オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月のベストワイン!(2017年6月)

≫ Read More

| コラム | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソムリエナイフの刀?使ってみた。 SEKIソムリエナイフKATANAをレビュー

うぇるかむ!
ソムリエナイフといえばラギオール・・・と言いたい所ですがあれ高いしなんか以前借りた時に使いづらく買う気にならず。最近、これまで使ってたプルテックスのナイフがガバガバになってたので新しくチャレンジしてみました。

201706090936124ee.jpg
SEKIソムリエナイフKATANA
純国産である事と、カッターがワンタッチで出せる&切れ味が抜群である点から買ってみたのです。
お値段も4000円前後で安いし。

・良い点。
20170609093630b89.jpg
切れ味はなるほどグッド。
ギザ刃だとなんか汚くなりがちですが、これは比較的綺麗に切れます。
流石に刀を名乗るだけのことはありますネ。バットウサイ!
あと、外観は格好良いのはポイント高し。

・悪い点
20170609093601543.jpg
まずワンタッチ取り出し式なのですが、しまう時にうっかり手をギロチンの如く切りそうで怖かったりします。
なんの補助もないのでうっかり手がかかってるとアウト。
また、スクリューの方は非常にイマイチで、ワンアクションの為に非常に力がいる・・・・・・のに細身かつボディが硬いので手にも非常に痛かったりします。
女性には使わせられない感じ。男のグッズ?
ああ、恐ろしやプルテックス慣れ・・・・・・

2017060909362157e.jpg
総じて、見た目やカッターをワンタッチで出せるところまでは非常にイケてるのですが、その後が非常に困難でやりづらいという玄人向け?なアイテムなのでした。
上級者というよりは力があってかつ手を痛めないで使わないといけないので、忙しいソムリエさんとかには向かず、更に女性に不向き。
男性の急がない趣味の場でしか活かせそうにない・・・・・・という印象。
ちょっと改良が必要なアイテムだと思います。

使ってみないとわからんもんナァ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEKIソムリエナイフ KATANA 刀
価格:3672円(税込、送料別) (2017/6/9時点)



コラボとかすればいいと思うよ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺【Blu-ray】 [ 鈴木拡樹 ]
価格:8255円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)


| コラム | 09:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六本木ワインショップソムリエをヲタクが見てきますた

うぇるかむ!
えー、昨日は何となくどーでも良い感じにミュシャ展に行って挫折したことを書きましたが・・・・・・
実は続きがあった訳であります!

20170603095834988.jpg
六本木ワインショップソムリエさんに行ってきたのです。
正確にはぶどう酒食堂で色々呑みしたとも言う。
ワインのラインナップは常時グラスで泡2、白10、赤12ぐらいはあるみたい。大体550~850円ぐらい。飲み比べセット1000円だと50CCで3種類てな感じ。
使っているグラスは3種用も赤も白もそれぞれ別ではあるけどロナ(木村硝子)の低価格目。ステム(脚の部分)が割りと長いのを使ってました。
あと、ヲタク的には周囲が基本六本木周辺のサラリマンやカップルでちょいキツい。盛り上がってるなか孤独のグルメ感。

2017060309582469a.jpg
食事もピザが窯からこだわっているとのことだったので3種キノコのボイカオーラを食べてみる。
ちょっと焦げ感多かったのと割りと中心部分がヘナい故に持ち上げると崩れちゃうのは残念だったかな。具材の感じはそこそこでお値段ぐらいのピザの感じあり。

20170603095816869.jpg
あと、コーヒーがなんとハンドドリップです。ちょっとびっくりした。
粉は先に引いてあるのを缶から出しているのがメチャクチャ残念(せっかくハンドドリップしてるのに・・・・・・)ではありますが、氷温熟成コーヒー豆をカリタでハンドドリップというのはクッソ忙しそうなのに頑張っているなぁと。

ここのお店、正直B1~2Fまで併設してる上に色んなワインが散って入っている為ワインショップとしてはかなり見づらく、また大体が自社輸入オンリー品となり、ボルドーとチリに偏ってます。シャンパーニュの自社輸入してるところとかもあったかな。
それと、自社輸入品各種は基本安めのアイテム。
呑んだアイテムについてはレビューしてこうと思っているのでよろしくニキー。

で、ワインマニア的には圧倒的に「お、六本木だな」って感じがするのが
20170603095845a76.jpg
20170603095909b73.jpg
地下が凄い
ルロワと「オー・ブリオンと名前がつく銘柄達」の品揃えが妙に豊富。ムートンよりオー・ブリオンがいっぱい並んでるお店って初めてみましたわ。
シャンパーニュもベル・エポックとか当然置いてあるし。あと、何故かデュルフォールヴィヴァンとかも置いてある。自社オンリー輸入品とはわけてあるみたい。

と、こんな具合で色々見てまいりました。
ちょうど忙しい時間帯に入っちゃったのもあってお店のなかわったわたしてましたが、なんというかこう、「そこそこ良い」ってな印象が全体にあり逆に言うと「ちょっと残念」な部分もあるかなぁと。
悪くはないのですが、良すぎる事もないを地で行っている感じ。
六本木徒歩1分という好立地であり、ボルドー系好きなら楽しめるお店だと思いますヨ。

こういうのとか飲んできましたので後々レビューするっす。

| コラム | 10:27 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月のベストワイン!(2017年)

うぇるかむ!
今月はいつも以上にツライ感じでありました・・・

月末はいつも通り!
・ベストラベル
・ベストクオリティ
・ベストコストパフォーマンス
の3点、今月記事にしたものの中から選んでます(いつもの説明)。
というわけで5月編いってみましょ。

・ベストラベル

20170518223744c4e.jpg

ハーテンバーグ・カベルネ・ソーヴィニヨン&シラーズ2013
このワイン、ベストコスパ格安版って二段階に今月しようか迷ってもいたのですが、ラベル側にしました。
ダウニーとか色々ある中で敢えてコレなのは「ドアノブの絵柄がまさしく南アフリカ入門に相応しい」と思ったからです。
絵柄が体を表している典型例。ヘヴンズドアー!



・ベストクオリティ
20170503220253b8b.jpg
インシグニア2013
今月、ついうっかり安旨ワインにほぼほぼ全ブリしすぎて「クオリティならコレ」なのでした。
ラベルと同じくここでもウィリアム・ダウニーが落選はしてたのですが・・・・・・


・ベストコスパ
20170510204256176.jpg

コールドストリーム・ヒルズ・ピノ2015
以前からして安かったコールドストリームヒルズが更に安くなっちゃったので、そりゃコスパ取るわって感じであります。
ニューワールドピノの代表的かつ的確で、わかりやすくまとめてあるコスパの鑑のようなワイン。突出してるから良い、でないのは珍しい事だったり。


てな感じで、来月も乞うご期待・・・・・・
と、いきたいところではありますが、最近皆様からやたら心配されている当ブログ。
ホンマにサーセーン!としか言いようがない。
また、大きな理由のひとつとして「似たワインを好んで買っている為に記事のバリエーションが物理的に減っている」という側面もあったりします
そんなこんなで、シンク、がんばります!(cv:ぴにゃこらた)

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コラム | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンク、池袋でやってた日本のワイン含むお酒フェア(にっぽん いい酒 いい肴)に潜入ス。

うぇるかむ!
えー、タイトルの通りでありまして、にっぽん いい酒 いい肴フェアというのが今日の17時までやってるんですが、行ってきました。

201705300217484c4.jpg
結局買ったのは三芳菊だったのですがネ

20170530021639d58.jpg
こんな感じでいろんな酒蔵とワイナリがきてて、プラカップ試飲しまくったりバースタンドがあったりします。

2017053002165228d.jpg
ただ、悪いんだけど・・・・・・日本ワイナリ各位がとにかく元気がない。
この元気がないっていうのは「味が悪い」んじゃなく、なんというかワインのプレゼンをしっかりするでもなく、味見させるのも完全に受け身(こっちから声をかけないと見てるのに渡してもくれない)で日本酒ブースに完全に押されているというか・・・・・・
日本酒よりも相場が明らかに高い飲み物を売っているんだから、そこんところ丁寧にというかキャッチしなくちゃいけないんじゃないの?ととっても悲しくなってしまったのでした。

因みに、呑んだ中では一番良さそうだったのは安心院のアルバリーニョでした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安心院ワイン アルバリーニョ [2015] 750ml
価格:3142円(税込、送料別) (2017/5/30時点)



若い木なりの味が逆に面白い気がする。

20170530021704ccc.jpg
んでまぁ、日本酒も一応全部回ったんですが、上述の通りこっちが完全にメインっていうか売ってる側の活気に蔵毎に差異があって、三芳菊が結局一番プッシュ力があったと贔屓目でなくても思いました。
本来出店するハズだった「タクシードライバー」とかで有名な喜久盛酒造が法律違反とかでトラブっててスペース広かったのもありますが。
20170530021711216.jpg
今回はアニメ絵柄よりもペイズリー柄とかのアイテムが多く、この会限定のアイテムとかもありました。
あと、プレゼンするおばちゃんの圧倒的おばちゃん力がすごかった。

20170530021722c5c.jpg
それと、焼き物も売ってます。これ、「紙のように薄い」がテーマでちょっと買おうか迷いました。
ワインにつかえるおチョコになるんじゃないの?とか思ったんだけどお値段割りとするので予算オーバーOTL
20170530021734bf1.jpg
和食器はあんまり攻めれてないんですよネ、私。色々あって参考になった。

201705300217542ee.jpg
そして、結局買ってしまったのが「三芳菊酒造 妬み」です。
法律違反的なあれこれで現在営業販売停止自主回収とか大事になってる喜久盛酒造とのコラボで、そもそも作られてる本数が多くないコラボアイテムなのに、今回逃すと二度と手に入りそうになかったので。
本来は喜久盛側の「嫉み」という日本酒と合わせて二人はプリキュア!みたいに二人は嫉妬!とかいう地獄のような名前になったらしい。多分喜久盛側のアイテムはプレミアついてるんじゃないだろうか?(あ、これももしかしてプレミアになったのかな!?)

20170530021801efb.jpg
無濾過生原酒。酵母がタクシードライバー側がもっている酵母でこの「普段使っている米と酵母の交換によるコラボ」らしい。

2017053002180779f.jpg
味わいは普段の三芳菊らしいタッチもトロピカルフルーツの酸味含みつつ、ちょっとブラウンシュガー系の雰囲気があるのがおもしろみ。ちょっとビターで本当に「妬み」というのがぴったりな感じ。
後残りもどこかビター。不思議とチョコっぽいのが面白いですネ。
三芳菊の普通の純米吟醸系に比べると、ちょっとアクセントがついているのが良しとするかどうかでしょうか。

というわけで、日本ワイン特集組めたら組もうと思ってたら結局三芳菊になってしまったでござるなのでした。
このイベント、申し訳ございませんが今日の17時までなので、池袋にダッシュ四駆郎やで!(ネタが古い

それにしてもお酒の名前としてはヴァン・ナチュール連中バリではなかろうか。


あれ?もしかして薔薇湿布おばさん!?


このエントリーをはてなブックマークに追加

| コラム | 08:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT