オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これがブルガリアの最高峰!?まるで地品種のような存在感の高さ。 エニーラ・レゼルヴァ2009

うぇるかむ!
久々にやります、ブルガリア・・・・・・半年ぶりぐらいにブルガリアでの更新ですネ。
そのアイテムは、新年会をやった際に持ち込まれたのでした・・・

20170125220052bae.jpg
エニーラ・レゼルバ2009(ドメーヌ・ベッサ・ヴァレー)
ひっさびさですねぇ、エニーラ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(よくよく考えると)
ラベルは黒の如何にもレゼルヴァだぜーーーー!という強い自己主張に加えて、恒例のラ・モンドットの紋章であります。
いやぁ、懐かしい・・・当ブログでは2年ぶりぐらいのエニーラかしら
2017012522010752c.jpg
裏もなんかパルメっぽい雰囲気あるよね。

というわけで、上述の通りですからあまり長く書きませんが、一言でいうと
「ボルドーのラ・モンドットがブルガリアで作り、自分のところの紋章まで加え、ミッシェル・ロランたんも呼んで作ってるワイナリ」であります。
そのレゼルヴァ版ということで、作りは若干サン・テミリオン寄りエルミタぜな内容になっています。
メルロが主体で、シラーが多めに入り、年号によってカベルネとプティベルドが少量入ってくるという。
エニーラのフラッグシップは実はシラー・バイ・エニーラというシラー主体のアイテムであったりするのですが、関わっている人の本来の持ち味は大体がメルロ種であり、またアドヴォケイトでのブルガリア最高点である91点を獲得したことがあるアイテムでもあったり。
さて、そんな久々のワイナリでかつ2009という微妙に年を食い気味なアイテム。その実力とは?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
これマヴルッド絶対入ってるよネ!?
というのが私の第一声でした。
非常に青さがあり、重厚で、それでいてなめらかにもできていて見事なバランスが形成されています。
より奥深さがあったりしたら満点クラスなわけですが、その片鱗を「持ち込みワイン会」というワインにとっては多少なり過酷な状況下であって体得させているのだから見事。

201701252201197bb.jpg
色はしっかりとしたバイオレットな赤紫。かなり透けない印象で熟成感はあんまり色からは感じず。
香りの草原やハーブを思わせる青さが特徴的で、この部分が凄くブルガリア地品種のマブルッドを思わせるんですネ。
それから紫の果実のたくましい強さ。この辺りの「開けたては強すぎる」部分はブルガリア的だと言えましょう。
味わいはしかしながら、口当たりがメルロ的にマイルドに入ってくるのがいいのです。
それからカシス感の強い紫果実、早めにハーブの印象がブワッ!っとやってきて吹き抜ける風のゲーニッツ(突然のココですかおじさん)。
年号分の熟成はそこまで感じさせませんが、バニラ要素の落ち着き具合からそこは図れるでしょうか。
全体にタフでたくましく、ストレートに打ち出されている印象があるものの、しかし理知的なマイルドさがある樽の効き具合と口当たりの良さでスマートに押し通せている辺りは実に良く作っている感じがあります。
細やかさは流石に欠けている印象ではあるんですが、ハーブ感の強いボルドースタイルを力強く感じさせてくれるアフターのガッツリした感じなどもなかなかくせになる塩梅。
独特の文体で強烈に攻めてくるスタイルは森見登美彦氏?
ハードでたくましい具合はやっぱりボトムス?
グイグイと押してくるキャラクターと主張です。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
2500円とは思えぬ濃厚さ!
実は2009年という今回のヴィンテージ自体は楽天市場では見当たらなかったのですが2007年と2010年は2500円ちょいで買えたりします。
この濃厚さとそれでいて呑み心地がなかなかまろやかな円熟さで、このお値段なら南アフリカでもあんまり見当たりません。
近年のテラ・タングラ(私が超愛好していたワイナリ)がどうにもとんがりすぎてて初日の落ち着きのなさが絶望的だったりするなか、フランスの技術介入が効いて万能さを体得しているのかも?
(ただし、地ブドウ系とかマイナー地域的な良さとはちょっと別になっていて、国際的です)
YANAGIYA新年会の持ち込みコンセプトだった「低価格で言われや内容が面白い品」というのにガッツリはまってたアイテムのひとつでした。
相手によってはプレゼントにも使えますし上述の通りワインショップに足繁く通うマニア相手にも通用する個性の塊。

というわけで、ドメーヌ・ベッサ・ヴァレーよりエニーラ・レゼルヴァ2009でした。
久々に呑むと、また何かブルガリア呑みたくなる印象ですネ。
どうしてもそもそもワイナリ件数が日本入荷が低すぎる(正直、テラ・タングラとエニーラとカストラ・ルブラを抑えるとかなりわかる)のが難点ではありますが、引き続き推し地域にしていきたい次第です。

楽天では07と10年号が幾つかあります。PPは10年のが高いのですが、熟成がある07のがいいのか・・・・・・うーむ、両方買う?



受賞のがしたのは残念でしたネ


先頭にたつのは、いつも!あいつ!

| ブルガリア | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漫画BLEACHが終わって悲しいので、なんかオサレ感があるラベルのワインでの更新。 ザグレウス・ビニカ・マヴルッド

うぇるかむ!
えー、今週の週刊少年ジャンプにて漫画ブリーチの連載が(とりあえず?)終了しました。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

BLEACH 13 BLADEs. [ 久保帯人 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/8/25時点)



私個人としては藍染惣右介ポエムで大変満足したのですが色々思うところは皆様あるようなんですが、その記念に何か更新しないとなぁと思いつつイマイチできてなかったんですけど、とりあえずコレで更新しておこうかなぁって。

20160825202931152.jpg
ビニカ・マヴルッド・ザグレウス2011
これ、ワインのラベルですからネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ジャケ買い的には+♥)
もっかいイイますけど、↑はワインのラベルですからネ
オサレ力が高すぎです。社名とワイン名までなんかオサレです。久保帯人センスを若干感じる(ので、今日これにしたんですが)。
201608252030059b2.jpg
裏ラベルまでみれば、流石にワインのラベルだとわかるんですが、そこかしこに残るブルガリア語に言い得ぬ何かを感じて欲しい。

当ブログとしてはそれなりにブルガリアを応援しているのですが、何せ輸入やそもそものワイナリの絶対数や流通が少ないためになかなか呑む機会がなく(ブルガリアワイン会とか開いても、テラ・タングラとカストラルブラで埋まって終わりそう)なんと1年ぶりのジャンル更新に・・・あ、あわわわわ。
さておき、今回のアイテムはザグレウス社という1998年から地品種であるマヴルッドを中心に作っているというワイナリ。
それぐらいしかデータがないぐらいの正直日本であんまり知られてないワインなのですが、やっていることはなかなか楽しかったり。
というのも、これ、「マブルッドを2~3ヶ月乾燥させて濃縮した果汁を発酵させた」という、つまるところアマローネとかに近い醸造がなされている訳。
たまーに見られるこの「アマローネ風ワイン」ですが、それをマヴルッドっでやるとどうなるのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(人によってはずっと低い)
黒 棺
こ、濃い・・・っていうか重たすぎる・・・・・・もう全体真っ黒って感じであります。
インキーもインキー。苦々しいまさにベタ一色。

色は強めの紫。かなり濃い目なのがこの段階でわかります。
香りにも渋めのタニックな印象が現れていて、ギッチリとした雰囲気が漂います。
なんとなく墨っぽい。そして味わいもそうなる訳です。
果実感よりも渋みが先立ち、ブラックコーヒーのような質感。で、インキー。かつシガー。
そういう個性が先立ちつつ、陰干しならではな紫ジャム感も・・・・・・先行するイメージが強いので、あんまり感じられなかったりもしますが。
特に最初の硬さったら凄まじく、3日ほどしてようやくアタックの刺々しさがなくなるほど!
3000円前後のワインとしては、異例の力強いを通り越して堅牢具合に痺れます。
そして、そういう個性にしびれられないと率直にツライかも。
万人受けしない極度の黒っぽさ。こう、BLEACHっぽくない?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥?
キワモノすぎてどうしようかと思ってしまうほどなんですが、3000円でオンリーワンな個性を体験するのは面白いと思うので一応♥♥♥ってところに。
流通がかなり少ないので、そもそも見かける見かけないの話にならないかもしれません。
珍品ハンターの方は入手してみてネ。

ということで、ビニカ・マブルッド2011でした。
元々濃くクセがあって開けたてがトンガリすぎているマブルッドを更にとんがらせた結果とも言えるこのワイン。
単純に面白がれる人向け。そうでないと「な・・・に・・・!?」とか言ってる間に倒されてしまうのでご注意を。

楽天では同社の別ワインしかおいてませんでした。本数少ないのかな?


ベタ一色って感じ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

G・E・Mシリーズ BLEACH 黒崎一護 メガハウス
価格:53460円(税込、送料別) (2016/8/25時点)


| ブルガリア | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マヴルッドはロゼも旨かった・・・・・・ テラ・タングラ・ロゼ・マヴルッド2013

うぇるかむ!
私が激推ししている産地といえば、何と言ってもブルガリア。久々に、そして夏場に向いたロゼでの紹介は・・・・・・

5u7dM.jpg
テラ・タングラ・ロゼ2013
出ました、またテラ・タングラです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的に+♥)
相変わらず当ブログが日本で一番このワイナリ紹介しているハズ
マリスから実に3ヶ月ぶりの登場となりました。
や、まぁ、その間にもオーガニックマヴルッドだとかヤトラス・ルビンとかはしょっちゅう呑んでたりしましたが・・・・・・
さておき、このワイナリに上のように+♥という点をつけてるのはそれでも実は初めてのハズ。
それは私が好きだから!ではなく、このワインがちょっとデザインで頑張ろうという気概が見えるからです。
jU9OJ.jpg
ヴィノロック(ガラス風栓)なんですよこれ
上のラベル画像でもお察しの通りなんですが、これコルクでもスクリューでもなくヴィノロック採用なんですよね。
紋章はシールなんですが、これが異様にカッコイイ!
栓の後ろから覗くようにしてみてると妙に太陽が沈むように輝く感じだったり、これで蓋が出来るという機能性だけでなく「ちょっと高めのカジュアルアイテム」としての用途を見事にやってくれています。
もうこれ、他のアイテムでも全部採用すればいいのに・・・・・・
それもあってか、なんと西武池袋本店の夏のワインフェアではモエ・シャンドンのサマーラベルと並んで一面にババーンッと登場したことがあります(該当ページが見当たりませんでしたがOTL)
中身に関しては、醸造方法などは今ひとつわかりませんが、一応マヴルッド100%でのロゼとの事。
言わば、ナパカベみたいなスタイルを独自でもつブドウ品種から作るロゼ。外観以外はどうなのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥

やっぱこのワイナリですからネ、めちゃくちゃ濃い目のロゼになっております。
ここまでパワフルで、しかもカベルネめいたニュアンスをヒントにしたロゼってなかなかなく、中身はそこそこ珍品であります。
が、それがイイ!(ニヤリ)
dC3vb.jpg
実は裏ラベルもこのワイナリにしては頑張ってるんや・・・・・・

色からしてピンクカラーが結構強めについており、それなりの重たさを感じさせてくれるカラー。
香りがまず結構迫力があります。
カシスっぽさすら見られるベリー系要素がむしろ主体的でロゼらしい柑橘要素などは少々といった感じ。
そこに葉系の要素もふわっと出ていて、獣感がないのにどこかナチュラルな印象をウケます。
総じてなんだか森っぽい?
味わいはそうした香りの印象に比べるとずっとロゼワインしてくれています。
ピーチや少しのバナナなどのトロピカル要素、それから柑橘や赤と紫のベリー各種、ググッと入り込んで行くとハーブ系の香りがスーッっと立ち上ってきて、最後は吹き抜けるようにフィニッシュ。
ゴージャスな感じの果実から、マヴルッド的なリーフの印象を見せつつ、意外なほどナチュラルなアフターでマヴルッドの良さが全快です。
ロゼなのにどこかカベルネ系の印象を与えて赤ワインファンを満足させちゃう部分があるのがとてもおもしろい。
プロヴァンス流儀とはまた違いまして、ここにあるのはロゼとしてのスマートな軽井沢系の避暑地というよりはもっとマニアックな鉄道旅行のようなモノでしょうか。
ロゼの大ファンから見た時にどう映るかは微妙なところですが、単純にうま味と品種を抑えたロゼとして非常に秀逸。
キュートでどこか笑顔が爽やかでボリュームもちゃんとあってニッコニコな、島村卯月感あふるるひと品。
制服版よりは衣装っぽい感じではある。ついでにいうとヘゴい。
これは、相変わらず世間に知られていないだけでありますな・・・・・・マヴルッド恐るべし

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
テラ・タングラを信じろ(確信)
というわけで、相変わらずコスパ最高をつけます。うーん、ほんとこのワイナリ今のところすごすぎですヨ・・・・・・自分のオーダーメイドかと思う出来です。
ただ、私がそんなにロゼを好んでる訳でもない呑み手なので、ロゼマニアという方はお試しに1本買うぐらいの方がいいだろうとは思います。
何せ、ロゼなのにボルドー品種っぽさすら感じる訳ですからネ。
変わり種を探している方にとっては面白い選択肢になるかもしれません。ブルガリアのロゼ自体がそもそも珍しいですからネ。
また、ブラインド試飲では誰も当てることが出来ないでしょうから、誰にも当てさせたくない場合は是非使ってあげてください。ジャンシスでもパーカーたんでもスパリエ兄貴でもハリデー兄貴でもソムリエ大会優勝者でも当たらないですから。
西武百貨店が表紙にしただけあって、ここのワイナリとしては高額帯以上にプレゼント向けワインにもなっています。
ガラス栓が外し方がわからないと多少苦労しかねないので、そこのところはフォローを。同ワイナリのなかでも、プレゼントにまで使えるようになった万能性で2000円。
この価格が維持しつづけられれば良いのです。頼む!

ということで、テラ・タングラのロゼでした。
ま、単刀直入に申し上げて相変わらずこのワイナリ贔屓な私でありますが、今回のロゼは特に面白い逸品になっているハズです。
純粋なマヴルッドのロゼ、というのは多くの人にとって未体験のハズナノデス。
是非ご賞味あれ。これが今のブルガリアってモノです。

取扱店最近増えた?

がんばります!

| ブルガリア | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近年設立のブルガリアワイナリ、マヴルッドの豊満さ カタルジーナ・メゼック・マルベック

うぇるかむ!
今日は久々にマヴルッドやっておこうかなぁと思いまして、久々のブルガリアでの更新です。っていうか、ブルガリアワインって殆どワイナリのシリーズでは見かけるけど数すくなくてなかなか特集組めないんですよネー

SueFG.jpg
カタルジーナ・メゼック・マヴルッド2012
マヴルッドという品種を改めて追います。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
パッと見は普通よりも地味めなぐらいでしょうか?
ただ、何ともヨーロッパ感よりも古代ローマ的な古さがただよってる辺りは特徴的かも??
NcjmD.jpg
しかし裏は思いっきりブルガリア語(?)ですネ。

実のところ、あんまりデータの無いワイナリでして、2006年にキショフ家の双子さん(正確な名前も良くわからない)が設立しました。
ちゃんちゃん!
ぐらいなんです、いや本当に。
White Soil(白土)と呼ばれるミネラル豊富な土壌で作ってるよ、っていうぐらいかしら後は・・・・・・
日本に入ってきていることそのものが割りとナゾなぐらいのワイナリであります。何せ、全く関係ない「トラキア抒情詩にも出てきた品種」などとマヴルッドそのものの紹介されてる始末ですからネ。普通に考えると地雷だよって言っているようなモノです。
とはいえ、私が追っているマヴルッドである以上買う必要性がある!と意気込んだのでした。
さて、その実力というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
マヴルッドはやっぱり最高だぜ^~
うん、やっぱり擬似的にナパっぽさ(カリフォルニアっぽさ)を出すならマヴルッドは最高の品種かもです。
トラキア王の味覚はなかなか良かったんでない?(適当)

色は赤紫さがとても強く、ギッチリと濃い印象をウケます。
香りにも同様で、かなり渋めにプラムやタニックな印象の紫果実のジャム、それとどこか土っぽさやバニラ感があります。
全体に泥くささがあるぐらいのもので、重たく仕上がっていたり。
味わいも同様にマヴルッドの中でも重たさを感じさせるのです。
カシスやプラムやブラックチェリーなどの重たいジャム感は煮詰めまくってますし、どうじに感じられるバニラ要素もしっかりとしており口当たりも重たくできています。
これだけ書くとあんまり日本人向けでなさそうな印象すらウケますよね。うん、そう思います。
ただ、ハーヴっぽい青さというのもマヴルッドの特徴でして、同時にアフターに感じられるのが実に救い。
ガッツリ濃いのにハーヴのアフターでなんとなくスッキリしなくもない、というのはカベルネの特徴だったりしません?
それをもっと煮詰めて濃く作ったようなワインがコレだったりします。
そういう「濃いカベルネ感」がヘタなカリフォルニアワインよりもナパのワインっぽく、それはどうにも品種特徴なのだろうと改めて思ったのでした。
かなり田舎感があって、すっとんきょんな感じではあります。しかしながら、それはそれで良し。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2500円程度としては、全体で見ればまぁまぁ。マヴルッドという品種で見るとちょっとお高いかなという惜しい感じ。
地品種帝国イタリアの近くであり、こういう地品種で美味しいの価格としては普遍的な価格といっていいでしょう。
マヴルッドを体験したい、という意味では充分にありだろうと思います。
ただ、あんまり見かけない割に他のマヴルッドよりも「ワイン自体のレベル」はそれなりだったりするのもオススメするべきか悩めるところであったり・・・・・・
見かけたら試してみてね、という感じでしょうか。

というわけで、カタルジーナ・メゼック・マヴルッド2012でした。
まぁまぁの域は出ないものの、しかしマヴルッドって将来性があるのだなぁと逆に感じさせられたワインです。
こういう地品種が今まで残っていてくれたブルガリアに乾杯!ですね・・・・・・って、やっぱりワイナリがどうこうよりも国単位でどうこうってなっちゃいがちなワインかなやっぱりコレ?

楽天ではマヴルッドが欠品。で、何故かプリンと一緒に高いバージョンが売っている。その商売方法が一番ナゾ。

あまちゃんもアイドルらしさ0で突き抜けたらこんな感じになるんやないでしょうか(適当

三日目に呑めばこのぐらいにセクシーな瞬間がたまーに・・・たまーに・・・・・・

| ブルガリア | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティレニアの豊穣神か、それとも悪意か・・・ブルガリアの新デイリーもやっぱり最高だった。 テラ・タングラ・マリス・マヴルッド2013

うぇるかむ!
今日はちょっとブルガリア関連で個人的に楽しい事がありましてネ(余談として後で書きます)
なので、ギリギリ本日の更新はブルガリアワインにて。

rCCTL.jpg
テラ・タングラ・マリス・マヴルッド2013
ええと、テラタングラ・マリッセと表記しているところ(テラ・タングラ・マリッセとか)が多いんですが
個人的にカッチョ良くなるし、当ブログがテラ・タングラでググると真っ先に出てきますからカッチョイイ由来ってことにしたいし
テラ・タングラ・マリスシリーズと明記してまいります。
あ、グーグル私だけかな?ググってみてネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
当ブログではちょくちょく更新してるこのメーカー。
今回のはコレのひとつ下のランクです
これまでTTというシリーズが出てたのですが、それはブレンドスタイルだったように思うんですけど、これは単一品種マヴルッド。
n65Dj.jpg
相変わらずヘタな注ぎ方な私!

というわけで、当ブログのブルガリアタグを是非クリックしてこのワイナリのアレコレについては見ていただきたく思うのです。
そのかわりですが、マリス・シリーズの名前に関して、もちょっと書いておきたく思いまして。
MARISSEというので検索しても
「人の名前だよ」
としか出なくて、多分マリッセさんという人がこのメーカーにいるんだろうなぁとは思うのですが、これを「マリス」と読むとそこそこ楽しかったりします。
ウィキペディアで見ると
「エトルリア神話の豊穣神(エトルリア=ティレニア=昔のイタリアのピエモンテからトスカーナの辺り」
なんですね。
実はブルガリアやルーマニアって東ヨーロッパであり、イタリアとは比較的近く緯度は大体アルトアディジェとかヴェネトらヘンだったりします。
または英語でマリスとは
「悪意、故意といった法律用語」
なんてのも出てきます。
何か異様にカッチョイイ中二病フレーズではありませんか!
というわけで、当ブログではテラタングラ・マリス、という名称を推奨。なんだこの一般ピーポー・・・・・・
ユグドラシルちゃんカワイイよね(突然のグラブル)

で、今回のこれはいかがなものかといいますと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
やっぱナパカベっぽいんですよねぇ(しみじみ
マヴルッドのナパ感すさまじいと思いますよやっぱり。
これは同社のオーガニック・マヴルッドよりは全体に薄みであり、よりマヴルッドらしさを楽しめるでしょう。
オーガニックがカルトめいて濃いのに対してこっちはもっと軽い、または最近のハヤリの酸があるタイプのナパクラレットかな。

色はギリギリ透ける赤紫でとても濃い目。
香りにハーブとアーシーな土の香りがどっしりとありつつ、カシス感も抜けてくると見えたりします。
全体に濃い色どおりの紫系要素が主体となっており、多少シロップ感がある辺りまでカリフォルニアみたいな感じです。
これは多分、品種の個性と土壌や天候なんだろうと思います。
このワイナリ、超広域の平地でワイン作って(230ヘクタール?)いるっぽく・・・・・・ちゃんと調べてないのですが、多分完熟してるんじゃないかしらブドウが。
味わいはそういった訳で、値段以上にド濃いブルガリアワインらしいいまどきの流行に反したスタイルです。
舌触りに関してはちょっと粉っぽいところがあってマイナス点なんですけれども、同時にやってくるアタックがとかく重たく同時にナパ感があるのです。
カシス、ミント、バニラ・・・・・・これらの複合。まさに温帯地のカベルネです(カベルネじゃないのにねコレ!)
甘味などは多めなものの、同時に酸味もしっかりと。
果物ソース的な少し煮詰めた具合と、ダーティーな大人のカカオチョコ感などもありつつ、若干甘さとほろ苦さを残したフィニッシュ。
流石に値段だけに安めな要素も見え隠れしますが、しっかしこのどっしりした感覚はすごい。
全体としては「本格ワインにほしい要素」が全部揃っており、ヘタに安いカベルネワインを買うよりもヨッポド楽しいことでしょう。
酸の効き方だけみれば、なるほどトスカーナっぽい気がしないでもないですしネ(自分の幻想かも)
キャラクターとしては、ちょっとオシャレかつセクシーさも持ったキャラ。で、比較的若い感じ・・・・・・うん、難しいなあ。
すごくカジュアルなメイド喫茶めいてるともいえるかも。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
最大の敵は同社のオーガニック・マヴルッドである
これだけのパワーだぜ!なワインで1300円アンダーというお値段には、思わずケース買いを推奨したくなります。
しかし、もう400円も出せばオーガニック・マヴルッド版やらヤトラスシリーズが出てくると・・・・・・なると、私だったら両方半分ずつぐらいで買うかな。いや、オーガニックを選ぶかも。
上位のシリーズの正当なパワーダウン(良い意味でも悪い意味でも)ですから、選べるならばお好みで。
選べない?よろしい、ならばケースだ!
基本的にはプレゼントにするには色々安い印象がどうしてもブルガリアにはまだあるので向きません。
自宅のテーブルでガバガバとお肉とやるのが一番だと思いますが、ブラインドティスティング会とかで持っていくのが一番のオススメです(理由は後述)

というわけで、テラタングラ・マリスよりマヴルッド2013でした。
やっぱりこのワイナリは最高だネ!!!!テーブル価格帯で濃いのが呑みたいなら、ブルガリア一択といっても過言ではありませんヨ。

ワインはパワーだぜ!(恒例の

このぐらいカジュアルでキャピっとしてて平坦なバストな感じ。



◆余談◆
最初に書いたブルガリアな余談。
今日こんなに遅く更新してるのは、例の如く試飲会にいってたからでした。
ブラインドで答えが
「チリのカベルネをメインにちょこちょことフェイク国を混ぜた全部1000円のモノ」
という変則でやらしい試飲会だったんです。
で、私の回答は
「カリフォルニアの低~中堅カベルネ主体で、ちょこちょことチリがいそう。フェイクで一本マルベックあり。いくつかナパカベのそれなりにいいところが混じってる」
であり、また最高に良かった一本には
「これはリヴァース・マリーやテイクンなどの最近発売された酸味が多めのナパクラレットまたはトスカーナの可能性があり、最もしっかりとしたGOODな出来栄え」
として5000円前後というこの日の選択肢として最高価格につけました。そのワインが

コレでした
思いっきりドハズレだったわけですけど、思わずガッツポーズ。
これまでブルガリアワイン最高~いえ~いと言い続けてキましたが、ブラインドでも私は高くつけナパっぽいと確認。
つまり、少なくとも私にとっては最高に相性がいい国っぽい事が判明したのでした。

はい、そうです、従って今後共
当ブログはブルガリア推しでまいりますので、よろしくネ!

| ブルガリア | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT