オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セントラルコースト大手のマジ!・・・ってどうなのってこっそり更新したくなる感じ。 ルシエンヌ・ローンオーク・ヴィンヤード

うぇるかむ!
9月に入り、なんだかTOKYOはすっかり涼しい気がしてびっくりしますが、これからこそ映えるのはピノかなぁとか。
秋口のがピノは美味しいと思うのでス。や、ワインは年がら年中美味しいけどサ。

20170828212617ffe.jpg
ルシエンヌ・ローンオーク・ヴィンヤード
これが結構ぶったまげました!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものはシンプルすぎてインパクトが薄い感じですネ。文字配列とかも良くないしナ。
20170828212632e1f.jpg
裏も特別凄いことが書いていない雰囲気。

造り手はハーン・エステート。ド大手・・・なんですが、実は当ブログではあんまりわざわざ取り扱っておらず、むしろ数年前のサイクルズ・グラディエイターぶりな程でした。
ニコラス・ハーンという方が創始者で鶏が目印云々・・・と話せば長くなるので、今回のルシエンヌについてだけ書くと、基本的には安旨系ブランドをやたら展開しているハーン・エステートにおける「プレミアム銘柄」がこのルシエンヌシリーズです。
ニコラス氏のミドルネームが「光の守護聖人サンタルシア」なんだそうで、その女性形の名前にしてルシエンヌ。その王冠がシンボル・・・・・・なんだけど、やったら地味よね(正直)
実はSLHことサンタ・ルシア・ハイランズが「AVAになったきっかけ」も実はハーンなんだそうで。日本でいったら、お米のブランドを立ち上げたみたいなもんですヨ。結構凄い事でありまス。
で、ルシエンヌシリーズの特徴は「単一エステート畑もの(自社畑)」のシリーズで現在は4つ展開されているとか。
それも、どれもピゾーニの隣とかにあるんだそうで、今回のローン・オークもロゼラスのお隣畑。
ジェフ・ダナック(アドヴォケイト)がパーカーポイント94点をつけ「600ケースしかないけど探しとけー」と促してたりしてて割りと良さそうな素材が揃っている・・・・・・のに、何故か地味さと安ブランドのワインにその値段はどうなの?みたいなコノスル・オシオみたいな感じにもなっているアイテムだろうと思います。
で、その実態はですネ・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(カリピノ好きなら+♥)
典型的海岸沿いカリピノの忠実な美味しさ!みんみー!!
良いカリピノの実例ですネ。まさに教科書どおりに「カリピノ」それも「上位のセントラルコーストピノ」といっていい出来です。
基本に忠実で、甘く、その甘さがとても綺麗にキュートにアイドルチックに仕上げてあります。

20170828212646631.jpg
色はクリアめですがそこそこ強いレッド。
香りからしてチェリーのジャム、それと紅茶感少々。
とても寒冷地寄りの雰囲気があります。で、どれもがかなりセンスが良い訳です。
チェリーのタッチは甘さが多めなもののフレッシュでクランベリーなども含みますし、紅茶感も程よくダージリンを思わせるモノ。
あんまりオレンジや塩っぽさとかはないタイプで、味わいも基本はストレートです。
みずみずしい口当たりにチェリーがふんわり素直に広がり、それから茶葉、果物の種類に広がりが見えてそのまま元気な果実感を残して甘めのフィニッシュ。
果物の実力が高いのがわかるのは全体を通して甘めの果物感があるのに、どこにもチャチな印象がなく数日経ってもこのフルーツ中心の甘味の良さが残り続ける事。
たまに当ブログ、芯が云々言うことがありますがコレは間違いなく「芯にブレがない、そして強い」タイプです。
変化球も何もなく、ただ良い果実を使い適切なフレンチオーク比率による仕立てであるという事。
一流の普通さ。なんてったってアイドル。極上の島村卯月。う、うじゅきぃ~(cv:渋谷凛しゃん)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(高額ピノと比べるなら+♥)
どっちかというと「美味しいカリピノの勉強がしたい」という人向けのアイテムでして、またはコレ呑んで「カリピノって美味しくないんだな・・・・・・」と思ったら多分カレラ・ジェンセンとかもっと美味しくないしピゾーニ系もヒットしないだろうと思います(イガイタカハとかシースモークとかのタイプなら別か?)
それぐらいにスタンダードな上位の仕上がりで6000後半から7000円程度です。
安い!とは流石に言えない値段のアイテムであり、プレゼント用途とかにはあまりに地味すぎるのでオススメしがたく最高評価と言いがたいのですが、しかしアメリカ高額ピノどうしで比べると例えばラトーならマチネですしカレラだとヴィリエ辺りの最近のアイテムになってきますし・・・・・・そう考えると安いよねっていう。
上述のとおり、プレゼントであんまり喜ぶ人はいなさそうな地味なステータス、それに反する中身なので基本はワイン会や自分用だろうと思います。
最上位クラスのピノをギリギリまでお値段下げて呑みたい!という欲望まみれの方が買い占めるべきアイテムです。

というわけで、ルシエンヌ・SLH・ピノ・ローンオークヴィンヤード2014でした。
正直、ハーンの事甘いばっかりだと思って舐めてました!
その部分はこのアイテムにもあれどそれがずっと洗練されるとこうなるのか、と驚ける内容でス。
いやー、ワインって呑んでみないとわからないですなぁ・・・・・・

楽天ではお店によって値段が妙に異なります。これが最安値かな?


渋谷凛「う、うじゅきぃーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

| アメリカ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々のロデレール米国版最安値がやっぱり良く出来てる件について。 ロデレールエステート・カルテット

うぇるかむ!
ちょっと久々に呑んだもので簡易更新で・・・・・・
2017081507422229d.jpg
ロデレール・エステート・カルテットNV
前々から「ENOTECAはこれをハウス泡にしては?」と言ってる奴ネ。

実は随分前とあんまりイメージが変わってないので、もろもろは省きます。
ちょっと当時の評価は高すぎたかなぁ?とは思うのですが、しかし良く出来ているのは変わらず。本家の最下層より美味しいのも同じ。
20170815074231cf7.jpg
2017081507424241c.jpg
この辺りは相変わらずなのですが、

20170815074254c43.jpg
詰め時とかちゃんと書くようになったかも?

味の方は本家とはうってかわって力強いタイプなのは同じく。
泡は強く金よりのイエロー。
香りにバターが強く、ダイナミックな味わいも健在。
ゴージャスでチョコっぽい苦味は多め、ガッツリとしてますけどそのなかでバランスもとっている。
強いフルーツにチョコも大きく、本家とは別物のがっちりとした泡であり、改めて旨い。
美味というより旨いって感じ。
2017081507430320f.jpg
昔よりENOTECA本家では1000円ぐらい値上がってた(いや、変わってない?)のですが、なんとかまだまだ3000円ぐらいで売っているお店もあるので、相変わらずお安いなあとしみじみしてしまう。
やはり「買い」のアイテムだろうと思うんですヨ。

久々のカルテットでしたが、変わらずに安定したどっしりシャンパーニュ風。
アメリカ泡のクオリティを感じるに充分なのが大手にあるのはいいよネ。


お店で値段とかその他バラバラめなのでお好きなショップで。


カルテットで検索してたら卓球用語?でもあることを知った
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルテットAFC
価格:10530円(税込、送料別) (2017/8/15時点)


| アメリカ | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アラサーによる新たなるカルトワイン?ファーストヴィンテージから、なかなかの通好みな・・・・・・ 86・87ワインズ・プロプライエタリーレッド

うぇるかむ!
レア物に対して敏感めな当ブログ。
今回のアイテムも恐らくレアであり・・・・・・今後値上がりそーな気がするアイテムです。

20170727214045224.jpg
8687ワインズ・プロプライエタリーレッド
なんとも怪しい感じでありますナ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
なんとこのワイン、2013年がファーストヴィンテージという超最新のナパワインだったりします。
8687という数字は何か?というと、実は作ってる姉弟の生まれ年=1986年と1987年の下二桁まんまというアメリカーナな名前だったりします。
で、まぁ、1987年だと30代よねふたりとも・・・・・・
20170727214100717.jpg
ちょっとラベルも凝っており、数字の部分とかは印字が凹んで作ってあったりします。カルト感が抜群。
86年生まれが姉のキャロラインおばさんで
20170727214107530.jpg
87年がジェフリーJuniorおじさんです・・・・・・・
え?30歳ぐらいでおじさんおばさんはないだろって??ヲタク界隈では20代から既におばさん、ランドセルを背負わなくなったらロリじゃあないのです

上記の姉弟は実のところ、アメリカで最近ちょいちょい見かける「有名ワインの作り手の息子系」のひとつであったりします。
そのワインとは、シフレット。


ここのジェフリー・シフレット氏がお父さんってな訳。
元税理士で、彼の父親(今回のワインを作ってる二人からするとおじいさんか?)から引き継いで本格的にワイン業をはじめ、アメリカ最強のレストランと言われるフレンチ・ランドリーのテーブルワイン採用から人気が出たワイナリー。
その新レーベルみたいなのが今回のワインです。
日本市場では2013年と2014年が出回っていますが私が試したのはファーストヴィンテージの2013年。当たり年だしネ。
2014年はメルロが若干入ってるらしいのですが、この2013年は弟の知り合いからのカベルネとシフレット・エステートのシラーの50%ずつというエルミタゼ風。
このヴィンテージ以降はメルロが入っている様子。
実力者の後継者は今、どこも注目されているジャンル。
シフレットの息子たちは果たして?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
フードフレンドリーなナパの極意を体得している!
ハッキリ申し上げて、これは相当期待出来ると思います。モーガンJuniorより個人的にはグッドかもしれない。
ナパらしく、かつ濃すぎない具合をエルミタゼで良くぞまぁやっているんじゃないかと。

20170727214028cdf.jpg
色はクリムゾンレッド寄り。案外と紫度が高くありません。シラー多めなのにネ。
香りに赤果実と紫果実のミックスが主体に程よくミルキーさ。
ここの主張は高くありませんが、香りのまじり具合やテイストの品の良さはなかなかのモノ。
バランス感が香りから感じられるのがいいですネ。
そして、味わいもナパメイドスタイルさはありつつも、とてもバランスが優れておりオーパス・ワン寄りの印象すら与えます。
シラー多めなのにネ。
まとまりの良い果実感とミルキーさの配合、しなやかな口当たりとアフターの小気味良い感覚。
ある種、高得点を取るような濃度やアフターの長さや複雑さではありません。
しかしながら、きっちりとしたまとまりと万能な味わい、それでいてナパの良さはちゃんと体現しています。
著名レストラン採用から人気が出た父のワインの系譜を見せるようなフードフレンドリーなナパと言えるでしょう。
色んなところで邪魔をしないメイドさん風味。メイドはあくまでも給仕役というのをわきまえたような地味でありつつ、しかし魅了される謙虚さをもったエマ的クラシカルメイドの味わい。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(買えたら)
買えたら買いの部類の新世代
名前の絶妙なカルトなのにダサい感じに比べ、カルトワイン要素というよりはレストランワインさと品のいい仕上がりにちょいと驚くワインでした。
この実力でミドル価格帯の6000円前後は相当に買いの逸品だろうと思います。
まぁ、史上の出回りがめちゃくちゃ少なくそもそも最初の年号に至っては87ケースしか作られていないとかいう名前通りの数でやってたというだけに・・・・・・まぁ、しょうがないかー。
今後の生産量は既に200ケースまで伸びているようですし、質はそのままに買いやすく価格もそのままになるといいかなーと思います。
ナパらしさはちゃんとある上で、食事にぴったりなのであらゆる場面で万能です。
もちろん、8687年生まれの人ないしなんかそういう数字に引っ掛けてプレゼントには最適。幅広く使ってみてください。

というわけで、86・87ワインズのカベルネでした。
あとはもう中川の仕入先が増えるのを期待するしか無い感じです。それぐらいに良く出来たワインだなというのが感想。
ナパに濃さだけを求めるなら、あんまり良くないかも?ですがワインとしての品位の良さを体感したいなら是非。

今後カルト足りえるでしょうか?


次の年号まではできていて、メルロがプラス。


多分これ英国系評論家が好きなタイプ。

| アメリカ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カリカベの王道的チョコレートっぷり! ケイマス・ヴィンヤーズ・スペシャル・セレクション2013

うぇるかむ!
なんだかんだ言ってアメリカワイン特集をするつもりが全然出来なく申し訳ないッス・・・・・・
と、いうわけで、今日はアメリカを代表するアイテムのひとつで。

2017072623071285b.jpg
ケイマス・ヴィンヤーズ・スペシャル・セレクション2013
王道中の王道ッスネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ケイマスといえば、「カリカベの王道」とも表されるワイナリであり、当ブログでも
このスペシャル版の古酒での更新をしておりますし、
通常版も少々前にはなりますが更新しており、
系列のアイテムも含め、やってたりします。
20170726230724e32.jpg
サインがやたら格好いい。
なお、スペシャルと通常の違いは良い年のバレルセレクションもの(単純な樽違い?)を年数をおいてから出している様子。

20170726230734bce.jpg
アルコール度数の高さが流石ですネ。
あ、なお裏ラベルがないので(エノテカシールしかない)こうして二枚貼ってまする。
というわけで、久々のケイマス。それも、フラッグシップのニューヴィンテージであります。
なんとなく予想はしていたのですが・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
チョコみたい・・・・・・
なんというか、こう、チョコレート溶かしたような感じ?チョコレート飲料とも違って、溶けたビターチョコみたいな感じなんですネ。
90年ケイマスなどにもあったどこか苦い要素はスペシャル系の特徴なのかしらん?
20170726230744d3a.jpg
色は透けない赤紫。
香りにミルクチョコが豊満ボディで果物というよりもチョコな訳です。
特にミルキーさというか樽の効きっぷりがムンムン。ガッツリ樽使ってるゼ!と暑苦しいほどに主張してきます。
味わいも同様に。
だけど、少し苦味があるのは特徴なのか目立つんですよネ。
アタックからカシスとむちゃくちゃな強さ樽感の応酬!
と、そこにカカオの苦味がじっとりと中心で座っているんですネ。なんでか知らんけど。
そうした要素の強さが相成って、甘いと同時に苦いがしっかりと効いているという訳。
最初から最後までその強さが変わらず、甘やかせなチョコの甘みにビターさが乗り続けこれをチョコと表現しなかったらなんやねん!ぐらいの勢い。アマローネが案外近い?そのぐらいに濃密です。
メイドスタイルの王道でありつつ、どこか毒をうってくるような感じ。なんか裏がある感。
アメリカを体言したような強さのワイン。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
大体通常版のケイマスの倍のお値段設定でして、18000円前後。
コスパでお得かというと、確かにアメリカカベルネの真髄を体現しているのは事実なんですが、値段としてはもうちょっと洗練とした気品が欲しいというもの。
クラシカルなアメリカの古き良き味ってな具合で、アメリカワインを知る意味ではこれ以上ないほどのサンプルでしょう。
あんまりこのタイプ、日本人ウケしない感じはするッスね・・・・・・
ENOTECAが輸入開始したことにより、見かけることが多くなる人は増えそうなので、なんらかの機会に是非飲んでみてください。

というわけで、ケイマスのスペシャル・エディションでした。
ケイマス系列は全体に甘さが強く撃ちだされている印象は前からありましたが、同時にどっかしらで苦味を残すのも特徴なのかなーと(そしてそれが、評判の割に案外とスコアが伸びていない原因?)
アメリカワインを知る上で必要不可欠なアイテムでありつつ、個人的には「もっと凄いのもあるのぜー」とは言いたくなる立ち位置。
バットにコルクを入れマースみたいな(唐突なネウロネタ)

市場では案外残っておりバックヴィンテージも豊富。


もういっそアカラサマだぜ!

| アメリカ | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

訴えられた系ワイナリ鹿版?オージーが米国に殴りこんだ?? ザ・スタッグ2014

うぇるかむ!
ここ最近、だらしない更新が続きすぎている当ブログ、申し訳ないッスながら忙しいので許してくりゃれ・・・・・・ま、そんな弱音はさておき今日はかなり曰くモノ?

20170710173924261.jpg
ザ・スタッグ2014
スタッグス・リープのワイン・・・・・・・では!ありません!!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
スタッグス・リープがまるで関係ないのに鹿なので訴えられてます





スタッグス・リープに関しては、スタッグス・リープとスタッグス・リープ・セラーズですでにもめてたりしましたが、そこに割ってぶっこんできたのがこのワイン。
これまでのどのスタッグスとも全く関係がない、むしろオーストラリアが主体のワイナリの殴り込みカリフォルニアアイテムです。
20170710173934933.jpg
ていうか、こんなの見分けつくかいな・・・そりゃ訴えられたっておかしくないでス。

作り手はセント・ヒューバートという実はオーストラリアのワイナリです。
トレジャリー・ワイン・エステーツ傘下のそこそこ老舗であり、グレッグ・ジャラット氏がメイン醸造家(コールドストリームヒルズの人だヨ!)で、モロにオージーのワイナリ。
が、何故か突然「カリフォルニアワインつくりたーい!」と言い始め、ベリンジャーの醸造家であるライアンリッチ氏が醸造担当としてついて執り行ったのが今作。
しかも今回スタッグス・リープに訴えられて今後は別名称および別ラベルになるっぽい・・・・・・のですが、元々はスタッグス・リープ・ワイナリーの醸造設備を借りて作っていたとかなんとかでもう訳がわからないドッタンバッタン大騒ぎであります。
ノースコーストエリアのマルチであり、ブドウから何から本当にスタッグスが関係ないアイテムでありますが、紛い物として終わるのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
カリカベとして良く出来ている!
ナパの風格とかはないんですが、甘目タッチでありつつそこそこ整っていてそれなりにメイドさん感覚もあります。ただ、どこかパチモン感はあるかも。
20170710173952445.jpg
色は若干透けるクリムゾンレッド。あんまり紫でもありません。
香りから割りと甘さはあり、ミルキー&カシスなタッチ。コーヒーというほど濃くなく、またハーブ要素は薄め。
全体にはぼんやりとした香りで、しかしながらアメリカンカベルネに必要な要素は揃ってる感じ。
味わいも定石をしっかりととった形で、アタックの果実感とバニラの風味、甘味が多めでアフターまでそれなりに続くという構成。
甘味要素の部分がより複雑さがあったりすると高級ワインとなるのですが、その要素はちょっとチープめなのが惜しい所。
とはいえ、あまりタニックにはならず飲みやすいスタイルは良く出来ていると思います。
アフターもそこそこにあるので、カリフォルニアカベルネとしては充分に質感をもっているというのは事実。
本家スタッグス・リープの鋭さとかは微塵もないですし、系譜としてはむしろ作ってる人の為かベリンジャーとかの大手感すらあり。
ですが、アメリカーンな印象はたっぷりとありますし、それらをしっかりとこなしてはいます。
まさに深夜アニメ枠。どっかで見たことあるようなコメディ。ただ、覇権とはならないニュアンス。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
値段は実のところ3000円ぐらいで、お買い得アイテムではあります。
日持ちも割りと良く、お手頃に楽しめるのは確かなので、気軽な萌えを楽しむにはいいんです(まさに深夜アニメ)。
贈り物としてはワインに詳しい人には「贋作感」がちょっとしちゃうので、コメディアイテムとして捉えられるラフさがある人向け・・・・・・つまり、よっぽどでなければ向いてません。あんま知らない人がヘタに検索して勘違いしても困るし。
あくまでもデイリーないしワイン会向けのアイテムでしょう。アメリカ赤の勉強としては模範的。

というわけで、ザ・スタッグスでした。
とにかく怪しい贋作感がラベルからムンムンなわけですが、そういう要素を省けば普通なアメリカワインちょっと良い感じに収まっている内容。
20170710173942eb6.jpg
こういうどこが作ってるかわかりづらい感を除けば・・・・・・

何度「ザ・スタッグ」で調べても楽天ではこれが出てくるという・・・


結局コレ人気だったの?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エロマンガ先生 1-8巻セット [ 伏見つかさ ]
価格:5119円(税込、送料無料) (2017/7/12時点)


| アメリカ | 03:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT