オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【予告?】ポール・ラトーの原点、そのナチュールタッチですらある大らかな美味しさ。 ポール・ラトー・スエルテ・ソロモンヴィンヤード

*記事未完成だけどちょいちょい忙しいので途中掲載ですOTL後で更新ちゃんとするッス・・・

うぇるかむ!
当ブログの推しワイナリのひとつとして、アメリカではここも外せません。

20170625003459f38.jpg
ポール・ラトー・スエルテ・ソロモンヒルズ・ヴィンヤード2013
これもちょい久しぶりなワイナリかしら?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
もはや地域の筆頭?
とも思うポール・ラトー。セントラル・コースト周辺のピノの造り手としては異例の人気を誇ります。
理由のひとつに色んな畑から供給を受けて作っている為に「セントラル・コーストのピノ畑を比べる」のにも最適なこと。
今回のアイテムはソロモンヒルズという畑でして、有名どころではタンタラなども使っているビエンナシッド系列畑です。
20170625003513054.jpg

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ん?ちょっとダヴィドデュヴァンとかの自然派寄り?
20170625003525d29.jpg
ラトーって全般にチェリー系の、正統派ピノそれこそポンソとかの方向性だったよーな気がしたのですが、今回はちょっとオレンジ系の味わい。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥

現在ネット上では超品薄っていうか楽天ではヴィンテージ違いも在庫薄。

| アメリカ | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謎の物体X的な?それともB級映画?? X-ワイナリー・ノックアウト・ホワイト2013

うぇるかむ!
久々の更新になってしまいましたすいませーん・・・・・・こんな夜中なので、何とも怪しい感じのワイナリでしばらくのアメリカ編を始めたく思います。

2017061700470972a.jpg
X-ワイナリー・ノックアウト・ホワイト2013
実にカルトワイン風!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥?
ジャケ買いしたからなぁ今回
というわけで、最高一歩手前に一応しちゃいます。
ただ、しかしながら最大点にはしませんでした。というのも、どうにも情報が「ディビス校卒の優等生がナパソノマのミックスで作るバーチャルワイナリ」っぽいこととNYのソムリエには流行っているらしい事ぐらいしかわからず・・・・・・
そんな「?」です。
20170617004745ac9.jpg
この部分がエックスゥ!

2017061700475219a.jpg
裏はカルト系の定番、意外としっかり記入。
割りとブレンド手法の方向性は私好みなのも購入要因よネ。セミニョン(セミヨン)とかマルサンヌは正直、シャルドネより私好きなぐらいだからナ。
ここの辺り、自然派は更にロクに書いてこない事多いよネ。
そんな感じの新進気鋭のアイテムなのですが、果たして実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(濃いの好きなら+♥)
確かに、ノックアウト(飲み手の気分が)
コンセプチュアルであり、最初のインパクトがガツンと強い・・・・・なんかちょっと古い気もするアメリカン・スタイルです。
良く言えば、一口目はなかなかコッテリで美味しい。悪く言えば一杯で蓋して冷蔵庫に戻しちゃう感じ。
公式インポーターが「グビグビ呑める」とか書いてるのは、ちょっと驚き。いや、これグビグビは無理でしょ真逆やん・・・・・・

20170617004832133.jpg
色は新モノにしても強くイエロー。
香りが結構強烈に南国果実などの熟したジャミーさがギンギンです。
ちょいちょい青さが見られるのはセミニョンの良さ。ただ、ソレ以上に果実ジャミーさが強烈にワンパンチしてきます。
で、味わいもほぼほぼそのままにパンチが強く、少しコーンのようなスナックのような風味があるんですが、それも合わさって余計にアメリカンな味わいとなっています。
近年個人的にここまで「アメリカワインだから強い!アメリカは偉大!ビスケット・オリバ!!」みたいなムキムキな白は見たことがなく確かにノックアウト。
余韻も長くはありますが、残りすぎると言ってイイ感じ。
まさにハリウッドB級映画の火薬のど迫力さみたいなところを突き進んでる感じが個人的にとてもするワインです。
まぁ、それはそれで美味しいんだけど、繰り返し見るにはコマンドーとかみたいな名言集やらデスペラードみたいなメキシコな個性みたいなのが必要でス。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(好みの差が激しい)
楽天のショップでは取り扱いが今現在はなし。
アマゾンでは定価程度の購入が可能なようで3200円ほど。
好きな人は大層気に入るだろう圧倒的ムキムキさなので、そういうのをご所望であれば、タコスと一緒にどうぞ。
白ワインといえばモンラッシェのことである・・・・・・みたいな人は瓶をノックアウトすべくダイナマイトをしかけて爆発させかねないので注意が必要だ!
そういうワインなので、コスパは人にかなり左右されるでしょう。カルト風ラベルが好きな私みたいな人も一度ぐらいはいいんではないかと思います。

というわけで、Xワイナリーよりノックアウト・ホワイトでした。
女性絵なのでそういう意味でノックアウトなのかと思ったら、もっとアメリカンだしもっと言えば男性的ノックアウトでした・・・・・・まさか、ラベルの人が実は男だとかいうネタだったり?
アメリカはやっぱり強烈な作りをする国柄なのだと、なんだか納得しなおしたのでしたとさ。

しょうがないので検索したら出てきたの置いておくでス
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノックアウト [ ダニエル・チャクラン ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2017/6/24時点)



しょうがないのでオリバも置いておくでス
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ビスケット・オリバ】範馬刃牙 Figuarts ZERO【中古】[☆2]
価格:5980円(税込、送料無料) (2017/6/24時点)


| アメリカ | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相変わらず本家テタンジェ超えか・・・・・・ ドメーヌ・カーネロス・ヴィンテージ・ブリュット2011

うぇるかむ!
ちょっと忙しい&印象が変わらなかったので簡易更新とさせてください・・・・・・

20170612093404bf2.jpg
ドメーヌ・カーネロス2011

当ブログでは2年前に絶賛したアイテムでしてそのときは2010ヴィンテージでしたが2011に切り替わっています。
テタンジェ社がアメリカで作るワインですネ。

20170612093411901.jpg
最短シンプルな裏の説明。

本来なら通常更新でいつも通りでやりたいところではありますが・・・・・・なんでそうしなかったかって忙しいのともひとつ理由がありまして

20170612093424377.jpg
印象がそれほどは変わらなかったから
なのです。ビターチョコ感がしっかり効いたベラボウに良くできた泡。
2011年ってアメリカ全土でバッドヴィンテージであり、少し酸味が強くバランス感覚が多少崩れてる?という気もしましたがベースはそこまで違わないかなーと。前回よりは-♥くらいかなーとは(っていうか前回興奮しすぎてドエライ点数ついてるな私・・・・・・)

相変わらずドメーヌ・カーネロスは良く出来たアメリカンスパーリングとして君臨しつづけています。
毎年これはお世話になりそうだなぁ。

レアアイテムではないのでお好きなところで。


少しクールさが増した感。

| アメリカ | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックンローラーのワインの本領域、類まれなオルタナティブさ? Kヴィントナーズ・ザ・ディール2013

うぇるかむ!
たまーに呑んでるワシントン。実は結構な数凄い級の代物達は口にしてまいりましたが・・・・・・今回は久々に。

20170524231146c4b.jpg
Kヴィントナーズ・ザ・ディール2013
チャールズ・スミスの所ですナ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
まぁ、カルト寄りですからネ
最近のチャールズは金儲け寄りだなんて声もきかないでもなかったりしますが、今だにワシントンにおけるカルトなアイテムの代表格と言えるのではないかと。やっぱこういう墨文字みたいなKの文字とかなんかスト4みたいでカッチョイイし。
2017052423120021d.jpg
裏のすごいよマサルさんかよ?良くわからん感じもなんか禍々しくていいですネ。

作り手のチャールズ・スミスに関しては過去三回ほど取り扱ってまして割愛。
なんと、当ブログ16回目の更新でここの低価格版を扱っていますし、
そのロゼ版も評価済み
日本ではやたらと宣伝されたカンフーガールもやってます。
今回のアイテムはチャールズ・スミスワインの上位にあたるKヴィントナーズシリーズのうちのひとつでス。
ミルブラント・ヴィンヤードという所からのシラーでして、実はシリーズの中では安かったりするんですが、アドヴォケイト95点とK全体としても高い評点ではあります。
そんなワインなのですが、その実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
オルタナティブかな?
神の雫で最も有名な「こう、クイーンみたいな・・・・・・」「これがそういうワインだからサ!」というのをカート・コバーン=NIRVANAでやったかのようなワインです。全体に正直言って暗く、なんだか重たく、ダークなんだけど怪奇的とかではなくダウナーなのです。
・・・・・・え、わかりづらい?これがそういう(略
2017052423120966b.jpg
色はかなり透けないクリムゾンレッド。濃いのは濃いんですけど、案外赤さもあるかナ。
香りにプラムとかプルーンとかの、ともすればモナストレル(スペインの濃い時の)などすら感じさせる強くそして暗みのある果実感。ジャミーなのですが、同時に暗さや重たさを感じさせるワインです。
また、なんだかちょっと青っぽいような草っぽさも見られ、彼の低価格のワインとはうってかわって歪。
味わいも同様にかなり重たく沈んでくワインです。最初は少しわかりやすく紫果実の風味が全面に出ているのですがふと暗くなります。
「あれ、意外と重たいな?」と二面性を感じるぐらいです。
そしてコーヒー系のビターさがやってきて更に沈んでいき・・・・・・ハードで重たい世界観のままデクレッシェンド。
このダークネスなタッチ、好みがハッキリわかれそうでス。
構造や内包された個々の要素(果実感とか、タニックさとか)そのものは案外とキャッチーなんですけど、全体にとにかく陰鬱とすら思える重心の低いロック感が待っています。
そうした(ワインとしてではなく気分として)ネガティブな空気感に、どこかオルタナティブ・ロックを私は感じてしまうのです。
赤と黒のシマシマ模様なのです。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(好みはわかれる)
税込み6500円ぐらいのワインでありながら、かなり人を選ぶワインであり、個人的にもちょっとついて行ききれなかったところがあるアイテムです。
ハマる人はとにかくハマりそうで、ハマりすぎると猟銃口にくわえ込みそうになるこの突き抜けた感覚にトリコになれるんですが、逆にダメな人には厳しいお値段かなとも思います。
また、Kの上位版はどれも(割りと大手資本の系列であるにもかかわらず)出回りも相当少ないので、完璧にカルトの域。
試せたらラッキー、でひとまずは大丈夫かナ。

というわけで、Kヴィントナーズより、ザ・ディール2013でした。
低価格のチャールズ・スミス名義系のモノは比較的飲みやすくつくってあったので、上位もかなーと思いましたが、やはりそこはナイーブでサブカル系知的さをもつワシントン。思いっきりワシントンな空気感がどこかあります。
不思議とワシントンワインって個人的には暗いなぁと思うことが多くて、これも同じくであります。もし見かけたら、お試しあれ。

残ってるところにはひっそりとあるみたい。


今でも私、好きヨ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料¥290〜】 カート・コバーン KURT COBAIN smoking ポスター
価格:947円(税込、送料別) (2017/5/25時点)


| アメリカ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

権威者がワイナリになったパターンのワシントン版、その的確な「らしさ」とは。 グラマシー・セラーズ・ローアー・イースト・カベルネ2012

うぇるかむ!
ワシントンで更新した手前、続けてワシントンで更新したいなぁと思いましてネ。

20170506215400cea.jpg
グラマシー・セラーズ・ローアー・イースト・カベルネ2012
ワシントンの割りと最近ながら注目されているらしいワイナリ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはなかなかアーティスト系っぽい雰囲気になっています。実際、インパクトあるよネ。
201705062154200fe.jpg
裏はその分、シンプルになっています。

造り手であるグレッグ・ハリントンは25歳でとあるソムリエ協会のマスター・ソムリエの資格を取っちゃった超勉強家にして全米でコーチングをしている向こうのレストラン業界でひっぱりだこな人。
主要なワイン産地のみならずラスベガスやらシカゴやらでもグレッグ監修のレストランがあるそうで、正直そっちで飯を食っていけるだろう人。
しかし、そうした仕事を離れ「あ^~ワシントンでワイン作りたいんじゃ^~」とワインマニアに良くあるパターンである自分でワイン作っちゃうぞ脳になってしまった訳です。
で、レストラン監修業から離れて2005年にワイン造り、すなわちグラマシー・セラーズを始めます。
グラマシーは日本語で訳すと驚きだとか感謝って意味で、ニューヨークのグラマシーパーク(むしろこっちのが有名なのでは・・・)の柵を現代アーティストであるドロール・ベンシェトリット氏がデザイン!
なんでワシントンのワインなのにニューヨークの公園なんだややこしーなー
今回のローワーイーストは彼のアイテム、つまり本家に対するセカンドの立ち位置。
セパージュは典型的左岸クラレットで、ほぼカベルネにメルロとフランという標準的スタイル。
米代表的な雑誌掲載歴までは調べなかったのですが、現在も客員講師やら自分が取ったソムリエ協会の理事になったりとむしろスクールビジネスで稼いでたりしており、まさにワシントンの「権威」によるどっちかというと低価格帯?なのです(と呼ぶには少し値がしますが)
そんな権威のアイテム、どのくらいかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
確かに典型的ではある、かな・・・?
すごくワシントンカベルネしてると思います。
ちょっと暗くて、ちょっと重たい。レオネッティとかと同様の渋いハードボイルドな作り。ワシントンって個人的に「カリフォルニアの甘さとは無縁だけど、ちょっと大人クールしすぎてて近づきにくい」感じなのですが典型的です。

2017050621544279c.jpg
色はかなり強くギリギリ透けるかな?程度のクリムゾンレッド。
香りにタニックさが出ているといいますか、全体に渋い構成。
それでも若干甘味を思わせるジャミーさがあるのですが、全体に暗みの方が大きい静のワインであることを香りから思わます。
・・・・・・あ、たまーにこういうワインのことを記事にしてる訳ですけれども、このタイプが「悪い」のではないのは覚えておいてね。
これが個性、良さなのです。
味わいも同様に全体に大人しくクールな印象。
メガネっ子であります、カベルネ主体らしい青さもほのかにカシスの渋みを強く打ち出しつつ酸味甘味も捉えてあるタイプ。
クイルシーダよりはレオネッティに似ます。え、わかりづらい?要するにあんまりバニラの印象がなく、むしろ果実の印象が高い。
日数が多少経ってもあまり状態が変わらないぐらい、閉じているといえば閉じたアイテムです。
ときおり美味しい瞬間があり、まるで微笑まれたかな?みたいな甘味と酸味がふっと出る瞬間があるんですが次にグラスに注ぐともう渋めな印象になっていたりで気難しい子です。
完璧にメガネクール綾波系。ワシントンらっしー!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
定価で5000円ぐらいしてしまい、それでも赤では最安値(ヴィオニエが一番安い?)
このワイナリそのものが全般的に高めだったりします。
ワシントンらしさを体感するスタートアイテムとしては適切かなーとも思います。高級ワインに片足突っ込んでる堅さ。
同時に、わざわざこれでもなくてもとかもっと安いのないの?と思ってしまうのも人情か。
ワシントンの権威が、実に正確にワシントンらしさを表現しているという、権威が作るワインらしいタイプ。
(権威が新規参入で作ると大抵、従来からの言われに沿ったワインになるか自然派風の実験的でおかしな事をやらかすかの二択かなと思うでス)
ワシントンのテキストとしては存分に優秀。ただ、あんまりワシントンでそういう機会をやろうという人がいないのはネック?
または、プレゼントには「驚き」という名前やアーティストラベルなのを考えてプレゼントへの利用は可かも。

というわけで、グラマシーセラーズよりローワーイースト版のカベルネでした。
偏見だとも思いますが、忠実にワシントンカベルネだなぁと思わせてくれるアイテムですネ。
ちょっとお高い気もしますが、らしさを体感するには持ってこい。どっちかというと勉強家向けのワインかもしれませんネ。

現行は2013に。


青髪+メガネ+ショート+クールの典型的な古典フォーマット。

| アメリカ | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT