オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(暫定版)マドハンドかな?もう飲めなくなるかもしれないスタッグスより・・・? ハンズ・オブ・タイム・レッドブレンド

うぇるかむ!
*最近多すぎる暫定版記事・・・すんませんであります・・・
あんまり触れませんでしたが、ナパソノマの火事はちょっとヤバすぎらしくて憂鬱なシンクです。
で、特に被害を受けたらしいのが・・・・・・
201710270821458c3.jpg
ハンズ・オブ・タイム・ナパヴァレー・レッドワイン2013
スタッグス・リープだとか。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
手こわっ!?
って感じの手がドーンって感じのラベルです。


ワイナリーの壁に掲げられた歴代ワインメーカー達の手形「ハンズ・オブ・タイム」をモチーフにしたワインだそうで、動物柄が使われていない唯一の銘柄。
201710270822390df.jpg
裏は良くある説明文タイプ。

作り手はもちろんスタッグス・リープなんですが、どこでも説明として輸入元による「ポール ホッブスから連なる」の文字が気になってしまう・・・ポール・ホブスってスタッグス・リープにも参加してましたっけ?っていうか初代醸造長みたいな書かれた方ですよネ。
また、ハイアットホテルなどで知られるハイアットグループ限定銘柄として日本では一時期入手困難だった様子。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
めっちゃ甘い!?
あれ!?とびっくりするほどスタッグス・リープにしては甘々スタイルです。
低価格でも硬派だったと思うスタッグスにしてはナパのゆる甘メイドスタイルであります。
2017102708230174f.jpg
色はクリムゾンレッドの透けない奴。
香りからしてバニラアイスみたいな甘さがギンギンにある訳です。この段階からスタッグス・リープっぽくないなぁと個人的には思ってしまう。
味わいも基本的には甘くミルク感が全体を覆っていまして、
酸っぽさとかタニックさとかがほぼほぼなく。こんなにこうした要素がないスタッグスってあったっけ?っていうぐらいありません。
甘々系のメイド味そのものといった具合。
ケイマス系よりは流石に甘すぎって事もないのですが、他とのギャップ感は大きいかも。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
5000円前後場合によっては6000円というアイテムですが、ナパ火事で被害を受けたワイナリとして今後の先行きが多少なり不安なのでその意味ではコレクターズアイテムとしては充分にあり?
ただ、基本的には万人に呑みやすい寄りのタイプでありその値段としてはまぁ普通?
ハロウィンにはギリギリ間に合う気がするので、ハロウィンにキメ玉になりえるお家もあるかもネ。

一応楽天最安値はココ?値段はばらつき多し。


なんかもう良くわからん感じのデザインだよねシャドウバースのメイド

| アメリカ | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(暫定版)独り身には響く味? カユース・ノーガールズ・ラ・パシエンシア・グルナッシュ2009

うぇるかむ!
(今回もまた暫定版です、後で修正して書ききります。)
イベントシーズンとしてはハロウィンになる訳ですが、今回はどの状況でも「独り身にはなんだかツライんだか雰囲気抜群なんだか・・・」なひと品。

20171020012701c08.jpg

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
でました、カユースのレア物シリーズ!
というわけで、作り手はカユース・・・の別プロジェクトだったらしいのですが、今ではすっかりカユースメンバーでの醸造らしく。
カユースではすでにバイオニックフロッグや
神のみぞ知るグルナッシュや
ワシントン版ビオなども呑んでいて
そこそこの登場頻度?かもしれませんネ。ラッキー。
20171020012744d8f.jpg
裏もカッコカワイイー!
ラベルのデザインはダウンタウンにあった空き家の壁からそのままコピペしたとか・・・・・・つまり、落書きまんまって事かしらん。
それにしてもノーガールズって・・・ふふふ・・・・・・寂しい夜はごめんだーい・・・・・・

ラ・パシエンシアという2005年頃にカユースチームが植えた畑からの単一ものでラインナップにはグルナッシュとシラーとテンプラリーニョ(!?)がある様子。
今回のはグルナッシュですネ。
かなり若めの樹を使っていますが、しかし各種雑誌は本シリーズ同等に高評価。
とはいえ、まぁ、当ブログ的には当たり外れの激しいのがカユース系だと思ってたりもしますが、今回はどうかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(好みは別れる)
あー、もろにラヤス・・・・・・
おもいっきりラヤスをしょっぱな感じてしまいましたネ。何というか、独特の臭さみたいのが継承?されているみたいな感じ。
20171020012725607.jpg

コストパフォーマンス(最大5pt)
コスパで語るものでもないが♥♥♥
お値段がなかなかしてしまうのとレア度の高さがネックすぎぃ・・・・・・
そうポンポンとは買えないし3万ぐらいはしてしまうので、それならラヤスとかでも変わらないのでは?となってしまいがちかナ。
とはいえ、ラベルデザインとか見るべきところはある訳ですし。


別年号が現在はもう残り数本って所存。




ガールズで楽天検索するとガルパンがアニメでは一番早く出てくるっぽい。さっすがー。

| アメリカ | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ新世代の超プラネット級ホワイト!シャブリグランクリュを超えて? リキッドファーム・ホワイトヒル2014 (今夜最終更新予定)

うぇるかむ!
*ちょっと更新途中ですがこりゃ凄いので
ここ最近、なかなかプレミアムなレンジのワインが紹介出来てこなかった当ブログですが、ちょっとお高めのヤバいシャルドネがセントラルコーストからまた出てました。

20170930225506e03.jpg
リキッドファーム・ホワイトヒル2014
セントラルコーストのヤベー奴であります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルは「地球を運ぶ花」らしく、なんだかファンタジー感がありますナ・・・そこそこのシンプルな印象。
201709302255141c3.jpg
割りとガッツリ書いてる系。上の方に畑がダダダッと書いてあります。

造り手はネルソン夫妻というもともとワインの小売業をやっていた夫婦で、その二人がブランドン・スパークスという若手のエース(現在はその弟らしい)を醸造家につけて始めたのがこのリキッドファーム。
白専門と言いつつ実は赤とかも作ってるらしい。コロナビールおじさんに似てるナ・・・・・・
そんな若手だらけのワイナリなのでありますが、特徴は「新樽も少なめ、作り方はわざと古典風」なことと「マルチヴィンヤード」なんだそうで、上述の通り畑が数%からダダダッと書いてある訳。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(しょっぱめ好きなら+♥?)
評価誌のポイントがめっちゃ高そうな味
しょっぱさを割りと大事にする事も多い白のワイン評価。塩っけかつボディの大きさ。そういう評価があがっちゃうポイントを完全に網羅しているのがこの白なのです。
201709302255252b8.jpg
何気にコルクも可愛い。

色は比較的黄緑よりのホワイト。
香りにグレープフルーツが良く出ており、同時に塩っけなどもあります。
樽の印象はそこそこ。新樽0らしいんですけど、意外と感じるかな。やっぱり白だと樽感はつきやすい的な?
味わいは非常に整ってシャブリ・グランクリュめいています。
最初からそこそこのしょっぱさを伴いつつ、ベースは果実のタフさ。果実パワー満載なのが実にいいですネ。
全体の整いはバランス良く塩っけを出しつつもグレープフルーツやライムなどの果実による苦味や甘み、少しクリーム感がありつつ程よく柑橘感がたっぷりに長めにフィニッシュしていきます。
全体の構成がとても良く仕上がっていて、多段階な作り込みをみせている・・・・・・うーみゃい!流石セントラルコーストって感じがする海感がありつつそこまでクセを出し過ぎない加減がいいですネ。
ただ、単一畑でないためなのか芯の通りはそこまででもなかったり。これはアメリカマルチヴィンヤードに何となくあるパターンかなーと思います(ブラインドで絶対あたるか?と言われたら無理だけど)。
あと一歩で最高って感じがしなくもないんですヨ。少しだけ、もうワンパンチあったらば今年一番もありえた感。


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(しょっぱめ好きなら+♥?)
値段自体は7000円超えてくるので、バリュー価格帯とは言いがたくしかし最新のカルトとかんがえるとお安いのであります。
201709302255394bf.jpg
カルトの王道、ロウキャップ。

流通は凄く少なめ。多分本数がそんなにないのでは?


なんでかコレ思い出した
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いとうかなこ/沙耶の唄 オリジナルサウンドトラック 【CD】
価格:1836円(税込、送料別) (2017/10/3時点)


| アメリカ | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セントラルコースト大手のマジ!・・・ってどうなのってこっそり更新したくなる感じ。 ルシエンヌ・ローンオーク・ヴィンヤード

うぇるかむ!
9月に入り、なんだかTOKYOはすっかり涼しい気がしてびっくりしますが、これからこそ映えるのはピノかなぁとか。
秋口のがピノは美味しいと思うのでス。や、ワインは年がら年中美味しいけどサ。

20170828212617ffe.jpg
ルシエンヌ・ローンオーク・ヴィンヤード
これが結構ぶったまげました!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものはシンプルすぎてインパクトが薄い感じですネ。文字配列とかも良くないしナ。
20170828212632e1f.jpg
裏も特別凄いことが書いていない雰囲気。

造り手はハーン・エステート。ド大手・・・なんですが、実は当ブログではあんまりわざわざ取り扱っておらず、むしろ数年前のサイクルズ・グラディエイターぶりな程でした。
ニコラス・ハーンという方が創始者で鶏が目印云々・・・と話せば長くなるので、今回のルシエンヌについてだけ書くと、基本的には安旨系ブランドをやたら展開しているハーン・エステートにおける「プレミアム銘柄」がこのルシエンヌシリーズです。
ニコラス氏のミドルネームが「光の守護聖人サンタルシア」なんだそうで、その女性形の名前にしてルシエンヌ。その王冠がシンボル・・・・・・なんだけど、やったら地味よね(正直)
実はSLHことサンタ・ルシア・ハイランズが「AVAになったきっかけ」も実はハーンなんだそうで。日本でいったら、お米のブランドを立ち上げたみたいなもんですヨ。結構凄い事でありまス。
で、ルシエンヌシリーズの特徴は「単一エステート畑もの(自社畑)」のシリーズで現在は4つ展開されているとか。
それも、どれもピゾーニの隣とかにあるんだそうで、今回のローン・オークもロゼラスのお隣畑。
ジェフ・ダナック(アドヴォケイト)がパーカーポイント94点をつけ「600ケースしかないけど探しとけー」と促してたりしてて割りと良さそうな素材が揃っている・・・・・・のに、何故か地味さと安ブランドのワインにその値段はどうなの?みたいなコノスル・オシオみたいな感じにもなっているアイテムだろうと思います。
で、その実態はですネ・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(カリピノ好きなら+♥)
典型的海岸沿いカリピノの忠実な美味しさ!みんみー!!
良いカリピノの実例ですネ。まさに教科書どおりに「カリピノ」それも「上位のセントラルコーストピノ」といっていい出来です。
基本に忠実で、甘く、その甘さがとても綺麗にキュートにアイドルチックに仕上げてあります。

20170828212646631.jpg
色はクリアめですがそこそこ強いレッド。
香りからしてチェリーのジャム、それと紅茶感少々。
とても寒冷地寄りの雰囲気があります。で、どれもがかなりセンスが良い訳です。
チェリーのタッチは甘さが多めなもののフレッシュでクランベリーなども含みますし、紅茶感も程よくダージリンを思わせるモノ。
あんまりオレンジや塩っぽさとかはないタイプで、味わいも基本はストレートです。
みずみずしい口当たりにチェリーがふんわり素直に広がり、それから茶葉、果物の種類に広がりが見えてそのまま元気な果実感を残して甘めのフィニッシュ。
果物の実力が高いのがわかるのは全体を通して甘めの果物感があるのに、どこにもチャチな印象がなく数日経ってもこのフルーツ中心の甘味の良さが残り続ける事。
たまに当ブログ、芯が云々言うことがありますがコレは間違いなく「芯にブレがない、そして強い」タイプです。
変化球も何もなく、ただ良い果実を使い適切なフレンチオーク比率による仕立てであるという事。
一流の普通さ。なんてったってアイドル。極上の島村卯月。う、うじゅきぃ~(cv:渋谷凛しゃん)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(高額ピノと比べるなら+♥)
どっちかというと「美味しいカリピノの勉強がしたい」という人向けのアイテムでして、またはコレ呑んで「カリピノって美味しくないんだな・・・・・・」と思ったら多分カレラ・ジェンセンとかもっと美味しくないしピゾーニ系もヒットしないだろうと思います(イガイタカハとかシースモークとかのタイプなら別か?)
それぐらいにスタンダードな上位の仕上がりで6000後半から7000円程度です。
安い!とは流石に言えない値段のアイテムであり、プレゼント用途とかにはあまりに地味すぎるのでオススメしがたく最高評価と言いがたいのですが、しかしアメリカ高額ピノどうしで比べると例えばラトーならマチネですしカレラだとヴィリエ辺りの最近のアイテムになってきますし・・・・・・そう考えると安いよねっていう。
上述のとおり、プレゼントであんまり喜ぶ人はいなさそうな地味なステータス、それに反する中身なので基本はワイン会や自分用だろうと思います。
最上位クラスのピノをギリギリまでお値段下げて呑みたい!という欲望まみれの方が買い占めるべきアイテムです。

というわけで、ルシエンヌ・SLH・ピノ・ローンオークヴィンヤード2014でした。
正直、ハーンの事甘いばっかりだと思って舐めてました!
その部分はこのアイテムにもあれどそれがずっと洗練されるとこうなるのか、と驚ける内容でス。
いやー、ワインって呑んでみないとわからないですなぁ・・・・・・

楽天ではお店によって値段が妙に異なります。これが最安値かな?


渋谷凛「う、うじゅきぃーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

| アメリカ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々のロデレール米国版最安値がやっぱり良く出来てる件について。 ロデレールエステート・カルテット

うぇるかむ!
ちょっと久々に呑んだもので簡易更新で・・・・・・
2017081507422229d.jpg
ロデレール・エステート・カルテットNV
前々から「ENOTECAはこれをハウス泡にしては?」と言ってる奴ネ。

実は随分前とあんまりイメージが変わってないので、もろもろは省きます。
ちょっと当時の評価は高すぎたかなぁ?とは思うのですが、しかし良く出来ているのは変わらず。本家の最下層より美味しいのも同じ。
20170815074231cf7.jpg
2017081507424241c.jpg
この辺りは相変わらずなのですが、

20170815074254c43.jpg
詰め時とかちゃんと書くようになったかも?

味の方は本家とはうってかわって力強いタイプなのは同じく。
泡は強く金よりのイエロー。
香りにバターが強く、ダイナミックな味わいも健在。
ゴージャスでチョコっぽい苦味は多め、ガッツリとしてますけどそのなかでバランスもとっている。
強いフルーツにチョコも大きく、本家とは別物のがっちりとした泡であり、改めて旨い。
美味というより旨いって感じ。
2017081507430320f.jpg
昔よりENOTECA本家では1000円ぐらい値上がってた(いや、変わってない?)のですが、なんとかまだまだ3000円ぐらいで売っているお店もあるので、相変わらずお安いなあとしみじみしてしまう。
やはり「買い」のアイテムだろうと思うんですヨ。

久々のカルテットでしたが、変わらずに安定したどっしりシャンパーニュ風。
アメリカ泡のクオリティを感じるに充分なのが大手にあるのはいいよネ。


お店で値段とかその他バラバラめなのでお好きなショップで。


カルテットで検索してたら卓球用語?でもあることを知った
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルテットAFC
価格:10530円(税込、送料別) (2017/8/15時点)


| アメリカ | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT