オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

池袋味の逸品会で遊んできたよという話

うぇるかむ!
201804260206494a4.jpg
ラーメン!
というわけで、池袋催事場の味の逸品会がやっているというのでブラブラしてまいりまして。

201804260208172c2.jpg
玉出だー!

20180426020732481.jpg
20180426084830d7b.jpg
ジェラートだー!

20180426020742bb1.jpg
台湾デザートだー!

と、今回甘味を色々食べてたり。
普段あんまり食べないので、世間的な「デザートの感覚」をしっかり覚えておこうかと思いまして。
結論から言いますと・・・・・・
デザートワインってすごいんだな
ってちょっと思ってしまった。複雑なデザートワインってこういう複合型のものより味わいの層が多重だものなぁ・・・・・・

20180426020717975.jpg

20180426020753704.jpg
そしてタータン珈琲ジメ。
〆はやっぱりコーヒーだよネーと。

で、今回の逸品会、いよいよワインが影も形もなくなってしまい・・・・・・もったいないよなぁとか思っていたら

20180426084904028.jpg
ちょっと珍しいアイテムを呑んだりしてきたので、乞うご期待!

ジェラートの通販とか受け取り大変そう。


| コラム | 09:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葡萄の樹を植えに行きました ~それもなんと神田に~

うぇるかむ!
今日は訳あって
葡萄の樹を植えに行きました

20180414220128fd6.jpg

ちっさ!!!!!

えー、何故どこに植えに行ったのかと言いますと、当ブログが良く紹介している(っていうか、元々ここの常連なのは以前にも新年会呼ばれたりしてるのも書いてますネ)
神田YANAGIYAのてんちょーから
「葡萄の樹、植えないか?」
と一昨日連絡がありまして、ちょうど休みが被ってたのもあって大丸とか日比谷日本ワインとか蹴って行ってみました。

20180414220141783.jpg
場所はなんと、学童クラブとかが使っている中学校跡地。
そこに神田ワイン祭り専用ワインを作ろうという企画が立ち上がり、学童の道徳の時間とかに葡萄間引きしたりする自然ふれあい体験も兼ねて植えることになったのだと。
葡萄の出処は白百合醸造のベリーA
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さくらのワイン 甘味果実酒 白百合醸造 6度 500ml 【RCP】
価格:1289円(税込、送料別) (2018/4/14時点)



最終的な醸造もやるらしい。

で、自分すっかり「もうかなり育ったやつをドカッと植えるんだろうな」と思ってたらなんともう本当に1からだったという。
20180414220158f88.jpg
こっからベーリーAが成るのは早くて3年後・・・・・・お、おう。覚えてられるだろうか

201804142202111f3.jpg
全部で5本植えました。
まぁ、私、遅れてやってきたもんだからほぼほぼ周辺の雑草取りだったんだけどサ・・・・・・

こういう体験ごとやっちゃうと、やっぱり怖いなぁというか日本ワイン好きとやらが陥るのは
「自分で体験したりワイナリに行っちゃうと、贔屓目で見ちゃう」
点かなーと改めて思いました。大した事はしなかったのだけど、ちょっと楽しみだものネこのワイン。

201804142231562fd.jpg
なお、報酬は炎麻堂のマーボーでした。マジで地域ボランティアの一環ですからネ。

今度、ベリーAも呑んで見ようかなとか、まぁいろいろ考えつつ、ワイン育てるの大変なんだなぁと感謝のワイン呑みをしながら更新するのでしたとさ。


~おまけ~
まぁ、↑とは全然関係ないんですが、池袋西武で九州ラーメンを夜食ってきたのだが
20180414220227a46.jpg
ラーメン金田、この企画にしては珍しく店主がいる!(赤い鉢巻の人ネ)
で、福岡のラーメン
20180414220237c0f.jpg
煮玉子入りからしかないのが非常にウットオシい(煮玉子100円はラーメン屋にとってかなりの儲けになるから券売機の左上にある率が非常に高いゾ!)。
割とザラザラするタイプのスープで、濃度としても程よい程度。
具材は目新しさはあまりなし。正統派かつ良くあるスタイルで、この手の豚骨は割と方向性が何かしらのオイルだとかで加えていかないと値段勝負になりがちかも?
豚骨のパーカリゼーション。

これもなのですが「店主が直々に」とかはテンションは上がりますよネ。そういうところが料理の面白い所。料理人の顔が見えるの大事。
同時に、一時期の自然派ブームとかパーカリゼーションによるワインの均一化危機とかみたいなクソザコ論理によってそういう醸造家の腕があんまり大事じゃなくなったのは悲しいというか、改めて「作家売り」はしてったほうがいいと思うのよネ。
そろそろ、そーいうところ業界が気づき直して欲しいなぁと。ついラーメンに並んでしまって思ったのでした。

てんちょーが何故かスパイヴァレーの帽子被ってた・・・・・・のにお店で仕入れてなかった。すげぇ実力主義だナ。


麻婆おじさん

| コラム | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すしざんまいのワインリストが意外と良かった件について

うぇるかむ!
今日は日記系記事です。ちょっとお食事会で銀座イタリアンの360というローマ系のお店と、ちょっとふらっとすしざんまい奥の間に行ってきたのでス。
で、本来イタリアンの店の話でもしようかと思ったんですが・・・・・・

2018031022565612f.jpg

築地に近場なのになんか別館とか本店とか奥の間とか沢山ありまくる、実はすげぇのですすしざんまい。
なんかネタ枠扱いな事も多いけど、なんだかんだマグロのクオリティは高いし実は築地に5店舗とかやってても普通に着席率高いからネ(今日もふらッと二次会だったけど普通に8割席が埋まってる。築地だから他に寿司屋いくらでもあるのにもかかわらず)

201803102257076ad.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーバルスリーブ(AC対応) -SIDEREAL-
価格:894円(税込、送料別) (2018/3/10時点)




2018031022571678c.jpg
おしゅし!
まぁ、おしゅしは流石に良く出来てます。
ちょっと握りが大きい気がしなくもないけど、マグロの部位ごとのわかりやすさ(中トロがべったりしてる)とかマグロが別格です。
とあるすしざんまいいきまくりの人によると「すしざんまいはマグロづくしだけ頼めば良い」らしいですし。

で、ここからが本題ですが・・・もう既に酔ってたので注文こそしなかったものの
2018031022572546d.jpg
ワインリストが悪くない
いや、出てくるのが冷えすぎてる可能性とかあるですヨ?
しかしながら、デ・ローチ版マボロシが一番高いボトルだったり(しかもお値段は2.5倍ぐらいだからレストラン価格として普通)安めのところもちゃんと入ってはいるという。
ワインリストがあること自体がちょっとおどろきでしたが、そんなにぼったくりでもない価格なのが驚きだったという。
ぜいたくざんまいするなら良い選択肢かなーと思ってしまったのでした。


当のデ・ローチ版マボロシは楽天では売り切れ。そして大体同じぐらいの金額なのでマボロシに関しては1.5倍値でボトルで頼めるってことは安いじゃん?

ちなみに、本来今日のメインで書くつもりだった銀座イタリアン360は本場ローマのシェフが作るローマの味を日本に伝える云々的な感じだったんですが
20180310225746041.jpg
飲み放題のラインナップがしょぼいし店員が全然ワイン知らなそうだし、ワイン的にしょうもなかった。
リストに安ワイン飲み放題とはいえ「カベルネ」「サンジョベーゼ」「トレッビアーノ」「インソリオ」←インソリオなんだよって感じ。シチリアだしな。
って具合なのはいただけませんマジで。
通常のリストも見づらかったし単価高いしやっぱり品種と地域しか書いてなくてワイン頼ませる気が0。
泡の一番良いのもドン・ペリニヨンという単純さ。
うーむ。

201803102317167b9.jpg
極普通なマルゲリータ。普通である。特筆してなんかすごいことは、ない。

20180310231706908.jpg
イタリアンが得意な人はこのスパゲッティの皿(正確にはコレは麺的にタリアテッレでしたっけ?)で判別つけるらしい。
こちらも良いよりのまぁまぁ。料理の質もそこそこって気がする。特別さはない。

2018031022575862a.jpg
メインこれ。豚のゴルゴンゾーラソース。
チーズが支配的である。

本格トラットリアよりもすしざんまいの方がワインの仕入れとか提案が良さ気なのは正直焦らされました。
恐るべしすしざんまい・・・・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加

| コラム | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々にマスダさんの試飲会行ってきましたダイヴトゥワイン! ~なんでかピスタチオを添えて~

うぇるかむ!

20180210235143e11.jpg
行ったゼ!
という訳で、ダイヴトゥワインで本日行われていた試飲会に参加してまいりました。
結構久々でしたネ。
今回は土曜日かつ時間が短かったのもあったんですが、パパッとOKグーグルさんを使って音声入力しつつ一応大体呑んでみたという。

写真の→の人がベリンガムの方で、今日はベリンガム特集だったのですが・・・・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベリンガム バーナード SMV 2013年 750ml 南アフリカ 赤ワイン
価格:5940円(税込、送料別) (2018/2/10時点)



ここは本当にものすっごい安定している感じですネ。
印象があんまり変わりなく、定番の「あってほしい味」がこなされている印象でした。

マスダさんはやっぱり安定しているなぁというのが本日の感想で、ビオ系生産者も大体の場合「従来のビオ概念ではない」のが特徴。
安定したファンタジーアニメみたいな、定番をメタネタしてみたり意表をつくような事をしない。で、品質は良い(決して異世界スマホアニメのようではない)
やっぱり評論家とか注目を受けるという観点では、南アフリカワインだったらラフィネさんとかの方が
「うっひゃー!こらすっげーつぇえやつが出てきちまったなぁ!オラ、わーくわくすっぞ!!」
と、野沢雅子の声真似したくなる訳ですが、マスダさんのはあくまでもファンタジーの作りな訳です。
アニメで例えるとそうだなぁ・・・注目を受けるけもフレやダイナミックコードとは違う、SAOだとかプリキュアだとかの感じかしらん。
あ、それとダイヴトゥワインの店長がウチのブログ見てて
ベルベット・グローブのバックヴィンテージなんてどうやって呑んだんスか!?」
と、すっげぇところをちゃんと突いていただいてスゲースッゲェーーって思いました。そこ覚えてて会った時に話せるのも、そもそもソレがどんだけレアな事かで話題になってたってのがちょっとビビるぐらいに。

今回呑んだワインの特集はまたこんど、やっていけたらと思うでス(っていってたまってるのが異常にあるわけだががが)

2018021023515446e.jpg
そして、毎年行っている西武池袋のバレンタインチョコフェス。
一応今年も行きました。なんか、今回意外と面白い印象がなかったし、ベルアメール久々に買おうかと思ったけど何となくやめてしまった。
っていうか、家にけもフレアクリルキー目当てで大量に買ったザ・チョコレートがある訳であります・・・・・・


で、辻口パティシエのアイスだけ食べて帰る事に。
201802102352031b7.jpg
サイコーです!
らしい。私な、加工品はストレートなバニラかピスタチオが王道だと思っているんヨ・・・・・・
20180210235210b1c.jpg
で、このピスタチオアイス、すごくなめらか系。
ジェラってるネバ感とかなく典型的かつ忠実なアイスクリームであり、ピスタチオの風味はむしろ大人しい・・・・・・が、確固たるものが感じられるという所謂エレガントな仕上がり。
アイスにエレガントってなんだよ?ですって・・・?いやいや、ワインにエレガントだのセクシーだのがあるのだからアイスどころかチョコやラーメンにもエレガントはあるわけでして・・・・・・
ま、そんな感じで、チョコの季節もそろそろ終わりかなって次第。
ゴディバが義理チョコやめようとか言ってたけど、私は自分で買って自分で食うしなぁとか思いつつ。
あー、だらだらとチョコ食べていたい・・・・・・

今回の総合的イチオシ。むしろ、ワイン好きでないとかワイン初心者だとかロゼってどうなのとか言い始める輩にもれなく配って欲しい。


| コラム | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座GOSSに行ったって話

うぇるかむ!
最近こんなコメントをいただきまして、

>銀座の某店
>人ゴミが苦手で滅多に上京しない田舎者ですが、銀座のお店ってどこですか?時間があったらこっそり行ってみたいっす。

との事だったんですが、銀座のお店ってコ↑コ↓です。
(コメントもそろそろ流石に返信しなくちゃとは思っている今日このごろ)

201801150848292e3.jpg
銀座のGOSS。
年末最後のぜいたく的なネ。

2018011508480713f.jpg
一時期流行らせ!って感じだったけど、あんまりノらなかったカードで色々呑めるタイプ。
お値段は銀座なんですが、そこそこ良心的寄り。見ての通りオーパスとかラフィットとかもある。

20180115084736365.jpg
このカードで自分で注ぐ訳ですわ。
チャージ料いくらだったかはちょっと忘れたでス。

20180115084912608.jpg
フーバー様とかもあって、かなりランダムに入荷しているっぽい。
なくなり次第入れ替えしているみたいなので、お店の人に何があるのか確認取ったほうがいいのかも?

201801150848535ac.jpg
簡単なお料理もありますが、まぁそこはバー飯だと思ってもらえれば。

店内は狭めだったり、そんなにしっかり管理している感はないんですが、まぁ銀座で程々価格でワインが呑める点では悪くない感じではありました。
ぶらっと行っても敷居が高そうで低いので、入っちゃったモノ勝ち感あるお店ですネ。

フーバー様があったりするのはおたくまったく渋いねぇ~。


ゴスと言ってもこういう事ではない

| コラム | 09:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT