オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

≫ EDIT

右岸なのに左岸風?メドックスタイルな右岸の雄 シャトー・フィジャック2013

うぇるかむ!
今日はひっさびさにコレ。右岸の中心地は結局コレなのでス!

201702202151023e7.jpg
20170220215041bac.jpg
シャトー・フィジャック2013
いきなりヌバーンとダブル写真!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
ド有名ドコロとしてデータも書こうかと思ったら、2015年にやってる別ヴィンテージで書きたいこと大体書いてあった・・・
なので詳細はコッチにて。
20170220215134ad4.jpg
裏も変わらずかな。

ただ、セパージュはかなり変わっているようで、一説によると
2012:メルロ40%、カベルネソーヴィニヨン20%、カベルネフラン40%
2013:メルロ30%、カベルネソーヴィニヨン50%、カベルネフラン20%
となってまして、カベソーがぶっちぎりで多いなんと右岸というより左岸な作りになってます。
因みにアドヴォケイトは2012は88~91、2013は89~91程度となっててセパージュの変化の割に感想はあんまり違いがなさそう(それらはボトル出る前じゃなくてプリムールでの感想)
さておき、そんなフィジャックですが、その実力は・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(今は固いか)
いやいや、青さめっちゃ高いじゃないか!
以前呑んだ時のイメージとは違いがありました。青っぽさが中心に位置している作りは、フラン主体のワインの方が近いぐらい。
あんまりボルドーとかイタリアとかのブレンド比率に対して信用はしてない私でも、流石にコレは違いが大きいと思ったヨ。
201702202151532a6.jpg
入れてすぐ。ちょっと泡立ちすぎ?

色は強めに黒く、かなり濃かったりします。最近のボルドーの更新している中でも濃い印象。
香りに青さと鉛筆っぽい墨な感じがありまして、なかなか堅牢な雰囲気。
カシス感よりもそうしたタニックさが目立つ印象ではありました。
味わいも硬さが目立つ印象で全体には苦味が高い作りになっており、紫果実少々に上述のハーブ要素が早いうちから出てきます。
コーヒー的なフィニッシュに連なっていく形となってまして、その上で残り方は淡麗。
ハーブの構成と全体な渋さがあるものの、アフターはそんなに長くはない節があり意外と一長一短かな。
メドックっぽいイメージの方が沸き立つひと品になっています。
やっぱりカッコイイ印象のあるベテラン執事な出来なんですが、もっとシャープな感じに思えます。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(ボルドー最高峰としては+♥)
まぁ、それでも何だかんだボルドーとしては安い
大体1万円前後で買えるので、2012より更に安くなってたりします。
知名度の割にはお得な部類で、ちょっと寝かせられる環境がある人ならよりグッドかも。
相変わらず、PGCCAにならない事を祈るばかりです・・・(明らかに値上がるものなぁ)

というわけで、フィジャックの2013でした。
新モノのボルドーワイン全体を総括するような感じの出来で、良くも悪くもボルドーの王道なタッチだと思います。
環境やブドウの使い方としては特殊の域なんだけどネ。
普通にはなかなか手がでない価格ではもちろんあるんですけど、それでも今のボルドーとしては良心的なのもグッド。
低価格になると、コレを薄めたようになっちゃうからなぁボルドー・・・・・・
あぁ、あぁ、ボルドー・・・・・・

10万本近くある訳で、新モノのうちはどこでも買えます。


実は私、カレーバトルしてた所ぐらいまでしか知らんのだ・・・・・・24ももう出てたのか

| フランス | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人が作るボルドー!?デュヌヴァンの弟子という事になっているがその実力や? クロ・レオ・キュベS2014

うぇるかむ!
ボルドーで更新を連続しているので、今日もそうしようかと思いまして。
今回はここ数回の超有名ドコロとはうってかわってみます。

20170219185350478.jpg
クロ・レオ・キュベS
仮面ライダーストロンガーかな?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(日本人応援的なら+♥)
ラベルはライオンさんが横にたっているという、シンプルながらちょっと新世界っぽくもあるタッチ。Sの字がやたらでかいけどスペシャルキュベです。年産600本アンダーですって。少なすぎるって事はないなぁ
裏ラベルがなかったのでサクッと造り手について。

造り手は篠原麗雄(しのはられお)という方で・・・・・・はい、ご推察の通りレオです。予想外に本人の名前からとったワイナリ名です。
まんまコピペしますと、
「シャトー・ヴァランドローのテュヌヴァン社で働いていた日本人、篠原麗雄(しのはら れお)氏が 2002年に0.82ヘクタールの畑を購入して造り始めた、マイクロ・キュヴェのボルドーワインです」
という方で、2000年から推定2年間テュヌヴァンの元で働いていたとのこと。


で、テュヌヴァン先生にもご助言いただきつつ、ビオっぽい感じで作ってるワイナリだそうで(ビオっぽいと言っているだけでビオとは言ってない)。
また、醸造方法は結構毎年違うっていうか定まりが全然ついていないっぽく、毎年味わいが違うというのが謳い文句となっています。
このキュベ・Sは2014年の中からのバレルセレクトものらしく、年間生産600本が強く歌われていたり。
ただ、600本がどういう流通になっているかは不明。日本人生産ものって「日本にばっかりやってきている」というケースのが多いものネ(仲田さんのデュモンもほぼほぼ日本輸出)。
さてさて、なにわともあれ「日本人によるボルドー・ワイン」でありますが、そのシークレットキュベの実力は?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥?
ちぐはぐな良質なハズのコーヒー
なんか良くわからん感じに自分もノートしちゃってたんですが、どこか素直じゃないといいますか混じってない感じなんですヨ。
なんだろ、音楽系漫画とかでたまにある「演奏全体がまとまってないゼ!」みたいな状況。
虹をみせてくれない。

20170219185409ac8.jpg
コルクも専用で作ってたりシて凝ってはいる。

色はギリギリ透けないバイオレット。結構紫さは強めです。
香りに獣要素が見られ(ライオン効果?)ビターチョコとミルクチョコのミックスな香り。
新モノにしては果物要素が薄いです。ビオ系っぽいタッチとは遠いなぁとこの段階で思いました。ビオ系だともっと果実とか土みたい風土がありますからネ。
味わい香りの割に甘味が多く、すぐ呑みでもいいような具合・・・・・・と言いたいところですが、血のニュアンスがあったりして独特。
砂糖いりのブラックコーヒー的な、それもグアテマラっぽいタッチの苦味が最初から最後まで通してありまして、そのスタートからミルキーさが後追いでやってきます。
ここが混じらないのが特徴?ブラックコーヒーとミルクは「分離して」感じられるんですネ。
アフターは弱い印象でタニックさも引けが早め。インクっぽさとかで果実感は凹まされてる感じ。
個々の要素自体は悪くないもののどれもこれもバラけて感じられ、その上で甘味があるものだから「超熟する」とも断言しきれない半端さを残すんですネ。
個々の要素だけを抽出すればデイリーワインの域にはないのですが、しかしバランスが悪い。
最初に書きましたが、合わせてないコンチェルト。これから如何に団体がまとまるか、というドラマが描かれる「その前」です。
のだめとかの「楽団全体が不穏なシーン」とか似てる。

コストパフォーマンス(最大5PT)
日本人である事を買うなら♥
カスティヨンでほぼ2万は高すぎ。
楽天で「カスティヨン」で検索すると最も高いのはこのクロレオキュベSであり、次は別ヴィンテージのクロレオ通常、その後に謎古酒という具合。


っていうか、上のリンク見てもらうとわかるのですが当の師匠であるテュヌヴァンのまさに本元ヴァランドローよりも高い。
サン・テミリオン一級より高いカスティヨン。
値付けは間違っていると言う他ありません。

というわけで、クロ・レオ・キュベSでした。
日本人でかつ600本アンダーの生産量で更に珍しいボルドーで作っているという触れ込みにしては楽天では扱ってるショップがそこそこあって消えてないアイテム。
・・・・・・その理由は、まぁ、そういうコトネ。

何となくですが、いつかセールになりそうな気もする。


この作品みたく円満になれるのだろうか?

| フランス | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりポンちゃんはいいなぁ・・・・・・ シャトー・ポンテ・カネ2013

うぇるかむ!
せっかくなのでボルドーの有名ドコロで連続更新しようかと。
や、やっぱりボルドーってそんなに私は機会を作ってないので・・・・・・ですが、呑めるコトがあればなるべく飲みたいのがコチラなのでス。

20170218223126af7.jpg
シャトー・ポンテ・カネ2013
ボルドーではトップクラスに新モノが好きなワイナリです(エコ転換する前の古酒は呑めたことないのよネ)

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
当ブログでは2年も前が最後更新でありました。あれ、もっと呑んでると思ってたのになぁ・・・・・・
そろそろいい加減浸透しても良さそうなのに、相変わらず一般的には「え、5級?なんでしょ。その割に高くない?ロートシルトとか関係ないんでしょ?」ぐらいのところにおり、一方で一部マニアには「エコセールまでとった有機なメドック格付けにしてアドヴォケイトでも100点獲得のスーパーセカンド」として知られる所。
20170218223138337.jpg
そしてエコマークがついにつきました。同時に高騰もしまくってるのだけどネ・・・デュアール・ミロン(3級)よりはずっと高いものなぁ。アドヴォケイト100点がついた2010は更に倍以上するんだけどサ(因みに2013年は90~92と近年ではかなり低い)

そんな訳で安くて凄いというような評価は既につけられないアイテムではありますが、薬の汚染まみれで知られるボルドーにおいて、エコ系としてのトップを走るワイナリ。
その実力や?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
すごくナチュラルで落ち着いた、図書館な佇まい
やっぱいいなぁ、ポンちゃんは・・・・・・何が良いって、果実感などは可愛らしく綺麗にあるけどそれが薄みでなくしっかりとしていて、品の良い風味がアルこと。
201702182231473d6.jpg

色は強めにクリムゾンレッド。
香りに強いカシス要素があり、果実のエキス感が強くあるのですがミルキーさはあまり感じず。
あまりミルキーさが出ていないのはなるほどアドヴォケイトの点が大きく下がっている部分かもしれませんネ。
樽っぽさが無い分、果実感はクリアにできており同時にそういう調整になっていると思います。2010のポンちゃんとはボリュームはかなり縮小された印象でありますが、筋の通し方は変わらずだと思う。
味わいも非常に綺麗かつみずみずしいタッチで、上述の通り2010年に比べると薄み。呑んだポンテカネの中では一番薄いかもしれない。
しかしながら果実の要素そのものはしっかりとしてまして、赤果実のタッチが強く出ているのは流石ですネ。何ともポイヤック的といいますか・・・・・・
その上でカシスのジュースが存在し、滑らかな肌触りも残しつつスラーッとフィニッシュしていくのです。
より自然派ワイン的な印象を今回は受けてまして、しかし葉っぱ感(ミントっぽさすら)とか土感は少ない。
また、ある程度時間が経ったところ赤果実の要素の後にダージリン風な紅茶感までたってきて素晴らかった!
この2つの要素が揃うと、むしろブルゴーニュすら彷彿とさせるものになっちゃうんですネ。それもかなりの良品。
ダヴィット・デュヴァンとかロベール・シヴュニョン辺りのライジングスター達の資質に近い(農法が似てる?)
やっぱりどこかナイーブながら、ポテンシャルを発揮しつつ、内向的な図書館ガール感!
メガネを別にしてはいないけど、かけたら似合っちゃう。今回は少しだけ遠巻きに所作を眺めるようなイメージ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
ボルドーワイン上位として、お試しいただきたさは健在
メドック格付けでは一級とスーパーセカンド郡が別格というか次元が違いすぎて他もっとがんばろうな?ぐらいの格差を感じますが、ポンテ・カネに関してはその中でも特異点定理であり、これからのボルドーの「農薬ドバドバからの転換」という未来予測図。
そんなコトを差し置いても、個人的に飲むたびにハズレがなくとてもその品格に気分が良くなってしまうアイテムであります。
ボルドーですし数そのものは少ないってこともないのですから、金銭的余裕がある方は近年のいずれかを是非お試しあれ。
教科書的にも一度は呑んでおいた方がいいと思う。

というわけで、ポンテ・カネの2013でした。
ここは飲む度に年度の個性は出ちゃってるものの、それで悪かったという印象にならない存在感のある「インテリなバランス」と「潜在的なブドウの良さ」が心で理解できるのが良い。
正直、私は贔屓でしょう。そういう「また飲みたいなぁ」と思わせる稀有なボルドーです。

安い値段ではないけど、価格帯として納得出来うる?


なんでか個人的に文香イメージなワインです。

| フランス | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

状態が悪くても流石のデュクリュ筆頭! デュクリュ・ボーカイユ1986

うぇるかむ!
昨日は「時期としてイマイチだったコス・デストゥルネル」でしたが、今回は「扱いがイマイチっぽいけど美味しかった」品。
つまり、これってなかなか良いワインってコトだと思うのでして・・・・・・

20170217142948f78.jpg
デュクリュ・ボーカイユ1986
サンジュリアンのトップ級ですネ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
実は1988年で見てまして、古酒なデュクリュ・ボーカイユは二回目かな私。
なお、1988年も「醸造所的に酷いトラブルがあったような」とされていますが、そのスタート的なのが86年では?みたいな言われもあるいわゆる「メドック格付け恒例、xx年代はスランプだったのど直球」ではあります。
20170217142957318.jpg
うっかり裏までとれすぎてしまった。
そして2011にリコルク(リボトルかも。ちゃんと飲むときに確認しなかった・・・)ですネ。だからやたら綺麗。

とはいえ、1986年モノになのですがボトルを提供用セラーに縦置きで入れてガツガツ持ってるのはあんまり良い環境とは言えない中での試飲ではありました。量も少なめだしネ。
で、実際どうなのかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
うん、普通に良い古酒っぷり
ヘンな感じなく飲むことが出来ました。古酒ボルドーとしてのらしさを充分に備えてる感じ、あります。

201702171430057ee.jpg
たとえ少ない量のティスティングでも、ノートに起こして伝えていくのが大事なのヨ。

色は褐色しているがそれでもまだこれだけ強く赤さがあります。
香りにバラっぽい要素が多く果実の要素も強め。
ドライフラワー系と赤果実(アセロラやチェリー)にちゃんとカシスっぽさが残っており、タフさが良く出ているんですネ。
それでいてタニックさが強かったり、古酒独特の梅っぽさまでは感じないという。
味わいも滑らかに整い、上述した香りの要素がしっとりと出ています。
赤果実から始まり、カシスっぽさへの転換、花っぽい中間から酸味とキノコ要素が出てそこそこの長さのフィニッシュ。
ここがもっと長いといいんだけどなーとは思いましたが、全体の構成が非常に芯のある内容。
コレ以上の熟成?とかまでは考えなくても良さそうないい塩梅のミドルメンな赤ワインとなっています。

コストパフォーマンス(最大5PT)
コスパで測るものでもないが、値段のバラつきに注意。
古酒ボルドーなので、「どこで買うか」で全然値段が違うのはいわずもがな。っていうか、上の写真見ての通りこのままENOTECAで買ったら4万円な訳ですよ一本。



ネットショップでもご覧のように全然違う。
なので、あとは「ショップへの信用値」とか「出処がどこの1986年なのか」でしょうネ。多分、4万近いのはこのENOTECAから蔵出しされてるもの(2011年リボトル表記がありラベルも新しい)と推察出来るという。
なので、購入時には値段だけでなく色々と相談や質問に対応出来るお店でドウゾ。

というわけで、デュクリュ・ボーカイユ1986でした。
20170217143013dc2.jpg
こういう比べ方をすると、残念な時期と呑み頃の時期というのがわかりやすく世の中存在するものだなぁ・・・と感じてしまうですネ。
どっちもお値段高すぎとは思いますが、一度はご経験アレー。

マグナムもあるらしい。


確かこんな感じのイケミドル(演技時)だった覚えがある。

| フランス | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コス・デストゥルネル04はまだ閉じてるゾという話

うぇるかむ!
えー、これも普通に更新用にしようかなーと思っていたのですが、やっぱり閉じてたなぁと思うので簡易更新にしようかと。

2017021603490173a.jpg
コス・デス・トゥルネル2004

言わずと知れたボルドー格付けの2級、スーパーセカンド(セカンドワインじゃないヨ。この表現めんどっちぃよネ)のひとつ。
なにげに当ブログでは泡の方は紹介してて本家本元書いてなかったっぽくびっくりしたのですが、サンテステーフを代表する、今更私が書くまでもないアイテム・・・・・・
201702160349183bc.jpg

の、2004がティスティング出来たのでした訳なんですけれども・・・・・・硬かったゾ~ーーー!!!!

20170216034929eb2.jpg
色はクリムゾンレッド、香りに血のようなタニックさが多くあまり香りが立ち上がらない印象。
味わいもカシスタッチが多めにあり、熟成感はほぼほぼなく、薄みでありながらも可不可ないフィニッシュ。
ポテンシャルは充分に感じるんですが、これは完璧に「フレッシュな新モノの時期」も「熟成途中のバランス期」も「熟成期」も外した奴ーーーってなっちゃったのでした。
もっと早く飲むかもうしばらく寝かすか、ってな具合になっていて、これレオヴィル・ラス・カーズ辺りも良くそういうのが提供されてたりするんですよネ。
そりゃ開けてみないとわからない所なのですが、ちょっち勿体無い気分になるのでした。

それだけ閉じてても充分にボルドーの最高峰のひとつというのはわかる・・・・・・んですが、ネットでは15000~25000円ぐらいしちゃうので今すぐ飲むには早過ぎる高すぎるです。
可能な人は寝かしといた方が良いでしょう。
2024年の成人式までとっときましょうって感じ。

うーん、この辺りボルドーは本当にムズいというか保管環境が整っている人(日本人どころかフランスでもどれぐらいいるんだ?)でないと残念なガチャ結果になりやすい感がとてもする。
そしてそんなボルドーが日本ではワイン飲みの門的に紹介され続けてるのだから、やっぱりそこは変えてかないとアカンよなぁと思っちゃうのでしたとさ。

スーパーセカンド系の中ではこれでも意外と安い方だったりする。サンテステーフだからかな?


象のフレンズ

| フランス | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT