オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オーストラリア王道カルト! ヌーン・リザーヴシラーズ

うぇるかむ!
オーストラリア特集そろそろ打ち止めであります。今回は王道の中の王道で

58bpV.jpg


ヌーン・ワイナリー・リザーヴシラーズになります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
可愛いアイコンが目印のワイナリー
FMEUH.jpg
ワイナリーの奥さんがデザインされているとのこと。
作り手はヌーンファミリーで、低収量低本数高パーカーポイントという典型的カルトのソレです。
発売当初の事をパーカーは「今年もっとも心躍る新作のひとつであった!」っと踊りまくってるよね?みたいな感じを無視して大熱狂しています。
というか、それ以外にあんまり情報がなかったり。
今回のモノも当然のごとく97+だったりするんですが、基本手積みでーすなどの良くある文句以外はみないのが実情。
そういったデータとか付加価値なしで売れちゃうワイン、という事でもあるのですが・・・・・・
逆にカルトとしてはあるあるなところもあるわけですが、やはりカルトはカルト!!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
豊満な香りのするまさにカルトシラー
今日はカルトしか言ってないような気がしますが、実に高価シラーの味わいを持っています。
色は殆ど透けない紫。かなりこってりとしたカラーリングになっています。
香りはバニラとブルーベリー&プラムが如実で、少しスミレのニュアンスがあります。
カカオっぽさもあって凄くジャミーな雰囲気になっていますが、あまり肉感はないんですね。
スパイス感もそれほどはなく、果実リキュールチョコのような部分が全面的に出ています。
このあたり、シラー「ズ」なのかなぁと思わせてくれます。
味わいも果実が中心になっていて、アフターまでジャミー!ジャミー!ジャミー!
そのくせ抜けかたがやたらエレガント系になっているんですね。
このあたりカルトシラーな特徴で「濃い割に実は凄く飲みやすい」ナノデス!それはピノ・ノワールよりも飲みやすい。
甘めの果実主体であり、酸などもついてアクセントにはなっているもののそれほど立ち上ってはきません。
同様にスパイスなども。
ユーカリっぽさが言われてみると感じるかな?程度にアフターにあるかもしれません。
何と言いますか、先入観なしに「世界最高のブドウのお酒」というワードをきかされたら、コレの味を思い浮かべるのかも?
なめらかシラーはやっぱり素晴らしい・・・・・・

そういえば、と思いましたので大体近い価格帯で呑んだことがある「シャーヴ・エルミタージュ」「シンクアノン・ファイブシューターズ」あたりと比べるとこんな感じ

意外な程にシャーヴがスパイシーで濃く、シンクアノンがエレガント、そして今回のヌーンは果実がずっと強い感じです。
どれも共通してアフターはいいのですが口当たりの良さと抜けの美しさはシンクアノン様がダントツ。
この辺りはかなりおこのみが出るんじゃないかと思います。
全部いっぺんに飲めたらちゃんとした比較が出来るんですが・・・やろうとしたら8万は用意しないとOTL

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(好みで+差)
個人的には、シンクアノン様ファイブシューターズのが好きです(断言)
まぁ、値段倍ぐらいしますからね。そりゃそうかもなのですが。
とはいえ、上述の通り好み差がきっちり出るタイプだと思います。
という訳で、この価格帯のシラーはいずれにしても一度は飲んでいただきたいワインでありますから、後はもうジャケットで買うとかそういう感覚で行って問題ないと思います。
しっかり値段分は楽しめると思います。果実が強めな分、飲みやすい人も多いかも?

というわけで、ヌーン・リザーヴ・シラーズでした。
オーストラリアの代表ブドウと位置づけされているシラーズの最高峰、流石って感じはしましたネ。
ベタつかないこのクラスのシラーを飲むと、「シラーが濃いワイン」という定義や説明はかなり疑いをもってしまいます。
今のシーズンでも結構イけますよ、このタイプ!

意外と安い。そして売り切れ率が高い。コアなファンがいるタイプですな。

個人的にヌーン・・・ていうと、この時計思い出します。結構好きなデザイン。

| オーストラリア | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界最古の木!? チリッロ・オールドヴァイングルナッシュ・1850

うぇるかむ!
オーストラリア特集もそろそろおしまい。
今回は革新派と真逆といえる、古木使いから

h2kBJ.jpg


チリッロ・オールド・ヴァイン・グルナッシュ1850
世界最古ってホントかなぁ・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはご覧のとおり、その古い木をイメージしたものになっています。
イタリア移民のチリッロ一族がもっている畑で、オーストラリアバロッサヴァレー協会でも認定されている古い木なんだとか。
これまではトルブレックなどにおろしていたのを自分たちの元詰をはじめたといういわゆるグロワー系ワインです。

1850年っていつ頃やねん、っていうとリーマンブラザーズとか藩がどうこうとか出てきます。
艦娘は一基も生まれていない?
そんな時代に植えられた、というところにロマンを感じられるとえらく評価があがるかもしれませんね。

で、なんとなーく調べてたら「元湖畔の恐竜の化石が植わっているところに・・・」という記述が出てきてふと思い出しましたが、
マンフレッド・クランクルが言ってた「6億年前の土壌?ワッザ?ティラノの化石が出てきたからなんだってんだ撃ちぬくぞオメェ?」ってキレてたオーストラリアの生産者って・・・・・・
ま、まさか・・・・・・?
で、では、そんなワインの実力はというと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
オールドの特徴を良く体現したしっとり系ワイン!
いいグルナッシュ使ってるな、という感じはしますね。
色は少し褐色がエッジに入った透けた赤。
香りは甘さが基本になっていますが、土っぽい印象とあまやかないちぢく、それとコーヒー少々が良く混ざっています。
このあたりに一体感が出やすい、というのがオールドヴァインやシングルヴィンヤードの利点だ、という話を聞いたことがあるんですがこういうのを呑んでしまうとそう思っちゃうのもわかるというモノですね。
味わいは口当たり自体は結構ミディアムな感じで、あんまり重たくなく軽すぎない中庸さなんですが、甘さと香りの軸自体はヌフにも結構近いかも。
少し焦がしたバターとクリーミーなコーヒーヌガーチョコ。
それにスパイス少々。果実の感覚、というよりはこうしたいぶし銀な部分がはいってきますね。
カカオのしっとり聞いて、それでいてベタつかずにアフターも終わっていきます。
まさに老兵って感じ。メタルギアソリッドで言えば、4だかのジイサンスネークって感じでしょうか。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(使い方によって+♥)
大体8000円ぐらいでの販売のようです。
ここはなんといっても枯木である事がキーなので、そうした説明や意図をもたせたプレゼントが出来れば最高に面白いでしょう。
これまた初心者向けか・・・というと、案外それもありな気がします。
衝撃的、とまではいかずに落ち着いたワインの味わいをみせてくれる渋いキャラクター。
高めのグルナッシュといえばヌフ・デュ・パプが思い浮かびますしそれらと肉薄している値段、ということで最高評価にはしがたいですが、アンティーク・ヴァインであることにどれだけ価値を感じるかがすべてでしょう。
逆に、そこにロマンを感じないならば、ヌフでもいっかなーとはちょっと思いもしたり。
こういうワインこそ、使い道!って感じですね。

という訳で、チリッロ・オールドヴァイン・グルナッシュ1850でした。
新大陸だと思いがちですが、オーストラリアの幅広さはやっぱりスゴイなぁとひしひしと。
多様性においてはイタリアに追従するものがあるんではないかと思います。


が、楽天では売ってませんでした!!ので文章中に書いたアンティーク・ヴァインの語源をペタリ。

逆に若い木を使っているシンクアノン様もペタリ。ホント今回関係ないですネ・・・

| オーストラリア | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアの・・・サンジョベーゼ!?ドリンカピリティ!? ビトゥイーン・ファイヴベルズ・

うぇるかむ!
今月はなるべくオーストラリアでつっぱしりたい!
という訳で、今日もヘンテコなワインに勤しむのでした。

0rUdp.jpg


ビトウィーン・ファイヴべルズ・レッド・2012・・・
って、何ぞこのラベル!?ってなりますよね。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
やったもんがち!やったもんがちなのです!!
ラベルはそれぞれのブドウの配合比率やのみごたえや酸などをグラフ化したもの、とのこと。

IBiIQ.jpg


で、毎年配合を変えて一番旨いと思ったもので作ってるらしい(前年度はシラーが主体だった)んですが、今年はなんとサンジョベーゼです。
ネッビオーロだとかサンジョベーゼだとか、イタリアの誇りみたいなブドウなんですがそんなところは無視です。
どれぐらい無視かというと、艦これの山城が提督に対してケッコンカッコカリを断るぐらいの無視っぷりです。

8bwpc.jpg


作り手はデヴィッド・フェスク、レイ・ ナデソン、ジョシュ・ダンという三名によってなんと2009からヴィクトリア州で立ち上げられたプロジェクト。
なんか公式サイトに行くと長々とデヴィット氏や案の定ネッドのトークがかかれている訳ですが、重要なのは醸造方法です。
これまた引用すると

「バイオダイナミックやオーガニックの畑で育ったブドウ(シラーズ、グルナッシュ、サンジョヴェーゼ、ジンファンデル)をそのまま使い、一切の添加物を加えていません。足踏みによる破砕の後、500kgの容器に入ったまま野生酵母で発酵は始まります。その後、古樽に移しそこで発酵を終えます」

ある種の古典的生産方法な足踏み破砕、しかも適当に勝手に作っています。
なんかグラフ化とかしていますけど、作り方はピュア・・・・・・というよりもはや適当の域です。
ワインを芸術的で上等なアイテム、と見る向きには全く相性が悪い作り方といえるでしょう。
自然派の局地みたいなところではあって、ビオ厨には間違いなくバカ受けをとっくにしているワインではあります。
個人的にはどーであれ美味であることが大事なんですが、このワインは実は有料ティスティングしたあとにボトルで購入しました。
その真意はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
なるほど、ドリンカピリティ
なんとなーくでグイグイ呑んでしまって、予想以上に早くボトルが空になってしまうワインでした。
良く言われる「言葉なく自然になくなってしまうのが真の美食だ」みたいな格好つけたアレでいえば、100点のワインでしょう。
本当にグイグイ!グイグイグイ!!
その理由は「薄口で飲みやすいから」では全くありません。確かに評論家好みのスゴイツヨイボディだとか甘さとかではないのは事実。でもつまり薄いんでしょ?ではありません。
味わいの変化スピードが早いから「次が気になる」んですネ!
なんとなーく、その予感があったので買ってしまった訳なのデス。

色は比較的赤さが目立つライトなカラーリング。
香りに品種ごとの特徴的なプラム、レーズン、プルーンなどがそれぞれに香っており、また肉々しい感じもまま出ている。
まとめるようにサンジョベーゼなんだろうなぁという明るいハーヴ感が良い感じにアクセント。
ここの感じ方がバラバラの理由は、変化率が非常に早くしかもバックしたりゴーしたりを繰り返すんですね。
嗅ぐたびに、レーズンなどの紫果実の要素がとびぬけて感じられたり、カシスっぽさすら覚えたり・・・を反復したりします。
温度、酸素による味の変化を如実に受けやすいワインです。自然派ってだいたいそうでは?と思われた方は鋭いのですが、その中でも品種のバラバラ加減のせいか特に感じられます。
ただ、共通してビオっぽいレモンライムの酸や土ッ気は見られたり。
そして、上述の通りその割に飲みやすいハーヴ、ユーカリ系の味わいが出る時があるので疲れないのもいいところ。
日本のワイナリーだとかラングドックやロワールなどがやっていない品種、サンジョベーゼ主体なのがかなり生きているんじゃないかなぁと思っていますが・・・・・・確信は持てないデス^^;
自然派系ド直球ワイン!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥~♥♥♥♥♥(つまり人による)
5000円ちょっと、という価格はそこそこにリスキーです。
自然派に今までノータッチだった人向けではない感じがして、むしろ自然派の人は私が書く数ヶ月前にケース購入してますよね?といった具合。
通常通り更新するならば、私は♥♥♥をつけるんですが今回ほどこの項目でどうつけて良いかわからなかったのもないかもしれませんね・・・・・・それぐらい好みが大きく別れるでしょう。
よって、ヘンテコラベルファンも多い自然派にこれを渡すと抱きつかれます。それ以外の人にプレゼントするのは大いなる賭けとなるでしょう。
基本的には、持ち寄りワイン会などで周囲のド肝を抜くのが一番いい使い方だと思います。

という訳で、ビトゥイーンの2012年版でした。
注意として一応書きますと上述の通り、同じセパージュのワインが作られないワイナリーです(それは私が尊敬するシンクアノン様以上に!)。
ですから、特にワインにマンネリしている玄人の方や面白いのを求めている方は2012版を一本チャレンジするのはいい転機になるかもしれません。
なにせ、そもそもがオーストラリアでサンジョベーゼですからねぇ・・・・・・

これ本当、面白いと思うか駄作と思うかだと思います

白のラベルもこんな感じです。自由だ!!!!

| オーストラリア | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴィクトリアピノのいい感じを楽しむ パリンガ・エステート・ペニンシュラピノノワール2011

うぇるかむ!
連日真夜中更新で申し訳ないOTL
なので今日はちょっと気軽めな更新にしたいなぁと。

RZP4e.jpg

パリンが・エステート・ペニンシュラ・ピノノワール2011(モーニングペニンシュラ)です。
そうピノです!当ブログに来た方をオーストラリア=ピノという呪いをかける勢いで!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
写真の写りが相変わらず悪い当ブログですが、結構黒い部分(実際は紺色)がシックかつ上品なカラーリングをしてて、実物は結構高級感があったり。
シンプルめなデザインですが、この配色はエライかも?
作り手はリンズィ・マッコール氏でその家族経営系で1985年からのデビューとのこと。
コンクールを攻めているタイプで、PPなどの経歴はあまりない模様。ハリデーせんせは高評価を叩いているようですね。
その他情報も「どうやらフレンチオーク」ぐらいしかわからないという感じではあります。
正直♥♥ぐらいでもいいかなぁという気はしますが……

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
味わいはなかなかの仕上がり!
色は少し何故か2011ヴィンテージながら少し褪せた感じでこれは醸造なのか年季が入りやすい(果実が弱い?)のかはちょっと不明。年号の割には、という感じではありました。
香りも結構レモン的な要素が見られ、チェリーなどの甘味の要素と結びついて結構面白いタッチに。
ボリュームは案外あるんですよね。繊細系ではない様子。
味わいは結構シロップっぽさも見られる点は残念でしたが、口当たりはそこそこに重た目で、アセロラやチェリーの果実がしっかり出ているのがポイント。
ライム、レモンのニュアンスもあって甘いだけには仕上がっていません。
紅茶っぽさもあって、何と言いますか「日東レモン紅茶」的なアトモスフィアといいますか……
アフターに少しユーカリ系のハーヴがかかり、なかなか綺麗に〆てくれます。
オーストラリアピノの特徴として、「果実がかなりハッキリ主張してくる」「アフターはどこかユーカリめいた部分が出がち」「結構土っぽさ(そこから発展して茶葉の印象)を持ち合わせる」というのが私はあるのかなぁと少ない経験から推測していますが、そういう意味では典型例のひとつかな、と思います。
で、この特徴があるだけでも結構イイカンジな訳なんですね。チープになりえないと言いますか。
そういう意味で、(すきな人には)はずさない仕上がり。
「ああ、この作家さんの漫画ないし小説なら安心だは」ぐらいの気分。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
そういった訳で、3500円のピノとしてはなかなかなのではないかと思います。
たまたまボトルがそうした個体だったのかはわかりませんが、少し熟成しはじめ?な感じになっていたのも注目点。
同価格帯でブルピノを買おうとするとルージュ(広域)になってのっぺり薄っすらでサムい事が多いですし、カリピノも甘さが目立ちすぎる……となると、洗練としてクールなニュージーとの対比的にホットなこうしたオージーピノは嬉しいポイントを攻めています。
プレゼントにするには少し価格帯が弱いので、テーブルで使ってあげてほしい感じですね。
簡単なお肉料理には使いやすいアイテムかも。ちょっとリッチな気分になれる?

という訳で、パリンガ・エステート・ペニンシュラピノノワールでした。
微笑ましいのどかなワインだと思います。
日本では未だに強く「ピノはブルゴーニュでしかいいものは作れない」というゲーム設定めいた常識が特に年齢高い方にありますが覆して
「ピノは各国のテロワールごとに美味しいものである」って転換が必要なのではないかなぁと思うのです。
この価格の割にそうしたことに気づけるワイン、かも?(かもが多いですな今日!)

探してみたらサイン付きとそーでないのと二種類やってるショップがw

未体験なんですが、まだ売ってたらこれは結構面白いかもですよ、ちょっとだけ古めのシラーズ

| オーストラリア | 02:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日のラブライヴ~スピリチュアル回!と今後のワイン予定

うぇるかむ!
ということでラヴライヴ二期恒例の更新であります。

・の、前に、今後の更新予定。
今月いっぱいはオーストラリアで更新できそーなので、なるべくやっていきたいのですが、その次は何をやるか・・・にtういては、チリとイタリアの二面で行く可能性が高いかもナノデス!
チリテーブルで結構いい感じに薦められたのと、イタリアの高額~ミドルラインを少し攻めたのでその経験から書いていければなぁと。

・ラヴライヴ。

nonntannkaie.jpg

話的にもピックアップ回で小学生時代からのアレコレが出てたり、過去のそれこれが出てたりのぞえり云々色々あるんですが、何よりも

・紅茶葉(フォートナムメイソンかハロッズか)使ってて
・5800円するかわいい系ケトルで
・砂時計管理で
・茶器も高そうで
・一人暮らしでシンプルで整理整頓がついてる部屋で暮らしている

この人女子大生じゃないの!?
趣味が占いで多分これ紅茶も結構出来ますよ。巫女とかやってるのに紅茶だったのはびっくりしたけど、考えてみたら脚本家はローゼンメイデンもやっている人でしたネ。

・更新が随分遅い
この回見たあと満足すぎて寝ちゃってて今しがた起きたんですよ^^;


これ飲みながら見てました

紅茶が飲みたいネー

特定班に即見破られた使用ケトル。恐らく、もう完売済み

ついにきたって感じの回でした。ワインでいえばメルロかシラーズ

| アキバ系記事 | 02:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カロン・セギュールイベント行ってきましたーッ!~数種類のセギュールと抜栓時間のアレコレ~

うぇるかむ!
先日のカロン・セギュールのゼネラルマネージャー、ローラン・デュフォー氏を迎えてのスペシャルティスティングイベントが行われてました。

TkHZr.jpg


という訳で呑んできまくりました、カロン・セギュール!
今回、実は初めて関係者がきての公式イベントだったのだそうで、わくわくで行ってまいりました。
g83XG.jpg
←ローラン・デュフォー氏
海外の人って話すときめっちゃ動くけど、終わるとめっちゃ微動だにしない止まり方しますよね(撮り方失敗したわぁ)
話の内容はそれほど大した事はなく、ネット調べで可能な範囲でした。
マニアックな醸造の話はありませんし。
ただ、アジア圏への意識のベクトルがかなり向いている、という話はされてたのでボルドーの必死さはうかがえます。

☆1点だけ質問してきました。
というのもローラン氏、サインボトル求められまくりで全然質問時間なかったんですよ
で、色々考えた結果、何を質問したかというと
「セギュールのワインは、デキャンタージュや事前抜栓は必要?
というモノにしてみました。
いや、テロワールとか醸造方法に関して質問してもこれまであんまりピントを得たモノがなかったっていうか、それ某ワイン雑誌がやってくれるよね勝手に・・・って感じでしたので、基本的ながら案外されてなさそーな質問をしてみました。
答えは
「ヴィンテージによって異なるが、2~3時間前の抜栓が必要だろう。保存状況にもよるんだ、君がもしも買ってすぐに飲むならそうした事はしない方がいい。新しいモノほどデキャンタージュよりも事前抜栓があるといい。私はこの間89年のセギュールを飲んだが、それは抜栓4時間程度で飲んだ」
という内容でした。
今回のワインに則して話していたので、
09:2時間前
04と99:30分程度
95年:1時間程度
というような抜栓アンサーでした。
ボルドー人だしカベルネの人なのもあるとは思いますが、結構しっかりとした抜栓放置をされるようですね。

個人的には抜栓後は少なくともボトルにとって1番広い面積の部分までは呑んで放置しなければ意味がなく、また抜栓直後(ソムリエが飲む部分)に関してはワインとはド不味いモノで多くの場合抜栓10分以内にまともに飲む場合にはある程度の工夫が必要・・・と考えていましたが、カロンセギュールのゼネラルマネージャーはずっとまえに開けておくアンサー。
これ、色んな生産者に今後も聞いてみます。

その他細かい話でいうと
・いつの間にか100%新樽になってるしハンドピッキング後の選果は機械(ブラーヌ・カントナックとかもそうね)
・本人たち的に2010の方が2009よりは本来のボルドーに近い。
・ラフィットの発音が「ラフィー↑」って感じだった
・サインボトルはiの発音の点部分をハートマークにしたりでこのおっさん結構かわいい♥

で、肝心のワインですね

uCz6O.jpg

ウェルカムドリンクがこれ、マルキ・ド・カロン。セカンド位置づけでカロンの余ったメルロを使いまくるワイン(なんでセパージュが右岸系でカロン・セギュール本体とはまるっきり別物。新樽も30%だし)
09年というヴィンテージらしい味わい?
色はクリムゾンレッドで香りに葉巻、カシス、ハーヴ、スパイス少々に甘いタッチ。
あったか系の感じが強く、チリメルロっぽいそこそこのワイン。
結構果実がしっかりとしている。

s7ArD.jpg

に対応して09のカロン・セギュール。グレートヴィンテージで本人たちもかなりの出来と自負。
色自体はしかしこのぐらいの年代だとセカンドと殆ど差がないんですね。
40ECD.jpg

あ、この写真じゃさっぱりわかりません?デスヨネー
香りは目が覚めるようなハーヴの強さ!
カシスプラムといった果実や葉巻やスパイスなどの要因もありますが、カベルネからきてるであろう青いハーヴ質がむんむんです。
味わいも当然それを主体としてグッとハーヴの印象。さらにミルキーな樽要素といった感じでアメリカライクともいえるかもしれません。
チョコ系の甘やかさよりもいっそフランめいた印象をもったクラレット。
強烈なカベルネの質に09年というモノを感じさせるワインでした。

HD05k.jpg
一方目立たないヴィンテージの04。
これも色自体は09と殆どかわりがないのですが、ほのかに薄くなってはいます。
ならべてしっかり見てやるとわかるかなーって感じ。
香りはやっぱりハーヴが強くて、この青さを残すのはカロン・セギュールのスタイルなのかなと。
チョコレートのような甘さは結構ここは出ていて、メルロが強かった年なのかな?と思わせます(ちょっと未調べ、時間がないデス!)
味わいも全体に薄造り。ハーヴとカシスの甘みが主体に、キノコなどが少々見え隠れしている感じ。
ミルクチョコ的なアフターになっていて、ゆったりとはしているんだけれど成長途中といった感覚でした。
今呑んであまり感動しないタイプ。熟成に期待・・・?

Nvatz.jpg
一気に古くなります、99年。
gTQJI.jpg
かなり醤油的でエッジもオレンジが入っていますね。実は95年よりも色は枯れてる感じでした。
香りはそれでも草木の印象が残っていて、柑橘系の熟成感がでています。
旨味香はそれほどなく。そこにカシスなどがほんわかのってきますね。果実感という意味では全体に薄めに思いました。
味わいはカベルネの比率が高そう(印象ね!)でけっこうトリュフなどのキノコ数種類が出ており、そこにブラウンシュガーでつけたチェリーやカシスなどが感じられる感じ。
アフターは長くなく、スッと閉じて終わる感じでした。
果実がコレ以上かかるとなくなりそうで、今が呑み頃なクラレットだと思います。
好きな人は好きなタッチでしょう。

xFMmL.jpg
ラストは95年、結構な良好ヴィンテージでコレと09を期待して行くの人というモノ!
色はけっこうしっかり赤さが健在してました(写真まったく良くわからない感じなのでスルーで。
香りはスパイスのタッチと旨味香が大分強くなっていて、かなり土っけがスゴイ。
熟成期間分、キノコとか七味唐辛子とかが入ってきて、甘味はチョコレートなどのようなカカオの苦さも感じられるモノに。
味わいはダシ系にまで到達していてあまり果実は感じられず、また結構薄みなところに上記のようそが入ってくるので個人的には「ごっちゃごっちゃ」な感じで……う、うーん?
いや、これこそが「繊細」というのでしょうけれども、私的には呑み頃を過ぎてしまったような気がしました。
このクラスになるとボトル差が大きく出る、というのは勿論なのですが、でかい買い物なのでこれは怖いですね。

もしかして、私、オールドヴィンテージ嫌いなのかな?
ティスターの好みという意味では私は新モノカベルネの方が好きなようです・・・・・・

ティスティングの総評とすれば
「結構いいクラレットなのは間違いない。しかし、コスパはボルドー価格である。高い」
という感じですネ……
一枚目の写真の価格でどれも売っていた訳ですが、それは高いよね?っていう。
09年が何故か1万円なので、これを熟成&投機で買うのはありだと思います。果実ツヨイのは確かですしね。
ただ、それ以外に関しては値段分で私なら別のワインを買う。
09にピンポイントで狙いを定める方が私はオススメです。
マルキ・ド・カロンに至っては売りのハートマークなどもないですし、スルーしてかまわない感じでしょうか。
オールド派ならば99年は結構呑み頃なので買いごたえがあるかもしれません(1万8千円なら別の国のクラレットを正直オススメしちゃうけど・・・)
味自体は悪くないんですが、なんともボルドーな値段にはちょっとお手上げかなぁ。
やっぱりプレゼント専用機なのかもしれません、ハートのカロンちゃんは。

という訳で、カロン・セギュールのイベントレポでした。
あんまり醸造テクとかいいところ引き出せなかったんですが、それなりに自己満足してまいったのです!
色々考えさせられるティスティング会でしたね。


まぁ、値段に関して言えば数あるので、なるべくお安い店を探してください。そこは自分の足で見ていくしかございません
◆シャトー・カロン・セギュール[2004]

◆シャトー・カロン・セギュール[2004]
価格:10,584円(税込、送料別)


しかしまぁ、1万円は過ぎちゃうみたいですネ。故にプレゼントには最高のクラレットのひとつなのは間違いないでしょう。

| フランス | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【取り急ぎ報告】カロン・セギュールのイベントに行って来ましたー

うぇるかむ!
昨日の更新がなかったのはコレとか言ったあとにうっかり寝ちゃったからナノデス

iEiXE.jpg

日本初のカロン・セギュールのマネージャー来日イベント。
出来れば本日・・・ないし明日には更新予定乞うご期待!

| 未分類 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝説級オーストラリアピノの王子……とガメイ! バスフィリップ・クラウンプリンス&ガメイ2009

うぇるかむ!
本日はオーストラリアの超王道ピノでいこうかと思います。ロボットアニメならガンダムぐらい王道。

oSDV2.jpg

バスフィリップのクランプリンスとガメイです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
今回はシンプルな方がバスフィリップのセカンドラベル。
バラ柄の綺麗な方がガメイです。
どちらもサクッと綺麗。ガメイの方が女性受けはいいかしら?
作り手はフィリップ・ジョーンズという方で、アンリ・ジャイエファン系の一人。
直接指導を受けたわけではないっぽいのですが、影響を受けてから即自社のカベルネも植わっていた畑を全部ピノにしちゃったんだとか。
作りは如何にも高いワインらしいラインナップになっていて、「低収穫低生産」「ドライ・ファーミング」「殺虫剤最小限」「添加物も最小限」「自然酵母」「ノン・フィルター」「機械的なポンプ未使用」といった具合。
このワイン、個人的にオーストラリアがピノの国であるという謎の理論のひとつになっていたり。身近で見聞きした伝説は

・某所のピノオンリーワインフェスで1番話題になり好評だったのがバスフィリップ・クラウンプリンス
・自国では最上キュベを鍵かけて保管するところがあったらしい
・ワインダイヤモンズインポーター(つまり別インポーター)の方すら「ここは神様ですからね。私も後で買うかも」とつい太鼓判
・アドヴォゲイトはセカンドの今回のモノでも91点。

などなど。
私が寄稿してる「ひとりぼっち達のテイスティング勉強会」でも同じ呑みをしていてド好評でしたっけ。
で、私自体の評価はですね・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
ガメイ♥♥♥♥♥♥♥♥♥
cvN0w.jpg
これまでに経験した範囲のガメイの中ではベストです。
色は赤さが目立つカラーリングで、少し濁りが感じられるかな?というぐらいに濃い。
少しエッジにオレンジが見られました。
香りはレモンのニュアンスがあるもののまろやかな果実、烏龍茶のような濃い印象。
ピノとの違いは独特な土っぽさと葉のタッチでしょうか。
味わいはかなりそれでいて綺麗に仕上がっていて茶葉の印象に少し草っぽさが入ってくる辺りはガメイっぽさなのかしら?
果実のチェリー、少しのピーチなどの果実感、アセロラなどのソース。
それらと紅茶チックな部分が良く混ざるんですね。
ガメイっぽーい、な果実を持ちつつ非常に高級な作りを感じられる。いい具合に作っています。
これ、ボージョレ村の多くより恐らく高い設備投資と情熱が注がれてますよ。

クラウンプリンス♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
wGcRK.jpg
これ呑んでオーストラリアの評価変わる人は多いハズ
色自体はガメイと殆ど変わりません。
香りにより紅茶館があり、そこに見られる葉の印象なども一層変わったものになっています。
ベルガモットやオレンジの有機感もあってさながらアールグレイティー。
そこにチェリーなどのジャムの印象があって雰囲気を引き立てます。まず、香りが素晴らしいワイン。
味わいも濃厚なピノになっていて、そのギュッとした果実感がティスティング会で大絶賛の理由なんですネ。
ジャミーさがかなりたかく甘い味わい、それでいて紅茶感が前述のとおりハッキリとしているんです。樽感もそこそこ。
さながらティータイムのドーナツとロイヤルミルクティーのようになります。
ティータイムは大事にしないとネー!
余韻にどこかハーブっぽいところもあり、アフターの最後まで品をもって味あわせてくれます。
まさに王子様。人気漫画ハイキュー!で言えば大王様。特級クラスの味わい。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
オーストラリアが最強ワイン国だと錯覚するに充分なワザマエ
完璧だよウォルター。
どちらも価格帯としては決して安くありませんし、セールする前に売り切れるタイプのワインだと思います。
オーストラリア=シラーズという考えはこれを飲むことによって吹き飛ぶでしょう。
凝縮感のある、実に高級なワインであり、セカンドにして7000円前後の価格には納得し、最高峰のリザーヴやプレミアムを呑んでみたくなること間違いなし。
ブルゴーニュの自然派にかなり近い所に位置するワイン、という考え方で見れば私のこの評価になるのもおわかりいただけるだろうかって感じナノデス。
シンプルすぎるラベルゆえに、派手さはないのですがプレゼントにもプリンスって辺りの言葉をひっかけて使えそうです。
因みに、ブショネ対策がとられているそうでコルクは加工コルクになっていてハズレの心配も極限まで低いとか。
完璧だよウォルター(本日二回目)

という訳で、バス・フィリップから二点おおくりしました。
ほんと、私の中でオーストラリア=ピノの国というイメージにまで躍り出たワインになっています。
密度の高さが圧倒的、凄くツヨイ!ヴィクトリア州はバケモノか!
案の定知名度は通の間で高いワインになっているので、もう在庫を見る確立も少ないかもしれませんが・・・見かけたらご褒美にいかが?

王子様の風格。これぞ高級ワインって質。ブラーボ!

ガメイはすでにどこも売り切れ?残念。

| オーストラリア | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最安値のクリス・リングランド? 3リングス(スリー・リングズ)・イッツマジック・バロッサ・ヴァレー・シラーズ2009

うぇるかむ!
先日、某ヴィノスやまざきの3ブリッジスで更新したばかりでしたが、同インポーターが
もっとグッとイイカンジのシラーズを宣伝してないので
こちらでやっておこうかと。

0phPO.jpg

3リングズ・シラーズ2009になります。
これはヴィノスやまざきの中ではかなり良心的ですよ~

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
cEYwa.jpg

筋肉ムキムキマッチョマンのH☆E☆N☆T☆A☆I☆だ
裏のラベルからみても

Ceq0C.jpg
シュワルツネッガーばりの筋肉ムキムキマッチョマンです。デェーーーーン

一応、ラベルには意味があって、マッチョマンがクリス・リングランドを模していて、醸造家、グロワー、バイヤーの3人の協力パワーで3リングなんだとか。
という訳でラベルだけで♥を5つつけているかというとそうでもなく、こちらクリス・リングランド監修のテーブル価格帯なんですね。
クリス・リングランドというと、以前当ブログではアールというカルトネッビオーロを紹介しましたっけ
もともとシラーズがパーカーに愛されまくりで「ウォオオンン、シラーズ最強待ったなし!!」と言われたワインを作っている醸造家でお値段がどれも比較的高いのが特徴。
その中では、恐らく最安値の部類でしょう。
同ワイナリーのもっと上の価格帯はパーカーポイントもそこそことっている様子。
ただ、91点をとっている「3リングス」とはどーにも別物(ラベル違い?)のようで、私の推察通りだとインポーターが「PP91点の経歴」とか書いてるのが大間違いだったり。
ともかく、最安値でみせるクリス・リングランドの実力とは?

香り・味わい(最大5pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
なかなかイー感じのシラーズではないかと。
色は濃いクリムゾンレッド、香りに結構なバニラの要素があります。
かなり甘い感じでシラーズらしさムキムキなんですけれど、八角のスパイスや多少オリーブが混じるのは特徴的ですね。
プラム系の果実のソースorジャム(多分サーヴ温度で変化がつけられるでしょう)
果実のタッチがちょっと強すぎるのはマイナスポイントなんですけれども、結構基本がしっかりしていて、かつアフターのユーカリ感とアジアンなスパイスの要素は特徴的で楽しい一品。
クリスの作り方、というのが恐らくは「ガッツリ樽は使う」「アジアンスパイスを香らせる」というところにあるのかなぁ・・・?
と少なすぎる経験から読み取るのですが、そうした意味ではこれは充分に入門用にはなっているかと。
割合に甘めの作りであることは間違いなく、シラーズらしい中にスッと何かふりかけてあるようなイメージです。
割りと重々しい、ラベル通りのパワフルワインですね。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
ハッキリ書いてしまうと、同インポーターのスリーブリッジスが2500円程度でこれが3500円以下・・・ならばこっちを買いましょう。
妥当気味な値段設定だとは思いますが、妥当にレベルアップします。比べて呑んでみると結構面白い差が出ている事に気が付かれるかと。
ラベルや醸造家のネームバリューでみても、結構楽しいので割りと軽いプレゼントにも出来そうな良い塩梅。
まぁ、パーカー好み系ではあるのでその手のに飽きている人向けではないのですが、シラーズを何か飲むという時の選択肢として面白い方ではないかと思いますネ。

という訳で、スリー・リングス・シラーズ・イッツマジックでした。
このぐらいなかなかなワインがあるのにどーしてあんまり宣伝してないのか、良くわからない・・・・・・もしくは、ここのインポーターとしては良く売れてるので宣伝する必要がない?
ヴィノスやまざきインポーターは個人的に「大きすぎて優れモノを探すのが難しいワインショップ」だと思うのですが、その中ではかなりいい感じです。
もうちょっと宣伝や売り方や価格設定が綺麗になってくれるとイイんですけれど・・・・・・

で!楽天検索かけたら!なんと正規インポーターのヴィノスやまざきでは(公式自社サイトにはあるのに)売っておらず爆笑広告のパイオニアトーキョーでしか売ってない!!なんでやねん!!!

良く「どこで高評価受けたかわからないけど謎の名醸造家」が宣伝されることも多いのですが、クリス・リングランドはガチ。ここ、ハイジ・バレットの最安値とか仕入れに面白いのがたまにあるんですけれどねぇ・・・・・・

| オーストラリア | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャンベルタンめいたドッ濃い全房ピノ! マイヤー・ドクトル・ピノノワール・ヤラヴァレー2012

うぇるかむ!
オーストラリア、というよりはネッド・グッドウィン特集に若干なってるオーストラリア更新、まだまだ続きますアホほどおかしいワイン!

i48HO.jpg

マイヤー(メイヤー)・ドクトル・ピノノワール2012
オーストラリアがピノの名産地であることを感じさせるモノのひとつです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
アルマンルソーに激似、というかパロディのラベル!
はいはい、当ブログ満点でございますよ~(もはや投げやり
正面からだけだとわかりにくいので、他の角度からも
as45j.jpg
Dの文字がやけに格好良い装飾で、RPGに使えそうですネ。
iuEpn.jpg
個人的にはド派手なラベルがワインは好きです。高いお金払ってるんだし。
作り手はティモ・マイヤーというおっさんで、日本に来ると女遊びをすることしか考えていないらしいです。
なんだそれ!?って感じですが、ワインの作り手って欲望に忠実なタイプ(カルト系に多い)と貴族な作り手(大手とか高級国際品種使ってる人に多い)に概ね二分されて、この方前者の極地みたいな人なんですね。
で、そういうタイプの人らしいワイルドなビオ系の作りで全房でノンフィルター。
今回のワインは何故ドクトルという名前がついているかというと
「作ってみたらなんかちょっと薬っぽかったから」
という味わいからの当て付けなんだそうで。意味わかりません。

さて。
これら説明分と言いますか作り手の紹介の仕方をすると
「ワイルドなくさそうなワインなんだな・・・」
と思われる方が多いと思いますし私もまぁ思いがちなんですがでは実際のところどうかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ルソーっぽい!?
いえ、私の場合ルソーって殆ど経験なくて、最近改めてルソーのモレサンドニ特級を呑んで改めて感じたっていうのがただしいのですが。
正直、「ちょっと雰囲気似てる」程度ですが、いわゆる世間にあふれる「DRCにそっくり!」の99%に比べればそっくりの部類だと思います。
色は結構クリアな赤。ピノとしては濃い色口なのは作り方のフリーランっぷりゆえ?
香りに確かに草っぽいビオ要素やイソジンめいた甘さが多くてそこからドクトル、という名前がついたのは納得の印象です。
味わいはしかしながら、強くて濃いスタイル。
クランベリーや酸が強めのイチゴなどの赤い小さな果実感、それにガッツリと抽出したセイロンティー。
なんとなーくユーカリなどの葉っぱ要素が感じられます。香りよりも味の重たさが美味しいタイプでしょうか。
ただ樽っぽさがないので、あまりティーセットという感じではありません。
甘みも結構強く、時間経過でスパイシーさが出てくるあたりは高級なピノをやっている感じがします。
凝縮感があるけどエレガントさはある、というまさに旨味のピノ。
ワイルド系では確かにあったんですが、その中に繊細さが見える……
そう、ヤンキー系女キャラです
特攻服とか着ちゃうんだけど、実は猫プリント大好きだったり超絶美人だったりするアレです。
知ってる人にわかりやすくいえば、モバマスのタクミンね。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
1万円近い、ということであれば妥当な感じといいますか。
かなり良く出来たピノノワール。あとは好みの問題です。個人的に全房系はネレッロなどの地ブドウかエレガントシラーにおまかせ☆って感じなのでこういう評価。
好きな人は私がパーフェクトつけた同オーストラリアの「コールドストリームヒルズ」の倍値でも信じるかと思います。
ブルゴーニュらしい、というのがステータスになってるピノ界隈としてはこれもかなり肉薄しているのは事実です。
ラベルがとってもゴージャスなので、同価格帯のブルピノよりも知らない人にも喜ばれるし知ってる人にとってはいい笑顔がとれるでしょう。
扱いは若干難しいワインかしら、その辺りは注意(それでも地ブドウ系よりはクセがないですが)

という訳で、マイヤー・ドクトル・ピノノワール2012でした。
前に紹介しましたコールドストリームヒルズとは正反対のワインです。
驚くべき差にワインはやっぱり醸造力だなぁ、とか感じてしまうモノの自然派は年度によって味わいかわってきそうなのでそこもまた楽しいんですよね。
それにしてもオーストラリア、いいピノ作ってます!

楽天では一社しか(それも取り寄せ!)扱ってませんでした。むしろこれはワッシーズさんがエライというべき?

パクり元のルソーのラベルはこんな感じ・・・・・・値段!ヒエエエエエエエエエ(CV:東山奈央

| オーストラリア | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日のラブライブ~他、オーパス・ワン呑んだりとか西武池袋総括とか~

うぇるかむ!
本日はラブライブデーなので、通常更新に非ず!ラブライバーな更新を中心にいたします!!

・その前に最近のワイン。

ワインブログとして(情けない話ではありますが)どうしても更新が遅くなりがちではあります。ネット情報主体とはいえ一本一本調べたりとか骨が折れる・・・んですが、多分早めにこれは紹介するでしょう。

Wlkse.jpg

最新ヴィンテージ、ティスティングしてまいりました!
私個人としては、なんだかんだ言って思い出深いと言いますか、こいつさえいなければ貯金が100万はいったのに・・・・・・・!とたまーに思っちゃうワインなので、飲める機会はなるべく外さず。
詳細は後日。結構今回最初のタッチがこれまでの体験と違ったんですがオーパスはオーパスでした。

・西武池袋世界のワイン展総括

今週水曜日までやっていた池袋西武のワイン祭。
これ年々どーにも開催範囲が縮こまってたり銀座やらのワイン回とドッかぶりだったりで常連的にも
「なーんか盛り上がらんなぁ」
って感じだったんですね。
と☆は☆い☆え
bZeUy.jpg
KV4ZG.jpg
P68Fz.jpg
この辺りが1500円前後で一杯もらえるところは良かったですね。
ハヤシライスも美味しかったし。もうちょっと伸びる要素があるように思うのデス!

・今週のラブライブ!

seyane.jpg

パフェの件およびラスト数秒のスピリチュアル先輩だけでご馳走様でした!!!!!!!!!!
というか、もう他の部分をイマイチ覚えてないです・・・・・・話的にはなんか手抜き回と言われてもおかしくないし、途中まで何で更新しようか?ぐらいの感覚だったんですが、次週とこの引き画で全部OKです。全部OK。この部分だけはパーカーポイント100点。


これ、残り2セットです!ってやったりするんですが、買える人ほんと羨ましい・・・

今週、このキャラの回ってことになってしまったのはファンには不幸だったろう・・・かよちんはリースリングを飲めばいいにゃー(お米的に

| アキバ系記事 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア全体の国力を感じさせる スリーブリッジズ・シラーズ

うぇるかむ!
今回もオーストラリア特集になります。
というか、結構ワインダイヤモンズ(ネッド・グッドウィン系列)が続きそうなので、そうでないいわゆるふつーな品を紹介しておく必要+ちょっと調べてたらワイン業界の悪面をみちゃってちょっと頭にきちゃったのでこちらで。

S3q0R.jpg

ウェストエンド・ワイナリー・スリーブリッジス・シラーズ2011

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルは特筆せずふつーの感じがします。比較的テーブル的な感じの紋章とコンクール受賞歴、それと説明というスタイルです。
作り手はウェストエンド・ワイナリーというメーカーで、スリーブリッジスという名前でいくつかのワインを作っています。
割りと貴腐での受賞歴が多い、とされていたり。
オーストラリアのグリフィス地区のワイナリー・・・という事なんですが、割りとマイナー地域の部類でしょう。
数年前の2010年がWA87点となっています。最高88点?
で、このワイン、某ヴィノスやまざき仕入れな訳で、先立って書いておくとワインとしては
「そこそこ悪くない感じで、値段としては普通~ちょい高め。シラーズ全体のレベルの高さを感じさせるなぁ。定番シラーズの更新少ないから一筆するかぁ」
という感じ。
何時もどおり、この項目を調べるためにネット検索かけたらしかしながら驚きのコメントが出てきました。
DRC斉藤こと斉藤研一氏は商魂の凝縮爆弾ですね!
びっくりしました。彼のこのワインに対するコメントをそのまま掲載しましょう。

「驚くような濃さ。グラスに注いだ瞬間インクのような濃さにびっくりしました。オーストラリアの高級シラーズに数万円払うならこのワインのケース買いをオススメしますよ笑」

本気で、マジで、正気で、このコメントしてるの!?
と、疑う他ないんです(書かされてる?うーん・・・・・・
味わい香りなどの部分のコメントすらなく、オーストラリアシラーズというオーストラリアが国家レベルで「ウチはこういうワインなんですよ。こういうワイン以外は認めてないんですヨ」なんてしてるような部類のウン万円ワインと対比してるんですね。
アニメでいえば
「鷹の爪団のギャグ面白いです、日本の人気アニメ(まど☆マギとかフェイト0とかタンダムとか宮崎アニメとかエヴァとかラヴライブクラス)を見るよりこれをずっと見るほうがいいです」
ってコメントをDRC斉藤氏は平然としてるわけなんですが・・・流石日本の弊害であるワインスクールビジネス立ち上げ人!
私も表現として誇張的な事言ったり(ケース買いとかネ)はしますけど、コメントの実内容が不足しすぎてて誇張が膨張してるんです。
そこまで言わせる出来というと……

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
味わい自体は上述したとおり普通の部類でしょう。
色はギリギリ透けない程度の濃いバイオレット。
香りから結構甘さが目立っており、プルーンとブルーベリーの果実味が強く感じられます。
味わいはそれら果実のベースが強く、そこに樽などのパワーが加わるタッチです。
果実の印象は結構強く、香り同様のプルーンなどの素直な味わい。
ミルキーさはそこそこに、シラーズらしさの典型を行く味わいです。
シラーズの特徴として、果実のあったか系の強さがあげられるのですが、その中では割りと酸や苦味が感じられるタイプ。
そこまでシロップ的ではないのですが、基本は果実の甘さでグイグイ飲ませてくれるタイプでしょう。
反面、アフターは少し果実がダレる印象があってザクザク飲むのがオススメ。オーストラリアシラーズ、という意味ではとてもらしいタイプだと思います。
スパイス要素などはあまり無いので、そういったクセがなく果実がたっぷりしている方がよければ選択肢になるかと。
甘さが単調でない点はいいところで、案外と使い勝手を選ぶと良く働いてくれるタイプかなと。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
これで2500円前後ならば、普通~ちょっと高め?ぐらいの感覚でしょうか。
オーストラリアシラーズはまだまだ安いところに未開拓ゾーンがありような気がしますので、特別コスパも感じないレギュラーな味わいだと思います。
シラーズ、というのの典型をとりあえず感じるには丁度良いタイプ。
プレゼントにはストーリーの角度やラベルでもまるで使えません。あくまでも参考用に自身の経験値としてシラーズを呑んでいないならばという感じでしょうか。

と、言う訳で3ブリッジス・シラーズでした。
ワイン自体としてはそこそこのワインだと思います。過去に紹介しましたブラック・オパールの新ヴィンテージよりは値段分良い印象。
オーストラリアシラーズの「外さない感じ」をひしひしと感じるワインです。
ただ、DRC斉藤氏の発言は完璧に販売用の誇張表現であり、本人が本気でそう思っているかも怪しい発言であることは留意せねばなりません。
私の感性においては少なくとも同程度の価格ならばアッシュブルックたんの足元の爪の垢にも及びませんし、シラーズとしてみてもまずはトルブレック辺りのド定番が先にくるほうがいいかと思います。

ワインに対して謎コンペやら誇大広告をうって初心者を騙すようなプレイを名の通ってる人が日本でしているのを私は業界人でない購入者の立場から凄く毛嫌いしています。
以前からの繰り返しになりますが、DRC斉藤氏だけでなくこの私「シンク・プリテュール・ノブレス」も所詮は一個人なので「絶対の指標」ではありません。
ワイン初心者の方ほど、私を含めたこうしたコメントに踊らされずに自身の五感からワインを味わって素直に感想し思いにふけっていただきたく思うのでした。
ちょっと、ワインジャーナリズムに対してゲンナリしちゃったワインになってしまいましたが、ワインのレベル自体はそこそこデスヨー。

まぁ、ここ専売なんですが、その中ではシラーズとしては妥当性があります。

で、ちょろっと文章中でふれた私の大好きすぎるワイナリーのシラーズですがすでに売り切れ!
思い入れの強いワインはどうしても誇張してしまう、という事であればDRC斉藤氏の言い分もわかる……んですが……

| オーストラリア | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マヴルッドしゅごい!ブルガリアの底力!! テラ・タングラ・オーガニックマヴルッド2011

うぇるかむ!
ここしばらくオーストラリア特集をやっていました

今日はブルガリアです。自分でもブルガリアで更新するとは思っていなくてびっくりなんですがブルガリア。
先日の池袋西武のワイン展ではアッシュブルック09、エデュケイテッド・ゲス12と私的に見かけたら即購入アイテムと今回のワインだけ買ったのです。

Pr07b.jpg

テラ・タングラ・オーガニックマヴルッド2011
これが本当にバケモノでした・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥(マヴルッドの日本的輸入価値としては+♥)
ラベルはイタリアの地ブドウワインめいた雰囲気でもありますね。それほど高くなさそーな感じ。
特にオーガニックグレープのあたりが異様に安っぽいのは残念なところ。ラベルはもうちょい楽しくてもいいのよ?
さて。
そもそもブルガリアってどういうところなん?という話ですが、色んな資料から要約すると

「ワイン造り自体は古くから行われていたけれど、政治もろもろでワイン造りは殆ど崩壊していた。90年台後半ぐらいから資本投資でちょこっと復興しているが忘れられた土地。随分昔の日本産ワイン名義の多くにここの安いブドウが使われていたという劣化版イタリアめいた産地」

といった感じでしょうか。
正直言って、殆どの場合で「こんなところでもワイン作ってますよ!」「へぇ^~」っていうネタ程度になっています。
その中でもこのテラ・タングラというワイナリーは最近出来たいわゆる投資によって作られているワイナリー。
土着品種という以外殆ど情報が出てこない、マヴルッドという品種のワインになっています。
テクニカルデータは殆ど不明で、作り手も良くわからず、ネット上では樽やらオーガニックの基準やら土壌といった大事な要素がさっぱり出てきません。
販売していたインポーターのブルガリア人いわく
「生真面目なワイナリーで、オーガニックもかなりきっちりやっている。このワインはステレンスタンクで作っているから比較的安い」
との事だったんですが、ハッキリ言って真意定かでないと言いますか信じられないというのが正直なところです。
teratanguradenryuua.jpg
そんなワインをなんで買ってしまったかって、もらって電流ビビビッときちゃったんですね。自分、プラカップ試飲で電流走った時は時間をかけて3回もらって判定して買う迷惑な客でございますが、今回も迷惑ついでに購入しました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
これナパカベじゃないの!?
カップで感じた予感以上に、しっかりグラスで飲むと樽がしっかり効いたカフェオレ系の、ブレンディングでいえばカベルネ主体メルロにプティシラーとマルベックが入ったナパカベみたい。
マルベックやジンファンデルにも結構近いと思うのですが、マルベックよりもアフターがカベルネに寄ってるんですね。

色はギリギリ透ける程度のガーネット。エッジ変化はなく粘性も中庸。
香りにとてもバニラが効いている・・・・・・というのが個人的に驚きの部分で、これ本当にステンレスタンクで作ってるとしたら今すぐ多くの赤ワインにこの品種をブレンディングして樽使用を抑えるべきだと思う。それぐらい強く出ています(なので、オークチップかなぁとか想像しちゃうんですが情報なさすぎて・・・・・・)
それでいて香りにしっかりとカシスを中心としてプラムやブルーベリーなど重た目の果実ジャム。
果実ジャムが強い中に胡椒など簡単なスパイスも見えます。
味わいはココア&ミントな、あのナパクラレットの中堅クラスの味わい!
果実のパワーが強く、そこにバニラが効いてくるスタイルですがパワフルさの中でバランスはとれています。
甘さは強めですがカシスやブルーベリーの質感と酸味も見られるので、シロップ感などはみられません。
飲み進めると苦味もハッキリ見えてきて、胡椒や唐辛子などのスパイシーさもみられます。
エスプレッソ・コンパンナとハーヴのフィニッシュ。
口当たり自体は14%というアルコール度の割に口当たりが軽めなのは少し残念ポイント、エレガントなタイプでなく
「ワインはパワーだぜ!」
とでも言いたげな余韻30秒。
赤ワイン適正温度の範囲で、少し温度は下げ気味の方がいいかと思います。温度があがりすぎるともっさりしすぎる系。
パワフルなだけのワイン、というのは結構安いワインでは見つけやすいのですが、その中でも味わいに面白さや本質的な美味しさに結びつくものは探すの結構難しいんですね。
個人的に、ボデガス・ブレカ他シリーズに匹敵するテーブル価格帯の衝撃でした。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ナパカベ匹敵が1800円ってケース買いだよね☆(CV:北上様
アッシュブルックたんの時に「簡易版クラレット」と記述したことがありましたが、これは「簡易版ナパクラレット」とでも言うべきモノになっていてついでにこの値段です。
一応品種全然違うのにね!
バニラ要素が非常に強いタイプ(ジンファンデルやスペイン系っぽさもあり)なので、そういうのが徹底的に苦手な方は避けてください高確率で叩き割ります。
逆に、まだまだワイン初心者で色々世界を知りたい方やカリフォルニア系大好き~という方は一本は試してみてほしい。
2011年ヴィンテージが仮面ライダーBLACKRXばりの奇跡なのか、たまたま呑んだモノの状態が良かったのか定かではありませんが、自分でここまで推奨しておいて今でも信じられないレベルの高さです。

という訳で、テラ・タングラのオーガニック・マヴルッドでした。
あんまりにもすごすぎたのと、しばらくオーストラリア中はミドル~ハイエンドクラスの値段が続きますので今回急遽更新してみました。
意味不明品種の謎醸造でこの味。うーん、ワインってオモシロ!

説明文とかだけでは絶対買わないワインだとは思う

琴欧洲の結婚式で使われたらしい、ここのフラッグシップ・・・・・・って、この値段どういう事!?

| ブルガリア | 07:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超希少なオーストラリアのネッビオーロ! アール・ワインズ・ソリータ・ネッビオーロ2006

うぇるかむ!
今回もオーストラリア特集なのですが、その中でもかなり「おかしいワイン」の一つを今回はチョイス!

WAGkg.jpg

アール・ワインズ・ソリータ・ネッビオーロです。
これ、本当に激レアの部類っぽいので購入出来るひとがいるのかどうかって感じですが・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥♥)
意味不明に果実が添えられたラベル、そして書き文字といい完璧にカルトワインでしょう。
BWLww.jpg
作り手の情報はオーストラリアのキチ系PP100点取得者のクリスリングランドと、ジェームス・ハリデーの後継者と噂されるらしいニックストックという方。
っていうところぐらいしか情報が入ってこない謎ワイン。しかも日本での入荷は24本程度という噂で、ほんとブログでとりあげといてなんなんですが、これ今から飲める人がどれだけいるのか?という話です。
多分、今回ヴィンテージは日本国内100人いかないんじゃ?
あとはアドヴォゲイト94点をこの2006年とっているらしい、ぐらいのものです。
カルト!

nBCM2.jpg

このダイモンズというインポーターさん、相当オーストラリアに関してはネッド・グッドウィンの指示どおりと言いますか、今までのワイン概念を根本から覆したワインを入れまくっているんですね。
今もっとも興味深いワインインポーターと言われるだけあります。

ソシャゲでいえば最高レア度、多くの場合UR+に位置するような希少性をもったワインになっていますが、感じたところでいえば・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
イタリアのネッビオーロを期待してはいけません。しかし、美味しいワインなのは事実!
色はとても透けていて朱色がかってオレンジが見られます。
香りはバニラ濃厚、そこに熟成感とレモン&ライム。サッとバラの香水が感じれこの辺りはネッビオーロっぽいかなぁと。
味わいは一見するとバニラに少しあまめのミカンのような味わい。
かなりポッカポカした感じ。なのですがあとあとスミレやバラの花、ベーコンなどの肉っぽさが出てきて
「そうだった!こりゃネッビオーロなんだ!!」
と品種特性を感じさせる味わいが出てきます。
ぜひとも余韻を味わってほしい仕上がり。
口あたりがぽったりとしているので、割りと早めに食事を口に入れたくなる感じですが、実はアフター部分こそがネッビオーロの本懐を見ることが出来るので、しっかり最後まで楽しんでいただきたい。
強く甘く、結構オイリーな体裁のあとに、ゆっくりとエレガントな印象が立ち上ってくる。
その差が変化球すぎますがあまりに面白いワインです。
ネッビオーロを濃く強くモダンに作るとどうなるか、というのを経験させてくれるワインといえるでしょう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
確かに面白いのは事実なのですが、13000円を超えてくる価格帯。
とっても変わり種なので、これもサウザンドキャンドルズ同様ワイン通向けのセレクトといえるでしょうか。
っていうか本気で売ってるショップがなさすぎるので、もしも興味が少しでもあるならば買ってセラーにいれておくべきワインではあります。
ワイン通へのプレゼントとしては最良なものの一つです。なぜってホンモノの(フランス至上主義とかでない)ワイン通にとっては手が出しづらいけれども興味はあるタイプのワインなので、これを手渡されたら確実に握手を求められるでしょう。
ほんとマニアック+高額でニッチナノデス。

というわけでクリスリングランド&ニックストックのアール・ワインズ・ソリータ・ネッビオーロでした。
もう多分、二度と飲める機会が私にもないでしょう。
カルト文化はアメリカだけでない・・・買い手を試しているかのような挑発すら感じてしまいますネ。

で、申し訳ないんですがそんなワインなんで楽天なんぞでは検索しても出てきません!このお姉さんぐらいしか出てきません!

傾向としてはこの辺りが近かったよーな(チェル・バイオーナ最近呑んでないんで正確さに欠けますが

| イタリア | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千本蝋燭!カルト感煽るるナチュラルシラーズ サウザンドキャンドルズ

うぇるかむ!
さて久々のいつもの更新であります!今日はシラーズです。
とはいえ、今日も変わり種の紹介になっちゃうんですネ

uVSP7.jpg

!?

gdhhq.jpg

という訳で、サウザンドキャンドルズになります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
カルトっぽい柄だと大体5ptじゃないかって?はい、そうです
びっしりとした丸にいくつかの赤、というずしきで蝋燭を表現したラベルがサイコーなこのワイン、内容もビオナチュラル系なモノになっています。
某ブリーチの「すまぬ・・・」なオニイチャンやらその断頭台で~撃ちぬいて~なボカロ曲を思い出しますネ。
超近年にやり始められたプロジェクトで、幾人かの醸造家やエノロゴ、投資家、ワインコンサルトが集結した~~とされる人員集めはアメリカ的。
ホームページ(もち英語!)もなんか綺麗に作ってあります。おっさんらが立ってるところに犬が走ってるのとかちょっとカッコイイのかわからない感じもいいですね
テロワールが良いらしいのですが、ちょっと割愛。やせた土壌、森が近くにあって山風が・・・と少し明確さに欠く情報でしたので上記HPでなんとなく空気を感じる方がいいかなぁって。
しかもシラーズ主体であるものの、ピノとソーヴィニヨン・ブランが入っている模様。
ネッド・グッドウィン推薦シリーズのうちのひとつでもあるわけですがその実力やというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
おお!シラーズってこんなワインだったっけ!?
と、驚きをワイン通ほど感じさせてくれるワインではないでしょうか。
ボトル画像を見ていただけるとその色合いもお分かりいただけるかもしれませんね。
濃い紫ではなく、明るい赤ナノデス。色だけでシラーズ主体ってわかる人いるのでしょうか?
香りは回数を重ねると肉感とスパイスのあるシラーズの特徴が見えてくるものの赤い小さな果実、クランベリーを貴重としたタッチになっています。
少し紅茶感があり、香りのベースはいい価格帯のピノ。そこになぜかシラーが見えてくるという摩訶不思議アドベンチャーを体感出来るでしょう。
味わいも変わり種で、赤い果実とベーコンのMIX。
果実の肉巻き・・・プチトマトの肉巻き串?
果実味自体はキュートなイチゴやクランベリーなのですが、シラーズらしいお肉の要素やスイカっぽさも少し感じられるのです。
香りの特徴と大体一致する味わいであり、重たくなくサラッとした口当たりでもあります。
個人的にはエトナワイン(ネレッロ・マスカレーゼ)に近い味わいだと思いました。
エトナよりはきっちりとした安定感のありそうな味でもあり面白い逸材でしょう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
当ブログ、実は私よりも資格・職業・経験値もろもろ全部上な人が見てる率が以外と高いのでは?
と最近思うので書きますと、そういう方(特に職業の方)で飲まれていない場合は経験値としてインプットされる事をオススメします。
シラーズの概念を覆し、またオーストラリアのビオ派の傾向把握、ないしはイタリア地ブドウ回帰などの方向性を見ることが出来るワインになっています。
逆に言うとそうじゃない方やこれからバッチを取りたい方にはあまりオススメ出来ません。というのは値段が1万円近いので、この変わり種ワインを飲む前に飲むワインが沢山あります。
少なくともいくつかシラーズの経験はしていないとこれが「おお、こんなシラーズもあるのか!」という驚きに到達出来ません。
初音ミクの元絵を見る前に、雪ミクとか千本桜ミクを見て「これがミクさんかー」となっちゃう訳。
ナチュラルである、という事は本質的にはこれこそシラーズの特徴を掴んだワインと言うべきなのかもしれませんが・・・・・・少なくとも一般的なシラーズのイメージとは別のベクトルで動いています。
これが、今のオーストラリアの形なのかもしれません。割りとコスパで図るべきでないワインかなぁ。

という訳で、サウザンド・キャンドルズでした。
ネッド・グッドウィン推薦シリーズの特徴として、ビオチックであること、割りとアルコール度数が低いが味自体はクセが強い事、値段はそこまで安くはないことなどがあげられますが代表例のひとつですねこちら。
も少し価格が控えめになると俄然推奨しやすくなるのですが、チャレンジ精神ある方はトライしてみるとワインの世界がグーッ!と広がる事間違いなし!!


あんまり変わり種かつ高額なので入荷&発注受付店舗が少なめ。もったいない!面白さはバツグンなのに!

書きながら千本桜を引き合いに出してみましたが、案外とこのワインを二次元ポエットするとちかしいかも・・・?

| オーストラリア | 09:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の例大祭とかラヴライブとか最近飲んだあれこれとか~なんか色々~

うぇるかむ!
思ったよりもイベント後早く帰ってこれたので、普通に日曜日のラヴライブ更新しようかと。

・まぁ、まずイベント(例大祭)から
という訳で例大祭11お疲れ様でした~
個人的にはかなり苦戦したイベントでしたが、久々の本トレードとか色々楽しかったのは間違いなく。
また、当ブログを見て来てくださった方もいらっしゃったようで(だからこの日記に感想こうして書いているのですが)。
色々なところから人というのはつながるのだなぁと思うのでした。
あんまりワイン関係ない本でごめんなさいね。ゆゆこがスクリーミング・イーグルとロマネコンティとサロンを飲みまくってるってシーンぐらいですものな・・・・・・

・で、ワインなんですが

1FnCi.jpg
9qC9U.jpg

といった、理由もなく結構ドでかいのを池袋ワインフェスとかで呑みましたのでオーストラリア終わったらぜひぜひのっけていきます。
まぁ、その、オーストラリアあと一週間はかかると思いますけれども(迫真

・本日のラヴライブ2期6話

lovelaive6wa.jpg

OVAやん!!!!!!!!!!!!!!!!
明らかにファンディスク。二期の余裕をたっぷり見せつけるギャグ回でした。
正直それほど好ましい感じで個人的になかったのですが、そんなことはさておいて、特別何もしてないけど全てが正常に進行するというスピリチュアル先輩の能力、デウス・エクス・マキナが発動した点は最高でした!


今日のEDはマキチャでした。なんとなくネッビオーロな感じ。あのクールで打ち解けにくいところとか、あとたまに棒なところとか

キスラーって昔はめちゃくちゃレア酒だったそうだけど・・・最下層なら結構余ってるくらいなんですね日本。

| コラム | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラフィットの原画?が見れるよ池袋で!(それも謎な

うぇるかむ!
銀座かどこかの超大型ワインフェスの裏でひっそりと和菓子フェスの余ったスペースでやっている池袋のワインフェスに行ってまいりました。
今年は福島レストラン千草屋さんが来てて、ワインとシチューやハヤシライスと飲み食い出来るんですね。
私はここのハヤシライスがめっちゃ好き!ということで池袋に千草屋が来るたびに食べに一回は食べにいっているんですが、今回ワインフェスだというのでこんなモノを福島から運んでました。

DuiK8.jpg

ラフィット
店長いわく、ラフィットの本家本元のオーナーシェフから1974年ごろ譲ってもらったひと品なのだそう。
まずラフィットに旧ラベルがあるがあるらしい事に驚きなのですが、疑いようがなくラフィットって書いてあります。
もうこれ超興奮しました。店長の奥さんから
「実はあの奥にひっそり飾ってるの、ラフィットからもらった版画なんですよ」
って言われた瞬間、完璧にガタッ!って立って
「こマッ!?」
と叫びましたともええ。
アニメで例えれば「宮崎駿からもらった魔女の宅急便のスケッチですよ」みたいなモノですからネ。

Jamf9.jpg

あきらかに100枚中の15番めいた鉛筆書き。
日焼けのあとも随分年季が入っている感。

TUsAs.jpg

これまた鉛筆でサインが。

で、これ、旧ラベルとしましたが明らかに現在のラフィットのエチケットと柄が違い、かつネット上ではこのバージョンのモノがどこにも散見されません。
なので、これが正確に旧ラベルなのかそれともボツ案なのかなどまではハッキリしません。
話によればかのメドック格付けが決まったころのラフィットなのだ・・・とのことですが、ラフィット通の方からの情報求む!

Yu7az.jpg
シャトーのそばに日傘をさす婦人

IekXw.jpg
農作物をしている左端の人たちの代わりに右手前に牛と座っている男性

ypJNA.jpg

建物自体も違いますね。

で、そんなシェフがやってる私の好物なハヤシライス↓

z3pD4.jpg

ワインが高いのが出てるので、この割りと強くない繊細かつ肉が丁度いいハヤシとあうのです。
っていうかこのハヤシ、もはやビーフシチューの域ですから。
出てるラインナップがワインは毎日変えるみたい(日程不明)ですが、今日はアンヌ・グロのクロ・ド・ヴージョでした(アンヌ・グロのヴージョは教皇区画)
チーズケーキとの食べ合わせが今回ワインカウンターのテーマなんですが、とりあえずこのハヤシライスは食べましょう。

ワインがどうこうとかを通り越して、このラフィット版画に本日大興奮なのでした。
ワインエチケット原画展とか絶対やってほしいと思ってる私としては、もうこれだけでワインごっくごくですわ。
お陰で頭が痛いです!!!!!!(完全にダメなパターン
5月13日までなので是非、池袋西武デパート7Fにこっそり見に行ってみてくださいネ

*繰り返しになりますが、詳しい方是非情報を求むです。むしろこれ相当すごいアイテムなんじゃ?

楽天で1番高いラフィットを検索してみたら、Imperialサイズの82年でした

ハヤシライスはワインと相性はいいと私は思う(え、普通?
会津地鶏ハヤシ 1人前 220g

会津地鶏ハヤシ 1人前 220g
価格:584円(税込、送料別)

| フランス | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白でも安定のトルブレックパワー トルブレック・ザ・ステディング・ブラン2010

うぇるかむ!
オーストラリア特集まだまだ続きます。
前回のワインが結構クレイジーな代物だったので今回はむしろ大手をやっておこうかと。
っていうか割りと今回の集中更新、クレイジー続きになりそうでテンションがあがるので今日みたいな疲れ気味の日に大手しあげておきたい

FN1Cr.jpg


トルブレック・ステディング・ブラン2010。
ちょっとだけ珍しい、トルブレックのブランです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
以前当ブログでジュヴナイルをやりましたね
オーストラリアワイン、と聞いてこのワイナリーを思い浮かべる人はかなり多いと思います。
そのなかでも今回の「ステディング」は樽発酵版のジュヴナイルというようなブレンドタイプ。
ミドル価格帯、自社畑オンリーでないワインとなっていますが醸造方法はウッドカッターズやジュヴナイルに比べると単体畑などに近いスタイルになっています。
なのですが、ジュヴナイルよりこの項目を1点下げてるのは……ラベルがあんまかっちょよくない&わかりづらい!

今回の白はもともとシャーヴなどから影響を受けてるトルブレックの醸造家デヴィット・パウェルが概ねローヌらしくを思い描いて出したブレンド。
という訳で実にローヌスタイルなマルサンヌ58%ルーサンヌ39%ヴィオニエ13%のブレンドスタイルとなっています。
PPは91点、意外と赤と同格なのですが果たして・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
あ、ローヌっぽーい!って果汁がそうなので当たり前なんですが、やはりこの配合にハズレはないなぁという感じ。
ただ、結構香りに薬品めいたところやアルコール感が強く感じられた点はマイナスがかかりました。
色はかなり緑の効いた印象でちょっとにごりめ。
香りに上述の通り、少しアルコールの高さを感じさせる香り。
ナッツ、ミネラル感あるタッチ、白い花の感覚もあるだけにちょっと突出しがちなんですね。
味わいもゴージャスなアプリコットを中心とした味わいで、ハードにアルコールを飲んでいる感覚がします。
結構キツめの辛口に仕上がっていて、柿や青りんごなど結構バラけて果実感がありそれらをまとめる形で醸造からきているだろう炒ったピーナツなどの香ばしさやバニラのニュアンス。
そつなくまとめてある辺りは流石のトルブレック!
恐らく試飲した時のタイミングも悪かったのかなぁなんて思うのですが、結構上級者向けのワインな気もしますね。
温度でかなり変化率がありそうなので、もう少しじっくりと向き合っていれば評価がまた変わっていたように思う、ハッキリとした高級ワインっぽさを感じさせる堂々とした白です。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
特別安くないよなぁ、というのが正直なところで5000円ぐらいのローヌ白って探せば出てきますしかといってもっと安い値段でもなさそうな。
現行のこのタイプの相場からすれば妥当性があるんじゃないかと。
プレゼントにも幾文かは使えそうではありますし。ほんと恐ろしいほど「このローヌっぽい白なら、この辺りだな」という値付けまんまな感じ。割りとブラインド試飲の値付けでもこうなりそうなワイン。
赤に比べるとこの白、割りと出回っていない(普通トルブレックなら赤を買うから)ワインなのでファンの人は買いかと。

という訳で、トルブレック・ザ・ステディング・ブランでした。
一節によると、オーストラリア政府当局が
「うちのワイン文化はこういうローヌ的なモノつまりシラーズなどであり、他のタイプのワインはなるべく外に出さぬこと!」
めいたアトモスフィアを出していた、みたいな噂があったりするんですがまさにトルブレックは我々が考えるオーストラリアらしさに満ちあふれているなぁとしみじみ。
なんというか、ほっとする。
なので逆にこのタイプと真逆のオーストラリアに会うとビックリしちゃうんですけれどもね。
ビックリする為にも、やっぱりトルブレックはよくよく観察を続けていきたいワイナリーです。


もしかして白ってネットではホント品薄?

赤は割りと見かけるのですが

| オーストラリア | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルトを通り越してメンヘラ? ルーシー・マルゴー・ノワール・フルーレット2013

うぇるかむ!
オーストラリアでしばらく更新してまいります、二回目は超変わり種ワインを早いうちにと思いまして

LF548.jpg

ルーシーマルゴー・ノワール・フルーレット2013
もう内容がめちゃくちゃなワインなのです!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
クレイジー&クレイジー
ワイナリーの名前(正確にはドメーヌ・ルッチというのかしら?)にもなっている、醸造家の娘であるルーシーマルゴーちゃんが描いた絵がラベル。
更にバナナ紙再生紙を使ったラベル、という類をみないスタイルになっています。
この段階で大分メンヘラ的です。もう何と言いますか東方ジャンルの古明地こいしっぽい。
マスター・オブ・ワインのネッド・グッドウィンプレゼンツ系(ネッドが提携して紹介しているインポーターがいくつかあるのです)の中でもわかりやすくクレイジー!
作り方の手法は「超自然派」のオンパレード。
まんまインポーター紹介からひっぱってきますと「人工・自然にかかわらず酵母、バクテリア、酸、糖など一切の添加物を加えません」というドえらい文字が出てきます。
更に、狩りが趣味でジビエとかを自分で狩った動物で作ったり糖度計等で数値を見ないで収穫時に毎日10キロのブドウを食べてワインのスタイルを判断するという謎の経歴をもっています。

更に、このワインのクレイジーなところはそのブレンドです。
ロゼ用ピノ・ノワール・セニエ(ロゼ向けなピノのジュース部分)にカベルネ・フランのブレンドです。
もうなに言ってるかわかりませんね?
間違えてフラン収穫しちゃったのをぶち込んだんだってさ!
適当です!あまりに適当です!!ボルドーの人たちが失神します!!!(なおイタリアでは良くある)

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(好みによって+差が激しい)
基本的には内容のとおり、薄味系のビオワインになっています。
色はとても透けて赤、エッジは出ていません。まさに新鮮な感じ。
香りに青レモンのようなすっぱい印象や梅漬けの印象。結構ビオっぽさが出ているのも特徴ですね。
ここまで酸がたっていることが香りから判別できるのもあまりないでしょう。
味わいはそれでいてこってりとした茶砂糖の甘さがあったりします。
強い酸味はベースではありますが、思いの外果汁の甘さがあるんですね。
甘みの強さが同じ程度に強い酸味を押さえつけるという独特のスタイルになっています。
ビオ、の典型であるのはそうなのですがその中でもおもしろおかしい仕上がりになっているのではないでしょうか。


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥?(ほんとコレは「?」)
私がそもそも、前回更新のコールドストリームヒルズのような高級感があるタイプを好むのもあって私個人としては、これに5000円近くだす事はないでしょう。
しかしながら、特異点であることには間違いありませんし、ビオ感満載大自然バンザイ!なワインの中では美味しいのも事実。
今回だけしか作られない(何故って、適当にぶち込むフランがないから)という希少性なども絡んでくるといよいよコスパでははかりがたくなります。
年代物や万円超えてくると当ブログでは「コスパ語るべきでない」という判定をとることがありますが、それに限りなく近いでしょう。
よって、貴方がビオ派であるかどうかが全てです。もしくは、ここからビオを初めて見る?

という訳で、ルーシーマルゴー・ノワールフルーレットでした。
オーストラリアは今、この手のナチュラル主義のクレイジーがドシドシ日本に入ってきていてホットスポットになっています。
その代表的なワイン、試す価値はあるよーに思います。


この手のワインを良く売ってるお店でもノープリント。これこそカルト・オブ・カルト

ながもん(ハルヒ)かな?ミクっぽいのもあるし、どう考えてもルーシーちゃんこっちの世界の子です

| オーストラリア | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セントラルコーストすらひれ伏すパーフェクトピノ! コールドストリームヒルズ・リザーヴ・ピノ・ノワール2012

うぇるかむ!
久々の通常更新です。で、やっぱりオーストラリアを早い所やらねばならぬと使命感にかられたのでこちらから。

20140504234102c43.jpg

コールドストリームヒルズ・リザーヴ・ピノノワール・ヤラヴァレー2012です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルは写真がひとつにブラックのラベルというシンプルなデザイン。
毎年写真が変わる辺り、意識的なラベルですネ。
個人的に森博嗣の四季シリーズ(新書版)を思い出します。あのデザイン、私、好きなんです(趣味

創業者は今やオーストラリアワインの専門評論家と知られるジェームス・ハリデー。
彼ら夫妻、もともとここのワイナリーのオーナーだった訳ですね。
設立は1985年ごろ。で、当時としてはかなり衝撃的だったようで、オーストラリアらしからぬ綺麗なピノとして割りと知名度はあった模様。
また、ワイン漫画でDRCあたりと戦った経歴があったりしちゃう!
他評論筋は割りとスルー気味で、どこも90点がせいぜいという評定ではある・・・んですが、まぁそもそもオーストララリアってグランジ以降の知名度はかなり低いというのも実情かなぁとは思います。
割りと過去の栄光って感じの肩書が多い気がしますね。ハリデーは一応コンサルタントぐらいはやっている模様ですが。
の割に高く評価しているのは、私わりとジェームス・ハリデー評価は評論筋の中ではいい線言ってるんじゃないかなーと思っていたりするため。
その中でも数年に一度作るとい限定醸造が今回のリザーヴだそうで、通常のピノの倍以上のお値段がします。
現評論家がやってたワイナリー、ということでどんなモノだろう?と興味がありつつ呑みました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
パーフェクト・ピノノワールだ

ko-suto.jpg


リジェ・ベレール辺りがやってるとてつもなくエレガントなスタイルになっています。
割りと寒冷山脈の葡萄かつ完全除便なのが良く出ているのかとてつもなく細い作り。
他国単位だと、ニュイ・サン・ジョルジュとセントラルコーストAVAの合体技みたいな気分でしょうか。
雑味がないのが個性。

色はかなりクリアでクリムゾンレッド。血色系。
香りはチェリーパイのような印象でトーストっけがかなりあります。
クランベリーなどの小粒赤果実よりはイチゴぐらいの大きさを感じさせるんですが、バター生地の印象の方が強くチャチさは0。
味わいはまず口当たりの思ったよりは重たさがある事にまず1びっくり。
とても口当たりが上品でチェリーの味わいがゆっくりと感じられます。
果実の感覚自体は凝縮感はないんですね。ただしナチュラルな印象でもありません。
バニラエッセンスやローズがすこーし入っているのもポイントが高め。
それほどタンニンや鉄っぽさが殆どないのでタンニンっけが好きな人には向かないかも?
とにかく綺麗に出来ており余韻の長さも凄く繊細に消えていきます。
感覚的にはアメリカの高いクラレット、例えばオーパス・ワンやクインテッサを呑んだ時のような、作りこみを感じさせます。
果実がガンガン響かない、日本人好みの奥ゆかしい綺麗さ。

何故かこういう味わいのタイプ、私はメイドさんを思い浮かべてしまうんですが、これはとても若くキュートなキャラクター。
黒髪だけどショートカットな。仕事はキッチリしてるけどどことなく可愛らしい、アニメ的若旦那と年齢差があまりないぐらいの。

で、個人的にコレを呑んで大反省したわけです。
セントラルコースト以外でも、この完璧技工系のインテリジェンスなピノが作れるのだと。
たびたび、世界最強の地域はセントラルコースト特にサンタバーバラ周辺だ!と書いてきた当ブログですがこのワインには、私のそんなイメージを例えばカレラやABC以上に感じさせるモノなんですね。
私はこの辺りの作り込みの激しいワイン、すごく好みで気分が高揚します・・・・・・まさかブルゴーニュへの近さがオーストラリアの方が上だなんて。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
貴方がもしも、9000円近い価格を出せて、かつハズレないピノを飲みたい場合、これ以外の選択肢は省いていいかもしれません。
と、いうのもこれ、スクリューキャップなんです。
ブショネがないスクリューなんですよ早のみ出来る高級ピノが!
これは本格的ワイン通(アンチ・スクリューな人を除く)にとってはエラいことだと思うのですけれどいかがでしょう?
つまり、熱劣化の可能性はあれどこの味わいさえ知っていれば大体の場合この味わいを「気軽にパキッと飲める」ということ。
ブルゴーニュやカリフォルニアが値上がっている今、その感覚に近いスタイルをリスクを抑えめで飲めるというのはビビ
ります。
プレゼントにはスクリューというのが若干日本では軽んじられてるので多少説明が必要ですが、ワイン初心者にとってはまぁ嬉しい仕様ですし高級感はラベルにありますからそこそこ使えそう。
こういうところまで手が届く・・・という所に私はすごく意義を感じるんですが、なんというか職人気質みたいなのは感じさせない点はあるかも?


という訳で、コールドストリームヒルズ・リザーヴ・ピノでした。
これは本当に驚いたワインで、個人の好みでいえばヘタするとNO1ピノかもしれません。
なので、正直皆さんあんまり買ったりしないで欲しい感じあります。日本入荷少なそうだし。


相変わらず大袈裟かつロクに呑んでなさそうでドン引きですが、大量に入荷している点だけはエライ。

デザインセンスにコレを思い出すのデス
【送料無料】四季(秋) [ 森博嗣 ]

【送料無料】四季(秋) [ 森博嗣 ]
価格:950円(税込、送料込)

| オーストラリア | 20:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週のラブライヴ~ワイン更新今後の予定他

うぇるかむ!
二回続けてアキバ向けネタなのがちょっとアレかなぁ(なにかなぁ)って思いましたので、まずはワイン側から。

・今後のワイン予定
キュベ・ダッカーポも終えて、一区切りしたところでちょっと落ち着いてしまっていますが、次は……

201405042341018b1.jpg

みたいな自分の本当に好きなラインでまだ紹介していなかったものを改めて実施するか
(イケムに関しては最近神の雫にハラがたっているし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

20140504234102c43.jpg

その後オーストラリアのすごすぎるワインをやるか、で検討中。
この2つは少なくともレビューしますし前もって言っておくと評価激高い!
乞うご期待くださいませい!

・本日のラブライヴ
20140504234321185.jpg

何故か良くわからないけど、ヴぇの人結構描いてる気がします。

一期でやりきれてなかった凛の覚醒回でした。これ一期の途中でやれる回でしたネ。
二期は全般的に駆け足だった一期の補足的なストーリーが多い気がします。単独エピソードが9つやるとしたら非常に多いですよね。
そしてどんどん崩れている蒼の神話様のキャラ・・・・・・
大筋はひたすらに甘々アニメでワインというよりラムみたいな感じでしたとさ。

・艦これオンリーお疲れ様でした。

前回の更新しました缶バッチ、概ね半分ほどお持ち帰りいただけました!
ありがとうございなす!!
ワインパロディなバッチ、もうちょっと作りたくなってきました。5大ボルドーとか・・・はちょっと建物多すぎて難しいけれど、かわいいグッズでアニメ×ワインをもう少し模索してみます。


これも更新予定。オーストラリアは「ピノの名産地」です。

今回はこの子の回でした。意外と可愛い活発おバカさんたまにマジメ……グルナッシュ?

| アキバ系記事 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

砲雷撃戦よーい9にて缶バッチ売ってきます~G58だよ~

うぇるかむ!
今日は普段の更新と大分違い、中の人のちょっとした宣伝です。
ワインとまったく関係ないイベントで缶バッチを販売します。

list.jpg

という訳で、
砲雷撃戦よーい9という浜松町都立産業貿易センターでやる同人誌イベントに参加します。
明日(2014年5月3日)なんだけどね!

で、何故当ブログでわざわざ宣伝するかとイイますと、このうち3つは

25mmupsiedf.jpg

25mmmidnightf.jpg

25mmsimakazef.jpg


のじみーなパロディだからでございます。
完全に趣味でオマージュしました。
そもそも両方のネタわかる人全世界で何人なんだっていう話!


という訳で、もしお会いする方おりましたら是非に~。

| アキバ系記事 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |