オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

権威者がワイナリになったパターンのワシントン版、その的確な「らしさ」とは。 グラマシー・セラーズ・ローアー・イースト・カベルネ2012

うぇるかむ!
ワシントンで更新した手前、続けてワシントンで更新したいなぁと思いましてネ。

20170506215400cea.jpg
グラマシー・セラーズ・ローアー・イースト・カベルネ2012
ワシントンの割りと最近ながら注目されているらしいワイナリ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはなかなかアーティスト系っぽい雰囲気になっています。実際、インパクトあるよネ。
201705062154200fe.jpg
裏はその分、シンプルになっています。

造り手であるグレッグ・ハリントンは25歳でとあるソムリエ協会のマスター・ソムリエの資格を取っちゃった超勉強家にして全米でコーチングをしている向こうのレストラン業界でひっぱりだこな人。
主要なワイン産地のみならずラスベガスやらシカゴやらでもグレッグ監修のレストランがあるそうで、正直そっちで飯を食っていけるだろう人。
しかし、そうした仕事を離れ「あ^~ワシントンでワイン作りたいんじゃ^~」とワインマニアに良くあるパターンである自分でワイン作っちゃうぞ脳になってしまった訳です。
で、レストラン監修業から離れて2005年にワイン造り、すなわちグラマシー・セラーズを始めます。
グラマシーは日本語で訳すと驚きだとか感謝って意味で、ニューヨークのグラマシーパーク(むしろこっちのが有名なのでは・・・)の柵を現代アーティストであるドロール・ベンシェトリット氏がデザイン!
なんでワシントンのワインなのにニューヨークの公園なんだややこしーなー
今回のローワーイーストは彼のアイテム、つまり本家に対するセカンドの立ち位置。
セパージュは典型的左岸クラレットで、ほぼカベルネにメルロとフランという標準的スタイル。
米代表的な雑誌掲載歴までは調べなかったのですが、現在も客員講師やら自分が取ったソムリエ協会の理事になったりとむしろスクールビジネスで稼いでたりしており、まさにワシントンの「権威」によるどっちかというと低価格帯?なのです(と呼ぶには少し値がしますが)
そんな権威のアイテム、どのくらいかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
確かに典型的ではある、かな・・・?
すごくワシントンカベルネしてると思います。
ちょっと暗くて、ちょっと重たい。レオネッティとかと同様の渋いハードボイルドな作り。ワシントンって個人的に「カリフォルニアの甘さとは無縁だけど、ちょっと大人クールしすぎてて近づきにくい」感じなのですが典型的です。

2017050621544279c.jpg
色はかなり強くギリギリ透けるかな?程度のクリムゾンレッド。
香りにタニックさが出ているといいますか、全体に渋い構成。
それでも若干甘味を思わせるジャミーさがあるのですが、全体に暗みの方が大きい静のワインであることを香りから思わます。
・・・・・・あ、たまーにこういうワインのことを記事にしてる訳ですけれども、このタイプが「悪い」のではないのは覚えておいてね。
これが個性、良さなのです。
味わいも同様に全体に大人しくクールな印象。
メガネっ子であります、カベルネ主体らしい青さもほのかにカシスの渋みを強く打ち出しつつ酸味甘味も捉えてあるタイプ。
クイルシーダよりはレオネッティに似ます。え、わかりづらい?要するにあんまりバニラの印象がなく、むしろ果実の印象が高い。
日数が多少経ってもあまり状態が変わらないぐらい、閉じているといえば閉じたアイテムです。
ときおり美味しい瞬間があり、まるで微笑まれたかな?みたいな甘味と酸味がふっと出る瞬間があるんですが次にグラスに注ぐともう渋めな印象になっていたりで気難しい子です。
完璧にメガネクール綾波系。ワシントンらっしー!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
定価で5000円ぐらいしてしまい、それでも赤では最安値(ヴィオニエが一番安い?)
このワイナリそのものが全般的に高めだったりします。
ワシントンらしさを体感するスタートアイテムとしては適切かなーとも思います。高級ワインに片足突っ込んでる堅さ。
同時に、わざわざこれでもなくてもとかもっと安いのないの?と思ってしまうのも人情か。
ワシントンの権威が、実に正確にワシントンらしさを表現しているという、権威が作るワインらしいタイプ。
(権威が新規参入で作ると大抵、従来からの言われに沿ったワインになるか自然派風の実験的でおかしな事をやらかすかの二択かなと思うでス)
ワシントンのテキストとしては存分に優秀。ただ、あんまりワシントンでそういう機会をやろうという人がいないのはネック?
または、プレゼントには「驚き」という名前やアーティストラベルなのを考えてプレゼントへの利用は可かも。

というわけで、グラマシーセラーズよりローワーイースト版のカベルネでした。
偏見だとも思いますが、忠実にワシントンカベルネだなぁと思わせてくれるアイテムですネ。
ちょっとお高い気もしますが、らしさを体感するには持ってこい。どっちかというと勉強家向けのワインかもしれませんネ。

現行は2013に。


青髪+メガネ+ショート+クールの典型的な古典フォーマット。

| アメリカ | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深夜の簡易更新ー。もう売ってないかもな、格安リースリング。 ホーグ・セラーズ・リースリング2013

うぇるかむ!
えー、昨日は子供の日ということで、ソレ向けの更新も考えてたのですが・・・うっかり寝ちゃった(テヘペロ)
なので、こんな深夜に起きてしまいかつ簡易更新でありますOTL

20170506023651df3.jpg
ホーグ・セラーズ・リースリング・コロンビアバレー2013

本来なら通常更新枠で・・・しかも、今月のお買い得枠にしようかと思ってたのですが、このワイン実は輸入元が輸入やめちったのでセールがかかってたもので、もう楽天内でも売っておらず・・・・・・あとはもう自力で探すしか無い状態になってます。
そんな訳で、こういうのってロマネ・コンティ買うより逆に難しかったりしますから(店舗に在庫があるかなんて運であるし)簡易でと。

201705060237057c4.jpg

ホーグ自体は結構老舗で、元ホップ農家のマイク・ホーグという方が趣味でリースリングを植えてみたところからスタートします。
1974年から栽培を本格化させてワイナリとしては1982年に瓶詰めを出荷してスタート。
現在では30万本も量産する大きなカンパニーになりましたとさ・・・・・・という事で、ワシントンではサンミッシェルだとかと並ぶ大手かつ老舗。
中でも最初がリースリングスタートであったように、このリースリングが最も著名なのですが、現在の輸入元がとりあえず扱いをやめちゃうそうで輸入停止。うーむ。

20170506023715f58.jpg
味わいも実に真面目にリースリングしてまして、オイリーかつフルーティ。
酸味は控えめな辺りがアルザスと違う、甘味とオイルの方向性はまさにワシントンらしさ。
それでいて、あんまりダサすぎる甘さにはなりきっておらず、1500円以下で売ってたのは格安という他なかったッス。
よく出来た王道ロボットアニメ的な、アイテム。

こういうのが輸入停止になってしまうのは、残念な感じがします。生産量が多い訳だし、もっと売り込めば良いのにーとか思っちゃう。
ワシントンリースリングの定番がひとつ消えるのは寂しいものであります。ABAYO!

なお年号が違うと多少ある模様

| アメリカ | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3人の泥棒?ビジネス畑からの「うまけりゃなんでも良かろう」な刺客。 スリー・シーヴス・ピノノワール2015

20170504231427914.jpg

≫ Read More

| アメリカ | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

40周年記念版、アメリカ古参ナパカベの確かなベテランの風格! ジョセフ・フェルプス・インシグニア2013

うぇるかむ!
昨日、シュグで更新した際にこのワインのリンクを貼ろうと思ってたら見つからず、なんと更新忘れしてたことに気づいたのでした。
パーカーたん暫定100点まで行ってるのにナ!

20170503220253b8b.jpg
ジョセフ・フェルプス・インシグニア2013
一応40周年記念ラベルだったりします。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
このアメリカンスタンダードな重々しさ!
ボトルっていうかラベルの雰囲気ネ、思いっきりアメリカーンだと思うわけです。最低限な情報量はありつつ、シンプルに黒囲いのワイン名などなど。
文字列でデザインするときの定番に沿ったラベルデザインではあります。っていうか、ここを皆真似た?ってぐらいにアメリカでは老舗ですし。

20170503220323344.jpg
今回の2013年ヴィンテージのみ、こんなマークがついていたりします。そう、40周年。アメリカで現役なワイナリとしては充分老舗。何せ元祖プロプライエタリー(数種類のワインを組み合わせといて高級アイテム)ともされてたりするぐらい。
2017050322034648f.jpg
裏もシンプルにブレンド比率。セントヘレナという地区が本拠地ですが、自社畑がめっちゃ点々と存在していて畑すらも組み合わせです。一番多いのはスタッグス・リープ・ディスクトリ地区らしい。

ジョセフ・フェルプスの起こりは元建築業界人だったジョー・フェルプスが1972年に設立されたブランド。
最初のリリースは1973年・・・なので、40集年記念が2013ヴィンテージという扱い・・・だそうですが、その時はまだインシグニアは作られてなかった様子。
昨日紹介しましたシュグのウォルター氏と1974年にリリースしたのがこの「インシグニア」です。
勲章、と名付けられた・・・っていうか、他とは違うんだぜ!という自信満々な名前のこのワイン、90年台に入ってからは米国の各雑誌が高評価で拍手喝采しまくり、ナパの重要なワイナリとして必ず名前が出てくる程です(上述の通り元祖プロプライエタリだし)。
今回の2013年は久々の「パーカーたんが100点をつけそうなインシグニア(98+でフィニッシュ?)」で、ここ最近では珍しくパーカーたんが何度か試飲しなおし、
「確実に、インシグニア史上最も偉大なヴィンテージ!アメージングな余韻の長さ!!2012年より多分良さ気。」
となかなかの絶賛。
そんなこんなで、偉大なるナパの伝統とも言えるアイテムなわけですが、実際問題どうなのよ?と。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ベテラン執事だ・・・・・・
ベテランの玄人さですね。昨日のシュグが知的女子ぐらいのとどまり方(同じくクラシカルな造りなのは、今だに両方のワイナリにその血が通ってるのか?とは思うが)なのに対してこっちは完璧に玄人好みの名執事。かしこまりましたって静かに低い声で言えちゃう感じ。
20170503220403c6e.jpg
色は透けない中心は黒に近いクリムゾンレッド。
香りからしてコーヒー&チョコレートなしぶーい印象が漂います。インキーって奴ですネ。
ですが、同時に紫の果実感も忘れている訳でもなく、このあたりが自然とこなせているのはブレンド力と言えるでしょう。
かなり力強いブドウ構成な訳で、そうすると更に暗くなってしまいがちだったり、ジャミーすぎたりするもの。それがない。
味わいも流石に呑み頃じゃなかったかな?という気はしますがド渋い印象で、コーヒーチョコの、それもビターさが激しい。
と、どうじにどっしりと重たい味わいで、チョコチョコしつつ上手いことまとまっています。
ちゃんとオモテナシする感触があるといいますか・・・ボルドーで固いと本当にタニック!ターン終了!!投了です!!!ぐらいに潔く終わりすぎて悲しくなる事もありますが、これならまだミルキーさなども残っており、また果実が静かに強い事がわかるという。
ギッチリしすぎず、しかし全体にはビターさが漂う加減に培ってきたパワーを感じる・・・・・・というのがベテラン執事と表する所以かな。
も少し開けた印象があると満点!てな気分ですが、恐らくこれ呑み頃ではてんでないのですよネ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥?
いわゆる「アドヴォケイト満点歴のあるナパ」の中では3万円ギリいかないぐらいの価格は「安い部類」だったりします。
大体がして歴史観で言えば、スタッグス・リープやオーパスやドミナスなどなどと同格ぐらいですし。シェーファー・ヒルサイドとかよりは安い訳で。
とはいえ、まぁ値段は値段ですし「測るものでもない」気がしますが、まぁ準お買い得くぐらいなのではないかと。
カリフォルニアの高額アイテムを色々呑む、という人にとっては一度は呑む経験が必要なアイテムだけあってプレゼントにもグッド。特に40周年記念ラベルなのでそこに合わせたらなおグッド。
因みに、12300ケースも作っておいて「インシグニアの中では小規模」とパーカーたんが言うぐらい数は作ってあるのでレア度は高くないのも手に入れ安さという点ではいいかな。
ナパ高額を知るという意味では最適レベルのひとつかもしれません。ずいぶんとお高い登竜門ですけどネ!!!!!!!

というわけで、インシグニア2013でした。
ジョセフ・フェルプスという歴史、ちゃんと感じさせる納得の出来なのでした。
飲みやすさとかよりも、自分ところの歴史観の方が感じさせるというまさに上位の重みがあるワインでしたネ。
寝かせられる環境がある人なら、持っててもいい高額アイテムのひとつかと感じました。

ショップ自体は色んなところで売ってますから、好きなところで。


二次元の執事がオジサマ寄りの風貌ですら、このワインの渋さに敵ってなかった為、実写本を貼るのであった。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図説英国執事 [ 村上リコ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/3時点)


| アメリカ | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラッキーな古酒に遭遇!カーネロス老舗の10年近い熟成メルロはやっぱり美味しかった! シュグ・メルロ・カーネロス2008

うぇるかむ!
昨日はワシントン最高レベルのメルロだった訳ですが、今回はグッとグレードは下がりつつもソノマの良品。
201705022139465a1.jpg
シュグ・ソノマヴァレー・メルロ2008
掘り出し物であります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルのアイコンはとにかくダサい
これだけは大文字にして言っておきたいぐらいにはアイコンのオッサンがダサいんですが、ある意味では伝統的なワイナリらしいのかなーとも・・・・・・お、思えません?
20170502213953031.jpg
裏は普通ですネ。

造り手のシュグ・カーネロス・エステートは故ウォルター・シュグ(2015年没)というドイツ移民の方が1980年に立ち上げたワイナリです。
シュグ家はそもそもからしてドイツのワイナリ。世界を飛び回りつつウォルター氏はジョセフ・フェルプスで担当をし、世界中から「
すげぇ醸造家現る!」と話題になりました。
そこからの独立という事で、当時は話題になったそうな(もう35年は前の話ですが)。しかもジョセフ・フェルプスもかなり支援していたという。


なにせこれの醸造長ですからネ。
しかし高額ワインは日本のシュグのラインナップにはなく、いずれも5000円アンダーで推移した中量級のアイテムがならびそもそもカーネロスという地域がもっぱらピノとシャルドネに強い「スパークリングの地域」だったりするので、特段ここもカベメルが目立ってたりはしません。
っていうか、シュグ自体でもピノ単一の赤い泡とかのが奇抜さ故か知名度が高かったりします。
また、アメリカーンのワインとしては非常に珍しくヨーロッパに3分の1も卸している(自国のワインを呑む文化のヨーロッパとしては異例)という実績があり、日本の割り当ては多くはないようです。
今回はそんなシュグのメルロなんでありますが、実はこれバックヴィンテージ。
現行は2012や2013年。そう、これたまたま売れ残ってたので私買ったのです。
今から00年台のアメリカってそういう専用のリリースでもないと意外とないのですよ・・・・・・
とはいえ、一部では早のみの方が良いとも言われてたりしたのを目にしたんですけど、実際どうなの?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥
うん、なかなかな熟成メルロ!
いい具合にコレが収まってるじゃーありませんか!ラッキー!!
非常にこなれたメルロに仕上がっていました。熟成しきってない程度の果実の質もグッド。
20170502213959093.jpg
それにしてもこのオッサンのダサさよ・・・
色は少し褐色が入っていますがそれでも透けは薄いクリムゾンレッド。
香りはかなり落ち着きがあって、プラムなどの紫果実要素も推しが強いほどではなくほのかに熟成による梅、樽感も控えめに出ておりビターチョコっぽさの方が優先されてるかな。
味わいは口当たりのなめらかさは流石メルロって感じ。
その上で、紫果実と赤果実(これは熟成から感じるのかな?)のミックスされた質感があってじんわりと溢れるんですネ。
このしっとりとしたはんなり具合がいいですね、ビターな中間のチョコっぽさといいクラシカルな印象を受けます。
アフターも程よくととのってかつ10年近い歳月のわりに果実感もちゃんと感じさせ、ついつい呑んじゃうタイプ。
古酒にしてはオリが少なかったのは気になりましたが、スタイルとして綺麗に整っているメルロと言えるでしょう。
苦味を雑味と捉えるなら別ですが、飲みにくい要素もなくなるほど良質なメルロスタイル。
インテリジェンスな雰囲気があるタイプのカリフォルニアかな、とてもキッチリと作ってあると思います。
完璧にメガネのロング女子。ただ、上司OLってな年増感がない、クールな学級委員長とか科学系大学生寄りのタイプ?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(ただし買えれば)
08年に関しては良好・・・だけど・・・・・・
これが現行じゃないですからネ。たまたまのラッキーな気もしますし。
とはいえ4000円程度のメルロ10年熟成としては充分に出来が良いアイテムだと感じました。
ちゃんとカリフォルニアにやってほしいメルロしてるし、凄く知的なワインでした。
プレゼントにはどこかダサい印象もあってイマイチですが、結構テクいワイナリだとするとワイン会の隠し球にもなりえるかも。

というわけで、シュグの08年メルロでした。
もっと崩れがあるかなーと思ってたらかなりしっとりと作ってあるワインだなと感じさせられました。
産地としては若干メジャーでもないカーネロス・メルロですし、お勉強にもいいのかも。
カリフォルニアはこの辺りの「ド大手というには少し違うけどまぁ大手」ぐらいのところは甘さに頼り過ぎないところが多くて、今の感覚では良いプロダクトができているのではないかと思います。

現行品はちょい値上がりしてるっぽい。


あくまでもクールなのはマキノくんっぽいネ

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アメリカ | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT