オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サッカーワールドカップ一戦目勝利すごいネ!

うぇるかむ!

サッカーワールドカップ一戦目勝利!
しかも「答:コロンビア」相手とは、思わずコロンビアしちゃうよネ
(コロンビアのポーズとは、ネット的には超有名ポーズなので昨日はそのコラが大量発生しました。)
で、コロンビアのワインとか呑んでないのでお祝いがてらに軽くスパークリングを書こうと思って調べてたら

IMG_20180615_223901.jpg
デモーゲンゾンのスパークリングって非売品だったのか・・・・・・

IMG_20180615_223910.jpg
またはリリース前だったのか・・・・・・

IMG_20180615_223927.jpg
内容としても少量かつちょっと時間がたってから乾杯につかったうぇるかむドリンクだったので、もっとじっくり呑める機会があれば更新したいお品だったり。
なかなか良く出来たスパークリングだったんですが、そんな訳でサラッとネ。

いやー、まぁ、私、正直サッカーかなり嫌い(俺たちのフィールドは別)なんですが、何れにしてもこの機会にワイン消費が一時的に増えたりして欲しいところであります;。

白は、ある。そして白のが旨い


今注文すれば三戦目には間に合うのか!?

| 南アフリカ | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アフリカーさんの国際シュナン・ブランの会に参加したのでした。

うぇるかむ!
えー、一昨日は国際シュナン・ブランの日だった訳でして、そんな日に誕生日だった私は
「シュナン・ブランをたらふく飲みたい!」
という思いから参加してまいりました。

IMG_20180615_223840.jpg
シュナン・ブランなんと30種類ほど!
ワォ!!

ということで、高田馬場のイタリアンでのワイン会に参加してきたのです。

IMG_20180615_192958.jpg
主催は→の南アフリカワインのアフリカーさん。小泉店長でありますナ。
日本随一の南アフリカワインの取り揃えのショップですネ(自分、リンクを楽天オンリーでやっているから全然貼れてないのだけれどネ)
それと←がゲストスピーカーの田邉 公一ソムリエ。
高田馬場のイタリアンに出張しての企画で、シュナン・ブラン祭りじゃーーーーー
で、30名ほどで30本ほどのワインを呑む会だった訳ですが・・・・・・

IMG_20180615_190550.jpg
ある程度、プラン立てもあるし、南アフリカシュナン・ブランの最高峰を一同に介したイベントではあったのですが、イベントそのものの感想をいえば、

「キャパに対して借りたお店が狭すぎた、そこで手酌で机間を回す方式にした、結果泥酔する客が出るしゲストソムリエは余分な事しかしないしでグダついてしまって、あまりにも勿体無い」

というのが一言で言えばだったりします。
もうめっちゃ勿体無いっていうか、シュナン・ブランの良さに対して会の進行がぐだぐだFGOだったからグダグダと書くネ。

今回のイベント、最大の問題がワインの提供方法を

「店が狭いので、テーブル間をリレー形式でお客さん自身で手酌でまわしていく」

としたのが完全にアカンかったんや・・・・・・
今回、ゲストソムリエのゲストが多かったのか、ワイン会というより女子会めいててそこでフリー手酌にしたのは危険がすぎる・・・・・・
机の間をしかも端のテーブル2極をスタートに双方向で適当に廻っていくもんだから、多分大多数が「何呑んだかわかってない」んじゃないかと。
メモとって写真も両面全部やってる自分ですら左右のテーブルから次々に数字の順番と違うものが飛んでくるもんだから、追うのにやっとでござったヨ
(うぇるかむの後、最初に呑んだのが何せ6番の札だったりしたからネ)。
更にその合間に何故か対したトークを全体にしない(というか皆聞いてくれそうにないから諦めた?)ゲストソムリエが、突如として飛び道具的にオススメワインを注ぎにくるものだから、より訳がわからんちんに。
ソムリエが注ぐなら全部君が注いでクレメンス!
結果、参加人数からすると多すぎる泥酔者の率。私もかなり酔った。アンケートも持ち帰ってしまった。
終わった後に空になっている瓶と半分以上残っているのが出ていたり・・・・・・
アルヘイトのマグネティックス超期待してたのに廻っている事すら知らないまま空になってたのが個人的にショックめっちゃ大きかった

IMG_20180615_194042.jpg
料理はとりわけ式だったんですが、初っ端コレ。
あ、何かビネガーかかってそうな粉チーズサラダもあったかな。
要するに、レストラン側が「ワイン会向けのプランをやってくれてない」感じがビンビンで。
サバスライスとか生エビとか、ましてや酢漬けとか白ワインがメインの会なのに絶妙に壊してく感じやめてクレメンス・・・(この後も芋入りジェノベーゼとかカルボナーラ風のペンネに鶏豆煮?と続いてたんだけど、先の通り食べてる暇がなかった)

ワインの揃えとアフリカー店主の気合に対して、お店の器が狭すぎた

これなんですよ。単純に開催した店に対して人数が多すぎたし、進行の仕方を間違えてた。
あとソムリエは自分のお客も呼んでいるのだし、もう少し取りまとめて力量を魅せて欲しかったゾ。
会費8000円の会としては「会運営が良くなかった」と書かざるを得ない。
多分、アフリカーの店舗で小規模でやった方がより専門的に深い内容になった気がしてならない。
何というか、こう、お客さん立場でありながら「悔しいのう、悔しいのう」って思うんですよネ。

多分、お店選びだけでほぼほぼ改善されると思う。

ワインは良いアイテム揃いだったからワイン自体には満足してるので。

IMG_20180615_205106.jpg
これとか満足度めっちゃ高いからネ
ドノヴァン・ラール作品の中で一番美味かった気がする。
IMG_20180615_204421.jpg
こういうのが南アフリカのアフリカーでは溢れてんだよなぁ
勿体無い。店舗でやってたら絶対誰か注文してたでしょコレとか。
このレベルのワインだったら料理次第でもっと伸びるハズ・・・・・・
あ、因みにこれシュナン・ブランとアリスタルゴスの両方がなんと出てたんだけどアリスタルゴスのが個人的にはオススメ。

IMG_20180615_212728.jpg
我が誕生日の常連。来年も呑むゾ

IMG_20180615_194203.jpg
こういうめっちゃ自然派の新しいインポーターさんのとかも沢山ありますた。
めっちゃ自然派だった。

量呑んだ結果、ソムリエがロクな解説しなかったのもあるんだけど今のところ南アフリカワインに関しては
インポーターでの差が一番如実なのではないか?
とやはり思います。
というのも、中規模以下の専門インポーターの輸入品が非常に多かったので(30本中、ほぼほぼが南アフリカブラザーズ?とラフィネとマスダでしめてて、そこにヴィノスやまざきやモトックスが一本入るかなって具合)その「輸入担当の個性」が強かったのよね。
駆け足ジェットコースターで飲んでより際立った。土地とか葡萄より、入荷元で判断して南アフリカは正解。

・思いっきり自然派系に振り切ってる独特な香味のワインが多いアフリカンブラザーズ?
・ドリンカピリティ重視で自然派寄りのラフィネ
・クラシックな作り込みが出ているスタンダードなマスダ

といった振り分けの方が土地とか年号とかよりもしっくりくるんですよ。
多分なんですが、買い葡萄が多かったりある程度作っている人の人脈が南アフリカは狭いので、結果的に「インポーター個性」で話が通せるし、そこで判断して購入するのが一番ハズさない(飲みたい味を呑める)と思いますネ。
(中規模以下の専門インポーターの場合、最初に入荷しはじめたワイナリーが一番ヒットして、そのヒットした人の弟子とか仲間の人とかが紹介されてラインナップが広がる為)

・・・
・・・・・・
と、いう訳で、会に対しては改善点が多いなぁてな感じでしたが
やっぱシュナン・ブランは最高ですわ
というのはハッキリしましたネ。シュナン・ブラン、いい品種だわ・・・・・・
あと、店舗の方がアフリカーさんは絶対楽しそうなので、今度行きたいと思うます。

アリスタルゴスとか楽天ではレアアイテムだもんなぁ。アフリカーさんだったら売ってるんだろうけど
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アリスタルゴス [2014] デイビット&ナディア
価格:6400円(税込、送料別) (2018/6/17時点)



あと、まさかラールに感激するとは思ってなかったゾ

| 南アフリカ | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相変わらずの安定した印象の南アフリカシラー ボッシェンダル・パビリオン・シラー&ヴィオニエ2016

うぇるかむ!
6月早々に忙しく申し訳ない・・・という訳で簡易更新ですが、以前と印象変わらずだったので
IMG_20180514_030246.jpg

ボッシェンダル・パヴィリオン・シラー2016
すでに以前更新していたアイテムなのでワイナリ詳細とかは割愛。
あ、その時書いてなかったことといえば雑誌ワイン王国での「100号記念5つ星ワインの中の5つ星特集」でやっぱり5つ星になってたのがこの一個前ヴィンテージだったとか。
戸愚呂弟かよ。

IMG_20180514_030252.jpg
三国の驚くほどシンプルかつ日本用の裏ラベル。

IMG_20180514_030315.jpg
で、味わいに関しては安定してる印象であんまり代わり映えしなかったというのが個人的な所。
以前より若干ヴィオニエ白果実要素が増えたかな?と思うような所がありましたが、あくまでもサラッと系の味わい。
果実のベースやそのほかの具合などがどれも可不可なく、シンプルに軽めなローヌスタイルを維持していました。
トゥハッ!(ダイナミックコード並の感想)

なので、安定感があるテーブルワインとしてはやっぱり良い。
っていうか、以前の自分ちょっと評価低いな?と思っちゃう部分も。この価格で常々買えるなら安いと位置づけてOK。
旨安ワインとしてガッツリ入れる性能なんですが、個人的には尖った要素がある方が・・・・・・って前にも書いたっけこのワインで。
そういうあと一歩感はあるものの、デイリーへの気兼ねなさは間違いないなぁと南アフリカの実力を見るに充分な所がありまして。
うーむ、おそろし。

パビリオンなのかパヴィリオンなのか


トゥハッ!2も何世代前かのゲームになってしまって・・・・・・

| 南アフリカ | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高級SBの味を体現する南アフリカ脅威の低価格! サザンライト・ソーヴィニヨン・ブラン2017

うぇるかむ!
久々にちょっと感動した白ワインがあるのですが・・・・・・あんまり世間に在庫がないので知られたくない感^^;

201804190827152c9.jpg
サザンライト・ソーヴィニヨン・ブラン
クジラとは・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルに描かれているクジラがまさにサザンライトというクジラなのです。その募金もしているワインだったりします。
どっちかというと雰囲気はカリフォルニア的ですよネ。
20180419082732cce.jpg
裏も比較的普通。

造り手は実はハミルトンラッセルでして、ピノはちょい苦手な感じが昔はしたものです。
そのハミルトンラッセルによるピノタージュとソーヴィニヨン・ブランの専門で、元量漁村だったところで作られています。
ウォーカー湾(ウォーカーベイ)から3キロという完璧な海ワインタイプ。
評価自体はスペクテイターのベストバリューに選ばれていたりという、所謂コスパ系評価を受けていたり。
南アフリカの海SB、その実力は・・・クジラとは・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ニューワールドSBの大傑作
いやー、久々にしびれました!完璧にコレ、ピーター・マイケルのSBみたい。驚いたわー。

20180419082741799.jpg
色はクリアめで黄緑のカラーリング。
香りが思いっきりソーヴィニヨン・ブランの青さ全快でこの段階で好みが分かれるが私はこれぐらいの個性こそ求める所。
ハーブとライムにグレープルーツや焼きネギが乗るし海塩もこの段階で漂ってきます。
完璧に海ワインだなっていうのが感じられる、ラベル通りの方向性。
味わいもまず舌に乗せた時のトロトロさが良い具合。
海塩のしょっぱさ、そこにライムやハーブやグレフルにコーンフレークと洋なしがしっかりと香ります。温度があがるとトロピカルフルーツも。
しょっぱさは多め。いわゆるミネラルーって気分にさせてくれます。これ上位の白ワインマニアが好きなヤツー!
余韻も長く、果実の要素の強さとしょっぱさの複合加減がイガイ・タカハですとかピーター・マイケルといったカリフォルニア上位の面々を思い起こさせる仕上がりです。
ハッキリ言って、本家ハミルトンラッセルより興奮しました。
サザンライト・SB2017はベラボウにヤバいSBの質感を完璧に示しており、強調されすぎているハーブの青さが嫌いだったら絶対に無理ではあるんだけど、海風を受けた冷涼で健康的な葡萄の質感がパーフェクト。
典型的なソーヴィニヨン・ブランガール。ワイン一年生の影響か初音ミクを思い浮かべてしまうのであった。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
3000円いかないってコレで!?
唯一の欠点はあんまり売ってないところでしょうか。
3000円アンダーの値段が信じられないので、私がまた買いたいからみなさん買わないでおいてください。
20180419082724c93.jpg

というわけで、サザン・ライト・ソーヴィニヨン・ブラン2017でした。
ここまで出来のイイアイテムも久々に家で呑んだですネ。こりゃスゴイわ・・・・・・
ハミルトンラッセル、そんなに好んでなかったのですがテノヒラクルーします。サザンライトは赤も手に入れたいなぁ。

本当に弾が少なすぎる。


ネギ感=初音ミクなのは老人思考でしょうかネ・・・

| 南アフリカ | 08:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう桜商品がセール入っちゃうかー・・・南アフリカの格安品がもうちょい格安に。 オーバヘックス・ワイン・インターナショナル・バランス・シュナン・ブラン・コロンバール(白)って長いな!

うぇるかむ!
桜にかこつけて当ブログもロゼとかやってましたが、

20180412080235ad4.jpg
バランス・シュナン・ブラン・コロンバール
そう、こういうのもセールにはいってますわけでして・・・・・・

20180412080248fc4.jpg
裏もさり気なく桜仕様。

カルディで買える為に格安南アフリカとしてトップクラスの知名度な気がしますネ、バランス。
以前にもやったワインだった気がするし今回は簡易更新で。

20180412080257f4e.jpg
複雑さとかはないけれど、スッキリしすぎでもなくテーブルワインとしてはちゃんとできているので、他の良くわからん安ワインを買うならカルディの中でもコレで間違いないとは思います。
っていうか、他のカルディの低価格の店頭とかでドカ置きしてるカリフォルニアとかは酷いからなぁ・・・・・・あれ全部こっちにしたほうが絶対イイと思う。

桜が今年散るの早すぎて、すっかり時の進みについていけないシンクでありました。
・・・・・・え、更新頻度のほうがついていけてない? うーむ・・・・・・

価格は二重丸


ラブライブに圧されつつも「桜 フィギュア」で検索すると出てくるの感心する

| 南アフリカ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT