オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安いのにレアアイテム?南アフリカらしいシラーの出来栄え。 ホセ・コンデ・シラー2015

うぇるかむ!
昨日の予告の通り、今日のアイテムはコチラでありますー

20171115083424d68.jpg
スターク・コンデ・シラー・ステレンボッシュ2015
ホセ・コンデのレアアイテム!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(日本人的には+♥?)
ホセ・コンデ担当のワインは過去にも何度かやっておりましたが、このスタンダードシリーズはもしかすると初?
テレビで奥様が日本人だったことから紹介されて他のプロデュース品はそこそこあるのに、この本家本元は見かけないという状況が未だに続いていますネ。
南アフリカワインが注目されるキッカケのひとつってのは確かであります。
201711150834342b5.jpg
けっこう上からベタバリするモトックス先生。

今回のシラーはあまり公開されていないレアアイテムとして、各店舗に割当制が引かれているようなアイテムとなっているそうで、各店舗ごとに「XX本限定!」として販売しています。
とはいえ、まぁスターク・コンデはカベルネで人気が出ておりフラッグシップのスリー・パインズも販売された事から「どこか地味なレアアイテム」となっている節も・・・・・・
ま、そもそも2000円台のアイテムでレアどうこうってのがなかなかない事でありますが。
というわけで、早速呑んでみちゃったのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
エレガントシラー系だけど扱いちょっと大変?
スパイスガッチリだったりジャミー系だったり自然派だったりはしない、ブーケンハーツ様やエルミタージュのようなタイプかなーと思います。
ただ、そつなくこなしている感じで、レアさの割には普通っちゃー普通?
20171114091201878.jpg
色はクリムゾンレッドであまり紫チックでなく色も強すぎません。
香りにスミレ感程々に紫の果実感。そんなにスパイシーな感じはなく、また全体の香り自体も強く漂ってはきません。
バニラ感もほどほどあるあたりが「そつない」ところかなと思うのです。まとめをキッチリやるタイプで全体に整えてきている感じ。
味わいも口当たりは少し水っぽい印象なのですが、果物の感覚ばベースで紫果実のジュース感をミルキーさがスッと支えます。
あんまり濃いタイプのシラーでないのは前述の通りなのですが、しかし味わいが弱いという事にあらずの絶妙な所。
バランスをとても整えているのが分かる味。雑さなく尖った感じもなく、エルミタージュとかのシラーっぽさは充分にあるという。
アフターもそんな訳であまり長くはないのですが、それが良く言えばどんどん飲めてしまう、悪く言えば単品のシラーとしての出来としてはカジュアルにとどまっている印象。
それなりの満足感はありつつも、どこかもうちっと何かあるといいかなーとか思ってしまうところは個人的にはありましたネ。
長い熟成をさせてどうにかするってタイプとは違うかな。
各漫画に必ずひとりはいる、黒髪ロングお嬢様タイプ?それも捻ったキャラ付けしてない感じ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
レアアイテムでさえなければ・・・・・・
それでも2500~3000円のシラーとしては充分な力量でありまして、これより低価格よりは明らかに質感の整いは上ですしエレガントなシラーの入門にはちょうど良い内容なのです。
惜しむらくは「割り当て制をしいている」事で、そこはもっとこう奥様日本人なんだしなんとかならんかったの?的に思ってしまうよーな。あのモトックスかつこの値段なのにレアアイテム寄りなのはヒジョーにキビシー
コスパ自体は非常に良く、デイリーにもある程度の会食にも程よい仕立。肉専用って感じでもないのでビストロ感ある料理のがいいかな。

というわけで、スターク・コンデ・シラー2015でした。
内容とコスパで見るとコンデ君さすがやんけー!とはなるワインですネ。
後は謎にレア度がついてるのさえなんとかなればなぁなアイテムかな。そこんところが惜しい感じ。
これ完璧に「月1ぐらいで呑む層や定期的に好きなアイテム買う人が見かけた時に買うやつ」なフレンドリーさなので。

気になったらなくならない内に、ですかネ。


地味な方の黒髪ロングお嬢様

| 南アフリカ | 09:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予告:スターク・コンデのシラーをチェック中・・・・・・

うぇるかむ!

20171114091201878.jpg

というわけで、スターク・コンデのシラーを今日(多分お仕事でムリポ)か明日に更新予定でございます。
なんか限定数かかってるみたいだからネ。
今のところ「値段どおりでレア度がつく雰囲気ではない」のだけど、さて今夜どうなるかしらん・・・・・・


| 南アフリカ | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさか泡もイけてるなんて・・・・・・ KWV・カセドラルセラー・スパークリング・ブリュット2011

うぇるかむ!
ひっさびさの南アフリカでございます。それもココですヨ・・・・・・

201710250855231b6.jpg
KWV・カセドラルセラー・ブリュット2011
けーだぶりゅーぶいー

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
もう見慣れた感すらあるKWV。そりゃそうですよ最大手ですものね。
ただ当ブログにおいては意外と良い目に評価しており、同シリーズはクリスマスにいいかもと紹介していたり
一個上のランクのものの評価も高くつけてますし、
新酒も安いワインとしてはグッドだったり。
20171025085546e41.jpg
で、今回はスパークリングな訳です。
MCCですしわりと多くのMCCと同じくヴィンテージ入り。
とはいえ、いやいや流石に泡までまぁまぁだったりはしないでしょー・・・と思いつつ呑んでみたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
おぉ、そこそこやん!
カセドラルシリーズは泡まで基準値な感じで「そこそこの標準的な実力者」って感じがします。
20171025085612d60.jpg
色は黄緑よりで割りと若い印象。
香りにちゃんとタフさのありそーな感じのチョコ感などもあり、全体にはグレープフルーツが多い形かな。
味わいも比較的しっかり寄りのタイプ。南アフリカだとグラハムベック型かもしれないッス。
繊細系ではなくガッと果実感があり、グレープフルーツ系の柑橘の苦味と甘味を含みつつちょっとライムなんかも入っちゃってるタイプ。
泡の感じも細かすぎる訳ではないけれども、かといって強すぎない程度に抑えてありましてヴィンテージMMCとして充分な整いはあるのです。
少しアフターがボテッとしているかなーとは思いますが、割りとそつなくこなすタイプの子。
割りとパーティーでも悪くないぐらいのある意味では美味しすぎないけどダサいことはない。
同級生タイプでありますネ。なんか割りと悪くないんだけどそんなパッとはしてないぐらいのモブ寄りの。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(世界全体で見れば+♥?)
惜しむらくはMCCというジャンルは他にも結構すげぇーところが多くて、そこと比べるとちょっとインパクトがないなぁという感じはします。
ただ、ミレジムもののスパークリングで2500円アンダーでちゃんとスパークリングワインとしての美味しさが出来ている点を見た時、やっぱり安くて良いよなぁなんて思ってしまう訳。
前回のカセドラルシラーなどの更新をした時もクリスマス向けと書きましたが、ハロウィンにもギリギリ「教会」のイメージは何とかなるかも?
イメージ付加力がありつつ、中身のレベルもいいので選択肢に加えられるんじゃないかと(今ならまだギリギリ配送間に合いそーだし)

というわけで、KWVよりカセドラルセラースパークリングでした。
いやー、カセドラル以上のシリーズに関してはKWVなかなか良いと思います。ここまでは大ハズレみたいなのは引いていない状態。
コンビニの一番安い奴は安定剤とか入っててイマイチ手を出せていないのですが、もっとこっち路線で売っていいんじゃないかと思う次第ですネ。

若干ヴィンテージが前後してたりするので、そこは確認しつつネ。


シスター萌え

| 南アフリカ | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミヤルスト・ルビコン2009の印象が二年前と変わらなかった件について

うぇるかむ!
こうしてブログをやっていると「たまたま偶然、同じワインを違う時間に飲んでいた」という事が出てきます。
っていうか、どうしても増えちゃうんですけど最近、年号までおんなじでしかし印象も殆ど変わらなかったワインに遭遇!

20170904083654b8e.jpg
ミヤルスト・ルビコン2009

2年前に南アフリカのルビコンとして紹介しましたこのワイナリ。

で、今回メモとしてこんな感じで呑んだ印象をまとめてました。

~以下、私の今回のメモ~
色はギリギリ透けるクリムゾンレッドで少しだけ赤さが強くチョイ熟してる。
香りにカシス葉巻、独特なタバコや熟成。立ち込めるコーヒーと獣とほのかなキャラメルがぎんぎん。
味わいもしっかりめだが、なめらかさも忘れないし、獣がありつつ滑らかなバニラも含まれビターだが超絶に美味しい。
ニューワールド感が高いがその最高峰。かなり独特な男っぽさ。
~~

で、今回記事をアップロードしようとして昔の記事を呼んでみたら
あ、あんまり昔と印象が変わらない・・・・・・
となってしまった訳でして。
いやー、むしろ今回の方が甘さがあったような?そんな気もしました。
そして美味しい。恐るべきワインだと思います。
それと同時に、2年ぐらいの時間では(もちろん環境やボトル個体差、コンディションはあれど)南アフリカワインそんなに大きく変化したりはしません。アメリカとおんなじ。
まだ呑める人はまだまだ熟しますヨこれは・・・・・・

もうネット上では箱でしか売ってない・・・・・・次の入荷待ち?


アメリカの元ルビコンは健在

| 南アフリカ | 08:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今回のは更にドライでキレ系?元祖MCCの実力者。 シモンシッヒ・カープスヴォンケル2015

うぇるかむ!
今年もこのワイン飲みました!で、今年のは残暑に効く感じー。

20170830101647254.jpg
シモンシッヒ・カープスヴォンケル2015
MCCは当ブログ定番よネ

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
相変わらずラベルそのものは地味目かなー。
201708301017495a9.jpg
去年よりもちょっと度数が上がりました。

造り手であるシモンシッヒに関しては割愛!
っていうかこのワインに関しても既に2014ヴィンテージはやっているし。
珍しくマグナムも飲みましたっけ。
南アフリカの元祖スパークリングと言われている品ですネ。
なので、もう早速味、いっちゃいます。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
あれ、こんなにドライだったっけ?
去年の同タイプに比べてなんだかドライ。こんなにキレ系だったっけ??と思ったほどです。
20170830101808311.jpg

色は黄緑よりですがそこそこに色づいています。
香りのグレープフルーツを主体に黄色い果実感は変わらず。ただ、更にトースト感は減り厚みよりも苦味と酸味が香りからも強そうだと感じさせるドルァイな印象に。
ベースの部分、印象は2014年と差がないものの、その強調具合がぜんぜん今回違って感じましたネ。
味わいも2015はとにかくドライ。スーパードゥラァイッ!
黄色果実の酸が主体ですが、以前よりもより生果汁って感じがします。
アルコール度数もあがっているのに、不思議なほど果実のキレがマシマシで、その分そのほかの要素が控えめに感じるほどです。
前年に比べるとバランスが悪いと思います率直に。ただ、夏場とかにはこのぐらいの方が好まれそうでもあるし、しっかりとMCCとしての威厳は持っています。
まぁ、私は前のヴィンテージのが好きかも・・・・・・こってり系バター感ある方が好きなんでス・・・・・・
南アフリカ泡界隈のルイ・ロデレールっぷりは以前より上がってるぐらいで、いっそロデレールの下層ブリュット(ENOTECAがテーブルシャンパーニュにしてるヤツ)に更に近くなったってのが私の主観です。
是非、ENOTECAの人は呑んでみてネ!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
やはりコスパは最高級
上述のロデレールのブリュットNVの価格を是非調べてみていただきたい訳ですけれど、このワイン2本になんかオマケつけれるぐらいの価格なわけで、それとは似ているんだからまぁコスパの高いこと。
お店によって結構値段が違うので、お好きなお店で買えばよろしいかと。
そこそこラベルも雰囲気は出ているし、なにせヴィンテージの入った(ミレジムものの)スパークリングなのですからそれでこのお値段は驚異的でしょ?
今年のはより食前向けアイテム感が高いかな。レストランでは絶対使い勝手が最高なアイテム。

というわけで、シモンシッヒ・カープスヴォンケル2015でした。
正直、自分の好みは前の年です。しかし、やっぱりレベルが高いのは事実。
シャンパーニュを細かくデコルジュマンが云々言いながら呑んでる暇があったらコレをグビグビいっちゃうのがオススメ。ほんと、、シャンパーニュより格上(なのに低価格のまま)だろうと私は、信じてる。

なんと最近では一部のクイーンズ伊勢丹でも買えるらしい。


以前よりずっとドライに?

| 南アフリカ | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT