オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

風格漂うシングルブロック セントクレア・パイオニア・ブロック4(ソウカット・ブロック)

うぇるかむ!
私の好きなジャンルは、カリフォルニア全般だけでもなく。
実はニュージーランドピノも推して行きたいなーと思っていたのですが……
思いの外ニュージーランドで更新してないな!
と、思ったので今回は割りととっておきな逸品を。

759242124.jpg

ピノ・ノワールです。それもニュージーランドの。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
このボロボロ風、そういうデザインでわざとなんですが面白い作り!
一見するとレトロ玩具という雰囲気づくりなのです。
キャップのスクリューもシールで止めてあるというデザインへのこだわりが感じられるシリーズ。
このセントクレア、というワイナリーの単一畑シリーズでその「第四区画」にこれは当たります。
右↓の数字ですね。全部で8種類ピノ・ノワールはあるそうで。
フランスだったら単一畑で8種類ときたらえらいこっちゃ~。
どちらかというと白ワインのが知名度があるようなのですが、ニュージーピノ好きとしてついこちらを買っちゃいました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色はルビー系ですが、ピノ種としては異例な紫っぷりで透明度も他と一瞬間違えそうな具合(ピノの場合色は他と大きく差がありピンク系が多い)
香りは典型的なニュージーピノ感がしました。バラとラズベリーの砂糖漬けのような香りがほんのり。
味わいにピーチ、チェリーなどの果実の甘味と酸、そこにピンクグレープフルーツの苦味が加わってきます。
ニュージランド系に多い(私的に)ブラウンシュガーのような甘味は程々でサラッと飲める仕様。
若干のスパイシーさもありますが、基本的にはフレッシュな果実感を楽しませるタイプかな~と。
穏やかでまとまりの非常にいい一杯です。

セントクレア

食事の合わせを問われた時に、「何でも食べさせてくれる」といえる様なバランス型(勿論ダメなものはあると思いますが)。
思いの外高級感がなかったのは残念なポイントでしたが、他の原産地に例えるなら「ニュイ・サン・ジョルジュの若いワイン」かな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(2014年3月現在ならば+♥)
シングルヴィンヤードのピノがお値段2980円。
フランスどころかカリフォルニアでも有り得ない安さ、というのが最大の魅力でしょうか。
ギリギリでフランスピノ(ただし広域もの)が買えてしまう価格帯なので一個マイナスはしておきますが、ポテンシャルはかなりのものでしょう。
*2014年現在、ブルゴーニュ高騰によりこの価格で比類するブルゴーニュワインが無い状態になっています。
何より、このラベルの話題性や味わいの万能性、更にスクリューキャップという設計でワイン初心者にも優しい一本!
ワインに詳しくないし、あまりお金は持ってないけどちょっといいお酒が飲みたい・・・ってなアキバ系な方にもオススメ。

と、太鼓判な一本なのですが残念な事に売っている店はかなり少なくレア度は値段以上に高めです。
もしも幸運にも見つけたら、是非に。

| ニュージーランド | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノー宣伝の職人シャンパーニュ? エルヴィ・ケナルデル・ブリュットレゼルヴグラン・クリュ

うぇるかむ!
3月に始めた当ブログ、なんとここまでシャンパーニュというか泡モノに一切触れていませんでした!
いや、私自身酔いやすいので家で泡を開ける機会が少ないし、泡ってティスティング難しくってどうにも……
という訳で泡には比較的疎いというか自信がないのですが、そろそろ一発と思いまして。
初っ端なので、輸入元が限られているもののオススメ度の高いモノを選択しました。

759448694.jpg

あまり知らていない、シャンパーニュです。理由は下記。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
何故知られていないか、というとここが一切広告を打っていないからとのこと。
国内消費でこれまで全て終わっている小規模メゾンの生産品だそうで、今回某社により日本に初輸出されたそうで。
結構誇大広告気味っぽい雰囲気でありますが、とりあえずレアリティの高い?みたいな?
畑がヴェルズネイ産=グランクリュ畑のみというのも特徴でしょうか。
ラベルは可も無く不可もないシンプルな仕立て。というかシャンパーニュってラベル買い率が高いからこのケレン味のなさはちょっとマイナスかな?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
色はライムイエロー、香りに濃密で官能的なグレープフルーツを感じられます。
酸の立ち方がフルーティーで、桃と柑橘がたっぷり。
かなりフレッシュなんですね、スッとした仕上がり。
シャンパーニュといえば、製法からくるチョコレートのニュアンスが特徴的なのですが、こちらはそれほどにカカオ分は感じないです(あるにはある)。

エルヴィ


そのかわりというか、アフターにミント感が清々しく香って通り過ぎていく。
そう、私はミント系アフターのワインだいしゅきぃぃぃなのです(迫真)
洗練された食前向けのシャンパーニュ。
乾杯に飲めばそれだけで一日気品たっぷりに食事が出来る良質な泡といえるでしょう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
あくまで「シャンパーニュ」としては安いです。
そこは他国の泡とかとくらべてはいけないのです残念ながら(それで比べたら♥1つは少なくともマイナス)。
知名度の低くて大して上手くないクレマンや謎シャンパーニュと比べる必要性がなく、5000円台ならばいい仕事です。
野暮でない仕立てがお見事!
上記では食前向けだと書きましたが、爽やかさが強いタイプなので食後酒にスッキリも飲めるかも。
シャンパーニュとしては知名度が薄いので贈呈には向きません。ホームパーティーとかでこれを選択出来たらオシャンティってタイプかな。

泡ほど値段分がわからないモノもないと私は思うんですが、シャンパーニュの中では私は結構好きなのが今回のモノなのでした。
殆ど一社でしか買えない、というネックを除けば上質。
ドン・ペリニョンが高いと思う方はチャレンジしてみてもいいかなぁと。
調べたらハーフサイズもあるみたいなので泡モノ酔いやすい人でも比較的買いやすいかもです。




| フランス | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の実力を魅せる。 キュヴェ・三澤・シャルドネ

うぇるかむ!
今現在、スペインブームの「次」として日本ブームを作ろうという流れが大きく出ています。
2010年あたりからソムリエ教会が大分日本推しの流れ、というのは聞いていましたが某神の雫君さんも特集を組もうとするなどどうやらそれっぽい風潮です。
(神の雫君さんは割りと業界のノリにのってくスタイルなので、漫画の出来とか表現の質はともかくブームは後追い気味に明確)
そんな中、私の良く行くティスティングカウンターでも醸造主が来て特集してたりしたようで。

762815980.jpg


今回はシャルドネ(白ワイン)です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
正直、ラベルはこう、ダサいと日本人感覚では思います。
外人ウケは逆にいいのかしら?ともあまりフォントが思えないんですよね……
ちょっとデザイナー呼びましょうよ。ムートン形式(毎年ラベルを変える)でもいいからさ……
山梨県の中央葡萄酒社の社長、三澤氏の名前を冠するフラッグシップモデル(リザーブはさておき)。
日本のシャルドネの中では最も知名度があるものの一つです。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
中身はかなりレベルの高い「新世界系のシャルドネ」でした。
色はしっかりとした緑黄色、香りの立ち方は非常に濃密で清涼感のあるライムとレモンがふわっと広がります。
粘度もしっかりしていて濃厚系なことが飲まずしてわかる感じ。
まず、樽ぎきがしっかりしているのがわかるんですね。
味わいの中心にマロン・グラッセ、ナッツ、ライムの酸味。
バターの印象が現れたあとにミントの余韻。苦味の部分はあまり感じさせないリッチな仕立てです。

キュヴェ三澤


樽の印象を如実に感じさせるのが、上質なカリフォルニアとかを思わせるんですね。
それでいて、どこかナイーブなものを感じさせる。
言われないと難しいけれど、何となく後味に憂いがあるというか、しっとりとした質感を持っているのがジャパニーズって事かしら。

そうそう、良くワインと日本食を合わせるという風潮がありますが、このワインは例えば魚料理への適合は案外むずかしいと私は予想するです。それぐらい濃厚リッチ系。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
6000円台という白、それも日本という国柄を考えると若干難色もありますが、今回試飲した白のレベルの高さはガチ世界レベル(迫真)。
私はシャルドネであると過熱感が多少あるイタリアものとかの方が好きだったりするのですが、その高いレベル程度のジツリキはカネモチ!
疑いようもなく優秀なワインでした。

かなりレベルの高い逸品でした。
味わいの質感がとてもいいんですね。日本の風格を感じさせました。
実は同キュヴェの赤もいただいていたんですが……こちらは大分ピンとこなかったので割愛。
ほぼ同額なら、こちらのシャルドネでキまり!

| 日本 | 15:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オールスターの金のリンゴ ニュートン・アンフィルタード・カベルネ・ソーヴィニヨン

うぇるかむ!
当ブログがアメリカ推しなのはお察しの通り。
今回はその中でもアキバ系ブログに即しまして、アキバの某エキナカ店舗でも販売しているミドル・クラスをいこうと思います。

ドラマや映画ないしアニメ業界でも
「スゴイ級プロデューサーのコラボ!実際スゴイ!」
みたいな顔ぶれの映画などが発表されたりってことがありますよね?
今回はメリケンワイン界的にそれに近い感覚でやったあのワイナリーです。

755227183.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
まず、先に申し上げておきたいことはブログタイトルに「りんゴ」とか書きましたがあのニュートン無関係です。
エーッ
にゅーとん

さておき、英国軍士官であったピーター・ニュートン氏が創立してるからニュートンというワイナリー名だそうで。
ここのワイナリーの有名なのは何と言っても「コンサルタントが大御所」ということ。
筆頭はやはりミッシェル・ロラン君さん。この部分が大きく取り上げられますが調べたところ、コングスガード関係者やフォーマンがいるとか。
一斉に関与したわけではないのでどっちかというと「らき☆すた」の監督交代劇みたいだったのかも?と邪推はできますが、とりあえずスゴイ。
次に知名度としてアンフィルタードを初めてアメリカでやったという逸話。
清澄およびろ過処理せずに瓶詰めをするという肯定は、かなり珍しいハズ。
今回はその中でもカベルネ・ソーヴィニヨンタイプになります。
なお、フラッグシップモデルは「パズル」と呼ばれるアイテムで構成が変わっています。
ラベルは基本的なアメリカっぽい印象。細かくアイコンを配置する、クラシックとも言える感じかな。サインがちょいオシャレ。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
若干甘めの点かも?というのもティスティングカウンターにて2日連続で、開けたてと中間ぐらいでもらっています。
色味は黒に近いバイオレット。香りはコーヒー感が早くも予感されました。
口に含むと濃いカシスとクリームの印象がガッツリとまずは広がります。
結構ジャミーで、そのあとにハッキリと新鮮なハーブの香り。
それらが嫌味なく仕立てられており、まろやかになっていました。
主線がハッキリとしているのがカリフォルニアライクですね、パワフルさの中に思考性が感じられました。
・・・というのが一日目の開けたての話。
二日目になると香りに変化がみられバナナ感が大分出ていました。
じゃっかん怪しい気もしたのですが、口当たりは更にまろやかになっていて安心。
カシスの印象が下がった分、クリーミーさとトロピカル感があがり、チョコ感のある苦味の後にバニラの甘さが苦味をおさえる形になっていました。
バニラ感が長く続くので、雑味を抑えつつ余韻が楽しめる感じ。
あんふぃるたーどけいかず

明確に「アンフィルタードによる効果なのかな?」と思えるのは香りからも見られる苦味の部分でしょうか。
または初日の黒いカシス感(ソムリエ語的にはブラック・カラントかしら?)にもクセがあります。
飲みやすさの部分は確かにコンサルタントの影響も感じられますが、アクセントとしてちゃんと持ち味があるワインだと思います。

一点、気になるのはその「アンフィルタード」の効果によって熟成に対してどの程度の強度があるか。
値段から考えると寝かせて楽しませるクラスのギリギリスタートぐらいの範疇なのですが……うーん、どうだろう?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
概ね5000円台としては妥当な一品ではないでしょうか。
一歩上のグレードのワイン、としての格とオリジナリティーがあるワインだと思います。
また、アキバ系的には、このワイナリーを現在輸入しているお店に「アキバのエキビル内の某店舗」があるのはこのブログ的に特筆しておこうかな。




| アメリカ | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名門長男の実力 ドメーヌ・ミシェル・グロ・ニュイ・サン・ジョルジュ2010(村名)

うぇるかむ!
ブルゴーニュという産地は上があのロマネ・コンティになってくるし、畑の違いを楽しむなどがあるので極めるのは本当に富豪でなければ無理です。
では、安月給ではアカンのか?というと……難しいとは思います。
そんな我々にとって、一番低くても土地感をある程度感じさせてくれるのが「村名ワイン」
本気で飲むなら勿論畑名まで読み取れてナンボなのですが、格安でブルゴーニュのタッチを堪能出来る村名モノは助かるところ。
今回は中でも、比較的安めに飲める良生産者の品です。

2013-03-16 20-47-46-416


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
グロ家はかなりの名家で、先代のジャン・グロの長男が今回のミシェル・グロです。
アニメファンというかジャンプマンガファンでしたら、「NARUTOのシカマルのところの一族」ぐらいに考えてください。
受け継いでいる畑がヴォーヌロマネの一級畑、クロ・デ・レアを単独所有。
それと特級畑クロ・ヴージョが0.2ヘクタールのようです。
どちらかというと、アンヌ・グロの方が有名な気もしますが、グロ家系にはファンも非常に多いのです。
グロ家は特徴として名門の割に値段が安めなのが特徴で財布に優しいワイナリー。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
10年をティスティング。一応ブルゴーニュグラスで。
色、香りともにフレッシュさを感じるチェリー。
酸味の部分にハーブを感じさせる品の良さ。
味わいはまるで、ラズベリーを入れたブラウンシュガーをかけたパイのよう。
樽はそれほどはなく溶けており、ミネラル感(塩っけ)は結構強めでしょうか。
個人的にニュイ・サン・ジョルジュは男装の麗人みたいなワインだな~ってイメージがあるのですがそのド直球です。
味の広がり方がスマートで流麗、優しくはないけれど同性に憧れられそうな格好いい女性(男性)像です。
果実の部分の情報量がかなりしっかりあるのがいいですね。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
5000円程度で買えるブルゴーニュ、という事で満足のいくところ。
良い生産者だと現行価格ですと大体この5000円~8000円の村名でいいのが出てくるのかなぁ~と思うのですが、これはズバりいい感じ。
村名ワインの良価格帯として、十分に活躍してくれると思います。

グロ家だともっと価格が安くなるブルゴーニュ・ルージュでも美味しかったり。
個人的にはニュイ・サン・ジョルジュはブルゴーニュとしては安めで好きな産地なので今後も色々チャレンジしたいですね。


≫ Read More

| フランス | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム:ワインサイトの少なさを考える

ちょっと今日は酔っちゃっててちゃんとしたノート、調べ、更新が出来そうにないので、簡易更新です。
明日、六本木にミュシャ展を見に行くのとたまたまスタッグス・リープのワインを抜いたのですが凄まじい酒石だったりで興味深く飲んでてて寝過ごさないかで心配です。

酔った頭でなにか書いておこうと思ったのですが、最近一番思う事に

ネットのワインサイトって少ないよね

という事。
ようするに、ネット世代がワインを飲んでいないという事になると思うのです。
私は完璧にオタッキー!というやつなので、その世代であろう20~30代がほとんど呑んでないだろう事実には悲しみを覚えます。

基本的に、若い世代は
・ゴミみたいな居酒屋でゴミみたいなアルコールの入った「カシオレもどき」「カルーアもどき」を飲んでいる
・第なんとかの飲料を飲んでいる
・とりあえずビール以外を知らない
・甘いお酒は飲む
・梅酒しゅきぃぃぃぃ
・日本酒しゅきぃぃぃぃぃぃ

というのが日本の情勢かなと思います。
ようするに、安くてゴミみたいなモノを飲んでいる率が非常に高く
「ご飯なんてお腹にはいればいい」
という人が多い=ワイン人口やネットを使ったワイン民が増えない
というのが実情のように思います。
またマニアックなお酒=日本酒というのがベター。
これは日本人、としては喜ばしくもありますが・・・・・・

ワインブームがきてほしい、とは思いません。
しかしながらネット世代としては、ネットにおけるワイン情報が一部ブログと店舗の誇大広告(これはしょーがないともいえますし)しかないという環境なのは非常に珍しい感があります。

そういった観点から、大手ワイン販売店の売り方にも若干違和感があるのも事実。
甘いお酒が日本人なれしていない、という定説などは特に胡散臭いかなぁと。
美味しいワインが飲めれば、価値観が大きく変わると思うのですが・・・
(かくいう私もそういう口ですし)

お酒類の中でも、発展が日本であまり望めない印象があるワイン。
多くの部分が大きく変容する必要性がありそうだなぁと思います。

| コラム | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メドック格付け3級…にしてイタリア系? シャトー・キルヴァン08

うぇるかむ!
本日はメドック格付けにずずいと行きます。
3級というと、格付けの中でも知名度がドンとあがってきて、有名ワイナリーや高額品がたっぷり出てきます。
特に有名なのは、メドック格付けの中でも最高の評価を受けているパルメ、ハートマークで有名なカロン・セギュール、日本人所有から劇的に良くなりフランス人の評価をあげたラグランジュなどなど。
……という3級筆頭とは真逆な印象をもつのが今回の、キルヴァンです。

2013-03-21 19-40-08-317


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
3級シャトーのマルゴー村、という中ではかなり地味な印象のワイナリーかと。
それも、カントナックという地味加減!
ワンピースで例えるとバギー海賊団の一輪車の人ぐらい地味です。
近年、ミッシェル・ロランが介入したという話などがありますが、日本ではあまりに知名度がなく入荷も少なめ。
故にそこそこ安く買えるのですが、買える場所も少ないという点はあります。
長期熟成が向くという評価はあるものの、日本国内で熟成者を見るのは一級シャトーの長期熟成を見るよりレアかも?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
開けたてをティスティングにて。一応簡易デキャンタはしています。
色は通さない黒に近く、香りは少し花の香が強め。
スミレや桜などの印象がありますね。
味わいにもこのスミレ感があり、プラム、ブルーベリー、少しのダークチェリーの後にスミレ。
若干のスパイシーさと重ための余韻ですが少し短めかなと。
甘味→酸味という味の流れがハッキリしていて、なんだかイタリアワインっぽいなぁとずっと思っていたり。
余韻に少しマルゴーっぽさが見られるようにも思うのですが、ずっと不可思議な印象のまま飲んでいました。

コストパフォマンス(最大5pt)
♥♥
ちょっとこのワインを今からわざわざ飲む、というのはいぶし銀なように思います。
わざわざ5000円で飲むのにこれでなくても?という感覚はあるかなぁ。
メドック格付け系はその格の部分も値段の一部、というのが現状ではあるので、仕方もないのですが。
ワインを勉強している所謂試験対策としてなら、購入もいいと思うのですが。
または、セラー持ちの方は「熟成で真価を発揮する」と言われるので寝かしてみるのもいいかしら。

面白みはあるワインでしたー。ちょっと予想とは違ったワインでびっくり。
小説のハズしテクニックみたいな?

| フランス | 21:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シックな仕上がり、コンスタント01

うぇるかむ!
アメリカワインが圧倒的に多い当ブログです(挨拶
なにゆえ多いのか、といわれると好みだからという他ないのですが……
その好みの部分の要因は「適度な甘さ」「味わいのリッチ感」「余韻に見られるインテリジェンスさ」かなぁ。
どれも感覚的表現なのが申し訳ないのですが、アメリカ全域を通して暗すぎず明る過ぎないセンスといいますか。
醸造をしっかりやっているな、という良く言えば品質管理がいい、悪く言えば人造的な部分が好きなのです。
オークヴィルとか。
どことなく、「5大ボルドーだとラトゥール」なワインが多いように感じます。

というわけで本日もアメリカワインから一本。

2013-02-08 19-15-41-509

コンスタント01。
隣のモンラッシェが気になっても今日はメリケンって事で!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
サッと出された時にすぐに「上品だな」と思えるラベル。
トランプチック?で一見フランスものとも思えるかも。
ワイナリーはコンスタント・ダイヤモンド・マウンテン・ヴィンヤード。
元ラジオ業界のフレッド・コンスタント氏が1995年から販売開始しているワイナリー。
少量生産(今回のカベルネで971ケース、他の年は500きってることも)で流通もあまりさせていないようです。
ついでにパーカーポイント(恐らくWA)も95点という高レベルライン突破の品です。
というか、ユーチュヴで有名な取材番組の映像がまるっとのってるので検索してください(丸投げ)
まさかFC2がユーチュヴ載せれないとは知らなかった……


香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
開けたてをティスティング。
ダイヤモンド・マウンテンという現地呼称もつけられ、しかもエステートボトルらしいので期待感ありますよね。
カシス、ブラックベリーの印象が強く出ており、香りも十分にあります。
濃い紫の色合いどおりの強さ。比較的過熱感もあるかしら?
少しタンニンが強くあとの引き方が強烈。持続も勿論長いですね。
灯油感などはありませんが、アルコールっぽさは割合感じられます。
ダイナミックな作りですが、最後の落ち着き方はナパワイン的。
派手にみせてしっかり計算されているような味わいはならではでしょう。
独特なシガー系の苦味が好みをわけそうかなぁ。

コストパフォーマンス (最大5PT)
♥♥♥
5000円というのが相応なワインだと思います。
開けたてだったのもあって少し閉じていたのかなとも思いますが、重厚感はさすがですね。
色々アメリカを飲むよ、という方であれば十分に選択肢に入ると思います。

ナパワインらしい、というところをストレートに入ったワインかなぁと思います。
それほど多く国内流通しているわけでもないようなので、興味がありましたら。
飲み頃かどうかは若干私には判断つきませんが、育ててもいい品質かも?

| アメリカ | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその7 E・ギガル・クローズ・エルミタージュ・ルージュ

うぇるかむ!
シラーウィーク、ラストは再びクローズ・エルミタージュに戻ります。
他にもシラーで書いたノートがそこそこある上に、特集自分でやっておいて
「シラーのみたいなぁ」
と思って買ったワインなどもあるのですが、やはりこの生産者は外せないだろうと思いました。

3otqe.jpg

そう、ギガルです。
一回目でシャプティエをやった以上、ここ無しというのはありえないだろうと。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ギガルといえば、ローヌ系トップの知名度と実力をもつグループ。
アニメだと・・・攻殻機動隊シリーズぐらいは知名度が高いかな。
最も有名なコート・ロティ産の「ギガル三銃士」と呼ばれるシリーズは有名かつレアアイテム!
私も飲んでみたい憧れのワインの一つがラ・トゥルクだったりします。

ぎがる


さておき、そのギガルの中では最も価格帯が安いのがこのシリーズ。
他にもルージュ(広域でグルナッシュ種主体)、ジゴンタス、エルミタージュなどありますが、今回は初回のシャプティエ合わせでクローズ・エルミタージュにて。
実のところクローズ・エルミタージュってシャンベルタン名やサンテミリオン衛生といった「周辺系」としての印象が強くあったりするようで。
ちょっとここの評価はギガルですが押さえ気味に。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
色はしっかりとした紫、バイオレット系。
香りからスパイシーさが目立ち、味わいにも反映されています。
表現としては「エキゾチック」「オリエンタル」な印象が非常に強く出ています。
結構酸とスパイスが強くプラム感もハッキリと出ていますね。
シラー種、のイメージをまさに地でいくようなタッチ。
まさに王道のシラータイプ!
ストレートにシラーっぽいので、品種の比較試飲にも向いていそうです。
ただし、奥深さなどはない素朴で田舎っぽい感じなので苦手な人は注意です。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
値段相応にシラーのタッチが楽しめるワインだと思います。
非常にわかりやすいので「クローズ・エルミタージュってどんな地域?」という把握にもぴったりでしょう!
ハーフサイズだとかなりお手頃になるのでお試しにいいと思います。
勿論、エルミタージュならびにギガルの実力っていうにはバランスが悪いのですが、ステップには間違いなくなってくれるでしょう。

E・ギガルは実はルージュの方が好きだったりするのですが(オイオイ)、特徴の典型例を体感するならこれ以上の値段と味はないようにも思います。

シラーを色々価格帯も含めて(1万円以上のハイクラスはいきませんでしたが)、味わってみるとかなり面白い!
シラー愛好家が過激派だったり奇人変人な作り手が多かったりする、というのは大いに納得が行くモノ。
それぐらいに独自の世界観があると実感しました。
他の葡萄品種にない官能的なタッチ、香りに感じられるスパイシーさや果実の香り(今回メロン香が目立つのが多かったかな)。
味わいの肉々しいムチムチした感じなど、濃厚な表現には暇がないです。
私も飲み始めた当時は苦手ジャンル筆頭だったんですがね^^;
今ではかなりしゅきぃぃぃぃ!飲み進めると色々見えてくるのがワインは本当に面白い。

というわけで、シラーを巡る週もこれにて終了ですね~
くぅ~疲れました!
とはいえ、結構特集週が組めそうなノートがぽつぽつあるので、また特集週はやるかもです・・・フフフ。



こちらはハーフサイズね

| フランス | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその6 スター・エンジェル・アウレリオズ・セレクション・シラー2007

うぇるかむ!
シラーウィークも今回で6回目。
同一品種を主体(ほぼ100%に近い)としたワインでひたすら更新していますが、大詰め感ありますね。
今回はストルプマンに続いて再びカリフォルニア、今度はパソ・ロブレスのシラーです。
それも、前回のエンジェルの会社という合わせ技で。

757950386.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルの星柄がなかなかにカワイイ仕立てですね。
どっちかというとイタリア系が+されているような雰囲気です。
今回のものは前回のモンテスのアメリカ版。
アメリカからチリ、というケースなどはあるのですがその逆パターンですね。
価格帯はしかしコラボ系クラスの印象で何ともチリ勢の意地のようなモノを感じさせます。
アメリカの星条旗だけにスター、そしてモンテスのシンボルであるエンジェルという安直で案外危険な気もするネーミングにも注目?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色はかなり濃い紫。香りに強くメロン、動物系の印象もあるがにくにくしくはなく高級な香水のよう。
粘度は高く、口当たりのスパイシーさからローストっけがバッチリ出ています。
けれども艷やかなニュアンスはあり、綺麗にブラウンシュガーとプラムがムンムン!
バニラの入ったベトナムコーヒーのような後味でまったりと〆ます。
余韻はコーヒー感がかなり長めに続き、そこそこに官能的です。
初めのスパイスのグッと来る印象と最後のコーヒー感に、先入観からかチリっぽさを感じちゃうかな~。

モンテススター


迫力だけではない、豊満で良く練られたワインだと思います。
ちなみに、正確にはシラー100%ではなくグルナッシュとムールヴェードルが少量加わってる模様(年ごとの違いはあるっぽい)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
ちょっと高い感も拭えませんが……味わい自体は妥当にこのクラスだろうなと思います。
濃さだけだともっと安くてもありますが、香りの印象などは風格があります。
私は割りと派手系やイメージが湧きやすいラベルを推奨する傾向があるのですが、これは逆にシンプルで使いやすいタイプかな。
意味合いを込めた贈呈品にもいいかも。

同じアメリカでも、サンタイネズに比べると遥かに甘味が強く出ており、逆に同社のチリ・フラッグシップのフォリーエンジェルと比べると落ち着いた印象。
個人の好みでいえば、私はフォリーよりこちらのスターエンジェルのが同価格ならばオススメです。
これは原産の畑の違いなのかしら?
少なくとも、サンタイネズよりはパソロブレスの方が暑い地域なのは確か。チリとはどうなのかしら……
うーん、細かい研鑽とデータから検証出来ればいいのですが・・・
ともかく!
チリのスタッフがカリフォルニアでワインを作るとどうなるか、という一例としてわかりやすい結果の一本だと思います。

| アメリカ | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその5 モンテス・フォーリー・シラー2006

うぇるかむ!
シラーを巡る週、本日はチリワインになります。
チリというと、安いイメージがある地域ですが今回の特集の中ではトップに高い一本にしてみました。
大手がバッチリ仕入れているので、ワイン好きな方には有名なアイテムかも?

2013-01-21 20-02-05-759


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルは毎年変わる風景にロゴのデザインと少しコミック調な天使柄。
風景の方は少しずつ時代が流れているとも言われており、コレクション性あり!
2013-01-21 20-02-20-020

イギリスのイラストレーターによるデザインで、カルトワインめいた綺麗さがあります。
モンテスというのは社長の名前由来で、メインのロゴは天使柄なのですがメインシリーズは美術品のようなモデル。
この差はフォーリー=馬鹿馬鹿しいと言う名前からでしょうか?
元々使われているシラー種が土地には適さないと言われ続けた、という経緯があったようです。
ワイナリーってこうした「オレたちゃやったおぞおおお」みたいな反骨精神で名前つけることが結構あるよ~な。
ところが実際のところ、今回のものでもワイン・スペクテーター誌94点などそこそこの評価。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
ティスティングで2日間同じボトルを飲みました。
非常に樽感の強いワイン!
シラー系の味わい以上に、バニラバニラしており「ブドウ使ってるの?」と疑問が湧くほどです。
スワリングしてしてしてして……とグルグル回しても結局はバニラ。
というのが1日目の印象なのですが、2日目に飲むと大分印象が良くなっていました。
というより味わいからタルタルしさが抜けて来たというワケです。
ブラウンシュガーを使った、焦がしたプラムとバターのパイ。
濃厚ながらしっかりと作られた味わいが見られます。
数日間は同じ程度の強度で飲めるのではないでしょうか。初日はデキャンタージュ必須?
まさに堕天使なのです。黒い羽の天使という厨二病属性の中に何を見出すのか。
モンテスシラー
モンテスシラー2



コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥
大体7500円ぐらい、もっと安く買える場合もあるようです。
シラーというのがそもそも癖っ気があり人を選ぶブドウ品種ですが、その味わいを上回る樽っぽさ。
チリらしい、といえばらしいのかしら……ワイルド!
デザインの良さと逆に飲みやすく変化の仕方を楽しめるという意味で、贈呈品にはいいかもしれません。

チリやアフリカなどのイメージを忠実にもった印象のあるワインでした。
ちょっと私好みではありませんでしたが、パワフルなワイン好きな方は是非。

| チリ | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその4 アローフィールド・シラーズ・ショウ・リザーヴ2009

うぇるかむ!
シラーを巡る週、今回は「シラーズ」です。
何故かオーストラリアになるとシラーの事をシラーズと言わないといけないという法則があります。
この品種と国の云々に面白さを感じるかどうか、はワインをマニアックに好きになるかどうかの大きな部分だと思います。
私は「だからこそ」ワインはオタク向けの飲み物だと思うのです。
這い寄る混沌とか好きでしょ?
前置きはさておき、今回はシラーズの中でもお安い一品を

757637939.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルだけだとちょっとシンプルすぎますかね?
分かる人にはリザーブの文字に若干反応されそうですが。
ワイナリーはオーストラリアの受賞歴多数、ヒュー・ジョンソンが☆3つつける生産者。
今回のは人気ワイナリーのフラッグシップで、定価は3000円近いとか何とか。
現在はコカ・コーラのグループ会社らしいですワァオ。格安のシリーズものなども結構ある模様。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
色はしっかりと赤みがかった黒。若干透けており粘度もサラっとしてオーストラリア系にしては軽い見た目。
香りからはコンソメスープ、ほのかな毛皮香がします。時間がたつとメロン感がぽっつり出てきますね。

アローフィールド


味わいもシラーズというジャンルにしては軽めです。
果実の印象が大きくチェリーを使ったジャムやクランベリーにブルーベリーの印象があるものの非常にサラッとしています。
樽加減を若干危ぶんでいたんですが(なにせリザーブ表記だし)バニラとココナツのニュアンスがそこそこに効いています。補助としてちょうどいいぐらいだと私は思います。
14%というアルコール度数の割に飲みやすいシラーズです。不思議とガバガバ飲めちゃいますよコレ。
しかしながら雑ではない、フットワークのいいワインです。
合わせるにも鶏肉をお塩とハーブぐらいの調理でも良さそうなぐらいかな~。
その分、シラー系統に見られる日持ちの良さはあまりないかも。酸が目立ちやすいのでお早めに。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
ひとつ前の記事でストルプマン・シラーを「ワイン飲み向け」と書きましたがこちらはその逆かな。
飲みやすいシラーズ、として推奨しうる一本だと思います。
それこそ、この葡萄種をあんまり飲んでいない人にこそいいのかも。軽いながら主要な要素は外していない素直な作り。
1400円ぐらいとしては文句のない出来です。本国では倍値らしいのですがそれなら納得、かなと。

実は私は以前からシラーズって苦手ジャンルって意識が強くあったんですが、このぐらいに飲みやすいと抵抗なく入れたのかなって思います。
シラー系統の果実感を体感する、日常的に軽く飲むにはぴったりなラインでした。

| オーストラリア | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム:トラックバックで「値下げして欲しいもの」とか出てきたので

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当山本です今日のテーマは「値下げして欲しいもの」です。何か欲しいものややりたいことがあった時、もうちょっと安かったら!!など、思ったことありませんか?山本は貧乏性なので頻繁に思うのですが、最近思ったのは「電子レンジ」だったりします!高性能なレンジがどんどん出ていますが、機能が良いだけにお値段もそれなり…しかしレンジにそんなにお金をかけていいものか…と、...
FC2 トラックバックテーマ:「値下げして欲しいもの」




というのが流れてきたので書きますと
そりゃもうワインですよね!
年々値上がっていて特に2003年から激上げぷんぷん丸で更に2008年にムカチャッカファイヤーして今年の円高でファンタスティックプンプンドリーム。
と・に・か・く!
値上がりが異常なレベルです。
ここ最近の話題に「マクドが値上げ」とかで阿鼻叫喚地獄でしたが、ワインの値上げに比べたらゴミみたいなものですよ本当に……

その様子はブック・オフ辺りに言って古いワイン雑誌を読む→新しい本屋で最近の雑誌を読むまたはワインショップに行ってみるとすぐわかります。

価格の高さから消費も減っている節があるので、何とかしていただきたいというのが正直なところ。
フランスは少なくとも、手が全然出ないですわ・・・・・・

| コラム | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその3 ストルプマン・シラー

うぇるかむ!
シラー種を巡る今週、3回目はアメリカのサンタバーバラになります。
というより今回のワインを飲んで今週特集にしようと決めた本命ワインです。
サンタバーバラはカリフォルニアのワインの中でも高級ライン……なのですが知名度としてナパよりも低かったりします。
ナパの方が派手なワイナリーが多い中、日本で知られていないカルト・ワイン(端にめちゃくちゃ高いワイン)が多いのが原因だったり。
今回のワインは若干その系列かな?それも地域をサンタイネズという小規模まで絞っています。

2013-04-11 01-46-08-331


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルは黒をベースにした金文字での畑など。何とも高そうな雰囲気です。
元々はあくまで葡萄園で、つまり他のワイナリーに葡萄を卸している供給元だったそうで。
いわゆる、供給元の自社栽培モノになります(しかも卸元にシン・クア・ノンがあったとかなかったとか)
で、ワインコンサルタントに元アンティノリ&ビービーグラーツというイタリア系ヒットメーカーやカリフォルニアのローヌ系ヒットメーカーの合作というスタイル。
ついでにパーカーポイントも90点以上!
……と、なかなかにスゴイ経歴なのですがちょっとマニアックすぎるでしょうか?
今回はその中でも、一番格安モノになります(それでもエステートボトルなんですが)


香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
色はまさにブラック。香りの立ち方が強烈でスパイシーな燻製肉の香りとなめし革、獣系の雰囲気が満ち満ちています。
その割に口当たりがまろやかなのには驚かされました!
スパイスにジンジャーを感じ、紅茶、くるみ、クコの実、プラム、少しのブルーベリー……そして肉厚なステーキ。
私は「一本の中に物語性のある、料理のようなワイン」を割りと評価する傾向があるのですが、これはまさにステーキコースですね。
それも高級な、ですわ。
濃厚でありながら洗練とされしなやかなバランス。余韻もかなり長く残りますが果実が強まってから終わる印象。
官能的でいてフィネスもバッチリ。素晴らしい~

ストルプマン


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(ただし好みがハッキリわかれる)
私はとても好きな作りをしていたのですが、飲むタイミングと相性次第で地獄のようになりそうなワインです。
これ一本で料理が完成されている節があって、正直なところ料理と合わせるにも濃い肉料理以外が面目ないですが思い浮かばないです。
ワイン飲みの為のワインかな。しかし是非飲んでみていただきたいシラーですよ。

そもそも、私はかなりナパやサンタバーバラ萌えな節があるのですが、なにゆえ推すのかというと口当たりにある艷やかさ。
このシラーにもそうした冷たい――理知的な――印象が出ていたのは驚きでした。


| アメリカ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその2 アッミラーリア・シラー2009

うぇるかむ!
シラー特週2回目はいきなり面白どころでイタリアです。
イタリアワイン、というとやはりサンジョベーゼやブルネロ、ないしスーパータスカンに使われるブドウが赤ワインだと浮かぶかなと思います。
今日はそれらとは全く別なイタリアモノになります。

2013-02-19 17-38-18-227


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
フレスコバルディ系列のテヌータ・デッラミラーリアというワイナリーのフラグシップです。
上部の絵がワイナリーを簡略化した絵です。そう、現代建築です。
イタリアとかアメリカの近代化が進んだ大手ワイナリーは建物をアーティスティックにする特徴がある気がしますが、その典型のひとつでしょう。
建物だけで薀蓄足りえちゃうってやつですね。個人的には好意的に見ておりまする。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色は赤系の紫。濃いルビーレッドですね。
香りの立ち方は強くスパイスとシナモンを思わせます。
口に入れると、スモーキーな香りがまず広がってベースを作ってくれます。
果物の印象はプルーンやプラムなど濃い目でそれも何だか山の中で採れたてって感じ。
樽の効き具合は18ヶ月とそこそこですが強めに感じます。
長く飲みすすめると若干シガーっぽい香りから薬品っぽく感じられる事も。
……最大の特徴は、シラーにありがちな味わいでありながらイタリアらしい明るいフィニッシュな事です。
口当たりはとっても重たいのに、最後は華やかで軽いというのがセールスポイントですね~。
ここの辺りはお国柄というか、凄く面白いチャームポイントだと思います。褐色系少女って感じ。

あっみーらー


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
値段自体は6000円程度のミドルクラスの中でも、面白いワインだと思います。
シラーズとか南仏にない印象は、飲んでみないと思い浮かばないかも。
ただし、思いの外時間が経つと酸が出てしまう点はネックかなぁって。

大本は古いワイナリーですが、建築だったり栽培しているものだったりが変わり種で面白いですね。
因みに、同ワイナリーの低価格帯もあるのですがブレンドがシラー単一ではなく別のものが主体になっています。
イタリアシラーの片鱗はあまり感じなかったりするので、このワイナリーなら今回のフラグシップが抜群ですよ~

| イタリア | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその1 ピック&シャプティエ・クローズ・エルミタージュ

うぇるかむ!
ここ最近、自分の中でシラーがプチブーム入りました。
何となく、力強いワインが飲みたくなってきていたところで少しイイ物を飲んでからグッと探索してみることにしました。
完全に萌え業界のアニメ&ラノベブームぐらいの移り気!
というわけで、何回か連続してシラー特集にしようかなと。

さて、今回は初回ということでエルミタージュ関連を。
エルミタージュは名高いシラーのフランス超名産地。その周辺地域がクローズ・エルミタージュです。
ガンダムで例えると、0080とか08小隊みたいな?(それにしてもガンダム例え多いかしら)
今回はその中でも有名ドコロの安価ワインになります。

2013-02-14 16-21-12-301

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはコラボした2人の様子が出ているシリーズ。写真使っている辺りがアメリカチック!
まず、シャプティエといえばエルミタージュ界隈の超至宝。
南仏関連の帝王的存在で、海外進出やラベルに点字採用などの工夫、そして何と言ってもビオ栽培のスーパーメーカーです。
そのシャプティエとフランス三ツ星女性シェフのアンヌ・ソフィー・ピック女史とのコラボワイナリーです。

pikku.jpg


ワイン業界ってコラボとかタッグとかが非常に多く、オタク用語で言うところのホモォというかキマシというか……って感じなのですが、これは比較的珍しい大々的に「醸造家と女性シェフのコラボ」だったりします。
アメリカだと女帝とか女神とか言われているワインメーカーがいるのですが、フランスだと生ける神話であるルロワ女史以外があまり目立たないので、そういう意味でも面白いかも。

香り・味(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
色は思いの外透ける程度の紫、粘性も比較的サラッとした印象です。
口に含んだ時も非常に軽やかなタッチで、胡椒・ラズベリー・プルーンがスラスラスラッと入っていきます。
酸味が若干強めで、シラーに多いスモーキーさが控えめです。
少し草系の苦味があるのがビオ故でしょうか?
余韻も結構短め。地域と品種から行くと濃口を当然予想するのでちょっと肩透かしではありました。
しかしながら、意図というか味わいのスタンスは何となくわかる感じ。
女性シェフとのコラボ~、なのです。
気軽な会話を楽しむ時のカッフェなワイン。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2415円とかだったような。その値段に相応しい印象のワインでした。
シラー大好きって人には物足りないかもしれませんが、食事にはむしろ使いやすい一本だと思います。
本当にレストランのグラスであって欲しいかな~って。

ローヌ系の中でもかなりあっさりしたタイプの作品でした。
正直なところ、本家本元のエルミタージュにチャレンジしたい!という気分ではありますが、センスの良さはひしひしと感じられますね。

| フランス | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フレスコバルディの切り札 モルモレート08

うぇるかむ!
本日はイタリアのフレスコバルディ系列です。
割りと飲むチャンスがあったので結構系列ものをたっぷりとノートしていたり。
今回はその中でも主力のフラッグシップモデルのトスカーナIGT・・・つまりスーパータスカン系統です。
いやぁ、私好きなんですよ、スーパータスカン系。

2013-02-19 17-25-43-114


ラベル・ストーリー
♥♥♥♥
ラベルは如何にも高そうなブラック主体のスタイルにここの紋章。
なんか白い線が引いてあってアニオタ的には「強いられているんだ!」のような……
このカステッロ・ディ・ニポッツァーノはフレスコバルディ系列でも古いワイナリー。
11世紀に作られたセラーがあるとか。
今回のワインの受賞歴はガンベロロッソは4回以上。
かなり大手での仕入れがあったので飲まれた方も多いでしょうか?
格付けはバッチリとトスカーナIGTでカベルネソーヴィニヨン、メルロ、フラン、プティヴェルドというスーパータスカン系です。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
色は少しだけ明るめの赤紫。
香りからスミレとプルーンジャムのトーストのような料理を連想させられます。
口当たりはなかなかにシルキー。樽の効き方も強めですね。
豊かな味わいで濃密なカシスからシナモンが連鎖、ジャミーさの中にハーブとスパイスのニュアンスが添えられています。
結構時間をおくと胡椒っけが強くなり、カベソーの強さが出ていますね。
明るく濃密な仕立てです。タスカンらしい!
濃密ながらウキウキ系のワインです。
樽感は結構強めに聞いていますが丁寧さは十分に感じられます。
充実したアフターの余韻は1分以上、比較的スミレよりはスパイスが目立つかも?

コストパフォマンス(最大5pt)
♥♥♥
なかなかに値段相応な素晴らしさのあるワインだと思います。
凄く適切な味わいと品質、フラグシップとしてこの値段というのはなかなか据え置きですね。
正確にはスーパータスカンというには安いぐらいなのですが、そう呼んで差し支えないでしょう。
もしもスーパータスカンと呼ばれるワインのタイプを飲んだことがないならば、入門にもいいかも。

カベルネ主体を作った時のイタリアの旨さは、とにかく明るい性格。
これは土地柄によるもので苦手な人も多いのですが、私は多くのボルドーワインよりこれらの方が好きだったり。
同価格の……例えば5級あたりの格付けワインやブルジョワ級……との飲み比べにも使えると思います。

| イタリア | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受け継がれた名門白ワイン ジャックカリヨン・ピュリニーモンラッシェ2010

うぇるかむ!
なにげに当ブログでは初の白ワインとなります。
実は私もワイン歴が浅いもので、赤ばっかりに偏りがちでして……
一回目という意味もかねて正統派のフランスです!

白ワインにおける最高峰として、真っ先に名前があがるのがフランスのモンラッシェもの。
知名度が非常に高くフランスの白ワイン筆頭産地なのですが、厳密にいうと区画分けがあったりするのですが以前ワインカウンターで飲んでいたら
客「私はモンラッシェの白しか飲まないんだよ」
ソムリエ「そうでしたか。今日はピュリニー・モンラッシェのものになります」
客「ぴゅりにー?初めて聞いたな」
などという会話を聞いた経験があります(実話。)
小話はさておき、本日は名門一家のモンラッシェです。

2013-02-26 20-09-54-362


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルは古典的なブルゴーニュチックですね。
歴史をたどると1632年からこの地で作っていたという老舗一家。
江戸時代ごろですって!ニンジャ!ニンジャナンデ!!
先代のルイ・カリヨン氏が引退して引き継いだのがジャック・カリヨン氏です。
その初ビンテージということで、ジャック氏の評価次第ではプレミアがつくかも?
なお、今回の村名にはワイン・アドヴォケイトで88点がついている模様。
フラグシップの特級畑ビアンヴニュが96点、その他3点の一級畑が90点以上という点から考えると妥当な点数なのでしょうか。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
開けたてをティスティングでいただいています。
その為か比較的酸が強くのっており、ゆっくりスワリングしつつ飲むと香りがしっかり見えてきました。
色は比較的透明度が高く、それほど黄色がかってはいません。
香りはグレープフルーツを主体に少しのライム、ほんのりとせっけんがかった凄く清潔感がある香りです。
この香りがそのまま口いっぱいに広がり、すっきりと最後まで柑橘系の味わい。残る香りもサラッとしています。
樽感は殆どなくミネラルをたっぷり感じる、若干とっつきにくいクラッシックな味わいだと思います。
お風呂あがりって感じ。贅沢ないいシャンプーを使った長い髪のような。

しゃんぷ^


コストパフォマンス(最大5pt)
♥♥♥

6300円の村名モンラッシェ、というならば値にも納得でしょうか。
ただ、後1500円以上出せば同じ生産者の一級畑が飲めると思うと手放しには褒め難い^^;
また味わいの清潔感が私は好ましかったのですが、重ためが好きならば避けた方がいいかも。
サラッとこのワインが食前に出てきたらかっちょいいと思います。

個人的にはボテッとした新世界型やイタリア系のシャブリの方が好きなのですが、こう清らかな作りもいいですね。
この品位ある作りは魅せられる人が多くいるのにも納得ですね~

| フランス | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くつがえせ低評価! デュルフォール・ヴィヴァン09

うぇるかむ!
ボルドーの中でも最も有名なのがメドック格付け。
全5階層中、2級は特にマルゴー村とサン・ジュリアン村にサン・テステフ村のトップクラスワイナリーがひしめく階級です……
が、2級のマルゴー村は比較的低評価なものも多かったりします。
その中でも批評家に低い評価をつけられていたイメージが非常に高いのが今回のシャトーです。

2013-03-19 19-47-47-795


デュルフォール・ヴィヴァン。
その09ヴィンテージです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)

ラベルはどことなくファンタジックな雰囲気のシャトー全景。
如何にも古典的なワインという印象を受ける感じです。
立地はマルゴー村の入り口付近で北にはマルゴー、南にはパルメという大人気シャトーに挟まれています。
更に一時期は一級のマルゴーにもブドウが使われていたとかいないとか……
その為に1995年に現オーナーの手によって、改めて「デュルフォール・ヴィヴァン」として復活したそうです。
――逆にいうと、周囲があまり良い印象を持っていない場所と言えるのではないかと。
批評家の論評もあまりよろしくはなく、今回の2009ヴィンテージでパーカーポイント89点。
また、とある国内の高級ワイン専門オンラインショップが唯一取り扱っていない2級シャトーだったり。
ワインについて詳しいというより勉強している人程、あまり印象が良くないアトモスフィアのワインみたい。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
正直なところ、結構いいと思いました(小学生並の感想)
色はかなり濃い紫で透け感が全くない。
香りにペッパーやカルダモンのようなスパイシーさとほんのりとプルーンが。
最初の口当たりは少し渋みを強く感じますが、しっかりこなれてくるとトリュフやボリュームのあるチェリーとカシスの印象。
クリーム感は程々に抑えられており、マルゴー系らしい口の中での広がりの良さ。
結構エレガントでもあります。あまりパワフルではないというのは評判通りでしょうか。
古典的な作り、というのは成る程な印象です。
少し薄口なマルゴーというか、スパイシーさが目立ち最初の口当たりが堅いのは評論家から得点は得づらいかと。
09年という良年で比較的私が若いボルドーも飲める人間なのが加味されてはいますが、評判の悪さはまさにブランドイメージではないかと。

ヴぃヴぁん


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(5000円程であれば)
2級で5000円近く、というのは現行の価格だと明らかに安すぎます。
10年以上前の価格据え置きですか?みたいな価格です。
これは上記の評価の恐ろしい低さに起因するのですが、そういう意味では妥当であり良心的価格ではあります。
特にマルゴー村系列に見られる味の広がり方は保持しているので、例えば
「ソーシャルゲームのイベントSR揃えでいいや」「ガンプラはHG(プラモデルとしては安すぎないライン)でいいや」
というぐらいの人にはぴったりオススメです。
ただし、繰り返しになりますがワイン通への贈り物にするとあんまり良いイメージもたれないかも。

格付けシャトーのように有名になると逆に悪評がつくというのも人間的ですね。
このあたりのイザコザも含めてワインは面白い!と私は思ってます。
確かに超感動全米が泣いた!ってワインではないのですが、しっかりとマルゴーなワインですよ。



| フランス | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラーはブルーな味わい? ウォーターストーン・スタディ・イン・ブルー

うぇるかむ!
アメリカワインに対するノートが非常に多くなっている当ブログ。
今回も例によってナパです。
ただちょっと面白いのがぶどう品種にシラーが多めに入っている点。
わかる人向けに書きますとカベルネソーヴィニヨンとメルロが35%程度ずつに25%程のシラーです。
メリタージュと呼ばれるフランスのボルドー風のブレンドでは入らないスタイルなので若干特殊。
そんなワインがこちらです。

755830669.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはどことなく、ローヌの最高峰ギガル意識?とも見えるペインティング。
単純な柄ですがそこそこにおしゃれですね。

すたでぃ


醸造家は各所で1984年から働いているフィリップ・ゾーンという方とブエナヴィスタという有名ワイナリーでの経験者のブレント・ショートリッジという方の共同立ち上げ。
バルクワインと言われる「有名ドコロのメーカーが卸して販売している葡萄を使ったワイン」を使ってのブレンディング。
ワイン名の由来は「青い果実の味」というコンセプトからだそうで。
海外サイトを調べて見ると日本では有名でない評価サイトで90点前後の評価が多いようです。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
06をティスティングにて。
色はかなり濃い目の紫で透け感はありません。粘度はそれほどでもなく。
香りからジャムのニュアンスとスパイス、プラムっぽさが香ってきます。
口に含むとブルーベリーがゴロゴロとしたジャムのような印象で、果実の味わいは全般的に青紫系。
プラム、黒オリーヴ、スパイスの効いたブルーベリーがそれらの後にもう一度香って喉を通ると。
シラーからきているであろう味わいが想像以上に強いんですね。
名前とラベルにも納得な感じ~。
その分、カベルネらしいハーヴ感やメルロの舌触りや滑らかさには欠ける部分があります。
バランスはとってあるんですが、カベルネ主体派にもシラー主体派にもどっちも対応しようとして器用貧乏なような。
ゲームでいうと、ギルティ・ギア初期の頃のカイ・キスク君とかBASARA格ゲーの真田のようなイメージかしら?
イケメンでひと通り揃っているけど、どうにも強みがないという。

コストパーフォーマンス(最大5pt)

1万を超えてくると、ちょっと選択肢として難しい気がしちゃいますね。
多少変わり種なセパージュなのですが、それだけで1万円に納得が行くかどうかといわれると少し難しいように思います。
購入層がイマイチはっきりしないかなぁって。

この3分の1程度の印象でも強く口に残るシラー、というのはなかなかの曲者ですね。
ナパのそこそこそうなカベルネやメルロ程度だとガッツリ倒してしまう。
ということで、最近まで苦手だったシラーに興味がふつふつと。
しばらくシラー特集とかしてみようかな?

セパージュなんて気にしない、のが本場流とは良く言いますが、オタッキーに楽しみたいのならこのワインは楽しめるかも。

| アメリカ | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取り急ぎ更新~

うぇるかむ!
ちょっとバタついてまして今日の更新をまともに出来そうに無いので簡単に~。

最近、前以上にテクニカル・データを参照することが多くなりました。
その読み解きもまた面白いのですよね~。
もちろん、テクニカル・データだけなんていうのは論外ではありますが。

今後の更新ではもう少しマニアックにしつつ、過去呑んだ大作などもポチポチとノートにくわえていこうかと。

ではでは、アサから取り急ぎでしたん

| コラム | 06:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

破産からの復活ワイン? ヘイヴンズ・メリタージュ・2009

うぇるかむ!
ワイン業界も正直大不況でありカリスマ生産者が皆おじいさんで、潰れたり吸収されたりが良くあります。
昔からのところ(特にアメリカ系)も多く、今回もそういった流れのワインです。

755724330.jpg



ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルはなかなか高級感のある黒ベースに象徴のブドウ鞘を配置しているパターンですね。
例によってワイナリ当主の奥さんが描いていたらしい。
それほど特筆点はないかな~とも。
このメーカーは元々メルロ種のワインが有名だったようなのですが、
売却されはじめ→破産→買い手がワイナリー名はそのままで再スタート……
という事で、元々のヘイヴンズ氏は関係なくなっている模様。
アメリカでのメルロ種人気が落ちてしまって破産したという流れの為なのか、現在日本に入っているのはメリタージュのみ
(メリタージュとはフランスのボルドー風で、カベルネ種が主体になります)
昔はメルロ、シラー、それにボルドーでも右側のブレンド(メルロ主体にフラン種が多く入る)があったようです。
うーん、復活は復活でもドラゴンボールの復活敵キャラみたいな?

香り・味(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
日をまたいでティスティングなどしています。
畑はナパのAVAラザフォードでトカロンヴィンヤード。うーん、我ながら呪文のようですね。
ナパ地区のグラン・クリュ畑だと思ってみていいかなぁ。とにかく畑はいいみたい。
ただし樽の度合いが新樽18ヶ月とそこそこ強めで、香りからもその雰囲気は感じられます。
味もどちらかというとスペイン系かな。カシスやチェリーなどの果実にバニラエッセンスをかけたような味わい。
酸味などはあまりみられず、かなり甘めの作りとなっています。酸味に関してはうっすらです。
この手のが苦手でなければ飲みやすいハズ。
比較的平均的な味わいのある、アメリカのイメージらしい味?
日持ちは結構するタイプ、もしかするとバニラが抜けてくる1日後などの方が美味しいかもしれません。

コストパフォマンス(最大5pt)
♥♥
5000円のミドルクラスのアメリカワインとしては、ソツがなく少し弱い作りかなと思います。
今ひとつあたまが抜けないというか特徴にかけてる印象で、少しモヤッとするというか。
率直に言って、価格分の個性が欲しいというのが正直なところです。
気軽なワインではあるのですが、もっと安いと嬉しいかなぁ。

本来やっていたワイン作りとは一転している為なのか、どことなく試行錯誤が感じられるワインかなと思います。
特に樽の効きの強さに。多分本来はもっと繊細系だったんでは無いかと逆に思わされます。
うーん、2005年ごろまであったらしいサンテミリオン風ブレンド版が飲んでみたかったな~

| アメリカ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム:ブラインドティスティングというクソゲー~世界ソムリエ選手権も鑑みて

うぇるかむ!

実は3月末にここ日本で世界ソムリエ選手権の決勝戦が行われていました。
平日の金曜日に4000人近くの観客の中、ソムリエ技能の世界一を極める大会です。
ソムリエ日本代表みたいな状態のおなじみ田崎真也氏が優勝した大会でもあります。
私も行きたかったんですが・・・気づいた時には予約埋まってましたOTL

で、ここではブラインドティスティングが行われるのですが、その内容が凄まじかった。
以下読売ニュースを抜粋↓

・インドのスーラ・ヴィンヤードのシュナン・ブラン2011
・スペイン・フミーリャDOCでモナストレル100%から造られるファン・ヒル2010
・イスラエル・ヤルデンのピノ・ノワール2008
・ブルゴーニュのドメーヌ・アルベール・モローのボーヌ・プルミエクリュ・エグロ。

インドとイスラエルて

確かに注目の土地とされていますが、インドとイスラエルて。
大御所のフランスワインはわずかに一本。生産3位のスペインもモナストレルです。
モナストレル好きな私としてはいいセンスだと思うのですが……

で、世界レベルのソムリエはこういうの当てるのか?
いいえ、全外しです
ラベルは勿論、今回の世界チャンプの回答は
「(インドのシュナン・ブランを飲んで)日本の甲州だ」
と言ったとか。
開催国も踏まえた回答などの巧みな心理戦も大会の魅力ですが、チャンプも全外し。
他の参加者もシュナン・ブランまでわかる人がいたものの、とりあえず「インド」は無理。
しかし、これはワインを知っていればいるほど当たり前だったりします。
むしろチャンプがシュナン・ブランと味わいが近い甲州まで絞ったことが凄いという世界なのです!

ブラインドティスティングはハッキリ言いまして
クソゲーです
どれぐらい難しいかと言いますと、オタクならご存知
「たけしの挑戦状」「コンボイの謎」
をノーヒント初見で1日中にクリアするぐらいに無理です。

かの「神の雫」とか「ソムリエ」などで主人公やら遠峰一青やらが
「お・・・おお・・・これはまさにサグラダ・ファミリアのようだ!これが今回の使徒、シン・クア・ノン05!」
などと、井戸の水飲んだりお爺さんのポエムから正解を導き出したりしてますが、あれはエスパーです。
ソムリエ試験だと品種当てなどがありますが、非常にわかりやすいものが出るとのこと。
ソムリエバッチ持ちでも、当然バシバシと外します。好きな産地ですらなかなか当たりません。
また、有名な「パリ・ティスティング」とはまさに、ブラインドでフランスの著名人がアメリカのワインを旨いと言った!という話。
それがワインの歴史として試験に出るぐらいの事件となっています。

ブラインドティスティングで考えるべきは
tasteing.jpg
みたいな判断なのですが……
殆ど経験からの推測、になります。そして経験故に足元をとられることもしばしば。
そもそも!
ワインなんて無数にあってヴィンテージで変わってきたり同じワインですらボトルの管理状況で味が変わりますなんていうオカルトなものを、当てようというのがおこがましとは思わんかね?(ブラックジャック感)

ブラインドティスティングにもある程度種類があります。
・グラスの黒いものまで使った超ブラインド(白と赤を間違えさせる)
・完全にほぼノーヒントから行う
・葡萄品種ぐらいまでわかっている
・国はわかっている
・ボトルが何が出るかわかっている
ボトルまで行くとわかる確率は非常にあがりますが、国や品種などの「重要そうに思えるヒント」でもノーヒントと大きな違いがありません。

zinfan.jpg

もう完全ブライドになると、国どころか葡萄品種も良く間違えます。
自信満々に間違えます。
ブラインド必勝法に「出題者の傾向から山を張る」なんてワインライターの葉山氏は何度も本に書いて印税をもらっているぐらいです。
ワインに詳しい=ブラインドが出来るというのは漫画家に圧倒的デッサン力や似顔絵力を求めるのに近いのです。

なので、当サイト読みでかつ、ワインを飲んでいない人には
「ワインを臆せずに飲んでほしい」
と思うわけですよ~
ご高説たれたりこういうサイトを作っちゃってる人でも、味の本質などわかっていないものなのです。
ワイワイ飲むのがまことに正しいワインの飲み方です。

ブラインドティスティングはクソゲーです。
故に、オタクである貴方なら、クソゲーを楽しむすべを知っているはず。
大乱闘スマッシュブラザーズをやるノリで、持ち寄りティスティング大会!
絶対正解者は出ないけど、面白いですよ?



| コラム | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッシカイアと並ぶイタリアの巨塔! ソライア

うぇるかむ!
ワイン業界は仕入れ業者や販売会社(インポーター)が変化することが多々あります。
それによってワインの値段が上がり下がりがあったり、品質管理であったり、イベントがあったりなかったりで案外チェックしておきたい部分なのです。
最近の大型移植としては、サッポロビールからエノテカへと移籍になったアンティノリというワイナリーがあります。
そのフラグシップモデルがこちら

729642852.jpg

ソライア!
写真ボケてて申し訳ないで~す^^;

ラベル・歴史(最大5pt)
♥♥♥♥♥
スーパー・トスカーナ(スーパータスカン)と呼ばれるイタリアのワインの中でも元祖。
名前を広めたのはサッシカイア君さんなのですが、同時期の代表格のひとつです。
アンティノリは超巨大カンパニーでイタリア内だけでなく他国とのベンチャーもやってたりするのですが、その中でトップがソライアです。
バンダイのトップがガンダムだとすると、まさにシャアな訳です。
坊やだからさ、なんて言っても格好いい扱いなのです!
評価もワインアドヴォケイトで96点以上などをつらねています。
ラベルもつくづく高級感のある作りになっていて、風格ばっちり!

香り・味
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
飲んだことがあるのは02と09と若めです。
同社のもう一つのフラグシップモデルであるティニャネロと逆の作りで、ティニャネロの倍程度の価格。
複雑な果実、スムーズで明るい仕上がりはまさにスーパータスカンの代表といった具合。
スミレの香りと味、長く続くハーブ、チャーミングなカシスやラズベリーが華やかに口に広がります。
余韻も比較的長く、気品のある抜け方をしてくれるのが流石。
少し軽い印象があったので、飲むには早すぎるんだろうなぁ~なんて思うのですが、充分に香る高級感はわくわくものです。
漫画で例えるとジョジョのジョルノみたいな感じ。キラキラでフェミニンでフットワークが軽いけれど知的な直感がある。
ファンタジックにいくと・・・こんな感じ?↓

soraia.jpg


日付をおくと、スミレ香やカシス感などが0に近づいてハーブっぽさが増すのはサンジョベーゼゆえかしら。
物凄く爽やかに変わっていく味わい。
個人的に、サンジョベーゼ=カベルネ・フランというようなイメージがここで出来ました。
特にこのワインのようなセパージュでの使われ方の時の、清々しいハーヴ感が大好き!

コストパフォーマンス
♥♥
2万8千円という価格、結構大手が仕入れているので日本国内のレアリティで見れば低目でもありお得感はしません。
イタリアのイメージが「安くて美味しい」なせいもあって価格は難点だと思います。
イタリア代表として是非飲んでみて欲しいワインではありますし、お金があるならワインの飲み始めにすらいい品質ですが……

当サイトの評価方法だと若干点が悪くなってしまいますが、純粋な味はとてもいいです。
以前ワイワイと行った試飲会でも、赤を飲んだ全員があのムートンとならばこちらを推すのもわかるというもの。
これは一回、熟成したものが飲んでみたいな~(チラッ

アンティノリ・ソライア 2009

アンティノリ・ソライア 2009
価格:18,900円(税込、送料別)


| イタリア | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イラストをいただきました!

≫ Read More

| コラム | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年度にぴったりなワイン!  ヴォトル・サンテ ピノ・ノワール・フランシス・フォード・コッポラ2010

うぇるかむ!
昨日は新年度のスタートでしたね……私はエイプリルフールをタイプムーンの「路地裏さつき ヒロイン十二宮編」で楽しみまくってましたが。
そんな中、新年度を祝してピッタリなワインを飲んでいました。

752779325.jpg

ヴォートル サンテ!

ストーリー・ラベル(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルの可愛さでMAX評価ですよ~
切り絵風の凝ったラベルに冬限定のようですが飾りの雪結晶レリーフ付き
752784248.jpg

ワインのラベルっぽさはないですが、デザインとして非常にカワイイ!
ワイナリーはフランシス・フォード・コッポラ。
映画監督のコッポラ氏所有ワイナリーの廉価ライン(正確にはナパ以外)のひとつです。
祖母の乾杯の掛け声=ヴォートル・サンテ(フランス語で乾杯)というエピソードもあります。
話の種の多さ、デザイン性共になかなかに多い一本ですね。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
色はかなり明るいレッド。少し濃いロゼぐらいかも。
香りからはさくらんぼなどのチェリー感があり、味にも出ている様子。
チェリー、木苺の酸味を主体として、後からキノコ感と木々の香りがします。
甘味はかなり強いのですが、少し苦味が効いているので安っぽいカリピノになりすぎない印象。
アフターにちょっとシナモンが香ってゆったり消えていきますね。余韻は40秒ぐらい。
非常に丁寧にフルーツ感と土っぽさがあって、どちらかというとニュージーランドぽいかなぁ。
ゆったりとくつろいで飲めるゆる~いピノです。
日が経つとかなり甘さが強まってしまって抜けた印象になっちゃうのでなるべく早めに飲むのがいいでしょう。
当日中に飲むなら+♥かな。

コストパーフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
1980円程度で買えるカリフォルニア産ピノ・ノワールとしては、とても大人しく綺麗。
価格帯として酸味や苦味が強すぎたりバニラの味しかしないようなのも多い中、しっかりピノ・ノワールを飲めます。
+してラベルやエピソードも良いという、コッポラやりおる!な一本ですね。

冬~冬明け、年度初めにもぴったり!
デイリーワインから贈り物まで、という幅の広い使い勝手の良さがいいですね。
当ブログ的にはこういうタイプはオススメ度が高くなります。
ワイワイからのんびりまで。ワインってこういうのが良いと思うのです。

| アメリカ | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取り急ぎ:エイプリルフール更新しないとですよね・・・

うぇるかむ!

当サイトのイチオシは「ベリーAです!」
……

正直なところ、エイプリルフールサイト巡りで時間使いすぎました。
今もワインを飲んではいますが、それについては明日以降で・・・・・・

さて、それではエイプリルがてらにワインクイズ。
・次の中で嘘なモノを当ててくださいね

・メドック格付けの「マレスコ・サン=テグジュペリ」は小説「星の王子」のサン=テグジュペリの血族ワイナリー
・ワイン評論家が自分監修のワインをめちゃくちゃ売り込んだりすることがある
・スタッグス・リープという名称を使ったワイナリーが二件以上ある
・インドでもワインが作られている
・萌えワインが存在する
・有名なワイナリーに訴えられて商品名を変えたワイナリーがある

とりいそぎ、エイプリルフールでしたチャオ☆

| コラム | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |