂いすぎか?」
と確認の為に2本買っちゃった程。
で、その結論がやっぱりボルドーのいい雰囲気があるなぁというオチ。いいコンサルトはいい土地も見つけるという如実な例でしょう。是非呑んでみて!

安いとこんな値段で買える・・・のですが、良くこのワインの紹介にある過熱感はありません。

キッチリとした男ハードな世界観!

| ブルガリア | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アフリカの最高峰ピノ。ケモミミ系・・・? ハミルトン・ラッセル・ピノノワール2012

うぇるかむ!
南アフリカ、当ブログもけっこー推している地域でありますが、その中でも最も海寄りのピノというのがこちら

KUvF1.jpg
ハミルトン・ラッセル・ピノノワール2012
ウォーカーベイのピノ単一です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
なんかちょっとラベル怖くない!?
VUCBa.jpg
影になるとなんか異様に怖い!折角新世界系なんだからもっと楽しいラベルにすればいいのに・・・・・・

作り手だとかは正直全然情報がなくってですね。どうやら世界最強産地サンタバーバラと緯度が一緒!とかいうのが一番のウリ文句になっていて訳がわかりません。
緯度が一緒でも土とか作り手のジツリキが違うでしょ!カラテしろ!!
とニンジャ滅すべしという勢いで指摘したいところでありますが、一部でブーケンハーツ・クルーフ様と同程度の評価の南アフリカだと聞いて私の心はとっても動きます。
ddIQy.jpg
紋章も何故か旧世界タッチ。そんなかしこまらなくてもいいのに・・・
さておき、その実力は如何程のものかというと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(人によりけり?)
うぐ、私の一番苦手な獣感たっぷりピノだ・・・
ということで評価が芳しくはありません。ただ、そうした獣っ子系が好きな人にはたまらないワインであり強い個性には見るものが間違いなくあります。

色はちょっと朱色気味。そんなに熟成してるでもないのに、かなり褪せて見えました。
香りにオレンジっぽさとジビエ系のにくにくしさがありベーコンなどの要素が鑑みられます。
オレンジ感はまだしも、こうしたジビエ要素とかって個人的にネレッロ・マスカレーゼ(エトナ)とかシラーであると超がつくほど嬉しいのですが、ピノでついてると何故かそうした生臭さが残りがちで好みでなかったりするんですネ。
ということで、味わいは更に獣の雰囲気びんびん。
毛皮感、酸もじっとりとしていてオレンジ系。アフターの苦めのチョコニュアンスも強く、ダーティー。
そうした獣感たっぷり具合いはまさにケモナーなワインって気分なのです。

*ケモナーとは、オタク界隈でも特殊な獣属性持ちの人々の事。ネコミミは軟弱とされ、スヌーピーやフェリックスなどのように半獣人それも毛のモフモフさを争いがちな属性の事です。極端にいくと「人間の女の子をほぼほぼ動物にアレンジする」ところに至ることで萌えるタイプ。実は絵が旨い女性に多い。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には)
というわけで、自分では好んで買わないスタイルなのですが、好きな人はたまらなくケース買いしてそうなワインです。
n6ojB.jpg
後ろも徹底して硬派系であり、苦さがウリのフランスら辺を愛している人にもオススメしうる味わいかな。
クセがハッキリと強いので、藪から坊なプレゼントには向きませんが、好みまで特定している相手であれば検討に値するハズです。
なんとなーく、ブルガリアとか南アフリカのピノってこういう獣感あふるるモノが多い気がします。ソレ系好きな人は攻める価値が大有りです。

というわけで、ハミルトンラッセルのピノ2012でした。
いやー、苦手ですこういうピノ。ただ、知り合いにケモナーの超上手な絵の人とかいるので、そういう人と呑むときには敢えて買いたいかも。
個性的、特殊なピノをということであればオススメできる・・・と、苦手と公言する人間が言えるだけの面白さはあるハズ。

そろそろいーかげん、このショップで購入する事をしなければと検討中です

ケモナーは女性のが多い。理由として少女漫画のマスコットから変身するキャラからの発展があげられるかと(世界のワインブログで始めてケモナーの起源性について語る当ブログであった)

| 南アフリカ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新世代のカルト!働き蟻ラベルのLGワイン。 アントヒル・ファームズ・アビー・ハリス・ヴィンヤード2012

うぇるかむ!
ワインには入手困難度=レアリティの高さというのがあります。それはカードゲームの価値以上に入手困難です。
多くの人が思い浮かべるロマネ・コンティは「抽選会が催されて何十万円かで買われる」というLG(レジェンド)ワイン。
*日本国産カードゲームでは一部にLG(レジェンド)>UR(ウルトラレア)>HR(ハイレア)>R(レア)といった具合いに希少度があったりします。ゲームによって違いますが・・・
で、今回のはもうひとつのLGパターン。つまり「国内入荷が1000本いかない少なさで値段以上に希少」というのがあります。

jDmwv.jpg
アントヒルファームズ・アビー・ハリス・ヴィンヤード2012
超入手困難なカリピノです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
なんか妙に気味が悪い感じ・・・・・・

KdZ1O.jpg
アメリカで意外と多い昆虫柄のひとつですね。
ワイナリー経営の連中がアリのようにせわしなく働いているイメージなんだとか。

作り手はアンソニー・フィリベルティ、デヴィッド・ロウ、ウェブウター・マルケスという三人で彼らは
「ウィリアム・セリエムで修行中の若造トリオ」
であり、セリエムから抜けだしていきなり2004年にワイナリーを始めたわけです。
なんという若気の至り!
彼らはまぁ、無謀の極みみたいな感じで畑を探して買って始めたわけですが、まずワイン&スピリッツ誌が目をつけて超高評価をつけます。
その高評価の内容というのが「全米ピノ年間NO1」な訳です。で、それから続々とワイン評論家や雑誌が高評価をつけだします。
アドヴォケイトはガッローニが平均93P。タンザーたんは「見守るべきワイナリー」と頷き、フレンチ・ランドリーがバシバシ入荷して、アラン・メドーなるブルゴーニュ評論家が「メーリングリストに絶対おまいら登録しろよ!」というアメリカワイン業界における最大の賛辞をおくっています(ところでアラン・メドーって誰?)
日本における知名度は低いです。というのも、日本には2010ヴィンテージの頃は全部で24本ぐらいしか入ってこなかったとされているそうだから。
流石に2015年現在はそんな事はない・・・と思うんですけれども、ネットショップや実売されているところを見たことがありません。
今回、ニューワールドのピノをいっぱい呑む会で出ていてティスティング出来たんですが、事前告知されていたリストの中で私としても最もびっくりしたワインでした。
だって、売ってないんだもん!味を試す機会すらないと思っていたワインでしたが、果たしてそのベールというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
見事な統率を持ったピノだ・・・
まとまりが尋常ではありません。昨日、クリストムを「お嬢様に見えて実は田舎っ子」と評しましたが、これは逆です。
箱入り娘。アリさんのイメージからは遠く、洗練されたバランス感覚に成り立ちます。

色はかなり強めのクリムゾンlレッド。
香りにチェリーや大粒の高級イチゴめいたタッチがあり、果実感がかなりしっかりと出ています。
バニラ要素は少なく(樽率低いっぽい)果実感からくる酸が多めかな。
とにかくチープでない本気の果実ニュアンス・・・したがって、l味わいもストレートでスマートなスタイルとなっています。
チェリー感覚は程々に、甘味酸味をハッキリと伝えつつ最後までピシッと終えていきます。
ダレることなく、変なクセッ気もなく、宣伝の割にビオっぽい人懐っこさや苦味などもなく、ストイックなまでに果実の総合スタイル。
甘味なども低めでドライでギッチリなどは決してしないという。トータルバランスが「架空上イメージのブルゴーニュ」です。
メンドシーノ辺りとは思えぬほど果実感が冷たいタッチで、そのくせ凝縮的でありません。
すごーく品がいい、キリッとした感覚。
逆にいえば、あんまりクセがないワインであり、完璧な円形を目指しちゃってる感はあります。
その辺りがガッローニが93点にしてる感じかな?アメリカ人がすこぶる好きなパワフルタイプではないんですね。
どこまでも磨かれた刀のようなピノ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(手に入れにくさを踏まえると多少マイナス)
5000~6000円ぐらいで買えた場合は手に入ります。その範囲であれば大いにお買い得!
1万円以上の味は間違いなくしているのですが、楽天ショップ内ではそうした出店がないわけで・・・・・・
この一本から判断するならば、見かけたらどのワインでも面白い結果を持っていそうです。何故ならば「すっごく考えて知恵をそれこそ働き蟻の如く絞ってそうだから」。
もちろん、これは買えたらの話であり、非常に入手困難なのは事実。
それゆえにLG。日本入荷量が増えることをただただ望むばかりです。

というわけで、アントヒル・ファームズよりピノのシングルを。
ワイルド系かなーと思ってたらガッチリとしたインテリ系でちょっと驚いたワインでもありました。
ブルゴーニュというよりももっと構成がしっかりしている、まさに人の手のワイン。
今後のスタンダードを予見させるワインになっていますネ。

買うことそのものが難しいんですよねぇ・・・

正直、こんなの耳にされてても困る^^;

ピトー、かわいいよねー

| アメリカ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレゴンのカレラ?日本での人気もトップのその実力とは・・・ クリストム・マジョリーヴィンヤード・ピノノワール2012

うぇるかむ!
当ブログ、あんまりオレゴンで更新してきてませんでした。理由は絶対数が少なく私がセントラルコーストを優先しがちな為。
さて。そんな中、タイトルどおり「オレゴンのカレラ」の異名を持つワイナリを呑んだので。

x2FKs.jpg
クリストム・ピノ・マジョリーヴィンヤード2012
オレゴンのカレラ、それはなぜか?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
なんかゴッチャリとしたロゴが安っぽいのかカルトっぽいのか漂わせる雰囲気ですが、これは後者。
醸造家がスティーヴ・ドナーという方なんですが、初期のカレラ・ワイナリーに14年間滞在していた方。
要するにカレラの立ち上げ人で、その人がオレゴンで92年頃、ポールギャリーというエンジニアに雇われて始めたという経緯です。
Z1dGc.jpg
なんか裏にマップもつけとくあたりもカレラと似てますネ。
総合マッチングさせた低価格(といってもミドル級)からシングルまで多義に作っているという傾向もまぁ似てます。
マジョリー・ヴィンヤードはこの自社畑の中でも1982年ぐらいに植わってたという自根のピノ畑なんだそうで、ワイナリのフラッグシップのひとつ。
評価はなかなかのモノで、ワイン&スピリッツやデキャンターといった英米の雑誌がまぁまぁの品づけ。
パーカーポイントやタンザーたんも90点台は保持しているようで、一番特色なのは「日本の雑誌の評価が高め」なところ。
ワイナート、ワイン王国、ヴィノテークと大体で特集が組まれておりリアル・ブルゴーニュことリアルワインガイドで登場していないだけになっているという。

そんなこんなで、オレゴンの最高峰。その実力はどれほどのものか・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
すごくまとめてあるのにどこか田舎臭さがある
そんな、少し背伸びをしたようなキャラクターです。
アメリカンカルトピノの雰囲気はバッチリと備えている訳なんですけれども、その中でもどこかなにか田舎っぽさが抜けない感じで「超絶お嬢様」よりは「都会に興味満々の田舎っ子」みたいな雰囲気を感じます。

色はかなり強めのクリムゾンレッドで、ピノの中でも濃いカラー。
香りにどこか葉っぱ系や土系のニュアンスがありつつ、基本はチェリージャムと葉巻。
この辺りの香りのスタイルが私が「田舎っぺ」と感じる部分でしょうか?
暖かい産地の果実っぽさと冷たい地域の苦さが出た感覚が同時に感じられるという。良くいえばギャップ萌え、悪く言えばチグハグさがあるんですね。
味わいも同様に、ほぼほぼ香りに近いスタイルです。
酸味は豊富でチェリーだけでなくもっと別の赤果実、アセロラやベリー各種のタッチがあり涼し気な印象。
食感がかなりきっちり作った系の中庸なバランスであり、また樽っぽさもそれなりに感じられるスタイルでここまではバランスがいいんですが、ふと過る葉っぱっぽい苦味。
ここが絶妙に好みを分けます。個人的には「きっちり系なのにちょっとしたダサさ?」とも思うんですけれども、この感覚こそ高次元のバランスだと思う方も多いハズ。
しっかりとしたアフターで、高級ピノっぽさは充分にあります。
その中でも個性的である、といえばそのとおりかな。
なんとも不思議とまとまっているし理知的なのに、間抜けな部分があるというギャップ萌えキャラです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(好み次第?)
一万円近いピノ、としてはキャラクターも面白いのですが個人的にはスタンダードな価格帯かなーと。
高級ピノであればあるほど、醸造家のキャラってハッキリと出るモノですから。フラッグシップでも1万円いかないことの方を喜ぶべきかも。
オレゴンピノ、という価値がわかる人相手には充分にプレゼントとして効きます。むしろマニアックな部類なのでとてもワイン通には喜ばれるかもしれません。
ちょっと贅沢な価格のアイテムなので、一般的には特別な日に。
なにせ、「マジョリー」という畑の名前はポール氏の母親の名前ナノデス。

というわけで、クリストム・マジョリー・ヴィンヤード・ピノ2012でした。
お嬢様しきれていない感じが面白い、しかしガッツリと作られたスタイルでした。
日本で好まれるのも良くわかるタッチ。オレゴンの実力者、なるほど堪能でした~

楽天とかでは売り切れ!実店舗にあったら手にとって見てください

低価格帯版がこんな感じなのですが、実は日本ではこっちの評価が良いノデス

ふっと思いついたのはこんな感じ?ここまでおてんばではないけど・・・

| アメリカ | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外なほど磯臭い・・・ イガイ・タカハ・鼓動2013

うぇるかむ!
ニューワールドピノといえば、やはりセントラルコーストが一番!なーんて私は思っている訳です。
で、その中でも知名度が比較的高い・・・そう、ニンスレアトモスフィアがあるアイツを久しぶりにチェケラッチョしたのでした(古ッ!

QZ7fs.jpg

イガイ・タカハ・鼓動2013
メリケンでなんとも言えないアトモスフィアを放つシリーズの一つです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
相変わらず、なんともジャケ買いさせる雰囲気です。
vp4qH.jpg
裏まで合わせて、良くブランディングされていますよねぇココ。
詳しいところは、以前の更新を見ていただければと
特徴としては、サンタバーバラは一等地であるリタヒルズで15.5%もあるアルコール分。
カリフォルニアワインとはいえ、ここまでアルコール度数が高いワインもそんなにはありません。ましてピノでは。
なんでも、地球の鼓動がうんたらと話されるワインでありますがその実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(好きな人は+?)
とにかく磯臭い!!!!!!!!!!
アルコールが高いピノにたまーにある、ミネラルを通し越して海苔佃煮みたいな雰囲気が全開の仕上がりになっています。

色はかなり濃い目にクリムゾンレッド。流石の度数といったところでしょうか。
香りにかなり強くアルコールと海苔(日本のと韓国のりの)が見られます。
果実感とかいうまえに、妙に塩っぽいといいますか、独特のしょっぱさが鼻からも感じられるのですね。
味わいはミネラルが強すぎ、かつ香り以上になんとも海苔臭さが存在します。
そればかりが感じられ、よくよく注意して見ていけば果実要素も存在するもののそうした部分を全部潰してアルコール感と磯くささが先立ち最後までソレ。
チープさはないですし、最低限の果実感や雰囲気はあるものの、何よりもミネラルを通り越したしょっぱさが悪目立ちしすぎるのです。
故に、これは好み次第と言ってしまう方がいいのかも?と。
トータルで言えばバランスは間違いなく悪いと思います。
独特といえば聞こえはいいのですが・・・・・・
鼓動は早くなりそうです、塩分的な意味で。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥(好み次第ではプラスもありえる?)
というわけで、以前のシリーズ同様にあんまりコスパは良くないと思います。
すっごくクセのあるピノに仕上がっていますから。体験していただければ、とも思いますが7000円超えてしまうとなるとそう気軽にも言ってられないなぁと。
ファンが買えばそれでOK、と潔く割り切って見守ってあげるべきなのかもしれません。
サンタバーバラ周辺のもつエレガンスはここには、ない。
独特の世界観を突っ走っている辺りは、相変わらずニンジャスレイヤーみたいなワインです。

というわけで、イガイ・タカハ・鼓動2013でした。
ハッキリ言って、私の好みではありません!
このクセとどこまで向き合い、料理と合わせるか・・・・・・そこまで考えて妄想を膨らませるとイガイと面白いのかも?

正直、オージーピノ買ったほうがいいとは思いますが、雰囲気や佇まいは確かにあるんですよねぇ。

爆発四散!

| アメリカ | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カナダのカルト!?童話チックな静かに踊りだしたくなる秀逸ピノ! フォックストロット・フォックストロットヴィンヤード・ピノノワール2010

うぇるかむ!
今日はピノノワールをたっくさん呑んできました~酔ってま~ス。
さて。そんな中でもひときわ面白かった逸品から、しばらく更新していきたいと思います。

QMBaT.jpg
フォックストロット・フォックストロットヴィンヤード2010
カナダです。カナダのピノ!当ブログ初の紹介になります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ラベル的に+♥♥)
6ts7t.jpg
野獣の眼光
たまげたなぁ・・・と思わず言いたくなる、日本人的感性は微塵に感じられない童話風ラベル。
フォックストロットって社交ダンスの種目のひとつなので(ジェネシスのアルバムもありますネ)つまり農夫の奥さんと野獣先輩くまさんが踊っている絵面・・・・・・
なんでしょうけど!熊がおばさんを狩る5秒前みたいな状況にしか見えない!!アンプで殴り倒す未来しか見えない!!!

この面白すぎるインパクトのラベルだけで拍手喝采な私。
その他内容に関しては、日本で取り扱っているこちらのショップぐらいしか情報がないですし楽天とかで売ってないです
地味にカルトなんじゃないの?
oMzYf.jpg
後ろも実にシンプル。
そんなこんなでネタ力が極めて高いワインなんですけれども、呑んでみるとまたびっくり!

味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
「え、これジュヴシャンじゃん!?」
というのが私の第一声。いわゆるまるでブルゴーニュ系の中でも強いタイプ。
後々、他に呑んだ方と話しつつ「しいて近い地域をあげるなら、ボーヌのそれよりもっと下のメルキュレイとか辺りのピノ?」みたいなところに落ち着きました。
1FxFI.jpg
色は少し熟成がスタートし始めたような超微量にオレンジが入っているもののほぼほぼピノらしいレッドカラー。
香りにシックな土っぽさ、ダシとキノコ少々、それにチェリー系果実がしっかりめに。
色以上に熟成しちゃったかな?みたいな印象がありました。
味わいはそうした「ちょい熟バーガンディ」を楽しませてくれる絶妙にいい感じのバランス。
アーシーでまとまりがよく、酸などを中心として動くスタイルであります。
エレガント、というのが本質的で正しいように思いますが、私個人としてはちょっと違うよーな・・・・・・田園の綺麗さというよりは山登りしてる最中の良い景色って感じ。この辺りのミネラル感だったり甘味をあまり出してこない自然なドライさがボーヌっぽいのかな。
余韻もすこ~しダシを含みつつ酸のきいた小さい果実感と共にフィニッシュ。長くはないけど丁度良い。
最初の衝撃が強い分、慣れてくると段々と呑んでいるこちらも落ち着いてくるいぶし銀な作品。
口当たりが水っぽすぎる点はマイナスですが、ソレ以外はかなり大部分の人がたまげたなぁ・・・とつぶやくハズです。
なんとなく、私のイメージは「古畑任三郎のラスト・ダンスというエピソード」だったり。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(好むかどうかで上下あり)
税込むと9000円ぐらいになっちゃう価格・・・となると、この奇想天外な作品を簡単には薦められないかも?
質自体は確かにそれだけのモノを持っていますが、非常にクセも熱狂的なファンとダメだして捨てるタイプの人と出てくるスタイルで「マイナー地域(現在)」はなかなか難かしいといいますか。
単純に、カナダフェチだったり一度でもこのワインを呑んだ経験が無い限り、9000円前後で買うなら自分の好きな地域買っちゃうと思うんですネ。例えば私ならオージーかセントラルコーストか南アフリカかブルガリア買いますよ。
ネタ度は当ブログ紹介ワインの中でも相当上にいるワインではあるので、金銭的余裕がある人は是非お試しアレ。

というわけで、フォックストロットよりフォックストロットヴィンヤード2010でした。
試飲会では10杯ぐらい?は呑んだんですけれども、もっとも感動的に驚いたのはこのワインでしたね。
惜しい要素も多いのですが、それ以上にファンタジックな作品です。

まるで売ってないので名前のイメージでもっとも浮かぶコレをセレクト。個人的には怪奇骨董やブロードウェイの方が好きかな。
[CD] ジェネシス/フォックストロット

[CD] ジェネシス/フォックストロット
価格:1,468円(税込、送料別)


最近再放送やってましたね。

| カナダ | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリの原典感!?なんともらしさあふるる・・・ ヴィーニャ・ヴェンティスケーロ・ルート・ワン・カルメネール

うぇるかむ!
カリオストロの城が今、テレビでやってて更新どころじゃないって感じ!!
なのですが、なんとかがんばる!

cHuqv.jpg
ヴィーニャ・ヴェンティスケーロ・ルート・ワン・カルメネール
チリのらしさ全開のワインです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
そう、シルクスクリーンなんです
7swsG.jpg
意外と安いワインほど使われてたりする瓶にプリントという手法なんですが、やっぱりどこか雰囲気が多くなって好き!

作り手はヴィーニャ・ヴェンティスケーロ社というところで、フィリペ・トッソという各国で修行しつつコンチャイトロ経由でここのワイナリを任された方。
うーむ、なんともチリらしいといいますか。
特徴はノン・フィロキセラという接ぎ木をしていないブドウをとりあえず(何%かわかりませんが)仕様しているそれもコルチャガまでは地域も特定しているワインであること。
パーカーポイントも別枠のカベルネは90%とっていたり、アメリカでは輸入率が高かったりそれなりの評価を得てはいる感じ。
シルクスクリーンボトル、産地特定、特徴的な木々というフレーズで格安・・・・・・で、実際どうかといいますと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
ああ、チリってこうだよねっていう感覚!
そうそう、この葉巻感や苦味の要素・・・これこそチリかなっていう。

UcuSU.jpg
13.5%のアルコール感充分に感じられるのもいいところかな。

色はそこそこに強い赤紫。しっかりとはしています。
香りにしっかりとしたカシスやプラムなどの果実要素。と、同時に葉巻っぽい香りや土臭さが見えます。
硬派なメルロにも思える感覚。なるほど、間違えられてる訳ですよねーってなところで飲むと味わいも「土臭いメルロ」をかなり直球で体現しています。
果実感は紫系がなんとなーく程度に多少ボヤけ気味ですが感じられ、そこに上述通りのスモーキーの印象がぶわりと。
シックで甘味はそれほどなく、しっとりとした酸とその分目立つタンニン感。
木々っぽさがほぼ無い、というのがカベルネでなさを訴えるものの、ちょっと欲しかったなーという程度にアーシーなのですネ。
アフターもそのまま苦味を強めに残しつつシックに〆ます。
うーむハードボイルド。大人のアニメって感じに出来ているのです。
細かい部分の不足感やあんまり初心者向けの要素をもたない玄人ウケしそうなタッチ。
昔だったら私ももっと低評価だったかも?

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(使い方で+♥)
アメリカ人なかなか侮れないかも・・・?
1300円の安いチリ、ということで甘味などが強いのかと思ったらずっと硬派で本格ミステリって雰囲気をもつ仕上がりが良し!!
足りない要素もいくつか見られはしますが、値段においてそれ以外の部分が良く出来ている・・・とくにしっとりとしたほろ苦さが程々で良いのです。
ラベルデザインも含めて、ちょっとオシャレめなアイテムとして価値も充分。
プレゼント向けとまではいきませんが、トータルで雰囲気やラベルと味わいの合致もなかなかの逸品になりました。

というわけで、ヴィーニャ・ヴェンティスケーロ・ルート・ワン・カルメネール2012でした。
割りと量産品っぽいのにかなーりしっかりとしたシックさには驚き。
カルメネールの「チリなのになんかボルドーっぽさを演出する力」はなかなかのモノ。
チリの安定した実力を改めてしんみりと体感させてくれるのでした。
きもちのいいやつらじゃった・・・(無理やりルパン〆

この価格ならカベルネとかピノも試してみようかなって感じ。

これ見ながら更新作業・・・してたら普通に見終えてしまった!うーん、動画もスゴイけど脚本も抜群にいいんですよネこれ。

| チリ | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アフリカはオーガニックでもイける!? ステラー・ムーンライト・オーガニックシラーズ2013

うぇるかむ!
最近めっきりテーブルクラスワインが続いています・・・サイフをなくした私が悪い
その中でも、局地といえそうなのがこちら。まさにテーブル価格。まさに「ワイン通が無視しそう」なワインです。

eKxyn.jpg

ステラー・ムーンライト・オーガニック・シラーズ2013
南アフリカのフェアトレードなワインであります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
如何にもこう「あぶなそー」なラベルです。なにせ、フェアトレードでオーガニックです。
どこの誰が言い始めたかわかりませんが
「オーガニックだとか自然派だとかフェアトレードだとかso2無添加とかそういった類のワインは不味い。そんな部分で売りにしなくちゃならないほどダメ」
という言説。これに則ると全く持って購入対象にならないような雰囲気です。それを見越してなのか

B6Yux.jpg

この潔いウリ文句よ!
50数人のフェアトレード契約スタッフでアヒルを野放しにして作っているというこのワイン。
もうなんと言いますか、お金もあんまかかってないんじゃないのーという感が凄まじい訳です。
私も「南アフリカワインは見かけたらなるべく買おう」と意識的になってなければドスルーです。
第一、買った場所が伊勢丹だしなぁ、という事でなんかスモーキーで苦味たっぷりを予想しちゃってたのでした。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
旨いオーガニック見つけたぞ!
何とも田舎ぽさが溢れつつパワフルで元気いっぱいのワインです。
決してフィネスやらテクスチャといった高級ワインが持つ要素はありません(スパイシーさと官能は若干あるけど)。
というか、そういうのを期待して飲まないワインなわけですが、テーブルワインとしてかなり秀逸にドリンカピリティある出来栄え。

色は上の写真の通りかなり紫度が高め。
香りはブルーベリー系のジャムっぽさが濃く強くあって驚きます。こういうのだと多い「何か枯れた土感」は見られません。
また、スパイス感が結構多くて黒胡椒とシナモンがそれなりに香りから出ていてちょいセクシー。
味わいはもっとパンチが効いていて、フルーツのパワーでドンドン突っ込んでくるタイプでありながら、アフターがまとわりつかずに果実感で終えてくれるのが好印象。
飲みやすいアタックの紫系果実からスパイス、複雑さはないもののその濃さの割にスッキリとした「オーガニックのメルロやシラー」のいい感じが実に良く出ている。
じゃあ甘いのか?というと飲み進めるとチェリー果汁な酸味やタンニンも感じられ、シロップ要素は低めにおさえてあります。
高級品のスタイルではありません。が、低級品のダサさがないという個人的に低価格で抑えておきたいポイントはキープ!
天然明るいけど、なんかセクシーなキャラを持つというムードーメーカーなキャラ。
もしくは、セクシーなロリっ子みたいな雰囲気もあるよーな。
ワイワイキャッキャとする無邪気さに何かセクシーさをもった保護者の如く。
う~ん、旨いorganicです。
どちらかというと、冷やし目温度で呑むことと、無添加系などのガッツリとした自然派よりは日持ちがしないタイプなのは注意です。

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
それでいて1000円前後!ワォ!ケースで買えるだけ店舗にあるといいネ!!
魅力的な要素がいくつかありつつ、この値段というなら大満足であります!
多少好みは選びそうなニュアンスもありますが、この力強いオーガニックスタイルは低価格では他にあんまりないのでは?
南アフリカシラー恐るべし。
ブラインドのティスティング会とかだったら持っていくのも面白いかもしれませんが、基本的にはテーブルワインです。
お家で買ってお肉と共に元気いっぱいになってください。

というわけで、ムーンライト・シラーズ2013でした。
このインポーターさん、びっくりするような南アフリカが多くてなかなか侮れません恐るべし。
パワーあふるるテーブルワインが欲しいなら、クイーンズ伊勢丹がアリだというのも驚きでした。
品質管理適当気味なスーパーでも見つけられなくない、というのがもっと普及するといいのですが・・・・・

と、思ってたらネットショップでもそれなりに売ってた。プロはわかってるにゃあ・・・・・・

どっちかというと、こういう子供元気さに妙にセクシーな保母さんがいるみたいな。

| 南アフリカ | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これが輸入停止!?ポール・ホブス先生の格安カベルネ! プリムス・カベルネ・ソーヴィニヨン・マイポヴァレー2012

うぇるかむ!
ここ最近は「過去紹介したワイナリーの別品種」みたいな感じで更新をしています。で、今日も格安ラインです。

QR6lr.jpg


プリムス・カベルネ・マイポヴァレー2012
ヴェッラモンテ系列のカベルネ版です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はシンプルな紋章と特段記載したいこともない感じです。これちょっともったいない気がします。
作り手はヴェッラモンテ・・・以前、ピノ版をご紹介したポール・ホブス先生がコンサルトするチリワインです
個人的にピノ版のリテュアルは2013年以降毎年呑んでまして、そのたびに「がんこラーメンみたいにヘンにしょっぱうまい!」とその独特の感覚と一瞬だけ10万円クラスのワインっぽさを魅せることがあるのでそこそこ買ったりしてたのでした。
で、そのカベルネ版です。
ポール・ホブス先生が関与してる事は以前書きましたが、どうやら主催はアガスティン・ヒュネイアスというオリン・スウィフトやらクインテッサやらフラワーズやらという「ガッツリ作った感があるアメリカプレミアムの主導者」の人のチリ版でもあるとのこと。

fSgXd.jpg
ラベル自体にはそんな神通力感じないのですがネ。何気にアルコール度は高い。

アメリカだったらそこそこの値段がするコラボかも?
とはいえ、チリのしかもマイポまで区切ってテーブル価格をキープしているというお得感のあるワイナリです。
で、その実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(一瞬だけ+♥♥)
なんだコレ!ナパじゃねーの!!
と、思わずじゃねーのって言いたくなるじゃねーの!!って感じに、樽っぽいロースト要素とお日様サンサン具合。
加えて、ヴェッラモンテが持っている特徴なのか「妙に酸が強くて赤でもしょっぱい!」がカベルネでもバッチリ存在してました。

色はしっかりとしたクリムゾンレッド。エッジ変化はなく若々しい。
香りに比較的樽要素と草要素が混じった印象で、香りだけだと「フラン主体みたいな変わったスタイル?」と思われるかもしれませんネ。
ここで書いておきたいのは、所謂「チリっぽい葉巻っぽさ」ではなく「アメリカナイズされたバニラアイス」みたいな方向の香りであること。
むしろ、オージーなどのユーカリっぽさすら感じさせる青さで、パッと嗅いで即チリを思い浮かべられたらかなり通だと思います!
味わいはその通りで、早い段階から青さや酸味を感じさせます。
グッと酸っぱい要素と草っぱ加減から開けたては本当にしょっぱい!
樽の要素なども無視してしょっぱいので、正直最初は失敗したかなーと思ったぐらいです。
ただ、そうした要素もあって日持ちは良く、抜栓翌日ぐらいにはそうした要素と平行してバニラアイスらしい甘さが出てきて穏やかに。抜栓してから丁度今日で三日目なのですが、二日目以降はそんなに品質変化がない気がしています。
そうして収まりがついてくると、カベルネ系らしいハーブ感とカシスなどの果実感、それと強めのバニラ要素がとてもほほえましく総括されて、まさにナパカベルネって感じになってくれます。
なので、ほんの一瞬、「すごくいいナパカベを呑んだ気分」になれることがあるのです。
そこまでいかに耐えるかが勝負のワイン・・・・・・という点は以前のピノ版(リトゥアル)と同じかも?
そして、ピン版よりも「なんかいいナパワインっぽさ」という部分の長さは上です。

今日、たまたまNHKのマッサンを見る機会があったんですが、その冒頭で
「酒は作ってるモンの心を表す・・・」みたいな事をなんかおっちゃんが言ってたんですね。
だとすれば、ポール・ホブス氏は相当のガンコで厳しい人っぽいなぁと思いますし、アガスティン・ヒュネイアス氏はすごくフランスワインが好きで、執念のレベルでフランスを追っているように想像しちゃいます。
そういう、とっつきにくいけど、実力派のジト目キャラみたいなワインかな~
いわゆる、綾波系(エヴァのね)。

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(好みと技量次第で前後)
これが輸入停止なんて、オーバーシーズは愚かな事を!!
このシリーズ、オーバーシーズ輸入だったようなんですが、輸入停止が決まっているようで今年でオーバーシーズからは最後なんだそうで。
確かに、オーバーシーズが下ろすKALDI向けのワインではありません。カストラ・ルブラとかもそうなのですが、オーバーシーズの顧客向けでない、ちょっとテクニックというか経験が必要なワインとなっています。
で、ちゃんと使える人ならば1500円前後でコレは相当に安い!わけです。
初日で使いきっちゃったりすると、完全にハズレの部類のカッチカチさ・・・・・・本当、KALDIでなければもっと売れているハズです。
逆に言うと、各社インポーターはとてもチャンスだと思います。オーバーシーズがヴェッラモンテを手放した今、もしかして争奪戦になっていませんか?なっていないなら、今すぐこのチリのメーカーと手を結ぶのはいい買い物のハズ。

と、いうわけで、プリムス・カベルネ2012でした。
ヴェッラモンテが2014で輸入終了っていうのはかなーり驚きで、ビックネーム関与のチリとして優秀なのに本当にもったいない!
本当に一時、最上位の味わいを見せてくるという謎の吸引力を持ったワイン。うーん、もっと注目して毎年見たいのだけれど・・・・・・

ホブス先生って酸味を出すタイプの人?みたいな妄想がコレは充分捗ります。

綾波・・・というには味わいが太いけど、まぁ一般に伝わる範囲なら

| チリ | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイハード2?冬場に良さ気なシュペブルの魅力たっぷり ヴァイングート・フォン・ウィニング・ドクター・ダインハード・ダイデスハイム・シュペートブルグンダー・Q.b.A2012

うぇるかむ!
個人的に今年も攻めて行きたいシュペート・ブルグンダー。一発目にダイでハードみたいな名前のあのワイナリを。

4poDG.jpg
ドクター・ダインハード・ダイデスハイム・シュペートブルグンダーQ.b.A. 2012・フォン・ウィニング
やっぱりシュペブルは名前長いな!!そして、このワインを当ブログで見た覚えがある方は相当記憶力がいいと思います。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
実は半年前にここの泡を評価していました
ワインのプロフィールなどは基本的にその頃とは変わらず、今回はピノ・ノワールことシュペート・ブルグンダーだよという他変化はありません。
丁度2012年ヴィンテージと2013年ヴィンテージが現在は織り混ざりつつある状態で、そろそろ全部が2013になる感じかなー。
NTyH4.jpg
今回は2012!
なので、もうサクッと本題に入らせていただきますね~。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
どこか草っぽさがあるハードなシュペブル
このワイナリ、どこかやっぱり辛口なアフターをもっています。泡ですらドライ度が高かったですが、シュペブルでもなかなかんいその傾向は備わっています。
とはいえ、シュペブルっぽい感じはハッキリ示しており、やっぱりどこか「ピノとシュペブルは別物」な気がしちゃってる私です。

色は中庸にレッドで濃すぎず薄すぎず。
香りにあからさまなまでにチェリー感。とにかく新鮮なモノから煮付けまで取り揃えてチェリーと、それに合わせた葉モノっぽい青さが同時進行で香りから感じられ味わいも同様です。
口当たり自体は特筆点無く、中庸ながら味わいのチェリーがコロッコロした感じはまさにシュペートブルグンダー的。
果実の凝縮した感覚が強くあり、そこから徐々に葉モノの苦味を出しつつ、何かしっとりと終わっていくという。
シュペート・ブルグンダー(ドイツのピノ)のいいところは、とかく凝縮性を感じさせる味わいでありつつ、カジュアルさを持っているところだと思うのですが、今回のダインハードは割りとほろ苦さが長めに残り、それなりの高級感・・・人によってはちょっと強めの苦さを保っています。
なんとなーく個人的な「インポーターのイメージ」に固執しちゃってるかも?と自問自答しちゃうところではありますが、最近のモトックスインポーターが入れる「アフターにどこか草ぽさが強く混じっている」のドイツ版みたいな感覚も。
明確に残るハーブといいますか、薬草めいた部分が好みかどうかは大事です。
そうした要素がいらない場合は他を買うほうがよいのですが、これを特色として飲み込むならば非常に価値があるという事。
新樽不使用かつビオ系の作りらしい素朴さが残る田舎娘的なキャラではあり、そういう田舎酒っぽさが逆に好きな方には一層オススメ出来るタッチです。
こう、田舎娘がちょっと背伸びしようとオシャレしてる感じが微笑ましい。

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(ピノ全体なら+♥?)
2000円前後のシュペート・ブルグンダーという見方であれば、スタンダードといえるかもしれません。
特徴的な苦味とハーヴィーさのクセ以外には目立ってヘンなところもなく、低価格帯シュペート・ブルグンダーらしい果実度たっぷりの冷涼地域ピノって感じが良く出ています。
私はこのスタイルかなり好きなので評価が良い人。逆にブルゴーニュこそ至高というタイプにはちょっと果実のまとまりかたが強すぎるかも?とは思います。
良くも悪くもテーブル価格らしいスタイルに収まってはいます。あっさり目のお肉だったら面白い選択肢になると思っています。

というわけで、ダインハードさんよりシュペートブルグンダー2012でした。
泡よりは高めに評価・・・というよりは、私のシュペート・ブルグンダー好きに余計に拍車がかかった感じで、やっぱりドイツはこの路線すごくアリだなぁと思う訳です。
ブルゴーニュも高価格になると逆に果実濃度が上がってくるワイナリーとかあるんですけれども、シュペート・ブルグンダーは低価格でそうした「果実濃度の高いタイプのピノ」としてのスタイルをちゃんと出してくれる。
傾向としては似がちなものの、シュペート・ブルグンダーのこの先にはやはり期待しちゃいます。

何故かイタリア専門店で取り扱いがあるっぽく、そしてまだ2013年に切り替わってないみたい(どーしても2012が飲みたい場合は事前確認を!たまに切り替わってる事がネットショップではあるので。)

我ながら、田舎っ子というと田所ちゃんさんが思い浮かびすぎて・・・語彙力と想定例をもっと詰めねば。

| ドイツ | 23:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリ海岸沿いは宝石ザックザク? ビスケルト・ラ・ホヤ・グランレゼルヴァ・シラー2012

うぇるかむ!
実は今日は大事なワイン試飲会の日だったんですが・・・・・・財布を前日に落としたみたいでOTL
参加用のマネーやらまで入れてたからもう憂鬱でたまりません。
という、気分をぶっとばすべく、こんなシラーを。

bBsTe.jpg

ラ・ホヤ・シラー2012
そう、好きなメーカーのシラーを呑んだのです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
当ブログ推しのチリであり、上の90の数字は「スペクテーターの90点」という割りと大手のポイントがついています。
概ねは前回ご紹介した通り。
ついでに2014年の当ブログ格安ランキング5位につけました。
その理由のひとつがこのシラーでもあるんですね(今日二本目を開けてる)
海沿いのシラー、というとイタリアや我らがセントラルコーストを彷彿とさせるものですが、その実力もうササッと見て行きましょう。

コストパーフォーマンス(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
おお、見事にセントラルコースト!?
という感じの、サラッとしつつ果実感が良く出ているスタイルです。
ただ、スパイス要素は低めなのが残念でそこはオージー寄りかなーみたいな。中間を行く感じなんですね。

色はしっかりと赤紫度が高い。多少透けるかな程度。
香りにまずプラムやプルーンなどの果物のフレーバーが出ており、基本的にはその果実感のみの構成感です。
樽っぽさとかはあまり感じさせず、しかしフルーツソースの雰囲気はチープにはならず。
味わいも同様で、スムーズな舌触りに紫果実をたっぷりと!
簡単なパンケーキ、それにスミレなどの花感が微かに入ってきてオサレな喫茶店をすぐにイメージさせてくれます。
行ったことないのに、なんか横浜とかの海岸沿いの日差したっぷり白塗りカジュアル喫茶!
・・・と、妄想力をなかなか働かせてくれるしなやかさです。
要するに、過剰さやクドさがあまりなく、バランス良くチープすぎずにシラーをやっているという事。
個人的にはスパイス系のセクシーさが欲しいんですが、こう健康的なエロスもいいですよねっていう(!?
ほんと、海沿いのレストランでコレ、いいんじゃないですかね?

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
1500円アンダーでこの世界観!ワォ!
すごーくカジュアルリッチな気分にさせてくれつつ1500円だっていうのが最高にケース買いしたくなるワイン!
料理との相性もスパイス要素がない分、バランスがとりやすいタイプとなっていてカジュアルにガシガシ使えるハズ。
トータルバランスでオススメが出来る、数すくないテーブルワインとなっています。
お家や簡単なパーティーでガシガシやりましょう。雰囲気だけなら、名前も「宝石」なのだしデートにすら用いれるんじゃ?

というわけで、ラ・ホヤよりグランレゼルヴァシラーでした。
うーん、やっぱりここはイイですね・・・・・・これが毎年安定していたら、これ新たなチリ・スタンダードとしてコノスル様をいよいよ打倒できるんじゃ?

サラーッとしててすがすがしいキャラがこの値段ってのがグッド。

そうそう、なんかこんな感じ~

| チリ | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名前からして地域の看板ワイナリ!?マコンの力強さを知る・・・ シャトー・ド・フュイッセ・プイィ・フュイッセ・ヴィエイユ・ヴィーニュ(VV)2012

うぇるかむ!
私は「フュメ」はそこそこ好きだったりするんですが、そういえば「フュイッセ」は覚えがないなぁと最近気が付きました。
え、何のことって?まぁまぁ・・・・・・
正直なところ、ここ二回ブルゴーニュの有名赤生産者を取り上げましたが実は私はこれこそ優先的に飲みに行ってたり。

JLylv.jpg
シャトー・ド・フュイッセ・プイィ・フュイッセ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2012
名前長いな!!そして、フュイッセなる単語が2つ並ぶところがスゴイ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベル自体はなんかローヌ寄りっぽい雰囲気の重たさあふるる感じ。
でもマコンです。マコンなのです。え、だからどういうことだってばよって?

~超簡単な解説~
フランスにはいくつか「地域の名前を名乗るための掟」があるんですが、そのうちの一つに「プイィ・フュイッセ」というのがあります。
マコン市のプイィ・フュイッセ指定村というのがあってそこで作ってるシャルドネ。
で、似た名前のワイン名称に「プイイ・フュメ」というのもあるんですよって話。
~おしまい~

解説からお察し頂けると鋭いと思います。
フランスの中でも、比較的珍しい「AOC名称をワイナリー名に使っているワイナリ」です。
大胆だネ!
H0fYo.jpg
作り手はヴァンサン家という一族が代々ついでいて、単一区画と古木(樹齢30年以上50年ぐらいが最高)を保持しているドメーヌです。
あんまり詳しい情報がどこも載ってなかったのですが作り自体はシャルドネの新樽古樹ワインであるっていうのは確かです。

実のところ、私個人的に・・・あくまでも、個人的な好みの話で、ブルゴーニュのシャルドネってあんまりこれまで高く評価してきませんでした。
シャサーニュとかピュリニーで良いなぁと思った経験が少なく、むしろガッカリ率が高くて好んでこなかったんですね。
それもあって、手をあまり出してこなかったんですが、VVだったりするのが気になってたコレを呑んで考えが改まるといいなぁみたいな感じで呑みにいったわけです。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
改まりました
パワフル寄りな作りのシャルドネですが、地域特有らしい土壌感と言いますか、フュメの方のプイイに出がちな火打ち石系のミネラルをちょっと携えたシャルドネって感じが心地いいですネ!

色は黄色さがそこそこ強め。あんまり若い印象にならないかも。
香りにはマロングラッセと強い塩っぽさが鼻から感じられるぐらい。
ミネラルたっぷりだなぁ・・・と思って口に入れると、樽がかなり濃い目に入っていて塩バニラアイス感があり、また塩要素も上述通り独特の感覚を持ちえていて単純に辛いというよりは雰囲気を持たせてくれている。
ロースト香と言いますか、樽っぽいバニラ要素が高く甘味も強めに存在しているものの、そうしたぴりっとした部分が後ゾエをして甘さをより引き立てます。
どーにもシャルドネでこういった作りをやると私としては「果実と香気が足りないなぁ」と思っちゃいガチだったんですが、シャルドネの中でもしっかりと青りんごの蜜っぽさがある。
塩スイカみたいな感覚っていう方がわかりやすいのかしら?
チグハグしてそうで、完成した個性。うん、いいじゃないですかフュイッセのプイィ・フュイッセ!と思わずにんまりしちゃうワイン。
名前背負ってるのは伊達じゃない!

コストパーフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
お、ギリギリ7000円いかない!
まぁ、白の中ではそれでも高めのお値段かもですが、なかなかいぶし銀なアイテムではないでしょうか。
なかなか優秀なシャルドネで、ハイパワー気味ですが個性をちゃんと持ちえている。
ワイン通向けなアイテムで、7000円のプレゼントというにはちょっと華やかさには欠くものの、正統派シャルドネにアレンジがかかった感覚は試すととっても面白い。
ワイン会とかでこれが出せるとカッコイイかも?

というわけで、フュイッセのフュイッセでした(それにしてもロマネ・コンティばりに紛らわしい!)
マコンってこんなに楽しいシャルドネ作ってるんだー!となかなかハッピーになれた白でした。
落ち着いた感覚も併せ持ちつつ、結構ヤンチャしてくださるというギャップ萌え。料理があったらより良かったろうなぁ~

このぐらいならなかなかだと思いません?

ふとツンデレで検索したらこんなモノが。なんだこれ・・・

| フランス | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャイエ血族+ビオディナミ血族=統制のとれた味? セシル・トランブレイ・シャンボール・ミュジニー・レ・カボット2012

うぇるかむ!
新春ブルゴーニュ第二弾として、今回はジャイエ血族より

R2KDD.jpg

セシル・トランブレイ・シャンボール・ミュジニー・レ・カボット2012
2009年からラインナップに加わった村名単独クリュです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはサインが異様に軽やかにカワイイカッコイイ感じでサインだけなのに妙な格好良さをもっています。
作り手はパスカル・ロブレ&セシル・トランブレイ(トランブレー)という夫婦。
旦那さんが「ロブレ・モノ」というドメーヌの継ぎ手であり、セシル・トランブレイがアンリ・ジャイエの孫に当たる娘さんというタッグの、ジャイエ寄りなのがこちら。その中でも単独の村クリュになっています。
2003年からのスタートで、ノンフィルや除草剤なしなどビオ的。一流ワインショップの常連的ワインと化してる訳です。
・・・・・・え?何行ってるか良くわからない??
という方向けにサクッと解説

~ここからあんまり知らない人向け~
まず、アンリ・ジャイエ様っていう2006年にお亡くなりになったこの地域で神様扱いされているワインの作り手がおったとさ。
ジャイエはそれはそれはすっげぇ価値のある神格化されていて、「DRC(ロマネコンティ)」「マダム・ルロワ」と並んでワイン界においては崇めなくてはならない存在になっています。
なので、「元ジャイエの弟子」「ジャイエの血筋」「ジャイエの関係者」というだけで有名人の仲間入りが出来る程。
今回のセシルさんは「ジャイエの孫娘」になると。
で、彼女がジャイエから引き継いでいる土地というのがあって、結婚相手のパスカル・ロブレもワイン畑の人。
この二人が、お互いの土地を使って今はワイン作ってるとさ。めでたしめでたし。
~おしまい~

ミュジニーの村名クリュとはいえ、そこは人気の血統ワイン。その実力というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
とてもアメリカ寄りのバランス感覚?
同時に超細いルーミエ村名を呑んでいたせいもあるのか、果実感が高くあるようにとらえられました。
その精工な感じもこうアメリカの・・・・・・個人的に好きなセントラルコースト寄りな気がしちゃったんですね。
GF1NS.jpg

色はクリムゾンレッドで濃い目。ピノとしては重たそうなカラーリング。
香りにチェリー果汁感がぎっとりとしていて、フルーティーさが強調されつつ、フランス系らしい沈んだ香り。
空気感がシリアスで重たいといいますか・・・・・・ピノの中でも、軽快で甘いみずみずしいものとその逆を行くものがありますが後者寄りだと思います。
樽っぽさも高め。ただ、それよりも果実がハッキリと主張してくれています。
味わいは意外なほどミルキーさが目立つスタンスで、口当たりと果実のしっかりとした感覚がカリフォルニアやオレゴンに近く出ています。
チェリーは煮詰めてトッピングに使われているようであり、そうした酸味と甘味、少し煮た苦味も含みつつクッキーベースの生地に挟んだような噛み込める質感(ピノの範囲で、ですが)。
ちょこっとだけシナモン辺りの甘めのスパイス感覚も手伝って、高貴なティーセットをかたどったような・・・・・・
高級ピノ寄りの重たさを持ったスタンスで、ミュジニーという畑らしさは見られないかもしれません。
アフターは流石に綺麗に整って終えてくれるのですが、受ける印象は果実感かな。
しっかりとした出来栄え。これがミュジニー村名クリュ(この村はエレガントさを求められる)として嬉しいかどうかは別として、なんともかかぁ天下っぽそうなワインです。
奥さんの方が絶対つよい。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
ネットショップでは1万円ちょいという価格帯みたいで。
2003年スタート故に、まだ知名度があがりきっていないのも手伝っている良さ気な価格だと思います。
もう3000円ぐらいだすと、プルミエクリュのフスロットが買えちゃったりする・・・・・・中途半端なところ・・・・・・というのもあって良質とはイイませんが、現在のブルゴーニュの中ではまぁまぁの選択肢になってくれるでしょう。
もうちょっと派手さがあると、よりプレゼント向けになっただろうとは思いますが、万人向けなスタイルと通好みなチョイスとしては一考出来る気がします。
このワイン単独で見た場合、こうテロワールがどうこうというより、しんみりと美味しいピノが飲みたい人向けかな?

というわけで、セシル・トランブレーよりミュジニーのレ・カボット2012でした。
ピノは特にしっかり作っているタイプが好きな私としては、ちょっと上級シリーズも飲みたかったかなぁというワインになっていました。
中途半端なラインである、という見方をするか価格が抑えられていると考えるかは貴方次第。
作り込みがいいタイプなので、私は「価格が抑えられている側」のように思えますネ。

名前も何か全体にかっこカワイイ気がする

もう1万でグランクリュになるんだから、価格設定は良心的・・・・・・なのか?いや、どうだろ・・・・・・

セシルといえば、FFですよねー

と!思ってたら!今はうたプリなんですヨ!!

| フランス | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界で最もエレガントなミュジニの代表、その村名2012は・・・・・・ ジョルジュ・ルーミエ・シャンボール・ミュジニー2012(村名)

うぇるかむ!
結論から言うと、今日は年始早々「ガッカリしたワイン」です。おしまい!でもいいのですが、まぁワインがワインなので思うところをつれづれなるままに。

3ifJu.jpg

ジョルジュ・ルーミエ・シャンボール・ミュジニー2012
村名ワイン版であります。

ラベル・ストーリー(最高5pt)
♥♥♥♥
アルティメットエレガント様
「世界で最もエレガントなミュジニを作る漢」の異名をもつクリストフ・ルーミエ。
最高峰のボンヌ・マールとミュジニを作る事で知られ、特にミュジニーは世界争奪戦の代表格であり、どれぐらい熾烈かというと、まぁ大体「アイドルマスター関連のライブチケットの争奪戦(2015年現在)」ぐらいのバトルレベルです。
最近では、キバヤシ氏が今、同誌で最もつまらない漫画のひとつである「怪盗ル・ヴァン」でここのミュジニーの奪還作戦とか行ってたり。
t7RIX.jpg
端っこもカッコイイ!

ルーミエといえば日本で特に人気であり、要素として「エレガンス」「自然派」という日本人が大好きなポイントが高いからです。
この村名においてすら、ネットショップでは予約販売がされていたりします。村名ですコレ。

なので、意外と高級ワインが相場としてみると安かったりする日本において特に海外との落差があるワインでもあります。
まぁ、DRC程ではないのですが・・・・・・
さておき、この村名も新樽が15%以上は使われており、当然自然農法で、一級畑とかも混ぜてあるとのこと。
その実力はといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(熟成が必要?)
自然派のブレっぷりがガッツリと・・・・・・
村名すらスゴイ(味的にも値段的にも)と言われるルーミエ、別に初体験ではないものの「そういえば自分、あんまりルーミエに興味湧いてないなぁ」とこうして文章化してて改めて思ったのですが、なんか思い出しました。
コレ、私の好きなタイプでない。スリムすぎる。拒食症で肋骨が浮かんでる白肌女の子みたいだ。
Gxtjd.jpg

色はまだまだ若い赤色。色自体はそこそこに綺麗に仕上がっています。
香りは微量なチェリッシュさであり、あまり立ってはおらずそこそこに土気を感じさせます。
この段階では、まぁ大柄じゃないブルゴーニュっぽさ?みたいな感じなのですが味わいも同様。
かなり早い段階で苦味を感じさせ、その苦味が継続しつつスラッとしたチェリーやアセロラがうっすりと感じられる。
舌触り自体はバランス良く綺麗になっていて、なるほどエレガントという感覚なのだけれど、香りは弱く酸と苦味が先立ち最後までそうした微量な要素の中で消えていくという。
これを「儚さ」と捉えられればルーミエのファンなのでしょう。
でも、シュペブルやらビエンナシッドが大好きな私はそうは思わず「軟弱者!」とカイ・シデンを平手打ちしたセイラさんみたいな気分にさせられるのです。
とかく、妙に自然派めいた苦味が強く感じられる時があり、その瞬間思わず「え、これ不味くないかちょっとヤバイんじゃ・・・」と思わず呟いてしまう事もあったり。
よって、個人的に最低限をこなしているもののイイワインだと私は思いません。

コストパーフォーマンス(最大5pt)

そんな訳で、ここもこういう数値になってしまうのでー。
ブルゴーニュも少し目を向けよう、とミッシェル・グロとか呑んでて思ったのですが、まさかルーミエで年始早々挫折しそうですOTL
少なくとも、私の好みでは全くありません。それでいて1万8千円の村名。うう~ん。
流石にプルミエ以上であれば話が全く違ってくると思いますし、この村名がルーミエの実力をもっていなかったのか呑むタイミングが悪かったのかとも考えられます。
されどもしも、もしもこれが2012村名の実力であるとするならば、私は全くオススメ出来ません。1万8千円で他のワインを買ってください。

というわけで、ジョルジュ・ルーミエの村名でした。
いや、流石にコレがかのルーミエの本気だとは到底思えないのですが・・・・・・それにしたって1万8千円もする村名なので、今回は記事に起こす事にしました。
私にはブルゴーニュがわからないのかも。そんなどこか虚空を感じさせてくれたのでした。

去年のは結構溢れてます。

紅白で見たコレと同じぐらい良くわかんなかったです(小並感

| フランス | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三が日早々に自慢話をする

うぇるかむ!
タイトルどおりです今日は(迫真)。
三が日にもなり、そういえばと某百貨店に顔を出しにいってまいりました。
で、手に入れてしまった・・・・・・
s9mXc.jpg
イエエエエエェェエェス!!!!!
ホメテホメテー(CV:夕立)

当ブログの2014ランキングでベラボウにヤバイ級第3位にしたクルーフ様シラーの新入荷ヴィンテージッス。
この時書いた通り、ネット販売は即完売してのがしたのですが・・・・・・
このワインがまだあるよ~とかるーく某ソムリエに言われた時は思わずガタッ!と席をたってワイン一杯注文しといてダッシュでいっちゃいましたよね。
さすがヤバイ級ショップですわ某百貨店・・・・・・手持ちのお金がなかったので一本だけ買ったんですが、来週も行ったら買おうかなー。


・それだけではなんなので今後の当ブログ展開おしながき。
・まだまだ去年買ったワインの情報がぜんぜん載せきれてないので、しばらくは去年呑んだものを含めつつ展開します。
・と、言いつつ、ブーケンハーツ買った時にブルゴーニュも飲みましたのでそれも。ただ、個人的に割りと残念感。
・ブルガリアのワイン、なかなか種類と言いますか入荷を見かけないので情報がもっと欲しいです。
・引き続き、テーブルワインの強化といいますかこの冬結構買いタメしてるものがあるので着実にこなしていこうかなーと。

という感じで、三が日早々これで終わるのでした。い、いいでしょ!三が日お休みなお店だって多いんですし!!(ヤンデレ風の口調で

しかし、あの某百貨店は120本中何本抑えたんだろうか・・・・・・

あとコレとかも置いてあった。ちょっと興味あるけど、ネットではよゆーで買えるしどうなんだろう・・・

| 未分類 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

果たして押入れから出てきたベーレンアウスレーゼは飲めるのか? リッター・ツァホニー ゴルトシャッツ べーレンアウスレーゼ

うぇるかむ!
私は必ず、年末年始は貴腐ワインも呑む事にしています。
一昨年はイケム様、去年はデリンジャーのナイチンゲールだったかな・・・・・・で、今年は格が大幅に下がりました(その分、ルーシーを呑んだのだけれど)

RG5Su.jpg
リッター・ツァホニー ゴルトシャッツ べーレンアウスレーゼ
なんと2000円アンダーの貴腐系です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
実のところ、調べてもあまりに情報がなく、とりあえずベーレンアウスレーゼである(貴腐か過熱ブドウのデザートワイン)であることは確か。
UnliP.jpg
値段が値段でありますし、特筆すべきラベル要因はありません・・・・・・
というか、私も何でこのワインが家にあったのか良く覚えていない!!!!!!!!
何か大掃除してたら部屋の隅から見つかったのです
あ、こんなのあったのふーんみたいな・・・・・・
もしかすると私以外の家族が買ったのをもらったのかも?
どうにも検索すると2013年頃に日本に入ってきてるっぽいので、大体1~2年ぐらい放置してたわけです。
因みに、うちのその場所はワイン保存環境としては悪目で日が当たりそうにない場所ではあったものの、洋服ダンスの近くで年中エアコンなんてついていないところ。
今年はこうしたワインを出さぬよう・・・という懺悔も込めて年始に開けたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
あ、飲める!全然飲める!!
さすがは糖度たっぷりなデザートワイン。なんらヘンな事はなくバッチリ飲めてしまいました。

色は割りと緑がかったイエロー。色づきはあまりらしくありません。
香りはレモンとグレープフルーツがわかりやすくコロコロとしています。
フレッシュではありませんが、ドぎつくもなく。
味わいも同様に柑橘系が真ん前に備えたような味わいになっていて、よくもわるくも飲みやすく、価格なりのデザートかなという印象。
単純ですし単調ではありますが、臭みや苦味などはなくちょっとした茶砂糖感も出しつつ難なく終わってくれます。
果物要素が高すぎ、ちょっと複雑さや求めているような壮大さなどはありませんが、それなりの貴腐っぽい何か。
値段が安いベーレンアウスレーゼですし、環境が環境だっただけにダメだろうと思ったらちゃんと飲めた段階で結構びっくりと言いますか、意外ともつんだなぁって。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(多分)
えーっと、元々が1800円ぐらいのデザートワインなので、ある意味ではお買い得感はあります。
ちゃんとした状況で飲んだらどうだったのかがわからないのですが、普通に規定値を持っているかなーって思いました。
勿論、デザートワインの大ファン向けではなく足りない要素が多いのですが、普通に何かデザートワインも飲もうかな?という時の選択肢にはなったのではないかと。

という訳で、リッター・ツァホニー ゴルトシャッツ・べーレンアウスレーゼという謎めなワインでした。
当然ネットとかでももう売ってないっぽいです・・・・・・
今後は実験目的でも無い限りこういう事なきよう努めなければ。

去年はコレだったんですけど、さすがにコレの方が美味しいですよ~・・・値段全然違いますけどね!


レモンキャンディ系の味。ゆえに、ワイン慣れしてない人にも美味しいかも?

| ドイツ | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます!を三が日まで彩るだろう超自然派 ルーシー・マルゴー・ドメーヌ・ルッチ・レッド2013

ハッピー・ニュー・イヤーッ!
グアーッ
という訳で2015年、やってきてしまいました!今年もよろしくお願いいたします。
さて。早速今呑んでいるワインでいつも通りノートしていこうかと思います。

dLYVx.jpg
ルーシー・マルゴー・ドメーヌルッチ・レッド2013
新年早々・・・というか年末から早々にクレイジーなオーストラリアであります!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
今回のコレは誰なんやろ・・・
情報求む!
もうちょっと年号違ったら、西木野真姫とかだったかもしれんのやけど、初音ミク関係かな?(因みに、ミクさんラベルは存在している)
ルーシー・マルゴーに関しては2014年ベスト2に推すぐらい私が好きな自然派にしてアキバ系なワイナリー。
もちろん、ルーシー作画。
このレッドは「メルロ主体にサンジョベーゼ、フラン、シャルドネ、ピノなどなどをぶちこむ」という相変わらずな作りであります。
なお、以前のメルロと同じ2013ですが二位に以前つけたルッチ・メルロの方がラベルは後に書いているハズ。大成長やなルーシー!
去年はここのメルロ主体に大いなる可能性を感じさせてくれましたが、果たしてコレはいかがかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
すごいハウスワインがあったものですよ!
ガブガブ飲める(ドリンカピリティな)家呑みワインを目指しているだけあって、本当驚きの飲みやすさが特徴です。
セパージュがオーストラリア系クレイジースタイルですが、作りはやはり濃くはありません。

色は赤要素がかなり強く存在しています。
色自体は変化率などもなく平凡かな。
香りはしかしながらすでにムンムンで、カシスやプラムにアセロラや木苺などのミックスジャムと良く効いた胡椒にハチミツが絶妙にあわさって一個のケーキ化。
アニメ塗り、というよりギャルゲ塗りな色っぽさもあります(*ギャルゲ塗りとは、単純にいえばアニメ向けの塗りに更に手を加えた塗り方の事)
味わいも基本的にはナチュラル系らしい甘味と苦味がベースにしっかりとしたスパイスとちょっとしたシルキーさが入るというバッチリな感じ。
濃く強い訳ではないのですが、果実の訴えや口の中の色気は強くあり、また口当たりも刺が無くできています。
結果的に、総じてスルッスルと飲めてしまう訳ナノデス。
アフター自体は長くありませんが、後腐れもなく料理に繋がります。
ビールやスパークリングなどの炭酸的な飲みやすさともまた違うんですネ。
そこそこに自然派っぽい土くささというのはありますが、それもちゃんと後からじんわりと漢方的に染みこむ感じで、苦にならないレベル。
あ、日本蕎麦とはかなり相性良いですよ!風味通しで面白い感じに仕上がります。
実は私は12月30日からあけてまさに今も「その辺りで売っている栓代わりキャップをつけただけの状態で放置」した状態管理で呑んでいますが、味わいにブレや落ち込みは見られません(管理としては悪めな部類の飲み方)。
甘さはむしろ増している気が。
自然派系なのに妙に感じさせる素の魅力に数日間クラクラすることが可能なわけです・・・・・・が!ついつい呑んでしまう!!ああ卑怯な!!!

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(買えれば)
買えれば安い・・・・・・
買うのが年々難しくなっているというルーシーのボルドー品種主体ワインでありますが、買えれば3700円前後はベラボウな安さであり、私もケースで買う事をオススメしたくてたまらないんですけれども、まぁ買えません(血涙)
濃い目好きとしては、やはりルーシーマルゴーないし自然派づくりはボルドー品種とシラー&グルナッシュで攻めた方が良いのではないか?
なんちゃって考える事があるんですけれども、そんな思いをしっかり強くします。
xboH6.jpg
見た目カルトな蝋キャップも手伝って「変わり種に対して喜ばれる」タイプのワイン会であるならば大いに喜ばれます。
プレゼントには相手次第。知らない人には安ワインに外見が見られてしまうかも?

という訳で、ルーシーのルッチ・レッドでした。
セクシーさを少しもちつつガバガバと自然派らしく飲み干せる加減がたまらないワインとなっています。
自然派絶対にNO!な人には向きませんが、この感覚にハまっちゃうとまさに虜なんですよねー。
年暮から新年まで大満足!
今年もこのままいい年になりますよう・・・・・・

っていうか、私が日本における最後の「ショップでのルーシーレッド2013の購入者」である可能性すら・・・・・・

これはセーラームーンな気がする

天然にエロス

| オーストラリア | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |