オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年もアンセルミ・サン・ヴィンチェンツォは旨かった・・・・・・アンセルミ・サンヴィンチェンツォ2016

うぇるかむ!
ここに関しては毎年最高評価をつけすぎているので、今年は簡易にしておこうかと。
2017081009071974a.jpg
アンセルミ・サン・ヴィンチェンツォ2016
自分が毎年呑んでるソアヴェ・・・・・・いや、ガルガーネガのワインですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
アンセルミに関してはもう最初期からオススメしておりまして、
一年前には最高峰も紹介ずみ
201708100907299b4.jpg
相変わらずソアヴェを名乗ってませんが、ソアヴェであることは間違いなく。
また、相変わらずインポーターシールが表についているという(確かアンセルミとめちゃくちゃ仲良くてインポーターネームもつけてもらったとかそんなお話だった気がする)。
そして今年のアンセルミも・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
濃厚美味しい!
相変わらず?かというといつもより緑の果物のタッチが少ない気が今年はしましたが、相変わらず梨などをベースとした果実感にしっかりとしたマロミ。
201708100907356c2.jpg
色は黄緑寄りのカラーで強くなさそうに見えますが、香りはたっぷりとした梨を主体としたフレーバー。
あくまでも果実。樽っこさとかではなくきっちりとした強い香り。
味わいも同様にくっきりしていまして、アフターもそこそこ長かったりします。
このサン・ヴィンチェンツォの場合は上位のカピテルに比べるとそれでもまだスッキリとしており、はちみつ感などはありませんが、くっきりとした果実の蜜は非常に感じられるという。
今年も変わらずしっかり作られているのがわかる、ゴージャスなアイドル系ドレスお姉さん寄りキャラ。
アンセルミは相変わらずであった・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
破格の2000円前半
それでも実は過去に比べて値上がってたりしてまして、上位版のカピテルとの差が減っちゃってはいるのですが、なおそれでもコスパは抜群であります!
この質感と風味、2000円前後のワインとしては圧倒的。
シャルドネやSBやリースリングとはまた違った雰囲気、キャラクターがありつつこの贅沢さなのがポイントなのでス。
というわけで、今年の夏~冬もソアヴェは最高!なのでありまして。

というわけで、アンセルミのサン・ヴィンチェンツォ2016でした。
この辺りを飲んでいると、正直他のワインをわざわざ買って冒険する意味を感じなくなったりしちゃうんですよネ・・・・・・
今年も間違いないブランドなのでありました。

このサン・ヴィンチェンツォに関してはレアアイテムではないのでお好きなところで(上位版と赤はちょっとレア)


上位版よりも夏場においてはいいよネ。

| イタリア | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の海の日ワイン、更に海味に!? ガヤ・ヴィスタマーレ

うぇるかむ!
おまたせなのです、予告どおりこのワイン飲んでまいりました!

20170718015101290.jpg
ガヤ・カマルカンダ・ヴィスタマーレ2016
そう海の日ワインであります!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
今年もこの季節かぁという感じです。詳細は一昨年の記事と
去年の記事を見てみてネ
裏はインポーターシールのみなので割愛。
今回はヴェルメンティーノ60%、ヴィオニエ40%の比率と2016年は恵まれたヴィンテージとの事。
毎年の恒例なアイテム感がありますが、今年の出来や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(しょっぱめ好きなら+♥)
一昨年の感じに比較的近い
去年のまとめかたとは打って変わってギリシャワイン感すら出てるしょっぱさ。それが一昨年のタッチと似てる。
2017071801511044d.jpg
色はクリアだがそこそこの黄色さ。
香りに桃感と塩見が激しくあり、グレープフルーツもそこそこ。今回あんまり石鹸っぽさがなくネクターっぷりが上がった気がします。
バニラとかの風味よりも塩っぽさと温かい感じの果物の比重がずっと強い。
味わいもまず塩と果実からスタートします。
白い果実の剥き身、グレープフルーツ、それから塩がドッとやってくる。
飲んでて「おぉ、しょっぱいなぁ」って感想に直結するぐらいに強いんですネ。
以前以上に塩っけがかなり激しいので、人は選ぶ。あとのこりも大きく、食事にしっかり影響を与えるタイプ。
果物のタッチも強力なので、結構良いヴィンテージだったんだろというのは納得。
今年は海物語であります。マリンちゃんとマッチョでかっ飛ばしていくスタイル。フィーバー!(因みに中の人は一度もパチンコ店に入ったことがありませぬ)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
今年もお店によって値段がまちまちなのですが7500~9000円近くで推移かな。
以前はハイコスパワインでしたが、この価格帯の白としてはちょっと人を選ぶ個性と他にも選択肢が生まれてくる感じは変わらず。
海の日解禁やオーシャンビューを意味する名前など季節感はたっぷりなので、夏のギフトにはまだまだ使えます。
やっぱり贈答向けワインかなーとは思っちゃう。

というわけで、ガヤ・ヴィスタマーレ2016でした。
このワインに関しては自分が5000円程度だった頃を知っているのもあって余計にコスパ項目が良くつきません。それに見合うだけ中身のグレードがあがった感もなかったりで・・・・・・
とはいえ、まぁどのワインも値上がっている昨今では致し方なしかなとも。
とにかく、プレゼントアイテムとしては夏の最良のアイテムの一つなのは間違いがないので、アンジェロ・ガヤの戦略は今年も健在なのでス。今年のは海辺で飲んでも楽しいのかもしれない(ガンガンにクーラーボックスに入れてしまおう!)

本家エノテカ以外にも入ってて値段がバラバラなので、好きなショップで注文してくだちぃ。




パチンコやってなくても知ってる人ってか3DSにまで出てたのか・・・・・・

| イタリア | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テノール歌手ワインの最上アイテム、スーパー・タスカン足りえるのか? ボチェッリ・アルチーデ2011

うぇるかむ!
昨日は更新しようとしたらネットが何故か接続出来ず・・・・・・うぐぅ。
今回は一昨日に続きまして、ヴィノスやまざき久々に。

20170718131527258.jpg
ボチェッリ・アルチーデ
これまた懐かしい・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥?
ラベルはシンプルな鳥さんみたいなマーク。
アルチーデというのはワイナリの創始者がアルチーデ・ボチェッリという方だったそうで。
201707181316097d0.jpg
まぁ、コレ以上説明しなくても?

造り手に関しては相当昔にミドルレンジのモノを酷評してたりする当ブログ
この頃は我ながら相当尖ってましたネ・・・・・・
このアルチーデは上記リンクの倍値ぐらいのアイテムで、サンジョベーゼとカベルネのハーフブレンド。超タスカン風っすネ。
サンジョベーゼ側が樹齢70年以上の枯木なのだそう。
なお、ネットショップ上は売り切れ。
前回更新のバルチュスと同じく売れ残りだったのか、バーで出されていました。
そんな訳で、 ヴィノスやまざきの伝家の宝刀イタリア版なのでありますが、正直あんまり期待せずに飲んでみました・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
あれ!?穏やかな美味しさ!!
適度にバランスがいい味わいで、思ったより良かった。正直びっくりしました。カベルネとサンジョベーゼがちゃんとこなれていてミディアムよりなのに味わいしっかり。
201707181315489dd.jpg
そして、これもグラスを撮り忘れたというOTL

色は赤さが割りと多めながらしっかりとしたカラーリング。
香りにカシス感そこそこ。この段階であまり強いスタイルでは無いことがわかります。
多少ぼんやりした感じは下位アイテムと案外変わらないという気もします。
また、ミルキーさも年号に比べるとそれなりにあります。同時に熟成要素は香りからはあまり感じず。
味わいは軽快なアタック、甘味がそれなりに多いもののそれも赤と紫の果物からくるもので安っぽくなく、適度に流れていきます。
どの要素もあくまでも強くないのですが、多少の滋養感が見られ古樹感もあり。
あんまりカベルネやサンジョベーゼチックさがなく、青臭さとかはほぼありません。
むしろメルロ寄りのフィニッシュと言っていいのかも。
どことなくあやふやな、定まりきっていなさがありつつ可愛い甘味がある形で、アルコール度数の13%未満というのも含めて飲みやすいスタイル。
イタリアンな明るさもあり、トスカーナワインのらしさは良く出ていると言えるでしょう。
クラスにいたらそこそこ人気だけどどこか地味で上位には登らないような、中堅人気のキャラ的な。
数多いアイドルゲー(モバマス)とか艦これのなんか声がついてなかったりそこそこポジの人というか・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(1万円超えるとマイナス♥?)
6000円だとかなり良いお値段で、上の写真の張り値通りなら結構買いの部類。
ただ、どうも普段は1万円超えてくるようで・・・・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボチェッリ・アルチーデ
価格:11880円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



それだと流石に他のイタリアワインあるしなぁ・・・・・・となってしまう。
価格の面でもちょっと冴えきらない印象かな。まぁ、ここのことだからセールがあったりはするでしょう。
オペラ好きの人へのプレゼントとかなら(ボチェッリが嫌いとかを除けば)プレゼントには最適ですし、贈り物用途としてはポイントは高いかなと思います。
あんまり自分用って感じじゃない、プレゼント専用感がある。

というわけで、ボチェッリよりアルチーデでした。
なかなか悪くない内容でこの人恐らくカベルネかサンジョベーゼのどっちか単一が上手なんだろうと思う次第です。
個人的に曖昧さを感じるワインなんですが、その要素を繊細さととらえて見れれば上質です。
お中元にはちょうどいいかもネ。

値段からいくとこちらぐらいのがいいのか・・・?


すっごく微妙ポジなお姉さんって感じ

| イタリア | 15:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マグロ、ご期待ください?イタリア版マルチホワイト、その実力とは? クストーザ・スーペリオーレ ・カ・デル・マーグロ・モンテ・デル・フラ

うぇるかむ!
ワシントンで何かもうちょいやろっかなーとも思ったのですが、ちょっとここでQK!
ふと、いきなり暑くなりすぎているTOKYOの気温に合わせてこんなので。

20170507044340d7e.jpg
クストーザ・スーペリオーレ カ・デル・マーグロモンテ・デル・フラ2013
実はちょいちょい前に呑んでたやつなのですがネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものはどちらかというとヨーロッパのそれも低価格らしい感じでしょうか。フォントの揃えとかは悪くない感じ。
ただまぁ、デザインとしてはふつーの域でしょう。
あ、そうそう、マグロは全然関係ないゾ。

20170507044359033.jpg
裏も普通め。

造り手は1958年からヴェネト州クストーザ地区で家族経営をしています。
ボノミ家による運営で地区では最大規模の大きさで、この地区名を関した今回のワインはガンベロ・ロッソ誌のトレビッキエリの常連!としてまぁ大々的に売れてます。
そうした経歴よりもこのワインに関してはぶどう品種が面白いかもしれません。ちょっとコピペしてきました。

「ガルガーネガ40%、トレッビアーノ・トスカーノ20%、インクローチョ・マンツォーニ15%、コルテーゼ10%、シャルドネ、リースリング・イタリコ、マルヴァジア10%、トカイ・フリウラーノ5%」

はい、というわけで、おそらくはブレンド比率というより土地に植わってる割合の羅列っぽいのですが、ガルガーネガを主体としたマルチブレンドであります。
一応これでもクストーザ・DOCというDOC認証が出てるってんだから驚き。ホントツカエネーニンショウダナ
さて、そんな独特なワインな訳ですが、それってどうなの?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(濃い目好きなら+♥)
うまけりゃよかろうなのだー感が凄い
かなりしっかりとしたタイプのソアヴェ・クラシコ・・・・・・の模倣。
というより、カリフォルニアのリースリング主体マルチとかと内容としては似てます。
ベースとなる一番配合値の高いブドウに合わせて、それを補う形で足し算で作られたアイテムですナ。

20170507044436c51.jpg
色は年号の割にはしっかりした黄緑。
香りに洋なし感が最初から最後まで通しで出ている(しかしガムまではいかない)のは特徴的にガルガーネガなんですが、柑橘の要素もそこそこに強く。
ただ、ミックスジュースっぽさのがここは強いかしら。温度による変化が大きく出るタイプでたまにトロピカルフルーツ(温度があがると)出たりも。
味わいもベースはあくまでもガルガーネガで口当たりは軽く、梨っぽい瑞々しさとその蜜。
蜜部分がソアヴェ単体と違い、やっぱりどこか柑橘だったり杏が年号の割に入っています。
果実部分が強化されつつ、芯は曖昧ってな具合かな。濃いけどどっちつかず。
多少香りに比べると樽っぽさがあってまとめをしつつ、果実の要素を多めに残して引けていきます。
果実ベースが重たい印象なので、中間はしっかり味がしつつアフターの爽やか緑の果実(マスカット他)ってな具合でなんともイタリアらしい仕上げ方ではあるかと。
全体には良く出来た「白ワイン」であります。ただ、ガルガーネガが好き!という生粋の方には邪道に思えちゃっても仕方なし。
そういう層向けでない、カジュアルに甘々おねえちゃんなタイプ。白の豊満さもまた一興なのであるッス。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2500円前後と別段ガルガーネガ(主体)全体としても安いとまではいかない価格なのはちょっと残念?
無名生産者を引くよりはずっと良いけれど、よりミネラルニュアンスがあるアイテムが買えたり有名生産者も充分選択肢に入っちゃうからなーという(ジーニもピエロパンもアンセルミもスアヴィアも買える)。
惜しい価格ではありますが、濃い目のパスタなんかにも使いやすいアイテムではありますし、どちらかというとあんまりテクニカルとか気にしてない人向けのテーブルアイテムかな。

というわけで、マグロ・・・・・・じゃなかったモンテ・デル・フラよりクストーザ・スーペリオーレのカ・デル・マーグロ2013でした。
ある意味で価格が適正な気もする、実にニュートラルな立ち位置のアイテムかなと。
ニュートラルすぎて他を買いがち(マルチブレンドってちょっと嫌煙されそうだし)なんでこういうレビューをするときに困るタイプであります。
しかしながら、マルチブレンドをしてもガルガーネガってちゃんと映えるんだなぁと思うと同時に「もっと他の国でも植わったら面白いことになりそう」と思っています。

年号が切り替わりつつあるようなので、必ず確認を。


渡哲也のご期待くださいDVDってないのな・・・・・・

| イタリア | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンティノリのフランチャコルタ、低価格らしいボリュームの小品。 マルケーゼ・アンティノリ・フランチャコルタ・キュヴェ・ロワイヤルNV

うぇるかむ!
世間ではそういえば今日からゴールデンウィークって感じみたいですネ。ま、私にゃ関係ないんだけどナ
というわけで、じゃあなんか泡で更新した方がいいのかなーとか日和ってみまして。
20170429213122b46.jpg
マルケーゼ・アンティノリ・フランチャコルタ・キュヴェ・ロワイヤルNV
定番になりそうであんまなってない感じのアイテムかしらん。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
イタリアのド大手であるアンティノリ、その詳細な説明はまぁ省かせていただくとして、名前にアンティノリ伯爵と名づけちゃうぐらい大胆なノリです。
ちなみにテヌータ・モンテニーザ名義。アンティノリは各所にワイナリを持ってるグループなんですが、モロにフランチャコルタ系であります。

20170429213149c97.jpg
裏は日本用。

1999年から作られて始めているこのアンティノリによるフランチャコルタ。
その中でもNVの一番安いアイテムがこれで、シャルドネが殆どにピノ各種が10%ずつ程度という仕上がり。
瓶内二次が3年となっていて規定より長い!みたいなまぁ良くある宣伝文句があります。
なお、大々的に「日経のスパークリングワイン特集で5位でした!」と超思いっきりとりあげてレビュアーの名前まで羅列してたりするんですが・・・・・・


一位グラハムベックなんですよネ。ついでに二位も同モトックスインポーターのフランチャコルタっていう。
あんまり褒められた成績でないんですが、じゃあ実際どうなの?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
甘さに寄った、「らしい」フランチャコルタスタイル
良くも悪くもフランチャコルタのベーシックな「ちょっとあったかい地域らしい甘味」がずばり出ているのです。
シャンパーニュとは別物。そういう率直なわかりやすいフランチャコルタとなっています。教科書的。

2017042921320757a.jpg
色は黄色系ではあるもののちょっと薄め。泡はなかなか強め。
香りからして多めに甘味がありまして、あんず感などオレンジの小さい果実も含まれつつグレープフルーツが入るという。
その果実感が大きく出ており、その他の要素はあまり目立ちません(チョコ感とかない印象でした)
味わいもスタートからかなり甘さが目立つ感じで、少しドライフルーツチックですらあります。
最初から最後まで一貫してこの甘さが目立つ造りになっていまして、「食前酒に甘いお酒派」に向いてると言ってイイ程。
あんまり本格泡らしいドライさがない訳です。クレマンにあるスタイルって感じ。
雑味とか苦味とかはあまり感じさせずグレープフルーツと甘さで突っ走ります。
割りと甘味が引き立つ泡好きな私としても、ちょっとここまでくると甘みが多すぎるかなぁという具合。
というか、他があんまり引き立ってないんスよネ。
あまあまボディならなんでもよろしいって事でもないっちゅー事でひとつ。
なんというかこう、ボディバランスが明らかに悪いワンピースの女性キャラ風というか、超乳的な?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
3000円ちょいの泡、としてはしかしながらまぁ普通かなぁという次第。
無味乾燥なのとか苦いのが目立ちすぎるよりはずっと良いですし。ついでに箱もありますのでプレゼントには多少使える。
201704292132252d9.jpg
すごいシンプル。白すぎて汚さないようには注意ネ。
2017042921324355e.jpg
甘さがかなり大きかったので、ワイン慣れしてない人の方が楽しめるかもしれませんネ(こういうレビュー的観点で見ると甘味に振ったバランス感覚から評点が低くなりがち)
フランチャコルタの傾向把握としても、まぁありかなぁ・・・・・・どうせエノテカで買うならベッラヴィスタのが良いとも思うけど。
食前と食後向けの気軽なタイプ。

というわけで、アンティノリのフランチャコルタキュベロワイヤルでした。
こう、フランチャコルタ感ってこんな感じだったっけなぁと少し懐かしくなったのでした。
価格としてはベターなので、連休で暇してるボーイズ達にはいいかもねん。

定番ですが、本家エノテカで買うより安く買える店が多い(セールとかがあれば別だが)


胸がでかけりゃいいってもんじゃねーんだゾ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すーぱーぽちゃ子水着Ver.
価格:9856円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)


| イタリア | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT