オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たまにはビールもいいよね! シンク、琥珀エビスを今年も呑む

うぇるかむ!
案の定、昨日は更新出来ませんでしたハーハッハッハ。で、今もガッツリ更新が出来そうにない!(今日の夜多分何かしらやります)。
なので代理的に

20161120095803fb0.jpg

実はヌーボーより遥かに楽しみにしてる琥珀たん
今年、何故か買い逃してて(あっという間にコンビニからは消えたよネ)ありつけたのでした。
20161120095816069.jpg
ヌーボーみたいに毎年メモってる訳ではないのでアレなんですけど・・・今年はちょっぴりスッキリ寄りになったかな?と思います。
もう秋も終わりだなぁなどとしみじみしつつ、今年の暮れを感じるのでしたとサ。

2連続でワインネタ更新じゃなくて申し訳ないが、琥珀エビスが美味いのは事実だ

| たまにはビール! | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川越達也とジョエル・ロブションをコラボさせてみた~たまにはビールもいいよネ!~

うぇるかむ!
物凄く忘れ去られたように、当ブログたまーにビールネタをやるんですが、まさに新発売されましたのでコレはやりたいなと。

2016020917533130c.jpg
エビスビール・ウィズ・ジョエル・ロブション・華やぎの時間2016
今年のジョエル・ロブションビールです。
毎年季節販売してる「フレンチの悪魔めいた帝王、ジョエル・ロブションが認めた(名前を使う事を許された)コラボビール」として知られていますが、今年も出ました。

日本ではクラフトビールが去年は流行食にノミネートされるなど、盛況ですが(私から言わせれば超今更なんですが)そうしたクラフトビールの造り手たちは意外な程大手ビール企業の
「なんちゃってクラフトビール」
は別にどーでも良くスルーしているとはジャパン・ビア・タイムズ紙が書いてたり。
完全に住み分けができているのと、各ブルワリーが大手の量産では補えないモノを自分たちが持っているという自負からなんだそうで。
この辺りの感覚は、「フェブレイやギガルやロスチャイルド家やベリンジャーやモンダヴィやコンチャイトロやkwvにはうちのワイナリは当然負けへんヨー」と言うまでもなく各々のワイナリが思っているのとおんなじなんでしょうかネ。

さておき。
20160209175341d9d.jpg
去年までは一種類のホップ、ソーヴィン種オンリーだったような気がするんですが、今年はそれを主体に3種類という形に変更になっていました。
せっかくの(?)ジョエルエビスなので、こんな事しました。

20160209175302daf.jpg
川越達也とのコラボじゃーーーーー
というわけで、随分前に買って放置してた代官山カリーで食べ合わせてみたのでした。

ちなみにもうとっくに生産が終わっているようで、今ではバターチキン版ぐらいしか買えない模様。

まず、ジョエル・ロブションエビスですが、例年よりもクリアさは正直減ったように思います。
キレが良くさわやかなタッチが減り、その分赤ビール的な要素が+された感じ。
とはいえ華やかで後腐れがない、シャキッとしつつそれが喉越しでなく、ホップ感からくる機微の良さである点は従来とそう変わりません。
毎年ジョエル・ロブションビール呑んでる人なら今年も充分楽しめるでしょう。
で、カレーの方は、うん、まぁそんなに変わりだねでもない欧風で、バタ感が多いながらも同時に多少フルーツ系の酸味が出されています。
果実系チャッツネが隠し味というよりは前面に出ているタイプ。
もち麦入り肉団子というのが個性的具材として3個入っているんですが、それも特段に素晴らしい工夫とまではいかないかなぁと。
トータルでまとまりはいいけど、いつもどおり「文字にすると面白いけど味わいは無難」な川越達也プロデュースな気がします(この人のコンサルト系って、一見面白い事やってるけど最終的に無難な味に終着するのが特徴だと思う。)
や、そこそこ美味しいんですけどネ。
食べ合わせとしては、カレーに対してあくまでもスッキリと呑ませてくれるビールというのが非常にお腹に悪い。
そう、ガツガツ食べれてしまう。そのクセ、なんかちょっと品が良いから困ってしまう^^;

そんな感じの取り合わせをたまーに楽しみました。
実は、当ブログ自宅で飲むときは「肉料理か、ラーメンか、パスタ料理か、カレー」って事が多くてですね。特にカレーは極端に辛くなければ無難に楽しめる定番だとすら思うんですけど、ビールもビールでありだなぁ・・・・・・
っていうか欧風カレーってすごいな
と思うことしきり。
めんどくなったらおつまみはカレー。これ、最強な気がする。

ネットショップだとケースでドカ買いって感じですね。これはアリだなぁ。クラフトビールはもうちょい危機感持っても良いのでは?

ジョエルはワインもそこそこ良く出来てる

ちなみに器はコレ。私はもっぱらカレー皿に使ってます。

| たまにはビール! | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イタリアビールもいいよね!賞味期限間近だけどしっかりうまい ブリューフィスト・スペースマンipa

うぇるかむ!
イタリア特集をしてる最中、楽天市場でスーパーセールがやってたんですよネ。
私もまぁ、それでちょこちょこと食器やワインを買ったりしました!
(今日はワインを引き取りに出向くのでス。クール便も通常便もこのシーズン信用できなさすぎるノデス・・・)
で、せっかくなのでイタリアビールをと

2yzUk.jpg
ブリューフィスト・スペースマンipa
ワイン界隈ではおなじみロンバルディアのクラフトビールです。

というアウトレットセールを見て一昨日購入→昨日やってきたのでおゆはんに。
届くのが思ったより早くてビックリしましたネ。セール期間後発送になるだろうとか思ってました。

YbvLP.jpg
裏もこんな感じ。見切れちゃいましたが、賞味期限は7月末。
つまり、新鮮さ0な状態であります。
ワインとは違って、殆どのケースでビールは熟成しません。工場出荷云々などと新鮮さで売るスーパードゥラァァアィとかの売り方は正しい。
もしも日にちが経ったほうが旨いのがあるとすればバーレーワインがありえるかな?ぐらいのもの。
随分前に地元の酒屋で一年程度前のエビスビール琥珀を売ってる店があり「これは賞味期限ギリギリの方が美味しい」などと店主が言ってて買ったらすっかり風味が落ちててそのお店に二度と行く事はなくなりました。
なので、基本的には大きく味や泡が落ちた状態であり、在庫品ともあれば、まぁそれなりに呑めればよいかなぁと思いつつ。

JpXQV.jpg
思ったより劣化してないなぁ・・・
実はこのビール、去年夏場ぐらいにも買ってのんだことがあるのですが、その頃のイメージとほぼ変わらずまっとうなipaでした。
苦味は薄みで、なるほどスペースマンなあの月面着陸めいたふわふわした感触。
グレープフルーツを主体とした黄色柑橘感は喉を潤します。
泡もそんなに弱くなってなかったように思います。これは瓶だから?それとも保存状態が良かった??
流石の価格分の味わいがある、クリア&クールな逸品でした。
イタリアアイテムなだけにビールもやっぱ明るいキャラしてますネ。

というわけで、期限が迫っているにも関わらず結構楽しめたのでした。
これならもっと買っても良かったかな。うーむ、残念。
海外産ビールは運送劣化とかがつきまとうものの、ラベルデザインがイケてるのが多いので、今後も見ていきたいなぁ。

今から買うならこんな感じ?

ス ペ ー ス マ ン 

| たまにはビール! | 12:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまにはビールもいいよね!幽々子様のビール!シーズンオフだからこれから狙い目? サンクトガーレン・さくら

うぇるかむ!
もうすっかり花見とか桜ってシーズンではなくなってしまいましたネ。という訳で、季節カンペキにハズす前にこんなのはいかが?

QmlfJ.jpg
サンクトガーレン・さくら。

日本を代表する地ビールメーカーの怪しい逸品であります。

今、まさに流行りの「地ビールことクラフトビールメーカー」って結構変わり種をやっている事が多いんですよネ。
基本銘柄がIPA(インディアン・ペールエール)でそれとWB(ホワイト・ベルシャン)が基本。ベルギーだけはST(スタウト)っぽいのとかがメインだったりするけれどもブリティッシュビアーもメリケンも大体IPA主軸になんか変なのたくさん!ってのが多いのではないかと。

さて。
長々書きましたが、今回のさくらも変わり種であります

GWZdJ.jpg
がっつり桜をつかってます
公式からコピペすると
「「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれている長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使った」
との事。長野県伊那・・・ん?もしかして


の元ネタの辺り?(このキャラの作者は長野出身)
ともかく、本気度の高いさくらビール、その感覚といいますと・・・・・・

zAKfs.jpg
お、おぅ、変わり種・・・・・・
色みや泡立ち自体は至って普通なのですが、香りからしてどこか塩っけを感じさせるまさに桜づけ風味が漂っているという。
その桜感が強いので本来のビールにあるフルーツ要素などはなく、しかし麦感はあるのでかろうじてビールとわかる感じ。
で、味わいはこう・・・・・・なんというか・・・・・・ビールと桜餅を一緒に口に入れた感じ?
まさにそんな感覚でかなり隔離した感覚を受けます。ばっつり隔たりを感じる。調和はしてません。
それを面白いとみるかどうか、でしょうか。私個人としては・・・・・・一回試せばいいか的な感じ。
ハマる人は恐ろしく買いだめしそうです。

サンクトガーレン・さくらでした。
季節ものでありますから、出来ればシーズンに飲みたいところ・・・・・・でありますが、過ぎたが故に特売セールなんかもあるのかも?
目を光らせて、是非未体験の方は試してみてくださいまし。びっくりするハズ。

公式サイトとかもあります

原作のゲームとしての楽しさはこれがトップ・・・幽々子様戦の秀逸さは未だ越えられてないと思います。

| たまにはビール! | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまにはビールもいいよね!今ではメジャーアイテム、よなよなエールをよなよな飲む

うぇるかむ!
今日もかなーりいろいろとイタリアワインを呑んでまいりまして、完璧に更新間に合いません!
明日もなぁ・・・・・・ちょっと心配。
というわけで、たまにはビールという小休止。

sI1U2.jpg
よなよなエール。
もうド定番?コンビニ販売とかも始まっており、期間限定ビールも含めてかなりのバリエーションがあるシリーズ。

とはいえ、私はおそらく5年前ぐらいに「3年連続金賞!」みたいな頃に呑んだのが最古でして、その頃はここまで普及出来るだけの生産力があるビアーになるとは思いませんでした。
ワインなんかでも「これ小規模生産だと思ったら結構作ってるナ?」みたいなことはありますが、個人的にここやコエドブルワリーなどはそれに近い感覚をもっています。

no8H1.jpg
最近お気に入りのツヴィーゼル・ピュアループ・リースリングでゴクゴク。
やっぱこのグラス、泡物有利ですよ。ループ線可愛いしとってもいいグラスだと思う。
さておき。改めてこうしてみると赤みがかったエールだなぁと。
改めて呑んでみるとアンカーエールなどに似たアメリカンスタイルで迫力と甘味の訴えかけが強い。
バナナっぽくはなく、ビターさはも高いのでフルーティーとまではいきませんが、じっくりとしたロースト感がコッテリでまさに夜中にじっくり楽しみたい味。
そういうイメージの妙も上手で「宣伝上手なビアー」だと思います。

日本のクラフトビールブームなんぞ私からすれば「い、いまさらwwwww今更気づいたのかwwwwww」と草不可避だったりしますが、その予兆から現在進行系で走り続けるのは流石といえるかも。
安定してるんスよね。

別にネットで買うほどレアでもありませんがナ

最近ではネコさん人気ですよね。個人的に衝撃的だったのはインドの青鬼だったりしますが。ドスコイは割とふつうだと記憶してます

| たまにはビール! | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT