オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

元祖変態王のハロウィンっぽいワイン。 ボニー・ドゥーン・シラー・ラ・プッスール

はっぴーはろうぃん!
というわけで、ハロウィンっぽーいワインをチョイスしてみました(こういうのは普通一ヶ月前にやるべきですね私・・・)

DBTmB.jpg

ボニー・ドゥーン・ル・プッスール・セントラルコースト09
久々にアメリカシラーでありますが、作り手はかなりの有名人であります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
このどーよ?と言わんばかりのアーティストラベル!
ドヤ顔感あふるる顔がたまりません。
作り手はランドル・グラハムという筋肉ムキムキマッチョマンではない変態だと知られるバイオダイナミクス側の人です。
早い段階からスクリューキャップ全導入、バイオダイナミクス、パロディラベル、ブランド売却による減産、元祖ローヌレンジャー、メディアへの露出の仕方などなど行っている人。
奇抜さが目につきますが、基本的にはローヌ派であり自然派であるスタイルなわけです。
要するに当ブログ好みの人。セントラルコーストの富野監督って感じかしら(奇抜さ的な意味で)

今回のプッスール(花を摘む人って意味でラベルがそのイメージ)は彼の中では安めな方のワインなんですが、
cfq2N.jpg
ワォ!32%もビエンナシッド!!
と、この畑のファンとしてちょっとワクワクしながらのボトル購入でした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
自然派らしさとビエンナシドのジューシースパイスが合わさった妙技!
これはなかなかに面白い要点がつまっているかと思います。
最強産地セントラルコーストの魅力と自然派のタッチがミックスされている訳です。

色は意外と明るめの赤紫。
香り自体はそれほど強くなく、フルーツの印象とほんのりスパイスかなーというのが開けたての頃の印象。
味わい自体もかなりドリンカピリティ系でスルスルと飲ませてくれるスタイルです。
凝縮感は意外とありません。なので、カリフォルニアシラーだと思い込みすぎると物足りなさもあったかな。
あんまりビオビオしくなく、果実のフレッシュさで勝負してるのかなーと思わせられるワイン・・・・・・なのですが、時間が経ってからがちょっと違う。
「飲みやすく、シラーらしい紫果実を中心とした自然派型」という印象にだんだんと、スパイスの要素が出てくるのです。
そのスパイス感がまさにいい畑のシラーっぽさを思わせる品の良くセクシーなタッチであり、ラベルの如くコソッっとスパイスをとりだしサーッ(迫真)されたような感覚。
いたずらされちゃったかな?みたいな!
最後の〆にちょっとした要点が入ることでパワーアップする訳なんですね。
飲みやすさ重視だけれど、実はそれだけで済まさないという本人通り一曲あるワインです。
複雑か?と言われるとそーでもないように始め思わされてたんですが、後々考えるとベースの割に多様性を見せてくれていたと。
恐るべし、ギーグパワー。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
そういった訳で、温度管理や抜栓タイミングなどちょっと使い方が難しいワインではありますが、品質はなかなかおもしろい所にあると思います。
ナチュラリー系のシラーの意外なほど綺麗なタッチとスパイスの合わせ技は是非とも体感していただきたいところ。
奇抜なラベルとオサレなブリーチめいた名前はプレゼントに・・・・・・受けるかどうかは相手によりけりかもで、スクリューキャップという個人的には推しな部分も「あんまり知らない人」相手には安く見られる可能性もありつつ。
上手いこと使えると、本当に楽しく扱うことが出来ます。ワインは人から出来ている、と思わされますねー。変態の子は変態ナノデス!

というわけで、ル・プッスール・ボニー・ドゥーン09でした。
やっぱりセントラルコーストは最強だよね☆(CV:大坪由佳)って気分にこういうのを飲むと思わされてしまいますね。
飲みやすさと味わいのまとまりかたがとってもいい気がするのです。
この手の変わり種でも、しっかりと品があるのは地方性と周囲の(変人が妙にあつまる)人力あってこそ。
ハロウィンというお祭時に楽しみたいワインであります。

自然派シラーのデビューにもいいかと。

はっぴーはろうぃん!

| アメリカ | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんま涼宮ハルヒの長門である・・・が、実力は最強級!?  ルーシー・マルゴー・ルッチ・メルロ2013

うぇるかむ!
オーストラリア自然派のボスっぽい存在が今回のワイナリーな訳でありますが、正直、これには驚かされました。
Szjiv.jpg
wow!
ルッチ・メルロ - ルーシー・マルゴー2013
オーストラリア自然派カルトのアレです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥


長門有希である。
あからさまにながもんがラベル。

ワォ・・・ゼン・・・・・・
ワイナリ名にもなっているルーシー・マルゴーちゃん(2014年現在13歳)のイラストなんですね。どう考えてもこっち系のオーストラリアン!
毎年毎年新しく描いていて、その成長とワイナリーの成長を兼ねているという、ガチホンモノのファミリーワイナリであります。ついでに日本に来る本数120本とか。

ワイナリーに関しては、以前もやりましたので基本はこっちで。
相変わらず「ふつーのワインには興味ありません!」とばかりに自然派な作りの部類なのですが、このシリーズの中では珍しく「新樽を意図的に50%使う」ことをしていて「除便とフリーランジュースでの作り」という自然派らしいスタイルとちょっとチグハグさせてあります。
結果、作り手のアントン氏いわく「いや~、うちのワインにしちゃ濃く出来すぎちゃったテヘペロ」なんだそうで、シリーズの中でも異端のワインになっているとか。
よって、相変わらず作りの段階で今回限りのワインになっています。
ついでに、今回の公式インポーター説明文に
「ラベルと味わいのパラドックスが最 も大きなキュヴェと言えるでしょう。」
とか書いてあります。あふるる涼宮ハルヒパロディアトモスフィア!!!

実は、ルーシーマルゴーちゃん&アントン氏には私、とある所で偶然お忍びで来ていたところに会った事があるんですね。
kfdnU.jpg
←明らかにこっちの人なルーシー。美人になりそう!微妙に↓に見えるバッグはキティちゃん
→オーストラリアの変態自然派覇王アントン氏。明らかにロックだ。
微かに左端に奥さんも。
会った時にもちょっとしたエピがあるんですが、今日はさておき。
さてこのご家族、私と会ったのが14時ぐらいだったと思うんですが、その後
中野ブロードウェイで4時間もフィギュア探ししてたらしい
ワォ!ワイナリーの人間がまんだらけ行くとか初めて聞いたわ!!

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
しかしコレがやたらと好みなのな!(cv:杉田智和)
g4Qqr.jpg
私の見込みではAAランク+だな!
自然派が「ウチ的には濃くて失敗かなー」なんて言っているワインは旨いの法則であります。

色はかなり濃厚に赤。カラーリング自体は単調ではあります。
香りはかなりスパイシーで、シラーめいた官能的な要素が見られます。
プラムのソース、スミレと漢方少々、スポンジケーキ程度にバタ感が。
何よりも香りだけだとメルロだと思わせない魅惑的なスミレやら白い華などなど、香りの要素だけだと、シン・クア・ノン様を彷彿とさせる事がありました
で、味わいはまず舌触りがメルロ。
口当たりのまろやかで絹ごしの感覚は綺麗に入り、どこか官能的で良く残るスパイスのフィニッシュ。
その間に紫果実の甘味と酸がちゃんとまとまりバランス良く最後まで味わいをブレずに出していきます。
また、それだけの用途をもっていないがらインポーターの特徴である「自然派のドリンカピリティ」は健在。
ゴクゴク飲めちゃう系の範疇なんですね。飲みやすく、メルロとシラーのイイトコロを高次元ミックスマッガーレ☆であります。
実はこの時、あんまり良かったんで何杯か注文してまして、トルブレック・ランリグ2010(PP100点)などとも比べてたんですが、スパイスの香り高さやほぼ同時に呑んでも味わいの特徴などは全く消失しないでふんだんに魅力を振りまきます。
WOW!
どっちかというと、メガネじゃない方の長門有希な感じ。
世間を騒がせた「涼宮ハルヒの憂鬱」の如く、オリジナリティあふるる個性で突っ切ったワインでしょう。
ブラーボ!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
売ってたらWAWAWA私に教えてね!ごゆっくり!!
以上。フモッフ。

という訳で、ルッチ・メルロ2013でした。
いやさ、中身はどうかなーと思っていたワインだったんですが、完璧に好みドンピシャでしたネ。
今月は豊作でした。当ブログ100点ワインのサンプリングだ!なんて書いたカユース・バイオニックフロッグと同じく完全に私の好みでした。

そういえば、ルーシー・マルゴーちゃん、日本に留学がしたいぐらいなんだそうで。
ある種、心配なのです~♪って部分もありますが、
当ブログはルーシーの日本留学を応援します(突然のちゆ〆)

売り切れてなければ当ブログ最安値のベストティストワインです。

絵は去年のミクさんよりも確実に上手くなっているぞルーシー!いいぞルーシー!

この域までルーシーが到達したら最高だよね?来年は何を描くのかが早くも楽しみなのもシン・クア・ノン様と似てる。

| オーストラリア | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すっげぇ血の丘のワイン!? メイヤー・ブラディーヒル・ピノ2013

うぇるかむ!
前日に続き、ピノノワール・オブ・オーストラリア!
前回が正統派の綺麗なピノだったのに対して、今回はその逆引きのようなスタイルになります。

TtFCM.jpg

マイヤー(メイヤー)・ブラッディーヒル・ヤラヴァレー・ピノノワール2013
自然派系のワイルドピノ最新版であります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベル自体は良くある「フォントだけで高いいんだか安いんだか・・・」系です。それ以上でも以下でもないシンプルすぎる感じ。
今年の5月に同ワイナリーの別口を書きましたが、そっちのが派手でしたよね
という訳で、細かいワイナリ情報などは前回参照の事。
今回のワイン、つまりブラディーヒルという場所のぶどうを使ったピノなんですよ~って話なのですが、名前の由来がすごい。まんまインポーターからコピペしますと
「毎日この丘を上り下りして働く事があまりに大変である事から」
つまり、「すっげぇ血のにじむようなところ(BLOODYには血だとかすっげぇという意味がある)」だからなのです。
ブラック企業やないか!

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
皆さんの(血のにじむ)努力のおかげでメシウマ
ガバガバと呑んでやる!ドバドバとかっこむ!!
まさにドリンカピリティピノとなっています。

色はピノらしさが良く出ているレッド。
香りにかなりチェリー感とビオっぽさが混在。
割りとわかりやすくビオビオしているのではないでしょうか。同様にチェリーの質感は強めに存在しています。
バニラ要素や他カラーの果物感などはほぼほぼなく(ないとは言っていない)、小粒目の赤果実でしっかりと。
味わいはしかしながらクリーンなのは前述のとおり。
変な臭みがなく、果実のチャーミングさがしっかりとギュッとしているという。
ほんのりアセロラ感などもあり、ゴクゴク行けるという訳。
良くも悪くも、クセッ気が「あるようでない、不思議というべきか煩雑というべきか」というところに収まっています。
個人的にはかゆいところに手が届・・・かない、という印象であったんですけれどもネ。
前回のルソーパロディの単純に縮小版、ダイジェスト番組といった印象かな。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
6000円ぐらいのワインだと考えると、少しお高めな気もしました。
この手の自然派ピノ好きで争奪戦になっており、なかなか見かけないのもあって手に取りにくいワインといえるでしょう。
本当にこのワインが好きな人は、とっくに数本家に空瓶がおいてあって不思議でない・・・・・・・
というか、2013って試飲私はしましたけど(たまーに、ティスティングカウンターで新入荷酒を振る舞う事がある)まだ出荷されてないんじゃない?
このジャンルに興味がある人にとっては、ベースを作るにはもってこいだと思います。
買ってぎゅパッ!と飲む。レッツパーリィ!!

というわけで、メイヤー・ブラッディヒル・ピノ2013でした。
新モノな事もあってフレッシュさが目立ちましたが、熟成がちょっと気になりますね。
誰か覚えてたら5年後ぐらいに私に飲ませてください(迫真

ネットショップに2012がまだあるっぽい?んですが多分表示だけで在庫切れしてるか2013出荷になるんじゃないかと。

実はカワイかったりするヤンキーお姉さんキャラ?ニッチな!

| オーストラリア | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアの超キレイ目カルトピノ! マウントメアリー・ピノノワール2010

うぇるかむ!
昨日は酔った勢いでえらく筆が進んでしまいましたが、今日はおとなしーく綺麗目ピノでいこうかと。

PW6dD.jpg

マウント・メアリー・ヴィンヤード・ヤラヴァレー・ピノ2010
オーストラリアカルトの中のひとつ、というところになります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
ラベル自体はむしろそれほど高くなさそーな仕上がりのラベルになっていますね。
裏とかも何ら特になかった為に写真にとっていないほどです。
1972年にミッドルトンというお医者さんが立ち上げたワイナリーで、「手に入れにくさ」でそこそこに有名なオーストラリアカルト。
2006年にミッドルトン氏がなくなってからは息子さんらがやっているという、良くある系のファミリー経営っぽい模様。
現地より日本の方が代理店がある為に手に入れやすい系ワインのひとつなんだとか。(実際、09年はどこも日本では入荷してないっぽいですし)
で、このワイナリーは前日の当ブログを前振りとするように、評価者によってそこそこ票が割れています。
オーストラリア専門家のハリデー先生は今回のヴィンテージに97ポイントつけてます。
ニール・ベケットというイギリスの権威も高評価。
反面、パーカーたんは批判的に見ており、ミッドルトン氏はその書かれた文章を樽の側面に書いておいた云々という伝説が出来てたりします。
という訳で、それがどういう事であるか?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
とてつもなくSMARTなピノである。
限りなくスマート。綺麗でシュッとしたピノになっています。

色は透けて明るみのある赤。レッド感が強く写真に比べて若々しい印象かな(私の写真はどうしても暗くうつりがち)。
香りにチェリーの構成がとにかく良く出来ていて、果実主体で装飾過多では絶対にないことがわかります。
簡単ではないチェリーの構成・・・・・・とでも言うんでしょうか。さくらんぼの高級品って感じ?
味わいはサラッと綺麗に、スッと落ちる淑女的ワインであります。
全くパワフルでない。樽のバニラ感全然しない(調べた所新樽率15%っぽい)、とにかくピノの本来的な特徴を極めて品をもって行っているといえるんではないかと。
個人的に大好きなワインにコールドストリーム様のピノがある訳なのですが、これはそれよりも更にスマートです。
余韻やセクシーさはあんまりありません。過剰なアピール感もないんですけど、ただただひたすらにサクランボとラズベリーの質感を「チープだったり素朴でなく」見せている。
いるだけで美人!
近寄りがたいほど素っぴんでスゴイ!
女性が惚れるタイプのクールロン毛美少女だと思います。
多分、努力は相当してるんじゃ?
これ、コッテリ系とかセクシーなのが苦手な人には最高のピノかも・・・(私はえっちぃの好きなのでmaxにしないけど)

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
ブルゴーニュと比べた場合は+♥してもいいと思っています。
ピノという品種のぽさを端的に、シンプルかつ高級に尽くしているように感じるんですね。
ミクロクリマまで知識と経験で見定められる人にとってはどう評価するのか気になりますが、個人的にはとかくエレガント系なニュイの部類にはいれそーな気がしてます。
果実感がちょっと濃いからシャンベルタン辺りの雰囲気かも?(ブルキチには怒られそうな発言)
ちょっとパッとみ地味ですし、凄さがわかりづらいワインではあるので最高ポイントにはしない・・・という評価における弊害をモロに今回も受けていたり。
評論向けワインで本質的にはないのかなぁと思います。
この日、ピノをたっぷり呑んだのですがその中で最も「地味」ではありました。
でも、本質的に綺麗なキャラはこの子かねぇっていう。

というわけで、マウント・メアリーのピノでした。
こう、エピソードにしたり文章にすると華に欠けるところがあるのですが、とにかく玄人好みそうな鋭利なピノです。
ファンがたくさんいる事が良く分かる逸品。グレートですよ、こいつぁ・・・!

売ってるところはそもそも入荷が少ないタイプ。それでも、まだ買えるので噂よりは入手しやすいってのが私の印象。
マウントメアリー ピノ・ノワール

マウントメアリー ピノ・ノワール
価格:16,878円(税込、送料込)


名前がいきなりかっこよくなるクラレット版
マウントメアリー クインテット 2008

マウントメアリー クインテット 2008
価格:15,258円(税込、送料込)


素で綺麗なクールビューティー(お高め)ということでこのキャラ辺りが思い浮かびます。

| オーストラリア | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム:ワインアドヴォケイトは時代遅れになるのか?~評価軸や参考を己で選択する時代~

うぇるかむ!
朝方更新してますし、今日はサラーッとここ最近考えたことをダダダダーっと。

・ワイン・アドヴォケイトおよびパーカーポイントって信用してる?
今日はこれについて酔った勢いで書き殴ろうかと。

ここ最近、いくつかのソムリエやインポーター、それとオー・ボン・クリマのジム・クレネデン氏辺りのコメントを聞く機会がありましたが、こんな感じのアレコレがありました。

・もはや、アドヴォケイトはパーカーが主導していないし出資も違う=初期のコンセプトはとっくに崩れている
・そもそも、ブルゴーニュを出禁されたりシュヴァル・ブランの当主に犬けしかけられるようなヤツやぞ?
・大体がして今じゃ殆どの記事がパーカー以外が書いている。
・今、評価基準は雑誌ではなく「レストラン」で見る方がいいのではないか。
・パーカー以外の評論家や評価を日本人は知らなすぎる。ステファン・タンザーすらソムリエが知らない事もあるのは無知に近い。
・っていうか、英語読めないから論文もロクに読んでない
・ある程度自然派な発言をパーカーはしているのに自然派はいつまでも受け入れられない評価システムにある
・同時に、日本人はあんまり濃いワインを良しとしない傾向だ。
・パーカーは癒着ないと言っているけれど、正直かなり接触の度合いがあるよね?
・私は「デキャンタ」などイギリスの雑誌は参考に読むけど「アドヴォケイト」「スペクテイター」は驚かせるゴシップみたいなモンでロクでもない(BYジム・クレネデン)

・・・・・・などなど。
トッププロになればなるほど「パーカー^^;」となり、またスノッブ(無知だけどオタクぶっている人)も同様に「パーカー^^;」となっている昨今。
特にジム・クレネデンがわざわざ誰が尋ねたでもないのに暗に「パーカーくそくらえやで!」と言ってたのは深い(っていうか昔からppはとにかく低いワイナリーでしたが)。
でも、未だに大手は「パーカーポイントxx点!すごいでしょ!!」を86点という今一つなモノにすらつける始末。
このアドヴォケイトに関する迷走とバランス感のなさはどうしたものでしょう?
っていうか、アドヴォケイトに信頼はおけるの?

・個人的な見解
私個人でいえば、実のところ「パーカーワインは一定程度には好みの部類に入る」というのがあります。
当ブログをよくよく見てくださればわかるのですが、シラーが私は大好きです。
諸君、私はローヌ品種が好きだ。諸君、私はローヌ品種が大好きだ。(cv:飛田BYヘルシング)
今も実はヌフ・デュ・パプを飲みながら書いているぐらい、私の比重はローヌ品種寄りであります。
そういう人にとってみれば、パーカーの評価軸は割りと良く出来ていて、結果的にアドヴォケイトの傾向である
「安スペイン評価高すぎ」「一部品種の贔屓度高すぎ」
といった批難部分を私は利用してワインを買っているところはあります。
濃いワイン好きであるならば、ある程度納得出来る所である
というのが個人的な見解です。
また、彼の功績自体はある程度認められるべきだとも思います。
少なくとも、とりあえずパーカー批判しとけ的な向きに対しては

この辺りの本は読んでおいてもいいんじゃない?って思います。個人的に、このエリン・マッコイの本はちょっと乱雑ですが、「ワイン批評の歴史」を読むという意味でパーカーの本というよりワイン本としてそれなりにオススメ!

・日本でワイン・アドヴォケイトは神格化されるべきか?
よくよく「パーカーはブルゴーニュの味がわからんクズだ」というような話は聞きます。
うーん、これに関してはあながち否定も出来ず、カリフォルニアワインの基軸を一時期パワー重視で書いていた点からもうなづける要素はあるかな。
で、日本人とは「ブルゴーニュ信仰」がアジア全体を見ても明らかに強い地域だと思います。
中国、韓国のおかげで散々ワインの値段が上がっていると言われていますが、それも「ボルドー投機」「ワインを贈り物扱いする事による賄賂分」などなどがあります。
つまり、彼らは「ボルドー信仰型」です。
一方、私が知りうる限り日本において好まれているのは明らかにブルゴーニュではないかと。
つまり、ボージョレから発展して高品質ピノに向かいがちなのではないかと思います。
そういう意味では、パーカーポイントはただの「妙に濃いワインを当てるダウジングマシン」に過ぎません。
だって、ピノですら濃い目を好むわけであり、日本人のピノ信仰は繊細なミュジニーラブな事も多いから・・・・・・
実はルロワやDRCは結構力強いんですけどね!!!!
または、いわゆる「若者の~~離れ」的なノリでいえば、だんだんとワイン好き世代が濃いワイン飲めなくなってきているというのもあると思います。
いずれにしても、ワイン世代の好み自体とはハズれることも多くなっているのだろうとは容易にわかります。
なので、パーカーワインの神格化したショップの推奨の仕方は意味をなさなくなりつつあるのかも・・・・・・
と、単純にいかないんですね。
何故ならば「これからの若い世代はパーカーワインはどう評価するか」に関しては未知数だからです。
すると、触れる事が多い安くてパワフルなワイン郡は魅力的に映るのかも?と私は少し考えます。
若い世代・・・・・・ヘタすると30代後半ぐらいまで・・・・・・の人々はスパードゥラァァァイを飲み、カルーアミルクやカシオレを男女へだてなく愛し、ビールは苦いものだと認識しワインは酸っぱくて飲めたもんじゃないと思っているのです!
ワイン知らない人は、ワインは酸っぱ苦いと思ってるんですよ!
で、あれば、甘さやバニラが出がちなpp高得点(?)ワインは訴求に繋がりませんか?
かくいう私も、ブルゴーニュの良さというのがあるのを理解するのには1年以上かかりました。
すると、中級者以上にありがちな「ブルゴーニュ信仰」にこそ大きく隔たりができかねないのではないか?と思うわけです。
こうなってくるとわけがわからなくなってきます。
もしかしてドイツワイン同様、初心者向けだと思われてるから中級者以上のスノッブは恥ずかしいのかな?
みたいな、そんなところまで考えは飛んでしまう訳です。
もう訳わからなくなってきた!

・結論だけは確かにある
それは
「自分でとりあえず呑んでみよ。その上で頼れそうな評価者を見つけよ」
です。
ズッコケであり、逃げの回答であり当ブログで何度も言ってきた事なんですが、そもそもまず「パーカーぐらいに呑んでたりするの?」というと私も全くダメダメ0点な訳なんですよね。
あのヒゲオヤジマンがどれだけ飲んでいるか、を知らないでパーカー批判するのも信用しきるのもスノッブ的であると。
何度目かわからない結論ですが、やはり、評判を聞いて買う事が多いワイン事情においては一刻も早く
「信用出来る(と感じた)評価者を作る」
これはそこそこ大事だろうと思います。
それはソムリエであり、パーカーであり、ジャンシスであり、スペクテーターであり、デキャンタであり、リアルワインガイドであり、マット・クレイマーであり、もしかしたら神の雫のキバヤシであり当ブログであり・・・・・・
そう、ワインは自由なのです。
いっそ誰も信じなくったって言い訳ナノデス!
ただ、世界で唯一、投機対象にすらなる高いお酒を飲むワインファンの方々には是非とも「アキバ系のようにマニアックにつきつめてほしい」とは思います。

まぁ、こういう売り方で攻めすぎるのは確かに良くない

多分、本誌を読んでいる人って実は業界人とかだらけで相当少ないはず

ある意味ではリアル・海原雄山なんよねー

| コラム | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルベックの・・・泡? フィンカ・フリッチマン・エキストラブリュット

うぇるかむ!
一個前の更新がアルゼンチン泡でしたので、それに連ねてもう一個やっておこうかなぁと。

g1QVM.jpg
フィンカ・フリッチマン・エキストラブリュット。
見えづらいですが、使用ぶどうがそうシャルドネとマルベックであります!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体は何の変哲もない仕様。むしろ、もうちょいデザイナー使ってもいいような気がしますネ。
作り手のフィンカ・フリッチマンというところも「老舗らしい」「フィンカ=シャトーの意味でフリッチマンさんが始めた」
程度にしか出てきません。
また、一時期なのか今でもなのかサントリーなど大手も仕入れていた模様。
FK4HL.jpg
要するに、結構大型のデイリー系ワイナリーです。
それだけなら、まあ普通の安いスパークリングワインなのですが、使っているぶどうがピノではなくマルベックなんですね。
これ、あれですよ、普通のドラえもんの中に何故か同人誌とかでありがちなリアルドラミちゃんが唐突に挿入されてるようなモノなんですね。
そうとなれば私の出番であります!

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
hvz4I.jpg
一応、ロゼ表記がないのでつまりロゼで作ってるつもりが無いっぽいのですが見た目は完璧にロゼでしょう。
ここのテーブルが茶色にしたって、オレンジのカラーリングなわけです。
で、香りもどことなくマルベックっぽさを感じられます。バターっぽさがしっかり出ているのですね。
チョコっぽさなどは出ていないので、恐らくこれはマルベック効果・・・のハズ。
味わいは更にその要素をハッキリと感じる舌触りになっていまして、マルベック独特の「サン・テミリオンのブレンドっぽい感触(だけどちょっと違う」な雰囲気。
で、ありながらスパークリングとしては強めの泡なのでそのチグハグさがまた面白い!
グレープフルーツとチェリー少々を主体とした味わいになっており、またちょっとした乳くささがあり。
味わい自体は単調といえば単調。しかしながら、それなりの個性は感じさせるワインであります。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(個人的に+♥)
で、2000円前後ぐらいでコレ、買えるようで。
それならばお試しあれって感じの一本になっており、平均的なところよりはひとつよいしょ出来るんですね。
安めスパークリングの妥当性の範囲ですが、しかし変わり種でもあるというまぁまぁな立ち位置。
プレゼントや一般的なパーリー向けではありません。あくまでもデイリーのひとつとしてどうぞ。
食事には意外と合わせやすいかなーなんて思っています。

というわけで、フィンカ・フリッチマン・エキストラブリュットでした。
泡のセパージュも色々考えるべきところは多いハズなんですよね。
どーしても、シャンパンないしフランチャコルタブレンドを中心に飲みがちですが、こういうのも悪くないと。

しかしネット上での販売が見当たらず。同社のカベしかなかった残念・・・ってなんかコワイ!

ふと「リッチマン アニメ」で検索したらこんなのバッカリ出てきました。これはこれでコワイ!

| アルゼンチン | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日は更新中止~よって、いつもどおり今後の予定ね

うぇるかむ!
後20分と時間がありません!なので、更新自体は明日になります。
今日はもうベロベロ酔ってました。オーストラリアワインのティスティング8本ぐらいとオー・ボン・クリマのイベントでもうベロベロでヘロヘロ・・・・・・
ワインの事柄調べてるには時間がございません。あぁ、時間が欲しい。
さて。

☆今後の予定。

・そういう訳で、オーストラリアの特集は行いそうです。当ブログ、やっぱりこの辺りの地域は強めて行きたいところであります。
・オー・ボン・クリマに関しては久々に別所寄稿しようと思っているのですが、なんとデータが消えてるっぽいのでもしかするとうちでさらっーとやるかも。
・また、上部コンテンツを増やしていきたいとは考えています。デイリー向けのワインのオススメまとめとか。
イタリアはどうした私!

トルブレックランリグやらイザベラやらマウントメアリーやらと人気で高めの所も含め15種類ほど飲みまくってきましたが、今日最強のワインはコレでありました。

ランリグも良かったんですけどネ。

| 未分類 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルゼンチン泡の実力や如何に!? アラモス・エクストラヴリュット

うぇるかむ!
なんか連日アルゼンチンになっていますが、なんでかって安いからなんですよ。
という何か色々とヤばそうな当ブログでございますが、泡もいよいよ激安で・・・・・・

YNheo.jpg

カテナ・スパークリング・エクストラブリュット・アラモス・メトード・トラディショネル・メンドーサ
全部書くと長いんですが、アラモスシリーズの泡版です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(箱付きに価値を見い出せば+♥)
当ブログでは割りとおなじみになりつつあるカテナさんの泡です
以上!
でもいいのですが、もうちょっと書いておきますねー。
当ブログが何でカテナをオススメする事が多いのかっていうと、バリューワインとして良く出来ている部類だと感じる事が多いから。流通も結構多いので買いやすい、これはバリューワインとして本来大事なポイントです。
また、今回泡を買ってみたのはアラモスのピノがバッチリだったからというのがあります。
一応瓶内二次らしく、日本の雑誌二社(リアルワインガイド、ワイン王国)では一番評判がいいのはこの泡でもあったり。
で、これの良さのひとつがですね、
jHeHM.jpg
1000円台中盤なのに箱が付いている事がある
このかゆいところに手が届く感じが、個人的に好きなワイナリーです。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
味わい自体はあんまり瓶内二次を感じさせない泡ではありました。
というより、瓶内二次期間が足りないんじゃないかな?と思う部分も。
エクストラブリュットというだけあって、かなりドライめでキリッとしたスタイルです。

色はそこそこに黄色要素が強く出ています。書いているサイトによって「シャルドネとピノの半分」「シャルドネ70%ピノ30%」みたいにバラバラなのですが、多分シャルドネが強いんじゃないかなー。
泡質自体はふっつーといいますか、細やかでもなく勢いがあるタイプ。
香りは柑橘系が強く出ていて、特にグレープフルーツですね。
味わいも同様。
泡のタッチが強め+グレープフルーツやレモンなどの要素+あまり甘さがない=ちょっとカクテルっぽい
という図式かなぁと。カクテルに比べればずっとドライであり、ナチュリーでもあります。
後残りもあまりしない、グビグビといけてしまう爽快系泡。サラッっと食前酒として飲むのには最適で、または食中の口直しの炭酸としてもいいセレクトにはなりそう。
瓶内二次ぽさは無いと言っていいかも。もしも熟成しちゃおうという人がいたら(大分チャレンジャーだと思いますが)試すのは面白いかもですね。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(箱に価値をry)
これで2000円アンダー、大体1500円前後を漂うというのはお値打ち感があります。
この価格帯で箱付き、という選択肢が取れるのもいいポイントですね。
ショップによって値段がかなりバラけていまして、


2000円アンダーの500円前後の差は大きな要素。送料などもふまえてよくよく検討なさってください(箱ついてるかも忘れずに!)
プレゼントには、この値段の中では相当使えるアイテム!よっぽど偏屈なワインスノッブ相手でもなければ手軽にオシャレな箱入りスパークリングワインを渡せるというのが最大の魅力でしょ。

という訳で、アラモス・エクストラブリュットでした。
味わいは比較的多くの安めワインの中の一本、ではあるものの装飾のかかり具合で+のポイントになるという好例だと思います。
安くて用途が広い、はジャスティスであります!

白とかはあの京橋がワイン王国の記事に丸投げして終える程度に、ワイン王国が推してたり
カテナ・アラモス・シャルドネ 2012

カテナ・アラモス・シャルドネ 2012
価格:1,771円(税込、送料別)


調べてたら出てきた。球磨川さん(めだかボックス)かな?
どうしても勝てない男

どうしても勝てない男
価格:637円(税込、送料別)

| アルゼンチン | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム:ワイン泥棒がどーとかこーとかいう怪盗ルヴァンってのが始まったそーな

うぇるかむ!
正直、今日中にティスティングでの更新が出来そうにないため、最近気になったっていうかあれね・・・

怪盗ルヴァンなんですけどね

モニョりました・・・非常に「なんでやねん」でした・・・・・・
相変わらずワインギャグと言うべき内容なんですが、こう、なんとうかこう、色々と寒いというかなんというか・・・・・・

ツッコミポイント

・主人公達のコードネームがメドック5大て!
・しかもそいつらのうち3人がワインスノッブぶりを発揮するて!
・特にデータ主義キャラのヒゲであるラトゥールが恥ずかしすぎるって!
・ムートンが完璧にラフィットに負けとるやないか!フィリップ伯爵お空で激おこですよ!?
・大丈夫なのか!?特にロスチャイルド的に大丈夫なのか!?
・ガメイ古酒とピノ古酒を間違える云々って一般読者おいてきぼりだって!
・ヴァランドローのビニール規制云々も無駄にマニアックすぎやて!
・5大ボルドーを冠したキャラ達のスタートが「ガメイとピノを(古酒とはいえ)間違える」「サン・テミリオン側の好評」て!せめて左岸飲もうよ!
・アルベール・ビショーのナヴァンってそんなに高品質なのか!?そんないい噂のあるネゴスだっけ!?
・コスモワインとかなんかこう色々格好つけようとして大失敗してるデビルマンシステム!?
・そもそもルパンのパロディっぽいタイトルだけどもうそこからして頭を抱えるわよ!?
・いい加減ちゃんとした監修呼ぼう!


・・・・・・たまげた。
スゴイ勢いで笑える。っていうか笑っていいのかしら・・・・・・?
あわわわわ。

元祖ワインギャグ

絵柄がコロコロ変わって残念な事以外は、当ブログはワイン漫画としてこちらを推奨いたします。

| コラム | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自然派アルザスピノグリの竹林っぷり! ジェラール・シュレール・エ・フィエス・アルザス・ピノグリ・レゼルヴ2011

うぇるかむ!
ここのところ濃いぶどう続きでしたので白ワインをたまには・・・・・・って、アルザス自然派かーい!なんてノリで。

Jzxxd.jpg
ジェラール・シュレール・エ・フィエス・アルザス・ピノグリ・レゼルヴ2011
自然派ワインの世界へようこそ(CV:リンゴォ・ロードアゲイン)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体はふっつーな感じであります。特別ヘンではなく、奇をてらわないスタイル。
アルザスといえば、ウンブレヒト氏やらマルセル・ダイスなどなどがあるわけですが、輸入量一位はこのワイナリだそうで。
40年感自然派でやっているワイナリーで、現在はジェラール氏ではなく息子のブルーノ氏がやっているとか。
作りは明らかにヴァン・ナチュールなのですが、ビオ認証はあえてとっていない模様。
そして酸化防止剤が超入ってない!(入っていないとは言っていない)という出た自然派真骨頂みたいな醸造方法をとっているみたいなんですね。
ビオ派にとってはまさに基本中の基本ワイン?ということで呑んでみました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
まずね、色を見て欲しい。

cIN5G.jpg
2011年ヴィンテージがこのカラーである
驚きのにごり金。自然派では良くあるとはいえ、知らない人はびっくりしますよね。
香りに強い酸味、なんだか竹のような香りもします。
アジアン系の要素が多く含まれ、じわじわと来る感じです。スッキリはしない。
味わいはビオ感たっぷりで、注ぎたては微発泡。
酸味はやっぱり強くてSBめいた強いグレープ&酸がきます。
甘さは少なく相当ドライ。
いわゆるビール系。ドリンカピリティあふるるともいえる自然派のタッチでしょうか。
かなり特殊な作りではありますが、これはもう自然派にはたまらないでしょうね。
扱いの難しいワインですが、使いこなせるとなるほど面白そう。
ゲームのヘンテコ武器好きはこういう方が楽しめると思います。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(好みが激しい)
3000円後半、という価格にこの強く差が出そうな選抜する味わい・・・・・・うーん、どうなのだろう?
自分はそこまで好んでは買いません。が、ビオ派の人はケース買いしてるのかも。
ビオ&SO2無添加系(これは微妙に入ってるっぽいけど)の味わいを体験したことない人は、怒らない自信があるならば買ってみましょう。
これ系って、正直、もう壊れてるのかないのかは普通のワイン馴れしてると判別つかないかもなんですよね。
よって、自然派ワイン好きというのが明確でない場合はあんまりプレゼントに向かないでしょう。大切に保管されるとすぐ腐りかねん・・・・・・
あまり自然派が持ち込まれないワイン会においても、一泡吹かせるにはいいかも。なぜならば、輸入量が多いらしいのでネットショップなら手に入れやすいかなーと。

という訳で、ジェラール・シュレール・エ・フィエス・レゼルヴ・ピノグリ2011でした。
たまーに自然派の強烈な個性を食らうと、自然派オンリーの人が存在することが良くわかりますよね。
それぐらい、個性派。

2012年も出始めてるみたいですが、まだ2011も買えるかな。

ダイスの低価格よりは高いっぽいけど、ダイスってSO2無添加でしたっけ?
アルザス[2011] マルセル・ダイス

アルザス[2011] マルセル・ダイス
価格:2,780円(税込、送料別)


今は痛車の事を「個性派」っていうの!?!?!??!?!

| フランス | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア大手の最上級エルミタゼの風格 ヤルンバ・ザ・シグネクチャー・2009

うぇるかむ!
またしてもちょっと時間が空いてしまいましたテヘペロー。
というわけで、もうちょっとオーストラリアやってみましょう。

NKn4H.jpg

ヤルンバ・ザ・シグネクチャー2009
バロッサのカベルネ・シラーズ、つまりエルミタゼスタイルです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベルはなんだかフランス的にも見えるシャトーづくり。
裏もびっしり文字がズララララーッって感じであんまりオーストラリアっぽくないかも?
nWYrh.jpg
作り手のヤルンバグループはオーストラリアでは唯一の自社樽工場&最古の家族経営(とはいっても超大型)なのだそうで。
名前のヤルンバはアボリジニー語で「全ての土地」を意味する・・・・・・って随分壮大な名前つけてますね!
このシグネクチャーはその中でも最高級品の一本になっており、1962年が最初のヴィンテージなんだとか。
じみーに、一番下にサインっぽいのが見えるんですが、別に著名人とかではなく
この年のワイナリー内貢献賞の人
のサイン入りという謎のアットホーム感を晒します。
大手が作る高級ワイン、ということで安定感はあるものの・・・ってケースが多いんですけどこれはというと、

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
典型的エルミタゼ!
ああ、エルミタゼだぜって感じだぜ~
と、霧雨魔理沙の如くだぜだぜ言っちゃう感じ。

色はハッキリと濃い赤紫。
香りに重た目のベリー各種(ただし明瞭さはない)が入り、同時にハーヴっぽさが出ています。
果実感自体はかなり強く見られるのですが、それが良くも悪くも抽象画の用に写実的でない具合。
それと同時にカベルネの葉モノ味が感じられるのはエルミタゼっぽいかなぁと。
味わいは最初っからどっしりと重たい仕上がりを感じさせてくれるんでつんのめりそうになります。
果実のジャミーさがギッチリ、そう爆弾系ワインであります。
しかしながら、アフターのカベルネっぽさがあってとてもスムーズな果実感とともに品よく消えていきます。
カリフォルニアカルト辺りだと、同時にバニラやミントや果実が「入り交ざる」んですが、これは順序を守って「シラー→カベルネ」って感じの変容を見せてくれるわけです(全体にパワーは高めに)
上品、おだやかだしそれぞれのネックを上手に消しつつ・・・と、なかなかバランスがとれたワインです。
エルミタゼスタイルの良さを改めて感じさせてくれるワインでありました。
よく出来た、ご令嬢の娘さん(実はボケたところも)って感じかな-。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
しかしながら、価格1万円以上となると、迫力やコスパって感じはないかもしれませんね。
カリフォルニアとかそっちの方のカルト寄りである事を考えたら悪くない価格ではあります。
このスタイルの典型例をつかみたい場合には選択肢としてありではないでしょうか。
名前部分とかを上手いこと使うのでなければ、高額価格帯の中では地味な存在かもしれませんね。
オーストラリアで高いのをじっとり飲みたい、という場合にはお試しあれ。

という訳で、ヤルンバ・ザ・シグネクチャーでした。
非常にまとまりのある作り込みで、なるほど高額って納得させられる感じ。
大手もなかなか侮りがたし、デスネー

セールだったことがあったようなんですが、そうでないとこのぐらい。妥当性あるようなないような・・・

まぁ、パルメ様とかだとこんな感じですしね。

文章中に混ぜれなかったんですが、個人的にはこんなキャラが浮かんだ。めっちゃ赤紫ワインなのに。

| オーストラリア | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

床に張って探すべし?PP100点級カルトの豊若なパワー! カレスケ・グリーノック・シラーズ2003

うぇるかむ!
ここのところ濃いぶどう続きになりますが、今度はシラーズです。また濃い!しかし好きなのだから仕方がない!!
という訳で、オーストラリア・カルトな一本を。

oJ04a.jpg

カレスケ・グリーノック・シラーズ2003
知名度は低いと思いますが、いわゆる評論家系カルトです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(ギリギリで+♥?)
ラベルはイタリア系にどちらかといえば近い、農作業をする人の絵柄。
あんまりシャトーとかの見栄えを考えてないところだったり、家族経営系だったりする所が割りと使うタイプかなぁと。
で、そんなわけで「カレスケ」という名前はいわば苗字です。日本だったら「田中」とかな訳ですね。
そんなカレスケ家は1853年から農家としてやってた一族。その七代目のトロイ・カレスケ氏が自分の家族を説得して
「やってやろうじゃん!」
とワイナリー立ち上げ。ガチンコのファミリー経営で2002年に設立したというなんともカルトな雰囲気です。
bdsHj.jpg

今回の2003、パーカーの評価は10年前すこぶる高くほぼ100点(いわゆるバレル試飲でここから~このぐらい!ってアレ)であり、
「おまいら、床に張ってでも探すんやで?いいね?」
とか書いてたそうな。
ハリデー先生も「これめっちゃええで!」とデヴューヴィンテージの方を好評。マスターオヴワインのアンドリュー・カイヤード氏も「これめっちゃええで!」と好評。
ね、評価誌ワインでしょ?という感じであります。
ただ、年数が進むに連れてちょっとずつ評価も落ちているっぽい?とは思いますし日本輸入も少ないようです。
で、今回はノリにのってたPP暫定100点の03であります。10年後、パーカーたんの評価は機能しているのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
年号09年ぐらいかな?と間違えるほどぴっちぴち!
驚きの若さでした。これまで「年号の割に若い」というようなワインはそれなりに会ったことがありますが、ここまでの子はいないでしょう。ボルドーの上位だって03ならもうちょっと年取ってそうだと思うものです。

色はまだまだ赤さが残るスタイルで、オレンジのエッジなどは見られません。
香りには甘さがしっかりとあり、黒砂糖に少々のユーカリ感。
安いユーカリっぽさって青臭さが出やすいものですが、これにはそんな要点は(当然ちゃー当然ですが)なくて、むしろ爽やかさとして見えます。
オレンジやマロンなどの要素から多少年齢が見えますが、もっとっずっとベリーがあるのでそうは見えず。
味わいは上記の通り!09年かと思うような若さです。
少しの旨味感があるものの、鮮やかな質感でまずは舌を攻めてきます。
シラーズらしい甘さとユーカリ、ベリーの果実もグッとあるなかにオレンジの酸味、と新モノシラーズの良さと年季の入ったワインの味わいが混在。
まとまりよく、オレンジ酸とともすればカベルネを超えるハーヴィーな要素がとてもマッチしていて品位を感じさせます。
ローヌ品種(シラーやグルナッシュや)はときおり、カベルネやピノを超えるエレガンスや表現性を兼ね備えると確信していますが、これはカベルネの上等な熟成を遥かに超える若さと美しさを兼ね備えているんですね。
果実部分は紫果実、しかしながらアフターや旨味のノリ方が上位クラレットのバランス。
化粧上手な30代みたいな感覚・・・というと、ちょっと不自然かしら?
個人的には、多弁で明るい赤髪キャラを思わせます。
アン・シャーリー?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
床を張ってでも探すべき
という、パーカー語が割りと良くわかっちゃったかも・・・・・・これ、私の好みの直球なんですね。
なので、財政的余裕がありかつ見かけたら購入するべし!
上等なシラーの世界に確実に入っています。今回のボトルに関しては、第一期の飲み頃に完璧に入っていました。
実はバイオニック・フロッグ様目当てのついでに呑んだけど、これは遜色なし。シャーヴ様辺りとも勝負出来る気がします
プレゼント、にしては若干地味なラベルと評価点なので、むしろ高額なワイン会とかで持って行ってあげればオーストラリアカルトの真髄を経験させることが出来るでしょう。

という訳で、カレスケよりグレースノックシラーズ2003でした。
シラー種大好きな当ブログとしてはたまらないワインでしたネ。
全体のバランスとして、甘さとどこか青さが出やすいシラーズですが、その上等なモノの10年熟成を体験出来たのは貴重でした。

ネット上では売り切れちゃってるんですよ、ゴメンネ!

イメージとして、某連続テレビドラマ小説「花子とアン」のOPが思い浮かぶんです(内容ではなく)

で、赤毛のアンで検索してたら、今色んな人がアン・シャーリーを描いてるのね。

| オーストラリア | 21:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

史上最強のコスパパロディワイン? ゴーツ・ドゥ・ローム2013

うぇるかむ!
当ブログがラベルが派手なのを評価する(評価軸に加えている)のはこれまでご覧になった方はお察しいただけるかと思います。
つまり!今日は!ラベルによって大成して色々いざこざあったこちら!!

Gmf9W.jpg

フェアヴュー・ゴーツ・ドゥ・ローム2013
知っている人は随分前から知っている、このワインをようやく購入することが出来ました。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
出た!コート・デュ・ローヌのパロディ!
私がサンタバーバラシラーと並んで好むローヌを完全にパロってる訳ですね。
コート・デュ・ローヌ(ローヌ地方)→ゴーツ・デュ・ローム(歩きまわる山羊)
音色パロディです。清涼院流水か!
しかしながら驚くのは、実はこのワイナリー、フェアヴューというのは1693年には設立されているという事実!!
しかも色んな食品事業をやっている大手なのであります。
例えば、今ならオーストラリアのクレイジーな連中だとか、カリフォルニアのカルトないしワシントンシラーやクレイジーなピノの生産者達がカッチョイイラベルやパロディを作る事は良く良くありますが・・・・・・
それを1999年という何だかキバヤシがノストラダムスな頃にこのパロディワインを作ったのだっていうから驚きです。
で、このパロディが売れに売れたようで。
ついには訴えられる程にまで発展したそうな。
それまではフェアヴュー社もこのブランドだけ「ゴーツ・ドゥ・ローム・ワイナリー」と名前を変えてたというから驚き(めんどくさくなったのか、このヴィンテージから統一してらっしゃる)
アニメ&漫画業界で言えば、人気漫画のSDパロディ的な作品です。
どっちかというと同人的かな?ドラえもんの最終回同人誌ぐらいの感覚??

vlimi.jpg

あ、これ、裏がまだ会社名変わってませんね?
さておき。割りと前から探してたんですが、意外と見当たらなくて遂に発見することが出来たのでいただきました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
ウソだろ・・・コート・デュ・ローヌだコレ・・・・・・
驚くほどコート・デュ・ローヌの安ワインであります。
びっくりした。新モノヴィンテージである点にしたってしかしながらこれはローヌ広域の味です。
NXS77.jpg
色はご覧のとおり余り透けない赤紫。
香りはフルーツ要素が高く、いかにも新モノなフレッシュなベリーが大半を占めるのですが、驚くほどにスパイス感が出ています。
そのスパイスが、しっかりとシラー&グルナッシュ&ムールヴェルドルから来る官能的な複合系のスパイスなんですね。
味わい自体は口当たり軽く、また若い果実主体の味わい。甘味酸味ともにちゃんと存在し、ちょっと舌触りが軽すぎるのが残念なんですが、
「果実→肉感とスパイス→アフターに残る甘さとセクシーな香り」
というローヌスタイルに欲しい事を短いながらダダダッとやってくれます。
このバージョンは6種類という多めの果実を使うタイプ(どっちかというと南に多め)でシラーの主要素は薄れる分、ちょっとしたいちぢくっぽさやムールヴェルドルから来る濃い渋みなどを感じさせトータルバランスでは面白い通過をしてくれる・・・・・・と、この手のローヌワイン・ブレンドの見本としても相応しい程。
モチロン、全体のバランスとしてはパワフルさには欠けますし、より官能的に作ることは出来ましょう。エレガントさやフィネスといった最強クラスのワインのスタイルではありません。
が、しかしながらちゃんと2日目でもスパイスの官能をキープしてたりするので恐ろしいですよコレ・・・・・・
間違い探しさせられたら答えられる自信は一ミリもありません。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
これで1000円ぐらい!ワォ!ケース買いでローヌが滅ぶぞ!?
驚愕の安さです。画像の通り、スクリューでデザイン凝ってて、中身がちゃんと名乗るに相応しい雰囲気をもっているのに1000円にちょっと消費全ぐらいでOK。
こりゃ当のローヌの人達も訴えますよ、ドラえもん同人誌とおんなじぐらいヤばい。
多分、ギガル様シャプティエ様あたりの大手最安値ローヌやらとなら並べても遜色ないかも。
または、シラーズの安いやつとかと比べた時に明らかに違うかも。
安めの甘さがシラーズと比べると控えめかつスパイス要素が多いんですね。
疑いようがなく、超コスパワインです。


ローヌコスパワインの最高峰と殆ど変わらず・・・ヘタすると美味しいとなれば、ケース買いがOKでしょう?
最近、西友のPBを高く評価した当ブログですが、このワインには敵わないと思います。
日持ちもいいのが何よりイイ・・・デイリー用としては疑いようがなくYESだね!

という訳で、ゴーツ・ドゥ・ローム2013でした。
新モノのローヌ品種ブレンドでここまでの味わいが出せるとは、南アフリカのシラーはブーケンハーツクルーフ様といい一体どうなっているんでしょうか・・・・・・
シラーが比較的どこでも栽培出来て味わいが親しくなりやすい、という特性にしたってコレは恐ろしいナノデス!

どこ見たって値段このぐらいですからね。ワイン販売業者の目利きにも使える?

感覚としてはこのぐらいのパロディ感。

| 南アフリカ | 23:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本家サッシカイアより安定してるアルゼンチンピノ?ボデガ・チャクラ・バルダ2013

うぇるかむ!
昨日はお休みしましたが、一昨日に続いてアルゼンチンで何か一本書こうかと。

83NVY.jpg

ボデガス・チャクラ・バルダ・パタゴニア・ピノノワール2013
おや、左上に何かついていますね・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
dZwhi.jpg
わ、グイード家!
という訳で、イタリアの名門サッシカイアの系列のワインであります。
オーナーファミリーの甥であるピエロ氏がチリに近いパタゴニアでやっているピノ、というのが今回のいきさつです。
そのほかのデータというのがそこまで多くはなく、公式のインポーターによれば100%手作業除梗だとか土地の特異生について見ることが出来るでしょう。
初リリースが2004年と新しいのもあり、評価誌掲載率はサッシカイアのマークがデカデカとしているのに殆ど見られない模様(日本の雑誌では見かけたことがあるかな?ぐらい)
個人的に、本家本元のサッシカイアって
「安定感の悪いクラレットであり、特にセカンドのグイダルベルトは名前カッコイイけど味が酷い」
というのが見解です。あまり熟成したのを呑んだことがないというのもあるのですけれど、フラッグシップのサッシカイアは暗くて微妙な味わいだしグイダルベルトはそれがもっと酷くなっってて美味しく飲めた事がありません。
こう、なんと言いますか、オタク的に「どーでもいいというか、画面に出てくるとウザいキャラクター」ってのが私にとってのサッシカイアかも・・・・・・
贔屓してないワイナリーの海外進出版しかも品種違いなのですが果たして・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
ところが新世界ピノ・ノワールらしさ全快フルアクセル!
kq2aW.jpg
これが本家とは比べ物にならぬほど安定感のある新世界ピノになっています。
本家が「フランスのクラレットのクローン」というような方向性で戦っている最中、このバルダは場所らしさを良く捉えたバニラの強いピノになっています。
また、実はこのワイン何回か経験しているんですけれども、いずれも大きく差を感じさせず本家のヴィンテージ毎に差がありすぎる状態に比べて遥かに安定しています(それが良い人も悪い人もいるけれど)

色は良く透けるきっちりとした赤いカラー。新モノですからかなりハッキリしたカラーリングです。
香りに強くバニラ感が出ており、ビオディナミらしいんですけどそうした印象はないかも。
赤みのあるチェリーやスモモなどの果実、小粒なさくらんぼも含みますが脅かすほどではなく、キャンディにはなっていないのが良いポイント。
味わいは大体香りのイメージですね。パワフルスタイルですが、キつくない程度の味わいは出ております。
チェリーパイ、というよりはさくらんぼのケーキって感じで煮た印象はなくフレッシュ要素が強い。
一種ボージョレ・ヌーボーをずっとぐっと美味しくしたようなバランス感ともいえるかも。方向性としてはリジェ・ベレール家などがもつ「シルキーでミルキーなピノ」のスタイル。
あったか系ピノの中でもよくよく作ってある部類ではないでしょうか?本家の田舎っぽさよりずっとシティ派かもしれません。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
これで3000円前後、であれば悪くないと思います。
一族のブランド感やシンプルだけどちょっとデザイナーセンス入っているラベルからプレゼントアイテムにも該当しうる点からちょっとオマケの点数で。
今回のモノはシリーズの一番安いモデルですから、プレゼントするならランクがもっと上のやつの方が本当はいいのですがネ。でもこの価格帯ならばって感じ。
私の知り合いに、このワインを呑んで気に入りワイン会に一本持って行ってみたら真っ先になくなった!とおっしゃってたマダムもいらっしゃりーの。
万人に飲みやすくかつボリュームがあるので、ワイン会での筆頭人気は頷けるところです。

という訳で、バルダ2013でした。
新世界的な雰囲気が大きいのですが、妙に果実が生き生きしていてバニラっぽさが不快じゃない・・・・・・というのはもしかするとアルゼンチンピノの特徴?
いずれにしても、アルゼンチン=ピノの可能性は今後も深まりそうに思えてなりません。

この価格ならまぁまぁな・・・

フラッグシップがこれっぽい。過去に呑んだ事があるんですが、割りと今回ので充分な気がします。

ムッチリ、ポッタリ、ミルキーなワインを飲むと思い出すキャラが三村かな子な私。

| アルゼンチン | 14:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今、最も格安なシラー主体ワイン? トリヴェント・シラーマルベック・リザーヴ2009

うぇるかむ!
シラー種を押せ押せな当ブログでありますが、実は意外と「安くていいシラー」って見つけづらかったりします。
昨日更新のバイオニック・フロッグたんなんて2万ですよ!
本地のローヌの場合は安いと「グルナッシュ主体」ですし、世界最強産地セントラルコーストはミドルクラスぐらいからがスタート。
うむむ、と思っていたらこんなのを発見しました。

yOnsb.jpg

トリヴェント・シラー・マルベック・リザーヴ2009
アルゼンチンのシラー&マルベックというスタイルです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はシンプルかつあんまり興味を引かないかなあとは思います。
作り手は地味に以前も更新したトリヴェントさんです
コンチャ・イ・トロ系列の前回のモノよりも更にランクを下げたシリーズの一本となっています。
なので、まぁ正直書くことがあんまりありません。09年というちょこっと古めなのとブレンドがポイント・・・・・・なんですが、今回唐突にこのワインを更新しているのには理由があります。
H29d5.jpg
アホみたいに安かった
某量販店でこの驚きの値段だったんデスヨ!
以前、トリヴェントの実力自体はまぁまぁだと判断している+シラー主体なんていいじゃーんとついつい買ってしまったのでした。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
味わい自体は何ともアルゼンチンめいていると思います。
ただ、以前紹介したモノに比べると年号が立っている分とシラー要素が強くなった為に多少面白い差が出ています。

色は透けない赤紫でまさにマルベックの黒さがうねりをあげています。
香りにかなりのバニラ&紫系ベリーがドカドカっとざっくばらんに入りつつ、毛皮っぽさ少々。
スパイス感はあまりありませんが、ほんのりとハーヴ系の青さが見えます。
単調ではありますし、総合的にマルベックがもつ「なんちゃってボルドー」の印象があるんですけれども、その実果実感はシラーっぽい雰囲気。
そのため、味わいもちょっとだけ不思議。なんとなーくエルミタゼワインの典型を思わせるのです(つまり、カベルネ・メルロ・シラーというブレンドみたいな)。
果実に紫系の大味、それにバニラという新世界系のバランスに何となくメルロっぽい(マルベックにもあるのだけれど)思ったより滑らかな舌触りがシンプル。
奥深さ(テクスチャ)はほぼありません。むしろ毛皮っぽいエグみが少しある点はマイナスとも思います。
しかしながら、強い新世界系の味わいとミルキーさを持ちつつもクドすぎたりヘンな感触だったり人工的すぎて気持ち悪いというほどではありません。
また、なぜだか不思議とハーヴっぽいアフターがある点が印象的でした。この部分が妙にカベルネっぽいんですよね。
ノーヒントのブラインドだったら多分クラレット(カベルネ・メルロ・カベルネフラン)かエルミタゼだと思うハズ。
09年というちょっとした古さから動物系の味わいが見え隠れするのは好みによるかなーと。
このワインに関しては、恐らくその動物っぽさがあるお陰で少し高そうに感じさせてくれている面もあるので+に働いているとは思います。
アフターも思いの外じっと後に残るという。
パワフルすぎず、かつヘンテコすぎない。シラーとマルベックの2つの品種の「良い所も悪いところも」まぜこぜにしたカオス。
なーんか、アニメで外見の割にやってる行動がおかしいキャラっていません?それの面白いバージョンみたいな。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(一般価格だとして)
とりあえず、これ1000円以下で買えたら反則だよね・・・
間違いなく上のセールはお得です。場所は伏せますが、もしも発見したら即取り押さえてください。
これ、なんであんな値段で売っていたかわかりません。
多少雑な印象もありますが、これが1000円以下で飲めたらコスパは当ブログ1年半やってた中では究極の域。
まぁ、定価の1500円ですらクセはありつつも雰囲気があるのでオススメであります。
不思議と風格を感じさせるマルベックにシラーの果実感というスタイルで、濃厚好きならばデイリーに是非是非。

xYr9p.jpg

という訳で、トリヴェントのシラー&マルベック09でした。
モチロン、ホンモノの高級品や3000円以上のミドルクラスに比べればチープなんですが、しかしながら高級感が若干でもこの価格帯であるのならば大いに買いだと思いません?
定価1500円前後でもまぁまぁの部類。もしも半額セールを見かけた方はラッキーそのものであります!
ま、私がそのラッキーな人だったんですけどネ!!(ドヤ顔)

この価格でもオススメは出来た。

ちなみにここのフラッグシップはコレらしい

ちょっとしたチグハグさを元に検索したら出てきてこのワイン吹きつつ爆笑wここまでチグハグではないですよこのワインww

| アルゼンチン | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

当ブログの理想型!? カユース・バイオニック・フロッグ・シラー・ワラワラヴァレー2004

うぇるかむ!
当ブログ、シラーとかグルナッシュとか・・・いわゆるローヌ品種の贔屓度が高い(要するに私の好み)のです。
理由はこういうようなワインがいっぱい存在するから。

w2hWH.jpg

カユース・バイオニック・フロッグ2004
ワシントン最強と名高いシラーでございます。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
まさに当ブログ好み
このアメコミめいたラベルが果たして何の情報もなしに見させられたら「高額ワインのラベル」だなどと誰が思うでしょうか?
アメコミというよりはアメリカ産のゲームっぽい感じもしますね。大体がしてワインの名前が「バイオニック・フロッグ」ですよまったくアメリカは最高だぜ・・・・・・
さて。
このカユースというワシントンのワイナリー。そしてフラッグシップがこのバイオニックフロッグです。
作り手はクリストフ・バロンという人で、なんとシャンパーニュの跡継ぎだった人!
それがワシントンでワインを作っている訳です。びっくりします。超名門の貴族がイキナリ田舎の女の子に惚れてしまったような具合です。ベルバラより壮絶ナノデス!
オレゴンブームで「ウチもオレゴンピノに進出しよう」とクリストフさんを送り出したら、まさかワシントンに土地を買ってしまったなんて・・・(寝取り系のニュアンスで)
というワイナリーのフラッグシップで、ワシントンという殆ど一般の人には
「え、そんなところでワインなんて作ってるの?」
という土地のトップ生産者の一人の最高峰となっています(他に並ぶとなるとクイルシーダ・クリークとかKヴィントナーズかしら)
最高峰なのにマルチヴィンヤード(いろんな畑の集合体)なのはアメリカらしいと言えるでしょうか。
更に、樽がかのオークの魔術師、ドミニク・ローランたんのマジックカスクだとか
しかも日本に10本以上入ってきたらラッキー状態でワイン・アドヴォケイト100点もとっていて(99点ならなんと5回!この04は99点)と評論家も絶賛みたいなオマケつき。
なんだかスゴイことになってきたぞぉ・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
理想的熟成のシラー
完璧。パーフェクト。ブラボー。
bHska.jpg

地味に知る人ぞ知る「買った人しかしらない」裏ラベル・・・業界人だったら怒られるかも。
もうこんな感じでドヤ顔大満足といいますか、シン・クア・ノン様やシャーヴ様に並ぶ実力だとこの04では感じました。

色はエッジこそガーネットだがまだまだ若さも感じさせる赤(ちょいレンガ?)
香りにグッと強い黒糖、サトウキビの印象にプラムジャムなどの紫系果実が少々。
このワインがなぜ素晴らしく理想的なのか。その答えは「甘味のバリエーション」です。
味わいにドッ!っと甘さが入り濃い焦がしキャラメル、ココナツ、サトウキビ(高級ラム酒)、ウィスキーといったバニラ&黒砂糖の甘やかさを存分に多様に見せる事です。
ダイナミックでありながら、テクスチャやフィネスも持ち合わせている点が驚きでアマローネじみた熟成っぷりと合わさって酸や旨味もしっくりと喉を通ります。
甘さの部分があまりに感動的。この部分がコミカル。
痺れるワインです。アフターがこれでいて甘さがグダグダと残らずにちゃんとデクレッシェンドして後をひく甘みなのですから。
果実感は今回呑んだ感覚だとちょっと薄れ気味でしたが、ココナツ辺りの溶け込み方に転移しているのでしょう(よって、若いものはもっとタンニンや酸が強かろうと推測します)。
味わいの流れがとにかく秀逸で、なんとも「良く作ってある」ワインだと思います。
サンタバーバラやワシントンに見られやすい「作り手がキッチリガッチリバッチリ作ったワイン」の形を見ることが出来ました。そういう点でバイオニックなワインの最高峰だと思います。
ブラーボ!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(ただし買えれば)
買うチャンスがあるならば迷う必要がありません!

むしろ、買うチャンスがあるならば幸福すぎます。
ネットショップでなんと2万円いかないのです。スゴイ。2万円でこれよりも感動出来るワインは私もそれほど知りません。シャーヴ「様」とかのローヌ最高峰や地球最強ワイン産地サンタバーバラの最強生産者各位をもってしてもなかなか・・・・・・
これは私が「生産者が完璧な球体を作り上げる」ような錬金術のワイナリーも好むのが起因していますが、とにかくスゴイのでチャンスがあれば優先してください。
アドヴォケイトにあったという「理想の恋人とこのワインだったら、このワインを飲むことを選ぶ」という大げさな表現も侮れません。
プレゼントの前にまず飲むことです。これを手に入れる幸運を他人にあげるなどと・・・・・・

という訳で、バイオニック・フロッグ2004でした。
凄まじい甘味のテクスチャ&フィネスを体験できれば幸運です。
ワシントンという「作り手の努力」によって初めて旨いワインが出来る産地の集大成といいますか、「人が作るワイン」の理想型をもっとも良いタイミングで飲めたかも。
このワインはラベル、味わい、コスト・・・・・・といった当ブログの判断基準における完璧な100点ワインです。
当ブログはこれを作れると(これに近いと)とりあえず満点を出す事を表明いたしますネ。

まぁ、売ってませんけどネ!売ってたらむしろ私に譲ってネ!!

(呑んだことないけれど)通常版すらレアワインなんですよ!

私史上、最も好きな二次元キャラはこの子なんですが・・・ううむ、確かに迷うな。

| アメリカ | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気分はアカデミー賞?何ともアメリカン好みのスパニッシュ! オノロ・ベラ・ボデガスアテカ(ホルフェ・オルドネス)2013

うぇるかむ!
昨日はルイ・ロデレールの新作で更新・・・・・・した所、アクセスカウンターがえっらい回っててひえぇ~(CV:東山奈央)ってなりました。
今日はその10分の1で買えるスペイン赤でございます。

lWk6v.jpg
コワイ!
オノロ・ベラ2013。
ホルフェ・オルドネス系列の一本でございます。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
M57Fr.jpg
目の先はとってもデザイナブル。
いかにもモダン・スパニッシュな感じですね。コルクが無味だったのが残念でしたが・・・・・・
作り手の系列はホルフェ・オルドネス。以前、フュエゴを紹介しましたっけ。

YzGey.jpg

その系列の作りなのですが、こちらはPPの代わりに
「アカデミー賞の後のパーティーであるガバナーズ・ホールにてウルフギャングパック先生がセレクトした」
という逸話があるのでした。
日本TVで言えば、料理の鉄人の筆頭人気三人(道場六三郎、陳建一、坂井宏行)クラスの存在です。
とか書いてて、
「そういえば、アニメ漫画業界でアメリカ料理の達人って覚えがないなぁ・・・」
ってふと思いました。焼きたてジャパン!にパティシエあがりのビキニキャラがいたよーな気がするんですが・・・・・・
さておき、大勢がいるパーティーにおいて使用されたというその実力というと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
とにかく若い!
オルドネス系列らしい、強い果実感に加えて若い。これが今作の特徴かもしれません。
ブレカなどの他シリーズも若くて強いタイプですが、これはそれら以上に果実が感じられるんですね。

色はしっかりと赤紫。ギリギリ透けないカラーリングですね。
香りはそこそこにブルーベリー、甘みの強いカフェオレの印象。
味わいはまさに典型的なスペインのモダンなヤツ。
ベリー系とカフェオレ、黒糖使ったのかな?みたいな甘味がかなり残ります。
酸というよりタニックさもあって構成自体は良く出来ているのです。
ただ、ずっしり重たくなく意外と軽いと感じちゃう人もいるかも?
いちぢくっぽさはあんまりなく、少し水っぽいような気もしてしまうのは果実の部分が妙にフレッシュだから。
同系列のブレカには感じられた「VVっぽいミネラル感やらミント風な味の奥行き」が無くなり、代わりに(年号のせいかもしれませんが)「果実がもぎたてフレッシュになった」みたいな感覚。
エアマスターからプリキュアになった訳ですね(エアマスターという深夜アニメスタッフが東映女の子枠をやることで話題になったのがプリキュアです)。
ずっとノリが軽い。この辺りがパーティーで使われた所以かもしれませんね。
いや、しかしながらこれ濃いのでウルフギャングパック先生はかなり味付け濃い人なのかしら?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
皮肉にも同オルドネスシリーズがあるせいで最大とは言えない
これ、初体験だったらもうちょっと評価良かったかもしれません。オルドネス・スタイルのワインであり、そしてオルドネス・スタイルの中ではちょっと物足りないかなぁと私は感じました。
濃ゆさがちょい弱いんですね。それが料理に合わせやすいか・・・・・・というとそこまででも無い気はしますがドリアとか濃いステーキには使えそう。
しかしながら濃いデイリーワインを求める人には十二分に選択肢に値しますし、上述したセールスポイントから「映画ファン」「料理ファン」相手のプレゼントの可能性を秘めているのはスゴイ。
プレゼント力、という意味ではこの価格の中では最高に高いなぁと(値段とか調べちゃう相手にはやっぱり安すぎちゃうんですけどネ)

というわけで、オノロ・ベラ2013でした。
ホルフェのワインを久しぶりに呑んだわけですが、相変わらずの強烈さをこの価格帯で良くやっています。
ちょっとブレカの方も久々に買おうかな・・・・・・

多くが「アカデミー賞受賞」の部分を掲げる中、淡々とワイナリ情報と自分のティスティングコメントで売るのがとても良いと思いますヴァンヴァンさん。

そろそろ飲み頃?

USAで10倍界王拳したらしい

| スペイン | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロデレール最新…体験してきました! ルイ・ロデレール・ブリュット・ナチュール・フィリップスタルクモデル2006

うぇるかむ!
今、シャンパン界隈で話題になっているアレ、呑む機会がありましたので緊急更新であります!

33kI5.jpg
ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール・フィリップ・スタルクモデル2006
ミレジム入りの超限定ゼロ・ドサージュであります!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
シャンパーニュの王道ですしねー。しかもその40年ぶりぐらいの「エチケット(ラベル)違いではなく完全新作」ですからネ。
かなり気合の入ったワインです。
ボックスもご覧のとおり
kADgg.jpg
バッチリでございます。
8XuPY.jpg

いかにもデザイナーズボトルであり、ロデレール自体については「前提」として書きます。
今回のナチュール、一言で言えば
「フィリップ・スタルクという超有名建築家とロデレールの共同制作された、最後の加甘なしのシャンパン」
かな。ゼロ・ドサージュというモノで、このスタルク氏がゼロ・ドサージュのシャンパンしか呑まない変態マニアだった為に作ったのだとか。
フィリップ・スタルク氏って誰?というと、浅草のアサヒスーパドゥラララァイーのアレが日本では有名かしら。
ネット検索してたら「創造性、お金、セックスについて語る」とかいうなんともオサレな文章もあったりなかったり。

とかく、ゲームオタクにわかりやすく言えば、ワイン界のキングダムハーツです(スクウェアとディズニーのコラボ的な意味で)。
で、しかも2006年限定の可能性も高く、かつフランス・アメリカ・英国・香港・そして日本の5ヶ国オンリー限定x本!みたいな感じになっています。
かなーり注目度の高いワインなのですが実力はというと・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(料理と合わせて+X)
おお、ノン・ドサージュだなぁという感じの辛口。
それでいて、スッキリと飲めてしまうし高級感もあるという、まさに究極の炭酸水。
A9x7r.jpg

色は思っていたよりはレモンカラー。
泡立ちはまぁ流石というべきでしょうか、実に綺麗に仕上がっています。
香りにふっと柑橘系、微量にチョコっぽさもあるのですがそれほど濃さはありません。
本当にかすかにって感じ。
味わいはとにかくドライでスッキリしている、という特徴は捉えつつ口当たりの良さに驚かされます。
キメ細かい泡、というのを良くわからせてくれる・・・そのためのノン・ドサージュでしょうか。
サラッとした中に柑橘をニュアンス程度に残す、それでいてシャンパンらしい高級感はキープ。
完全に甘くないのか、というとそうではありません。ほんのり、これまたほんのり甘い。
アフターは殆どないかのように思わせてくれます。それぐらい「いつの間にか」いなくなっている。
黒子のバスケか!みたいなバニシングっぷりです。

流石の仕立て、ではあるものの全てにおいて綺麗に立ち上げまくられており、ルイ・ロデレール本家らしく難しい味わいでもあります。
これ、ヘタするとただの炭酸水にレモン足したの?ぐらいの加減。
ただ、そうではない事が泡の質感やこの微妙なニュアンス具合でわからせるという妙のシャンパーニュになっています。
したがって、単体では正直あんまり美味しい代物ではありません。
これは完全なる食前であり、食中であり、食後の泡なのです。口のリフレッシュ感は半端ない!
ゼロ・ドサージュにしてもここまで繊細にやってのけるのはスゴイなあと感心するばかりですね。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(投資出来る人はチャレンジすべきだが)
とてつもない仕上がりを感じられるものの、多くの人にとってコスパのいいものではありません。
デザイン料がかなりかかっているのは間違いありませんもの。コスパで買う部類ではないかなあ。1マン6千のノン・ドサージュですし。
これがバッツリ使える人こそが真のワイン力がある人だと思います。
ロデレールファンはもうとっくに手に入れてるだろうとも思いますが、更に「「これ、ミレジムだし熟成したら・・・」とか思って何本も買っている事と思うので、市場は早くなくなりそうですね。

というわけで、ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール・フィリップスタルクモデル2006でした。
実は私、以前も書きましたがロデレールはエステートバージョンのがわかりやすくて単純に旨い
と思っているタイプ。
やっぱり本家がもつ難しい繊細さに気付けていないのかなぁ・・・・・・と思います。
ただ、これは通常版ブリュットを買うよりは遥かにオススメ。シャンパーニュ大手メゾンの作る「泡」のレベルを是非ご体験あれ。

ここの系列で飲みましたん。なかなかの値段がするのは已む無し・・・

クリスタルと比べると今は4000円ぐらいの差ですね。なんかレアっぽいのは今回のが上ですが。

デザイナーはこんなの作ってたりする人です。

この口からの「消失感」はどーにもこのキャラを思い出しますネ。

| フランス | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超ユーカリ系でやたらカッチョいいクラレット! ソウマ・スカイ・ブロックス・カベルネ・ソーヴィニヨン2012

うぇるかむ!
オーストラリアのカベルネ、というと「ユーカリの印象から判断する」というのが俗説であります。
オタクが同じ一般が言う美少女絵でも線のタッチや塗りから絵師の特定が出来る感覚で、オーストラリアのタッチとして知られていたり(本当か?)
で、今回は思いっきりそのタッチを出しているワインです。

5GugZ.jpg
ソウマ・スカイ・ブロックス・カベルネソーヴィニヨン2012
ヤラ・ヴァレー産のクラレットになります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(個人的に+♥)
やたらカッチョイイ紋章マーク!コードギアスか何か!?
みたいなラベルがオタクごころをくすぐります。ナントカ帝国軍とか出てきそうじゃありません?
しかも赤ワインなのにラベルの基調が水色とかいう大冒険しちゃってるラベルです。ワォ!
綴りがSoumah=スーマと読むべきかもなんですが、
WSSrt.jpg
ここはインポーターにならおうと思います。
作り手はブッチャー一家というオーストラリアで園芸やらサービス業でならしてきた一族経営。
それも2007年立ち上げの2010ヴィンテージ初という超最近金持ちが始めたワイナリーです。
なので、新規立ち上げの割にヤラ・ヴァレー(個人的に世界最高峰のピノを作るコールド・ストリームヒルズ様がある所ですな)という結構一等地で作っています。
醸造家のスコット氏はそこそこ大手を渡り歩いていてヤルンバとかオークヴィル・ランチ辺りで修行経験とか。
評価はまだまだこれからって感じのワイナリー、その実力はいかに?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
スカ~イハーイッ!
\宣/<ありがとう!そして、ありがとう!
ユーカリ、実にユーカリ!!

色はそこそこに赤紫が入っておりギリギリ透けるかなーという感じ。
香りがとにかくユーカリ濃厚!
最近、モトックスインポーターは草っぽいの好きなのかしら?とかくハーヴ系のとくにユーカリ濃度が高くて驚きます。
実はユーカリは強すぎると良くないとされており、割りと最近は控えめなところも多く、オカルト的にオーストラリアのワイナリー近くのユーカリを引っこ抜いたりするワイナリーもあるぐらいで・・・
なので、意外とクラシカルなワインといえるかもしれません。
味わいはそうした要素にもう少しカシスが迫ってくれるのがありがたい。
キツすぎない程度に要点を抑えてくれおり、カシス&チェリーの雰囲気とユーカリで何ともヘンに爽やかなワインになっています。
まさにタイバニのキース・グッドマン。
どことなく男臭さ漂いつつ、どこか清々しいワインとなっています。

このワイン、実は先月キーボードが壊れる前に呑んでまして
ugql3.jpg
こんな組み合わせを試したりしてました。
ギャバンのオイルサーディンは結構良かったのですが・・・・・・サーモンのパティは相性最悪かも。

コストパフォーマンス(最大10PT)
♥♥♥
2000円であれば楽しませてくれる面白ワインとして一本ありだと思います。
なにせ気軽大国オーストラリアらしくスクリューでパッ!と開けて爽やかなユーカリ要素でまったりとさせてくれるのです。
価格の割にお金がかかってる感じがする質感でありますから、ユーカリ要素が苦手でなければ普段使いにどうぞ。
オーストラリアワインの特徴をつかむ、という点でも悪くないかも。ちょっと強調しすぎだし古臭い面もある気がしますがね。
派手でないプレゼント&ワイン会用にはギリギリ使えるかも?

というわけで、ソウマ・スカイ・ブロックよりカベルネでした。
このワイナリー、実はピノとかイタリア地品種(なんでやねん)とか面白いラインナップがあり、正直ピノを探している真っ最中だったりします。
ヤラ・ヴァレーのピノなのでもしかしたらめちゃくちゃヤばいかも?みたいな。
さておき、今回のカベルネは特徴的な要素が多い一本。箱買いいきなりするのはオススメしませんが、一本ぐらいは悪くないかもデスネ。

ただ、楽天で売ってるのはここだけ(2014年現在)。シリーズでも人気がない?

ドヤッ

| オーストラリア | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の更新中止~それと今後の更新予定な~

うぇるかむ!
というわけで、申し訳ありません本日更新多分(よっぽど早く帰れないと)更新ないと思います。
いやさ、実はモバイルからの更新も考えたのですが、なんか異様に重たくてイララッ!としてしまうという。

・なので、恒例の今後の予定。

・オーストラリアを最近重点的に買ったり呑んだりすることが大井っち。なぜだろう?そんな周期。
・ですがほんといい加減イタリア特集します
・西友のpb商品、需要がありそうですしボルドーの生贄になろうかなと・・・安いボルドーですぞ?
・何故かこのシーズンになって白ワインをちょっと飲みたくなる。プュイィ・フュメとソアヴェ以外ももう少し。樽ドネとか?

相変わらずぐだぐだやってまいりますのでよろしくなのえすー。

ここのカベルネを更新予定なんですが、世の中ピノばっかり売ってる

イタリア特集する時には超イチオシの予定↓

| 未分類 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

磯ノリの味?海っぽさ感じる有機チリピノ! マテティック・コラリージョ・サン・アントニオヴァレー・ピノ2011

うぇるかむ!
先日、テロワーリストのチリピノを紹介しましたが、今回は同じ有機系ですが庶民的な一本を。

wkj8Z.jpg

マテティック・コラリージョ・ピノノワール2011
なんかもうラベルからして庶民的でしょ?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
なんか動物(キツネ?猫?何?)な感じのキャラクターに禿字という意味深なよーなそーでもないよーなデザインです。
UytHS.jpg
なんか裏もこんな感じでカワイイ。
味わいもそうなのですが、こう肩肘はらない程度の経歴しか出てきません。
100%の有機農法でやっています。ぐらいのもので、1999年立ち上げという歴史的にもコンサルタント的にも凄くはないという。
評論家系評価も「ワイン&スピリッツでベスト100ワイナリーに選ばれた事がある」というとても小規模なモノです。
とにかく小規模なのですが、チリのピノ・ノワールはもしかしてスゴイのでは?と私は考えているので、サクッといただきました。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥(好きな人は+♥)
磯のり
この印象が私には強烈に残っています。
色は透けなく濃いカラーリングで強いタイプのピノであることがわかります。
香りに上述の通りの磯ノリ。独特の雰囲気でこの塩っぽさ(ミネラリーというよりも塩)となんだか海の家めいた雰囲気に圧倒されます。
味わいはその割に濃厚なスタイルで、チェリーの大粒さといったら!
グッと噛みこむ大きいチェリー感に酸のほうが強めの仕上がりです。
しっとりとはしており、新世界系らしい作りなのですが全体に漂う磯ノリのオーラがやたら楽しいワインになっています。
果実の高さ、そうしたミネラリー?な雰囲気がこのワインしっかりとつながっているのがいい部分。
バランスが悪い事は確かなんですが、そこで終わらず個性として飄々としているのが面白い。
海の男のワインって感じ。て、提督!

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
2000円中間、としては普通なんではないでしょうか?
いや、ダメな人はむしろ苦手かもってタイプなんですが、案外とググイと飲ませてくれる要素もありますから。
プレゼント向けではなく、あくまでも家のみカジュアル向けですが、料理次第で面白い発展が見えそうです。
ピノのある種均一感のなさを楽しませてくれる、ドリンカピリティそこそこの小品。
庶民的~。

というわけで、マテティック・コラリージョ・ピノ・ノワールでした。
ひとつわかってきた気がしていますが、
チリピノは変態ワインの巣窟なんじゃないか?
というところ。こう、テロワールが掴めない感じなんですね。
全体に海沿い気味の場所で作るのかミネラリーである事は多いのですが、そのほかの部分に各々の特徴が強い。
面白い飛び道具ワインとして、これからも注目していきたいデス!

市場はもう12年に移行してるみたい

評判がいいのはシラーの方らしい。

海の男

| チリ | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーパス・・・じゃない!音楽ネーミングなナパカルトコラボカベの熟成モノ 

うぇるかむ!
ナパないしカリフォルニアワインで最も好きな所は私の場合「土地よりも生産者に価値がある」というところです。
フランス派、の中でも強固かつ古株派の人は「土地こそに価値がある」なのですが、カリフォルニアの場合は「誰が作ったか」の方がナパという地名よりも価格があがる要因になります。
で、明らかに名前が上がりそうな感じのワインがこちら

kPGvW.jpg

アリエッタ・ヴァリエーションワン・ナパ・2002
ちょい熟成なナパワインなんですが作り手がなかなか・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
オーパス・ワンでもダ・カポでもダグノー様でも借り暮らしのアリエッティでもありません
という音楽ラベルのこの作品。それだけだとこうした一級品達のオマージュと言う感覚が高くあるわけですが作りてがヘタするとそれらクラスナノデス。

8DRcj.jpg
ジョン・コングスガードであります。
一応程度に説明しておくと、コングスガードといえば「ナパシャルドネのトップ級」です。
アリエッティどころか宮﨑駿級です。生きねば!
で、彼がハットンという人と組んでいることが上の画像からわかるわけですが、ハットンって誰?というと
「英国最大のワインオークションがあるクリスティーズの元ワイン部長」
つまり、ワインをオークションして飯食ってる所の部長が引退してコングスガードと組んで作ったナパカベなんです。しかもコングスガード本家と設立は同じ時季。
これはどういうことでしょう。
漫画系で無理やり例えるなら、赤松健先生とキバヤシ編集が新規に漫画雑誌を立ち上げた・・・みたいな?
とにかくビッグネームだと思います。
コングスガード氏自体はとっくに退任していて2005年から実はアンディ・エリクソン氏に変わっている(この人もドエライ人)ものの、なんかミッシェル・ロラン先生とかも関わっているそうでとにかくビッグネーム(二度目)

その中でこれは「メルロー主体のシラーブレンド」という右岸版エルミタゼな一本となっています。
ワォ!私、いかにも好きそうじゃん!!
というわけでティスティングいたしました。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥
思ったよりもそこそこって感じの熟成具合といいますか・・・なんでしょう、「ナパメルロも熟成する」のはわかるものの「もっと若くてもいいのかな?」とちょっと思っちゃったのでした。
色はそこそこレンガ感があり、それなりの熟成を見た目から思わせます。
メルローとシラーとは思えないカシスとハーヴ要素が見られます。旨味感などはまだ出ていません。
少しコーン要素があり、赤にあると少し苦手な私はこの分でちょっとマイナスでした(好きな人には+なのですが)
味わいは口当たりにメルロの感触がハッキリあってツルすべ肌。
酸も保ちつつ甘みのある重た目の果実感がシラーっぽいでしょうか。
味わいは果実部分はやっぱりカベっぽい雰囲気なんですけれども、香りほどハーヴのニュアンスはありません。
まぁ、それでもアフターはスッキリとさせてくれる程度にはあるのですがネ。
右岸ぽさと濃厚さを合わせたような不思議さで、エルミタゼブレンド(ボルドーブレンドにシラーが入るタイプ)の中でも不思議な感覚でした。
メルロ感強い割にどこかシラーのようなそうでないよーな・・・・・・と、良い所どりだけど器用貧乏というエルミタゼにありがちなところからは抜けきっていなかったかなーって。
ん、やっぱりこれアリエッティ?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
とっても悩ましい1万円以上15000円アンダーという価格。
セントヘレナ産だし、ハドソンヴィンヤードなどのグランクリュとも提携があるワイナリではありますが、このヴァリエーションワンに関しては「これが本調子だと若干困る」かなぁ。
ナパワインにおいては比較的良くある「しっかり素晴らしく作ってあるし高い事が誰にでもわかるんだけどなんか感動しないなぁ」というアレ。
まあ、どちらかというと白で大成している人らが始めたワイナリー(コングスガードもシラーはかなり市場に余る)で引き継ぎも白の立ち上げの時に活躍した、とのことなので本命はこのワイナリー白なのかもしれません。
音楽ラベル故にプレゼントにはなかなか。その中では知名度が薄い点で旨いこと差をつけちゃいましょう。音楽符ワインの中では安めですしネ。

というわけで、アリエッタよりヴァリエーションワンでした。
それにしてもシラー作る人は音楽関係多いね!
なんて個人的には嬉しかったりもしますが、さておいて今回のはどちらかというとネタ要員側でしょうか。
日本輸入は少なそうなワインではありますが、巨匠関連のセントヘレナ居城だったりするのに安いので狙い目かもしれません。

ただ、2002のこれはネット上では売り切れ。チャンスは・・・どうなんでしょ、日本国内あるのかなぁ?
アリエッタ レッド ヴァリエーション1[2002]

アリエッタ レッド ヴァリエーション1[2002]
価格:13,824円(税込、送料別)


実は赤のハドソンヴィンヤーズよりこの白辺りのが評判良さそうな・・・

貼っておく義務を感じた

| アメリカ | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名家のルージュの実力は只者ではない! ティボー・リジェ・ベレール・ブルゴーニュルージュ2011

うぇるかむ!
地味にピノ特集になってます。これまであんまりブルゴーニュ・ルージュ(ブルゴーニュ産ピノノワールの超広域モノ)は書いてきませんでしたが、これはなかなかの逸材だと思います。

YjdP4.jpg

ティボー・リジェ・ベレール・ブルゴーニュルージュ2011
リジェ家の分家からの一本です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はとにかくシンプルなモノになっています。
初心者にもわかりやすいぐらいの紋章、年号、生産者、産地、ピノです。
ooURL.jpg
裏もまぁシンプルな。
作り手はティボー・リジェベレール。の、ネゴスなのが今回なのですが・・・・・・まぁ、本拠地はニュイ・サン・ジョルジュにおいています。
リジェベレールというと、「ラ・ロマネ」というロマネ・コンティの隣畑のドメーヌ・リジェ・ベレールが有名ですがその血族であり、ニュイ・サン・ジョルジュのトップ畑の一つであるレ・サン・ジョルジュを引き継いだのがこちら。
アニメとかで言えば、声優の「大塚一家」みたいなモノかしら?
フェヴレイという大手にしばらく畑を預けていたのを一気に巻き返して自社のモノにし、一気にトップドメーヌへといっているノリノリなベレール一家のまぁ端の端なワインではあります。
ついでにネゴス=自社ブドウばかりじゃないわけで、そんなに期待はしていなかったのが正直なところでしたが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
おっ!ブルピノー!!
って感じの一本になっています。いわゆる繊細なってヤツなのです。

色はハッキリと赤みが強めにあります。この辺りはちょっとアメリカンなカラーかも。
香りは小規模ながらチェリーの質感があり少々のキャンディ香とスモモ。フルーツ要素の方が良く出ていて、小柄ながらまとまりは良いという。
味わいは香り同様の印象で、とってもカワイイキャラクター。
そこそこの品の良さを舌触りと控えめな小ぶりの果実&バニラで感じさせる、小公女な味わいの一本となっています。
濃さという点では不足がありますが、しなやかな印象は実にブルゴーニュ的。
案外と、リジェ・ベレールのオーラを感じさせる洗練としてまとまりのある味わいになっています。
押せ押せでも酸が強すぎるでもない、小品といった感じ。ピアノというより、オルゴールなタッチ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
今どき2000円前後でACブルって買えないもんネ!
これ、2000円中盤からもうちょっと安いぐらいの価格なんですね。
ブルゴーニュ・ルージュですら高騰しまくっている昨今、さすがのブルゴーニュキチ達ですら離れが起こっているとされている最中、2000円でこれを出すのは立派。
その分、小さな作りではありますがブルゴーニュらしさを良く捉えていて、秀逸でありながらグッドなお値段だと言えるでしょう。
まさしくコスパワインです。デイリーにかなりオススメ!
安旨産地やアホみたいなラベルに軍配をあげがちな当ブログも、流石のこの出来には正直ビビった!!

というわけで、ティボー・リジェ・ベレールのブルゴーニュ・ルージュ2011でした。
例えると5分アニメですら秀逸な作品作ってくるような生産者だと思います。
この年号でもしっとりバランス良くまとめて仕上げてくる。うーん、すごい。

ブルゴーニュ入門にもいいかも

トップは実はリシュブールだったりするティボーさんですが、本領は多分コッチよね?

| フランス | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超肩書なテロワーリストが導いたチリピノの個性?  クロ・デ・フ・ピノノワール・ラトゥーファ2011

うぇるかむ!
先日までシュペブルで2連続でしたが、今度は打って変わってみます。
OBnL9.jpg

クロ・デ・フ・ピノノワール・ラトゥーファ2011
チリの最新ピノのひとつです。
あ、因みにご覧のとおりサインラベルがお店にあったので買っちゃったんですよ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベル自体は実にシンプルなものですね。
NgaWS.jpg
つくづくシンプル!
ただ、中身の作り手の方はえっらい肩書持ちでシンプルでは全くありません。
箇条書きでいきましょう。

・作り手はペドロ・パラ(パッラ)博士。地質学者かつワインメーカー。
・アダ名が「現代のインディー・ジョーンズ」「世界で8人のテロワーリスト南米代表」「2万個の穴を掘る男」とか
・ついでに今年のワイン・アドヴォケイトで特集が組まれて件並90点以上。デキャンターのパワーリスト50に3回乗る。
・っていうか、デビューがアリストス(個人的に評価良くしてないッスね・・・)

と、なんかスゴイ事になってます。インディー・・・・・・
で、今回のワインについてはアドヴォケイトで93点ついて合計3600本しか造られていない輸出向けワインであります。
というか公式インポーターがとてつもなく詳しいのでペタリ。
さてさて、なんかスゴイ事になってるぞ?って感じのワインなのですがその実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥(もしかすると熟成する?)
草っぽ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
とてつもなく草の香りが強い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

色は結構深めのピノカラーといいましょうか、赤みが強く出ています。
で、香りがやったらと草っぽい。
この草っぽさは傾向としてはソーヴィニヨン・ブラン・・・・・・いえ、プュイィ・フュメとかにあるような香りなんですね。
チェリーなどの果実感やバニラニュアンスはそんなになく、草要素が如実に出ています。
で、味わいもそれがまんま直撃してくる感じです。
土壌とミネラルを感じさせる云々というこのワインの紹介文の意図はとてつもなく良くわかって、シスト土壌から来る影響をモロに受けている訳なんですね。
なんかしょっぱくて凄く草っぽい。もう草草草って今日何回書いているんだ私は。
中にはチェリーなどの酸も見られますが概ねその印象しかありません。
土地の感覚みたいなのを尊重する自然派みたいな作りになっています。
これ呑むタイミングが今ではない。
カベルネ・ソーヴィニヨンやキャンティの青さを超える圧倒的な大草原でお送りする一本です。
うーん、壊れてたとも思えないしなぁ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(面白さを求めるなら+♥)
色々研究向けのアイテムと言えましょうか。呑んで直球で面白いタイプとは私は思いません。
少なくとも気軽ではないし、万人ウケするワインではないでしょう。
価格もそれで2000円後半になっており、ワイン通であればむしろチャレンジ価格ではありますね。
個人的には結構ガッカリといいますか、なんじゃこりゃ度がむちゃくちゃ高い一本でした。

というわけで、クロ・デ・フ・ラトゥーフアでした。
面白自然派ワインとか私は結構好きなんですが、それはトータルバランスがしっかり優れていてかつドリンカピリティ(ネッド・グッドウィン先生の言うガバガバ度)が高いところにあると私は思うのです。
で、そういうところがここには無いのが惜しかったかな。
我こそはワイン通なるぞ!な物部布都みたいな登場が出来る自信の有る方はぜひともお試しアレ。

定価がだいたいこんな感じ。個人のブログとして「苦手だった」ので低評価ですが、好きな人はハマりそう。

大 草 原 不 回 避 

同じチリピノならこっちのがスキ!

| チリ | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デイリー向けシュペブルはやっぱりお得感高し! リッツバーグ・クリエーション・シュペートブルグンダー2012

うぇるかむ!
今日の更新もシュペートブルグンダー。
昨日は最高峰生産者の熟成シュペブルで更新しましたが、今度は逆に「協同組合モノの若いシュペブル」です。

o9roE.jpg


リッツバーグ・クリエーション・シュペートブルグンダー2012
これはグッと安いワイン!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はちょっと高そうな感じがしないドシンプルなラベルになっています。

HSzD9.jpg

裏面もシンプル。
なので♥♥でも良さそうな感じではあるんですが、ここも農協系にもれずに微妙に名前がかっこ良かったり。
クリエーションですよ!
サンシャインクリエイション?
知り合いがこんなの担当してらしゃったの思い出しましタ
農協系で他に有名なのと言えば「キュベ・ミティーク」「ラ・パッション」「エステザルク」などなど本当何故かカッコイイ。
で、リッツバーグというのが村の中心地に建っているお城でその名前を協同組合がつけたと・・・・・・
あくまでも大量生産品なわけですが、日本だったら「姫路城・想像・ぴののわーる」みたいな感じになったのでしょうか。
そんなこんなであくまでも安めのワインです。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
ファルツ産らしい、極めて果実感のあるワイン。
ピノ・ノワールってこうだよね~って感じのボリュームの良さです。
色は割りとピンクみよりも赤さの方が強く出ています。
香りからしてチェリー缶。コロコロとしたタッチを感じさせます。味わいも同様にチェリーの印象が強く出ているんですね。
それが酸味と甘味、特に甘味の面で強めに出ており、新世界・・・というよりはNZライクな仕上がりナノデス。
味わいはそうしたシンプルさであるものの、飲みやすさと甘さが良く出来ています。
シロップっぽさは値段の割に少なめであり、果実に重点がおかれているのでクドさがない部分がグッド。
家のみデイリー用ピノとしては充分な仕上がりではないでしょうか。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
それが1500円アンダーなので、デイリーにどうぞ
各国、色々な産地で安いピノはできていますが、これもかなりのコスパワインだと思います。
苦手な人もいるかもしれないですが、何ともシュペブルらしい果実の豊かさです。
これがチリとかだとスモーキーさが出たり(コノスル先生はそういうのが無い特殊な部類)、ラングドック辺りだと草っぽさが感じられたりするのですがこれは何かというと「フルーティーさ」が強い。
良くも悪くも素朴なんですが、それが一興なワインになっています。

というわけで、リッツバーグクリエーション・シュペートブルグンダー2012でした。
特別面白い訳でもないんですが、値段がとってもいい仕立て。
繊細さを求めるには向かないんですが、ピノ種をサクッと買ってのめちゃうのがたまりません。
あんまりロリータじゃない、ちょっとジュヴナイルなキャラ好きは是非。

この値段のピノにしては本格

サンシャインクリエイションで検索したらこんなの出てきたり。何かイメージに合う。そういえばカタログとかって大手でネット販売してないのかしら・・・

| ドイツ | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熟成したシュペブルもやっぱり美味かった・・・ フーバー・シュペートブルグンダー・マルターディンガー・ビーネンベルグ02

うぇるかむ!
当ブログがシュペートブルグンダーファンである事は何となくドイツタグから把握いただけるかと思いますが、その中でも特に好きな作り手がこちらナノデス

yfXcq.jpg

ええ、そうです、フーバーのマルターディンガーであります!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
もうほぼほぼ以前に書いておりますネ
何気に私、そこそこ古いモノから最近のモノまで飲んでいますが、今回は02というヴィンテージ。
以前書いたモノよりも2年後のヴィンテージになります。
個人的には再確認の意味と、やっぱり好きなのでついつい飲みに行ってしまったワインになります。
NRVBm.jpg
こうして書かれると、なんの気も無いように見えるんですが、そこはもうシュペブルのトップ生産者の実力でねじ伏せる感じなんですね。
当時の樹齢が12~20年。若いようにも見えますが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
相変わらずスゴイ質量
やっぱり旨さといいますか、シュペートブルグンダーらしい仕上がりなんですよね。
00年との差はあまり無いように思うのですが、出来の良さといいますか個性というのが良く出ている。

色はハッキリと褐色が入っています。以前の00はもっと枯れてたような気がしますが、今回も充分。
香りにかなり旨味感があり、若干のコーンスターチ。茶葉の印象はやはりアールグレイであり、熟成感もしっかりとありますね。
味わいは同様にグッと強い旨味感とシュペートブルグンダーに見られるボリュームのある冷涼感ある甘さ・・・・・・
細かくポエットすると、00との差異はあまり感じないかもしれませんね。
ただ、今回のモノの方が酸が乗っかってる印象でした。もっと花のニュアンスもあり。
多少熟成途中めいていて、以前書いたお茶会のような世界観の完成度は低いかな~とも。この辺りは好みかもですね。なんというか、色の塗り方とかテーブルクロスの違いみたいな?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
もしも当ブログ読んでて飲まれた事ない人はフーバー作品は飲みましょう
以前書いた通り、今までの作りはドンドン減るだけであります!
00と02のマルターディンガーですと、00の方がオススメですが、細かい差異だとも思いますから手に入るならどちらでもという気がしますね。
ガッツリ比較試飲しなければ、そこに差を見受けるのは難しいでしょう。
冷涼な土地で出来る旨味と甘みの詰まったピノ・ノワール。シュペートブルグンダーの王者はまさにその体現を古いヴィンテージでも行うのです。

というわけで、フーバー様でした。
土地柄から見ると、ドイツは世界でも屈指の栽培の難しさを誇る訳ですが、そのくせそこそこ程度の熟成したものが安定しているようにも思います。
こういうカリフォルニア系とはまた違う、「キッチリした作り」を感じるのも、シュペートブルグンダーのいいところ!
好きだなぁ~

お店によって年号がバラつき取っておかれていますが・・・・・・買えるのは今のうちぞよ!

このぐらいの年号になると、クラシカルなこんなイメージもあるかも

| ドイツ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はめちゃくちゃ酔ってるので更新しませーん!

うぇるかむ!
なんですが・・・・・・今日はものすっごく酔ってるので更新中止なのですotl
なにせ

恵比寿でヴァンナチュールなオーストラリアの比較試飲

ボージョレのヴァンナチュールでミクロクリマを考える

某東急本店でヤばすぎるカルトシラーやナパのちょい熟成を一気飲み

としてるので頭がガンガン痛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
お酒ブログの定めであります。
そっとしておいてくれ、明日に、あぁ、つながる今日ぐらい。

これをめっちゃくちゃ評価する予定。なのですが、ネットショップではもうありませんね!そりゃ美味しいものネ!

こっれも好評化予定であります。ヴァンナチュールですこぶる良いシラー

ガメイってイチゴキャンディの味がしないと如実にわかるワイン

| 未分類 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワイン初心者にやはりオススメ! トルブレック・GSM2012

うぇるかむ!
今日は地味~に地元のワイン会に行って、酔っぱらいました・・・あそこ量が多いなぁなんて思う訳で!
さておき。今日は久々に呑んだその日に呑んだワインで更新しとこうかと。

vO1iN.jpg

トルブレック・オールドヴァイン・グルナッシュシラームールヴェルドル(GSM)2012
ド定番ワインでございますね。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
詳しい評価は過去の記事からで。
改めて見てみると、木の金ピカ具合とかカワイイ感じありますね。
何気に、この最安値にして最も定番なGSM(グルナッシュ・シラー・ムールヴェルドル)はやってませんでした。
トルブレック、というと実は最近話題が多く、
「創業者が追い出された」
「フラッグシップが何気に初めてパーカーポイント100点がついた」
などなど、改めて注目があるようなないような状況になっています。

hd30Z.jpg


もっと言っちゃうと、インポーターが改めて色々なオージーが入荷されるようになった(実はオーストラリア政府が「我が国っぽくないワインは輸出しないぜー」と囲っていたという噂があるほど!)のに際して、オージー全体が脚光を浴びているともいえるでしょう。
この辺りはネッド・グッドウィンMWの功績が大きい?
というわけで、改めて呑んでみたのですが・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
これこそ初心者向けワインのひとつであろう
と、相変わらずな感じに唸ってしまいますね。もうちょっと前より果実感などはあがっており、よりスパニッシュ感は増えたような気がします。

色は濃厚さがある透けない赤紫。
香りにスパイス(これは胡椒が中心に山椒と唐辛子を含むような)、ベリーのタッチがとてもダイナミックに香りから感じられます。
味わいはやはりGSMらしさあふるるダイナミックさ!
ブルーベリーやプルーンジャムの果実、クッキリした生キャラメルの甘みとちょっとしたホロ苦さ・・・とにかくかなりパンチの聞いた味であり、その上で嫌味はなく仕上げてあります。
全体に強すぎますし、スパイスの印象なども単純でありテクスチャというワイン表現はつきません。
が、やっぱりスクリューキャップでこうしたブレのない濃厚なモノが手に入る点はありがたいです。
パワータイプのワインって何気に日本では飲まれない(ボージョレ・ヌーボが一番売れてるだけに)だけに、このインパクトは相当高いんじゃないかなーなんて思っていたり。
先日の西友PBで同じグルナッシュ主体のワインを絶賛しましたが、さすがに値段分は違いますね・・・・・・
で、そんなワインなんですが

2QSjs.jpg
たまたまワイン界にお土産がてら、こんなモノをもってきた方がいたので、なんと
トルブレックvsパイ皮まんじゅうかぼちゃ
でファイトしてみました。




結果:やめとけ


コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
意外と店舗によって差が出たりするワインです。大手の低価格帯すぎて、セールする店しない店で差が出やすいのです。
各々の知っている「値段が安くて品質管理も良さそうなお店」でご購入すればよろしいかと。ネットショップだと2000円前半から3000円近くまでとホントまばらですからネ。
というバラつきから敢えて最高評価を外しましたが、過去にもっと良く評価したジュヴナイルよりは総合的なパワフルさは↑のワインだと思います。
その分料理に合わせづらいかも?ないし同じメーカーの別ワインの差を楽しむのにもいいかもですね。
プレゼントにはさすがにこれは使いづらいでしょう。おウチでそこそこのパワフルワインを飲みたい時に、ずっとそこにいてくれる短髪茶ショートで活発な幼馴染キャラめいたワインです

というわけで、トルブレック様の最安値ワインであります。
気軽さ、それでいてパワフルなキャラというオーストラリア入門らしさがギュッとつまった一本です。
ワインは気難しい飲み物やボージョレ・ヌーボみたいないちごキャンディー酒じゃなく、パワフルダイナマイトセクシーアッハーンな部分もあるんだと一撃で良くわかるスタイルだと思います。
改めて関心してしまいました。ただ甘い和菓子とはやめとき・・・

ネット上では(悔しくもありますが)うきうきが一番安い。因みに、他の若い年号もまだ切り替え済んでないところが多いですネ。

ポエットがてらに「幼なじみ」で検索したらヒットして、1分ぐらい笑い続けてしまいましたわ(オタク的には色々わかってくれよう)

| オーストラリア | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わかりやすいシャンパーニュ感ならコレ! ロデレール・エステート・カルテット・ブリュット

うぇるかむ!
シャンパーニュ(シャンパン)と聞いた時にどんな反応をするか、というのはワイン通の中では共通しません。
「シャンパーニュこそ至高」「オールドヴィンテージこそ至高」「普通の泡と違いがわからん」「高い(迫真」
などなど。どちらかというとフランスらしい評点であるようにも感じます。
当ブログは・・・・・・泡はフランチャコルタ(イタリア版シャンパーニュ的存在)推しなのですが、もうひとつ優れた産地に
「シャンパーニュ仕込み手のアメリカ」
があると思います。

PLWrc.jpg

というわけで、ロデレール・エステート・カルテット・ブリュット!
なんかもう相当前に推してたつもりが何気に書いてなかったので改めて呑みました。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
もはや定番なような気もしますが、改めて書いていくと、これは
「シャンパーニュのルイ・ロデレールがカリフォルニアでやってるロデレール・エステートの安価版です」
え、わかりづらい?少年ジャンプの漫画家が連載作で同人誌出してる、みたいな?(バスタード!)
フランスの一流シャンパーニュ最大大手がカリフォルニアで作っている、というワインの中のひとつ。
本家フランスのロデレールのフラッグシップ艦である「ロデレール・クリスタル」は云万円であり、ヘタするとドン・ペリニヨンだとかクリュッグより高い逸品であり、同時に通のシャンパーニュとして有名ですネ。
その技術をそのまんま、アメリカでやっているシリーズが「ロデレール・エステート」ナノデス。
1988年からリリースしているエステートシリーズの、それも最安値がこのQUARTET。
4つの畑を使っている点からそう名付けられてるらしいんですけど、全て自社畑かつavaがちゃんと成立しているのは安めの泡の中でも特徴的です。
スペクテーターが特に高評価をつけていて、今回のモノでも90点台を維持しているとか。
実は個人的に、そこそこ感動して考え方を変えられたワインのひとつだったりします。どういうことかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
シャンパーニュじゃなくてもシャンパーニュニュアンスが出来る
と、最初に確信したのが実は私にとってはロデレール・エステートのシリーズであったりします。
hksvf.jpg
通好みなスタイルで知られる本家ルイ・ロデレールに比べて、とても親しみやすいのが特徴。そして、この親しみやすいパワフルな泡感こそ、私は大事だと思っています。

色はそこそこに黄色みがあり、泡自体はちょっとまばらでしょうか。
香りにチョコ感覚がかなりしっかりしていて、一瞬シャンパーニュを思わせます。
ちょっとその表現が強すぎる気はありますが、同時に苦味のあるスタイルでもあり、黄色めのグレープフルーツの印象と合わさって、キッチリとした力強さをひしひしと伝えてくれます。
味わいは呑んでみると思いの外泡が丁寧な事に気付かされる・・・・・・からの!パンチのあるグレープフルーツとビターチョコの苦味!!
同時に酸と甘みが直撃します。この辺りのストレートさがもう少しゆるまると高額シャンパーニュレベルになるのですが、とてもわかりやすくもあります。
スパークリングワインにありがちな「なんか苦い」「なんか甘い」「けどなんか良くわかんない」みたいな難解さは含まずに、端的にシャンパーニュ製法(瓶内二次発酵などなどの作り方)に直結させたような仕上がりです。
ビターチョコの印象もくっきりとして、余韻も同様にしっかりきっちり。
製法の力と魅力をわかりやすく、かつバランスを盛って造られているスパークリングではないかと思うのです。
某エノテカさんはティスティングカウンターで基本的に「ルイ・ロデレール・ブリュット」を泡枠として多様されるんですが、私は一刻も早くこのロデレール・エステートシリーズのもの・・・特にこのカルテットに切り替えるべきだと思っています。
なぜなら、こっちの方がわかりやすくリーズナブルで美味しいから。明確にゴージャス!

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
3000円前後でこのスパークリングを買う事は、大きくシャンパーニュ製法に対する見方を変えるでしょう。
あくまでも私の意見ではありますが、味では「ロデレール・クリスタル」は超えぬまでも、それよりアンダーのロデレールの本家通常フランスシャンパーニュ版より、わかりやすくかつ大衆価格のロデレール・エステート版の方がオススメです!
モチロン、クリスタルをガバガバ飲めたり保有出来る人には興味の乗らないワインではあります。
が、一般的なワインラヴァーであれば、「シャンパーニュメゾンが絡んだアメリカ泡」は是非お試しいただきたいノデス!
価格帯的にはギリギリでデイリーの部類のワインですが、「カルテット」というワードの響きの良さもポイント高め。
プレゼントにも何となく使えちゃう。万人向けなので、味わい的にハズしにくい点もいいですね。

というわけで、ロデレール・エステート・カルテット・ブリュットでした。
泡ワインは比較的差がわかりづらいと言われていますが、シャンパン製法と他の製法の区別はじつはつきやすいものです。
シャンパンに近い味わいを求めるとき、アメリカのシャンパンメゾン関与モノはかなり本格なので、とりあえず~~なんて安いシャンパーニュを買うよりはハズさないので是非是非使ってみてください!

こんな値段で買えちゃうなら、素敵な選択肢だと思うます

ロデレールの最高峰って装飾がつくとここまでイっちゃいますから・・・

他にはこんなメーカーもありますネ。テタンジェに至っては「安価版カーネロスと本家テタンジェでブラインドしたら全員が逆に選んだ」なんて話を聞いたことが・・・・・・

| アメリカ | 21:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさかの西友PB・・・ワイン業界のマルちゃん正麺? アズダ・エクストラ・スペシャル・オールドヴァイングルナッシュ&バルベーラ・ダスティ

うぇるかむ!
安旨ワイン、というワードがあり多くの人が「良いデイリーワインを探している」ということの表れ・・・・・・では既になく、近年ではもう「ガシガシとワインが値上がりしてるから、もうとにかくコスパが良ければ」という感じで概ね3000円アンダーが安旨です。
普段ワイン買わない人は2000円だって高級なのですがネ!
私はしょっちゅうワイン売り場を通りすがりながら「2000円もするお酒なんて高いよねハハハ」「ハハハ」という声を同じお客の立場ながら聞いてきましたし(お店の人はもっと聞いてきたことでしょう)、正直なところ「ビール並に気軽になるのは不可能」だとすら考えています。
ですが、もしも「可能性という名の獣」がワイン業界にあるとするならば・・・・・・

WIUhe.jpg
↑びっくりして震えてる図

アズダ・エクストラスペシャル・オールドヴァイングルナッシュ2013
などというワインなのかもしれません。

ラベル・ストーリー(最大5PT)

え?っと思うぐらい低いポイントですが、これがどこでどう売っているのかって話です。
西友です
西友のPBシリーズです。公式がこちらネ!
ウォールマートグループ関連企業になった西友が、同じくウォールマートの英国版企業アズダで販売している格安シリーズを売っているという訳。
セレクションはフィリッパ・カールという女性のマスター・オブ・ワイン。何気に超権威が選抜しているんですね。
今回の2つは恐らく、農協系の大量生産から安く仕上げてあるのではないかと。
しかしながら・・・・・・
x5zaD.jpg
一撃で不安な裏ラベルだ!
どの辺りが不安かって「スペイン産グルナッシュ」「イタリア産バルベーラ・ダスティ」「安定剤(アラビアガム)」辺りですね。
バルベーラはdocgタグも実はちゃんと付いているにもかかわらず「イタリア産」と敢えて明記してあったり、スペイン産を「ガルナッチャ」としない辺りにワイン通マンには安っぽく見え過ぎます。
アラビアガムも安いワインの粘り増強によくよく使われる、コーラとかの添加物。うーむむむ。

とはいえ、日本国内の各ブログでは驚くほど評価が高いのも事実で、まぁ最近財布が寒いしなぁと購入したのでした。
また、今回は購入層や普段使いを鑑みて「買ったその日に呑む」「最高気温25度ぐらいの部屋に栓し縦置きして、3日間で呑む」という事をやっています。

香り・味わい(最大10PT)

バルベーラ・ダスティ
♥♥♥♥♥
GIptq.jpg
あ、ちゃんとバルベーラ・ダスティ
って感じの一本。スタンダードな仕上がりかもしれません。
色はちょっとチープで単一の赤紫。この段階では色合いも薄めで期待値がありません。
が、香りはスミレっぽさや赤系紫系の両ベリーの印象がハッキリと見えています。
比較的酸は感じさせません。シロップぽさも割りとあるにはあるのはまぁねっていう。
味わいはしっかりとイタリアンに使えそうな、スミレと甘味の良く出ているタイプ。
元々バルベーラ・ダスティは気軽にバローロ辺りがもつ雰囲気を堪能出来るのがいいポイントのアイテムなので、それに相応しい仕立てといえるでしょう。
アフターはそれほど長くはないものの、ぶつ切りだったり苦味が残りすぎたりといった事はないのもまずまず。
あんまり明るいキャラクターはしていません。なのでバジル系よりは裏ラベル通りトマト辺りがいいでしょう。

オールドヴァインガルナッチャ
♥♥♥♥♥♥
WIUhe.jpg
これは衝撃的!
まさかの、ちゃんと旨いガルナッチャです。これからは航空戦艦の時代なのか!?(cv:大坪由佳)
色は写真からうっすり見えるとおり、これまた単一な赤紫で紫要素は強め。
グルナッシュ+カリニャン(ガルナッチャ+カリニェナ)であり、オールドと言いつつそんなに年数経ってないんじゃ?なんて思いながら半信半疑香りを嗅ぐと驚きます。
ペッパーの強いスパイス、ブラックベリーやブルーベリーを主体としつつ、ちょっとしたいちぢく要素、甘さの大きさなどなどがまさしくスパニッシュ!
スペイン系の中でもむしろバランスの良さすら感じてしまう配合値で、おいおいなんだなんだ?となるわけです。
味わいはその分、ちょっと残念めでシロップ要素はそこそこ高めなのですが香りままの味わいのポテンシャル。
かつ、アフターは結構甘みを残しつつ消えていくのでしっかりと楽しめてしまいます。
結構人工的な印象もありますが、しかしバッチリだ・・・・・・

両方共、買ったその日にすぐ呑んで最大ポテンシャルです。買う層を良く捉えていると言っていいでしょう。
熟成は全くしなさそう。また、翌日には酸味が高まり三日目は結構強まっちゃってるのでボディ自体はやっぱり弱いかなぁと。
ただ、飲めないような域には3日では達しません。
私程度のワインおたく的に、標準値な味わいを示してくれました。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
で、これの何がすごいかって、やっぱり西友で1000円以下で買える事なんです。
これ、ワインとして本格なんですよ。
本格ワインがかなり広く共通の場所で安く買える。

これに尽きます。すごいです。
大手ワインインポーター各位でも1000円オーバーでヘタするとこれより不味いようなモノもたくさん見られます。
旨安ワインなども人気が出てすぐなくなってしまったり、販売場所が少なかったりする事の方が多いのです。
そこのきてこのアズダシリーズ、各所にあるスーパーマーケットで安い肉や魚を買いつつワインを選べるという訳です。
庶民的価格で!
長らくワイン業界が抱えてきた問題である「価格が高い」「気軽さがない」「買いたい時に買えない」「範囲が狭く共通認識を得られ難い」という問題を完全に解消しているんですよ。
確かにグレートな仕上がりではありませんし、自然派大好きな方は避けたほうがいい要素が含まれています。
ですが、これこそ真のテーブルワインって感じはひしひしとしますネ。
税込み1000円アンダーのワインは買うべきでない、という暗黙の了解が打ち破られた気すらします。
ワイン大好き国家の英国でも、これをテキトーに買ってテキトーなフィッシュアンドチップスを食べ飲みする平日・・・・・・なんて想像が容易ではありませんか!

というわけで、西友のPBシリーズより二本。
この2タイプって全体の相場がそもそも安いブドウではありますから、ある意味当然とも言えますがしかし驚きました。
ちょっと今後、他のシリーズも検証してみたいと考えています。

こんな感じのどうでも良さげな商品売ってるとばっかり思ってました・・・

もしかしてこの辺りとだったら戦えてしまうのか!?

| スペイン | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |