オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

レバノンのトップクラス、フラッグシップは実際どうなの? イクシール・EL(エル)2010

うぇるかむ!
唐突ですが、本日はレバノンから一本やっておこうかなーと。地域ものカルト好きとしては結構興味深い逸品でした。

dDp0x.jpg

イクシール・エル2010
レバノン産のワインのフラッグシップになります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ちょっとラベルはかっこよさげな印象、かつ厨二病要素満載な感じのストーリーがコッテリと突きます。
インポーターからまま持ってきて、名前の由来が
「アラビアの「Elixir」(不老不死の霊薬)に由来し、
永遠の若さと愛をもたらす、という意味を持ちます。」
エリクサーですよ。FFですよ。
ファイナルでファンタジーではないですか!私は5が一番好きです。
他はインポーターさんが概ね語ってる感じであり、そこまでガッツリとしたワインとしての評価を受けていたりって事はない模様。
土地がスゴイ!みたいな感じですが、結構常套文句ですし。
作り手も今ひとつ不明ですし・・・(カルロス・ゴーンはあくまで投資家ですからね!)
そんなワイナリーのフラッグシップがこちらになるわけです。
最安のテーブルも実は2500円とテーブルの中では案外と高いところにあったりするワインですが、その4倍と完璧にハイエンドクラスらしさを出しています。
内容がシラー、カベルネ、メルロというオーストラリアスタイルなので個人的には確かめねばならぬ!って感じなのでした。
で、実際の所どうなのかな?っていいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
かなり重たいワインの作りで、なるほど前時代的なカルト感?とでも言いますかとにかくパンチが強いワインになっています。
いわゆる、爆乳キャラ。

Vy2Ss.jpg

色は強く赤紫。
香りにかなり強くコーヒーとバニラがドッとある濃厚なカフェオレ系で、さとうきびっぽい甘さなども特徴。
とにかく鼻にガッツリと甘さを伝えてくれます。
味わいも同様にパワフルなところでバランスがとられており、果実部分にシラー的なベリージャムのミックス感、それと葉モノ系アフターがかかり甘味の強いオーレと別箇噛むように感じられます。
全体的に歯に重たく、ドッシリとした感じ。
爆乳というよりここまでくると
ドスコイッ!
って感じであります!
カルトめいた要点は抑えつつ、しかしながら濃さの水準をとことんに発揮しきったワインで、エレガントではないんですね。
こうド直球なのです。肉弾戦めいた格闘力すら感じる・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
DB4l4.jpg
裏に思いっきり貼ってあった値段!

少し緩めの採点ではありますが、まぁ1万円のワインとしてはギリギリ妥当性があるかな?
すごく力強いワインなので、呑むタイミングも結構大事なように思います。
強さが際立つ感じであり、一般的な「アメリカワイン好きのイメージ」には合致するかなーと(個人的にはそれは誤りですよ!って思ってはいますが・・・・・・)」
もうちょっとエレガントさが欲しいんですが、もしかすると数日飲み続けると開くタイミングがあるかもしれませんね。
どちらかというとネタワインなので、名前のエリクサー的要素やレバノンという産地だけを用いるなら低価格の

これでもいいのかなーとは思います。
本格的に意味付けをし、かつ箔があるっていう意味では今回のフラッグシップは「使い方によっては」面白いワインと言えそうです。

というわけで、イクシール・EL2010でした。
重たさあふるるワインの中でも重たい重量級ワインでした。
一発でまわりをノックアウトするようなのが飲みたいならば、結構面白いワイナリーなのかも?

当ブログ的には「面白いネタワイナリー」かなぁ。

ふと調べてみたら、プレミアっぽい感じになってました。

今、やたらと面白い相撲漫画

| レバノン | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |