オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御徒町ワイン食堂パパンがマジにちゃんと「ワイン食堂」だった件について~久々の食べレポー~

うぇるかむ!
食レポっぽい内容でやるのひっさびさだなーなどと思いつつ、こんなお店に行ってきました。

20171112042443bbe.jpg

ワイン食堂パパン御徒町
本当にひっさびさにこういうところきましたわん・・・・・・
20171112042455d6a.jpg
ワイン食堂っていうと、なんとうなしに
「ワインとかうたっておるけど、全然大したことないんじゃないの?」
という感覚である私。
っていうか実際、大したワイン持ってないワイン食堂が世の中圧倒的に多いわけです。
こちらのパパンも湯島が本店で神田とここ御徒町といった具合に拡張してる最中っぽく(っていうか湯島との距離徒歩5分ってどういうこっちゃ)多少不安はありつつもお誘いを受けたし、ものは試しにコラァッ!と思いつつ入店。

201711120433378da.jpg
食事メニューはこちら。
店員さんが説明してくれますが・・・・・・ちょっと煩わしいと思ったのはナイショだヨ。
フレンチだと銘打ってるけど実質無国籍料理ですネ。ただお化粧したような居酒屋よりはずっとビストロというかカジュアルダイニングしている。

201711120433006bc.jpg
グラスワインのライン取りはこういう系で最高峰かもしれない?
ボトルは大体2.5掛けぐらいでして(30%云々ってあったけどあれなんだったんやろ・・・)別に安くもないのですが、グラスの量とラインナップの感じは悪くありません。
っていうか全体的に濃いワインが色んなインポーターからチョイスされています。
後述しますけど、料理の味わいも実際濃い。ボトルだとエニーラとかペゴーのカジュアルラインとか置いてあったり何故か一番高いワインがジャック・セロスのイニシャルで泡のラインがプルーノパイヤールやらアンリ・ボノーやらとシャンパーニュも強いどころ揃え。
ワインの選球眼は正直相当良いと思いました。
インポーター数少ない方が単価抑えられそうなのにそうはしていないで10社以上と取引してるのは偉いと思う。

2017111204332599f.jpg
量が4どり180という多さ。最初自分もびっくりした。150ぐらい?と思ったらもっと量があるわあるわ・・・その上でバカ注ぎではなく、温度管理もまぁまぁさある。
そんな訳で結構酔っ払いました。普段のテイスティングの倍量以上だもんなぁ。

20171112043245c78.jpg

20171112043225bbb.jpg

チーズフォンデュとかパテとか。
前菜がコレ。直球すぎない?そして濃厚すぎない??的な品々からスタートすることとなる。
でも殆どこんな感じで濃い。

20171112043235ccd.jpg

201711120431498ba.jpg
殻にドーンッって感じ

ホタテのウニチーズ焼きなど、魚介系もおもいっきり濃い味付け。
もうここまでで満腹感刺激されそうなぐらい。
ワインも白ワインのが合いますが、先の通りグラスワインの白も濃厚めなので大体相性は良さそう。

201711120432141ef.jpg
ただし「まるごと玉ねぎ」はソースで出てくる
そしてこのお店、お察しの通りインスタ映えがあんまりしない。
料理ひとつひとつは味わい濃厚に、わかりやすく美味しさを考えてて、これも玉ねぎの甘みをソースで酸味を引き立てて食べる料理となっており、そこに香草ちょっぴしという配合とかは考えられている。
多分ここ、インスタ映したら予約がいっぱいの店に・・・・・・いや、まて、既に予約がいっぱいだから3店舗もあるのか・・・・・

20171112043128bca.jpg
豚としいたけのクレピネット。
一気にフレンチっぽい感じだけどかぼちゃだったりしいたけだったりが創作的。
見事に肉汁じゅわー系であります。
みんみー!
201711120431182a8.jpg
メインは座布団のローストとカスレを注文。
もうこの手のは火入れがとかはもうやわやわに良くできてるのが当たり前になってるよなーと。

全体にインスタ映しない濃厚でカジュアルな感じで、わかりやすく美味しいのが人気の秘密かなぁと。
その上で、ワインもわかりやすく美味しいので揃えるというパワーのペアリング。
ワイン側がちゃんと美味しいのが個人的にポイントが高いお店でございました。

安さやインスタ映がウリではなく料理とワインの濃厚スタイルがウリのお店、この地域の名店かも?

グラスのブルゴーニュとしてドルーアンを選んでる辺りがなかなかヨロシイ感。


クレピネットってこういうので包んだハンバーグ的な奴ネ。

| コラム | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンク、アルマヴィーヴァ(コーヒー)を呑む

うぇるかむ!
いやー、この間アルマヴィーヴァを飲みましてネ・・・・・・

2017091807400155e.jpg
コーヒーなんだけどネ

ブレンドとしては比較的甘みと苦味が両立してる感じでまぁまぁでした。
個人的にはコーヒーにも柑橘系とマルゴーのような明るい抜けがあるのが好きなのですが・・・・・・力強い系もたまに飲むといいなぁと。

20170918074014487.jpg
昔は1つ450円のコーヒーとか高杉!と思ったものですが、ブルーボトルは一杯ずつドリップなのでまぁ許せる。マシーンで400超えは許せぬ。

・・・・・・というわけで、このシルバーウィーク?とやらが超絶忙しいシンクでしたとさ更新止まっててごめんなさいナ!
忙しくなくなり次第、もうちょっと変質的なイタリアをやったりバリューボルドーを改めてみたりする予定です。こうご期待!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルマヴィーヴァ[2014]
価格:13500円(税込、送料別) (2017/9/18時点)




| コラム | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月のオススメワイン!(2017年8月

うぇるかむ!
一日すぎてしまいましたが、8月分のオススメワイン特集であります^^;
今回は色々考えた結果、全部スパークリングというふうにしてみよーかと。

・ベストラベル
・ベストクオリティ
・ベストコストパフォーマンス
の3点、今月記事にしたものの中から選んでます(いつもの説明)。
というわけで8月編でありまス。

・ベストラベル
2017081915381316a.jpg
ベル・エポック・エディションプルミエール



・ベストクオリティ
201708200900006bb.jpg
ボランジェ・ラ・グラン・ダネ



・ベストコスパ
20170830101808311.jpg
シモンシッヒ・カープスヴォンケル
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シモンシッヒ・カープス・ヴォンケル [2015]750ml (泡)
価格:2246円(税込、送料別) (2017/9/1時点)




というわけで、泡ばっかちょこちょこ更新になった8月、ピノとかも結構いいコスパのがあったのですが泡で通してみました。
そんなに面白くない感じ?順当にはなりましたネ。

本当に近頃更新出来てなくて申し訳ない、大型の特集も組めず・・・・・・ですが、少し以前よりは更新頻度が9月以降は高められそーな気もするので、乞うご期待?

| コラム | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月のベストワイン!(2017年6月)

≫ Read More

| コラム | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソムリエナイフの刀?使ってみた。 SEKIソムリエナイフKATANAをレビュー

うぇるかむ!
ソムリエナイフといえばラギオール・・・と言いたい所ですがあれ高いしなんか以前借りた時に使いづらく買う気にならず。最近、これまで使ってたプルテックスのナイフがガバガバになってたので新しくチャレンジしてみました。

201706090936124ee.jpg
SEKIソムリエナイフKATANA
純国産である事と、カッターがワンタッチで出せる&切れ味が抜群である点から買ってみたのです。
お値段も4000円前後で安いし。

・良い点。
20170609093630b89.jpg
切れ味はなるほどグッド。
ギザ刃だとなんか汚くなりがちですが、これは比較的綺麗に切れます。
流石に刀を名乗るだけのことはありますネ。バットウサイ!
あと、外観は格好良いのはポイント高し。

・悪い点
20170609093601543.jpg
まずワンタッチ取り出し式なのですが、しまう時にうっかり手をギロチンの如く切りそうで怖かったりします。
なんの補助もないのでうっかり手がかかってるとアウト。
また、スクリューの方は非常にイマイチで、ワンアクションの為に非常に力がいる・・・・・・のに細身かつボディが硬いので手にも非常に痛かったりします。
女性には使わせられない感じ。男のグッズ?
ああ、恐ろしやプルテックス慣れ・・・・・・

2017060909362157e.jpg
総じて、見た目やカッターをワンタッチで出せるところまでは非常にイケてるのですが、その後が非常に困難でやりづらいという玄人向け?なアイテムなのでした。
上級者というよりは力があってかつ手を痛めないで使わないといけないので、忙しいソムリエさんとかには向かず、更に女性に不向き。
男性の急がない趣味の場でしか活かせそうにない・・・・・・という印象。
ちょっと改良が必要なアイテムだと思います。

使ってみないとわからんもんナァ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEKIソムリエナイフ KATANA 刀
価格:3672円(税込、送料別) (2017/6/9時点)



コラボとかすればいいと思うよ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺【Blu-ray】 [ 鈴木拡樹 ]
価格:8255円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)


| コラム | 09:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT