オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

≫ EDIT

(暫定版)南ア一級の中の超堅物?評価誌の最大評価を受け続けるブランドのスタンダードとは。 マリヌー・ホワイト・オールドヴァイン2014

*暫定更新版です。後日・・・っていうか早い段階でちゃんと修正しまっする!

うぇるかむ!
随分前にやるって言っといてやってなかったシリーズ!
というわけで、南ア系大注目のこちら。

20170721165335081.jpg
マリヌー・オールドヴァイン・ホワイト2014
南ア最強格のひとつです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥?
ラベル自体はちょっとチリちっくでもありそんなに格好良くはないかな。妙にゴチャった印象を受けもする・・・・・・
201707211653461e6.jpg
裏はこんな感じなのですが・・・・・・
20170721165358aa3.jpg
やたらバーコードのデザインが可愛い!

造り手であるマリヌーは実は新人寄り。2007年に開業という「ニュージェネではないけれど、南アが活発化してきたころの参入」であります。
マリヌー・ファミリー・ワインズの特徴は本来的には「土壌ごとのキュベ」であります。
スワートランドの各地の土壌のタイプごとのワインを作っているという、所謂テロワール重視型。
が、結構手広く現在は低価格帯から作っており、また評価が特に高いのはデザートワインでもあったりします。
評価誌の評価がめちゃくちゃ高く、恐らくコンスタンシアと並んで南アのTOPと言って過言でもないです。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(現状は)
濃厚系だが、どこか突き放してくる堅さあり
アルヘイトにも似た濃さでありますが、その上で特に凝縮した感じがあって非常に強力な印象を受けるパワー系の白です。
意外なほど「一日一杯がいいかな」というタイプ。
特にしおっからいような印象がある点がポイントで、ここに好みがわかれるのではないかと思います。
201707211654079e5.jpg

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(世界的にみれば+♥)
南アどうしで比べると、他にも色んなアイテムがあるので固執するほどコスパがいいかというと微妙。
ただ、それこそ世界的に色んな白とその相場感の中で比べるとお得な部類に入ります。・・・・・・それぐらい、ミドル価格の南ア白は選択肢が多いのです。
イメージからタージュやカベルネやシラーが重要な国のように見えて、実はデザートワイン王国なぐらい白が強い国ですからネ南アフリカって。



| 南アフリカ | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の海の日ワイン、更に海味に!? ガヤ・ヴィスタマーレ

うぇるかむ!
おまたせなのです、予告どおりこのワイン飲んでまいりました!

20170718015101290.jpg
ガヤ・カマルカンダ・ヴィスタマーレ2016
そう海の日ワインであります!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
今年もこの季節かぁという感じです。詳細は一昨年の記事と
去年の記事を見てみてネ
裏はインポーターシールのみなので割愛。
今回はヴェルメンティーノ60%、ヴィオニエ40%の比率と2016年は恵まれたヴィンテージとの事。
毎年の恒例なアイテム感がありますが、今年の出来や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(しょっぱめ好きなら+♥)
一昨年の感じに比較的近い
去年のまとめかたとは打って変わってギリシャワイン感すら出てるしょっぱさ。それが一昨年のタッチと似てる。
2017071801511044d.jpg
色はクリアだがそこそこの黄色さ。
香りに桃感と塩見が激しくあり、グレープフルーツもそこそこ。今回あんまり石鹸っぽさがなくネクターっぷりが上がった気がします。
バニラとかの風味よりも塩っぽさと温かい感じの果物の比重がずっと強い。
味わいもまず塩と果実からスタートします。
白い果実の剥き身、グレープフルーツ、それから塩がドッとやってくる。
飲んでて「おぉ、しょっぱいなぁ」って感想に直結するぐらいに強いんですネ。
以前以上に塩っけがかなり激しいので、人は選ぶ。あとのこりも大きく、食事にしっかり影響を与えるタイプ。
果物のタッチも強力なので、結構良いヴィンテージだったんだろというのは納得。
今年は海物語であります。マリンちゃんとマッチョでかっ飛ばしていくスタイル。フィーバー!(因みに中の人は一度もパチンコ店に入ったことがありませぬ)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
今年もお店によって値段がまちまちなのですが7500~9000円近くで推移かな。
以前はハイコスパワインでしたが、この価格帯の白としてはちょっと人を選ぶ個性と他にも選択肢が生まれてくる感じは変わらず。
海の日解禁やオーシャンビューを意味する名前など季節感はたっぷりなので、夏のギフトにはまだまだ使えます。
やっぱり贈答向けワインかなーとは思っちゃう。

というわけで、ガヤ・ヴィスタマーレ2016でした。
このワインに関しては自分が5000円程度だった頃を知っているのもあって余計にコスパ項目が良くつきません。それに見合うだけ中身のグレードがあがった感もなかったりで・・・・・・
とはいえ、まぁどのワインも値上がっている昨今では致し方なしかなとも。
とにかく、プレゼントアイテムとしては夏の最良のアイテムの一つなのは間違いがないので、アンジェロ・ガヤの戦略は今年も健在なのでス。今年のは海辺で飲んでも楽しいのかもしれない(ガンガンにクーラーボックスに入れてしまおう!)

本家エノテカ以外にも入ってて値段がバラバラなので、好きなショップで注文してくだちぃ。




パチンコやってなくても知ってる人ってか3DSにまで出てたのか・・・・・・

| イタリア | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日夜更新予定ー

*あまりに忙しいので生存報告ぅ。
この記事は次の更新時に消します

20170718015101290.jpg
2017071801511044d.jpg

| 未分類 | 05:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テノール歌手ワインの最上アイテム、スーパー・タスカン足りえるのか? ボチェッリ・アルチーデ2011

うぇるかむ!
昨日は更新しようとしたらネットが何故か接続出来ず・・・・・・うぐぅ。
今回は一昨日に続きまして、ヴィノスやまざき久々に。

20170718131527258.jpg
ボチェッリ・アルチーデ
これまた懐かしい・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥?
ラベルはシンプルな鳥さんみたいなマーク。
アルチーデというのはワイナリの創始者がアルチーデ・ボチェッリという方だったそうで。
201707181316097d0.jpg
まぁ、コレ以上説明しなくても?

造り手に関しては相当昔にミドルレンジのモノを酷評してたりする当ブログ
この頃は我ながら相当尖ってましたネ・・・・・・
このアルチーデは上記リンクの倍値ぐらいのアイテムで、サンジョベーゼとカベルネのハーフブレンド。超タスカン風っすネ。
サンジョベーゼ側が樹齢70年以上の枯木なのだそう。
なお、ネットショップ上は売り切れ。
前回更新のバルチュスと同じく売れ残りだったのか、バーで出されていました。
そんな訳で、 ヴィノスやまざきの伝家の宝刀イタリア版なのでありますが、正直あんまり期待せずに飲んでみました・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
あれ!?穏やかな美味しさ!!
適度にバランスがいい味わいで、思ったより良かった。正直びっくりしました。カベルネとサンジョベーゼがちゃんとこなれていてミディアムよりなのに味わいしっかり。
201707181315489dd.jpg
そして、これもグラスを撮り忘れたというOTL

色は赤さが割りと多めながらしっかりとしたカラーリング。
香りにカシス感そこそこ。この段階であまり強いスタイルでは無いことがわかります。
多少ぼんやりした感じは下位アイテムと案外変わらないという気もします。
また、ミルキーさも年号に比べるとそれなりにあります。同時に熟成要素は香りからはあまり感じず。
味わいは軽快なアタック、甘味がそれなりに多いもののそれも赤と紫の果物からくるもので安っぽくなく、適度に流れていきます。
どの要素もあくまでも強くないのですが、多少の滋養感が見られ古樹感もあり。
あんまりカベルネやサンジョベーゼチックさがなく、青臭さとかはほぼありません。
むしろメルロ寄りのフィニッシュと言っていいのかも。
どことなくあやふやな、定まりきっていなさがありつつ可愛い甘味がある形で、アルコール度数の13%未満というのも含めて飲みやすいスタイル。
イタリアンな明るさもあり、トスカーナワインのらしさは良く出ていると言えるでしょう。
クラスにいたらそこそこ人気だけどどこか地味で上位には登らないような、中堅人気のキャラ的な。
数多いアイドルゲー(モバマス)とか艦これのなんか声がついてなかったりそこそこポジの人というか・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(1万円超えるとマイナス♥?)
6000円だとかなり良いお値段で、上の写真の張り値通りなら結構買いの部類。
ただ、どうも普段は1万円超えてくるようで・・・・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボチェッリ・アルチーデ
価格:11880円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



それだと流石に他のイタリアワインあるしなぁ・・・・・・となってしまう。
価格の面でもちょっと冴えきらない印象かな。まぁ、ここのことだからセールがあったりはするでしょう。
オペラ好きの人へのプレゼントとかなら(ボチェッリが嫌いとかを除けば)プレゼントには最適ですし、贈り物用途としてはポイントは高いかなと思います。
あんまり自分用って感じじゃない、プレゼント専用感がある。

というわけで、ボチェッリよりアルチーデでした。
なかなか悪くない内容でこの人恐らくカベルネかサンジョベーゼのどっちか単一が上手なんだろうと思う次第です。
個人的に曖昧さを感じるワインなんですが、その要素を繊細さととらえて見れれば上質です。
お中元にはちょうどいいかもネ。

値段からいくとこちらぐらいのがいいのか・・・?


すっごく微妙ポジなお姉さんって感じ

| イタリア | 15:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴィノスやまざきの最高峰だったハズ・・・のボルドーを久々に。 バルチュス2009

うぇるかむ!
超久々にこのワインを呑んだ気がします・・・・・・とてつもなく懐かしかったのでつい更新をと。

20170715223758c0f.jpg
バルチュス2009
シャトー・レイニャックのフラッグシップですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥?
それなりに表面のデザインはシンプルで悪くないと思ってますっていうかポール・スミスが好きな私的に色とりどりのアイコンがちょこっと乗ってるのが好きだったりする・・・・・・あ、はい、趣味です私の。
20170715223847d63.jpg
もうワイナリに関しては裏でいいかなって気もする。

そんなわけで作り手はシャトー・レイニャックのイヴ・ヴァテロであり、なんかの品評会で5大ボルドーを破った的なやつであり、確かその当のワインがこのフラッグシップのメルロ100%(カベルネ100%もあるが、メルロが一応のTOPらしい)
一時期のヴィノスやまざきインポーターといえば、寝ても覚めてもレイニヤック!神の雫に乗ったレイニャック!やったぜレイニャック!!格安版も作らせたぜ!!!いやっふううううう!!!!バカ売れじゃああああああ!!!!!!
・・・・・・と調子にのり、話を盛り盛りし、しかし案外と売れなかったのか結局大手ビール会社に買収されましたとさって話になりまして、このワインも2009年ヴィンテージのバックヴィンテージがデパートの一部に残っててそれが店頭試飲に出ちゃいましたとさ。
現在も2013年とかが輸入されているので、今だに主戦力だとは思うのですが、一時期の「圧倒的ひたすら圧倒的レイニャック!」な感じは潜まったような気がします。
そんな訳で色々と管理状況とか怪しい感もありますが、バックヴィンテージ高額めボルドー。
その実力は・・・・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
あ、これやっぱ堅いやつなんだナ・・・・・・
相変わらずの重た目のボルドーのメルロって感じでありますが、年数分なのか多少マイルドさが出ています。
それでもタニックさがあり、とっつきにくい。レオヴィル系ぐらいキャッチーでないスタイル(いっそラトゥールやらムートンやらマルゴーなどの最新ヴィンテージの方がとっつきやすいぐらい)。

で、なんとグラスでの写真を撮り忘れた私・・・・・・
色は赤さがこのワイナリは大体強く、意外と紫要素は薄いのが特徴。
香りからしてあんまり立ってきません。重たく紫の果実感がズンッとある訳。
既にとっつきにくい。案外と熟成がちゃんと遅いというか渋さが強いのです。
味わいも同様で、しかし口当たりはメルロ100の熟成分滑らかに入ってきてアタックはなかなか見どころがあります
口当たりの良さと最初のプラム感がサッとペンキで塗ったように広がるところは良し。
ただ、そのあとがまだタニックであり、熟成の香味まではあまりないところがとても惜しかったりします。
構造としてはジャミーさも多少ある強い紫果実感がしっとりとして、そのまま雑味はあまりなく通りよくまろやかに行う・・・・・・という、ミッシェル・ロランスタイルの典型。
故に、ロランプロデュサーワインと言われたら「おっしゃるとおりで」となります。同時に「ならもっと安いの探そうかな・・・」ともなりかねない。
惜しいところをひたすら走る・・・・・・もうちょい寝たらより良かったのかしらん?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
お値段が1万円以上もしてしまうのです・・・・・・それってボルドーの本当に上位の著名ドコロも手がでるよーな
20170715223904ad4.jpg
そんなわけで、値段的にも味的にもびっみょーに惜しい感じ。
ラベル自体は結構可愛いのでプレゼントの方が向いているかなーとは。

というわけで、バルチュス2009でした。
本当にこのワイナリ、悪くないんだけど値段がちょいちょいなぁと思ってしまうのでありました。
悪くはないんだけどネ。

とっくに本来は品切れしてます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バルチュス 2009
価格:12960円(税込、送料別) (2017/7/16時点)



今の年号はコレ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バルチュス 2013
価格:13824円(税込、送料別) (2017/7/16時点)



| フランス | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT