オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マスター・ジェラールの弟子が作る、ローヌ&ピノ系メンシア!? フランク・マサール・リシス・リベイラ・サクラ2014

うぇるかむ!
先日、シャーヴ様をやったのですがそういえばスペインで「エルミタージュやブルゴーニュを目指した」ってんで買ってみたワインがあったなぁと。

201802210828325e6.jpg
フランク・マサール・リシス・リベイラ・サクラ2014
ナチュールスペインであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
実はこのワイナリの作っているものの中では一番地味ラベルなのがこのリシスというワインだったりします。
ま、後から知ったんですけどネ。
20180221082857ef0.jpg
裏もそんなに凝ってはいないかなと。

造り手はまさにフランク・マサールというすごいよマサルさんかな?みたいな名前の方。
来歴としてはこの方「元ソムリエ系」でして、しかも「全ての難関資格を持つ男」ことソムリエコンクール優勝者マスターソムリエジェラール・バッセMWの弟子。
改めてジェラール・バッセすげぇな!
で、まぁコピペしちゃいますと96年に自身もイギ リスのソムリエ選手権で優勝。98年にWSETのディプロムを取得。 2000年の4月にスペインに移りトーレスで働 きながら、04年に自分の畑を買い ドメーヌをスタート。・・・・・・だそうで。
なんでそこでトーレス?とは思いつつも、ソムリエ新規系に良くあるナチュール派になっています。
今作はそんな彼が作っているメンシア種の品。
本来はカリニャンとグルナッシュが得意な人っぽいのですが、少量作っているようで、収穫の非常に難しいロープ使用の急斜面から。
で、私が買った理由は「北ローヌとピノを目指した」というウリ文句です。つまりシラーやピノのエレガントさが同一であるとわかっちょる人がやっている(仕入れている)のかなぁと思いまして。
で、どうだったかといいますと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
なかなか綺麗かつスマートな仕立だわん・・・・・・
正直、エルミタージュともピノとも全然タッチは違いますっていうかそういう意味ではどうやらなかったみたいで。
また作りとしてもナチュール感はあまりないのが特徴。その上では良い作りです。普通にステンレスと樽使ってるみたいだしネ。
201802210829345c7.jpg
色はかなりしっかりと赤紫。
香りに赤果実と紫果実のミックス。あんまり革くささとかはなく、また多少のミルキーさもある程度。
イタリアワインチックな花っぽさが多少ある点がメンシア由来なのかしらん?
強くは香らないものの、そこそこ統率のとれた香りでビオ臭い要素とかは0。
味わいも比較的サラッとした口当たりでありつつ、果実の要素がしっかりと酸も効かせつつ、まとまりよくそのまま終える印象です。
スパイシーさがないのはローヌ的ではないし、赤果実主体でもないのがピノっぽくもないかな(論者によってはピノは紫果実とする専門家も多いので、ピノ依りではあるのかも)
フックはあんまりないのですが、総じてバランス良く整ったワインという印象だったんですよネ。
つくづくスマート。想像していたのとは全然違いましたが、内容としては悪くないスタイルだと思います。スペイン自然派ってもっと奇抜すぎる事多いし。
品行方正なそこそこな真面目系キャラ。すっごい整ってるしそこそこクラス人気ならあるけど、総合するとTOP10にはいるよな?的な感じ。
・・・もしかすると当たり外れあるかもですネ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(家呑みには+♥もあり)
これが2680とかだと最高点か審議に入れるのですが、3800円ぐらいなのでもう一声欲しいところ。
質としてはなかなかなのですが、インパクトのあるスタイルではない点からするとコレ「毎日飽きさせない系」なのでならばちょっとした値段が惜しい感。
ラベルも多少地味目なので、中身で勝負なレストランや自宅向け。メンシア種の参考になるかどうかというともっとスパイシーさがある気がするので、若干怪しいかも?
料理とかとは合わせやすいハズなので、家に置いておいて呑む人にはぴったり。サクッとチョイスしてあげてください。
外的要素があと一歩あればなぁというところ。ある意味適正すぎる。

というわけで、フランク・マサール・リシスでした。
内容としては個人的にはなかなか楽しめましたしこの人の他のワインも気になりました。なにせ、メンシアが主力の人じゃないですしネ。

もうそんなにネット上では数がないかんじ


なんとなく思い浮かんだ黒川さん

| スペイン | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリオは12年程度ではピクとも変わらなかった件について。 エル・ニド(エルニド)・クリオ2005

うぇるかむ!
たまーに飲みたくなる気がするスペインのコッテリタイプ。
その最高峰といえば当ブログ的には

201711111525051ff.jpg
クリオ2005
そう、クリスリングランドのスペイン版な訳ですが・・・・・・

通常更新しようと思いつつ簡単に書き留めることとしました。
何故って
印象が以前飲んだ時と全然変わらないからであります!

201711111525429a3.jpg

20171111152521e3e.jpg

ちゃんと2005年である。
2005年というとほぼほぼデビューヴィンテージ近くでありまして(02が最初かな?)、これより古いクリオ自体があまり存在しないという事。
エル・ニドのセカンドとはいえ結構お値段がするクリオ君でありますが
当ブログでは二度ほどやってまして、2012年とか
2013年のものを比較試飲しています
まぁその時もあんまり変わらない・・・それでいて最高評価を・・・出していた訳ですが、熟成をすると
201711111526014b0.jpg
全然変わらないベラボウぶり!
多分、コレ垂直試飲しないと違いがわからない奴ですネ・・・・・・
モナストレル主体で新樽めっちゃ使っているせいか、ほぼほぼ変わらずであります。
中華系スパイスでセクシーな風格。カフェオレの余韻でハーブ感とかは出ておらず。
若干全体の感じがまろやかかつ流石に酸味が足されたかな?とは思いますがジャミーでセクシャルな感じは変わらないチャイナレディであります。
改めて自分のブログ見返しても変わらないっぷり。相変わらずの味わい♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥なワインだと思う。
まだまだこのワインの「熟成した姿」を見るのは当分先まで無理そうであります。

クリオはやっぱりいいですネ・・・・・・濃厚ワインの中でもその豊満さでは圧倒的でスわ。
濃いスペインは多数あれど、ちょっとポイントの濃縮感やクリス・リングランド味といっていいアジアンなスパイス感がたまりませんナー。

買えれば安いのは知ってたけど、こんなにレアアイテムでしたっけ!?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[2014] Clioクリオ【 El Nido エル・ニド 】
価格:6782円(税込、送料別) (2017/11/11時点)



本家ゲーム内でも出てきてノリノリのピンクチャイナ

| スペイン | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさにハロウィン専用ワイン。味の方は・・・・・・ ハロワイン

うぇるかむ!
ハロウィンが近づいてるというのに、なんだか毎年この時期忙しすぎるシンクですドーモ。
という訳で、季節ものです。本当はディアブロとかミティークとか敢えて呑みたい気もするんですがなーぜか自分の周りで売ってないという・・・・・・

20171024084042186.jpg
ハロワイン
ド直球すぎない!?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(この季節に限り+♥♥)
完全にハロウィン専用です
個人的にはこういうマーケット考えてるラベルもの(季節もの)も頑張ってはほしいと思っているので、つい購入。
20171024084050555.jpg
裏も割りとちゃんと仕上げてある感じ。

作り手はアルセーニャというワイナリで、一応PP90点を出したこともあるワインを作っているそうな。
このハロワインに関しては、もうモロにハロワインでありまして、ソレ以上言うことがない!
で、モナストレルだし濃厚目を期待していた私でありましたが・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
い、意外とジュース寄りだナ・・・・・・
濃厚さ無し!ガブ飲みジュースな感じだという意外なオチが。
201710240840577bf.jpg
色はクリアなレッド。
香りもかなりジュースチックでどことなくボジョレー感(からミルクを抜いたような感じ)がします。
香りの段階で「あ、これ意外と薄い系かぁ」とワイン好きだと思っちゃうタイプかな。
味わいも赤果実と紫果実のミックスジュースだけどバヤリースな薄さ。
サラッと流れますしとにかく軽い感じです。
誰でも何の気なしには飲めなくもないですが、自分としては濃厚系を期待していただけに「!?」となっちゃったところも。
本当にイベントで大量にスクリューでパキッと出すのに向けたような仕立て。
ワインは何でもいいけど、ハロウィンにワインはあってほしい(そして出来れば安くあってほしい)という方には推奨出来る感。
完全にイベント専用キャラです。それもSSRではなくRな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(ハロウィンに限り+♥)
ホームパーティーだとか、ナイトクラブで使うんなら価格は1500円以下なので良いのではないかと。
ワイン通な方が呑むタイプの代物でもないんですが、このぐらい軽い方がハロウィンのかぼちゃ料理なりとヘンにミスマッチしないかも?とも思います。
割りと季節モノは季節が終わった後に安くなったりしてるの買うのもありかなーと思いますが、これに関しては完璧にこの季節専用感があるッスネ。

というわけで、ハロワインでした。
まぁ、ワインマニアな方はこういうの敢えて選ばないよなーとは思いますが、しかし一般的なご家庭で使うのは実際こういうのなのだろうとか思う訳でして。
別にワイン品評する訳でないし、あくまで仮装したキッズやおねーちゃんが目当てだし・・・・・・
インスタ映的に無難な選択としてもネ。
こういうのも、またワインですナ。

値段が手頃なので本当ホームパーティー用。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Hallo Wine ハロワイン フミーリャ [2016] アルセーニョ 750ml
価格:1458円(税込、送料別) (2017/10/24時点)



ハロウィンはあくまでもこっちがメインよナ

| スペイン | 09:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドンキのスペインワインってどうなの? エステ・ティント2013

うぇるかむ!
簡易更新になってしまうのですが・・・・・・(今日、中の人が飲み会なんだって。ふーん)
サクッとこの間買ったワインをやっておこうかと。



20170908090721273.jpg
エステ・ティント2013
深夜にドン・キホーテで買ってみたのです


201709080907375ca.jpg
パーカーたんとかのコスパ賞、エル・ブジ採用と高い評価、フォーブスにも載るなどなどそこそこに評価もあったりします。

20170908090751928.jpg
が、呑んでみると妙に味わいが深く・・・・・・ない!
モナストレルっぽさとかスパイシーさもイマイチないし、かといって甘さもあるでなく、なんとも金賞ワイン的な味わいだったりしたのです。

あんまりにもいまひとーつ味がしない部類だったので「これはもしかして私の体調が?」「ドン・キホーテの保存状況か?」など色々考えられるんですが・・・・・・
うーむ、どうだったのだろうと思いましたとさ。

このぐらいのおねだんなので、試してみるのはいいと思うの。


こっちのイメージの方が少ないよね今

| スペイン | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペイン安旨のハシリを改めて。 カスターニョ・ソラネラ2013

うぇるかむ!
えー、今回も簡易気味更新であります。
というのも、以前呑んだことあるワインであったからでありまして・・・・・・そこでもガッツリ一から書いちゃうとなかなか時間がとれない昨今。

20170803074624a6d.jpg
カスターニョ・ソラネラ2013
モナストレルにカベとか混ぜてるイエクラのワインです。

実はこのワイン、2012をかなり前に更新してまして久々に飲んでみようかなと。
夏の太陽がそうさせたのさ(cv:郷ひろみ)
20170803074630f53.jpg
なにげに横に長めなラベルなんですが、なんか生物がいてびっくりした。

201708030746380ba.jpg
裏のラベルのカラーが2012と若干ことなって赤紫っぽくなってたり。

今回は以前のようなパーカータグがついてなかったのですが、それでも92点とっている模様。
っていうか、90点以上を00年台以降かなり連発してきたワイナリだったようで・・・・・・
で、味わいがですネ・・・・・・

201708030746478a2.jpg
以前のよりパーカーワインぽかったりする
年号変わってるとはいえ熟成期間が年数分増えてそう(前回よりも年数が経ってから呑んでる形)なのに前回より新モノっぽい。
色がまず朱っぽさはなく、クリムゾンレッド。それでも紫濃度は高くありません。
香りに強めのチェリーなどの赤果実と紫のブルーベリー感・・・というところはかわらずですがどちらもイーブンぐらいになっており紫果実度が相対的にあがってモナストレルワインっぽくなっています。
また香りはそれなりに甘めなのですが、あんまりシロップっぽくない点もグッド。
味わいも今回はそこまでオールド感なく、紫果実と赤果実半々に、オレンジのアフターという構成。
紫果実はギリギリジャミーすぎない範囲におさめてあり、意外と酸味もある形で、あと残りがガルナッチャ風味なのが面白いポイント。
なので、濃いまんまで終わらない。細かくはないけど変化率がちゃんとあるというワケ。
やっぱり超濃厚ではないなぁという感じ。♥♥♥♥♥♥♥という評価が変わらず。
褐色キャラ感はありますね。最近流行りめ?なエジプト系褐色的な・・・・・・

そして、コスパに関しても♥♥♥♥♥。
2000円前後どころかそれ以下ならお買い得感高いです
他のスペインだと力強すぎるだけであったりするパターンも多い中、しっかりタイプなのにアフターにどこか自然な印象があったりして、出来栄えが格段に良い。
流石の元祖旨安パーカースペイン?ってな感じではあるかと思うのでした。
意外と濃すぎないので夏場にもいいですしネ。スペインバルにあって欲しいアイテム。

と、いうわけでカスターニョ・ソラネラでした。
あ、途中でコレ普通に更新になってるじゃーんとか思いましたが、まぁいっか。
しかし、思ったより過去の経験と違いがあったのと、同時になんだかんだ悪くない出来栄えで驚きでしたネ。

ネット上では相当に安いし数はまだある模様


最近の褐色界隈大体この人だよナ

| スペイン | 08:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT