オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久々にマスダさんの試飲会行ってきましたダイヴトゥワイン! ~なんでかピスタチオを添えて~

うぇるかむ!

20180210235143e11.jpg
行ったゼ!
という訳で、ダイヴトゥワインで本日行われていた試飲会に参加してまいりました。
結構久々でしたネ。
今回は土曜日かつ時間が短かったのもあったんですが、パパッとOKグーグルさんを使って音声入力しつつ一応大体呑んでみたという。

写真の→の人がベリンガムの方で、今日はベリンガム特集だったのですが・・・・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベリンガム バーナード SMV 2013年 750ml 南アフリカ 赤ワイン
価格:5940円(税込、送料別) (2018/2/10時点)



ここは本当にものすっごい安定している感じですネ。
印象があんまり変わりなく、定番の「あってほしい味」がこなされている印象でした。

マスダさんはやっぱり安定しているなぁというのが本日の感想で、ビオ系生産者も大体の場合「従来のビオ概念ではない」のが特徴。
安定したファンタジーアニメみたいな、定番をメタネタしてみたり意表をつくような事をしない。で、品質は良い(決して異世界スマホアニメのようではない)
やっぱり評論家とか注目を受けるという観点では、南アフリカワインだったらラフィネさんとかの方が
「うっひゃー!こらすっげーつぇえやつが出てきちまったなぁ!オラ、わーくわくすっぞ!!」
と、野沢雅子の声真似したくなる訳ですが、マスダさんのはあくまでもファンタジーの作りな訳です。
アニメで例えるとそうだなぁ・・・注目を受けるけもフレやダイナミックコードとは違う、SAOだとかプリキュアだとかの感じかしらん。
あ、それとダイヴトゥワインの店長がウチのブログ見てて
ベルベット・グローブのバックヴィンテージなんてどうやって呑んだんスか!?」
と、すっげぇところをちゃんと突いていただいてスゲースッゲェーーって思いました。そこ覚えてて会った時に話せるのも、そもそもソレがどんだけレアな事かで話題になってたってのがちょっとビビるぐらいに。

今回呑んだワインの特集はまたこんど、やっていけたらと思うでス(っていってたまってるのが異常にあるわけだががが)

2018021023515446e.jpg
そして、毎年行っている西武池袋のバレンタインチョコフェス。
一応今年も行きました。なんか、今回意外と面白い印象がなかったし、ベルアメール久々に買おうかと思ったけど何となくやめてしまった。
っていうか、家にけもフレアクリルキー目当てで大量に買ったザ・チョコレートがある訳であります・・・・・・


で、辻口パティシエのアイスだけ食べて帰る事に。
201802102352031b7.jpg
サイコーです!
らしい。私な、加工品はストレートなバニラかピスタチオが王道だと思っているんヨ・・・・・・
20180210235210b1c.jpg
で、このピスタチオアイス、すごくなめらか系。
ジェラってるネバ感とかなく典型的かつ忠実なアイスクリームであり、ピスタチオの風味はむしろ大人しい・・・・・・が、確固たるものが感じられるという所謂エレガントな仕上がり。
アイスにエレガントってなんだよ?ですって・・・?いやいや、ワインにエレガントだのセクシーだのがあるのだからアイスどころかチョコやラーメンにもエレガントはあるわけでして・・・・・・
ま、そんな感じで、チョコの季節もそろそろ終わりかなって次第。
ゴディバが義理チョコやめようとか言ってたけど、私は自分で買って自分で食うしなぁとか思いつつ。
あー、だらだらとチョコ食べていたい・・・・・・

今回の総合的イチオシ。むしろ、ワイン好きでないとかワイン初心者だとかロゼってどうなのとか言い始める輩にもれなく配って欲しい。


| コラム | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座GOSSに行ったって話

うぇるかむ!
最近こんなコメントをいただきまして、

>銀座の某店
>人ゴミが苦手で滅多に上京しない田舎者ですが、銀座のお店ってどこですか?時間があったらこっそり行ってみたいっす。

との事だったんですが、銀座のお店ってコ↑コ↓です。
(コメントもそろそろ流石に返信しなくちゃとは思っている今日このごろ)

201801150848292e3.jpg
銀座のGOSS。
年末最後のぜいたく的なネ。

2018011508480713f.jpg
一時期流行らせ!って感じだったけど、あんまりノらなかったカードで色々呑めるタイプ。
お値段は銀座なんですが、そこそこ良心的寄り。見ての通りオーパスとかラフィットとかもある。

20180115084736365.jpg
このカードで自分で注ぐ訳ですわ。
チャージ料いくらだったかはちょっと忘れたでス。

20180115084912608.jpg
フーバー様とかもあって、かなりランダムに入荷しているっぽい。
なくなり次第入れ替えしているみたいなので、お店の人に何があるのか確認取ったほうがいいのかも?

201801150848535ac.jpg
簡単なお料理もありますが、まぁそこはバー飯だと思ってもらえれば。

店内は狭めだったり、そんなにしっかり管理している感はないんですが、まぁ銀座で程々価格でワインが呑める点では悪くない感じではありました。
ぶらっと行っても敷居が高そうで低いので、入っちゃったモノ勝ち感あるお店ですネ。

フーバー様があったりするのはおたくまったく渋いねぇ~。


ゴスと言ってもこういう事ではない

| コラム | 09:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池袋で銀座久兵衛を食べるというカジュアル美食行為 ~西武池袋の逸品展にいきまして~

うぇるかむ!
タイトルの通り、ワイン話でなく・・・食レポだヨ!
というのも、まぁ、期日が早いからサクッとやらねばと感じたので。
それと、ワインとの食べ合わせをちょっと考えさせられたのでス。
20180109214252201.jpg
スシー!

新春味の逸品会という普段秋とかにやってるイベントを何故かこの新春に行うってな感じで全国各地のアレコレ美味いものを~というある意味ザックばらんなコンセプトの催事です。
で、銀座久兵衛が来るってので「あー、久兵衛なー、一度は食べてみたいけど敷居が高すぎるしなぁ」と思いつつ行ってみました。
寿司を握ってくれたのは望月さんという若い板さん。多分若い。あと細い。握る人が細いの超大事、これ回転寿司でも絶対ナ。
コース4000円ぐらい9握+かっぱ巻3つという構成です。っていうかコース頼まないと入れない。
値段と大分カジュアルになりまくっているというのに、満席にはなりません(っていうか中華そばとみ田が並びすぎる)。
そんな状況でガラガラなのにカウンターの一番入口近く端の壁際とかいう普通通さないような席にデパート実習のおばちゃんらは普通に座らせてくるから困る・・・・・・

最初の4つはいか、コハダ、鯛、中トロ。いかだけ塩、後は全部ハケで醤油が塗ってあり醤油を小皿につけてという行為がほぼ0。
あ、箸で食べるし醤油加減まで職人が定めるのが高級店か~ほぉ~~~~~~ん・・・と食べ進める。
流石にレベル高いけど、ここまでは思っていたよりは差を感じないなぁとかちょっと思ってました。
2018010921430180c.jpg
そのあとはコースのアイテムが順番に一握りずつ出てきます。村祭り、そして生き残れる一握りのお寿司。
ようするに食べる順番も定められている訳なんですが・・・・・・エビがこれでなかなかうまいというかこの辺りから職人がハケで醤油塗ることによる加減の良さとか米の食感の大事さがわかってきます。
2018010922502651d.jpg
いくらがやたらとうみゃい
これはちょっと感動した。一番職人技かかってなさそうだけど感動した理由はいくら自体の弾力、米の食感がきっちりしているし巻がその辺りの立ち食いと違って丁寧に巻いてある(その辺りの軍艦は悪いけど雑よネ)これぞいくら軍艦・・・・・・
っていう部分も大事なんですが、ゆずな!
今回やたらゆず皮使ってらっしゃった
これ結構キーポイントかもしれない。銀座久兵衛は少なくとも催事のコースではやたらとゆず皮使ってた。
で、いくら自体の本来のもったりとして魚卵感が口に広がるところにゆずがほんのちょっぴり・・・それもほのかに香る事によってぜつみょーに味わいが綺麗になるって訳。
食感の良さと柑橘が僅かにだけ香る事によって、魚介の風味にシマリがでてうみゃい。みんみーーーーー!!
本来いくらあんまり好きじゃないからびっくりした。
20180109214310827.jpg
ほたても味わいが綺麗。
20180109214319c16.jpg
実は一番安いこの4000円コースは中トロが2つというコースになっているんですが、実は同じ中トロではないのです。
最初は背の部分、次は腹側の部分。
腹の方が少しトロっとして脂感がある感じかな。いずれにしても味わいはとても綺麗。
マグロ感が程よく乗りつつ中トロとはいえ良くとろける。これぞTHE中トロなのか・・・・・・

20180109214326653.jpg
突然のべったら漬け
これをサプライ?というか味わいのリフレッシュに使いつつ・・・甘くてポリポリ感あってこれやみつきになるやつだなポリポリ

20180109214335353.jpg
タレ穴子。
ここにも柚子が加わることで、穴子自体なモサッとした食感やタレの強めの味わいを整えてある。
ははぁ、なるほど、魚介系ラーメンとかに柚子みたいな構成ってコレかー。これなのかー。魚介に柚子が合うと・・・・・・
20180109214352d1a.jpg
かっぱ巻きが妙に旨い
ごまとワサビがいー具合に効いてるわコレ・・・・・・

で、ここでフィニッシュなんですが、あんまり良かった(本当びっくりするほどユートピア)だったのでいくらをもう一回と
20180109225018028.jpg
私が苦手な食べ物ランキングで上位にあげる赤身を。
板さんとちょっと話して
「いやー、こういうクラスの寿司食べるの始めてで・・・で、ちょっと苦手意識のあるマグロも食べてみたいなぁと」
「苦手への挑戦?でしたら少し醤油漬けに簡単にしてお出ししましょうか、マグロの血っぽさ抜けるんで」
と、提案があり3分ぐらいだけマグロを醤油につけてから握ってくれました。
久兵衛のは結構マグロは血なまぐささを残すタイプらしくて(マグロが苦手って言っただけでその要素が嫌いなんだとすぐ察するのは流石だよね)それを漬ける事で多少和らげる事が出来るのだとか。
で、実際問題旨かった。少し馬刺し的な味わいの質感も持ちつつ、マグロの構成がぎっちりとしていて、確かに血生臭さが減っているというか良いピノ・ノワールとかにあるソレ程度におさめてある。
凄い。
あとこれこうやって板さんとカウンターで話すから出てくる感じなんで、絶対カウンターで食うべし。何が何でもカウンターだ。
20180110025045c50.jpg
〆は大根でしそと梅とごま挟んだ大根バーガー的な何か。これがまぁ、お後の良い感じを演出するんだよネ。

いやー、流石に状況が催事という状況や実習生の案内の質が低いのこそあれパフォーマンスはちゃんと一流だと感じさせられるものでしたネ。ちょっと驚く程良くてびっくりした・・・・・・
この片鱗が4000円で「片鱗だけでも感じられる」のは相当安いと私は判断しますた(寿司そんなに経験ないからかもしれないけどサ)



201801100327371dc.jpg
で、終わってはしゃーないので、一応ワインとの相性について改めて考えたりも。
そう、ワインと寿司は個人的には非推奨だったりするぐらいなんですが、今回あの銀座久兵衛が「ゆず皮を演出で使う」事を考えた時に思ったわけです。
「あ、なるほど、だからワインの中でも柑橘系の風味が強いやつだと相性良く出来るのか?」
と。ただ、これは相当工夫された寿司と合わせないといけない=パック寿司だのじゃほぼほぼ到達できない=やっぱり常人の為の一般的な広まりには到底ならない・・・・・・
結局考えが覆りはしないものの、なるほど例えばこうした樽を使っていないスタイルのシャルドネだとか、イタリア系やスペイン系の魚介と合わせやすいスッキリタイプは日本酒の代理以上になる可能性がある。
ま、先の通りご家庭でやるには手間が必要で偏屈な呑み方とは思いますがネ。

2018011003274933d.jpg
実はこっち目当てで本来催事に行ったレストラン千草屋。もはや西武池袋の季節の定番って感じがしますネ。シェフに挨拶しに。


201801100328132d7.jpg
とみ田も並んでみた。そう、ここも魚介とゆずなのである。寿司にも同じ発想が流れているのは今回初知りでしたがネ。
旨さには方程式ってあるんだなぁ。
まぁ、とみ田に並ぶならレストラン千草屋か多少無理して久兵衛行ってみたほうがいいだろうと思うヨ。あんまり感動は、ない。っていうか定番になりすぎた味な気がします(それでも流石にクオリティは同系統の中でも高く感じる。麺の質感で好きな人がいるだろうネ)。
ただこんなには並ばないだろうなぁもう・・・



2018011003280253c.jpg
で、コーヒー呑んでフィニッシュ。ぽんでコーヒーという、まんまポン・デ・ケージョがウリのコーヒーショップのハズなんだけど正直コーヒーのクオリティが高い。良い感じにおとしてくれる。ポン・デ・ケージョに頼らずコーヒーでいけると思う。ちょっと意外な穴場だった。

そんな訳で、久しぶりにデパ催事堪能話でしたとさ。金曜日までやってるハズなので、東京の人は行ってみそ。
さて、明日からふっつーにちゃんと更新せねばいー加減・・・・・・

ちなみに、キレうま系

| コラム | 03:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

YOSHIKIが呑んだ5000円のワインってなんだったんだろう推理しようの巻 ~新年あけましておめでとうございます!~

うぇるかむ!
っていうか
あけおめことよろですネ!

さて。
新年早々に当ブログなんて見る人そんなおらんでしょーとのんびりしていたのですが、そういえば「芸能人格付けチェック」がやっていたのであった・・・・・・

XJAPANのYOSHIKI様が今年はペトリュスを呑んでいたようで・・・・・・
本人のワインは結構酷評しちゃってた当ブログでありますし、当てた時のコメントもワイン作ってる人だからこそのコメントだなぁ感がありましたネ。
GACKT様より正直ワインについては実のところ詳しい(詳しくないとある意味アカン)ので、まぁペトリュスを当てたのはわかるところではありまする。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[1995] シャトー・ペトリュス
価格:462240円(税込、送料無料) (2018/1/2時点)



流石のXJAPANのファンも95年のペトリュスは買えないようで、楽天でもまだ売ってますネ。
試されてるゾ

で、5000円ぐらいで褒められていたワインってなんだろう?というのが本題。
個人的な推理では、

・5000円ぐらいの蔵出し古酒だろう
・それも古酒寄りならボルドーの方が見つけやすい(提供しやすい)
・全く味わいが違うチョイスをしている場合は他のあれこれもありえるけど、流石にある程度似せた傾向のモノなのでは?

などなど考えてくと、「多少の古酒、ただ年号は95ペトリュスに匹敵させるために、安めのを当てるなら年号がズレて05年とかの可能性が高い」
となるんじゃないかなーと。




こういった辺りの可能性は高めなのでは?と思う訳です。

いや、むしろ・・・


これと勝負させたらよかったんじゃない?

といったところで、とりあえず何を呑んだのか発表待ち(されるんだっけ?)ではありますが、新年格付けチェックのおかげでワインが多少注目されるらしいというのを知って急遽推理してみましたが、
YOSHIKIの言うとおり5000円も出せば100万のワインと騙される可能性があるものが出てくるからみんなそのぐらいのワイン買ってみてくれよナ!
コンビニだの国産だの安チリだのばっかりでワイン好きで呑んでるつもりになっちゃアカンぞい

えーーーーーーっくす

| コラム | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

速報版:ベスト・オブ・2017! ~円卓の12ワイン~

うぇるかむ!
(速報版です。後々この記事をガッツリまとめます。)

20171230195054f0c.jpg
*写真は今年最後に飲みに行った銀座の某店より

毎年恒例ベスト12!去年と同じく円卓の騎士っぽく12本+面白枠の13番本目で選びマス。
ラインナップは去年と

・最高にグレートなワイン(無差別級)
・コストパーフォーマンスをびんびん感じたワイン(5000円アンダー部門)

の2コーナー。今年は更新数が少なかった事もあり、どちらも赤白混合という初期のスタイルにすることにしましたん。


*あくまでも当ブログの呑んだ中での評価です。味の絶対保証は誰にも出来ないことを肝に命じて!
*同じワイナリは賞がかぶりません。例:赤で席とってるワイナリは白やデイリーには乗りません。3部門制覇とかはありえない形。
*また、ヴィンテージや状況の違いでワインの味は変わります。その事もよく加味くだされ。
*当ブログでまだ未紹介のものやもう販売されていないものもあります。ご了承を。

~赫奕たる12本~

第12席
ワードリームス


第11席
マグマ


第10席
モリードゥーカー


第9席
ポンテ・カネ


第8席
アンドレ・ペレ・コンドリュー


第7席
ストルプマン


第6席
ペイルローズ


第5席
クリスリングランド・ランドールヒルズ&クリオ


第4席
リヴァースマリー・パネクヴィンヤード


第3席
エス




第2席
ブーケンハーツ・クルーフ




第1席
シン・クア・ノン(SQN)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[2014] シン・クア・ノン シャクティ マグナム 1500ml
価格:116640円(税込、送料無料) (2017/12/31時点)




番外:ちょっとクレイジーさがあった第13席
ベッラヴィスタ


~格安たる12本~

第12席
グラハム・ベック


第11席
フルール・ド・ヴィーニュ・グラニティック


第10席
バデンホースト・ドライフコップ


第9席
ハーテンバーグ・カベルネ&シラーズ


第8席
シャトー・デギィユ&エニーラ(ステファン・ドゥルノンクール銘柄)


第7席
グレネリー&ワーウィック(同着!)


第6席
アッシュブルック


第5席
ポールクルーバー


第4席
ラルコ


第3席
コールドストリーム・ヒルズとクルーガー(同着!)






第2席
ドメーヌ・エデン・カベルネ・ソーヴィニヨン・サンタクルーズマウンテンズ2013



第1席
アルヘイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルトロジー[2015]アルヘイト・ヴィンヤーズ(白ワイン)[Y][j]
価格:4622円(税込、送料別) (2017/12/31時点)




番外:期待が持てる第13席
イエア・ワインズ


~総評~
(準備中!)

日本人は今年も相当円卓好きよナ?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fate/Apocrypha Blu-ray Disc BoxI(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 花江夏樹 ]
価格:26730円(税込、送料無料) (2017/12/31時点)


| コラム | 20:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT